エンジェリウムの各フェーズ

<エンジェリウム取引所の最新情報>

2年ほど前にICOセールからスタートした「ANL」コインが上場しました。

 

取引所トークンである「ANX」の買い板がほぼ無い状況で、売買ができないという不満・悩み・心配の声が絶えない状況ですが、結局のところコンテンツと連動した実需あるサービスを随時公開をしていかない限り、多くのICOコインと同様に利用価値がないトークンとなる可能性が非常に高いです。

 

そこで2020年は事業立ち上げ3年目という事もあり、積極的に「Angelium関連のコンテンツ」を公開し需要あるコインになるべくさまざまなサービスが公開予定です。

 

■2020年8月全体(予定)

  • 【済】8月上旬~中旬:提携先企業の次世代ブロックチェーンゲーミングプラットフォーム「XIGOLO」詳細公開
  • 【済】8月中旬〜 :XIGOLOの各機能説明動画
  • 【済】8月中旬〜下旬:ANGELIUMウォレットOEM発表
  • 【済】8月下旬 :月末に提携してるXANA正式ローンチ
  • 【済】8月下旬 :Toukuの新バージョンアプリの発表

 

■2020年9月全体(予定)

  • XIGOLOのキャンペーン情報
  • XIGOLOの公式チャット及び問い合わせ先案内
【事業進捗レポート:2020年2月~7月】

■2020年2月末

  • 【済】2月17日 「ANLのXCHANGE上場」済み
  • 【済】2月末 Xlove遅延理由と今後に関して
  • 【済】2月末 「3Dメタバース α版」公開
  • 【済】2月末 Xwish第二弾タレント発表予定延期
  • 【済】2月末 TOUKU正式Apple store承認
  • 【済】2月末 NORI=第一弾サイドチェーンプロジェクトで韓国IEOユーザーに向けてトレード開始していたNORIトークンがXCHANGE全世界のユーザー対象にトレード開始
  • 【済】2月末 ANL、ANXトークンバーン実行(2回目)
  • 【済】Xwish第二弾タレント発表予定【延期/後日発表】

■2020年3月度

  • 【済】3月上旬海外マーケティング(中華圏)近況報告
  • 【済】3月上旬:TOUKUFeedback XPプレゼント当選発表
  • 【済】3月上旬:TOUKUとは?目的や詳細①
  • 【済】3月上旬:TOUKUとは?目的や詳細②
  • 【済】3月上旬:TOUKUは、実際のところ何ができるの?
  • 【済】3月上旬:ANLの正式HEAVENスタート
  • 【済】3月上~中:新パートナーの台湾チーム本格稼働
  • 【済】3月上~中:NORI NORIプロジェクト最新情報
  • 【済】3月中~末:取引所の一般公開開始について
  • 【済】3月中~末:独自OS &AI搭載VRデバイス 進捗報告
  • 【済】3月中~末:TRANXIA(トランジア )について
  • 【済】3月中~末:JKCペアに関して
  • 【済】3月中~末;XPを使った次世代型新サービス発表
  • 【済】3月中~末;New Walletリニューアル概要発表
  • 【済】3月中~末:Xwish第二弾タレント発表状況報告
  • 【4月に発表変更】3月末:新ゲーム Angel Toss α版発表
  • 【済】3月末:ANL、ANXトークンバーン実行(3回目)

■2020年4月度

  • 【済】4月上旬:TRANXIA一般公開(tranxia.com)
  • 【済】4月上~中:全会員間でANL、ANXのトランスファー解禁
  • 【済】4月上~中:新ゲーム Angel Toss α版発表
  • 【済】4月上~中:METAVERSEベータバージョンへのアップデートのプレビュー
  • 【5月に発表変更】4月上~中:次世代ブロックチェーンゲームプラットフォームXIGOLOの詳細公開
  • 【5月に発表変更】4月上~中:XANAウォレットのサービス詳細発表
  • 【済】4月中~末:Toukuのオンラインサロン機能追加
  • 【済】4月中~末:Toukuの自動翻訳機能追加
  • 【済】4月中~末:XANAを軸にした全体構図及び大型マーケティングの戦略説明(リオ動画)
  • 【済】4月中~末:2D新作ゲーム発表(ターボ)
  • 【済】4月末:XANAウォレットのNFTへの対応
  • 【済】4月末:TOUKU正式版リリース予定
  • 【済】4月末:ANL、ANXトークンバーン実行(4回目最終)

来月から本格的なマーケティングがスタート予定の為、提携発表は次月に持越しします。

■2020年5月度全体(予定)

  • 【済】上旬 :中国大手ブロックチェイン企業と正式に業務提携予定
  • 【済】上旬 :韓国の大型バートナー会社と正式に業務提携予定
  • 【済】中旬〜下旬:XANAを軸にした全体構図及び大型マーケティングの戦略説明
  • 【済】中旬〜下旬:TOUKUのタイムライン機能搭載
  • 【済】中旬〜下旬:メタバース一般公開開始予定
  • 【済】下旬 :NFT送受信機能の搭載
  • 【済】下旬 :某海外銀行とカード決済の連携予定

■2020年6月度全体(予定)

  • 【済】6月上旬 :Xwish本格スタート
  • 【済】6月上旬〜中旬:サポート問い合わせ新体制のお知らせ
  • 【済】6月上旬〜中旬:大手カジノ企業と業務提携予定
  • 【済】6月中旬〜下旬:メタバースローンチ動画公開
  • 【7月に変更】6月中旬~下旬:次世代ブロックチェーンゲーミングプラットフォーム「XIGOLO」詳細公開
  • 【7月に変更】6月下旬 :メタバースβ版公開

■2020年7月度全体(予定)

  • 【済】7月上旬〜中旬:メタバース「XANA」のオフィシャルホームページ公開
  • 【済】7月中旬〜下旬:TOUKUβ版の本格マーケティング開始(LP公開)
  • 【延期】7月中旬〜下旬:提携先企業XANA Walletへの移行案内(半年以内)
  • 【延期】7月中旬〜下旬:メタバースβ版公開
  • 【済】7月中旬〜下旬:ラオスJDB外銀行のカード申し込み詳細
【Toukuの新バージョンアプリの発表:2020年8月31日】

トーク(Touku)とは?エンジェリウム発コミュニケーションツール!

