48ホールディングスが運営する、

仮想通貨クローバーコインのビジネスがあります。

 

参加者も順調に増えており、

セミナー活動も盛んに行われています。

 

そこで今回は、クローバーコインのビジネス内容と、

ボーナスプランを紹介します。

Sponsored Link

 

クローバーコインのビジネスとは?

48ホールディングスが仕掛けている、

クローバーコインビジネスがあります。

 

それでは早速、クローバーコインのビジネスを、

紹介していきます。

 

是非、参考にして見てくださいね。

 

 

仮想通貨クローバーコインの仕掛けは中田氏!?

参照元URL virtualmoney.xsrv.jp

クローバーコインを仕掛けているのは、

48ホールディングスです。

 

この中田義弘氏
も関わっていますが、

ビットコインを日本に初めて持ち込んだことで有名です。

 

新規事業説明会などでも、

中田氏がスピーカーを行なっています。

 

 

 

クローバーコインのビジネスモデル

参照元URL mikata.me

48ホールディングスは、

雑誌の注目企業43社で選ばれ、

クローバーコインが取り上げられています。

 

2015年12月に立ち上げ、中国、

台湾、韓国、ベトナムにも広がっているそうです。

 

他にクローバーコインようなビジネスモデルはまだなく、

やろうと思ってもまだ難しい状況です。

 

そして今後、紙幣がなくなってくることを、

日銀が2016年9月に発表しており、

日経新聞でも掲載されています。

 

お金がなくなることはないと言われていたが、

もう12年前からなくなり始めている。

 

次世代の財布は?スマホ、電子マネーedyなど、

世界でも決済ができるのは仮想通貨です。

 

これからの時代は、

スマホにこの二つを入れることになってきます。

 

仮想通貨はマイニングPCで少しずつ作られ、

このようなことをビジネスにしたのが、

48ホールディングスということです。

 

 

 

クローバーコインの活用方法は?

参照元URL itunes.apple.com/

クローバーコイン事業は、

2015年12月21日にスタートしています。

 

スタートの約半年間は、詐欺会社と言われ、

クローバーコインの販売のみを行なっていました。

 

そして、2016年9月にウォレットアプリと、

トークンのアプリを開発しています。

 

国際送金の開発合戦で一番最初に作り、

2017年1月現在では、

登録会員数は約300,000人にもなっています。

 

クローバーコインの活用は、

クローバーコインをアプリにチャージしていきます。

 

ウォレットを開発して事業を進め、

アプリや、キャッシュカードなどを作成していきます。

 

今後、ATMでの引き出しや、

ショッピングでの決済をすることができます。

 

 

 

クローバーコインビジネスの可能性

参照元URL poipoikunpoi.com

LINEを打つたびに、

お金が増えたらどうでしょう?

 

メールを使えば使うほど、

クローバーコインが増えるようになります。

 

海外ではメールが主流で、

全てメールで完結されます。

 

例えば、東南アジアに向けてメールを打ったり、

中国にメールを送ると自動で中国語に変換されます。

 

ウォレットのアプリを開発していますが、

アプリの財布(ウォレット)に広告を出せればどうでしょう。

 

財布(ウォレット)に広告が来たら、

広告を見た後にすぐに買うことができ、

物が効率よく動きます。

 

このような媒体の広告なら、

お金を投げたいと思う会社が多いのでは?

 

すでにテレビショッピングでもアプリに広告を入れており、

今後、問屋さんなどがなくなるかもしれません。

 

物を動かせるように開発されていて、

スマホのアプリは番組みたいなものです。

 

スマホというテレビで、

アプリという番組があるという解釈になります。

 

何故、こんなことをしているのか。

 

仮想通貨は7,000種類ほど存在していますが、

ビットコイン以外は実用性はあまりありません。

 

唯一、世の中で流通しているのはビットコインのみで、

ビットコインは麻薬や武器が買われていました。

 

使用用途はどうであれ、

使われたら価値があがるということです。

 

アジアだけでも10億人の会員登録を目指しており、

そこからの手数料は莫大です。

 

1人から1日に1円の手数料をとると、

単純に1日10億円の売上があります。

 

例えば、セブン銀行は全国に、

22,000台のATMを設置しておりますが、

 

1年間の手数料売上は800億円だそうです。

 

みなさんが日々の日常で、

出金 したり送金したりする際の手数料は、

集まればとてつもない金額になりますね。

 

 

Sponsored Link

 

なぜ仮想通貨なのか!?

