プラストークンの最新情報

2019年7月1日に、「プラストークンの関係者が逮捕!」という衝撃的なニュースがSNS中心に話題になっています。

 

そして6月27日頃から出金できない事と重なり、「プラストークン飛んだ?潰れた?」という声が少しずつ見聞きします。

 

そこでこれまで配信された情報を参考に、時系列にまとめて紹介していきます。

 

2019/8/13現在
  • プラストークンの名称が変わる?
  • アプリからwebウォレットに変更?
  • 逮捕はフェイクニュース?
  • フェイクニュースを拡散することで50元がもらえる(約1,000円相当
  • プラストークン被害者の会が立ち上がっている
  • 2019年8月末には復旧予定?

など、さまざまな情報が交錯しております。

 

【復活に向けた動き?:2019年8月13日】

以下、韓国コミュニティ内で発表されたお知らせの翻訳となります。

2019. 8. 13(火)19:17 <コリアコミュニティお知らせ>

  1. 韓国と中国のコミュニティが共同で、私たちの資産を追跡しました。追跡した結果のビット37,922個プラストークンの新しい財布に移動したことを確認しました。新しい財布アドレスは公開しないが、このアドレスは新しいアプリと接続されたものです。
  2. 新しいアプリ、複数のサーバー、取引所などの技術的なすべてのものが完成されたり仕上げ段階にあります。
  3. プルト正常化は、国別の順序の違いがなく、同時に行われることです。ただし国別ダウンロードサーバーのオープンは、場合に応じて差が出ることがあります。
  4. プラットフォームのお知らせも近いうちに出てくると期待しています。プラストークン経営陣と技術陣の努力に深く感謝の意を表します。ありがとうございます。

– コリアコミュニティ –

 

現在プラストークンサーバ、財布、取引所は、テスト完了されて財布はカウントダウンに入りました。韓国、中国を除くことなく、プラスのトークンの財布は、全世界が同時に行われます。近いうちにプラストークン共同代表のレオの公式発表がある予定です

上記は、コッカーを介して受信した情報であり、検証が必要な関係で、私たちダイアリー部屋に最初に共有します。

 

【ドバイイベントにて:2019年8月2日】

以下、Google翻訳となります。

2019年8月2日、PLUS TOKENグロ​​ーバルコミュニティスターフェスティバルがドバイの有名なRaviz Hotelで開催されました。

この会議ではPLUS TOKENの国際コミュニティコンサルタントであるKilmに、PLUSが8月31日にオープンすることを私に伝えてくれました。 ネットおよびオープンリチャージ現金引き出し。

会議ではKlimはまず、PLUS TOKENのエコロジー全体の理解、そしてPLUSチームの運営経験についてあなたと共有しました。その後コミュニティのメンバーにPLUSエコシステムの価値の詳細な説明を提供し、誰もがより良いPLUSを持つようになりました。明確でより深い理解!

同時にPLUSグローバルコミュニティスターフェスティバル – ドバイステーションの成功もまた、PLUSのグローバルな価値の合意が絶えず強化されていることを示しています。

コミュニティのすべてのメンバーは、PLUSの将来を確信しています。私はPLUSが皆を未来へと導くと信じています。

PLUSwalletの進捗情報

https://myssl.com/appdown-kr.globalonline.cc?domain=appdown-kr.globalonline.cc&status=q

PsExの進捗情報

https://myssl.com/img.pstoex.com?port=443&ip=116.140.35.78

新しい技術チームは毎日頑張っています。元のパートナーにサーバーを攻撃され、技術チームは他のwakletにもスカウトされた上で、逃げ道を選択せずにコツコツ頑張ってるCEOのleoに拍手したいですね。

皆さま今回乗り越えましたらプラス最強になります。今いろいろ情報飛び交って耐えるのは大変ですが、回復した日はそんな遠くないはずです。もうしばらく一緒にまちましょう。待ってる時間を有効に使ってくださいませ。毎日頑張ってるご自分にも感謝の言葉をいっぱいかけてくださいませ。

 

 

日本のリーダーより:2019年7月14日

プラストークン財団は、ハッカーによる攻撃を受けた為、6月末頃よりサーバー強化に取り組んでいるようです。参考URL:https://myssl.com

 

2019年6月~7月は、日本国内の取引所含め、実際にハッキング被害が相次いでいた時期ですよね。

 

今後について:2019年7月14日

回復されている日時については、「虚偽である」という情報が出回っています。

皆さま以下の情報をみて喜んでると思いますが、申し訳ありませんが、wallet名変更の情報も、具体的な日付けを入れてる情報も公式お知らせの情報を基準にお願いいたします。