エンジェリウムのTOUKUアプリがApple Storeを通しリリースしてから早半年近くが経ちました。現在〈公式〉TOUKUトレンドの登録者数も延1万人を超え、皆様のご協力の輪が広がり、業界での認知度も向上してきました。

そして今回、更にその「TOUKU」がリニューアルされバージョンアップ致します。

 

■従来 : TOUKUアプリ

本来はTOUKUはオンラインサロンやリスト管理にサポート窓口などが簡単に作成できた配信者側機能と友達間でチャットのやり取りなどLINEと同じ役割の受信者側機能が、一つのアプリケーション内で完結しておりました。

〈問題点〉

  • 配信受信の機能が一つだとややこしい、わかりずらい
  • 見た目はアプリだが実は裏側はブラウザのPWAという仕様だと、操作性の限界で使いづらい、打ちずらい
  • ブラウザだとキャッシュが溜まり、不具合に繋がりやすい

 

■変更後 : 2種類のアプリに分かれます(9月上旬を予定)

〈TOUKU admin〉

配信者専用アプリ(リリース後Apple Store及びAndroidのPlayストアよりダウロード可)

 

〈TOUKU lite〉

読者向専用アプリ(リリース後Apple Store及びAndroidのPlayストアよりダウロード可)

 

〈改善点〉

  • 二つの機能が単体に独立する事で機能別に、必要に応じた使い分けが可能
  • ネイティブアプリの為、ブラウザが故にキャッシュの溜まりで発生するバグが一切ない
  • 操作性だけだなく、ローディング時間も早くなり利便性が非常に高い

そして更に今後は、「マイナーアップデート」と「ビッグアップデート」を繰り返す事で更に使い勝手や機能性が富んでドンドンと進化していきます。※2020年9月10日予定からダウロードが可能です。

【ANGELIUMウォレットOEMリニューアル:2020年8月29日】

ザナ(XANA)デジタルウォレットとは?次世代のバーチャルSNS!

昨年開発されたPCweb版を中心としたANGELIUMウォレットは、ユーザービリティおよびセキュリティの向上と今後のコンテンツ増加に備えて提携会社XANALIA LIMITEDが提供するXANAウォレットからのOEMを受け、モバイルに特化したANGELIUMウォレット2.0としてアップグレードする運びとなりました。

 

以前アナウンスさせていただいておりましたとおり、新しいANGELIUMウォレットへの移行に伴い各クリプトアドレスが変更されます。移動作業はANGELIUM側で行いますが、ブロックチェーンの特性上ごく少量ですがマイナーフィーが発生いたします。

 

発生したマイナーフィーに関しましては、マイナーフィー分のXPを付与させていただくことで補填させていただきます。変更後、コンテンツ内容やウォレット内の項目は少し異なりますが、EOSアドレスに関してはXANAウォレットとANGELIUMウォレットで同一のアドレスが採用されます。

 

■更新に伴うANGELIUMおよびXANAウォレットのメンテナンスモードへの移行期間

日時 : 8月31日シンガポール時間22時〜翌朝まで

 

上記のメンテナンスに伴う提携社のサービスに関する影響は下記の通りです

◆提携社SHAMBARA社が提供するXIGOLO.com (http://xigolo.com/) は上記の時間帯もゲームはプレイ可能ですが、XPのBUY、DEPOSIT、WITHDRAWはその時間帯のみ制限されます。

【XIGOLOの各機能説明動画:2020年8月26日】

ジゴロ(XIGOLO)とは?紹介方法!エンジェリウムの仮想通貨オンラインカジノ!

 

この度、提携先企業の「XIGOLO」がオープン致しました。XIGOLOのコミュニティリーダー(XIGOLO KING)より下記案内がきておりますので、シェアさせていただきます。

【次世代型ブロックチェーンゲーミングプラットフォーム「XIGOLO」詳細公開:2020年8月11日】

ジゴロ(XIGOLO)とは?紹介方法!エンジェリウムの仮想通貨オンラインカジノ!

ゲーミングサイトのXIGOLOは、XANA WALLETと提携しブロックチェーンウォレットとの連結が可能になったことで、入出金が非常に便利であり、デザインも非常に洗練され、先行的に仕掛けることで大きなシェア率を取れる可能性が高いモノへとなってきました。

 

先月末の時点で8月13日公開予定としておりましたが、1週間後の8月20日を最終決定とし、オープンさせていただきます

 

20日の公開開始時刻については、万一の当日の急激なアクセスによる不具合等を軽減する為、現時点では”20日の午後”とさせていただきますが、公開次第、再度アナウンスさせていただきます。

【ANGELIUM WALLETにおける大型メンテナンス:2020年7月24日】

2020年7月末に、ANGELIUM WALLET内のブロックチェーンサイドにおけるメンテナンスを実施いたします。

 

メンテナンスが終了しますと皆様のBTCやETH等の各アドレスが変更されますが、ウォレット残高については自動で新アドレスに移行されますのでご安心ください。

 

なお、自動で残高が移行する際にトランザクションフィー(通常は数十円)未満の残高のアドレスについては移行されませんので予めご了承ください。

【ラオスJDB銀行のカード申込詳細:2020年7月29日】

JDB銀行のデビットカードは、提携先企業であるXIGOLOのゲーミングチップ「XP」と非常に相性が良いと言うことで導入が決定いたしました。

 

本日はそのデビットカード申し込み方法についてアナウンスさせていただきます。

 

下記TOUKUチャンネルを登録いただけましたら、詳しい詳細等は全て記載してあります。また、申込み方法など全体のサポートも個別で対応していきますので、是非ご登録ください。

 

■JDB銀行(ラオス)のカード申し込み専用チャンネル

(https://www.touku.net/#/channels/1086/FFY5KYNF)

 

■LEXXPAYとは?

LexxPay(ラオス銀行提携)とは?海外口座の保有メリット・使い道!

LEXXPAY(LAO EXCHANGE PAYMENT)とはラオスに拠点を置く LEXX.Co.,LTD が運営するウォレットPAYMENT サービスです。

 

ラオスにおける民間ナンバー1の銀行である (Joint Deveropment Bank) と提携、銀行と提携した「世界初のウォレットPaymentシステム」です。LEXXPAYに申し込むと、ウォレットサービス、JDB銀行口座開設、 VISAカードの申し込みまでワンストップで完結にできます。

 

つまりJDB銀行に紐づくデビットカードを発行することで、BTCをチャージすれば米ドルに交換され口座残高分がカード決済や引き落としに使用することが可能です。

 

またカード決済だけでなくATMでのFIAT出金も可能となります。これにより日常生活において仮想通貨をストレスフリーに決済できるので非常に便利なサービスと言えます。

【TOUKU β版の本格マーケティング開始(LP公開):2020年7月22日】

トーク公開記念キャンペーン

オンラインサロンや情報発信チャンネル等に特化した次世代コミュニケーションツールです。TOUKUのマーケティングがいよいよ本格始動いたします。

 

TOUKUは国内外問わず国境を超えて全世界へユーザーと繋がる事が可能です。そして今回、国内を中心に新規ユーザーの獲得に向けて、業界最大手の2社とパートナーシップ契約を結ぶ事で、大きな一歩を踏み出す事に成功しました。マーケティング方法をいくつかご紹介します。

 

①オープン記念キャンペーン

この度、TOUKUのローンチを記念して『総額1億円つかみどりキャンペーン』を開催いたします。

 