参照元URL goldex-cc.com

仮想通貨を持っている人は、

日本では7%にとどまっています。

 

なぜなら、まだまだ仮想通貨を、

遊ばせるところがないからです。

 

結局、仮想通貨を使うことが無ければ、

仮想通貨自体が広まらないです。

 

であれば、

使えるところを予め作っておけばいいのです。

 

確実にサービスを使てもらって、

お金を回すのがインフラです。

 

例えば、かつてのヤフーBBはインフラ作りで、

NTTが持っていたが、ソフトバンクは世界第二位でした。

 

結局インフラを作ってしまえば勝ちなのです。

 

クローバーコインビジネスでは、

20万人の会員のおかげでマーケットが作られ、

そこに物を売りたい企業が出てきます。

 

アプリの中にウォレットが収納され、

コインが動いてカードに入ってきたらどうでしょう?

 

 

 

クローバーコインビジネスの展望

参照元URL activaideas.com



世界で10億人のマーケットをとることを目標とし、

会員を集めていっています。

 

例えば、クレジットカード会社で考えてみると、

手数料でほぼ会社が運営されています。

 

10億人がVISAの登録をしたとすると、

1日1円の手数料で10億円の収益になります。

 

お金に替わる仮想通貨であれば、

円やドル、ポンドも関係ありません。

 

世界のどこでも使うことができます。

 

そして、仮想通貨はちょうど10年経ち、

ビットコインは1億円まで上がると言われています。

 

計算しやすいところまでお金は上がり、

その国で使いやすいところで止まるようになっています。

 

例えば、車が自動運転になると言われ続け、

2023年までに実現と言われていました。

 

しかし、2020年に早まりました。

 

それは、車が売れていないからです。

 

車を売れるようにするために、

実現が早くなりました。

 

また、テレビが売れなくなってきたところで、

3Kや4Kという形で、テレビを売るように仕掛けました。

 

このように、流通という観点で見れば、

仕掛けている側があるということです。

 

自動運転のタクシーに乗ったとすると、

AIが組み込まれていて、

支払いは仮想通貨や電子決済になるでしょう。

 

48ホールディングスがやらなくても、

どこかでクローバーコインビジネスのようなことを、

行う会社が出てきます。

 

2017年は仮想通貨元年と言われ、

お金がなくても先見性のある人が勝ちます。

 

そして、決済が変わるということは、

収入形態が変わるということです。

 

マスターのクレジットカードの1日の売り上げが35兆円、

そしてそこから手数料が支払われています。

 

48ホールディングスは、

1月に36億円の売り上げがありました。

 

半分がコミッションの支払いです。

 

3万円で48ホールディングスに登録でき、

たった3万円で100億以上の売り上げの会社に登録して、

コミッションの吐き出しも大きくしてくれます。

 

 

 

テストマーケットは必要

参照元URL www.linkedin.com

初めのドコモの代理店は、

トヨタと日産でした。

 

トヨタと日産の最高級車に、

車載電話としてつけたが始まりでしたが、

これは失敗しました。

 

この失敗の理由は、

新しいことに習慣づけをしないといけないということ。

 

当時1分360円の通話料で高く、

これがダメだった。

 

使う習慣が無ければ使わない。

 

また、suica(スイカ)はJRが発行したが、

初日にチャージした人はいない

 

習慣がないから。

 

そして、テストマーケットを行なったのは社員で、

改札をsuicaで出たり入ったりしていました。

 

周りの人がそれを見て真似をし始めました。

 

たくさんの方にマーケットを使ってもらって、

そこに企業をくっつけていくビジネスモデルです。

 

 

 

クローバーコインビジネスの将来性

参照元URL 01.gatag.net

広告費は原価がなく、

全体売り上げの半分をコミッションにまわすことができます。

 

海外にも市場を作ることができ、

東南アジア市場は44億人もあります。

 

ここのインフラを勝ち取り、

クローバーコインが飛び交っている手数料を、

もらう側になることができるということです。

 

例えばこれをフィンティックでやろうとすると、

1000億以上の資金が必要になります。

 

3万円で登録をし、

メール次第でどれだけのマーケットが取れるか。

 

海外に広まっていくと、

どんどん手数料が入ってきます。

 

NTTはファイナンスを作り、

2社で手数料をとっています。

 

トヨタもファイナンスを作り、

35万円の利益の車を、

ファイナンスを通すことで40万円の利益になります。

 

楽天も銀行を作り、

お金が入ってくるなら、

銀行を作って手数料を取ることを考えました。

 

また、セブン銀行の売り上げも、

年間220億円にも上ります。

 

大きな会社はどこも行なっています。

 

手数料を取る側か、

取られる側かどちらになりますか?