1.PsExはテストを経て更新が完了しており、データリンクは正常である。2019年7月15日に正式に回復し7月18日には十分に回復できる。

2.元の名前はplustoken財布をpluslookに変更し、元のデータは技術者の長期的な苦闘を経て、旧データをpluslookに移し、2019年7月15日にテストに成功して、7月18日に充電を回復することを予定している。

3.すべてのAPPを再削除して、新しいAPPをダウンロードしてデータベースの更新テストが完了しました。

その間plustokenは証明するだけで、説明はせず世界中の顔をしている。

すべての会員は私たちが一緒に輝くことを待って、私達はいっしょにplusの輝きを世界に撒き散らすことを待っています。

<韓国コミュニティ公告>

 

サーバーテスト:2019年7月14日

20190714プラストークンのサーバーテスト

※引用元 https://www.ssllabs.com

上記のURL内の最下部に更新時間が表示されていますが、日々更新はされている模様です。

NECの現役サーバー屋からのアドバイスの元、現在のプラストークンの状況を解説します。

昨日も新たにサーバーが数台増設され、合計32台もの大規模メインネットが構築されつつあります。画像1がその解析ですが、オレンジ色の部分が緑色になっていくほど完成が近くなります。

現在プラストークンのネットワークは、

  • サーバー:32台
  • セキュリティランク:B

セキュリティランクがBである理由は、まだオレンジ色の部分が多いためです。サーバー屋曰く、ランクBに持っていける技術者は、ランクAにするのは時間の問題だと言っています。

 

 

資産アドレス公開:2019年7月11日

プラストークン財団は潤沢な資産がある事をアピールしています。

今回のハッキング事件は通貨安全が最優先されたので、単にプラストークンの運営が顧客の資産を保護したということを説明したのではない。

他の大規模なプラットフォームも顧客の財布の安全を保護するため、コールドウォレットに移して安全を確保した。さらに、ブロックチェーンは大量の資産を持っていれば、大量の資産を検索して発見することができるということを示している。https://www.blockchain.com/ja/explorer

<以下は私たちのプラスウォレットビットコインアドレス>

  • 1CeaW7RwjgenBMX2LgToSBrXj5rH1RBoeh Balance 100 BTC
  • 34J5FgrVZPjSoVPbui5RAuyU9qMLPMABXMバランス4328 BTC
  • 3DsSeQXGq32sFdsC7UvzKE4Ymsf9nD3eH8バランス3272 BTC
  • 1D1FBDPDymySAbLSVxCNZMY7k6G1p1CbSc残高30 BTC
  • 3PBN3MCpDcZKr7WdyY1ULq1NeGwLNjpkj7バランス12000BTC
  • 31owhyALzzPEqUFwRbU5yQR4wNhYEjCiE5バランス749.66 BTC
  • 35bCzX3RQEWdquqCPQkmdJdu2K4ut1roUZバランス3676.86 BTC
  • 3HwY536CxznDxMjiRCFkpx5ykwJbJMZY4wバランス1751BTC
  • 33LNws16Wfs12usWBNfa1MSX3YKY6Hdayf残高3270BTC
  • 1MFgcyJ7ZNSknbTBRaih6zWDE6V1A64tRYバランス1865BTC
  • 3ESakThMrdVVrbhhcpf9spicyjCg1Uk8Jmバランス3289BTC
  • 3HKs1g7u5a1uU4pC5HaNooYMbL1Lao4mv4バランス3928.77 BTC
  • 3EYsru4LUcN258sENYPu5Py3S5WnqxEcnEバランス3657.89 BTC
  • 3ETAVt2scYBFkBFksuNDk1i5tDLQ2c4zWRバランス4922.66 BTC
  • 1 CoCoxiZdiBmMV4qezvioRtpwqfBAKyeYqt残高500 BTC
  • 1GvpDyPkDUxDBdJ69LGn3Ut99pfrAXtktJ残高407BTC
  • 1Kmvz1w8wcNGtMUHrJtKvJ8WsK4NSszCizバランス1000BTC
  • 1HCyKAcLvmK2Y9cvg9U5oTW8dyUArcADuq残高236.55 BTC
  • 35A18VHMmYcV3iPzvWnb4YLWAwDAWZ94H2バランス6089BTC
  • 35b1asm3sC29CMHf56vSm8wQAEEwKzVKvMバランス1532.9 BTC
  • 3Kbd2HAeQ9dy1XUe86bCtK2xR27WENSMpCバランス423.33 BTC
  • 3K9gdpnJRGZqWGBEkk8APfq514P7BrUanH残高766.5 BTC
  • 1NMaAsi5LJ996EnWbBb7E7RU7LPUGAGALDバランス200BTC
  • 1PhPZjnhciSJmdjGx2xYKdTKTKuXxmnAAFバランス932.3 BTC
  • 1PyZjJvT2DmuU7NGHNrmCeEoXkdphqc9G7バランス536 BTC
  • 15quT1Uo7c3JU9CxfQLshtbgt3KH5F1fXnバランス2453.49 BTC
  • 1JgAnZswSqJTyLKJNUmm8LxPMhqTZLVJzJバランス230BTC
  • 33FKcwFhFBKWHh46Ksmxs3QBu8HV7h8QdFバランス37922.91 BTC
  • 1M1TfsvbmJD5CVhrwXsidRrpVrXY8f5rGUバランス5755.73 BTC