本キャンペーンではTOUKUアプリをダウンロードし、アプリを開いたユーザーに対しログインボーナスを付与することで、TOUKUの利用者を増やすことを目的としたキャンペーンです。また、今回配布するポイントは提携先サービスの「XIGOLO」内で使用することができます。

 

ポイントは、毎日ログインしたユーザーに対して10円~10,000円分が当たるチャンスがあり、1億円相当のポイントを配布しきるまで継続いたします。

■キャンペーン詳細はこちら:https://docs.google.com/presentation/d/1hKntRz4pxpY63kg1OrFRfVEbkh0-UYSVCl7Jf0cPSWY/edit?usp=sharing

 

②TOUKU専用ランディングページ

概要だけでなく、他社比較などTOUKUの優位性を中心にまとめております。つまりご自身で直接説明しなくともこのランディングページ(LP)を見ればTOUKUの魅力が一目で分かる内容になっております。※TOUKUの使い方マニュアル等の資料は別途公開予定です。

 

■TOUKUランディングページ

https://www.touku.net/web/

【XANA(ザナ)公開:2020年7月16日】

XANAウォレット

※引用元 https://www.xana.net/

次世代型バーチャルSNS「メタバース・XANA(ザナ)」オフィシャルページが公開されました。

 

XANAは「夢をカタチにする」というコンセプトのもと、もう一人の自分(=アバター)となってバーチャルの世界を自由に楽しむことができます。

 

またその他にも好きなビジネスを展開し、収益を得られるという新しい仕事の仕方を提供するプラットフォームでもあります。

 

ユーザーやクリエイター、ビジネスオーナーがバーチャルとリアルを繋いだエコシステムを形成していく、まさに次世代のプラットフォームです。

 

これまでに蓄積してきたブロックチェーン技術を基にした暗号資産やスマートコントラクトが重要な役割を果たすことで、通常のオープンワールドやMMOとは一線を画しております。

 

すでに各国から様々な企業の参加表明や提携の打診があり、大人数が集まるリアルイベントの昨今における全世界的な規制(=コロナによる影響)を受けて、各フェスティバルやカンファレンスがXANAの中でバーチャルイベントとして開催される段取りが立ってきております。

【toukuの総額1億円配布キャンペーン:2020年7月15日】

toukuアプリの総額1億円キャンペーン

※引用元 https://www.touku.net/

2020年7月15日10時より、毎日ログインをする度に10円〜10,000円相当のポイントが当たります。※1億円相当を配布で終了

■溜まったポイントの使い方

  • 今回配布しているポイントは8月から遊べるゲームで利用可能
  • ゲームで勝利するとポイントが増える

■換金の仕方

  • ゲームで遊ぶとポイントの種類が代わり換金が可能
  • 換金の種類:ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/Amazonギフト券

■確認の仕方

  • 毎日のログインボーナス画面に、保有しているポイントを表示予定
  • 詳細は別のページを用意する予定

※遊べるゲームは、提携サービスのコンテンツを利用しますので、配布ポイントで無料で遊ぶことが可能となります。

【メタバースローンチ動画公開:2020年6月25日】

※【XANA】世界が変わる!近未来のVR x AI仮想空間。「夢から生まれる新しい現実」(2020最新)

XANA(ザナ)とは、『夢が作る新しい現実』というコンセプトをもとにアーティスト実業家であるRIOによって創設されたエンターテイメントxテクノロジー企業「NOBORDERS(ノーボーダーズ)」が開発を進める仮想現実世界プロジェクトです。

 

VR、スマートフォン、PCなど全てのデバイスに対応し、ユーザーはアバターとなって、AIの力を借り、世界中のユーザーと交流しながら自分の新しい世界を作り上げていくことができます。

 

また、仮想世界の経済はブロックチェーンによって現実世界と連動する、「クロスリアリテイ」という新しい概念によって、仮想での仕事で現実世界の生活ができる新しい経済圏を実現します。

 

世界を舞台にDJ、音楽家として活動していたファウンダーRIOが、なぜこのようなプロジェクトを始めたのか?その始まりのストーリーを語ります。

【大手カジノ企業との業務提携のお知らせ:2020年6月24日】

エンジェリウムが運営するゲーミングサイトの【XIGOLO(ジゴロ)】は、Connect88 Inc社を通じEvolution Gaming社と提携したことをご報告させていただきます。

 

XIGOLOのオープンについては6月末頃を予定しておりましたが、現在最終調整に時間を要しており、大変恐縮ですが7月に延期させていただきます。もうしばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

 

【Evolution Gaming社とは】

ジゴロ:エボリューションゲーミングと提携

※引用元 https://www.evolutiongaming.com/

Evolution Gamingはゲームプロバイダー業界を常に牽引しており、ライブカジノプレイヤーから多くの支持を集めている企業です。

 

イギリスを拠点にアメリカ、カナダ、ルーマニア、ラトビア、マルタ、スウェーデン、スペイン、イタリア、ベルギー等のライブカジノスタジオから直接ビデオストリーミングされており、ライブ映像はほぼ途切れることなく画質も良いので、ランドカジノにいるような臨場感を味わうことができます。

 

2017年にはナスダック・スウェーデンに上場し、2018年には元々アメリカ市場での大手強豪であったEzugi(イズギ)社を買収した為、エボリューションの独占市場とも呼べるほど業界の立ち位置を確固たるものとし、オンラインゲーミング業界ではリーディングカンパニーと言える企業になりました。

 

  • 名称:Evolution Gaming
  • 設立:2006年
  • ライセンス:MGA(Malta Gaming Authority)
  • 監査機関:Gaming Laboratories International (GLI)

 

【Connect88 Inc社】

フィリピン政府によりライセンス23059の下で認可されているオンラインカジノ企業です。

拠点:Yuchengco Tower 1, RCBC Plaza, Ayala Avenue, Corner Gil Puyat Avenue, 1200 Makati City Philippines

 

■XIGOLO✕Royal Baccarat概要《ZOOMセミナー》

Royal Baccaraが更に新ロジックとバージョンアップ情報となります。既に参加してる人も、どうしようか迷ってる人も、ウェビナーでしか聞けない情報、盛り沢山です。

 

■XIGOLOサポート窓口<公式>

https://www.touku.net/#/channels/802/FFY5KYNF

【サポート問い合わせ先:新体制のお知らせ:2020年6月14日】

Touku

Touku
開発元:No borders technologies private limited
無料

TOUKUに新機能<タイムライン機能>が間もなく搭載されます。

 

現在のユーザー様からの問い合わせ先は全てメール対応しておりましたが、今後は「TOUKUによるサポート体制」に移行いたします。また事業拡大に伴いサポート体制も細分化を図り、各サービス毎に対応していく形になります。

 

TOUKUへは、従来のエンジェリウムウォレットと同じログインID,パスワードでログイン可能です。またApple Storeにて「TOUKU」と検索しダウンロードすれば、WEBだけでなくネイティブアプリとしても使用可能です。

<問い合わせ一覧>

※一時的なテストも兼ねての移行であり、完全移行ではありません。

※従来通り全て委託しているチームを経由し対応、重要事項等は委託チームから適時運営サイドに確認いたしますので、予めご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

【ラオスJDB銀行とカード決済連携予定:2020年5月30日】

LexxPay(ラオス銀行提携)とは?海外口座の保有メリット・使い道!

