モンスペースグループのミューニクスバンク

<MunicsBank最新情報>

【Munics Bank 最新情報:2020年5月31日】

 

 

【救済プロジェクト:2020年5月27日】

ウィンザーマスターより『資金救済プロジェクト』についての案内となります。

■対象となるウォレット案件

  • Munics
  • プラス〇ークン
  • ウォー〇ークン
  • Sblock(SBC)

などの案件が救済の対象となっています。※Municsは事業収益が上がっているのですがコロナの影響の為、資金の出金制限でコロナ終息による順番待ちとなっていますので特別対象となっています。

 

■今回のルール説明

  • 【通常配当金とはまた別で資金分配】
  • スタート:2020年6月10日以降

中国のグループと日本のグループ合わせて協力しあって救済金を獲得していきます。※Municsもコロナ終息で通常に戻っていくと思いますが資金救済のノアの方舟は実行致します。

 

中国グループと日本のグループを合わせて一本化したアカウントから申請をかけます。今回のプロジェクトに申請する事によって、Municsのアカウントにあるfinancial asset【理財、スマートトレジャーの数字】の部分がWinsorのトップアカウントに凍結資産として反映されます!これはMunicsから資金がWinsorに移るという訳ではございません。

※Winsorはmunicsとは別会社となります。

 

Winsorが特例として救済資金を提供してくれます。ルールはノアの方舟の中国と日本の合わせたアカウントから6月1日以降に発生する売り上げに対して皆様の凍結資産が溶けていくと言うものになります。中国と日本の合わせたアカウントから30万ドルの売り上げ達成される度に皆さんの凍結資産が少しずつ溶けていき現金化ができるという救済になります。

 

■今回の凍結資産はUSDT

中国グループアカウントと日本グループ合わせたアカウントで30万ドルの売り上げが上がる度に、10,000ドルが皆さんに比例分配されます。

このサイクルを早く行う事がこのプロジェクトの成功のガキとなります。勿論対象は一部中国を含む日本全体になるので、売り上げは今後上がり続ける事が予想できます。申請が受理されている場合は何もされなくても皆様の凍結資産が溶けていき現金化出来ていきます。ただ、このサイクル早める為には皆様の協力が必要不可欠となります。

凍結資産から返ってきた資金【USDT】を半分程度は再投資して、複利で回して頂きたいのです。

そうする事によって日本全体の売り上げが上がり、方舟のサイクルを早める事が可能になります!(現金化できる比率が増えます)そして注意して頂きたのは返ってきた資金を出金し過ぎるとノアの方舟から外されてしまう可能性があります。今回のプロジェクトを成功させる為には皆さんが協力してくれる事によって成功を早める事が出来るはずです。

 

■参加条件・注意点

  • Municsに資金が入ってるIDがある事【電話番号かメール】
  • Winsorで100ドル以上で運用してるアクティブアカウントがある事
  • Winsorのアクティブアカウントで実名認証が完了しているい事
  • Municsアカウントに5000ドル以上の運用額【理財、スマートトレジャーの数字】

※スクリーンショットが無い場合は5000ドルまでの凍結資産となります。

 

■注意点

推薦された者がノアの方舟の名において偽の宣伝を行った場合、(悪用した場合)推薦された 人と推薦した人のアカウントは同時に凍結され、永久に解除されません。

 

■ノアの方舟Munics救済プロジェクト参加申請(必要な情報)

  • ウィンザーID【数字】
  • Munics ID【電話番号、メール】
  • Municsのスクリーンショット【financial assetの部分】
  • 名前【フルネーム】
  • 元本の金額

※Winsorのトップアカウントが100ドル以上の運用があり、実名認証が終わってる必要があります。※現在Municsにログイン出来ず、前回Municsロック者フォームに記入さてた方は一旦スクリーンショット以外の情報の記入をお願いします。ログイン出来ない方の情報は現在整合性を取っているところです。

 

