世の中の仮想通貨の種類は、

700種類以上も存在しています。

 

第二のビットコインと言われている、

リップルがあります。

 

そこで今回は、仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介します。

Sponsored Link

 

仮想通貨のリップルの特徴や内容とは?

仮想通貨と言えばビットコインを思い浮かべますが、

リップルも有名どころの一つです。

 

それでは早速、仮想通貨のリップルの特徴や内容を、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

仮想通貨のリップルが有名になった理由

参照元URL kigyotv.jp

リップルは、ビットコインと同じような、

仮想通貨のうちの一つです。

 

しかし、コインの名前ではなく『決済サービス』の名前であって、

コインの名称ではありません。

 

リップルの通貨X単位はXRPで、

例えば日本円から米ドル、米ドルからユーロに両替する時に、

リップルを通過するために、一瞬だけリップルXRPになります。

 

そのため、リップルXRPは、

ブリッジ通貨という位置づけとなっています。

 

要するに、ネットワーク上の通貨を使って、

色々な通貨と取り引きができるシステムでもあります。

 

そして、有名になった理由としては、

グーグルが出資したことがあげられます。

 

グーグルが出資するということは、

リップルという仮想通貨の将来性があったからではないでしょうか。

 

また、リップルは700種類もの仮想通貨の中で、

時価総額ランキングは上位にランクしています。

 

つまり流通量がそれだけ多いということですよね。

 

 

仮想通貨の購入はこちらから↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

仮想通貨の リップルの特徴

参照元URL blog.livedoor.jp

リップルは2004年にカナダの『Ryan Fugger』という、

ウェブ開発者によって作られたものです。

 

リップル内の仮想通貨の単位であるXRPという通貨を使って、

様々な通貨と直接取引をすることができるのが特徴です。

 

そのメリットは、本来であれば海外送金は、

かなりの手数料を取られますが、

銀行を通さないために手数料がかからないということです。

 

さらに、決済のシステムが、

ビットコインよりも圧倒的に早く、数秒で完了するということです。

また、リップルはビットコインの欠点を補うために、

計画して開発されたと言われています。

 

どのような国の通貨であっても、

為替取引を容易に低コストかつ、

高速で行えるサービスがリップルです。

 

ビットコインの問題の1つ、

トランザクション速度や法定通貨との、

インターフェイスを改善していると言えるでしょう。

 

更にその特徴は、上記の画像のように、ドル、円、ユーロ、ビットコインなどの、

全通貨の間に立つことができるのがリップルです。

 

為替取引の手数料でメリットがあるため、

複数の銀行が採用開始に向けて検討しています。

 

今後、国際送金の仕組みに採用する、

との話も最新情報のプレスリリースでは出ています。

 

ビットコイン同様、最初に上限量である1000億が決まっており、

利用する度に減少するというのが特徴です。

 

ちなみにビットコインの上限は2100万枚なので、

リップルの5000分の1程度です。

 

手数料である0.000001XRPずつ破棄されるのですが、

ビットコインと同様に量に限りがあるのが特徴で、

減っていくとなると価値は上がるということなのでしょうか。

 

しかし、リップルの減っていく量は、

総量に対して小さすぎるため、

すぐに価値が上昇していくということは考えにくいかもしれません。

 

リップルは現物として保有することも可能ですが、

他の仮想通貨とは概念が違うかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨リップルの今後は?

参照元URL matome.naver.jp

仮想通貨の業界においては、

ビットコインが発表されて以来、ビットコインの一人勝ち状態です。

 

しかし、アメリカでは、ニューヨーク金融サービス局による、

ビットライセンスやマネー・ロンダリングに対処すべく、

ビットコイン取り扱い業者を規制するためのライセンス制度が引かれました。

 

今後、仮想通貨がもっと市場に溢れてくることを想定し、

仮想通貨に対して厳しい規制が引かれるということです。

 

その最中、リップルのネットワークに加わる銀行が現れたり、

世界大手のクレッジトカードと連携をするというニュースが流れたりしています。

 

先ほども説明しましたが、リップルは他の仮想通貨とは違い、

全ての通貨の間に立つことができます。

 

国際送金の手数料が安くなり、

そしてスピードも早くなるというサービスを提供していることは、

今後、もっと活発に繰り広げられていく可能性は秘めているのではないか。

 

大手企業とのタイアップや、

大手企業が出資を積極的に行っているということが、

今後の未来を暗示しているのかもしれません。

 

(関連記事)

ビットコインの買い方は?日本で仮想通貨の取引所を紹介!

仮想通貨でADA(エイダ)コインとは?カルダノとの関係は?

仮想通貨のノアコインとは?購入方法や将来性を紹介!

リップルコイン(XRP)が高騰した理由は?何故リップルが注目されているのかを紹介!

ビットコインはビットフライヤーを活用!HYIP(ハイプ)に投資するには?

SENER(セナー)とは?会社概要やボーナスプラン、運用方法を紹介!

仮想通貨のオーガーとは?内容を詳しく紹介!

仮想通貨のイーサリアムとは?イーサリアムの特徴や内容を紹介!

仮想通貨のモナーコインとは?日本初のモナーコインを紹介!

ビットコインとは?仮想通貨で人気の理由を紹介!

 

いかがでしたか?

 

リップルと聞くと、仮想通貨そのものだと勘違いされていますが、

決済サービスの名前です。

 

他の仮想通貨とは違う特徴を持つリップルが、

今後、この業界にどのように関わってくるかが楽しみですね。

 

今回は、仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介しました。

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

こちらをクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link