2017年”仮想通貨取引所”のTVCMが配信されたことで、日本国内で一時的なブームが起こりました。

 

日本人ユーザーの参入よりビットコイン(BTC)レートも一時期的に『200万円以上と高騰』しましたが、その後大きく価格が下落したことで損失を経験された方も多いかと思われます。※当時のJPY/BTC取引は世界一でした。

 

市場規模はまだまだ小さく、価格の上下が非常に激しい業界ですので、余剰資金で参加されることをオススメ致します。

 

 

オススメの仮想通貨取引所(国内)

国内の暗号通貨取引所

※引用元 https://mastand.com

仮想通貨を購入する為には、まず取引所のアカウントを開設する必要があります。下記に管理者が利用している取引所を公開しております。

 

Bitpoint(ビットポイント)

ビットポイント取引所の登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

■ビットポイントの特徴

  • 親企業:東証マザーズに上場済み
  • 国内の取引所ではNo.1の資本力

など、本田圭佑氏が広告塔として宣伝活動をしておりました。

 

 

ビットフライヤー


登録は上記をクリック

■ビットフライヤーの特徴

  • 国内最大手の仮想通貨の取引所
  • アメリカ・ヨーロッパでも運営
  • UFJ/三井住友/みずほグループなど大手金融機関が株主

 

 

Zaif(ザイフ)

登録は上記をクリック

■ザイフの特徴

  • 2018年11月22日に「フィスコ取引所(国内)」に事業譲渡
  • 国内で人気かつ有名な取引所
  • 取引画面が初心者でも分かり易い

※詳細はこちら

 

 

DMM Bitcoin

登録は上記をクリック

 

GMOコイン


登録は上記をクリック

 

Liquid by QUOINE(コインエクスチェンジ)

QUOINEX

登録は上記をクリック

 

 

オススメの仮想通貨取引所(海外)

海外の仮想通貨取引所

※引用元 https://folk-i.co

海外の取引所は、日本の国内取引所で取扱いをしていない銘柄が豊富に取り揃っています。管理者が利用しているオススメの海外取引所を解説いたします。

 

Binance(バイナンス)|海外

バイナンス取引所のバナー登録は上記をクリック

■バイナンスの特徴

  • 世界中で人気の取引所
  • 2017年12月世界No.1の取引量を記録
  • 取り扱い銘柄が豊富
  • 仮想通貨の中級者におすすめ

※登録・使い方はこちら⇒http://bit.ly/Binance-ex

 

 

MERCATOX(メルカトックス)|海外

メルカトックスのバナー登録は上記をクリック

■メルカトックスの特徴

  • 「ノアコイン・NANJコイン」などが上場
  • イギリス発の中小規模の取引所

※登録・使い方はこちら⇒http://bit.ly/MERCATOX-ex

 

 

仮想通貨による投資

仮想通貨による投資(主要通貨)

2016年から仮想通貨による投資・運用がブームになっています。

 

これまで国内外を問わずさまざまなタイプの投資案件が公開されています。

  • 取引所収益の分配型
  • アービトラージによる配当型
  • FXトレードによる配当型

などが主流になっています。しかし多くの案件はポンジスキーム(運用の実態がなく自転車操業)であることが多いので、投資をされる場合は参入タイミング、余剰資金であることなど、充分にお気をつけ下さいませ。

 

以下では現在も継続している仮想通貨による投資案件・ならびに筆者が参加している案件を掲載致します。

 

 

TLC(IBH)

TLC(IBH)の概要・登録・使い方

↑詳細は上記をクリック↑

最低投資額 1,500ドル~
月利 10%~20%
オープン時期 2019年5月
日本上陸時期 2019年8月中旬

TLCは第二のGCGアジアとも称され、リスクヘッジした2口座を利用したFXトレードで損失を抑え、収益を得る手法を採用しています。

 

 

IMF(EBP)

