(3月6日更新)

【現在、ライトライズが日本時間の3月5日午前8時に、

GH(出金)が止まっています。出金しようとするとTechnical work. Try again laterと表示され、

3月6日午前8時現在で、公式アナウンスはされておりません。

何も選択せずに出金しようとしても同様のエラーになるので、

これはエラーではなく故意的なものだと思われます。

メールで入金方法の変更などが届いていますが、

最後の資金集めですので絶対に入金しないようにしてください。

サポートに連絡しても返事がない状態なので、

飛んだ可能性があります。このような事態に備えて、必ず分散投資を心がけてください。】

 

 

現在最も人気のあるHYIP(ハイプ)案件と言っても過言ではない、

ライトライズという会社がります。

 

サイト管理者もライトライズに投資をしていますが、

ライトライズは危険なのでは?

という声を聞くこともあります。

 

実際のところはいかがなものなのでしょうか。

 

そこで今回は、ライトライズは危険なHYIP(ハイプ)詐欺案件なのか、

会社やビジネスの実態を紹介します。

Sponsored Link

 

ライトライズは危険なHYIP(ハイプ)詐欺案件!?

有名人なども巻き込んで話題になっているライトライズですが、

その実態とはいかに。

 

会社やビジネスの内容を通して、

分析していきましょう。

 

それでは、ライトライズは危険なHYIP(ハイプ)詐欺案件なのか、

を紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

ライトライズは危険な会社

会社名:Right Rise LTD

会社番号:10150215

創業:2006年

資本金:200,000,000£(約28億円/£=140円)

住所:60 Charles St, Manchester M1 7DF(Manchester Business Centre (MBC)

オフィシャルサイト:https://rightrise.com

電話番号:+44 244-563-8211

メールアドレス:admin@rightrise.com

Telegram:rightrise_support

 

ライトライズはイギリスで設立されている会社で、

しっかり登記もされているようです。

 

登記されていても危険な会社はあると思いますが、

登記されていない方が危険な会社でしょう。

 

また、法人番号の記載もありますが、

調べ方が分からない為、裏はとれずです。

 

会社の事業内容としては、

イギリス全土に速度監視をする、

速度監視カメラを設置している会社のようです。

 

日本でも2006年から、

民間企業が速度監視カメラの事業を請け負っていますね。

 

速度監視のカメラは、国が作っているのではなく、

もちろんどこかの下請けの工場で作られています。

 

国が詐欺をしていそうな、

危険な会社を選ぶはずがありません。

 

下請けの工場が速度監視カメラを作って、

国からお金をもらって会社が成り立っていると考えれば、

ありえる話と言えばそうですね。

 

そもそも日本でも同じ事業をしている会社があるのであれば、

危険な会社とは言えないかもしれません。

 

日本では間違いなく危険な会社が、

速度監視カメラを作らないでしょうから。

 

Sponsored Link

 

ライトライズの収入源は危険!?

ライトライズの会社が成り立っているのは、

もちろん収入源が無いとダメですよね。

 

危険な会社と言えば、

その収入源が不当なものであったりします。

 

どういったことで収入を上げているのか分かれば、

危険な会社の判断材料になるのかもしれません。

 

さて、その収入源はというと、

速度違反の罰金からの一部を国からもらっている、

ということです。

 

意外とまともな収入源ですね。

 

速度監視カメラは何の為の道具かと考えると、

速度違反をする人を捕まえる為です。

 

速度違反をした人は、

その罰金を国に支払いますよね。

 

その罰金から収入を得ていると考えれば、

なるほどというような感覚になります。

 

では逆に、スピード違反をする人がいなくなれば、

会社は潰れてしまいます。

 

収入源が無くなってしまうわけですから。

 

しかし、スピード違反をする人がいなくなるのでしょうか。

 

イギリスと日本では速度違反者数が同じと言われていますが、

その表を掲載致します。

 

 

平成24年度の資料ですが、

なんと年間に200万件以上の違反があります。

 

10年ほどでなくなるかと言われれば、

無くならないというのが正解ではないでしょうか。

 

日本でも違法駐車が民間委託されてから、

10年以上が経ちますが、一向に無くなりません。

 

さらに10年が経ったところで、

速度違反や違法駐車が無くなるとは考えにくいです。

 

ということは、速度違反によっての収入源は、

当面の間、確保し続けることができるということです。

 

危険な会社であれば、

このような収入源ではなさそうですよね。

 

 

 

ライトライズに投資したお金は詐欺!?

それでは、投資された資金は、

詐欺などではなく、正当な理由で使われているのでしょうか。

 

危険な会社であれば、

どこに消えたのか分からなくなっていそうですよね。

 

ライトライズでは、投資された資金は、

最先端の機能を導入した速度監視カメラの購入や設置をし、

道路の監視システムの構築等の設備に使用されています。

 

その結果、ライトライズのビジネス拡大と、

イギリスの交通の安全に貢献しています。

 

どうでしょうか?

 

危険な会社がやるような資金の使い方とは考えにくく、

国の為にしっかりとお金を使っているということですね。

 

もちろんこうした活動があるからこそ、

国から罰金の一部を収入として頂ける訳ですよね。

 

 

ライトライズへの登録はこちらから↓↓

HYIP(ハイプ)でライトライズが人気!登録方法や使い方を紹介!

 

 

 

ライトライズの会社の紹介動画

こちらの動画は、

ライトライズの会社の紹介動画になります。

 

しっかりとしたオフィスを構え、

ビジネス活動に励んでいるうようです。

 

(関連記事)

イーサトレードはHYIP(ハイプ)で安定?概要や報酬プランを紹介!

ビットコインのHYIP(ハイプ)でD9クラブが人気!D9クラブの内容やボーナスを紹介!

HYIP(ハイプ)で人気のD9クラブ!D9クラブの登録方法を紹介!

SENER(セナー)とは?会社概要やボーナスプラン、運用方法を紹介!

HYIP(ハイプ)で人気のエアービットクラブ!内容やボーナスを紹介!

エアービットクラブに登録!HYIP(ハイプ)で人気急上昇中!

HYIP(ハイプ)でXバイナリーが人気!ボーナスプランや内容を紹介!

コインチェックとは?ビットコインなどHYIP(ハイプ)で使用する仮想通貨を売買できる取引所を紹介!

 

いかがでしたか?

 

ライトライズは危険な会社で、

HYIP(ハイプ)の詐欺案件だと言われる理由は、

あまり感じないような気もします。

 

しかし、投資であることには変わりはないので、

全ては自己責任として行わなければなりません。

 

様々な角度から物事を捉え、

ご自分の判断で投資は行ってくださいませ。

 

今回は、ライトライズは危険なHYIP(ハイプ)詐欺案件なのか、

会社やビジネスの実態を紹介しました。

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

こちらをクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link