 

そして、銀行法の中では、

仮想通貨が扱える法律に変わりました。

 

しかし、銀行は何故扱わないのでしょう。

 

それは、仮想通貨の価値は大きな変動制があり、

70円のものが10円になったらクレームの山になるからです。

 

なので、銀行ではなかなかできません。

 

ここで48ホールディングスが開発したウォレットで、

どんどんコインが動き始めていきます。

 

この業界にはまだ二番煎じがいません。

 

大きな企業がこのシステムにどんどん参入し、

その企業が48ホールディングスのシステムを使うことで、

自分にもコミッションが入ってきます。

 

すでに1年で20万人もの数の、

会員登録が集まっていて、

今もなお勢いが止まることはありません。

 

 

 

クローバーコインビジネスに参加するには

参照元URL freepik.es

クローバーコインビジネスに参加する為には、

会員になる必要があります。

 

現在では、ネットからの申し込みがなく、

紙ベースでの申し込みになります。

 

 

Sponsored Link

 

クローバーコインビジネスのボーナスプラン!

それでは、クローバーコインビジネスを通して、

どのような報酬形態になっているのでしょうか。

 

続いては、クローバーコインビジネスの、

ボーナスプランを紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてください。

 

 

 

ビジネスへの関わり方のパターン

1・・・クローバーコインの所有

2・・・ビジネス(営業報酬)

 

登録手数料3,000円(税抜き)

ポジション登録1口につき3万円

 

登録用紙1枚で100口まで可能で、

1枚あたりに1回の手数料になります。

 

 

 

ユニレベルボーナス

直紹介のグループ

1~5レベルのボーナス

1レベル・・・3,000円

2~5レベル・・・2,000円

 

例えば、5口の登録をすると、

直に4口がつくことになるので、

12,000円のボーナス報酬が自分に返ってきます。

 

また、紹介者数に応じて、

得られる段数が変わります。

 

直接紹介が1人の場合は、

2レベル目まで。

 

直接紹介が2人の場合は、

4レベル目まで。

 

直接紹介が3人以上の場合は、

5レベル目までとなります。

 

 

 

タイトルシェアボーナス

メンバーB〜プラチナまでの、

全6段階あります。

 

昇格条件を満たしていくことで、

タイトルを取得できます。

 

会社の総売上ポイントに、

ボーナス率を掛けた金額が、

各タイトルシェアボーナスの原資になります。

 

バイナリーグループから、

小さい方の売り上げで決定されます。

 

 

メンバーB

ボーナス率・・・5%

小さい方のグループ売上・・・50万円

アクティブ紹介人数・・・1名

 

 

メンバーC

ボーナス率・・・4%

小さい方のグループ売上・・・100万円

アクティブ紹介人数・・・2名

 

 

クラウン

ボーナス率・・・3%

小さい方のグループ売上・・・200万円

アクティブ紹介人数・・・3名

 

 

シルバー

ボーナス率・・・2%

小さい方のグループ売上・・・500万円

アクティブ紹介人数・・・5名

 

 

ゴールド

ボーナス率・・・2%

小さい方のグループ売上・・・2000万円

アクティブ紹介人数・・・7名

 

 

プラチナ

ボーナス率・・・2%

小さい方のグループ売上・・・5000万円

アクティブ紹介人数・・・10名

 

以上になります。

 

(関連記事)

ノアコインが仮想通貨で注目を集める!現状を動画で紹介!

最新のビットモンスターでHYIP(ハイプ)投資!日利や内容を紹介!

最新HYIP(ハイプ)ビットモンスターの出金方法を紹介!

SENER(セナー)とは?会社概要やボーナスプラン、運用方法を紹介!

SENER(セナー)の投資運用実績!日本の登録状況などを紹介!

イーサトレードはHYIP(ハイプ)で安定?概要や報酬プランを紹介!

仮想通貨のダッシュコインとは?将来性や特徴を紹介!

 

いかがでしたか?

 

今後のビジネスモデルを考えると、

将来性が感じられます。

 

仮想通貨は必要不可欠なものになり、

どの業界でも活用されることでしょう。

 

 

今回は、クローバーコインのビジネス内容と、

ボーナスプランを紹介しました。

Sponsored Link