◆申込みフォーム◆『MUNICS資金救済プロジェクト』

https://forms.gle/iehXjsDGrWw13cQo8

こちらの申請の締め切りは【6月10日(木)23時まで】となります。

 

 

【救済プロジェクトについて:2020年5月18日】

コロナの影響で世界中ロックダウンになりましたが少し緩和されて来ましたのでMunicsの救済プロジェクトを始動させます。

 

Municsは現在も運用益を伸ばしていますがコロナの影響を受けてしまい、ルールの変更で資金の出金が順番待ちとなってしまっています。Municsユーザー様の現状を考えて Municsもノアの方舟の救済対象として、救済金を出していく事が決定しました。

 

詳細な条件など細かいルールについては追って報告します。

 

まずMunics資金5,000ドル以上の申請には、Municsアプリ内のスクリーンショットが必要になります。※5,000ドル以下であればスクリーンショットなしで参加可能。対象となる資金は運用にかけている資金になります。

 

まず皆さんに協力して頂きたいのはMunicsでロックされているアカウント、存在しなくなったアカウントの情報を早急に集める必要があります。この情報は膨大な量になると思うので皆さんの協力が必要不可欠になります。

 

対象になるのはMunicsの一番大きい金額のアカウント1つのみとなります。(2つの申請をした場合はアカウントが失効)

 

つまり、今回集めたい情報は『1番資金が多く入ってるのに【5000ドル以上】アカウントロック、またはアカウントが存在しません』となっている方のアカウント情報のみ抽出したいと言う事です!!

この情報を抽出した後に、救済計画を申請します。

 

◆今回の情報抽出は限定アカウントだけなので気をつけて対象かをしっかりとご確認お願い致します。(今回の件と関係ないアカウントが申請されると対象でないと判断する事で時間が足りなくなってしまいます)

 

◆一番資金が多く入っているアカウントで◆

  1. 一番資金が多く入っているのにログインできないアカウント
  2. 一番資金多く入っているのにアカウントが存在しませんとなるアカウント

となっている◆限定◆のアカウントだけをお願い致します。

 

※今回の限定内容と関係ない、サブアカウント(1アカウントしか申請できないの為)などは関係ないので 今回はこのアカウントもと間違わないでください。救済を申請したMunicsアカウントが仮にMunicsの事業が軌道に乗り順調に出金が自由になった場合でも貰った救済金は救済として別で受け取れます。

 

 

【進捗のお知らせ:2020年5月8日】

日本チームより、直近のMunicsの動向についてのお知らせがありました。おもに4点(入出金・運用利率・アップデート・セキュリティ)についての案内となっています。

Municsの重大な発表なので、ライ社長もこのメッセージの内容を見ていただいていると思っています。

 

■Munics入金・出金について

コロナの影響がある中、Municsは現在中国が先に出金できるように進みました。日本は出金順番待ちとなっております。

 

新型コロナウイルスの影響に伴い人員確保などできないため、終息までお待ちください。

 

と言うアナウンスしか出来ない状況でしたが、コロナの終息の目処がこのままだといつになるか具体的に何日にどうなるか決まらないまま、月日が流れてしまう可能性の方が高いと予測される為、ライ社長はルールの改正を発表されています。

 

コロナの影響は受けてしまっていても、Municsの出金は6月末前後(上場のタイミングで)に改善されるともおっしゃっています。

 

2020年6月末〜7月初旬あたりで、MSCが上場する予定と言われています!