IMFウォレットのロゴ

↑詳細は上記をクリック↑

最低投資額 1,000ドル/1口
月利 12%
オープン時期 2019年12月1日
日本上陸時期(プレオープン) 2019年10月10日

環境の保護活動をおこなうIMF財団による、ファンド型の投資案件となります。世界的に認知度・意識が高いエコをテーマにした事業を運営しています。配当の一部が環境保全の資金に流入される特徴があります。

 

 

IBGroup

IBGroupのロゴ

↑詳細は上記をクリック↑

最低投資額 500ドル~
月利 3%~19%
オープン時期 2019年9月
日本上陸時期 2019年12月26日

IBGroupは、暗号通貨のFXトレードによる収益配当による投資案件となります。海外FXではよく利用されるMT4アプリにてトレードの状況を確認することが可能です。

 

 

JubileeAce(ジュビリーエース)

ジュビリエースのロゴ

↑詳細は上記をクリック↑

最低投資額 1,000ドル~
月利 3%~20%
オープン時期 2019年5月
日本上陸時期(プレオープン) 2019年3月

ジュビリーエースは、理論上負けることがないアービトラージと言う投資手法で運用益が配当される投資案件です。暗号通貨のトレードだけでなく、ブックメーカー(スポーツベッティング)・コモディティの3種類の分野でアービトラージを実行しています。※アービトラージを行う様子の動画あり

 

 

ONYX(オニックス)

オニックスの概要・登録手順・報酬プラン

↑詳細は上記をクリック↑

カード購入額 299ドル~
最大月利 10%
グランドオープン時期 2019年7月
筆者の参加時期 2019年7月

ONYX(オニックス)はイギリスのプライベートバンクが発行する「カード」による決済・現地通貨での出金が可能です。

 

月額料金38ドルは必要ですが、ホテル・旅行・コンシェルジュサービスを受けることが可能です。レンディング(通貨の貸付け)による毎月の月利は最大10%の金融商品となります。

 

 

Bit gain(ビットゲイン)

ビットゲインの特徴や仕組み登録方法は上記をクリック

最低投資額 1.2BTC~

Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)

 

 

BBSheldon

bbシェルダンの事業概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

最低投資額 50ドル~
日利 0.9%~6.0%
日本上陸時期 2019年5月
筆者の参加時期 2019年5月

高利率の仮想通貨による配当案件です。日本の一部のチームでは出金不可と言う事例があるそうですが、筆者は問題なく配当の配布・出金ができています。

 

 

GCGASIA

GCGアジアの概要・登録方法・使い方登録方法は上記をクリック

最低投資額 1,500ドル~
平均月利 50%~70%
日本上陸時期 2019年4月
筆者の参加時期 2019年4月

FXによるトレードで収益・配当をする仮想通貨による投資案件です。チャートが動きやすい指標発表の時を狙ってトレードを実施しているようです。

 

 

Munics(旧ユーバンク)

モンスペースグループのミューニクスバンク

登録方法は上記をクリック

最低投資額 500ドル~
平均月利 5%~10%
グランドオープン時期 2019年12月
筆者の参加時期 2019年12月

2019年12月よりモンスター社との提携・統合により、サービス名称が「Munics」へと変更となりました。

 

旧Youbankは、2019年4月から始まったカンボジア中央銀行との合弁会社による金融グループによる配当型ウォレットです。ASEAN諸国内でいま最も経済成長を遂げる「カンボジア」発の仮想通貨による投資案件です。

 

ユーバンクの概要・登録方法・使い方

↑ユーバンクとは?↑

 

 

配当型の取引所一覧

独自トークン保有で収益配当を受けれる取引所一覧

2018年5月から仮想通貨の取引所の独自トークンを保有することで、取引所収益の一部が配当として得られる、ユーザーへ配当を還元する取引所が続々と登場し、何かと話題になっています。

 

Angelium(エンジェリウム)

