NFTアートの特徴や魅力とは?将来性や始め方、作り方まで徹底解説
最近話題になっているNFTアートというワード。
聞いたことはあるけど、どんなものなのか気になるのではないでしょうか。
NFTという言葉はビジネス界隈や、投資界隈では耳にする機会が増えましたが、まだ知名度が低いのが現実。
かんたんにいうと改ざんできないデジタルデータで、今後希少性が高くなると言われています。
この記事を読んで理解できること
・NFTとはどんなものなのか
・NFTアートの魅力や特徴
・NFTアートの代表例
・NFTアートの将来性について
・NFTをどのように始めることができるのか

この記事を読んでNFTアートと呼ばれる革新的技術について学びましょう。

目次

NFTアートとは?初心者にもわかりやすく解説

NFTアートとはいったいどのようなものなのでしょうか。聞いたことがあるけどイメージしにくいのも事実です。
ここでは初心者にもわかりやすくNFTアートについてわかりやすく解説しています。

NFTとは

NFTとは、Non-Fungible Tokenと呼ばれる代替不可能なトークンと呼ばれる意味を持つ言葉です。
かんたんに要約すると、唯一無二のデータファイルであることを照明できる技術のこと。

NFTという技術は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨にも用いられているブロックチェーン技術を応用したものです。
通常デジタルデータに所有権というものはあるものの、かんたんにコピーできたり利用できるために
誰がそのデジタルデータを所有していたのかがわからないのが課題でした。

NFTによって、デジタルデータに所有者が誰なのかスタンプのようなものを押すことが可能。
ブロックチェーン技術によって所有者を遡って確認したり、データを改ざんすることがとても難しいのもNFTの特徴です。

NFTアートとは

NFTアートとは、ブロックチェーン技術や、NFTの改ざんすることが困難な技術を用いて作成されたアートのことです。

もっとも有名なNFTアートは、2017年に登場したクリプトパンクスです。
24×24サイズのドット絵で作られたフルオンチェーンのNFTで、8000ETHで購入されたことがあります。
当時のレートで約27億円相当なので、高額アートの購入だったことがわかります。

この出来事がきっかけになりNFTアートというものが認知されていきました。

NFTアートの仕組み

NFTアートの仕組みは、自分でデジタルデータの絵を作成しOpenSeaなどのNFTアートのマーケットプレスに出品すれば誰でも売買することが可能です。
そしてNFTアートで作成したものは、自分が所有していることが証明できていますし、転売されても誰に転売されているのか確認することができるのも特徴です。

もし転売されてしまったとしても、作者に取引額の数%が還元される仕組みが導入されているので、一度NFTアートを作成したら終わりではなく
流通すればするほど、作者にきちんと報酬が還元されるのも大きなNFTアートの魅力のひとつです。

NFTアートの特徴や魅力は?

NFTアートがここ最近盛り上がりを見せています。NFTアートの特徴や魅力についてここでは解説しています。

誰でも公平に取引できる

NFTアートの特徴のひとつは、誰でも公平に取引をすることができます。

今までのアート市場では、有名な人しか招待できず購入できなかったり、知名度がなければ出品すらできないことも多くありました。
アートを出品している人ではなく、購入する人の権限が強く自分の思ったような値段で売ることができないことも。

しかしNFTアートでは、NFTプラットフォームで公平に誰でも売買することができます。
仮想通貨とウォレットを持っていれば誰でもNFTプラットフォームで自由に売買することが可能です。

将来的に資産になる可能性がある

NFTアートは将来的に大きな資産になる可能性があります。

通常アート作品を売買する場合、一度購入者の手に渡ったあとは作者にお金が振り込まれたりすることはありませんでした。
一度切りの売り切りであったり、知名度を上げるために仕方なく安く売ったりすることが一般的でした。

NFTアートは、誰が作者であるかきちんとわかるようになっていますし、転売されてしまったとしても数%が作者に支払われる仕組みが導入されています。
そのため、作者が作ったアート作品の価値がきちんと評価されるのも大きな魅力のひとつです。

ギャラリーやアート会社を介さずに購入できる

NFTアートの売買は、NFTプラットフォーム上で自由に販売することができます。
一般的なギャラリー場所を借りて販売したり、アート会社を介さずに購入することができます。

