マリンベイのロゴ

<マリンベイ進捗情報>

【MBCC 取引所上場:2021年3月29日】

独自通貨のMBCCが韓国の大手取引所「ビッサムグローバル」に上場しました。

■MBCC 取引所上場

MBCC上場の最終準備が完了いたしました。

本日(3月29日)20:00(日本時間)ビッサムグローバル取引所に上場致しましたことをご報告します。

bithumb GLOBAL:https://www.bithumb.pro/ja-jp

 

■ゲーミングコンテンツ

現在、ゲーミングコンテンツの提供に向け準備を進めております。

ゲーミングコンテンツ提供にあたっては、大手ゲーミングプロバイダーと契約締結完了しております。当該ゲーミングプロバイダーは、公平性が証明されたプロバイダーとしてゲーミングライセンスを取得済みとなります。詳細については、近日中に公開予定です。

 

【本日の取引停止:2021年3月13日】

本日のマッチングにおきまして設定金額の引き下げ並びに、AUTOHUNTINGの停止によりアイテムの供給過多が発生しました為、本日取引を停止致しました。

今後の対応と致しまして協議のうえ改めて公式アナウンスを出させて頂きます。

また MBCCの配布、取引所上場並びにカジノコンテンツ等は引き続き準備を進めておりますので合わせて状況報告をさせて頂きます。

 

【ロードマップについて:2021年3月10日】

💎ロードマップの更新につきまして

URL:https://drive.google.com/file/d/1Ml-GFuhgdOA1s9k9zEupa8ujyUmIBF6R/view?usp=drivesdk

※上記に伴い、上場の準備並びにカジノコンテンツのリリースに向け着々と準備を進めており近日中に情報公開を予定しております。

 

💎MarineBay Token発行・ホワイトペーパー公開

MarineBay Token(MBCC)の発行が完了しました。またMBCCへのスワップ開始時期等の詳細につきましては、改めて公式にアナウンスをさせて頂きます。

■MBCC HP:http://www.mbccprotocol.io

 

■トークン情報

  • シンボル:MBCC
  • チェーン:Ethereum
  • 仕様:ERC20
  • 初期価格:1 MBCC=0.1 USDT
  • 総発行枚数:1,000,000,000 MBCC

 

※ 参照URL

https://etherscan.io/token/0x64E22B81619C5035c9CFa9A67a3Ff93a4CD78D31

【メンテナンス調整期間・新体制について:2021年1月中旬】

※一部ユーザーの不正取引などにより、14日間のメンテナンス(調整)期間があり【2021/2/5~通常再開】となりました。

 

■新体制について

 

 

マリンベイのロゴ

<マリンベイ概要>
  • 2020年8月:日本にてプレスタート
  • 個人間取引によるプラットフォーム
  • スマホでかんたん利用可能
  • 専用アイテム(船)の売買による収益
  • 1回の取引で5%~15%の利益(手数料差引き後)

プレスタートより約4カ月ほどで、利用アカウント数は10,000件を突破しました。

 

ユーザーは運営元に資金を預けて運用をするのではなく、マリンベイが提供するプラットフォーム内でユーザー同士のアイテム売買によって利益を得ることができる案件です。

 

マリンベイの個人間取引プラットフォーム

運営元はユーザー同士の売買が成立した際に発生する売上からの手数料が収益源となっています。

 

 

P2Pプラットフォーム

かんたんに例えると、フリマアプリ(メルカリなど)のようにユーザー同士が商品売買を行うプラットフォームを提供することで、売上の手数料が収益になるスキームと同じようなジャンルです。

 

 

それでは以下にて、業界初仮想通貨による個人間取引マリンベイについて、以下の目次に沿って図解していきます。※2021年2月6日に情報を更新

 

■登録方法はこちらを参照

https://ameblo.jp/bitcoinschool/entry-12639366423.html

<公式資料>

 

 

Sponsored Link

 

マリンベイとは?

マリンベイの会社概要

<プラットフォーム提供会社>
  • 会社名:Gemechain HK LIMITED
  • 所在地:香港
  • プラットフォーム公開:2020年8月(日本先行OPEN)

マリンベイは、上述した通り仮想通貨による専用アイテムの個人間取引を行うプラットフォームを立ち上げました。

 

 

つまり運営元に資金を預けること無く、専用アイテムによる売買でユーザーに利益をもたらす仕組みとなっています。

 

P2Pプラットフォーム

先ほども軽く触れましたが、個人間取引とは、

  • メルカリ
  • AirBnB(民泊)
  • ラクマ
  • ジモティー

などを始め、各個人が保有するモノ・時間・空間などを共有する『シェアリング・エコノミー(共有経済)』の一種です。これは貨幣が誕生する前の『物々交換』の現代版とも言えるかも知れません。

 

またインターネットが普及・経済が大きく発展したことにより、個人が所有するモノを安心・安全にトラブルなく取引をしたいというニーズを満たす為、企業が仲介することでプラットフォームの提供を行っています。

 