 

この度、XANAプラットフォーム内で新しいサービスとして、LEXXPAYの導入が決定しました事を発表させていただきます。

 

▼LEXXPAYとは?

  • LEXXPAY(LAO EXCHANGE PAYMENT)とはラオスに拠点を置く LEXX.Co.,LTD が運営するウォレットPAYMENT サービスです。
  • ラオスにおける民間ナンバー1の銀行である (Joint Deveropment Bank) と提携、銀行と提携した「世界初のウォレットPaymentシステム」です。
  • LEXXPAYに申し込むと、ウォレットサービス、JDB銀行口座開設、 VISAカードの申し込みまでワンストップで完結にできます。

つまりJDB銀行に紐づくデビットカードを発行することで、BTCをチャージすれば米ドルに交換され口座残高分がカード決済や引き落としに使用することが可能です。またカード決済だけでなくATMでのFIAT出金も可能となります。これにより日常生活において仮想通貨をストレスフリーに決済できるので非常に便利なサービスと言えます。

 

■保有するメリット

  1. JDBの銀行口座と紐付く世界初のウォレット機能
  2. BTCを専用カードにチャージし、全世界のVIZA加盟店で決済が可能
  3. 新興国ならではの米ドル建て高利率の定期預金が可能

 

申し込み方法や詳しい詳細は後日アップデートしていきます。今後もこのようにXANAプラットフォーム内に他社サービスや提携を通してプラットフォーム拡大に尽力し、より流動性あるエコシステムを構築、ANXやANLの価値向上に繋げていきたいと考えております。

【NFT送受信機能の搭載:2020年5月30日】

NFTの送受信機能が、Xanaデジタルウォレットに搭載される事をご報告致します。

 

非ファンジブルトークンは、

  • オンラインゲーム
  • バーチャルリアリティユニバース

などの世界を変えています。 そのような理由もあり、ブロックチェーンベースの非代替性トークン(NFT)の採用に関心を持つ企業がますます増えています。

 

NFTのユニークな機能は、ユーザーに裁定取引の機会を提供することにより、同時により優れた流動性を提供します。 またNFTは各トークンがパーソナライズされ、ブロックチェーンにより管理されたデジタル資産です。

 

そして今、Xanaデジタルウォレットがあればユーザー間でNFTを売買できます。更にNFTをブロックチェーンに入れて、第三者から改ざんできないようにすることもできます。

 

これらのNFTは、さまざまなプラットフォームで販売、購入、および使用することができ、ステッカーやアバターなどのさまざまな形式で、つまり各市場の2Dゲーム、3Dゲーム、およびAngelium VRなどにおいても有効になります。そして多くのユーザーが参入することにより知名度を上げマーケティング拡大に繋がるポテンシャルもあります。

【TOUKUに新機能搭載:2020年5月21日】

Touku

Touku
開発元:No borders technologies private limited
無料

 

TOUKUに新機能<タイムライン機能>が間もなく搭載されます。

 

■タイムライン機能とは?

チャンネルを開設している人の投稿が、設定によって一部分だけ全ユーザーのタイムラインに流れます。 これによって自分のチャンネルフォロワー以外にも自分のコンテンツをアピールすることができ、認知を広げることが可能になります。

 

また、AIの導入により各個人に最適化されたコンテンツが優先的に表示される為、ユーザーにとっては自分自身が興味のある情報チャンネルをいち早く知ることができ、チャンネル配信者にとっては自分の情報を届けたいユーザーに対し効率的に認知させることが可能になります。

 

タイムラインにはそれぞれ3つの見方があり、

  1. 全体のタイムラインを見る
  2. 自分がフォローしているチャンネルのタイムラインを見る
  3. 現在皆が注目しているチャンネルが並ぶタイムラインを見る

という形で、目的や気分によって使い分けることができます。

 

TOUKUのΒ版をリリースし約3ヶ月が経ちましたが、日々デバックとアップデートを繰り返し、着実に性能が向上してまいりました。現在はリリース初期と比べUIも大幅に変更されておりますので、是非改めてご覧になってください。

【メタバース一般公開へ:2020年5月23日】

ANGELIUMの根幹事業である、仮想空間の新世界「METAVERSE」はα版からβ版への移行フェーズですが、遂に一般公開をスタートいたします。まだまだ思い描く完全世界までは時間を要しますが、完成にまた一歩前進しました。

 

β版メタバースには下記の特徴が挙げられます。

1)出来る限りの高品質を追求

β版メタバースはモバイルデバイスで実現できる限りの高品質を追求することを念頭に置いてスタートしています。 また、バーチャルリアリティからクロスリアリティにより近づける為、Oculus Questの3Dだけでなく、モバイル、PCの2Dでも新しいメタバースを利用できるようになり、将来的には、メタバースのWEB ver.の完全版も目指しています。

 

2)ゼロからオリジナルを創造した独自技術

今回は、Oculus等の他社プラットフォームを利用するのではなく、ゼロからのオリジナルOS を目指して作成することに時間を費やしました。 また、UDP / TCPに基づくマルチプレーヤー用の独自のネットワークシステムを作成し、拡張可能なサーバーを使用して、大きなユーザーベースを処理できるようにしています。

 

3)仮想空間内でユーザー間のアバター売買が可能に!?

これには、ユーザーがソーシャルボイスチャットを実行し、6つの異なる環境で他のユーザーに自分のアバターを表示できる機能が含まれています。尚この環境は今後拡張機能として提供する予定です。UIを更新して、ユーザーにより優れたエクスペリエンスを提供し、ユーザーがアバターを売買できるアバター市場をスタートさせます。

 

α版からβ版に移行するにつれて、映像品質及び世界観はバージョンアップしており、更にアバターの売買も可能になることでエコシステムの形成を促す初期段階に入りました。これにより映画上でのマトリックスやレディープレイヤーワンのような世界に着々と近付いてきております。

【世界最大手のマイニング企業Bitmain社と提携:2020年5月12日】

マイニングのビットメイン社

エンジェリウム運営チームより以下のお知らせが配信されました。先日のマイニング世界大手のCANNAAN社の提携続き、今回は世界最大手のBitmain社との提携を発表しました。

 

【NO BORDERS社及びANGELIUMプロジェクトがマイニング世界最大手のBITMAINと提携】

BITMAINは、世界最大のマイニング・コンピューターメーカーであり、最先端のIC設計機能を備えた多国籍半導体企業です。ブロックチェーン、AI、アプリケーション向けにチップやサーバー、クラウドソリューションなどの製品を提供しています。

 