合計:105826.55ビットコイン

誰もが私たちのコインが動かないことを確認することができますので、巷で聞かれるビットコインの大きな取引は、プラスには関連していません。

私たちのプラスのコールドウォレットは、技術チームが持ち逃げしない、すべての資産が安全であることを約束して、皆さんの資産の安全を保護しています。

もう他の取引所がコールドウォレットからホットウォレットを開くようになったのは、今回のハッキングの波紋が終盤に迫っている可能性があるということだ。

最大のアカウント残高は37922ビットコイン。

最後の取引は6月29日、転送ではなくプラス内で移動されており外部に転送されていない。それは誰も移動していないことを意味している。プラス内のウォレットにある。

テクノロジーチームが持ち逃げするなら、100ビット以上のビットコインを持っているし、今、1348億円以上の価値がある。他のコインを含めていない数字です。なぜ持ち逃げしないのですか?こんなに高尚なやり方がありますか?
気持ちを切り替えて、ひとまずコインのことは脇へ置いておいて、皆さんよく考えてみてください。

 

代表レオ氏からの案内:2019年7月10日

引退したとされる元代表がSNSでコメントしています。

代表が戻ってきたという情報もありますが真偽は定かではありません。

こんにちは。プラストークンのお客様。代表レオです。

まず出金不可事態についてお詫び申し上げます。

現在プラストークンは、中国ハッカーと陰湿な勢力のd-dos攻撃を受けてサーバーが不安定で、技術チームと一緒にサーバー復旧と電算復旧を進行中であり,近く正常化する予定です。

私のプラストークンチームは、優秀な技術力で会員数400万人委託金額の3兆ウォンを突破した前日無二した財政取引トークンです。

皆様が委託された資産は財布内安全に保管されており、残りの伝達事項は各国のコミュニティリーダーに送達しておりますのでご確認ください。

もう一度プラストークンを愛してくださる皆さんに謝罪申し上げます。

 

Plus Japan Festa:2019年7月5日

20190705プラストークンの東京フォーラム

海外のプラストークンユーザーも、今回の東京で開催された「プラストークン国際大会」に参加されておりました。

 

配当は復活しておりますが、出金に関してはハッキング対策により遅延は継続中です。

 

特に現状に対する発表・今後の予定などの案内はありませんでした。これまで同様、プラストークン財団は非中央集権型で運営する事をテーマにしているからでしょうか?

 

 

ユーザーへお知らせ:2019年7月3日

PLUS運営チームから日本語翻訳されたと思われる案内が配信されています。

PLUSTOKENユーザーへお知らせ

大事なお知らせです。

6月29日からプラスに関する様々なゴシップが世界中に広まっています。

プラスは逃げるんですか…? 今回の事件後の真実は何ですか…?この話をしましょう!

“プラスは逃げることができますか?”

A.できないと思います。 理由は次のとおりです。

❶現在のところプラスは世界の200ヶ国と地域に広がる380万人の忠実なユーザーを所有しており、世界的な合意の高さが達成されています。この「流量が王」の時代には、運営側は1年間の努力を経て作られた大きな流れを簡単に放棄することはできませんでした。

❷プラスの設計と運営は極めて巧みで、五大生態建設は世界を圧倒して、各大業務のプレートはすべてひっくり返っている(各プレートはこの領域の王者となりプラットフォームに絶えずの巨大な利益をもたらすことができる)チェーン、貨幣圏で、少なくともこれに対抗できるプラットフォームはまだない!更に重要なのは、各生態建設は成功に近い。聞いてみて、プラットフォーム側はすぐに成熟している桃を放棄することができますか?

