<GXT最新情報>

20190905GXTスタート日時

GXTよりサービススタートに向けた公式の発表がありました。

  • 登録開始:2019年9月5日(木)18時 ※9月6日19時に変更
  • パッケージ購入:2019年9月9日(月)18時

本日の18時になりましたら登録リンクを公開します。

 

 

GXTのダイヤモンド事業

GXT(GEM EXCHANGE AND TRADING)は、2019年9月5日(木)に日本・韓国を含めて複数の国で同時スタートとなります。※2019/9/6~登録開始・9/9~BTC入金が開始となります。

 

他国のユーザーと比較して日本国内は優先して開始することができますので、先行者利益を狙える可能性も高くなります。

 

またオープンを記念して、『100万円相当のダイヤモンド100個・1,000万円相当のダイヤモンド4個』がキャンペーン特典となります。※条件不明

 

【GXTの特徴】
  • 宝石交換プラットフォーム
  • ドバイ・シンガポール法人設立
  • 2019年7月末よりGCP名称で1ヵ月テスト稼働
  • 2019年9月6日世界同時オープン
  • 投資可能額:約12万円~約240万円相当
  • 最低3ヵ月ロック(6ヶ月/12ヵ月選択で別途特典あり)
  • 月利25% ※コイン価格により変動

今回は世界で35兆円という安全資産と認知され、非常に大きな規模を誇るダイヤモンド市場(3カラット以上)・その他の宝石業界に参入し、発行するGXTコインと連動させることで価値・価格を上昇させていく狙いがあります。

 

現物資産として価値が高い「ダイヤモンド(宝石)×仮想通貨」による事業・サービスとなります。

 

それでは、2019年9月公開のGXT投資案件について、公開されている情報を参考に図解します。※2019年9月6日に情報を更新

 

【GXT公式情報】
【マーケティングロードマップ】

GXTのロードマップ

  • 2019年8月:GXTの準備期間
  • 2019年9月:日本にてサービス拡散開始
  • 2019年10月:中国・東南アジアにてサービス拡散開始
  • 2019年11月:ヨーロッパのマーケティング開始
  • 2019年12月:シンガポールにてフォーラム開催・アメリカとEU圏内のマーケティング開始
  • 2020年1月:南米にてマーケティング開始
  • 2020年2月:ラスベガスにてフォーラム開催
【取引所へ上場:2019年9月3日予定】

GXTコインは、まずは『BW.com(取引量世界TOP25位)』の取引所へ上場予定です。※現在やや遅延している模様です。

また今後も、その他取引量世界上位クラスの取引所へ上場を予定しています。

 

 

GXTとは?

※引用元 https://youtu.be/5HuvJkHzDXQ

<GXTの主要メンバー>
  • 本社:シンガポール
  • 拠点:ドバイ・韓国に現地法人設立

GXTの主要メンバー

  • CTO:Henry Kim氏(韓国ブロックチェーンのテクニカル部門で著名な方) ※韓国にて8年前に3Dプリンターを開発・現在は韓国政府から3番目に認められたブロックチェーン協会の代表
  • CTO:Liu Gang氏(アリババプラットフォームの元CTO/バイドゥ(百度)の元CTO) ※アリババは売上高6兆円の中国巨大企業/バイドゥはGoogleに次ぐ世界第二位の検索エンジン会社

※一部、主要メンバー・拠点住所についての誤った情報が掲載されておりましたので以下にて修正しておきます。

<Liu Gang氏について>

GXTのCTO(Liu Gang氏)の経歴に通訳のミスがありました。以前は現役の百度(Baidu)CTOとの事でしたが、現在はすでに退職・独立されており、「Humming Bird Finance」社を設立されています。

  • 過去にTencent(テンセント)創業時に投資経験あり
  • Humming Bird Finance社を設立

Humming Bird Finance社とは、全世界数百のブロックチェーン会社にサービス(ブロクチェーン情報及びビックデータ市場分析プラットフォーム、デジタルマーケティングサービス)を提供する会社です。

<Webページの住所表記について>

一部のメディアにて、GXTの掲載住所が「リージャスのレンタルオフィスである事・各国の領事館である事」という情報が配信されています。

 