 

そのタイミングで外部への出金も【1MSC=1ドル換算】で可能になるようです。(上場のタイミングは予定通りに進むという保証はありませんのでその点、ご了承お願い致します。)

 

■利率について

ロックをするかロックしないかを選択できます。こちらもコロナの世界情勢の影響などで現在、利率が以下のように変更になっています。

2020年5月10日(日)PM23時までに申請しなかった場合、(忘れてしまい何もしなかった場合)

【未選択の場合】

  • 500ドル以上→月利2%
  • 5000ドル以上→月利3%
  • 10000ドル以上→月利5%

 

【選択:13ヶ月の場合】

  • 500ドル以上→月利5%
  • 5000ドル以上→月利7%
  • 10000ドル以上→月利10%

 

【選択:120ヶ月の場合】

  • 10000ドル→月利10%+α(プラスαはまだ未発表)

コロナの中、この利率で還元しているだけでも破格だと思います。これまで6年間、資金をロックして安定運用をして配当を出し続けている実績を元にモンスペースのライ社長の意向でルールの改正のご報告です。

 

現在の預金を新たなプランにアップデートすることで利率アップさせることが可能になっております。

 

■アップデートについて

アプリのホーム画面、総資産の下から理財を確認できますが、理財のページの最上部にアップデートの案内が出ているかと思います。

 

そちらから「4つのプラン」を選択できるようになっています。

  • 500〜4999ドルの13ヶ月プラン:年利60%
  • 5000〜9999ドルの13ヶ月プラン:年利84%
  • 10000ドル以上の13ヶ月プラン:年利120%
  • 10000ドル以上の120ヶ月プラン:年利120%+@(+@の部分は未発表です)

 

現在コロナの影響がかなりあり、終息の目処が立たない状況なので、配当の部分を現金化できる状況を作るために、13ヶ月なり120ヶ月なり預けることが最善な状況であると思われます。

 

理由はコロナの終息の状況が見えないため、現状、資金が不自由になっている。同じ状況のままが何ヶ月も続いてしまうことが予測できるので、申請を出して配当を受け取り続けるほうが良いと思ったからです。ルール変更に納得がいかない方もいるのは分かっているのですが。。。

このコロナの悪条件の中、ライ社長も最善の内容を考えてくれていると思います。

 

この選択の申請は、5月10日のPM23:00が締め切りになりますので、各グループのリーダーさんはメンバー皆様に伝達のほうお願い致します。

 

申請を忘れた、申請をしなかった場合は出せるという状態になりますが、現在と同じ状況という認識が正しいと思います。(今と状況は変わりません、コロナ終息しだい)

 

※おそらく、今までのMunicsになってからの状況から判断すると120ヶ月の選択をされた方から配当の出金が優先されることが予想されます。※

 

■セキュリティについて

現在、メールアドレスアカウントの初回ログイン時に電話番号のバインディングがあり、アカウントの数だけ違う電話番号が必要になっていますが、こちらはセキュリティが整い次第行わなくても良い作業になるようです。

 

なので、今だけのようなので使用できる電話番号がなくて、ログインできない方はもう少々お待ちいただければと思います。

【進捗のお知らせ:2020年4月16日】

日本チームより、直近のMunicsの動向についてのお知らせがありました。

【社長宅訪問】2020年2月9〜10日に香港で現状の情報確認・MunicsBankの状況確認、2月10日社長会議予定が日にち変更になりWebにて発表。

 

内容はUSDAの価格を1:1に戻すと言う内容でしたが変更があるかもというアナウンスもあり、不明確なところがあったので2020年3月6〜9日までの間でモンスペース社の確認の為マレーシアへ現地調査に行きました。

 

その時点では元々の表記されてた住所にはたどり着き、ビル内にも入りましたが移転されていました。

 

モンスペースシティという名前の場所があり、かなり広かった為広範囲にモンスペースに関連がある近辺の事務所などをあたり確認したところ、2020年3月12日に自社ビルのオープンイベントを確認しました。

 

会社の確認は出来ましたが、ウォレット内の配当の部分は出し入れ自由でしたが、財務計画のところは出せない状況にルールが変わっていました。

 

資金が出せると言ってもステーブルコインと言っていたコインが価格が下がっていた為、出金すると最初は3割ダウンになり、5割以上ダウンになり、出せると言っても損して出すしかない状況になっていました。

 

