<MunicsBank最新情報>

【コロナウィルスの影響:2020年2月4日】

Munics日本窓口より以下の配信がありました。すべての作業が一旦停止となります。

ニュースやメディアでご存知のことと思いますが、現在、中国全土がコロナウイルスの影響で機能していません。これはMunicsに限ってのことではなく、中国全体が緊急的な状況です。

 

その中でもMunicsは可能な限り最大限に対応してくれていますが、この状況の中、当然のことですが限界があり対応が追いつかず皆様にご迷惑をおかけしてしまう可能性があるとのことです。

 

そこでこの状況を受けて日本のユーザーはMunicsに負担をかけないために、一旦入出金・その他の作業を一旦停止でお願い致します。

 

コロナウイルスが落ち着き、中国全土が動き出し状況が変わりましたらすぐにお知らせ致します。何卒、ご理解とご協力のほど、宜しくお願い致します。

 

【新ルールの発表:2020年1月1日】

  1. 2020年1月1日以降、YouBankから引き継いだ資産は、有効化されたアカウントの運用益は引き続き保持 ※Youbank時のYBT/BTCなどの資金はIPO株になっている状況の中、特例で配当も毎日入っていましたが2020年1月1日からは入らない。(IPO株の上場時にかなりの利益として資金が増える事がかなり濃厚)
  2. 2019年12月1日~31日の間にYouBankから引き継いだアカウントを有効化するために追加した額および、複利運用で投資した額に対しての紹介報酬は反映。(2019年12月1からの紹介報酬は今まで通り発生
  3. レベル(タイトル)は引き続き保持(M1、M2、M3、M4、M5
  4. 2020年1月1日からすべての投資は預金としてカウントされます。(つまり以前のYoubank時と同じルールになります。預金(投資額)と引き出しのバランスがトータル投資額より出金額が超えてもペナルティはなくなりました。新たに預金したものに対しての紹介報酬も発生します。そして、報酬は止まることなくいつでも預金と引き出しを自由にすることができることになりました。)

※2020年1月1日以降は全ての利益と報酬が発生し、通貨も通常どおりに制約なしで、ミューニクスアプリから出金が可能です。

 

注意点

  1. YouBankから引き継いだ資金に対する運用益は発生。しかし引き継いだ資金に対する紹介報酬は発生しない。
  2. 報酬を引き出したい時は同額以上は預金が必要。

 

 

【旧Youbankユーザーへの規制:2019年12月24日】

※不正防止によりYoubankから利用していたユーザーのみが対象となります。

  • 「運用額<出金額」の場合、当日の紹介報酬(配当)が停止
  • 但し、月単位で「運用額>出金額」になると停止していた配当は配布
  • 出金額トータルが多い月は未配布の配当は消滅
  • 24時間以内で入出金は計算
  • 自身の系列内の振替は出金扱いにはならない
  • 振替資金は「財務計画」にて28日以内に入金が必要
  • 2020年2月28日まで適用

 

■入金に関する事項

  • 外部入金:当日の入金としてカウント
  • 内部入金:配当のMUIを入金(当日の入金としてはカウントされないが、月締めではカウントされている)

 

■新ルール適用の理由

自身だけが儲かれば良い(運用の合計金額<出金額)という考えを保有するユーザーの抑制・アカウントの制御がおもな理由となります。

 

 

モンスペースグループのミューニクスバンク

<Munics Bankとは?>
  • 4,800万人の会員を保有
  • 旧Youbankと統合(合併)
  • 月利5%(500ドル~4,999ドル)
  • 月利7%(5,000ドル~9,999ドル)
  • 月利10%(10,000ドル~)
  • 配当通貨:MUIトークン(独自通貨)

 

MunicsBankはブロックチェーン業界の中で、

  • 1.0:ビットコイン時代
  • 2.0:イーサリアム時代
  • 3.0:DAPP時代(非中央集権型)

ブロックチェーン3.0世代をけん引する企業を目指しています。※暗号通貨・市場規模・取引所・市場参加ユーザーは年々増加傾向

 

ソフトバンクグループの孫正義のデジタル業界の認識

またIMF(国際通貨基金)のレポートによると、すでに各国の中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)の発行が検討されています。※ウルグアイ・バハマ・中国・ウクライナ・スウェーデンはすでにテスト段階