NFTプラットフォームにアクセスすれば、自分の好みのNFTアートを自由に購入することができます。
必要なものは購入のための仮想通貨とウォレットです。仮想通貨はほとんどの場合イーサネットが利用されます。

日本円やドルなどで変えるNFTプラットフォームも少しずつ出ていますが、まだまだ現状仮想通貨での売買が一般的です。

NFTアートの作品例|代表例を3つ紹介

NFTアートについての基本について理解することができました。代表的なNFTアートの作品例をここでは3つ紹介しています。
世界的に有名なアーティストのものがあるのでチェックしてみましょう。

CryptoPunks

CryptoPunksは24×24ピクセルのアート画像のことです。

ピクセルアートに設定しているSNS画像もあるので少しずつ知名度が高くなっているNFTアートです。最大の特徴はすべて顔や表情などが違う1万点のピクセルアートが販売されているということです。

そのため世界にひとつしかないピクセルアートを楽しむことができるので価値が高まっています。一度購入されると他の人とピクセルアートが被ることがないために、希少価値が高いと言われています。

2022年8月に最低価格は75ETHになっているため日本円で約11万円の価値がついています。少しずつ知名度と人気があがり希少価値が高まっているので値段が上昇する可能性が高いでしょう。

おにぎりまんさんのNFTアート

おにぎりまんさんは、NFT初期から活躍しているアーティストです。
かわいい女の子をベースにイラストを書いており、2021年12月には1晩で4000万円近い売上を達成しました。

Twitterアイコンにする方や、SNSなどのアイコンとして利用している方の多いようです。
独特の作風が評価されていて、今後期待できるNFTアーティストと言えます。

NFT音楽

NFTで音楽を作成することによって、唯一無二の音源を作成することができます。
今までの音楽データだと、かんたんにコピーができてしまってアーティストに本来入るべき収益が入ってこないという問題がありました。

しかしNFT音楽であれば、収益を確実にアーティストに還元することができるようになりました。そのため作り出す音楽に適切な収益が確保できるメリットがあります。
NFTであれば、転売時の収益からも作成したアーティストに収益が還元させることもできるので、安心して音楽を作成することができます。

今後NFTアートとして音楽も大きな市場になる可能性があります。

NFTアートの将来性|今後の展開はどう?

NFTアートは盛り上がりを見せています。将来性についてはどうでしょうか。今後NFTアートがどのような展開を行うのか注目してみましょう。
NFTアートが一般的に普及するようになれば、わたしたちの生活も豊かに楽しくなるに違いありません。

絵以外もNFTになる

NFTアートは、単純に絵だけに特化した技術ではありません。音楽、動画、ゲームのアイテムなどにもNFT技術が用いられています。

NFT技術によって、今までは売っただけで収益の確保にはならなかったものが、いろいろなアーティスの収益の保護につながっています。
さらにゲーム内で利用できる通貨としてNFT技術が用いられています。

NFTは絵以外にも利用することができ、付加価値もつけることができます。
今後さらにNFTマーケットが活発になることが予想されています。

2030年までに仮想通貨市場は約5,430億円になる予想がされている

NFTで売買されるイーサリアムは、仮想通貨のひとつです。スマートコントラクトを実現しビットコインの弱点を克服しています。
仮想通貨市場はバブル期と言われる2017年には90兆円という大きな市場に一時なりました。

その後停滞し30兆円前後になっていますが、仮想通貨市場は今後普及が見込まれており、2030年には5,430億円の市場にもなると予想されています。
まだ仮想通貨は怪しいもの、理解されていないものという認識があると思いますが、確実に市場規模は大きくなっています。

日本でもNFTイベントが開催される機会が増えている

NFTは海外でしか流行っていないと考えている人も多くいらっしゃいますが、実は日本でのNFTイベントを開催される機会が増えてきています。
2022年7月には渋谷でCrypto art Fes2022を開催し、アーティストたちがNFTアートを展示販売しています。

これから日本も含めた世界中のアーティストがNFTアートを盛り上げて活発な売買になることが予想されます。
NFTアートの将来性を期待することができます。

NFTアートの始め方は?作品の購入方法までを5ステップで解説

NFTアートの魅力や特徴については理解することができました。では実際NFTアートを展示したり販売するためにはどんなステップが必要なのかここでは解説しています。
作品の購入の仕方について確認しておきましょう。今後NFTアートを購入したいときに役立ちます。