プラットフォーム提供元は、取引が成立した際に発生する手数料がおもな収入源となります。そしてユーザー数が増加することは、さらならビジネスチャンスにも繋がる可能性へと繋がります。(例えば多数のユーザーを保有することで広告や宣伝をしたい企業・事業提携したい企業の登場なども考えられます。)

 

 

マリンベイの個人間取引プラットフォーム

そしてマリンベイでは独自のアイテムを提供することで、

  • 買い手ユーザー
  • 売り手ユーザー

売買のマッチング(抽選方式)・参加する方々が独自のルールに従うことで、1回の売買取引において5%~15%(手数料差引き後)の利益をもたらします。

 

ではなぜルールに従いアイテムを売買するだけで、ユーザーは利益を得ることができるのか?解説していきます。

 

■マリンベイとは?(公式)

 

 

利益の仕組みは?マリンベイ

マリンベイのアイテム一覧

まずマリンベイが提供・ユーザーが売買時に用いるアイテムは4種類あります。

アイテムの種類 Yellow Ship Green Ship Blue Ship Red Ship
最低価格 100ドル 300ドル 500ドル 700ドル
最大価格 505.32ドル 1,043.50ドル 1,426.30ドル 1,889.70ドル
収益率(1回の取引) 10% 12% 14% 18%
手数料(運営元へ支払い) 4ドル(40GOLD) 8ドル(80GOLD) 10ドル(100GOLD) 20ドル(200GOLD)
規定期間(アイテム保有期間) 4日間 5日間 6日間 7日間

 

ただしユーザーは購入をしたいアイテム(Ship)を選択することはできません。あくまでもマリンベイの運営元が開催する毎日の抽選によってどのアイテムを購入できるかどうかが決まります。(当選確率15%程度に設定

※GOLDとは、取引が成立した際に支払うマリンベイの独自ポイントのような物となります。1GOLD=0.1ドル(約10円)

 

 

アイテム取引の流れ|マリンベイ

マリンベイ一日の流れ

<取引の手順>
  1. 毎日7:00~11:59にマッチング(抽選時間)
  2. 毎日11:00:当選結果
  3. アイテムの購入(当選をしていれば)
  4. 4日~7日間の待機期間(アイテムを保有する期間)
  5. アイテムの売却
  6. 利益の確定

マリンベイの専用アイテム購入から売却・利益確定までの流れは以上となります。

 

では本題の『なぜ専用アイテムを売買することで利益が発生するのか?』につい取引ルールを基に図解します。

 

 

取引のルール|マリンベイ

マリンベイの販売ルール

マリンベイでは以下の取引ルールが設けられています。

<マリンベイの売買ルール>
  1. 購入価格より売却価格が高くなる仕様
  2. アイテム保有期間を設定(4日~7日=つまり左記の期間を過ぎると必ず売却ができるという事)
  3. アイテム毎に値上がり率を設定

では具体的に上記の画像に沿って解説していきます。

 

マリンベイのアイテム一覧

例)GreenShip(価格300ドル~1,043.5ドル/保有期間5日間/利益率12%)

購入価格 売却価格 利益 利益率
ユーザーA 300ドル 336ドル 36ドル 12%
ユーザーB 336ドル 376ドル 40ドル 12%
ユーザーC 376ドル 421ドル 45ドル 12%
ユーザーD 421ドル 472ドル 51ドル 12%
ユーザーE 472ドル 529ドル 57ドル 12%

5日間おきに初期に購入したユーザーから順番に、購入アイテム(GreenShip)が運営元に決められたルール(価格上昇率/利益率)によってどんどんと価格が上昇し売買を繰り返していきます。

 

つまり取引を行うユーザーは、アイテムの購入が出来た時点で【5日後に12%の利益が確定】いたします。※もしマッチングした相手が購入費用を送金しなければ翌日に繰り越しとなります。

 

■実際のアイテム保有の画像

マリンベイのアイテム保有状況

※YellowShipの例

<筆者のアイテム保有状況>
  • 11/19に417.63ドルで購入11/23に459.39ドルで売却(予定)
  • 11/21に194.86ドルで購入11/23に214.34ドルで売却(予定)
  • 11/18に100ドルで購入11/22に110ドルで売却(予定)
  • 11/20に110ドルで購入11/24に121ドルで売却(予定)

つまりマリンベイのアイテムが購入が出来た時点で、【売却日・売却額】があらかじめ決まっているルールとなります。

 

しかしここで疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。各アイテムに設定された最高価格で購入したユーザーは次に売却ができず利益を得ることができないのではないか?ということです。

 

 

Sponsored Link

 

最高価格で購入した場合はどうなるの?マリンベイ

マリンベイのアイテム一覧

各アイテムにて最大価格が設定されています。では最大価格で購入したユーザーはどうなるの?について解説します。

 

マリンベイの良くある質問

マリンベイの良くある質問にも掲載されておりましたが、【アイテムが分割され、価格が下がり購入しやすくします。分割数は、アカウント数や設定金額などのバランスにより、運営元がアイテムの分割数を調整していきます。】との事です。

 

例)GreenShip(価格300ドル~1,043.50ドル/保有期間5日間/利益率12%)

