lexxpayとラオス銀行とVISAカード

<最新情報>

【通帳とカードが到着:2020年6月20日】

lexxpayカードと通帳が到着

コロナの影響もあり、筆者自身は面談後より約2カ月程度「通帳とカード」が手元に届くまで時間を要しました。※通常は3週間程度

 

発送元は東京都の日本窓口企業である「合同会社トラストインフォメーション」より配送されました。

 

■通帳とキャッシュカード

lexxpayカードと通帳が到着

通帳を利用する機会はほとんど無いかも知れませんが、webページにてJDB銀行からAPIキーが発行されている為、いつでも確認することが可能なようです。

 

また同封されている用紙の中の切り取り線をカットすると、出金時に必要なPINコードの6桁が記載されておりますのでご確認・ご保管下さいませ。

【空輸による配送遅延:2020年5月17日】

コロナウィルスの影響により、2020/4/10以降ラオス国内からの空輸が停止している為、船便にて銀行のキャッシュカード(VISA)の到着待ちの状況です。※かなりの日数が必要です。

【個人面談完了:2020年4月2日】

2020/4/2、日本国内にて開催されました個人面談へ行ってきました。※事前に必要な書類の準備・印刷と署名をおこない、身分証の原本を持参

 

現在コロナウィルスの影響によりオンラインにて、JDB銀行の担当者・通訳を介して本人確認の審査が行われました。(所要時間1分程度)

 

その後、日本の担当者と「セルフィー(本人と書類を持参した写真)」の撮影が行われ、無事に面談は完了となりました。あとは2~3週間後にラオスJDB銀行から発送される銀行の(キャッシュ)カード待ちとなります。また追って進捗報告を致します。

ラオス最大手民間銀行JTBの口座開設を日本国内にて実施する為には、まずは提携先のウォレットであるLexxPayのアカウント登録が必要となります。

 

LexxPayは、ラオスのJDB銀行と唯一APIキーを発行されたウォレットとなります。

 

またアカウントを作成・初期費用の支払い後(通貨:ビットコイン)は、日本全国各地で開催されている説明会にてJDB銀行の担当者と本人確認の面談があります。

 

本人確認の面談に問題がなければ、約3週間後にJDB銀行のキャッシュカード(VISA)が郵送される流れとなります。※現在は空輸便が停止している為、船便となり通常より数週間以上の遅延が発生しています。

 

■LexxPayとは?

LexxPay(ラオス銀行提携)とは?海外口座の保有メリット・使い道!

 

それでは、LexxPayアカウントの登録方法や使い方について図解していきます。※2020年8月8日現在の情報に基づく

 

■アカウント作成URL

https://lexxpay.com/account/register/dsw2ux9n

 

 

LexxPay個人面談日時(現在はオンラインへ変更)

セミナー・説明会の日時

コロナウィルスの影響・業務の効率化を図る為、今後は指定された会場内に集合後の個人面談ではなく、【すべてオンライン対応に変更】になります。

<説明会・面談日時>

毎月1回程度、JDB銀行の担当者が来日され個人面談が開催されます。※現在はコロナウィルスの影響の為、Skypeによる遠隔面談となります。LexxPayアカウントの登録・初期費用(800ドル)の入金が完了した方が対象となります。

 

友だち追加

【2020年4月現地説明会】

■2020/4/2(木)大阪

  • 11:00~:JDBの説明&質問
  • 11:30〜:SkypeによるKYC

 

■2020/4/2(木)岡山

  • 16:00~:JDBの説明&質問
  • 16:30〜:SkypeによるKYC

 

■2020/4/3(金)福岡

  • 13:00〜:JDBの説明&質問
  • 13:30〜:SkypeによるKYC

 

■2020/4/4(土)東京

  • 13:00~:JDBの説明&質問
  • 13:30〜:SkypeによるKYC

 

