仮想通貨のHYIP(ハイプ)投資は、日本でもとても流行っていますよね。

 

仮想通貨への投資は、従来の株やFXに加わり注目を浴び始めていますが、他の投資に比べて注意も必要です。

 

そこで今回は、HYIP(ハイプ)投資のポンジスキームと危険な投資の対策を紹介します。

 

Sponsored Link

 

HYIP(ハイプ)投資のポンジスキームとは?

仮想通貨はNHKでも特集が組まれるほど、日本国内でも注目されていますよね。

 

さらにその仮想通貨を利用した、危険なHYIP(ハイプ)投資が流行しています。

 

それでは、HYIP(ハイプ)投資のポンジスキームの解説を紹介していきます。

 

 

ポンジスキームとは?

参照元URL be-catchy.blog.jp

 

注目が高まっている仮想通貨ですが、その中でもビットコインが特に注目されています。

 

そのビットコインを主に活用した、HYIP(ハイプ)投資があります。

 

HYIP(ハイプ)投資とは、明確な定義はありませんが、日利1%以上の配当を出しているような高い利回りを提供している投資案件のことです。

 

中にはポンジスキームといった、破綻をすることが前提になっているような危険な案件もあります。

 

このポンジスキームは、1900年代前半にその名を轟かせた詐欺師の『チャールズ・ポンジ』の名前が由来になっています。

 

ポンジスキームの内容は、

  • 投資資金を運用する
  • 運用で利益を出す
  • そして配当金として投資者へ支払う

などと言葉巧みに謳って、まずは資金調達していきます。

 

しかしその実態は、本当に運用などは実施しておらず、新たな投資者からの投資資金を配当金として、既存の投資者へ支払うだけです。

 

そのようにする事で、実際に運用によって利益が出ており、配当が分配され、利益が出ているように装うことができます

 

新たな投資者が増えていく間は、もちろん配当金を支払うことができますが、いずれは新規の投資家を獲得できないタイミングが訪れます。

 

投資者を騙し、やがて支払いが困難になり、そして必ずこの投資スキームは破綻を迎え、配当金を工面することができなくなります。

 

 

この破綻する投資スキームの意味は、後発で参加した投資者たちの損失が大きくなる傾向があります。

 

最後に出資した投資者にとっては、配当金を得ることが出来ず、投資資金はほとんど戻ってこなくなります。

 

配当金を1度も受け取ることができず、投資した資金全額を取られてしまいます。

 

詐欺師たちは、初めから破綻することが分かっていながら、投資者から投資資金を集めるというのがポンジスキームの概要になります。

 

Sponsored Link

 

危険なHYIP(ハイプ)投資には対策が必要!

破綻することが分かっているポンジスキームでも、特に日本人はそのスリルを味わい投資を楽しんでいるようです。

 

しかし、泣く投資家の方が多いのは確かで、対策も必要になってきます。

 

続いては、危険なHYIP(ハイプ)投資の対策を紹介していきます。

 

 

HYIP(ハイプ)投資は自己責任!その対策は?

参照元URL kigyo18.net

投資を行うということは、

それなりの知識や情報は必ず必要になってきます。

 

何も知らないのに投資を行うことは、

お金を捨てているのと同じです。

 

少なからず、投資先である会社や、

ビジネスモデルを把握していく必要があるでしょう。

 

そうした知識や情報は、

確実ではないが、有利ではあります。

 

大事なお金を運用投資していく中で、

自分自身で自分の身を守ることが求められます。

 

 

 

HYIP(ハイプ)投資は余剰資金で

参照元URL salesbaito.com

自分の持っている資金の、

全てを投資に当てる方はいないと思いますが、

余裕のある資金を運用することが大切です。

 

余裕のある資金とは、万が一失ってしまっても、

自分の生活に支障がないような金額です。

 

ありったけの資金を投資で失ってしまっては、

後から取り返すこともできないし、

人生をも狂わしてしまうことに繋がりかねません。

 

Sponsored Link

 

複数のHYIP(ハイプ)案件に分散投資をする

参照元URL genxnotes.com

HYIP(ハイプ)投資案件は、

全てがすぐに破綻してしまう訳ではありません。

 

中でも1年以上続いたHYIP(ハイプ)投資案件もありますし、

たくさんの配当を受けている投資家もいます。

 

しかし、早い段階で破綻してしまうHYIP(ハイプ)案件は多く、

いつ消えて無くなってしまうのかと常に考えます。

 

そのリスクを承知の上でHYIP(ハイプ)案件に投資をしていくので、

リスクはできるだけ少なく、そして分散しておくことが有利です。

 

複数のHYIP(ハイプ)案件に投資をしておくことで、

どれかがすぐに破綻してしまっても、

他のHYIP(ハイプ)案件で補えるかもしれません。

 

日利2%とするならば、50日間配当が出てくれれば、

元本を回収することができます。

 

できるだけHYIP(ハイプ)案件を提供している会社などの情報を精査し、

今後まだまだ伸び続けるかどうかを見極める必要があります。

 

その精度を上げていくことで、

複数のHYIP(ハイプ)案件にリスク分散ができます。

 

(関連記事)

最新ハイプのHASHERMINE(ハッシャーマイン)!5月スタートのビットコイン投資を紹介!

仮想通貨に投資する心構え!HYIP(ハイプ)投資にリスクはつきもの!

コインチェックとは?ビットコインなどHYIP(ハイプ)で使用する仮想通貨を売買できる取引所を紹介!

エアービットクラブに登録!HYIP(ハイプ)で人気急上昇中!

イーサトレードはHYIP(ハイプ)で安定?概要や報酬プランを紹介!

SENER(セナー)とは?会社概要やボーナスプラン、運用方法を紹介!

HYIP(ハイプ)で人気のD9クラブ!D9クラブの登録方法を紹介!

 

いかがでしたか?

 

HYIP(ハイプ)投資が危険であることは、

投資者なら全員把握しているはずです。

 

危険と分かっていながら投資するのであれば、

それ相応の対策が必要ですよね。

 

是非、そのリスクを最低限に抑えて、

HYIP(ハイプ)投資を楽しんでください。

 

今回は、HYIP(ハイプ)投資のポンジスキームと、

危険な投資の対策を紹介しました。

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報や、

ブログでは公開できない裏情報なども配信致します。

 

クリックしてQRコードを読み取るか、

LINE  IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

LINE  ID・・・@oqm6996w

上記をクリック↑↑

LINE@にてご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link