BITMAINにとってNO BORDERSはグローバルなコンテンツ系ブロックチェーン企業としては初のパートナーとなり、独自のコンテンツを生かした独創的なマイニング事業を、ゲームや開発中の仮想空間に連動させる形でリリースの準備を進めています。

 

NOBORDERS社はすでに、BITMAIN最新機種であるS19を多数導入し、同社の提携する中国最大手マイニングファームと契約を締結。世界最大手のマイニングプールであるBTC.com、Antpoolにも参加が決定しています。

 

◆BITMAINとは?
2013年に設立され、北京の海淀区に本社を置くBITMAINは現在、香港、シンガポール、米国の3ヵ国に研究開発センター、中国、米国、イスラエル、オランダ、スイスの5ヵ国にオフィスを構えています。

 

仮想通貨のマイニングおよびマイニング機器Antminerの生産において、グローバルにブロックチェーン業界をリードし、世界最大のマイニングプールであるAntpool.comとBTC.comの運営も行なっています。

BITMAIN HP: https://www.bitmain.com

 

◆BITMAIN社の実績

BITMAINは2013年に設立した会社でありながら、今年CBinsightが発表したユニコーンランキングでは、世界13位のメガコーンとして13ビリオンUSD(日本円で1兆4300億円程度)の時価総額を誇る企業です。

 

BITMAINの主要な収入源であるマイニングマシン「Antminer」は、ASICの世界シェア70%を占めています。最近では、DMG Blockchain Solutionとパートナーシップを締結し、米国テキサス州に世界最大のマイニング施設を設立したことで注目を浴びました。

 

また毎年、世界最大のマイニングカンファレンス「World Digital Mining Summit(WDMS)」を開催しており、今年10月に開催されたWDMS2019ではマイクロソフトとパートナーシップ契約を締結し、反響を呼びました。

 

■BITMAINの子会社であるマイニングプールについて

1. Antpool社

主にマイニングプールの運営を行なっており、ビットコインのマイニングシェアは、全世界の1割程度を占めています。2018年には、ブロックチェーン業界では異例のバスケットボール界を代表するNBAチーム「Houston Rockets」とのスポンサー契約を締結し、ブロックチェーン業界だけでなく社会全体の成長に貢献しています。

 

2. BTC.com社

マイニングシェアトップクラス誇るBTC.comは、全世界で約2割程度のマイニングシェアを担っています。BITMAINの子会社だけでマイニングの世界シェアを3割以上占めており、仮想通貨業界にとって非常に影響力の大きい企業です。

【世界大手のマイニング企業CANAANのマイニングプールに参加:2020年5月9日】

ANGELIUMプロジェクトは、世界でも大手のマイニング会社CANAAN(カナン)のマイニングプールに参加しました。

 

◆CANAAN(カナン)とは?

CANAANは、2019年末NASDAQに上場し、マイニング世界最大手のBITMAINのライバル企業と言われています。

 

NO BORDERS社及びANGELIUMプロジェクトは、その「CANAAN」の子会社の「INTERHASH」と協業提携を結んだ中国と韓国の合弁会社「QUEST X」を通してOKEx、HUOBI等のマイニングプールに参加をしました。

 

◆CANAANの実績

「CANAAN」は、マイニングマシンの生産規模ではBITMAINに次ぐ二番手の立ち位置ですが、BTCマイニングプール市場参入の為に人材・インフラを敵機適所に設置・配置して来た努力と推進力が市場で認められ、”NASDAQ上場”に成功しています。

 

■CANAANの子会社であるINTERHASHのマイニングプールについて

NO BORDERS社が参加しているINTERHASHのマイニングは、投資者達に採掘機の台数では無く”投資金分のハッシュ値”を保証する事で設備の不都合によるハッシュ値の変動リスクを排除し、ドル建てで計算される毎日のマイニング収益をBTCで配分する事で投資者への収益性と安定性及び透明性が提供されていることが特徴です。

【NFT Market Place展開のお知らせ:2020年4月29日】

ANGELIUMが提携しておりますXANAが、現在グローバル的にメインストリームとなりつつあるNFTの発行及びオープンマーケットを展開することになりました。

 

XANAのNFT市場参入は、今後のメタバースやサブチェーンのNORINORIプロジェクトにおいても欠かせないため、弊社にとっても非常に親和性が高いです。

 

NFTとは「代替不可トークン(Non-Fungible Token)」の事を意味しますが、NFTを理解するためにはビットコインと比較するとわかりやすいでしょう。

 

例えば自分が1BTCを持っていると仮定します。

自分の持っている1BTCと、他の方が持っている1BTCの価値は基本的に同じで、たとえそのビットコインを交換しても価値は変わりません。したがって、ビットコインは代替可能なトークンと言えます。

しかし、仮に自分の持っている1BTCに「有名な人が過去持っていた」という情報を付け加えることができたとします。そうすると、自分の1BTCの価値と他の方の1BTCの価値は全く違った価値を持つことになります。このように、トークンに様々な情報をつけることで唯一無二の価値をもつトークンのことをNFTと読んでいます。( 引用先 : https://gaiax-blockchain.com/nft-case-examples )”

 

今回XANAでは皆様がWALLETでご覧になっている「ANGEL RACE」に登場している女性キャラを含め、弊社の技術陣が作り上げた幾数のデザインからのNFTを用意しており、間も無くそのコンテンツを用いたゲームの発表も予定されております。更に、弊社のスローガンである”VR,3D,AR”の特徴を活かした3D系キャラクターのNFTの展開もまもなく発表する予定でございます。

【創業者RIO のYOUTUBEチャンネル開設:2020年4月28日】

ANGELIUM(エンジェリウム)の開発を手がける国際的なブロックチェーン企業NOBORDERSの創業者RIOがオフィシャルYOUTUBEチャンネルを開設見逃せない貴重な事業の話がぎゅっと凝縮されています

 

独自の視点から、現在の取り組み、目指す未来、創業の理由ブロックチェーンをはじめとする最新のテクノロジーに関してわかりやすく、楽しく、情熱的に語っています。今回は日本語での配信で、今後、多言語で配信していきます。エンジェリウムホルダーの皆様もそうでない人も、是非ご覧になってください。

 

今後定期的に更新されてゆくので是非チャンネル登録をおすすめします。

 

【RIO NOBORDERS YOUTUBEリンク】

http://www.youtube.com/channel/UCSMzHjDhNAS3yYd6ARMdD4Q?sub_confirmation=1

 

【ビデオ内容】

ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンは新しい経済の可能性を示した。現在のパニックの中これから世界はどうなるのか? 5G、AI、AR、VR、リモートワーク、オンラインビジネス、、、テクノロジーと人の在り方も大きな変化を迎えています。

 

世界は、そして人類はどこに向かっていっているのか?

ビットコインが描いた新しい世界金融の理想はどうやったら達成されるのか?

