<エンジェリウムの取引所とは?>
  • 2019年9月26日オープン
  • 大型マーケティングの第2フェーズである
  • 収益分配型の仮想通貨取引所
  • 独自通貨(ANX)保有量に応じて取引所収益の分配がある
  • 分配通貨:BTCやETHなどの主要通貨
  • 投資額:50ドル相当~
  • 月利(目安):投資額の3%~10%程度

収益分配型の取引所とは、2018年5月から登場した『取引所が指定する通貨を保有することで、取引所が得る収益の一部を毎日ユーザーへ還元する」というビジネスモデルです。

 

その中でも日本人に人気で”収益分配型の取引所で成功した事例”で言えば「クロスエクスチェンジ(CrossExchange)取引所」が挙げられます。※2018年11月のOPENより9ヵ月ほどは平均月利8%ほどでしたが、2019年9月頃より取引所が指定する通貨(XEX)レートの暴落・取引所収益の大幅下落により配当額は少なくなっています。

 

収益分配型の取引所は、”取引所が得た収益の一部をユーザーに還元するスキーム”の為、あくまでも配当の原資・分母がある状態になります。つまり取引所が閉鎖・取引所収益が0円にならない限りは毎日配当があるのでユーザーにとっては一つの安心感に繋がりますよね。

 

筆者にとっても分散投資(ポートフォリオ)の一つとしてはオススメの分野です。ただし毎月の月利は取引所が得る収益額で変わりますので、運用で得れる収益額の計算がしにくい点はありますが・・・。

 

今回のエンジェリウム取引所は、収益分配型の取引所では後発組である為、これまで上手くいかなかった点をしっかりと分析したうえで運営を進めていくスタイルを採用しています。※具体的には本編にて解説

 

 

それでは今回は、マーケティング第二弾「Angelium(エンジェリウム)取引所」について、公表されている情報を参考に図解していきます。※2019年10月11日に情報を更新

 

<Angelium(エンジェリウム)公式情報>

 

<以下メディア掲載情報>

【今後の成長予測】

エンジェ江リウムの成長予測

<ユーザー獲得計画>

  • 2019年9月のユーザー数:約1万人
  • 2019年末:10万人目標
  • 2020年:50万人目標
  • 2021年:100万人目標
  • 2023年:1,000万人目標

ブロックチェーン・コイン企業と提携して、提携先のコインを自社取引所に上昇することで、そのコインのユーザー数も獲得する狙いがあります。

 

また直近では、秋葉原駅前の毎日15,000人が利用するビルに、巨大広告による宣伝を行う予定です。(潜在的なユーザーの獲得)

【ロードマップ】

エンジェ江リウム事業のロードマップ

  • 2018年:ICOセール
  • 2019年:ウォレット・トークン発行・取引所公開
  • 2020年以降:コンテンツ・決済システム提供など

その他、AIアバター・自社OSやPORやハードウェアの公開を目指しています。

 

 

エンジェリウム説明会情報

エンジェリウムの各フェーズ

<セミナー情報>
【2019年10月25日~2019年10月28日開催】

■セミナー参加登録は下記フォームからお申込み下さい。

https://forms.gle/Aykzou5pbFqyc3F68

 

■福岡

  • 日時: 2019年10月25日(金)
  • 定員:25名
  • 時間︰19:00~21:00
  • 場所︰リファレンス駅東ビル(5階V-3会議室)
  • 住所︰福岡市博多区博多駅東1-16-14

■大阪

  • 日時: 2019年10月26日(土)
  • 定員:39名
  • 時間︰18:00~20:00
  • 場所:アットビジネスセンター大阪梅田(901室)
  • 住所:大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル9階

■名古屋

  • 日時:2019年10月27日(日)
  • 定員:42名
  • 時間:15:00~17:00
  • 場所:オフィスパーク名駅プレミア会議室(306室)
  • 住所:名古屋市中村区名駅4丁目5番27号 大一名駅ビル3階

■東京

  • 日時︰2019年10月28日(月)
  • 定員:30名
  • 時間:19:00~21:00
  • 場所:西新宿ドム会議室(双英ビル7階)
  • 住所:東京都新宿区西新宿8-14-21 双英ビル7F

 

 

Sponsored Link

 

エンジェリウム取引所とは?