■2020/4/5(日)新潟

  • 13:00〜:JDBの説明&質問
  • 13:30〜:SkypeによるKYC

※現在の申請方法につきましては、以下にて紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

LexxPay登録方法

lexxpayの登録手順一覧

<LexxPay開設までの流れ>
  1. アカウント作成
  2. 本人確認情報のアップロード
  3. 初期費用(800ドル)入金 ※ビットコインのみ
  4. 契約書類へのサイン
  5. 本人確認書類・契約書類を日本国内のサポートセンターへ郵送
  6. 面談スケジュールの案内
  7. オンライン面談の実施
  8. キャッシュカード・通帳の郵送
  9. アクティベート化(利用手続きの開始)

■LexxPay操作マニュアル

https://drive.google.com/file/d/1xVPyty0hViueDX_ahYzmcNUBGX2WC1BO/view?usp=sharing

 

1.アカウント作成URLへアクセス

https://lexxpay.com/account/register/dsw2ux9n

 

2.登録アドレスの入力

lexxpay(ラオスJDB銀行)の登録手順

<LexxPay登録手順>
  1. 登録希望のメールアドレスを入力
  2. ログインパスワードの入力
  3. ログインパスワードの再入力
  4. 「REGISTER」をタップ

 

3.登録アドレス宛に承認URL配信

lexxpay(ラオスJDB銀行)の登録手順

<LexxPay登録手順>
  1. 登録アドレス宛に承認リンクが配信
  2. 本文内の承認リンクをタップ

 

4.ログインの実行

lexxpay(ラオスJDB銀行)の登録手順

<LexxPay登録手順>
  1. 「Login」をタップ
  2. 登録済みのメールアドレスを入力
  3. ログインパスワードの入力
  4. 「SIGN IN」をタップ

 

5.個人情報の入力

lexxpay(ラオスJDB銀行)の登録手順

※ローマ字入力(免許証申請も可能)

<LexxPay登録手順>

住所は英語版アドレス表記となります。こちらを参照下さいませ。http://judress.tsukuenoue.com/

  1. 姓名の入力(例)TARO YAMADA
  2. 職業の入力(例)会社員であれば「Office Worker」
  3. 国籍の選択
  4. 姓名の入力(例)TARO YAMADA
  5. 生年月日の入力
  6. パスポート番号の入力(例)TK1234567
  7. パスポート発行日
  8. パスポート発行国(例)JAPAN
  9. パスポート有効期間満了日の入力
  10. 出生国の入力(例)JAPAN
  11. 番地以降を入力(例)1-1-2-201 Oshiage
  12. 市区町村の入力(例)Sumidaku
  13. 都道府県(例)Tokyoto
  14. 郵便番号の入力(例)1310045
  15. 電話番号の国番号(例)日本は「+81」
  16. 自宅番号または携帯番号の入力 ※番号の先頭「0」は省く
  17. 電話番号の国番号(例)日本は「+81」

※自宅番号または携帯番号は同一でも申請可能です。

 

6.身分証のアップロード

lexxpay(ラオスJDB銀行)の登録手順

※パスポートの場合(免許証も対応可能)

<LexxPay登録手順>
  1. 自宅番号または携帯番号の入力 ※番号の先頭「0」は省く
  2. 申込日の入力 ※本日入力している日付
  3. 姓名の入力(例)TARO YAMADA
  4. 本人確認申請番号のタイプを選択
  5. パスポートの表紙をアップロード
  6. パスポートの顔写真ページをアップロード
  7. セルフィーをアップロード(申請書類+本人)
  8. 同意欄にチェックを付ける
  9. 「REGISTER」をタップ

※免許証の場合は、表面・裏面をアップロードする。

 

■セルフィーの注意点

セルフィー写真の注意事項

<禁止事項>

  • 四隅が映っていない
  • ぼやけている
  • 遠くて見にくい
  • メガネや帽子を被る

本人確認資料は四隅が綺麗に映った状態で、本人と被らないように撮影した画像をアップロードする必要があります。

 

7.初期費用の支払いを実行

lexxpay(ラオスJDB銀行)の入金手順

口座開設費用500ドル・初期デポジット(3年分の年間更新費)300ドル=合計800ドルをビットコインにて入金する必要があります。

<LexxPay登録手順>
  1. 「BUY NOW」をタップ
  2. 入金先アドレスの表示
  3. 上記のアドレス宛に800ドルを送金

 