こちらにつきましては、公式HPを公開した当初、ホームページを作成したエンジニアにて仮入力をしていた情報がそのまま公開されたとの事です。現在は、正しい住所に変更されていますという情報が配信されています。

GXTは、価値が安定していると言われる資産『ダイヤモンド・宝石』などのマスターノードコインです。

 

「マスターノード」は仮想通貨の採掘を意味しており、伝統的な採掘方法と言えばビットコインのマイニングが良く知られていますよね。

 

Sponsored Link

 

<マイニングとマスターノードの違いは?>

GXTのマスターノード

例えばビットコインのマイニングは、ご自身のノード(コンピュータ)が高度な計算を繰り返すことでブロックチェーンの承認作業を行い、ビットコインを報酬として手に入れることができます。※マイニング=仮想通貨の取引データを承認する作業 ※マイニングとはこちらを参照

 

しかしマイニングを始めるためには、莫大な設備費用の投資・24時間365日稼働することで熱くなるマシンの冷却設備・毎月の電気代などコスト負担が大きく、日本国内で有名なGMOはマイニング事業で500億円以上の損失を出したことは有名ですよね。

 

その点マスターノードの仕組みは、大規模なパワー・エネルギーは不要(=コスト面に優れている)で、24時間稼働できるサーバーを保有・『該当通貨を一定数以上保有』し、与えられた仕事をこなすことで、その対価である報酬として該当通貨を得ることができます。

 

つまりマスターノードとは、一定の条件を満たすことで役割と権限を与えられたノードであり、マイニングよりも比較的容易に通貨(報酬)を得ることができる仕組みになっています。

 

しかし『該当通貨を保有する=価格の下落が起こると資産額が減少する』ことを意味します。その為、マスタノードを採用する通貨で継続的に収益(不労所得)を得るためには、中長期で価格が上がるであろうプロジェクトに狙いを定める必要があります。

上記の理由から暗号通貨大国の一つである韓国では、莫大な投資費用が掛かるマイニングではなく、該当通貨を一定数保有(一般的なPCも必要)することで報酬(=不労所得)を得れるマスターノードが人気になっているようです。

 

そこでGXTが提供するサービスでは、ダイヤモンドなどの現物資産と暗号通貨を連動させることで、価値・価格の下落を抑える狙いがあります。

 

システムのイメージ

GXTのスマホシステム

GXTに参加するユーザーは、

  1. 指定された取引所で1,000枚のGXTコインを購入
  2. 専用ウォレットに保管
  3. ボタン一つでノードの採掘が開始

上記の流れでGXTより設定された配当を得ることが出来ます。

 

2019/9/1現在はサービス公開までですが、「宝石ブランドの公開・宝石プラットフォーム」はすでに完成されています。今後は「宝石トレード・FXトレード・宝石のブロックチェーンによる承認サービス」などが実装予定です。

 

宝石プラットフォーム

GXTの宝石プラットフォーム

そしてGXTプロジェクトでは、宝石の原石を購入・輸送・販売することで、卸価格の3倍以上の高付加価値を得れる事業を展開していきます。

 

またダイヤモンド市場は、3カラット以上だと35兆円という非常に大きな市場となります。GXTプラットフォームでは、2カラット以上は資産と認識されているダイヤモンドを主力商品として提供していきます。

 

GXTプラットフォーム

GXTのプラットフォーム

また宝石プラットフォームを起動させることで、購入者はGXTを通してのみ宝石の購入が可能となり、

  • 売上の一部はノードユーザーに還元
  • もしくは消却処理(バーンの実施)

上記を実行することでGXTの価値を高め続けていく狙いがあります。

 

他事業との差別化

GXTのマスターノードのメインネット

また宝石のトレードは、その他の事業と比較して参入障壁が高い為ライバルが少なく、全世界的にもダイヤモンドなどの宝石は顧客によって現物購入されるほど資産価値がとても高く・資産保全性がありますよね。

 

つまり不確実な事業モデルに投資をする訳ではなく、資産価値に持続的がある・価値が裏付けされた安全資産への投資案件が「GXTの宝石プラットフォーム」となります。※宝石鑑定書あり

 