エンジェリウムの事業概要

↑事業概要の詳細は上記をクリック↑

エンジェリウム取引所は、2019年9月26日にリリース・世界最先端の「電子国家」アゼルバイジャンにてライセンスを取得しています。

 

それではまずは、エンジェリウム事業についておさらいをしていきます。

<エンジェリウム事業の軌跡>
  • 【ICOセール】2018年3月:ANLトークンの販売
  • 【第1フェーズ】2019年6月:ANXトークンの無料配布(月利4.5%~12%)
  • 【第2フェーズ】2019年9月:独自取引所のOPEN(月利目安3%~10%)
  • 【第3フェーズ】2020年~:AR/VRコンテンツ・決済サービスの提供予定

Angelium(エンジェリウム)事業が世に登場したのは、2018年3月から始まった仮想通貨のICOセールでした。

 

当時は”アダルト業界初の仮想通貨×現実世界/VRの融合×ブロックチェーン”として注目され人気のICOコインの一つでした。※とくに男性ユーザーの購入が目立っていました。

 

そしてICOセールで調達した資金を元手に、現在は”アダルトコンテンツだけでなく教育・ショッピング・旅行・アバター製作”など、幅広いジャンルにベースとなるVR技術を応用し、技術開発・パートナー企業との提携を進めています。※VRはこれから益々巨大化すると言われる次世代の産業です。

 

そしてAngelium(エンジェリウム)事業は、2020年以降にリリースする自社コンテンツ・決済サービスのーザー数獲得に向けて2019年度からアジア圏を中心とした本格的な大型マーケティングを開始されました

 

エンジェリウムウォレットの概要・登録・使い方

その【第1フェーズ】で公開されたサービスが、運用する仮想通貨の資産額に応じて独自通貨”ANX”を配布するという配布型ウォレットでした。

 

第3フェーズのコンテンツ・決済サービス公開に向けたユーザー数の獲得を目的に【第1フェーズ】が公開され、約1万人ほどのユーザーを集めることに成功しました。※2019/9/26終了済み

 

そして第1フェーズではおもに日本人ユーザーを中心に獲得しており、Angelium(エンジェリウム)事業が狙っている大型市場であるアジア圏には【第2フェーズ】から本格的に参入していきます。

 

そして今回のエンジェリウム取引所は【第2フェーズ】の段階となります。余談ですがICOセールで販売されていた「ANLトークン」は、すでに自社取引所にて上場しています。※2019/10/4現在、売買は不可

 

こちらも第1フェーズと同じく、第3フェーズのコンテンツ・決済サービス公開に向けたユーザーの獲得が目的です。その為、取引所事業にて収益をあげる事よりも何より、ユーザー数を増やすことが重要となります。

 

この【ユーザー数を増やすことが目的】という理念が、エンジェリウムの収益分配型取引所が成功する要因の一つとしても考えられています。それでは以下にてエンジェリウム取引所の特徴や優位性を図解していきます。

 

 

エンジェリウム取引所の特徴(配当率)

エンジェ江リウム取引所とは?

<取引所の特徴>
  • 収益分配型の仮想通貨取引所
  • 独自通貨ANXを発行
  • ANX保有量に応じて配当を得れる
  • 入金可能通貨:BTC/ETH/USDT
  • 配当通貨:BTC/ETH/USDT
  • 配当時間:毎日AM7:00より数時間以内(日本時間)
  • 最低額:50ドル~
  • 目安月利:3%~10%(ロック期間により異なる)

 

エンジェ江リウム取引所の収益分配プラン

【収益の分配率】

  • ロック無し(取引所にてANX購入時):100%(等価)交換/取引所収益の15%分配対象
  • ロック30日間選択:105%ANX付与/取引所収益の30%分配対象
  • ロック60日間選択:115%ANX付与/取引所収益の45%分配対象
  • ロック90日間選択:130%ANX付与/取引所収益の60%分配対象

 