8.着金反映完了

lexxpay着金反映完了

<LexxPay登録手順>

ビットコイン送金後、無事に着金がされると上記のような画像となります。

 

コロナウィルスの影響・業務の効率化を図る為、今後は指定された会場内に集合後の個人面談ではなく、すべてオンライン対応に変更となりました。

【必要な書類・会場の日時(2020年4月初旬まで)】
<必要な書類>

■全員共通(事前に印刷・署名が必要)

lexxpayの本人確認資料の印刷

  • マイページにログイン
  • 「My Account」をタップ
  • Print1から1枚コピー
  • Print2から3枚コピー
  • 直筆の署名 ※以下を参照

 

■署名の箇所について

※個人情報の部分は事前に入力した内容が印字されています。提出する資料と本人情報が異なる場合は、情報を修正後に印刷が必要となります。

 

■身分証の持参について

<パスポート有効期間が6ヵ月以上の場合>

  1. パスポートの原本
  2. パスポートのコピー(A4)※白黒可能
  3. 余白に直筆の署名(漢字とローマ字)

 

<パスポート有効期間が6ヵ月以内の場合>

  1. 上記の資料
  2. 顔写真付きの本人確認資料(免許証など)
  3. 住所証明書(住民票や公共料金に住所・名前が併記)
  4. 余白に直筆の署名(漢字とローマ字)

 

<免許証による申請時>

  1. 顔写真付きの本人確認資料(免許証など)
  2. 住所証明書(住民票や公共料金に住所・名前が併記)
  3. 余白に直筆の署名(漢字とローマ字)

毎月1回程度、JDB銀行の担当が来日され個人面談が開催されます。※現在はコロナウィルスの影響の為、Skypeによる遠隔面談となります。

 

■2020/4/2(木)大阪

  • 11:00~:JDBの説明&質問
  • 11:30〜:SkypeによるKYC

■2020/4/2(木)岡山

  • 16:00~:JDBの説明&質問
  • 16:30〜:SkypeによるKYC

■2020/4/3(金)福岡

  • 13:00〜:JDBの説明&質問
  • 13:30〜:SkypeによるKYC

■2020/4/4(土)東京

  • 13:00~:JDBの説明&質問
  • 13:30〜:SkypeによるKYC

■2020/4/5(日)新潟

  • 13:00〜:JDBの説明&質問
  • 13:30〜:SkypeによるKYC

9.登録アドレス宛にメールが配信

lexxpayのメール配信内容

注意事項・必要な事項は、すべてメール本文に記載されておりますので、ご確認下さいませ。

■必要な資料
  1. 書類1(署名2ヶ所)1枚
  2. 書類2(署名2ヶ所)3枚
  3. 身分証(パスポート)のコピー(空白箇所に署名1か所)1枚

※運転免許証の場合は、裏面をコピーしローマ字による署名も必要(直筆)

 

■身分証について

<パスポート有効期間が6ヵ月以上の場合>

  • パスポートの原本
  • パスポートのコピー(A4)※白黒可能
  • 余白に直筆の署名(漢字とローマ字)

 

<パスポート有効期間が6ヵ月以内の場合>

  • 顔写真付きの本人確認資料(免許証など)
  • 住所証明書(住民票や公共料金に住所・名前が併記)
  • 余白に直筆の署名(漢字とローマ字)

 

<免許証による申請時>

  • 顔写真付きの本人確認資料(免許証など)
  • 住所証明書(住民票や公共料金に住所・名前が併記)
  • 余白に直筆の署名(漢字とローマ字)

     

    ■署名の箇所・注意点について

    lexxpayの本人確認必要書類

    <書類1.2の印刷>

     

    10.書類の郵送

    日本国内の書類代行窓口宛まで郵送を致します。※書類1.2に関しては原本の郵送

    <郵送先>

    〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-10-12-3F(同)トラストインフォメーション LEXXPAYご郵送物転送窓口

     