購入価格 利益率12% 合計(売却価格)
1,043.50ドル 125.22ドル 1,168.72ドル

売却時に【1,168.72ドル】にすることで最大価格で購入したユーザーは、利益を得れる計算となります。そこでマリンベイの運営元にてGreenShipを3分割にします。

合計価格 3分割後の価格
1,168.72ドル 389.5ドル/1アイテムあたり

そして389.5ドルを3名のユーザーにGreenShipを販売することで、最大価格の1,043.50ドルで購入したユーザーも規定通りの12%の利益を得ることができると言う設計となっているようです。

 

 

リスクは?マリンベイ

マリンベイの良くある質問

では続いてマリンベイのリスクについて解説します。

<リスクについて>
  1. アイテム購入費用
  2. 取引手数料の購入費用
  3. 取引が成立しない

上記がおもなリスクとはなります。マリンベイは投資・投機案件とは異なり運営元に資金を預ける形の商品ではありませんので、個人間取引を行う運営元が飛ぶメリットはあまり無いかと考えられます。

 

どちらかと言うと個人間取引のプラットフォームとなりますので、マッチングした購入者がルール(時間)通りに購入費用を送金してくれない!という方が問題かと思われます。

 

その点においては、マリンベイの運営元にてかなり厳しいルールが設けられています。

マリンベイの凍結ルール

マッチング成立後、購入者は日本時間11:00~21:00の間に必ずアイテム費用を送金する必要があります。

<アカウント凍結>

もし上記の時間内にルールを破ってしまった場合は、

  • 1回目:アカウント凍結(GOLD没収→販売者に付与)
  • 2回目:アカウント凍結(GOLD没収→販売者に付与)
  • 3回目:退会の処理を検討

※初回からアカウント凍結の厳しい措置があります。

販売マッチングが成立したが売買できなかった場合は、翌日に持ち越しとなります。

 

上記のようなアカウント凍結ルールがある為、『マッチングした相手(購入者)が費用を送金してくれない。』という課題が発生する可能性は低いかと考えられます。

 

 

 

収益シュミレーション|マリンベイ

マリンベイのシュミレーション

価格が一番安いYellow Ship(アイテム)の場合でも、アカウント数が多ければ月間利回りが31.5%の計算(手数料差引き後)となっています。

 

マリンベイで効率よく収益を上げるためには、

  1. アカウント数を増やす
  2. 乗員(サブアカウント)を増やす
  3. 設定金額を高く設定する

上記の3点が重要となります。

 

■マリンベイで効率良く収益を上げる方法は以下をご参照下さいませ。

https://ameblo.jp/bitcoinschool/entry-12639820119.html

 

■マリンベイの登録方法はこちらを参照

https://ameblo.jp/bitcoinschool/entry-12639366423.html

 

 

 

紹介報酬・アフィリエイト方法|マリンベイ

マリンベイのアフィリエイト方法・報酬

<アフィリエイト報酬>
  • 紹介者が利用したGOLD数(支払い手数料)×10%
  • 報酬通貨:独自ポイント
  • 1ポイント=1GOLD(0.1ドル)

※GOLDはマッチング成立に必要な独自の通貨となります。

マリンベイのアフィリエイト(紹介)における報酬はあまり高く設定されておりません。

 

例えば紹介したユーザーがマッチングで使用した手数料として、

  • 月間で合計:10,000GOLD(=1,000ドル)利用
  • ご自身の報酬:100ポイント(100ドル=約10,000円)が発生

つまりより多くのユーザーをご紹介し、マッチングすればするほど紹介報酬(ポイント)が発生する仕様となっています。

 

■マリンベイの紹介方法

マリンベイの紹介方法

<紹介手順>
  1. 右下の紹介コードをタップ
  2. 紹介URLとQRコードが表示

 

上記の紹介プラン以外にも、多少報酬が上乗せになるエージェントプランが用意されておりますのでご興味がある方は、以下のビットコイン予備校のLINE@まで「マリンベイのエージェントプラン希望」とお問い合わせくださいませ。

 

友だち追加

 

 

まとめ|マリンベイ

マリンベイのロードマップ

<ロードマップ>
  • 2020年8月:日本先行オープン
  • 2020年7~9月:韓国/中国/フィリピン公開
  • 2020年10~12月:ベトナム/タイ公開
  • 2020年10~12月:ゲームコンテンツやトークンなどを公開
  • 2021年1~3月:取引所に上場/カジノコンテンツ公開

専用アイテムの個人間取引のプラットフォームだけでなく、独自の経済圏を作り上げることで様々なプロジェクトを展開していく予定です。

 

しかしこれはユーザー数がいかに集まるか?次第で、マリンベイが計画するステップは前後するかと考えれます。

 

マリンベイのゲートウェイ戦略

マリンベイの戦略では、

  • ゲームアプリの利用
  • ERC20(ETHベースのトークン)の発行
  • オンラインカジノ利用

など、さらなるサービスの充実を図る方向でプロジェクトを進めています。

 

marinebay-パートナー企業

マリンベイは今後の計画を達成するために、複数のパートナー企業と連携しています。

 

 

Sponsored Link

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。