そしてこの『宝石×マスターノード』を組み合わせることで、多くの方が気軽に参加する事ができ、かつ市場の状況に関わらず安全資産と連動したコインにすることで、長期的・持続的に事業が発展していくと考えられています。

 

もちろん仮想通貨による投資案件は不測の事態も考えられますので、投資をされる際は余剰資金または生活に困らない程度に参加されることをオススメ致します。

 

 

GXTコイン概要

GXTのトークン概要

<GXTコイン>
  • コイン名:Gem Exchange And Trading
  • シンボル:GXT
  • 発行枚数:500,001,004枚
  • 1ノード:1,000GXT
  • 総ノード数:100,000ノード(限定)

 

Sponsored Link

 

 

GXT投資内容

GXTの投資内容

【GXT投資概要】
  • 最低投資額:1,000ドル/1ノード(=1,000枚)
  • 最大投資額:20,000ドル/20ノード(=20,000枚)
  • 最低投資期間:3ヶ月間(元本ロック)
  • 6ヶ月ロック時:10%追加報酬(ロック終了後)
  • 12ヵ月ロック時:20%追加報酬(ロック終了後)
  • 月利25% ※コイン価格により変動

※取引所の価格によって、最低投資数量である「1,000XGT」の必要な金額は変動致します。

スポイラーのタイトル

GXTの複利運用の一例

※10,000ドルで10ノード運用時

投資をする際に重要なキーワードである「複利」ですが、投資には「単利運用」・「複利運用」の二種類があります。今回はGXTの複利運用について図解します。

 

例えば10ノード(10,000ドル)で投資をした際、

  • 単利運用:6ヶ月後36,000ドルの資産合計
  • 複利運用:6ヶ月後44,000ドルの資産合計

つまり毎月配当で得た報酬を元金に組み入れることで、たった半年ですが単利運用(初回投資の元金のみで運用)と比較すると複利運用の方が「1.22倍」効率よく稼ぐことができます。

 

複利運用は、期間が長ければ長くなるほどその効果を発揮いたしますので、毎月元金に組み入れるひと手間は必要となりますが、長期で運用をする場合には断然お得な投資スタイルとなります。

 

複利運用のリスク・デメリットは、もし投資案件が消滅してしまった場合には、一円も元金を回収することができずに資産を消滅する可能性が考えられますので、ご注意くださいませ。

 

<配当詳細>
  • 配当時間:毎日15:00(GMT+9)
  • 交換通貨:BTC
  • 購入方法:専用ウォレットにて

GXT1枚あたりの価格が上昇すれば、最低投資額は変動いたします。つまり参加する為には1,000GXTを保有する必要がある為です。

2019年9月1日現在、ご自身の投資(GXT購入)数量に対してのROI(投資収益率)は50%となりますが、配当数量はさらに50%となりますので、結果『月利25%』がご自身の運用利益の計算となります。※またROIは変動される可能性あり

 

 

<筆者の考察>

どなたも紹介者を出さずにご自身だけの運用時(紹介人数0人)の際の個人的な見解を以下に記載致します。※一例

  1. まずご自身の投資によるノード(マイニング)収益は、月利25%となります。※月利はXGT価格上昇により変動
  2. 最低投資額は【1ノード=1,000GXT(約12万円相当)】ですので月に250GXTが配布されます。 ※GXT価格が上昇すれば配布枚数は変動
  3. 【可能性】組織報酬(バイナリー)として、紹介者からの直接紹介者がご自身の組織傘下に組み込まれると、1階層あたり各人の投資額の月利1%の報酬が得られます。

ただし各階層からの報酬は、ご自身の購入ノード数と比例します。

 

例えばご自身が3ノード(=3,000GXT(約36万円相当))の場合は、3階層(3%)まで報酬を得ることが可能です。※最大20階層まで

 

つまり組織を作ることができる、影響力がある紹介者から登録することで、ご自身にて紹介者を出せなくても組織報酬(バイナリー)を収益として得れる可能性が発生します。

 

 

GXT紹介ボーナス

GXTの紹介ボーナス

<紹介報酬について>

GXTで組織構築をした場合、ボーナスプランは5つ用意されています。

  • GXT配当(採掘ボーナス)2つ:継続報酬
  • GXTマーケティングボーナス3つ:売上発生時のみの報酬

 