勿論そこでは納得がいかない為、リューヤン社長とライ社長の対談がありましたが話し合いは決裂してしまう事となりました。

 

ロックをしないということをメインとして拡大してきたYOUBANKの事業内容と、ある程度の出金の制限をして配当を出すモンスペース社の事業内容とで意見が分かれていたのが現状です。

 

モンスペース社の5年近くの業績が良かった為、再度会議が何度も繰り返しされています。そこでUSDAからMSDに差し代わるという発表もあり、再度資金のことについての会議が
繰り返されていました。

 

そこで現状の進捗報告としましてはライ社長はライブ配信でコロナの影響もありますが資金をドルと1:1にする為、MSCを基軸コインにすると発表して下さいました。

 

MSCは現在は元として中国の銀行口座を持っている方のみ出金が出来る状態になっています。【確認済み】

 

モンスペースのライ社長はライブ配信でコロナの状況が影響して、なかなか思うようにビジネスがす進まない状況なのでもう少し待って下さい、何度も繰り返し配信を繰り返してくれてます!

 

ですが現状今は資金の出金が出来ない状況なので、いつ頃状況が元に戻りますか?と確認しています。追加の情報としましてはMSCが6月に上場予定と発表されています。

 

コロナの影響が大きくあることは分かりますがこの資金が出せない状況を良しとしている訳ではありせんのでコロナの終息とMunicsの状況の回復をお待ち頂けますでしょうか。今すぐにでもマレーシアに直接訪問して出金出来るようにお願いしに行きたいのですがコロナの為、行けなくて申し訳ございません。

【出金についてのお知らせ:2020年3月31日】

本日17時、(日本時間ではおそらく18時)から新システムのアプリにログインしたり、資産を確認したりできそうです。引き出しなどは、2020年4月5日からできるようです。

Municsユーザー各位

新しいシステムによって移行された膨大な量の資産のため、技術チームは、全員がオンラインであることを保証するために、資産計算により多くの時間を確保する必要があります。新しいシステムは、オンラインになった後にシステムの機能を開くために2つの期間に分割されます。

 

4月1日午後5時

●新しいシステムはオンラインであり、ログイン、スキャン登録、資産照会、その他の機能を利用できます。

Municsアカウントとパスワードを使用して、4日間で新しいアプリにログインし、すべてのアセットのインベントリチェックを実行できます。同時に、事前に招待コードをスキャンして、新しいパートナーのアカウントを登録できます。*質問がある場合は、APPで作業指示書を送信し、処理が完了するまでお待ちください。

 

4月5日午前9時

●新しいシステムは完全にオンラインで、送金、預金、資産管理、引き出し、引き出しなどの機能があります。

ユーザーは、内部取引の市場ヘッジを実行し、資金を預金し、資産を管理し、引き出しと引き出しをキャンセルできます。MSDの営業時間も1:5で、4月28日までに新しいシステムに直接充電できます。*公式アプリダウンロードリンクをご利用ください!

 

Municsへの関心とサポートに感謝します。

Munics Nation Inc 2020年3月31日

【コロナウィルスの影響:2020年2月4日】

Munics日本窓口より以下の配信がありました。すべての作業が一旦停止となります。

ニュースやメディアでご存知のことと思いますが、現在、中国全土がコロナウイルスの影響で機能していません。これはMunicsに限ってのことではなく、中国全体が緊急的な状況です。

 

その中でもMunicsは可能な限り最大限に対応してくれていますが、この状況の中、当然のことですが限界があり対応が追いつかず皆様にご迷惑をおかけしてしまう可能性があるとのことです。

 

そこでこの状況を受けて日本のユーザーはMunicsに負担をかけないために、一旦入出金・その他の作業を一旦停止でお願い致します。

 

