株のIPOという言葉はよく聞きますが、

仮想通貨にも存在します。

 

情報の速さが物を言う世界なので、

知識として持っておきたいですよね!

 

そこで今回は、仮想通貨のICOの、

仕組みや内容を紹介します。

Sponsored Link

 

仮想通貨のICOの仕組みとは?

2017年に入った頃から、

仮想通貨でICOという言葉を聞くようになりました。

 

それでは早速、仮想通貨のICOの仕組みを、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

仮想通貨ICOの概要

参照元URL finsight.co.jp

IPOという言葉はご存知の方も多いと思います。

 

Initial Public Offeringの略ですよね。

 

まだ上場していない企業が、

証券取引所に上場して、

投資家へ株を売ることを指します。

 

IPOにより証券取引所に上場をするので、

誰でも株の取引ができるようになります。

 

仮想通貨の世界でIPOの株を、

コインに置き換えると分かりやすいです。

 

ICOとは、仮想通貨の上場前に、

投資家たちにコインを発行し、

資金調達を行うことです。

 

また、ICOと同じような意味合いで、

クラウドセールやプレセール、

と呼ばれたりもしています。

 

Sponsored Link

 

ICOとIPOの違いは?

参照元URL scholar.co.jp

IPOの場合は申し込み期間があり、

それをブックビルディング期間とも言います。

 

ICOの場合も同様に投資期間が設けられており、

これをクラウドセール期間と言います。

 

仮想通貨はこのクラウドセール中にのみ、

ICOに参加することができます。

 

ICOをする企業は世界中の投資家から資金を集めたいので、

ほとんどが英語でホームページが作成されています。

 

IPOは会社が上場するために、

証券会社を通して投資家に株式を売り出しますが、

ICOの場合は違います。

 

仮想通貨の場合は証券会社のように、

仲介してくれる会社が存在しません。

 

仮想通貨の開発元によって、

直接販売されることとなります。

 

さらに、ICOの場合だと、

投資してくれる仮想通貨の量に対して、

その分のトークンを発行する流れになります。

 

発行されるトークン量は上限が決まっている通貨と、

無限に発行される通貨があります。

 

どのくらいのトークンが分配されるかは、

クラウドセール最終日になってみないとわかりません。

 

 

 

ICOに参加するには?

参照元URL daiwahouse.co.jp

IPOの株は人気があるので、

誰でも購入できる訳ではありません。

 

抽選によって決められます。

 

しかし、ICOの場合は、

投資すればトークンを買うことができます。

 

そもそも当選という概念がないのです。

 

日本のIPOの場合は当然ですが、

日本円でしか買い付けができません。

 

ただ、ICOの場合は世界中の投資家から資金を調達したいので、

基本的にはビットコインなどの仮想通貨で参加する形です。

 

一つの仮想通貨だけでなく、

様々な仮想通貨で購入することができます。

 

クラウドセール開始後は、

比較的安い価格で購入できる場合がほとんどです。

 

そしてクラウドセール終了が近づくにつれて、

ディスカウントされる割合が少なくなっていきます。

 

要するに、クラウドセールが始まって、

できるだけ早く購入することが望ましいです。

 

開始時と終了時の価格を比較すると、

20%以上変わることも珍しくはありません。

 

ただ、それなりに知名度があったり、

注目度が高い通貨は数週間で上場する傾向が多いです。

 

そして、もちろん、ICOはIPOと一緒で、

上場しても公募割れすることもあります。

 

上場する取引所は、

国内のビットフライヤーやコインチェックではありません。

 

海外の有名な取引所であるpoloniexや、

Bittrexなどの取引所に多くあります。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨ICOは危険!?

参照元URL gril.club

ICOには監査が無く、

誰でも資金調達を行うことが出来ます。

 

IPOのような明確な上場基準やルールがなく、

事業者本位でICOのルールを作っているため、

自由に資金を集められる方法です。

 

実際には上場しなかったり、資金を調達するだけして、

姿を消してしまうような詐欺コインもあり、

リスク管理はしっかりしなければなりません。

 

仮想通貨への投資はまだ不安定さもあり、

リスクが高い投資になるので、

余剰資金で行なってください。

 

上場しているからといって、

必ずしも開発が進んでいる訳でもありません。

 

さらには、ICOに参加したからといって、

必ず値上がりが期待できるものでもないので、

しっかり情報をとってくださいね。

 

(関連記事)

仮想通貨のCOMSAがICO間近!保有しておくべき根拠は?

仮想通貨のCOMSA(コムサ)とは?概要やICO情報を紹介!

クローバーコインとリップルコインの関係は?48ホールディングスの概要や仕組みを紹介!

クローバーコインのビジネスとは?ボーナスプランや内容を紹介!

ビットコインの買い方は?日本で仮想通貨の取引所を紹介!

仮想通貨のダッシュコインとは?将来性や特徴を紹介!

仮想通貨のイーサリアムとは?イーサリアムの特徴や内容を紹介!

リップルとは?仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介!

仮想通貨のネム(NEM)とは?投資家に人気のネム(NEM)の概要を紹介!

仮想通貨のドージコインとは?特徴や起源を紹介!

 

いかがでしたか?

 

仮想通貨の世界にも、

株のような上場システムが存在します。

 

チャンスである反面、

投資のリスクには十分にご注意くださいませ。

 

今回は、仮想通貨のICOの、

仕組みや内容を紹介しました。

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

このLINE@だけのサービスやキャンペーンも行うので、

是非、登録をしておいてくださいませ。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

こちらをクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link