GXT配当ボーナス(継続)2種類

GXTの採掘ボーナス

<継続ボーナス>
  1. ユニレベル報酬:『最大10階層・報酬率最大30%』 ※条件は、獲得可能階層=直接紹介人数/自身の保有ノード数
  2. バイナリー報酬:『最大20階層・報酬率最大20%』 ※条件:獲得可能階層=自身の保有ノード数

※支給率は、各人が投資しているノード数からの月利(%)となります。 ※1ノード=1,000GXT(枚数)

【報酬の配分について】

GXTの継続報酬

ユーザーが投資をして得れるノード配当の50%が「ユーザー本人へ還元」となります。残りの50%を紹介者を含めたアップラインの方々の報酬となり分配される報酬形態となります。

 

<残額50%の内訳>

  • 30%:ユニレベルで分配
  • 20%:バイナリーで分配
【ユニレベルとは?】

GXTのユニレベル組織

GXTのユニレベルシステムは、ご自身から始まる組織のマップとなります。

 

ご自身が紹介する方は、マップではあなたの「1階層目」に位置します。

1階層目の方が紹介者を作ると、その紹介された方はあなたのマップから確認すると「2階層目」に位置する形になります。

 

つまりGXTのユニレベルは、ご自身から始まる組織となる為、ご自身の拡散力・紹介者を輩出し続けていく組織構築が重要となります。

【バイナリーとは?】

GXTのバイナリー組織

GXTのバイナリーシステムは、その言葉通り左右の二系列のみの組織構成となります。

 

ユニレベルとは異なり、『ご自身から始まる組織』とあなたをGXTに紹介してくれた方を含めた『アップラインとの混合の組織形態』となります。

 

つまりご自身で紹介者を輩出することができない場合でも、影響力があるリーダーからGXTに参加・登録することで、バイナリー組織の構築・報酬を得れる可能性があります。

 

 

GXTマーケティングボーナス(売上発生時のみ)3種類

GXTのマーケティングボーナス

<売上発生ベース>
  • 紹介ボーナス:新規ノード売上額の5%(BTC支払い)
  • バイナリーボーナス:売上が小さい組織売上の8% ※残数量は累積
  • グローバルボーナス:全世界売上の2%をタイトル保有者で比例分配(タイトルは重複制)
【バイナリーボーナスの獲得条件】

GXTのバイナリー報酬の仕組み

直接紹介者比率が2:1の為、最低3名以上の紹介者が必要です。またご自身の購入ノード数によって一日の配当上限額があります。

 

<一日の報酬上限>

  • 1ノード保有:600ドル/日間
  • 3ノード保有:2,000ドル/日間
  • 6ノード保有:5,000ドル/日間
  • 10ノード保有:10,000ドル/日間
  • 20ノード保有:12,000ドル/日間

 

 

報酬についてのまとめ

GXTの継続報酬

※配当(継続報酬)からのボーナス分配料率

少しややこしい報酬プランになっていますが要約すると、これまでの配当型ウォレットのようにユーザー自身は毎日報酬を受け取りながら、さらに組織を構築することで『配当からの継続報酬+ノード購入時の単発報酬』が入るボーナス形態です。

 

<報酬対象>
  1. 【全ユーザー対象】ノード(マイニング)報酬:月利25% ※GXT価格で変動
  2. 【継続報酬】配当からのユニレベル(最大10階層):最大月利30%
  3. 【継続報酬】配当からのバイナリー(最大20階層):最大月利20%
  4. 【売上発生時のみ】直接紹介者によるノード購入時の紹介報酬:売上の5%
  5. 【売上発生時のみ】ノード購入時の売上が対象:バイナリー小さい組織の8% ※売上は累積型
  6. 【売上発生ベース】ノード購入時の売上が対象:バイナリー小さい組織額によるタイトル報酬