コロナウイルスが落ち着き、中国全土が動き出し状況が変わりましたらすぐにお知らせ致します。何卒、ご理解とご協力のほど、宜しくお願い致します。

【新ルールの発表:2020年1月1日】
  1. 2020年1月1日以降、YouBankから引き継いだ資産は、有効化されたアカウントの運用益は引き続き保持 ※Youbank時のYBT/BTCなどの資金はIPO株になっている状況の中、特例で配当も毎日入っていましたが2020年1月1日からは入らない。(IPO株の上場時にかなりの利益として資金が増える事がかなり濃厚)
  2. 2019年12月1日~31日の間にYouBankから引き継いだアカウントを有効化するために追加した額および、複利運用で投資した額に対しての紹介報酬は反映。(2019年12月1からの紹介報酬は今まで通り発生
  3. レベル(タイトル)は引き続き保持(M1、M2、M3、M4、M5
  4. 2020年1月1日からすべての投資は預金としてカウントされます。(つまり以前のYoubank時と同じルールになります。預金(投資額)と引き出しのバランスがトータル投資額より出金額が超えてもペナルティはなくなりました。新たに預金したものに対しての紹介報酬も発生します。そして、報酬は止まることなくいつでも預金と引き出しを自由にすることができることになりました。)

※2020年1月1日以降は全ての利益と報酬が発生し、通貨も通常どおりに制約なしで、ミューニクスアプリから出金が可能です。

 

注意点

  1. YouBankから引き継いだ資金に対する運用益は発生。しかし引き継いだ資金に対する紹介報酬は発生しない。
  2. 報酬を引き出したい時は同額以上は預金が必要。
【旧Youbankユーザーへの規制:2019年12月24日】

※不正防止によりYoubankから利用していたユーザーのみが対象となります。

  • 「運用額<出金額」の場合、当日の紹介報酬(配当)が停止
  • 但し、月単位で「運用額>出金額」になると停止していた配当は配布
  • 出金額トータルが多い月は未配布の配当は消滅
  • 24時間以内で入出金は計算
  • 自身の系列内の振替は出金扱いにはならない
  • 振替資金は「財務計画」にて28日以内に入金が必要
  • 2020年2月28日まで適用

 

■入金に関する事項

  • 外部入金:当日の入金としてカウント
  • 内部入金:配当のMUIを入金(当日の入金としてはカウントされないが、月締めではカウントされている)

 

■新ルール適用の理由

自身だけが儲かれば良い(運用の合計金額<出金額)という考えを保有するユーザーの抑制・アカウントの制御がおもな理由となります。

 

 

<Munics Bankとは?>
  • 4,800万人の会員を保有
  • 旧Youbankと統合(合併)
  • 月利5%(500ドル~4,999ドル)
  • 月利7%(5,000ドル~9,999ドル)
  • 月利10%(10,000ドル~)
  • 配当通貨:MUIトークン(独自通貨)

 

MunicsBankはブロックチェーン業界の中で、

  • 1.0:ビットコイン時代
  • 2.0:イーサリアム時代
  • 3.0:DAPP時代(非中央集権型)

ブロックチェーン3.0世代をけん引する企業を目指しています。※暗号通貨・市場規模・取引所・市場参加ユーザーは年々増加傾向

 

ソフトバンクグループの孫正義のデジタル業界の認識

またIMF(国際通貨基金)のレポートによると、すでに各国の中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)の発行が検討されています。※ウルグアイ・バハマ・中国・ウクライナ・スウェーデンはすでにテスト段階

 

まだまだ乗り越えないといけない課題はたくさんありますが、法定通貨に代わり暗号通貨(デジタル通貨)の時代がもう間もなくやってくるだろうとMunicsBankを運営するチームは考えています。

 

そして来るべき時代に備えてMunicsBankを始めとしたサービスをキッカケに、ブロックチェーン3.0時代の中心企業の一つとなるべく、「FRB」としての役割を果たす為に事業を進めるミッションを掲げています。

 

また同業他社と競合するのではなく、他のプロジェクトと連動・サポートすることで相互作用による発展・貢献する哲学を持ち合わせています。

 

