ユニークな仮想通貨は、

世の中にたくさんの種類があります。

 

その中でも、ドージコインという、

人気の仮想通貨がありますよ。

 

そこで今回は、仮想通貨のドージコインの、

特徴や起源を紹介します。

Sponsored Link

 

仮想通貨ドージコインの特徴とは?

仮想通貨はビットコインをはじめ、

種類はたくさんありますよね。

 

それでは早速、仮想通貨のドージコインの特徴を、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

仮想通貨の購入はこちらから↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

仮想通貨ドージコインの発祥は?

参照元URL days-works.xsrv.jp

仮想通貨のドージコインは、2013年に流行した、

Doge』と呼ばれる柴犬のミームがモチーフです。

 

コインのデザインはかぼすちゃんという、

日本の柴犬がモデルとなっていますよ。

 

元IBMエンジニアのビリー・マーカス氏が、

ビットコインのパロディー版として開発し、

2013年12月6日にスタートしました。

 

ドージ(DOGE)とはDogのスラング言葉です。

 

もともとはシドニーのアドビシステムズの、

マーケティング部門にいたジャクソン・パーマー氏が、

2013年に海外のネットで大流行した『Doge』と呼ばれる柴犬と、

仮想通貨を組み合わせるというアイデアが発端です。

 

パーマ氏はDogecoin.comというサイトを立ち上げて、

twitterでツイートしています。

 

そして、そのサイトを見たマークス氏が、

パーマー氏に開発者として協力するよと、

声をかけたことから始まりました。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨ドージコインの発行枚数と役割は?

参照元URL wired.jp

コインの発行枚数上限はなく、

約980億コインの採掘後は、

微増していくという仕組みになっています。

 

認証速度(ブロック生成間隔)は1分です。

 

仕組みとしては他の仮想通貨と変わりはなく、

シンプルな仕組みになっています。

 

現在のドージコインの仮想通貨としての主な使用方法は、

インターネット上でのチップとしての役割が特徴です。

 

 

 

ドージコインはどうして有名になった?

参照元URL fanatica.pokebras.jp

2014年のソチオリンピックの時に、

ジャマイカのボブスレーチームが、

資金不足で出場が危ぶまれていました。

 

その際に、ドージコインのコミュニティが、

ドージコインによる仮想通貨で、

募金活動を行ない始めました。

 

その結果、たった1日で3万$相当にもなる、

ドージコインが集まっています。

 

ドージコインとビットコインのレートが、

大幅に上昇するほど影響がありました。

 

続いて、アスリートのシヴァ・ケシュヴァン氏に対しても、

仮想通貨による募金活動が行われました。

 

 

このような出来事から、

ドージコインの知名度が飛躍的に上がりました。

 

(関連記事)

クローバーコインのビジネスとは?ボーナスプランや内容を紹介!

クローバーコインとリップルコインの関係は?48ホールディングスの概要や仕組みを紹介!

仮想通貨のノアコインとは?購入方法や将来性を紹介!

ビットコインの買い方は?日本で仮想通貨の取引所を紹介!

仮想通貨のビットコインキャッシュとは?時価総額や問題点を紹介!

ビットコインとは?仮想通貨で人気の理由を紹介!

仮想通貨のイーサリアムとは?イーサリアムの特徴や内容を紹介!

リップルとは?仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介!

仮想通貨のネム(NEM)とは?投資家に人気のネム(NEM)の概要を紹介!

仮想通貨のゴーレムとは?特徴や内容を紹介!

 

いかがでしたか?

 

仮想通貨には様々な起源がありますが、

有名になった理由が心温まりますよね!

 

今後はどのような使われ方をするのか、

行く末を見守りたいと思います。

 

今回は、仮想通貨のドージコインの、

特徴や起源を紹介しました。

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

このLINE@だけのサービスやキャンペーンも行うので、

是非、登録をしておいてくださいませ。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

こちらをクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link