スマートコントラクトの大本命である、

オーガーという仮想通貨があります。

 

今後の世界経済において、

どのような立ち位置になっていくのでしょうか。

 

そこで今回は、仮想通貨のオーガーで、

内容を詳しく紹介します。

Sponsored Link

 

仮想通貨のオーガーとは?

仮想通貨にも様々な種類があり、

オーガーは日本の取引所でも購入ができますよ。

 

それでは早速、仮想通貨のオーガーの内容を、

紹介していきます。

 

是非、参考にして見てくださいね。

 

 

仮想通貨のオーガーはプラットフォームの1つ

参照元URL blog.mr-ripple.com

オーガーとは仮想通貨イーサリアムの、

スマートコントラクトプロジェクトの1つであります。

 

ユーザーが予測市場へ参加するための、

プラットフォームシステムになっていますよ。

 

ここはイーサリアムの共同創業者のうちの一人である、

Vitalik Buterinがアドバイザーを務めています。

 

そして仮想通貨オーガーの名前の由来は、

占い師を意味する英語の名詞からきています。

 

予測市場のみならず、保険の分野に対し、

イノベーションを起こす可能性があると、

業界では期待をされています。

 

さらには、ブックメーカーと呼ばれる、

ギャンブルを提供するサービスをDAOとして、

オーガーを導入することでクリーンな運営もできます。

 

予測市場というのは、

未来の結果を商品としたマーケットのことです。

 

要するに、仮想通貨オーガーが提供する予測市場とは、

株式市場などに代表される先物市場の1つであります。

 

将来起こる事柄の結果に対して、

それぞれの参加者が予測した結果へ、

投票する権利を購入します。

 

そして実際に起こった結果に対して、

予測が当たった参加者に対して、

利益が分配される仕組みになっています。

 

また、株式市場では利益の分配が行われないので、

その点については予測市場と株式市場は異なると言えます。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨オーガーが注目される理由

参照元URL doublehash.me

群衆の英知とは、ジェームズ・スロウィッキーが、

2004年に著書にて提唱した概念のことです。

 

そのスロウィッキーは著書の中で、

ある命題に対し専門家でない、不特定多数による多数決の方が、

専門家1人による判断に勝るということを統計的に説明しました。

 

インターネットの発達と共に、

グーグルやウィキペディアに代表される、

Web2.0の有用性と合わせて語られることも多いです。

 

現在ではグーグルが、

過去の情報のデータベース的な役割を果たしています。

 

それとは反対に、未来の情報に関しては、

オーガーを参考にすれば良いとする専門家もいるぐらいです。

 

 

 

ブックメーカーの仕組みをオーガーが公平に

参照元URL xaposta.com

ブックメーカーとは、

賭博において掛け率の設定や配当を行う役割のことです。

 

日本では刑法により賭博行為を禁じられているため、

馴染みは薄いのではないでしょうか。

 

しかし、海外では政府公認で事業を行ったり、

上場を果たす企業が取り組んでいます。

 

また、世界的に有名なサッカーチームの、

スポンサーを務めるブックメーカー企業も存在するなど、

日本の文化とはかけ離れています。

 

そしてこのブックメーカーには問題点がり、

人為的に運営されることによる、公平性です。

 

人が運営に関わっていることで、

八百長や詐欺疑惑が問題となります。

 

要するに、胴元の利益を増やすために、

作為的に不正を行うということが懸念されます。

 

それらを完全に排除することは困難かもしれないが、

仮想通貨オーガーではスマートコントラクトにより、

自動で運営するため、公平性が高まるのではないかと言えます。

 

その内容を以下に挙げてみます。

 

●参加者が自由に賭け事を作成できる

 

●参加者が特別な権限を必要とせず

イベントへ参加することができる。

 

●イベントの結果を、イベント作成者以外が判断する

 

●イベント結果による配当金の分配をシステムが行う

 

イベントの結果を判断するには、

レポーターと呼ばれる人々がその役割を果たします。

 

つまり、レポーターの多数決によって、

イベントの結果が決まるということです。

 

そのレポーターとして登録するには、

一定の保証金を準備する必要があります。

 

レポーターの多数決で、

過半数を超える選択を選んだレポーターは、

報酬を得ることができます。

 

そして、そのレポーター投票が、

過半数以下の少数となる結果に投票したレポーターは、

保証金を失うという仕組みになっています。

 

そのため、レポーターとして参加する人は、

事実に即した結果を報告することが動機付けされています。

 

このようなレポーターシステムを導入することで、

オーガーは賭け事を行う際の公平性を明確にした。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨オーガーの可能性

参照元URL www.bitkai.com

ブロックチェーンシステムが、

金融業界のシステムを作り替えるように、

仮想通貨オーガーが注目される最大の理由の1つは、

保険業界のビジネスモデルを再構築する可能性があるからです。

 

なぜなら、ギャンブルと、

保険の仕組みが似ていることにあります。

 

保険会社は元々航海技術が発達していなかった時代に、

商船が目的地へ到着できるかどうかを、

掛けるということが起源でありました。

 

そして現在の保険の仕組みは、

およそが以下のようになっていますね。

 

●一定期間で保険料を支払い続けることで、

保険のシステムに参加できる。

 

●一定の決められた期間内に、

もし病気にならなかった場合は保険料は戻ってこない

 

●病気などにかかった場合には、

医者などが結果の判断を行う

 

●結果が正しいと保険会社に認定されれば、

その保険金が支払われる

 

お気づきでしょうか?

 

これをオーガーでのイベントに置き換えてみると、

以下のようになります。

 

●自らが近く病気にかかると予想し、

掛け金を払い参加し続ける

 

●イベントの期間内に健康であれば、

賭け金は没収される

 

●病気にかかった際に、

医者などが結果の判断を行う

 

●医者をレポーターとし、

結果が正しいと判断されれば配当金が支払われる

 

このように保険システムと、

オーガーなどで行われるギャンブルは共通点が多いですよね。

 

こういった流れの中で、

仮想通貨オーガーが評価される点があります。

 

保険会社というシステムは必要なく、

すべてがスマートコントラクト上で完結する点です。

 

しかし、実際に保険業務へと適用される場合には、

結果の判断の信頼性などは課題とされる点があります。

 

実際の運用方法はこれから推敲されるでしょうが、

近い将来、保険会社がイーサリアムのプラットフォームを、

仕組みに導入する日が来るかもしれないですね。

 

そして仮想通貨オーガーは、

保険と同様にデリバティブへの応用も期待されています。

 

(関連記事)

仮想通貨のノアコインとは?購入方法や将来性を紹介!

ビットコインの買い方は?日本で仮想通貨の取引所を紹介!

仮想通貨でADA(エイダ)コインとは?カルダノとの関係は?

ビットコインとは?仮想通貨で人気の理由を紹介!

仮想通貨のモナーコインとは?日本初のモナーコインを紹介!

仮想通貨のイーサリアムとは?イーサリアムの特徴や内容を紹介!

リップルとは?仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介!

仮想通貨のネム(NEM)とは?投資家に人気のネム(NEM)の概要を紹介!

 

いかがでしたか?

 

仮想通貨オーガーには可能性があり、

近い将来耳にすることが多くなるかもしれません。

 

日本との関連は薄いかもしれませんが、

今後の発展が期待されますね。

 

今回は、仮想通貨のオーガーで、

内容を詳しく紹介しました。

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

こちらをクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link