2019年12月現在、すでに世界4,800万人というユーザー数を保有している為、数の原理で世界に大きな影響を与えていくこと・経済に貢献すること・そしてこれは提携する企業やサービス提供者へのメリットが大きいことも意味しています。

 

Sponsored Link

 

Youbankから利用していたユーザーは、2019年12月1日より『Munics Bank(ミューニクスバンク)』へ統合となっています。

<旧Youbankユーザーへのお知らせ>
【Youbankからの変更点】

ユーバンクグループがモンスペースグループと提携

2019年11月26日にYouBankグループは、2,800万人の会員を保有する『満星雲(MonSpace)グループと戦略的な提携』が発表されました。※Youbankユーザーは2,000万人と発表されておりますので、統合したことで合計4,800万人を保有する巨大グループになりました。

 

  1. Youbank内の保有資産:USDAに移行
  2. 移行したUSDA:Munics Bankにて反映
  3. 移行後の資産は3ヵ月?(資産監査在庫期間)は出金不可
  4. Municsの運用配当70%・残30%カードにチャージ
  5. 資産監査在庫期間経過後は、株式へ変更
  6. 株式の銘柄:「YOUBANK」(未公開株である)
  7. 配布された株はUSDAとして出金可能(株式を継続保有も可能)

 

合併・統合後もダニエル氏は、Youbankの技術者として今後も在籍します。またYoubankが掲げている「デジタル時代のFRBになり世界をリードする」という理念は変わりません。

 

MunicsBankダウンロード:https://download.muimunics.com/

それでは今回は、Munics Bank(ミューニクスバンク)について、公開されている資料を参考に図解していきます。※2020年1月5日に情報を更新

 

 

Munics Bankとは?

モンスペースグループとは?

<MunicsBank運営企業>
  • 母体:Monspace(モンスペース)グループ
  • 設立:マレーシアのクアラルンプール
  • 事業内容:不動産・飲食・航空・観光業・金融など
  • Nasdaq上場情報はこちら

 

■Monspaceグループの事業紹介

モンスペースグループの事業紹介

Monspace(モンスペース)グループが手がける事業は多岐にわたり、

  • 宇天数商城(ショッピングモール):ナスダック上場株
  • 観光業:島や五つ星ホテルを保有
  • 航空業:ボーイング737を6機所有
  • 金融業:2019年3月~オフショア銀行を運営

その他、不動産(土地開発含む)・カジノ・暗号通貨の取引所事業・オフライン決済事業・レンディング事業など、実業から得た事業収益・投資収益がユーザーへの一部配当となっています。

 

現在力を入れている事業の一つが上述した通り、非中央集権型のデジタル資産管理アプリの開発・世界的な暗号資産のプラットフォームの構築です。

 

■Munics事業による収益イメージ

モンスペースグループの収益例

また独自通貨である「MUIトークン」を発行・流通させることで、独自通貨の価格上昇も計画しています。

<MUIトークン概要>
  • 総発行枚数:10億枚
  • 仕様:??
  • MUI利用後はバーン(消却)

※バーン(消却)することにより発行枚数が減少する為、相対的に価値・価格が上昇しやすいと考えられています。

 

■Munics資産管理と配当内容

モンスペースグループのミューニクスバンクの収益

事業や調達した資金をベースに投資家へ配当を配布します。

<Munics資産管理>
  • 銀行預金による年利1.5%~2%
  • 投資家配当:年利60%~120%

 

 

投資概要|Munics Bank

ミューニクスバンクの投資内容

<投資プランの内容>

【運用概要】

  • 月利5%(500ドル~4,999ドル)
  • 月利7%(5,000ドル~9,999ドル)
  • 月利10%(10,000ドル~)
  • 配当通貨:MUIトークン(独自通貨)
  • 配当70%MUIトークン/配当30%カードへチャージ(アプリ内の利用可能)

 