 

まだまだ乗り越えないといけない課題はたくさんありますが、法定通貨に代わり暗号通貨(デジタル通貨)の時代がもう間もなくやってくるだろうとMunicsBankを運営するチームは考えています。

 

そして来るべき時代に備えてMunicsBankを始めとしたサービスをキッカケに、ブロックチェーン3.0時代の中心企業の一つとなるべく、「FRB」としての役割を果たす為に事業を進めるミッションを掲げています。

 

また同業他社と競合するのではなく、他のプロジェクトと連動・サポートすることで相互作用による発展・貢献する哲学を持ち合わせています。

 

2019年12月現在、すでに世界4,800万人というユーザー数を保有している為、数の原理で世界に大きな影響を与えていくこと・経済に貢献すること・そしてこれは提携する企業やサービス提供者へのメリットが大きいことも意味しています。

 

Sponsored Link

 

Youbankから利用していたユーザーは、2019年12月1日より『Munics Bank(ミューニクスバンク)』へ統合となっています。

<旧Youbankユーザーへのお知らせ>
【Youbankからの変更点】

ユーバンクグループがモンスペースグループと提携

2019年11月26日にYouBankグループは、2,800万人の会員を保有する『満星雲(MonSpace)グループと戦略的な提携』が発表されました。※Youbankユーザーは2,000万人と発表されておりますので、統合したことで合計4,800万人を保有する巨大グループになりました。

 

  1. Youbank内の保有資産:USDAに移行
  2. 移行したUSDA:Munics Bankにて反映
  3. 移行後の資産は3ヵ月?(資産監査在庫期間)は出金不可
  4. Municsの運用配当70%・残30%カードにチャージ
  5. 資産監査在庫期間経過後は、株式へ変更
  6. 株式の銘柄:「YOUBANK」(未公開株である)
  7. 配布された株はUSDAとして出金可能(株式を継続保有も可能)

 

合併・統合後もダニエル氏は、Youbankの技術者として今後も在籍します。またYoubankが掲げている「デジタル時代のFRBになり世界をリードする」という理念は変わりません。

 

MunicsBankダウンロード:https://download.muimunics.com/

それでは今回は、Munics Bank(ミューニクスバンク)について、公開されている資料を参考に図解していきます。※2020年1月5日に情報を更新

 

 

Munics Bankとは?

モンスペースグループとは?

<MunicsBank運営企業>
  • 母体:Monspace(モンスペース)グループ
  • 設立:マレーシアのクアラルンプール
  • 事業内容:不動産・飲食・航空・観光業・金融など
  • Nasdaq上場情報はこちら

 

■Monspaceグループの事業紹介

モンスペースグループの事業紹介

Monspace(モンスペース)グループが手がける事業は多岐にわたり、

  • 宇天数商城(ショッピングモール):ナスダック上場株
  • 観光業:島や五つ星ホテルを保有
  • 航空業:ボーイング737を6機所有
  • 金融業:2019年3月~オフショア銀行を運営

その他、不動産(土地開発含む)・カジノ・暗号通貨の取引所事業・オフライン決済事業・レンディング事業など、実業から得た事業収益・投資収益がユーザーへの一部配当となっています。

 

現在力を入れている事業の一つが上述した通り、非中央集権型のデジタル資産管理アプリの開発・世界的な暗号資産のプラットフォームの構築です。

 

■Munics事業による収益イメージ

モンスペースグループの収益例

また独自通貨である「MUIトークン」を発行・流通させることで、独自通貨の価格上昇も計画しています。

<MUIトークン概要>
  • 総発行枚数:10億枚
  • 仕様:??
  • MUI利用後はバーン(消却)

※バーン(消却)することにより発行枚数が減少する為、相対的に価値・価格が上昇しやすいと考えられています。

 

■Munics資産管理と配当内容

モンスペースグループのミューニクスバンクの収益

事業や調達した資金をベースに投資家へ配当を配布します。

<Munics資産管理>
  • 銀行預金による年利1.5%~2%
  • 投資家配当:年利60%~120%

 

 

