仮想通貨は、2017年が元年と言われており、

認知度も高まってきています。

c

その中でも将来性や可能性を秘め、

活躍してくれそうなコインも存在します。

 

そこで今回は、仮想通貨のダッシュコインで、

将来性や特徴を紹介します。

Sponsored Link

 

仮想通貨のダッシュコインとは?

ダッシュコインはメジャー通貨として、

頭角を現してきています。

 

コインの価値も上昇し、

今後が期待されている仮想通貨です。

 

それでは早速、仮想通貨のダッシュコインを、

紹介していきます。

 

是非、参考にして見てくださいね。

 

 

仮想通貨ダッシュコインの概要

参照元URL coindatabase.net

ダッシュコインは、

2014年1月にEvan Duffield氏により開発された、

匿名性を専門にしている仮想通貨の一つです。

 

ダークセンドという、

匿名性の高い送金機能を備えているのが特徴です。

 

ダッシュコインはもともと、

ダークコインという名称だったのも、

このことから由来しています。

 

そして、採用している暗号化方式のX11は、

複数のハッシュ関数を利用することで、

セキュリティに優れているだけでなく、

消費電力もScryptより低いと言われています。

 

名称・・・Dash(ダッシュ)

コード・・・DASH

開発者/開発組織・・・DASHFOUNPATLON

暗号化方式・・・X11(セキュリティ)

コンセンサスアルゴリズム・・・ProofofWork

上限発行量・・・約1,900万

 

 

 

仮想通貨ダッシュコインの特徴

参照元URL l-ap.jp

ダッシュのダークセンドは、送金元を匿名化し、

コインジョインという仕組みを採用しています。

 

同じ時間帯の送金依頼を一時的にまとめて、

それから各々の送金先へ送金されるという仕組みです。

 

送金元と送金先の間にプールを挟むことにより、

ブロックチェーン上に送金元アドレスを、

記録しない形での取引を実現しました。

 

また、ダッシュコインのもう一つの大きな特徴は、

インスタントセンドという、

即時決済機能を備えていることです。

 

ビットコインでは取引が承認されて、

処理が確定するまで、

約10分ほどかかってしまいます。

 

この時間を大幅に短縮することができ、

1秒間で28回の取引を処理することを実現しています。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨ダッシュコインの将来性!

ダッシュコインには、

他の仮想通貨にはない優れた特徴がありますね!

 

続いては、仮想通貨ダッシュコインの将来性を、

紹介していきます。

 

是非、参考にして見てくださいね。

 

 

仮想通貨ダッシュコインの可能性!

参照元URL retirement-investment.info

インスタントセンドを用いた即時決済によって、

仮想通貨を用いた決済スピードは、

日常的な手段として用いるレベルにまで向上しています。

 

海外では、ダッシュコインで支払いができる、

自動販売機までもが登場しています。

 

飲み物の支払いには、自動販売機に記載されている、

送金アドレスに送金するだけで完了します。

 

そして、金額を間違ったとしても、

返金されるシステムが導入されているので安心です。

 

特に2016年1月以降は、

ダッシュコインの価格が高騰しています。

 

その高騰した理由は、Lamassu社と、

ダッシュコインが業務提携契約を行ったからです。

 

Lamassu社といえば、

ビットコインなどをはじめとした、

仮想通貨専用のATMを提供している企業です。

 

ATMは、世界で30%のシェアを獲得しています。

 

ダッシュコインが対応したATMは、

日本でも採用している企業や店舗があります。

 

西麻布や六本木など、

東京を中心とした場所に設置されています。

 

また、ダッシュコインを使って20%OFF分の 、

Amazonギフトカードが購入できるようになっています。

 

このサービスはビットカートという、

ギフトカード販売会社で受けることができます。

 

もちろん、ビットコインで購入することもできます。

 

このサービスは、ダッシュコインを運営する 、

ダッシュ財団とビットカートの協力で実現しました。

 

ダッシュコインのような仮想通貨を広めるためには、

たくさんの人に使ってもらう環境を用意し、

Amazonギフトカードはその環境づくりの一環だということです。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨ダッシュコインのまとめ

参照元URL bobcoffee.0012.org

取引スピードが早い

DASHには大きく3つの特徴があります。

一つが取引スピードの早さです。

 

ビットコインは一つの取引に10分程度かかりますが、

ダッシュコインは4秒することができます。

 

このスピードはインスタントセンドと呼ばれる、

決済手段を採用しているからです。

 

 

 

匿名性が高い

ダッシュコインは、

匿名性が高いことが評価されています。

 

ビットコインの場合は取引が公開され、

誰から誰にビットコインが送られたのか確認できますが、

ダッシュコインの場合は追跡が出来ません

 

ダークセンドと呼ばれる匿名性の高い、

トランザクション形式を採用しているからです。

 

具体的には同じ時間帯に行われた送金依頼を、

いくつかまとめてから送金先へ振り分けています。

 

 

 

マスターノードの存在

ダッシュコインは取引のマイニングを、

マスターノードと呼ばれる、

ランダムに選ばれた者が行っています。

 

ビットコインの場合は、

競争させ最も早く解を導き出した者がマイニングを行いますが、

ダッシュコインは最初から選ばれています。

 

もちろん、マシンの処理性能や速度など、

マスターノードになるための条件は存在します。

 

(関連記事)

クローバーコインとリップルコインの関係は?48ホールディングスの概要や仕組みを紹介!

クローバーコインのビジネスとは?ボーナスプランや内容を紹介!

仮想通貨のリスク(LISK)とは?将来性や内容を紹介!

仮想通貨のゴーレムとは?特徴や内容を紹介!

ビットコインの買い方は?日本で仮想通貨の取引所を紹介!

ライトコインとは?仮想通貨での将来性や特徴を紹介!

仮想通貨のイーサリアムとは?イーサリアムの特徴や内容を紹介!

リップルとは?仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介!

仮想通貨のネム(NEM)とは?投資家に人気のネム(NEM)の概要を紹介!

仮想通貨のドージコインとは?特徴や起源を紹介!

 

いかがでしたか?

 

ダッシュコインには、

ビットコインにないような特徴が評価されています。

 

大手企業も注目してきているので、

これからの活躍が期待されますね!

 

今回は、仮想通貨のダッシュコインで、

将来性や特徴を紹介しました。

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

このLINE@だけのサービスやキャンペーンも行うので、

是非、登録をしておいてくださいませ。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

こちらをクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link