【MUIトークン両替可能な通貨】

  • USDA

 

【元金解除手数料】

  • 28日以内:5%
  • 29日〜60日:1%
  • 60日以上:無料

 

【出金条件/1回】

  • USDA/USDT:200ドル〜50,000ドル

 

 

紹介報酬の概要|Munics Bank

ミューニクスバンクの紹介報酬

<紹介報酬の内容>

運用額によって獲得可能な階層が異なります。

  • 3階層まで:運用額500ドル~4,999ドル
  • 8階層まで:運用額5,000ドル~9,999ドル
  • 12階層まで:運用額10,000ドル~

 

【獲得可能な収益】

  • ストレート1:直接紹介者の収益100%
  • ストレート2:上記+直UP15%+2階層目50%
  • ストレート3:上記+3階層目20%
  • ストレート4:上記+4~5階層目20%
  • ストレート5:上記+6~8階層目10%
  • ストレート6:上記+9~12階層目5%

 

■タイトル報酬

ミューニクスバンクのランク・タイトル

<ランク報酬の内容>

MunicsBank(ミューニクス)では、組織の投資額によって別途ランク報酬が発生致します。

  • MS1:組織全体の5%(10万USDA以上)
  • MS2:組織全体の10%(3系列のMS1)
  • MS3:組織全体の15%(3系列のMS2)
  • MS4:組織全体の20%(3系列のMS3)
  • MS5:会社収益の5%(3系列のMS4)

 

Sponsored Link

 

登録手順|Munics

1.公式サイトへアクセス

ミューニクスバンクの登録コード

https://h5.muimunics.com/?code=oxs0z8a

 

2.アカウント情報の入力

ミューニクスバンクの登録手順

<登録手順>
  1. 言語の選択
  2. 「携帯電話またはメールアドレス」の選択
  3. 携帯番号もしくはメールアドレスの入力 ※携帯時は国番号の選択が必要
  4. ログインパスワードの入力
  5. 再度、ログインパスワードの入力
  6. 「認証コード」を取得をタップ
  7. 配信された認証コードの入力
  8. 招待番号:自動表示
  9. 同意欄にチェックを付ける
  10. 「登録する」をタップ
  11. パズルを合わせるように右へスライド
  12. 「確定」をタップ

以上でMunicsBank(ミューニクスバンク)のアカウント登録は完了となります。

 

3.アプリのインストール

munics(ミューニクス)アプリのダウンロード手順

※iPhoneの例

<アプリのインストール手順>
  1. 「ダウンロード」をタップ
  2. 「インストール」をタップ

iPhoneの場合は「アプリの許可設定」が必要です。「設定」→「デバイス管理」→対象のデバイス→「信頼」をタップします。

以上でMunicsBank(ミューニクスバンク)アプリのインストールは完了となります。

 

4.ログインの操作

ミューニックスバンクのログイン手順

<ログインの手順>

※登録時に利用した情報を入力します。

  1. モバイルまたはメールアドレスの選択
  2. 携帯番号またはメールアドレスの入力
  3. ログインパスワードの入力
  4. 「ログイン」をタップ
  5. 「認証コードを取得」をタップ
  6. 配信された認証コードの入力
  7. 「OK」をタップ

以上でMunicsBank(ミューニクスバンク)アプリへのログインは完了となります。

 

 

アプリの使い方|Munics

筆者にて確認次第、情報を更新していきます。

 

 

配当で得たMUIを日本円で出金する流れ

<MUIを日本円に両替・出金する流れ>
  1. MUIトークンの配当をもらう
  2. USDAに両替する
  3. USDAを「BICC取引所」に送金
  4. BICC取引所にてUSDAを両替(BTCなど)
  5. 両替した通貨(BTCなど)を日本の取引所に送金
  6. 日本の取引所にて日本円に両替・出金

 

 

あとがき|MunicsBank

モンスペースグループのミューニクスバンクの使命

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。