❸もし運営側が逃げるならば、必ず事前に配置して、事前に資産を移転して、しかし権威の第三者が検出したデータでも、ユーザーが自分で調べた情報でも、プラットフォーム側の準備金が十分であり、転出していないことが判明しました。

一昨日(6月30日)午後4時に照会したプラストークンの運営側の積立金は次の通りです。

通貨の数量価値(ドル)

  • BTC 37922.91→449386486㌦
  • ETH 7838260枚
  • XRP 484775641→202539262㌦
  • EOS 262895→163915271㌦
  • LTC 590552→79641842㌦
  • BCH 3819437枚
  • 合計1,157,640,594ドル

❺運営側が逃げるとしたら、必ずアプリを閉じてしまいます。 特に昨日の昼ごろには短い渋滞が出ていましたが、1時間で正常に戻りました。

つまり…運営側はシステムを最適化したりアップグレードしたりしていますので、逃げてるわけではありません!

この2日間の情報をまとめてみると、今回の事件の黒幕をハッカーに向けている人も少なくありません。運営側は計画的なハイレベルハッカーに攻撃されています。プラスだけでなく、他の財布も有名な取引所にも攻撃され一部の取引所の損失は大きい。

プラスだけではなく、攻撃を受けた取引所や財布は、コイン化機能、通貨引き出し機能を【緊急停止】しています。 これは、システムの安全が保証される前に、幅広い投資家を最大限に保護するのに最適な選択肢である。運営側が逃げていない以上、私たちは慌てる必要はありません。

私たちはプラットフォームを信じて、技術チームに時間を与えて、彼らに思う存分ハッカーとの戦いをさせて、プラットフォームを早く正常に回復させなければなりません。

運営側からは、30日まで私たちに利益を配当してくれた! しかし、取引所がハッキングにあっている→各取引所が出金制限→PLUSはアービトラージの利益をユーザーに配当している→だから今は配当を配れない!

オンライン財布からオフライン財布に変える過程で マスターサーバーがアップデートされて採掘が一時的に 鉱山に同期できず,採掘収益,連結収益,役員の収益などが一時的に保留中だと。

システムを完全にアップグレードする間の配当はアップグレードが完了するまで技術的な側面で 普段のように精算されてアップグレードしてから【再支給】されます。そのため、ウォレットが正常に戻る前に、私達はやり遂げる必要のあることがあります!

プラストークンは、2019年7月5日(北京時間)で日本の「Plus Japan festa」イベント前には通常通りに戻る予定との事です。

 

【Huocoinへ上場:2019年7月2日

Huocoinのプラストークンのチャート

※引用元 https://www.huocoin.com/trade/plus_cnyx

2019年7月2日、Huocoin取引所にプラストークンが上場しました。CNYX(中国の元と連動した通貨?)との取引が可能なようです。

 

2019年7月1日追記

アップデートの完了が近い為、以下のお願いが配信されています。

  • 新規登録禁止
  • ウォレット内の両替・入金・出金禁止
  • ログイン・ログアウトを繰り返す

システムの復旧に時間を要する為、上記の点を注意してくださいとの事です。

 

 

2019年7月1日追記

オセアニアのバヌアツ共和国にて、PLUSメンバーと推定される人物6名が拘束・逮捕されたようです。※真偽は不明。自称かも知れません。

 

2019年6月27(木)頃より、「プラストークンウォレットより出金が出来ない」という声が挙がっており、今回の騒動と相まって一部の利用ユーザーの中で大きく不安を感じる心理に繋がっているかも知れません。

 

そして2019年6月29日(土)・30日(日)には、プラストークンのTOPリーダーより『二度にわたるハッカーからの2,000BTC出金要求を感知し、ハッキング防止システムにより難を逃れました。現在はより安全なオフラインのコールドウォレットへ移行しているので出金が遅延している。』という案内が発表されました。

※余談ですがバイナンスは先日7,000BTCハッキング被害に遭う。2019年6月29日にはBitForexでもRVVコインがハッキング被害

 

出金が可能になる時期は、システム改善後の2019年7月2日(火)より随時実施されるとの事です。またシステムをアップグレードをしている為、毎日の配当が停止しておりますが、システム復旧後にこれまで通り配当は実行されるとのことです。

 

また2019年7月5日の「プラストークン国際大会」は予定通り開催されるそうです。

<Plus Japan Festa>

プラストークンイベント

 

ネット上の意見・見解を確認してみると、

  • 同業他社による嫌がらせ
  • フェイクニュース
  • 運営元が飛んだ

など、多くの人々が今回の騒動の真偽は不明ですが、憶測や意見を述べている状況です。いずれにしても利用ユーザーは運営元からの発表・TOPリーダーからの発表を待つしかない状況です。