STEP①:仮想通貨取引所に登録する

NFTアートを購入するためには、基本的には仮想通貨を利用して購入することになります。日本円のまま購入することはできません。
そのため日本円で仮想通貨を購入するために仮想通貨取引所に登録してアカウントを設定する必要があります。

仮想通貨取引所では、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入することができます。銀行口座を開設するイメージです。

仮想通貨取引所は日本の登録業者から選ぶことをおすすめします。
海外の取引所でも利用することができますが、不正取引や本人認証などに課題があります。

STEP②:ウォレットを作成する

取引所を開設した後は、次に仮想通貨を管理するウォレットを作成します。
最も人気のウォレットは、「メタマスク」というものがあります。

GoogleChromeの拡張機能で利用できる手軽さで人気があります。
もし自分で利用するウォレットを準備する場合でも問題ありません。

STEP③:仮想通貨取引所からウォレットに入金する

ウォレットを作成できたら、仮想通貨取引所でイーサリアムをまず購入します。
取引所によってイーサリアムの最低取引金額が変わります。

2022年8月20日現在、日本の大手仮想通貨取引所でのイーサリアムの価格は約1ETH22万円です。
1ETH購入する必要はありませんが、最低でも約2000円程度の費用がかかるので気をつけましょう。

イーサリアムを購入できたら、先ほど作成したウォレット宛に送金を実施します。

送金先には宛先を入力する必要があります。ここで宛先を間違うと自分が送ったイーサリアムが行方不明になってしまい送金できないことがあります。

STEP④:NFTプラットフォームにログインする

仮想通貨の購入と自分のウォレットに送金作業が終わったら、NFTプラットフォームにログインして購入したいNFTアートを確認します。
NFTプラットフォームで一番有名なのは「OpenSea」です。

OpenSeaのアカウントを持っていない場合は作成しログインしておきましょう。

STEP⑤:NFTアートを探して購入する

NFTアートをNFTプラットフォーム内で探してみましょう。購入するときはNFTアート購入内にあるイーサリアムの単位で確認します。

NFTアートは唯一無二の作品ばかりなので、一度決めたら早めに購入するようにしましょう。
もし次にログインしたときにはもう売り切れているかもしれません。

NFTアートの作り方は?販売までの方法を4ステップで解説

NFTアートの購入の仕方について解説しました。ここではNFTアートを売る場合どうすればよいか解説しています。
基本的にはデジタルアートを作成し、NFTプラットフォーム上でNFT化すれば売ることができます。ひとつずつステップを踏んで確認しましょう。

STEP①:仮想通貨取引所のアカウントをつくる

NFTアートを出品する前に仮想通貨を準備する必要があります。
そのため購入するときと同じく仮想通貨取引所のアカウントを作成します。

NFTアートの購入時と同じく日本の認可された仮想通貨取引所を開設すると安心でしょう。

STEP②:現金と仮想通貨を交換する

仮想通貨取引所を開設できたら、現金の日本円を仮想通貨と交換しておきます。
NFTアートで利用される仮想通貨はイーサリアムがほとんどなので、購入しておきましょう。

仮想通貨取引所では、イーサリアムを購入するときにスプレッドと呼ばれる手数料が発生します。手数料を含めた現金の入金、準備を行いましょう。

STEP③:NFTにしたい作品を作る

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入できたら、NFTにしたい作品を実際に作成していきます。
デジタルアートであれば何でも作成することができます。ドット絵であれば無料のスマホアプリでも作成できます。

CryptoPunksのようなドット絵であればスマホの小さい画面でも作成できるので手軽です。
本格的なアートを作成したい場合は、PhotoshopやIllustratorのようなプロが利用するソフトを利用して作成すると良いでしょう。

NFTアートはどのようなものでも売ることができます。自分の自信のある作品を作ってみましょう。

STEP④:マーケットプレイスで作品をNFT化する

デジタルアートを作成できたら、NFTマーケットプレイスで作品をNFT化します。
NFT化することで、自分が作成した証明をアートにつけることができます。

NFT化すると、自分が作者であることを証明できます。そして転売などの2次販売が行われたとしても購入時の数%が作者に入ってくる仕組みができます。

NFTアートの魅力は売っただけでなくその後も収益を得ることができたり、販売経路を追えることが大きな魅力ですね。

NFTアートを活用して稼ぐためのコツは?