    <郵送前のオススメ事項>
    • 書類1.2
    • 本人確認資料

    上記の書類をスキャナーで取り込み、PDFデータを『support@lexxpay.com』宛に添付して頂くと書類チェックをして頂けます。※書類の不備がなく審査が進みますのでオススメです。

    確認後に、郵送窓口宛に書類の郵送は必須となります。

     

    11.オンライン面談(所要時間2~3分程度)

    オンライン面談日時つきましては、登録メールアドレス宛に開催日時のお知らせが配信されます。もしメッセージが配信されないなどの不具合が御座いましたら、以下のサポートセンターまでお問い合わせくださいませ。

    ■連絡先:support@lexxpay.com(日本語可能)

    <面談について>

    コロナウィルスの影響・業務の円滑化に向けてオンラインによる対応へ変更となりました。

    ※時間帯によってはメインルームのみとなります。

     

    各ルームに参加後、ご自身の順番がくるまでは待機をお願いします。混雑している場合は、『時間内でも接続ができない・順番が回ってこない』場合もございます。予めご了承願います。

     

    その際は、お手数ではございますが、上記時間帯内の別の時間で再度接続をしていただくようお願いします。順番が来ましたら、「ブレイクアウトセッション」への案内が表示されますので、ご参加ください。終わりましたらzoomから退出します。

     

    ■URLにて利用不可の場合

    Webブラウザの場合は、Google Chrome 53.0.2785以上が対応可能となります。

     

    12.本人確認書類の承認のお知らせ

    LexPayの本人確認資料の承認

    <LexxPay登録手順>

    個人面談・本人確認資料の提出から約1週間程度で、上記のお知らせが配信されました。あとはカードの到着待ち・カードのアクティベート化が必要となります。

     

     

    通帳とカードの到着

    lexxpayカードと通帳が到着

    lexxpayカードと通帳が到着

    <LexxPay登録手順>

    Lexxpay日本(東京都)の窓口である「合同会社トラストインフォメーション」より、本人名義の通帳とキャッシュカードが配送されます。同封されている用紙の切り取り線をカットするとPIN番号(数字6桁)というATMで使用する番号を確認することができます。(PIN番号は、JDBより発行されたものです。)

    ※カードが届いたら、アクティベイトのお手続きが必要となります。

     

     

    アクティベーションの実行

    leexpayのアクティベイト化

    ※引用元 https://drive.google.com/file/d/1NfjJIKovyt308yXPS72swQLk3yMl8KIl/view?usp=sharing

    <LexxPayアクティベート手順>
    1. 「Card Activation」をタップ
    2. 本人証明書類・到着したJDBカード・ご自身が映ったセルフィー画像をアップロード
    3. 申請完了

    ※JDBカードの表面が暗いため数字が見にくいため、自然光が入る場所での撮影を推奨されています。

    承認されるまで数日間が必要となります。アクティベートが完了すると、カードの利用が可能となります。

     

    ■本人確認結果のお知らせ

    lexxpayの本人確認結果による有効

    筆者は、Lexxpayへ本人確認書類を提出後、約5営業日程度で「有効」のお知らせが配信されました。※マイページに表示されていました「Card Activation」の表示が無くなります。

     

     

     

    Sponsored Link

     

    LexxPayの紹介報酬

    lexxpayの特徴

    エージェント 報酬(USD) 条件
    アフィリエイター 50USD/1口座につき 口座保有者

    LexxPayの紹介報酬はMLM方式ではありませんので、ご紹介した方の口座開設1件あたり『50USDのみ』となっています。初期費用が安く設定されていますので、紹介により大きな報酬を得ることが出来ない仕組みになっています。

     

    また紹介報酬を得るための必須条件は、ご自身にてLexxPay/JDB銀行の口座開設をしていることです。報酬はご自身のLexxPayアカウント内に配布されます。※以下にて紹介方法を図解

     

    ただしご紹介により、

    • 20件以上の口座開設実績あり
    • 40件以上の口座開設が見込める

    などの場合は、別途ご相談させて頂くことが可能となっておりますので、以下のLINE@よりご質問下さいませ。

     