※第1フェーズから参加ユーザーは、「ウルトラヘブン(自動設定)」でANXトークン数量が135%~150%付与<ウルトラヘブンの内容>

【ANX増量ボーナスについて:第1フェーズから参加者のみ対象】

第1フェーズにて、OTC(両替)の利用有無で付与されるANXボーナスが異なります。※2019年9月26日に配布完了済み

  1. OTC利用なし:+20%(150%ボーナス)
  2. (ANX付与に対して)OTC50%未満:+10%(140%ボーナス)
  3. (ANX付与に対して)OTC50%以上:+5%(135%ボーナス)

※第2フェーズから初めて参加するユーザーは、ANX付与額が5%(105%ボーナス)~30%(130%ボーナス)となります。

【第1フェーズとの相違点】

エンジェリウムウォレットの概要・登録・使い方

↑第1フェーズ概要は上記をクリック↑

いずれのフェーズでも、入金したBTC/ETHなどをヘブン(ロック)する点は同じです。具体的な違いは、

  • 第1フェーズ:ANXが配布される
  • 第2フェーズ:保有するANX数・期間に対してBTC/ETH/USDTが配布される

Angelium(エンジェリウム)が発行する『独自通貨「ANX」の保有量×ロック(ヘブン)期間』によって、毎日の取引所収益の分配額が大きくなる仕様です。

 

それではAngelium(エンジェリウム)のANX保有メリットなど、具体例を挙げて以下にて図解していきます。

 

 

ANX保有メリット

エンジェ江リウム取引所の収益分配内訳

上述した通り、取引所から収益配当を得るためにはまず『独自通貨ANX』を保有する必要があります。

<ANXを保有・購入する方法>
  1. 取引所にて取引して購入:等価交換
  2. ヘブン(ロック)を選択してANXを受け取る:5%~30%ANX増量

取引所でANXを保有するより、HEAVEN90を選択してANXを保有する事で「最大4倍の収益率」が変わりますので、『HEAVEN90の参加が推奨』されている理由にもなっています。

 

例えば10万円分のBTC(ビットコイン)をANXに交換して保有した場合

  1. 取引所で購入:10万円分相当のANXに交換/取引所収益の15%分配対象
  2. ヘブン30を選択(5%増量):10.5万円分相当のANXに交換/取引所収益の30%分配対象
  3. ヘブン60を選択(15%増量):11.5万円分相当のANXに交換/取引所収益の45%分配対象
  4. ヘブン90を選択(30%増量):13万円分相当のANXに交換/取引所収益の60%分配対象

※ヘブンの数字はロックアップ期間を意味します。

 

つまりAngelium(エンジェリウム)取引所にて効率よく配当を得る方法は『ヘブン90を選択する』ことで、

  • 入金数量の130%分がANXとして付与される
  • 取引所収益の60%の分配権利を得れる

上記という答えになります。

 

しかしユーザーから挙がってくる意見の多くが、保有する仮想通貨(BTC/ETH/USDT)を「ANX」に交換した場合、名も知れていない通貨に両替して価格は暴落しませんか?ということです。この声に対する問いを以下にて解説いたします。

<ANX価格の下落対策や下落しにくい理由は?>
  1. 毎日配当を得れる為、ANXトークンへ得た収益を再投資する可能性が高い(=ANX価格上昇の要因)
  2. 効率よく運用する為には「ヘブン(ロック)」を採用するユーザーが多い(=売り圧防止=ANX価格下落リスクが少ない)
  3. 取引所収益の20%はファンド資金になる(=ANX価格下落時の買い支え)

上記のことから「ANXを売るより買う」を選択するユーザーの方が多いと予測されるので、必然的にANX価格は下がりにくいと判断できます。

 

 

またAngelium(エンジェリウム)取引所でも価格下落リスクに対して、

  • ANX価格「0.01ドル」以下の注文は不可
  • 現在のANX価格「0.0122ドル」

万全の仕様を採用しておりますので、取引所OPEN当初に参加するユーザーは「ほぼ元本割れすることなくANXを購入可能」という最大のメリットがあります。

 

また何よりAngelium(エンジェリウム)運営の考えは「ユーザー数を増やすことが目的」である為、取引所事業で大きな利益得たい訳ではありません。つまり事業運営に必要な経費以外は、ファンド資金として潤沢な資産を保有すること可能であり、ユーザーにいかに利益を得れるか?が重要です。

 

そしてANXトークンの出口戦略は、【第3フェーズ】の自社コンテンツ・決済サービスの提供であるため、各ユーザーが保有するANXトークンを『売るではなく決済として利用する』ことで、キャピタルゲインを狙うユーザーによるANXトークンの大きな売り圧に繋がる可能性は低いという計画です。

 

また決済として利用できる利便性を感じたユーザーは、ANXトークンを購入する行動に繋がります。

 