NFTアートを作成し公開する方法について理解できましたね。NFTアートをたくさんの人に見てもらい購入してもらうためにはどうしたら良いのでしょうか。
ただ公開しただけではファンが少ないためになかなか稼ぐことができません。ヒントをここで確認しておきましょう。

SNSを活用する

NFTアートを宣伝するのにもっとも効果的な方法は、SNSを利用して宣伝することです。
SNSであればフォロワーを利用して自分のNFTアートを宣伝することができます。

もしたくさんの人に目を止めてもらうことができれば、それだけ購入される確率があがることに繋がります。

SNSは今最も集客力のあるツールと言えます。特にTwitter、Instagramなどは全世界にユーザーがいるために、NFTアートを広めるのに効果的です。

DiscordやRedditを活用する

海外で利用者の多いSNSを利用してみて宣伝する方法があります。DiscordやRedditです。

Discordは音声とテキストで交流できるチャットルームを作成することができます。多くの人にNFTアートを見ていただくことができます。
Redditは2chの掲示板のような投稿型のソーシャルサイトです。NFTアートを投稿することで多くの人に閲覧してもらうことができます。

それぞれ日本ではまだあまり知名度がありませんが、海外ではたくさんのユーザーがいますので多くの人に自分のNFTアートを見てもらうことができますね。
活用してNFTアートを販売してみましょう。

他のNFTアーティストとコラボしてみる

NFTアートは、他のNFTアーティストとコラボすることで自分のNFTアートをアピールすることができます。
有名なNFTアーティストとコラボすることができれば、自分のNFTアートの価値を高めることに繋がりますね。

ファンが増えればそれだけNFTアートの価値があがり自分の収益につながっていきますね。

NFTアートに関するよくある質問は?

NFTアートに関してよくある質問についてまとめています。NFTアートを作成するためのポイントを確認してみましょう。

NFTアートのベストサイズはどれぐらいの大きさ?

NFTアートについてベストサイズというものはありません。ご自分が作成できるものを自由に作ることができます。
NFTアートを活用する場としてSNSのアイコンにしてみたり、PCなどの壁紙などに利用する方も多いようです。

あまり大きな作品だと、SNSアイコンとして利用できないこともあるため、過度に大きなサイズで作る必要はないでしょう。
8✕8サイズのドット絵でも十分NFTアートとして価値があります。

NFTデジタルアートとは?

NFTデジタルアートとは、画像、映像、音楽、ゲームなどにNFT技術を用いて作成するデジタルデータのことです。
これまでデジタルデータについては、販売方法が曖昧であったり、アーティストを保護することが難しい状態でした。

例えば一度デジタルデータで売れたものを再度誰かに2次販売したとしても、アーティストに収益があがることはありませんでした。
しかしNFTデジタルにすることで、誰が作者なのかわかるようになりました。そして2次販売することによって数%の利益を作者が得る仕組みも導入されています。

これからNFTアートが普及していくことによって、デジタルアートの価値がきちんと保護される時代になることが予想されます。

NFTアートはイラストレーターにしか作れない?

NFTアートは、イラストレーターにしか作れないことはありません。プロの方はイラストレーターやフォトショップなどのソフトを利用して作成される人も多くいます。
iPadアプリなどを利用してイラストを書くこともできますし、ドット絵のようにスマホでも作成することができます。

NFTアートに制限はありません。唯一無二のNFTアートを作成し販売することができます。
イラストや絵などアーティスト活動でこれからも活躍したい人にNFTアートはおすすめの技術といえるでしょう。

まとめ:NFTアートは将来的な資産になる

NFTアートについてこの記事から理解することができました。
NFTアートは将来的に大きな資産になることがわかります。

NFTアートによって、今まで保護されていなかったアーティストの権利が保護されるようになり、誰が作者なのかきちんと確認することができます。
そして2次販売によって転売されたとしても、作者にきちんと収益が還元される仕組みも導入されています。

デジタルデータは今まではかんたんにコピーされたり、盗作されることがありましたがNFTアートであればデータの改ざんをすることも技術的にできません。
ブロックチェーン技術によって価値を保存することができます。

これからNFTアートを始められる方や、NFTアートを購入することも考えている人に、大きな資産になる可能性があるNFTアートをこの機会に初めてみるのはいかがでしょうか?

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。