    LINE@にてメッセージを頂く場合は、「LexxPayの件」とお伝えくださいませ。

    友だち追加

     

     

     

    LexxPayの使い方

    lexxpayとラオス銀行とVISAカード

    それでは以下にてLexxPayの使い方である、

    • ユーザーページの表示内容とその意味
    • 紹介方法
    • 入金方法
    • 利用方法

    などを図解していきます。筆者も利用しながら、確認できたこと・進捗情報を更新していまいります。

     

     

    ユーザーページ一覧

    Lexxpayのユーザーページ

    ※操作マニュアル:https://drive.google.com/file/d/1xVPyty0hViueDX_ahYzmcNUBGX2WC1BO/view?usp=sharing

     

    ■JDB銀行残高について

    こちらより年会費の100USDが年1回引き落としされます。※引落しに備えて「カード記載の有効期限月の前月」までに入金が推奨されています。

     

     

    紹介方法|LexxPay(JDB銀行)

    lexxpay(JDB銀行)の紹介手順

    <LexxPay紹介手順>
    1. 右上の「三」をタップ
    2. 「My Account」をタップ
    3. アフィリエイトリンクが表示

    上記で取得したアフィリエイトリンクを利用して紹介することで、ご自身の紹介として紐づく仕組みになっています。

     

    ただしアフィリエイトリンクを取得できるユーザーは、ご自身にてまずはLexxPay(JDB銀行)の口座を開設申請をする必要があります。

     

    どの投資案件でもそうですが、ご自身が参加されていない投資や銀行商品を人に進めることは道徳的・道義的にはあまり良くないですよね。

     

    ■紹介者のリスト確認方法

    lexxpay(JDB銀行)の紹介者の確認手順

    <LexxPay紹介手順>
    1. 右上の「三」をタップ
    2. 「My Account」をタップ
    3. アフィリエイトリンクが表示

     

    lexxpay(JDB銀行)の紹介者の確認手順

    <LexxPay紹介手順>
    1. 画面を下にスクロール
    2. 「Affiliate list」をタップ
    3. 紹介者が一覧にて表示

    正しく紹介者が表示されない等のシステムエラーが発生している場合は、以下のLINE@までお問い合わせくださいませ。

     

    ※ただし、ビットコイン予備校経由の紹介者様・アフィリエイター様に限ります。

    友だち追加

     

     

    入金方法|LexxPay

    ラオスのJDB銀行のlexxpayの特徴

    ※操作マニュアル:https://drive.google.com/file/d/1xVPyty0hViueDX_ahYzmcNUBGX2WC1BO/view?usp=sharing

    <入金の概要>
    • Bitcoin(ビットコイン):LexxPay宛
    • 米ドル:LexxPayのUSD口座宛(スイフトコードを利用した海外送金)

    また2020年5月10日より、LexxPay内にて「USDからBTCへ」「BTCからUSDへ」両替する機能が追加されました。

     

    BTC送金時

    lexxpayのBTC入金

    <BTC送金時>
    1. 「Deposit」をタップ
    2. 「BTC Deposit」をタップ
    3. 入金先のQRコードまたはアドレスが表示
    4. 送金作業の実行

    着金後に、「Account BTC Balance」へBTC(ビットコイン)数量が反映されます。

     

    USD送金時

    lexxpayのJDB銀行口座情報

    <USD送金時>
    1. 「Deposit」をタップ
    2. 「Bank Deposit」をタップ
    3. 送金の実行

    「Deposit」から「Bank deposit」を選択すると、LexxPayの本社口座情報が表示されています。送金先は2通りあります。

     

    1、表示されている口座名義宛への送金時は、Lexxpay運営会社への送金となります。その為、以下の手続きが必要となります。

    • 宛先:support@lexxpay.com
    • 送金時の銀行送金控えの写メ

    送金証明と照合することで、ご自身のLexxpayアカウント内の「USD Balance」へ反映します。

     

    2、名義相違で送金ができない場合は、

    • 「Account holder」
    • 「Account number」

    上記を自身の登録名義と口座番号へ変更して頂く必要があります。※通帳に名義と番号が記載されています。

     