このようにANXトークンが経済を循環することこそが、既存の経済圏と同じ仕組みであり・かつ新たな経済圏を生み一つの基軸通貨として成立するという仕組みです。

 

もちろんアジア圏に向けたマーケティング戦略をAngelium(エンジェリウム)の運営元では積極的に行っておりますので、日本人ユーザー以外の獲得にも期待したいところですよね。※以下にてメディア掲載情報を添付致します。

<Angeliumメディア掲載情報>

また2019年9月23日のお台場にて開催された大規模カンファレンスには、中国・韓国・タイにて影響力のあるインフルエンサーや企業が10数名程度参加されていました。各国でもカンファレンスやセミナーが今後展開されていくとの事です。※日本国内イベントの模様はこちらをご参照下さいませ。

 

 

紹介報酬|エンジェリウム取引所

エンジェ江リウム取引所の紹介報酬

Angelium(エンジェリウム)取引所では、紹介制度によるボーナスを用意しています。これもまた経済圏を作る・ユーザー数を積極的に獲得できる一つのマーケティング手法ですよね。

<紹介ボーナス制度>
  • 直接紹介者:各自の分配金額の30%
  • 2段目~4段目:各自の分配金額の5%
  • 5段目~7段目:各自の分配金額の3%
  • 8段目~10段目:各自の分配金額の2%
  • 11段目~15段目:各自の分配金額の1%

※直接紹介者(運用)人数=獲得可能段数

例えば直接紹介した方が毎月10万円相当の配当を得た場合、ご自身には紹介ボーナスとして「毎月3万円相当(各自の分配金額30%の為)」のBTC/ETH/USDTを得ることができます。

 

その為、各自が効率よくAngelium(エンジェリウム)取引所にて配当を受ける為には、「ヘブン(ロック)90」を連鎖していく組織構築が、各ユーザーにとっても紹介者ご自身にとってもお得に稼ぐことができる仕組みになっています。

 

また【第3フェーズ】の自社コンテンツ提供による利用料収益が発生した場合になりますが、その際にも構築している組織からの売上の一部がご自身に紹介報酬として入る仕組みになる予定です。

 

 

【紹介報酬の例】

エンジェ江リウム取引所の紹介報酬の一例

<紹介報酬の一例>

紹介したユーザーがそれぞれ資産を上記のようにヘブン(ロック)した場合、

  • ユーザーの合計収益3,840ドル(約40万円)/月
  • ご自身への紹介報酬1,152ドル(約12万円)/月

ご自身でヘブンして毎日配当を得れるだけでなく、紹介することでさらに収益を増やすことができます。また【第3フェーズ】に突入した際には、構築組織からのサービス利用料の一部が報酬として発生する予定です。

 

 

Sponsored Link

 

登録手順|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所の登録方法

<登録の概要>
  • KYC(本人確認)制度あり
  • 1人1アカウント(重複登録不可)
  • テキストが入ります。ここにコンテンツを記載

1.URLへアクセス

●アカウント登録URL:https://wallet.angelium.net ※招待コード付き

 

2.取引所の登録手順

エンジェリウム取引所の登録手順

<登録手順>
  1. 国番号の選択
  2. 携帯番号の入力
  3. 「SEND SMS」をタップ
  4. SMS宛に配信されたコード番号の入力
  5. ユーザーネームの入力 ※ローマ字
  6. 名前の入力 ※ローマ字
  7. 苗字の入力 ※ローマ字
  8. 登録するメールアドレスの入力
  9. メールアドレスの再入力
  10. ログインパスワードの入力
  11. 再度ログインパスワードの入力
  12. トレードパスワードの入力
  13. 再度トレードパスワードの入力
  14. 同意欄にチェックを付ける
  15. 「矢印」を右へスライド
  16. 「REGISTER」をタップ

以上でエンジェリウム取引所のアカウント登録は完了となります。

 

3.ウォレットと取引所の切り替え方法

エンジェリウム取引所のウォレットと取引所の切り替え画面

<切り替え手順>
  1. 画面を下に少しスクロール
  2. 「XCHANGE」をタップ
  3. 取引所画面が表示

 

続いては、エンジェリウム取引所の使い方について図解していきます。

 

 

 

使い方|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所の使い方

<取引所の使い方>
  • 入金方法
  • ヘブンの設定方法
  • 配当の確認方法
  • 配当の移行方法
  • 出金方法

などを以下にて図解していきます。

 