 

 

今回の騒動の各国のNEWS速報をGoogle翻訳してみました。以下にて掲載。

中国の有力メディア鳳凰網(凤凰网)傘下のブロックチェーンメディア」鳳凰網ブロックチェーン(凤凰网区块链)」が1日、公式SNSアカウントを使用して、「オセアニア南太平洋に位置するバヌアツ共和国(Republic of Vanuatu)で不法なインターネットの詐欺容疑で中国人6人が検挙された」とし「プラストークン(Plus Token)創立メンバーと推定される」と報じた。去る29日、外信によると、パスワード貨幣財布「プラストークン」は、現在の入金のみとなって出金はできない状態で、いわゆる「渡り鳥」疑惑を受けている。ユーザーの不満が殺到クチナシプラストークン広報チームは、ビットコインネットワーク出来高の増加に出金が遅れているので待ってという言葉と一緒に29日ネイバーバンドを介してプラットフォーム取引システムのアップグレードに取引機能をPsEx取引所に移転し、その取引所で出金を行うことができると説明している。

引用元:https://kr.coinness.com/news/333256

 

フェニックスネットワークブロックチェーン 今天 11:37からマイクロブログweibo.com
デイリーメールによると、バヌアツ警察は木曜日の夜に少なくとも6人の中国人を違法インターネット詐欺で逮捕した。この6人はPlus Token創設チームの疑いがあります。以前、何人かのPlustoken投資家は、6月27日の夜以来、「通貨サークルの最初のファンド」として知られるPlustoken財布は撤回することができなかったというフィードバックを持っていました。

引用元:https://www.weibo.com/6880773215/HBqIjogTS?from=page_1006066880773215_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment#_rnd1561976835318

 

シニア警察官による最初の拒否にもかかわらず、デイリーポストは木曜日の夜にバヌアツ警察が中国国籍の6人以上を逮捕したという確認を受けました。

それらの一部または全部がバヌアツ市民権を持っていた。

深夜の急襲で、合同入国管理局と警察のタスクフォースが埠頭道路にある家を襲撃した。デイリーポストは、彼らが侮辱的な資料を隠している過程にあるようだと知らされました。

彼らがバヌアツを訪れた中国当局に引き渡される前に、被告人は現在拘束されている。バヌアツでの滞在が許可されていない場合、どのように、いつ、どこで個人が移動するのかは、まだわかっていません。

中国の法執行官は直接襲撃に関与していなかったが、人々が滞在していた場所を特定することによって警察に援助を提供した。

伝えられるところによれば、これらのバヌアツのパスポート保持者は、中国の当局がポートビラの施設から中国の人々に対して違法なインターネットベースの詐欺行為を行ったことで識別されています。

逮捕者の一人は、2017年にバヌアツの市民権を取得したYuanyuan Chenという女性であると言われています。2018年の終わりに、彼女は彼女の彼女の最初の名前をLianaに変更し、新しいパスポートを発行しました。

しかし、INTERPOLは2012年に陳女史の逮捕を求める赤い通知を出しました。陳女史は、インターポールのチェックなしにデューデリジェンスのプロセスをどのように経ったかを尋ねました。

彼らは彼女が望んでいた通知が最初は公的に配布されたリストに載っていなかったと答え、そしてまだINTERPOLに加わっていないバヌアツの当局者はそれを見なかった。

彼らはデイリーポストに彼女が他の方法で彼らの注意を引くようになったと伝えました、そして、彼らの問い合わせの過程で、彼らは赤い通知を発見しました。その頃までにバヌアツはインターポールに入社していた。

総務部の高官は、これは「通常の」作戦であると主張したが、これは海外からの令状に基づいてバヌアツで非常に多くの中国国民が逮捕されたのは初めてであると考えられている。

デイリーポストは、6人の中国の法執行官が手術直前にバヌアツに到着したことを確認した。しかし、彼らは実際の逮捕には何の役割も果たしていませんでしたが、南部師団の指揮官であるJackson Noalの指示の下で地元の警察によって行われました。バヌアツの反マネーロンダリング部門が調査に関与したことは理解されています。

デイリーポストはまた、逮捕者が彼らの市民権申請について誤った表明をしたとの確認を受けた。

被拘禁者は、これらの虚偽の申し立てに基づいて逮捕された。彼らの市民権が取り消された場合、6人を国外追放する大臣命令を発する方法は明らかにされるでしょう。彼らは中国の法執行機関に直接引き渡され、中国の法執行機関はそれらを中国に送り返します。