投資概要|Munics Bank

ミューニクスバンクの投資内容

<投資プランの内容>

【運用概要】

  • 月利5%(500ドル~4,999ドル)
  • 月利7%(5,000ドル~9,999ドル)
  • 月利10%(10,000ドル~)
  • 配当通貨:MUIトークン(独自通貨)
  • 配当70%MUIトークン/配当30%カードへチャージ(アプリ内の利用可能)

 

【MUIトークン両替可能な通貨】

  • USDA

 

【元金解除手数料】

  • 28日以内:5%
  • 29日〜60日:1%
  • 60日以上:無料

 

【出金条件/1回】

  • USDA/USDT:200ドル〜50,000ドル

 

 

紹介報酬の概要|Munics Bank

ミューニクスバンクの紹介報酬

<紹介報酬の内容>

運用額によって獲得可能な階層が異なります。

  • 3階層まで:運用額500ドル~4,999ドル
  • 8階層まで:運用額5,000ドル~9,999ドル
  • 12階層まで:運用額10,000ドル~

 

【獲得可能な収益】

  • ストレート1:直接紹介者の収益100%
  • ストレート2:上記+直UP15%+2階層目50%
  • ストレート3:上記+3階層目20%
  • ストレート4:上記+4~5階層目20%
  • ストレート5:上記+6~8階層目10%
  • ストレート6:上記+9~12階層目5%

 

■タイトル報酬

ミューニクスバンクのランク・タイトル

<ランク報酬の内容>

MunicsBank(ミューニクス)では、組織の投資額によって別途ランク報酬が発生致します。

  • MS1:組織全体の5%(10万USDA以上)
  • MS2:組織全体の10%(3系列のMS1)
  • MS3:組織全体の15%(3系列のMS2)
  • MS4:組織全体の20%(3系列のMS3)
  • MS5:会社収益の5%(3系列のMS4)

 

Sponsored Link

 

登録手順|Munics

1.公式サイトへアクセス

ミューニクスバンクの登録コード

https://h5.muimunics.com/?code=oxs0z8a

 

2.アカウント情報の入力

ミューニクスバンクの登録手順

<登録手順>
  1. 言語の選択
  2. 「携帯電話またはメールアドレス」の選択
  3. 携帯番号もしくはメールアドレスの入力 ※携帯時は国番号の選択が必要
  4. ログインパスワードの入力
  5. 再度、ログインパスワードの入力
  6. 「認証コード」を取得をタップ
  7. 配信された認証コードの入力
  8. 招待番号:自動表示
  9. 同意欄にチェックを付ける
  10. 「登録する」をタップ
  11. パズルを合わせるように右へスライド
  12. 「確定」をタップ

以上でMunicsBank(ミューニクスバンク)のアカウント登録は完了となります。

 

3.アプリのインストール

munics(ミューニクス)アプリのダウンロード手順

※iPhoneの例

<アプリのインストール手順>
  1. 「ダウンロード」をタップ
  2. 「インストール」をタップ

iPhoneの場合は「アプリの許可設定」が必要です。「設定」→「デバイス管理」→対象のデバイス→「信頼」をタップします。

以上でMunicsBank(ミューニクスバンク)アプリのインストールは完了となります。

 

4.ログインの操作

ミューニックスバンクのログイン手順

<ログインの手順>

※登録時に利用した情報を入力します。

  1. モバイルまたはメールアドレスの選択
  2. 携帯番号またはメールアドレスの入力
  3. ログインパスワードの入力
  4. 「ログイン」をタップ
  5. 「認証コードを取得」をタップ
  6. 配信された認証コードの入力
  7. 「OK」をタップ

以上でMunicsBank(ミューニクスバンク)アプリへのログインは完了となります。

 

 

アプリの使い方|Munics

筆者にて確認次第、情報を更新していきます。

 

 

配当で得たMUIを日本円で出金する流れ

<MUIを日本円に両替・出金する流れ>
  1. MUIトークンの配当をもらう
  2. USDAに両替する
  3. USDAを「BICC取引所」に送金
  4. BICC取引所にてUSDAを両替(BTCなど)
  5. 両替した通貨(BTCなど)を日本の取引所に送金
  6. 日本の取引所にて日本円に両替・出金

 

 

あとがき|MunicsBank

モンスペースグループのミューニクスバンクの使命

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。