入金方法|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所の入金方法

<入金概要>
  • 入金通貨:BTC/ETH/USDT/ANX
  • USDTによるヘブン(ロック)時は数千円ほどのETHを保有する必要あり

※初めてエンジェリウムに登録された方は、「BTC/ETH/USDT」の3通貨が表示

※USDTはERC20仕様(アドレスが「0x~」始まります。)

2019/10/9現在、USDTによる入金は可能ですが、ヘブン時は数千円程度のETH資産の保有が必要です。送金手数料は100円程度のETHにて可能です。

【Transferより】【TOPより】

エンジェリウム取引所の入金手順

<入金手順>
  1. 「三」をタップ
  2. 「TRANSFER」をタップ
  3. 通貨の選択

 

エンジェリウム取引所の入金手順

<登録手順>
  1. 入金先アドレスとQRコードの表示
  2. 入金作業の実行
  3. 送金通貨の着金確認

※入金アドレス・送金通貨に相違があると資産が紛失する可能性がある為、ご注意下さいませ。

エンジェリウム取引所の入金手順

<入金手順>
  1. 「三」をタップ
  2. 「TOP」をタップ
  3. 入金通貨の「▼」をタップ
  4. 「RECEIVE」をタップ
  5. 入金先アドレスとQRコードの表示
  6. 入金作業の実行
  7. 送金通貨の着金確認

※入金アドレス・送金通貨に相違があると資産が紛失する可能性がある為、ご注意下さいませ。

 

 

ヘブン(ロックアップ)方法|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所のヘブン手順

<ヘブン(ロック期間)について>
  1. HEAVEN30:ANX105%増量/配当率30%
  2. HEAVEN60:ANX115%増量/配当率45%
  3. HEAVEN90:ANX130%増量/配当率60%

HEAVEN(ロック期間)が長ければ長いほど、『ANXの増量率+配当率』が高くなります。効率よく運用する為には『HEAVEN90』がオススメです。※受け取るANXの1枚あたりの価格は、取引所のANXの現在レートが対象

USDTによるヘブン(ロック)時は、100円程のETHによる手数料が必要となりますのでご注意くださいませ。

 

【ヘブン(ロック期間)の設定手順】

エンジェリウム取引所のヘブン手順

<ヘブン手順>
  1. 「三」をタップ
  2. 「HEAVEN」をタップ
  3. いずれかのHEAVENの「SELECT」を選択
  4. 預入通貨の選択
  5. 数量の入力

※HEAVEN HISTORYに履歴が表示されます。

 

【ヘブンされたANX数量と資産額が表示】

エンジェリウム取引所のヘブン手順

ヘブンが完了すると、上記のようにウォレット内の「HEAVEN」に『ANX数量とその資産額』が表示されます。こちらが取引所収益から得られる配当の権利のようなものとなります。

 

毎日の配当を増やすには、

  • ロック期間を長くする
  • 保有するANX数量を増やす

上記の2点となります。毎日の取引所収益の分配は『ヘブンドロップ』と呼ばれています。

 

 

配当(ヘブンドロップ)の確認方法|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所の配当方法

<配当について>
  • 配当を『ヘブンドロップ』と呼ぶ
  • 配当通貨:BTC/ETH/USDT
  • 配布時間:毎日AM7:00から数時間以内(日本時間)
  • 配当月利:月利約3%~10% ※毎日の収益額によって異なる
  • 配布場所:ウォレットではなく「XCHANGE BALANCE」に配布

【ヘブンドロップ確認方法】

エンジェリウム取引所の配当確認手順

<配当の確認手順>
  1. 「XCHANGE」をタップ
  2. 「MY ORDERS」をタップ
  3. 「MY BALANCE」をタップ

「XCHANGE BALANCE」に毎日の取引所からの配当(=ヘブンドロップ)が配布されます。

 

それでは続いて、外部出金に向けて配当で得た通貨の「取引所からウォレットへの移行申請方法」について図解します。

 

 

配当の移行方法|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所の配当移行方法

<配当の移行概要>
  1. 配当通貨は「XCHANGE」に配布
  2. 外部に出金する為には事前に「WALLET」へ移行申請が必要

 

1.配当の移行申請

エンジェリウム取引所の出金手順

<配当の移行手順>
  1. 「XCHANGE」をタップ
  2. 「TRADE」をタップ
  3. 「WITHDRAW」をタップ

 