6人はバヌアツにいる間に犯罪を犯したと非難されていない。

この活動は、アンドリュー・ナプアット内相によるブリーフィングを受けて警察によって開始されました。

昨日のデイリーポストに話して、「私はこれが私たちの誠実さと主権を守り、バヌアツにいるはずのない人々から私たちの国を守るための大臣としての非常に重要な義務だと思います」と述べました。

彼は、多くの人がバヌアツに来たいと望んでおり、国は本物の投資家のような優秀な人を歓迎すると述べました。

彼は、これが疑わしい何かがあるたびに通常の仕事のプロセスであると言いました、そして、それは彼が移民と警察官によって実行される大臣命令を出すことを保証する移民法のセクション53と一致します。

「起こったことは今週私が除去命令を出した、それは入国管理官と警察が取り組んでいます」と彼は言いました。

大臣は、中国の警察はバヌアツの管轄であるため、ここでは何もできないと付け加え、バヌアツの将校たちが通常の逮捕活動を行った。

「除去命令の下で、彼らは強制送還されなければならない」と彼は言った。

この場合、彼らは指名手配の人々であり、中国での逮捕の令状があるため、指名手配の個人は中国に戻って彼らに対する主張に答える必要があります。

市民権プログラムの下でパスポートを発行することについて、首相が国会プログラムの審査過程に警察を含めるように法律が改正されたと議会で述べたと述べた。

Napuatは、彼らがパスポートを販売していないことを強調したが、市民権局は市民権を付与し、市民はパスポートを受け取る権利がある。

「シチズンシップオフィスは首相官邸の下にあり、一度市民になることを承認され、国家元首によって署名されれば、パスポートを受け取る権利が与えられます。」

ナプアット大臣は現時点で、バヌアツはまだ入国外国人に関する情報にアクセスするための優れたデータベースを持っていないが、移民局長ジェフリー・マークソンとのフィジーへの彼の最近の訪問の後、政府は特別な監視をバヌアツ当局に装備するために開発パートナーからの援助を求めるだろうシステム。

彼は、誰かがバヌアツの岸に入る前に、彼らについてのあらゆる詳細と彼らの国とINTERPOLとのクリアランスを持つ必要があると言いました。

大臣は、最近のような事件では、政府が迅速に何をすべきかを決定しなければならないと述べた。

政府がプログラムを中止したいのであれば、それがその決定です。私達はそれを制御しません。開発支援プログラムと市民権の規制は首相府の下にある。

彼はバヌアツ政府が現在世界中のINTERPOLと協力していることを確認し、そして彼はこれを称賛した、なぜなら外の世界とのつながりは将来国に入ることを計画するどんな犯罪者にも気を付けるために強化される必要があるから。

ナプアット大臣は、バヌアツのあらゆる不法入国者や指名手配者を排除するために協力することを政府、そして民間のすべての組織からの協力を求めています。

引用元:http://dailypost.vu/news/six-chinese-face-deportation/article_fef7f311-679d-5d1b-9ec5-4f44e73118bb.html

 

Sponsored Link

 

以下はプラストークンのバージョンアップ時の機能について図解しています。

 

プラストークンバージョン2.4について

 

2019年5月3日情報

バージョン2.4.1のURLより、アプリの削除・再インストールが必要です。

再インストール時に携帯SMS認証コードが配信され、コードの入力が必要な場合もあります。

 

 

最新情報
【GooglePlay公式アプリ登場:2019年4月15日】

現在はインストール不可

PlusToken Wallet 2.4ver

PlusToken Wallet 2.4ver
開発元:plustoken
posted

 

【バージョンアップ前の注意点:2019年4月3日】

プラストークンの秘密鍵取得方法

バージョンアップ前に、秘密鍵を取得する案内が配信されています。

 

取得手順
  1. 右下の「私」をタップ
  2. 「システム設置」をタップ
  3. 「シークレットキー導き出す」をタップ
  4. 取引パスワードの入力
  5. 配信された認証コードの入力
  6. 秘密鍵をメモする

 

【トークン追加可能なウォレット】

imToken 2.0 -信頼できるBTC&ETH

imToken 2.0 -信頼できるBTC&ETH
開発元:IMTOKEN PTE. LTD.
無料
posted
  • コントラクトアドレス:0x5F5fa025d9DB0a3A26264BfA93aa27875111d9b1
  • シンボル:PLUS
  • ケタ数:18

 

 

 

それでは今回は、プラストークンの2.4バージョンアップについて、以下の目次に沿って図解します。※2019年4月20日に最新情報を更新

 

 

バージョンアップ2.4.1の手順

1.URLへアクセス

 

 