エンジェリウム取引所の概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

独自コイン ANX
平均月利 目安1%~10% ※取引量により変動
グランドオープン時期 2019年9月26日
筆者の参加時期 2019年9月26日

エンジェリウムは、2017年よりICOコイン(アダルト業界初の暗号通貨)の一つとして注目をされていました。そこから配当型ウォレット・ユーザーへ取引所収益の分配を行うことで、エンジェリウムサービス公開に向けたユーザー数を確保しています。

 

現在は日本市場を始め、中国・マレーシア・韓国・アメリカと拠点を幅広く展開し、暗号通貨業界にて今後の可能性を大きく感じれる事業の一つに成長しています。

 

 

FCoin(エフコイン)

エフコイン取引所の登録方法と使い方登録・使い方は上記をクリック

配当型取引所のブームの火付け役にもなった取引所です。Huobiの元CTOが創設し、多数のベンチャーキャピタルによる出資を受けています。取引量世界No.1を記録した日もありました。

 

 

CoinPark(コインパーク)

コインパーク取引所の配当とマイニング報酬登録・使い方は上記をクリック

FCoin取引所に出資するベンチャーキャピタルの一部が出資したことで、話題になっている配当型の取引所です。

 

 

FCoinJP(エフコインJP)

エフコインJP取引所の登録方法と使い方登録・使い方は上記をクリック

人気のFCoin取引所が、日本チームと協業して創設した取引所です。初日(2018/10/29)から133分間で15億USDTが集まるほど、設立時から注目されています。

 

 

ABCC

ABCC取引所の登録方法や使い方登録・使い方は上記をクリック

元シンガポールの国会議員が創業した取引所で、スマホアプリに対応し、ユーザーに使い勝手がよいと評判になっています。

 

 

CrossExchange(クロスエクスチェンジ)

クロス取引所の概要・登録方法・使い方概要・登録方法は上記をクリック

仕様 独自コイン保有量により配当
平均月利 取引量により変動
グランドオープン時期 2018年11月
筆者の参加時期 2018年11月

第二のドバイと言われる『アゼルバイジャン初』の仮想通貨取引所です。自動マイニングシステムを搭載し、取引所トークンを保有することで毎日取引所収益の最大80%が還元されます。

 

 

コインエクスプレス取引所

コインエクスプレス取引所の概要。登録方法・使い方

↑詳細はこちら↑

運用条件 500ET(約500ドル)以上購入・申請が必要
月利 6%固定
グランドオープン時期 2019年8月
筆者の参加時期 2019年11月

旧ヨットトークンの移行先の取引所として知られています。※取引所収益による変動制の配当ではなく固定制となっています。

 

 

 

マイニング

仮想通貨のマイニングのイメージ

 

フィルコマンド

マイニングバンクの登録や購入方法

↑詳細は上記をクリック↑

運営元 株式会社フィルコマンド
平均月利 10%前後
マシン購入費用 節税(99,000円)/投資(500,000円)
筆者の参加時期 2019年12月

フィルコマンドは、大阪市天王寺区の元区長が代表を務めるマイニングファーム事業を行う会社です。元NHKの記者として培った経験を活かして、マイニング業界に参入しました。

 

独自の製法と技術で不況にあえぐマイニング業界で、元本回収率100%の実績を記録し続けるマイニングマシンの販売・運営・委託管理をしています。※マイニングファームは日本国内の為、購入者には見学ツアーへの参加が可能

 

また投資としてのマイニングマシン購入だけでなく、節税プランを用意されている為、多くの経営者が節税目的・新事業の展開を見据えてマイニングマシンを購入・委託されています。

 

 

DATMINIG(ダットマイニング)

ビットマイニングのダットマイニング

↑詳細は上記をクリック↑

運営元 ビットマイニング社(中国)
年利 14%~16%
マシン購入費用 5万円~(無料体験も可能)
筆者の参加時期 2019年6月

ダットマイニングは、マイニングマシンを購入後に販売元に委託することでレンタル収益を発生させることが可能なマイニング事業です。

 

 

 

仮想通貨の時価総額ランキング

注)USD表記