報酬のシュミレーションは以下となります。やや現実的ではない内容ですが、理論上の数字としてはもちろん誤りはありませんので情報の一つとしてご参照下さいませ。

【継続報酬のユニレベルシュミレーション】

GXTのユニレベル報酬シュミレーション

※ご自身は20ノードの保有時

こちらのGXTのシュミレーションは、

  • 1人が3人を紹介する
  • 各自5ノード保有
  • ROI600%・1ドル/1GXT

上記の組織を構築していくと、ご自身が月間で得れるユニレベルの継続報酬である組織収益は「2,244,450ドル(約2.5億円相当)」となります。

【継続報酬のバイナリーシュミレーション】

GXTのバイナリー報酬シュミレーション

こちらのGXTのシュミレーションは、

  • 1人が3人を紹介する
  • 各自5ノード保有
  • ROI600%・1ドル/1GXT

上記の1つ目のユニレベル報酬と合わせて、ご自身が月間で得れるバイナリーによる継続報酬は「40,638,750ドル(約44億円相当)」となります。

【売上発生時のみのユニレベルシュミレーション】

GXTの紹介報酬のシュミレーション

こちらのGXTのシュミレーションは、

  • 1人が5人を紹介する
  • 各自5ノード保有
  • 1ドル/1GXT

上記の組織を構築していくと、ご自身が売上が発生するたびに得れる報酬額は総額「466,500ドル(約5,000万円相当)」となります。

【売上発生時のみのバイナリーシュミレーション】

GXTのバイナリー報酬シュミレーション

こちらのGXTのシュミレーションは、

  • 1人が5人を紹介する
  • 各自5ノード保有
  • 1ドル/1GXT

上記の売上発生ごとに得れる報酬に加えて、毎日上記の図のようなバイナリー報酬を得ることが可能です。

     

    その他、組織報酬を得るためには、

    • ご自身のノード購入数量 ※最大20ノード
    • バイナリー直接紹介者比率2:1

    などの条件が設けられていますのでご注意ください。

     

     

    考えられるリスクは?

    <筆者の個人的な見解>
    1. 配当を得るため(ノード構築が必須)には、BTCでパッケージ(GXT)を購入する必要があります。まずは最低3ヶ月間のロック期間が必要となりますが、ロックアップ解消後に元金出金時にはGXTからBTCへ両替が必要となります。その為、GXT価格がとても重要となります。つまりGXTの価格が下落をしているとBTCでも同じですが、投資資金額より資産を減らす可能性があります。
    2. またウォレットのプラットフォーム・システム面において、後発の案件でありながら他の配当ウォレットの仕組みと比べてやや簡易的な印象があります。※個人的な見解

    「利益よりリスクが大きくなる」可能性もありますので、ご参画される場合は余剰資金またはリスク面を含めて登録される事をオススメ致します。

     

    Sponsored Link

     

     

    GXT登録手順

    2019年9月6日より登録作業が開始されました。以下のURLより登録が可能です。

     

    登録URL:https://master.gxtglobal.com ※招待コード付き

     

    随時、画像にて情報を更新していきます。

     

     

     

    GXT入金手順

    2019年9月9日よりBTC入金が可能となりますので、分かり次第情報を配信していきます。

     

     

    GXT紹介手順

    GXT紹介方法

    <GXT紹介手順>
    1. 右上の「三」をタップ
    2. 「プロファイル」をタップ
    3. 推薦者住所のURLをタップ

    あとはコピーしたURLを登録希望者にお渡し頂ければ、ご自身の組織としてシステム連携する流れとなります。

     

     

    GXT出金手順

    2019年9月9日よりBTC入金が可能となりますので、分かり次第情報を配信していきます。

     

     

    あとがき|GXT

    GXT概要・登録・使い方

    2019年9月6日より、世界同時オープンで日本も先行して参加できる仮想通貨による投資案件です。

    【かんたんなまとめ】
    • 宝石×マスターノードコイン事業
    • 参加条件:1,000GXT保有/1ノード
    • 投資可能額:1,000ドル~20,000ドル ※コイン価格で変動
    • 月利25% ※変動の可能性あり
    • 紹介報酬あり
    • 先行者利益が狙える案件

     

    ただし仮想通貨業界は急激に流れが変わることもありますので、投資される場合は余剰資金または元本回収後は得た利益だけで運用するなどの工夫されることをオススメ致します。

     

     

    公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

    ドラゴンヴェインコイン

    ※LINE ID検索「@oqm6996w」

    ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。