2.インストール

プラストークンのバージョン2.4.1インストール

  1. 「version2.4.1」を選択
  2. 「インストール」をクリック
  3. アプリのインストールが完了

※この時点ではまだログイン不可

 

 

3.デバイス管理へアクセス

プラストークンバージョン2.4

※デバイス管理名は定期的に変更

  1. 「設定」をクリック
  2. 対象のデバイス名をクリック
  3. 「信頼」をクリック

以上でPLUSトークンの新しいアプリへログインすることが可能となります。

 

 

4.アカウント情報の入力

プラストークンバージョン2.4

※Languageより言語変更可能

  1. 登録時の電話番号を入力
  2. パスワードの入力
  3. 「矢印」を右にスライドさせる
  4. 「登録する」をクリック
  5. SMSに認証コード配信
  6. 認証コードの入力
  7. 「確定する」をクリック

以上でバージョン2.4への変更手続きは完了となります。

 

 


 

下記はバージョン2.3の内容となりますのでご注意ください。

 

プラストークンバージョン2.3とは?

 

「PlusToken(プラストークン)」は、2017年7月頃から日本国内でも拡散され始めた、自動アービトラージにより資産を増やしてくれるウォレットです。

 

スマホアプリによる利用が可能で、さまざまな噂は絶えないですが徐々に知名度をあげています。

 

 

プラストークンの登録と使い方

事業概要は上記をクリック

 

 

バージョンアップの方法(Ver2.3)

プラストークン最新バージョン

※2019年1月30日リリース

バージョンアップの手順
  1. Ver.2.2の指紋認証をOFF・ログアウト
  2. Ver.2.2をスマホから削除する
  3. Ver2.3をインストール

以下で図解していきます。

 

 

1.インストール

https://appdown-japan.globalonline.cc/share-2.3.1.html

※Androidをご利用の方は、Googleブラウザ(chrome)からのアクセスが推奨

 

 

プラストークンの最新バージョン・登録方法

※iOS版インストールの例

  • iOS」または「Android」を選択
  • インストール」をクリック
  • PlusTokenアプリをクリック
  • キャンセル」をクリック

Android版のアクセス許可方法はこちら

新規登録時にも設定をした、アプリへのアクセス許可を実行します。

 

 

 

2.アクセス許可の設定

プラストークンの最新バージョン・登録方法

※デバイス管理名は定期的に変更あり

  • 設定アイコン」の「一般」をクリック
  • デバイス管理」をクリック
  • 「GIA Tech s.r.o.」をクリック

 

 

3.アクセス許可の設定完了

プラストークンの最新バージョン・登録方法

※デバイス管理名は定期的に変更あり

  • MOST INC~を信頼」をクリック
  • 信頼」をクリック

以上でアクセス許可の設定は完了となります。そして従来通り「ログイン」を行えば、無事にバージョンアップが終了です。

 

初回ログイン時にSMS認証の実行が必要な場合もあるそうです。

 

 

Sponsored Link

 

追加項目|バージョン2.3

プラストークンバージョン2.3の追加機能は?

 

  • マイナー会員の申請
  • マイニング報酬項目
  • セキュリティ強化

以下で詳しく解説していきます。

 

 

マイナー会員の申請が可能に!

プラストークンのマイニング報酬

 

以前から配置されてました「VIPを申請する」に、「マイナー会員(鉱山所有者)=300PLUSロック」の申請機能が追加されました。

 

現在のプラストークン財団の申請ランクは、

  • VIP会員(10万USD相当のPLUS)
  • ダイヤモンド会員(5万USD相当のPLUS)
  • マイナー会員(300PLUS)

それぞれ1年間のロックアップ条件がありますが、通常参加者よりさらに特典を受取ることが可能です。

 

マイナー会員の申請は、「2019年8月1日までの申請」で終了予定となっておりますのでご注意くださいませ。

 

 

会員のメリットは?
  • 取引所とウォレットの手数料分配
  • マイニング報酬の受取(2019年1月~開始
  • キャンディボーナスの分配

※ただしマイナー会員は、2020年より受取が可能となります。

 

 

 

マイニング報酬項目追加

プラストークンのマイニング報酬

2019年1月から始まった、プラストークン財団のVIP会員・ダイヤモンド会員・マイナー会員のいずれかを申請をすることで、マイニングによる報酬を受け取ることが出来ます。※マイナー会員は2020年より受取り開始

 

 

 

セキュリティ強化

プラストークンのセキュリティ強化

セキュリティ設定より、

  • メールアドレス認証
  • Google2段階認証

上記の設定ができるようになりました。セキュリティを強化されたい方には、ぜひオススメです。

 

メールアドレス認証を設定したのち、「ログイン~・検証設定~」の項目から「ログイン時・取引時」のセキュリティ設定を選択することができます。

 

 

 

取引所オープン

プラストークンの取引所(STO)

http://www.pstoex.com/register

2019年1月30日、プラストークンの取引所が公開されました。※アカウント保有者は、新規登録不要

 

アジア初のSTO取引所として、ユーザーを中心に話題となっています。※STOとは、「セキュリティートークンオファリング」の略称で、価値が裏付けされたトークンの証券化であり、金融管理局の厳しい審査があることが一般的です。

 

 

 

あとがき

プラストークンバージョン2.3とは?