 

その鍵を握る3つの次世代テクノロジーの紹介と、独自のアプローチで世界に挑む、ブロックチェーン起業家RIO率いる企業「NOBORDES(ノーボーダーズ)」の最新の取り組みを要約しています。

 

【概要】

  • 1:30 第1のテクノロジー「世界を人々の手に取り戻す」
  • 3:26 第2のテクノロジー「新世界の創造」
  • 6:35 第3のテクノロジー「人類最後の発明」

 

【RIOプロフィール】

国際的に活躍するテクノロジーXエンターテイメント起業家RIO(リオ)。19歳でロサンゼルスに移住後、24歳でAVEXよりメジャーデビュー。独立して北京に移住し『NOBORDERS(世界を繋ぐ)』をコンセプトに、日韓中DJユニットを結成し世界70都市200公演を行い、国際的な映画、アニメ、企業の音楽を数多く手がける。日韓中政府の催事でも演奏し国際文化賞を受賞。

 

続いて、ブロックチェーン、VR、AIを中心としたIT分野に事業領域を拡大するため「NOBORDES(ノーボーダーズ)」を設立。サービス開始後半年で世界16か国に2万人以上のユーザーを集め、米中のフォーブス、YAHOOファイナンス、TEDなどにも取り上げられ一躍注目を集める。同社は最先端の技術力を生かしニューヨークを中心に、アジア、中東と世界6か国に拠点を拡大中。

 

なおチャンネル開設キャンペーンとして、今後数回にわたって、「チャンネル登録+コメント+いいね」をしてくださった人の中から抽選で10ドル分のXPが毎回10名に当たります! みなさん是非参加してください^^(動画を最後まで再生しないとカウントされませんのでご注意ください)。

 

*NOBORDERS社より注意事項

同チャンネルは、あくまで起業家としてのRIO個人の情報発信と共有の目的で制作され、全世界に向けて随時各言語で発信されてゆくものであり、特定の国および個人に対し暗号資産や投資喚起を行うものでは一切ありません。

【2D新作ゲーム発表:2020年4月27日】

エンジェリウムより、自社開発のオリジナルコンテンツである2Dの新作ゲーム『ANGEL TURBO(エンジェルターボ)』が公開されました。

 

こちらのゲームは一度ハマると気付けば辞められない中毒性のある仕組みになっております。つまりヘビーユーザーの構築に繋がりやすい事で、更にはユーザーの離脱や囲い込みも可能と考えております。

 

■ANGEL TURBOの特徴

  • テンポが良くて癖になる
  • とてもシンプルですがハマり過ぎ注意なゲーム
  • クリプト決済及び今後はクレジット決済導入も予定
  • 還元率は最大で98%前後
  • 最低ベットは100円程度から
  • 最大リターンは100倍以上の設定もあり
  • 独自のアフィリエイトによる還元

 

このANGEL TURBOが誕生した背景としては、現在全世界を対象にジワジワと広がりを見せながらコアユーザーを量産中のあるゲームを参考に開発されました。

 

まだ現状はβ版であり、細かい細部とバックエンドの条件付、定義付けがまだ一部完成しておりません。正式版リリースはまだ先になりますが、実装された頃にはANGELIUMのメインコンテンツの1つになると確信しております。

 

またこれによりANXの消化や売り圧軽減に繋げる事が可能であり、ANX等の買い支えも可能と考えております。

【TOUKU正式版リリース予定に関して:2020年4月26日】

Touku

Touku
開発元:No borders technologies private limited
無料

今現在、Apple Storeの厳しい厳格な審査も通りIOS及びAndroid共に公式ダウンロードが可能となっております。

 

・TOUKUアップル版ダウンロードページ

https://apps.apple.com/jp/app/touku/id1496312754

・TOUKUアンドロイド版ダウンロードページ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.touku

 

そして、β版TOUKUによる先行リリースを全世界の会な員へ対象に公開した結果、メインとなる「ANGELIUM」チャンネルのフォロワー数も約9,000名を超える事ができました。その中で機能のアップグレードや安定化に向けてのデバック調整やフィードバックも、社内及び一般ユーザー様からのご提供により日々クオリティアップを図っております。

 

また適時アナウンスのとおり他社にはない独自性の機能やサービスも実装しており、現在の2Dコンテンツの中でも非常に重要な位置付けになっているのが「TOUKU」です。

 

正式リリースの発表は一旦延期とさせて頂き、ユーザー数の伸びに耐えうる安定性が確保できた時点で正式リリースさせていただきます。

 

また中国を始めとするWechatなども含めて機密性が高いコミュニティケーションアプリは非常に少ない現状の今、TOUKUは1つソリューションに代替えできるポテンシャルが在ること、そして中央集権型のサービスによるアカウントの停止リスクも非常に少ないのがTOUKUの魅力であり、全世界のユーザーを対象にANGELIUMの経済圏拡大に貢献できるサービスと確信しております。

 

正式リリースまで今暫くお待ち頂ければと思います。

【Toukuのオンラインサロン機能追加:2020年4月19日】

次世代のコミュニケーションツールである『TOUKU(トーク)』のメイン機能サービスの1つ”オンラインサロン”の機能が追加されました。

 

■TOUKU内のオンラインサロンの特徴

従来のオンラインサロンは、情報を発信する人がお金を受け取り、情報を欲しい人がお金を支払う、という流れが一般的でした。しかし、TOUKUは更にそれに加えて情報を拡散する人も稼げ、情報を受け取る人も稼げる、という新しい仕組みを提供します。

 

分かりやすく言うと「学べて、稼げる、アフィリエイト型オンラインサロン 」です。

 

■ユーザーメリット

  • オンラインサロンは無料、有料とそれぞれの用意あり
  • 興味あるサロンをフォローするだけで、為になる情報が毎日届く
  • 毎日ログインするだけで、現金に交換可能なポイントが無料で貰える
  • いくつかのサロンでは、サービスを体験したり、アカウント開設したり、広告を見るだけでキャッシュバックもあります。やり方次第では毎月一定した収入を得ることも可能です。

 

■稼ぎ方:サロン運営

  • 誰でも新しいサロンを開設でき、サロンの管理者になり有料と無料を自由に設定可能
  • 有料サロンを開設し、ユーザーが毎月課金をすれば収益を継続的に得ることも可能
  • フォロワーを集めたい人は、宣伝力のあるアフィリエイターに、アフィリエイト報酬を自由に設定でき、情報拡散が得意なアフィリエイターは各サロンを宣伝することでアフィリエイト収入を得ることも可能
【METAVERSEアップデートのお知らせ:2020年4月13日】

METAVERSE(メタバース)アップデートのお知らせ ※2020年5月末をめどにベータバージョンのリリースを目標

  • ベータバージョン デモ動画
  • PCやスマホでもプレー可能に
  • オープンワールドを乗り物などで移動

 