    この場合は直接ご自身のJDB銀行口座へ送金となる為、送金証明は不要とアナウンスされています。(2020/7/20に確認)しかしJDB銀行より請求される可能性もありますので、送金証明を保存しておくことが推奨されています。

     

    ご自身のLexxpayアカウント内の「Bank Balance」へ資産が反映されます。

     

    <ご自身のJDB口座名義宛への送金時における注意点>
    1. LexxPayの履歴に表示されない
    2. bitcoinへ両替ができない
    3. JDBカードからの出金はできる

    JDB銀行のデータは、残高とカード履歴のみ表示が可能となります。

     

     

    利用方法|LexxPay

    lexxpayの特徴

    ※操作マニュアル:https://drive.google.com/file/d/1xVPyty0hViueDX_ahYzmcNUBGX2WC1BO/view?usp=sharing

    <利用について>
    • キャッシュ(銀行)カードを利用してATMにて出金
    • 各国の現地通貨にて出金 ※日本であれば日本円にて出金
    • USDからBTCへの両替機能(2020年5月10日追加)
    • USDにてラオス国外へ送金(送金可能額2,000ドル~50,000ドル)

     

    ■手数料について

    <銀行の手数料一覧>
    • 年会費:100ドル
    • カード再発行費用:20ドル
    • 新PINコード発行:20ドル
    • 出金手数料:2.0%前後 ※為替レートによる

     

     

    ATMにて出金方法

    20200822lexxpay出金

    ATMにてカードによる出金は、1日10万円を最大10回の作業までが推奨です。 ※10万円を20回以上の操作行いカードの利用停止になったケースがあるようです。

     

    もし万が一操作方法による間違いがあった場合は、数日に分けて1日1回の作業が推奨されています。※3回以上誤った操作をした場合は、アカウントロックになる可能性が非常に高いです。

     

    ※セブン銀行利用時の参照例

    セブンATM利用方法

    ※引用元:https://www.sevenbank.co.jp/intlcard/service.html

    <セブンネットの利用例>
    • STEP4:「saving」を選択
    • STEP5:「PIN番号の数字6桁」を入力

    エラーにて使用できない場合の多くは、このPIN番号の入力間違いとなります。※PIN番号は、JDB銀行から到着したカードと同封の用紙(切り取り線付き)を開いた中に記載されています。

      ファミポートの場合も、出金時の操作として「SAVING」を選択します。

       

      その後、Lexxpayのマイページへの履歴反映は、

      • (出金額)深夜に情報が更新後、翌日に反映
      • (カード利用時の手数料)こちらはさらに後日に反映される場合あり

      上記となります。

       

       

      定期預金について

      JDB銀行の定期預金利率

      こちらの利率はラオス国内の居住者が対象となり、海外居住者向けではありません。※海外居住者向けの定期預金プランも公開予定です。しかしコロナウィルスの影響により、商品開発ならびに経営会議が進んでいない為、もうしばらく期間が掛かりそうです。

       

       

      LexxpayからUSD出金方法

      lexxpayのUSD出金手順

      <2020/8/5現在の手順>
      1. 出金申請書類をスキャンしメールにて提出(出金画面をプリント・ご署名)※お時間かかりますがご郵送でも可
      2. 出金の目的と使用用途などのアンケートをメールにてご提出いただきます。
      3. Lexxpay内にて書類を確認し、出金手続き致します。

      送金申請をしても中継銀行に拒否される可能性はあります。

      • 郵送先:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-10-12-3F(同)トラストインフォメーション LEXXPAYご郵送物転送窓口
      • メール先:support@lexxpay.com(日本語対応可能)

       

      またJDB銀行からは現地に行けば海外送金はできますが、ネットバンクではラオス国内への送金しかできません。※別途JDBネットバンクの直接お申し込みが可能ですが、LexxPayにて代行手続きはしておりません。

       

       

       

       

      公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

      ドラゴンヴェインコイン

      ※LINE ID検索「@oqm6996w」

      ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。