 

いかがでしたか?日を追うごとに、アップデートを繰り返し最終的には、「プラストークンVer3.0」が最終形態と言われています。

 

簡単なまとめ

  • Ver2.3へのアップデート手順
  • マイナー会員の追加
  • マイニング報酬項目追加
  • セキュリティ強化
  • アジア初のSTO取引所オープン

 

1.000万人会員または2022年6月末で新規募集の打ち切りを発表しておりますので、気になる方は余剰資金で参画されることをオススメ致します。

 

 

今回は、2019年1月30日に公開されたプラストークンのバージョン2.3について、

  • バージョンアップの方法
  • 追加機能

上記について図解しました。

 

 

 

 

仮想通貨による投資案件

仮想通貨による投資(ビットコインやイーサリアムやリップル)  

銀行系カード

オニックスの概要・登録手順・報酬プラン

↑詳細は上記をクリック↑

ONYX(オニックス)は、イギリスのプライベートバンクが発行する『カード』を保有・ショッピング時の決済・現地通貨による出金などをできます。   その他にも、月利最大10%のレンディングサービスを取り扱う、仮想通貨による投資が可能な投資商品・サービスです。    

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み   アービトラージとは、異なる証券会社/取引所において同一銘柄の価格差を利用することで、収益をあげる投資の手法です。  
筆者参加の投資案件
10ドルから参加可能
エスブロックの概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

エスブロックは、
  • 2019年6月15日OPEN
  • 月利6%~15%
  • スマホアプリ専用ウォレット
毎日配当が得れるトレンドの配当型ウォレット案件です。(2019年6月より参加)  
100ドルから参加可能
グルーバルペイの事業概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

グローバルペイは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利3%~9%
(2019年4月より参加)   MGCトークンとは

詳細は上記をクリック

MGCトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利9%~90%
  • コインベネ(取引量世界TOP10)に上場済み
(2019年5月より参加)  
150ドルから参加可能
クワントウォレットの概要・登録・使い方

詳細は上記をクリック

クワントウォレットは、
  • 月利6%~15%
  • 韓国のベンチャーキャピタル主催
  • 2019年7月17日日本上陸
など、優秀なアービトラージ企業と提携しトレードによる利益を還元する仮想通貨による投資案件です。(2019年7月より参加)
300ドルから参加可能
ユーバンクの概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

YouBankは、
  • カンボジア中央銀行との合弁会社
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~20%
など、いまASEAN諸国で経済発展著しいカンボジア経由の配当型ウォレットです。(2019年5月より参加)  
500ドルから参加可能
ブロックエコトークンの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ブロックエコトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利8%~20%
カジノ・オンラインカジノと提携する金融事業です。(2019年5月参加)     ヨットトークンウォレットの投資概要・登録方法・アプリの使い方

登録方法は上記をクリック

ヨットトークンは、
  • スマホアプリ
  • 配当型ウォレット
  • 月利6%
など、利用されていないクルーズ・ヨットのレンタル事業などマリン系に特化した新しい経済圏の構築を目指しています。(2019年7月参加)  

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 全世界260万ダウンロードを記録
  • 月利約10%ほど
2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。(2018年9月より参加)       クラウドトークンの事業概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

クラウドトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~12%
(2019年4月より参加)  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ICBウォレットは、
  • 2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散
  • 月利10.5%ほど
  • 自社取引所OPEN済み
ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

WoTokenは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6~20%
ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)     ジュビリーエースの登録・概要・投資方法

登録方法は上記をクリック

ジュビリーエースは、
  • 2019年5月グランドオープン
  • 月利2.4%~20%
など、3つの市場でアービトラージを行い、得た収益を分配するサービスです。(2019年6月より参加)  
1,500ドルから参加可能
GCGアジアの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

GCGアジアは、
  • 平均月利100%のFXトレード収益
  • 配当は月利収益50%~70%
(2019年4月より参加)  
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

  Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
       

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。