2.出金情報の入力

エンジェリウム取引所の出金手順

<配当の移行手順>
  1. 出金通貨の選択
  2. 通貨の数量を入力
  3. 「XCHANGEよりWALLET」へ移行完了

 

3.移行手続きの完了

エンジェリウム取引所の出金手順

<配当の移行手順>
  1. 「三」をタップ
  2. 「TOP」をタップ
  3. 移行申請した通貨が反映

以上で配当で得た通貨のウォレットへの移行は完了となります。

 

 

KYC(本人確認)申請方法|エンジェリウム取引所

エンジェリウムウォレットの本人確認申請手順

本人確認申請について
  • 原則パスポート申請 ※免許証/マイナンバーカードも可能
  • 上記の資料と本人が一緒に映ったセルフィー写真
  • 承認日数は原則5営業日以内

※免許証・マイナンバーカードを提出する際は、パスポート申請時より承認に時間を要します。

 

1.Profileにアクセス

エンジェリウム取引所の本人確認申請手順

  1. ユーザー名をタップ
  2. 「Profile」をタップ
  3. KYCの「ピン」アイコンをタップ

 

 

2.必要資料のアップロード

<資料提出時の注意点>
  1. 身分証明の文字・顔写真が明確であること(不鮮明はNG)
  2. 出来る限り四隅がはっきり写っていること
  3. セルフィーは、他の人や物が映写り込んでいない事

エンジェリウム取引所の本人確認申請手順

  1. Date of Birth:生年月日のカレンダーより選択
  2. ID Proof(front side):身分証明書の表面
  3. ID Proof(back side):身分証明書の裏面
  4. Selfie:提出する身分証+ご自身が一緒に写った画像
  5. 「BROWSE」をタップ後に各本人確認資料のアップロード
  6. 「SUBMIT」をタップ

※Selfieとは、『本人確認資料(顔写真ページ)とご本人が一緒に映った画像』を意味します。

 

<パスポートによる申請時>
  • ID Proof(front side):顔写真ページ
  • ID Proof(back side):住所記載の最終ページ

以上でエンジェリウムウォレットのKYC申請は完了となります。認証まで5営業日ほど要します。

 

それでは以下にて、外部ウォレットへの出金方法を図解します。

 

 

Sponsored Link

 

外部ウォレットへの出金方法|エンジェリウム取引所

エンジェリウム取引所の外部ウォレットへの出金方法

<出金手順>
  1. 「三」をタップ
  2. 「TOP」をタップ
  3. 出金通貨の「▼」をタップ
  4. 「SEND」をタップ
  5. 出金数量の入力
  6. 出金先アドレスの入力
  7. 「RUN」をタップ
  8. 着金確認

※送金先アドレス・送金通貨に相違があると資産が紛失する可能性がある為、ご注意下さいませ。

 

 

あとがき|エンジェリウム取引所

エンジェ江リウム取引所とは?

いかがでしたか?いまトレンドのハイプ型のウォレット案件ではなく、取引所収益がありきの配当分配型の取引所ににての運用案件となります。

 

毎月の固定の料率で配当が実施されるわけでは有りませんので、将来の資産設計を立てにくい面はありますが、『取引所収益が0円・取引所が倒産』しない限りはBTC/ETH/USDTにて配当を毎日得ることが可能です。

 

もちろん今回のエンジェリウム取引所は、再三お伝えしておりますがあくまでも『ユーザー数を集客する為のツール』であり、本当の目標は【第3フェーズ】にて公開されるエンジェリウムのコンテンツ・サービスの提供に向けた布石です。

 

取引所事業において収益を得ることが目的ではありませんので、ユーザーにいかに長く配当を配布し続けるか?がとても重要になりますので、従来の案件とは異なりより期待値が高いと感じているユーザーさんも多いですよね。

 

またウォレット内に表示されている『ANLトークン(ICOセール時の通貨)』は”上位互換性トークン”として、【第3フェーズ】公開時に全世界ユーザー売上の分配を受けれるトークンになる予定です。※ANL保有枚数が多いと配当も多くなる仕組み

 

2020年にはエンジェリウムの決済システムが公開予定です。さまざまなコンテンツ・サービスで決済されることで新しい経済圏の誕生が楽しみですよね。また2019年からエンジェリウムに関わっているユーザーには、大きな恩恵を得れるタイミングでもあります。

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。