「METAVERSE」とは、ANGELIUMプロジェクトの根幹である仮想空間の新世界であり、現在公開されているα版から、β版へと開発フェーズをすすめており、ビジュアルクオリティも上がり多くの新しいフィーチャーの開発が確認できます。

今回は『日本』をテーマにしたオリジナルの世界観から一部の映像を公開させていただきます。

<Angelium metaverse β版プレビュー>https://youtu.be/ZqO-GodLe2E

 

β版の最大の特徴はこのように乗り物を操り、オープンワールドとして建物の中に入ったり、ドライブに出かけたりといった自由な行動とクロスプラットフォームとしてVRのほかに、プレイステーションなど、ウェブブラウズができる次世代機、PCやスマホでもプレー可能なように設計されています。

 

世界的にコロナウイルスの影響が懸念されている中、外に出られない世界中のユーザーに少しでも早くベータプロダクトを届けられるようチーム一同急ピッチで開発をすすめています。現在の予定としては2020年5月末をめどにベータバージョンのリリースを目標としています。

 

注)エンジェリウムを成人向けコンテンツのみのプロジェクトという認識があるようですがそれは違います。

これまで数々のアナウンスやプレゼンテーションでも語られているように、エンジェリウムは、ローンチ時から「クロスリアリティ」と呼ばれる現実世界と仮想世界を融合させた新しい経済圏(トークンエコノミー)をブロックチェーン技術で実現するプロジェクトです。

 

Xシリーズなどのコンテンツはそのプラットフォームの上に展開されるコンテンツ(アプリケーション)の一部であり、次第にそれらはAPPストアのように第三者によって提供されてゆきます。現在発表されているXIGOLOをはじめとする多くのゲームなども第三者によって提供されていますが、プラットフォーム上でトークンエコノミーを活性化しトークンの流動性を高める役割を果たしています。

 

■一世代前となるアルファバージョンのトライアル

<ANGELIUM METAVERSE αVer.>https://www.angelium.net/metaverse-alpha/

*VRゴーグル(Oculus Quest)がある方は是非ダウンロードし直接体験してみてください。

*現在はダウンロードするにあたり、デベロッパーモードにしていただく必要性がございます。

【ユーザー間でのANL/ANXのトランスファー機能追加:2020年4月8日】

今後はプラットフォームの中心となる、提携先の「XANAウォレット」に統合されていきますが、徐々にその準備が始まっております。

ANGELIUMプラットフォーム内の全てのメイントークンであるANLと取引所トークンであるANXが、ANGELIUMユーザー間での送受信が可能になりました。

  • 開始日時:既に一般開放済み
  • 対象通貨:ANL / ANX
  • 目的:ユーザー間の送受信が発生する事で需要増加と流動性を上げる為

*ANGELIUM Walletのトランザクションから、ユーザーネームの入力で送信・受取が可能となっております(ユーザーネームは大文字小文字の区別があります。ご注意ください)

 

今後はTOUKU内でもトークンの送受信が可能になる予定ですが、これらのサービスもいずれはXANA WALLETに統合されていき、全てのプラットフォームのメインエントランスはXANA WALLETになります。今月中には全体構造の詳細を発表していきますので楽しみにお待ち願います。

【Angel Toss α版のリリースを発表:2020年4月6日】

■Angel Toss α版とは?

ANGELIUMオリジナルゲームコンテンツであり、内容としてはコインをトスし、表か裏かを予測するシンプルなゲームです。数十秒に一回のペースでゲームに参加できますので、非常にスピード感があり、短期間で一気に残高を増やすことも可能です。もちろんゲームコインであるXPで遊ぶことができ、外部サイトにてアセット化も可能となっております。

 

Angel Tossは前回発表したXIGOLO内のコンテンツとして搭載し、XIGOLOはXANAからアクセスできるようになっています。

 

現在水面下で様々な座組を構築しており、実需サービスを元に新マーケティングも展開していきますので、是非楽しみにお待ちください。

 

※「XIGOLO(ジゴロ)」とは、ゲーミング配信サービス:XPを利用してプレイする事が可能

※「XANA」とは、既存のANGELIUM WALLETのアカウント情報(ID・PASS)でXANA WALLETにログインすることが可能

【TRANXIA(トランジア )正式OPEN:2020年4月1日】

独自の取引所である「TRANXIA」の一般公開が本日正式にオープン致します。

<目的>

  1. ユーザー及び提携プロジェクトにおける多数の要望
  2. サイドチェーンプロジェクトの増加
  3. 更なるユーザーと流動性の増加の為

これにより、アカウントが未作成のユーザーや、ログインしていない全てのユーザーが、取引所及び通貨ペア等を閲覧できるようになり「公開性透明性」が増していきます。

 

更にこのアップデートに伴い、我々は独自のEOSのノードをDEMUX(データベースの最適化)と共にデプロイしました。取引所のデータベースのパフォーマンスの向上が見込まれます。

 

■ANGELIUMユーザー様へ

  1. XCHANGEのプラットフォームトークンであったANXはTRANXIAの新しいノードとチェーンのための、システムプライマリートークンとしてハードフォークを行い、ANX2.0として既存のANXと自動的にスワップが既に完了しております。
    (価格、発行枚数などはANX1.0と同等です)
  2. 既存ユーザー様は従来通りウォレットからTRANXIAにアクセスし、従来通りの操作は引き続き可能です。
  3. 提携先プロジェクトのコインの一般公開はウォレットを持つ既存ユーザー様は閲覧(一部取引も可能です)可能です。
【(3回目)ANL及びANXのバーン実行:2020年3月29日】

2020年1月末~4月末かけて計4回のトークンバーン(焼却)を実行いたします。今回は先月末に続き第3回目のバーン実行となります。

  • 実行日:2020年3月31日
  • 実行通貨;ANL及びANX

◆ANLバーン計画

  • 1月末:42億枚のバーン✔️
  • 2月末:10.5億枚のバーン✔️
  • 3月末:10.5億枚のバーン✔️
  • 4月末;10.5億枚のバーン

3回目で累計63億枚のバーン→残り21億枚 (ANL 総発行枚数84億枚)

 

◆ANXバーン計画

  • 1月末;21億枚のバーン✔️
  • 2月末;7億枚のバーン✔️
  • 3月末;7億枚のバーン✔️
  • 4月末;7億枚のバーン

3回目で累計35億枚のバーン→残り49億枚 (ANX 総発行枚数84億枚)

 

<補足>

今後トークナイズプラットフォームとして、提携している他社プロジェクトが続々と参入してきます。その結果ユーザーやトランザクション増加が見込めますが、供給量は減少していきます。

  • 欲しい人が更に増える中(需要↑)
  • 枚数はどんどん減少する(供給↓)

つまり潜在的に価格上昇には繋がりやすい状況と言えます。

*必ず価格が上昇するという話ではなく、上がりやすい根拠があるという意味ですのでご注意願います。

*また来月以降、大型アップデート、新しいコンテンツのリリース、それに伴うマーケティングも稼働させて参ります。

【New Wallet概要について:2020年3月29日】

この度、NOBORDERS社は外資企業である【XANA】と正式に業務提携をさせていただきますことをご報告いたします。

■XANAとは?

XANA WALLETの運営元となっており、XANAの目的としては「世界中の人々が使う次世代型ウォレット」を目指しております。

 

今回の提携により、既存のANGELIUM WALLETのアカウント情報(ID・PASS)でXANA WALLETにログインすることが可能となりました。

 

また、前回発表させて頂きましたXIGOLOがXANA WALLET内で遊べるようになり、TOUKUもXANA WALLETから閲覧出来るようになります。

 

一つのウォレット内でブロックチェーン周りだけでなく取引所やゲームコンテンツ、さらにはコミュニケーションツールとも連動していきます。つまりウォレット一つさえダウロードすれば、全ての機能やサービスが楽しむことができ、非常に稀で便利なウォレットをリリースします。

【Xwish第2弾タレント発表:2020年3月29日】

※引用元 https://youtu.be/TU016_CdQ1Q

この度Xwish第2弾のタレントとして、元有名セクシー女優「若菜奈央」さんとタイアップをさせていただくことになりました。

 

第1弾目のタレントとしてタイアップさせていただいた加藤紗里さんのウィッシュキャンペーンですが、多くの皆さまからご声援を頂いたこともあり、無事目標を達成しX-Wishの成功的なスタートを切ることが出来ました。更にスケールアップされた展開となる第2弾目のXwish、「若菜奈央」さんとのタイアップを皆さまにご報告出来て嬉しく思います。

 

今回、若菜奈央さんとのタイアップには前回と比べて大きく目立つ要素が2つございます。

  1. 韓国向けクラウドファンディング同時展開
  2. 若菜奈央さん本人参加のクラウドファンディング関連コミュニティ運営

Xwish第2弾、「若菜奈央」さんのキャンペーンの開始は現在4月の上旬を予定しており、正確な開始日程については追ってご報告いたします。

【XPを使った次世代型新サービス発表:2020年3月27日】

エンジェリウム運営元より、オンランゲーミング社との業務提携について以下のお知らせが配信されました。

 

すでにそれなりの市場規模が確立されているオンラインゲーミングですが、5Gサービスの提供によりさらに産業・市場は大きくなると見込まれています。

 

この業務提携は、エンジェリウムプロジェクトを加速する材料になることを願っています。

この度、NO BORDERS社はゲーミング配信サービスの「XIGOLO(ジゴロ)」と正式に業務提携しましたことをご報告いたします。

 

弊社で独自開発しているANGEL RACEやその他ゲームコンテンツはXIGORO内に統合します。また、コンテンツ内で流通するアセットとしての位置付けであるXPを使って実際に遊ぶ事も可能となりました。

 

XIGOLOは新しいサービス事業者ではありますが、非常にポテンシャルが高く、ライブカジノのゲームプロバイダーとして業界最大手企業である「Evolution Gaming」との提携も進めております。

 

日本国内でもカジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法)が注目を浴び、日本にもカジノを含む統合型リゾート施設が近い未来に建設されるかもしれませんが、現在のコロナウイルス事情より各国で外出禁止命令が発令される事で、自宅でスマホ1つで様々な事が行われていく時代に突入しつつもあります。

 

そんな中、インターネット1つで好きな時に好きな場所で世界中にアクセスできるとなれば、オンラインカジノが今後ブームとなることも考えられます。時代の流れを考えると「カジノ」と言うワードは非常に欠かせない状況となりました。そう考えるとXIGOLOの可能性は非常にANGELIUMにとっての起爆剤となり得るかもしれません。

【新取引所名称のTRANXIA(トランジア )について:2020年3月21日】

独立した新しい取引所TRANXIAの一般公開に関して、正式なオープン日を発表いたします。

  • 日程:2020年4月1日
  • 時間:15:00~(シンガポール時間)
  • 正式名称:TRANXIA(トランジア )
  • サイトURL:後日公開予定

 

■目的

1)ユーザー及び提携プロジェクトにおける多数の要望

2)サイドチェーンプロジェクトの増加

3)更なるユーザーと流動性の増加の為

これにより、アカウントが未作成のユーザーや、ログインしていない全てのユーザーが、取引所及び通貨ペア等を閲覧できるようになり「公開性透明性」が増していきます。

更にこのアップデートに伴い、我々は独自のEOSのノードをDEMUX(データベースの最適化)と共にデプロイしました。取引所のデータベースのパフォーマンスの向上が見込まれます。

 

■ANGELIUMユーザーへ

1)XCHANGEのプラットフォームトークンであったANXはTRANXIAの新しいノードとチェーンのための、システムプライマリートークンとしてハードフォークを行い、ANX2.0として既存のANXと自動的にスワップが既に完了しております。(価格、発行枚数などはANX1.0と同等です)

2)既存ユーザー様は従来通りウォレットからTRANXIAにアクセスし、従来通りの操作は引き続き可能です。

3)提携先プロジェクトのコインの一般公開はウォレットを持つ既存ユーザー様は閲覧(一部取引も可能です)可能です。

進捗や新しい発表については追ってアナウンスいたします。

<ICOホルダー重要>【ANLの遡り特別付与Xlevel分について:2020年3月20日】

ANLのヘブン手順

※ANLのヘブン設定手順

  1. 「HEAVEN」をタップ
  2. HEAVEN期間を選択
  3. Heaven通貨:ANLを選択
  4. Heaven数量の入力
  5. 「RUN」をタップ

 

ICOのANLホルダー向けに重要な内容となります。

 

先日アナウンス致しましたANLのHEAVENが正式にスタート致しました。それに伴いANLの2019年から遡って既に反映されているXLEVELは【2020年3月25日までにHEAVENしないと消失します】

 

以下条件と確認事項です。今一度しっかり熟読ください。

【*重要事項*】

  1. 現在、ANLのXLEVELは非表示になっております。HEAVENしますと表示されますのでご安心願います。
  2. ANLの2019年から遡って既に反映されているXLEVELは、2020年3月25日までにHEAVENすれば、開始から解除までは永続的に残りドロップ対象となります。

*3月25日までにHEAVENしない場合、2019年から遡って付与したXLEVELは消失します。(XLEVELが消失すると、算出されたステータスの階級に応じた特別待遇や特典も消滅します)

*XLEVELがあることによってDROP量(利益分配)が受け取れます。

その条件は“「Heaven」してる方のみ”

XLEVELに応じてドロップ対象となります。(ドロップの原資となるものは基本的にはANXは取引所の収益、ANLはコンテンツの収益、などそれらの利益をXLEVELホルダー全体のレベルの総数で割られたのち保有レベルに応じて分配されることになります。)

【独自OS &AI搭載VRデバイスの進捗報告:2020年3月20日】

本日は2019年12月21日ANGELIUM Conference Tokyo 2019『HEAVENS DAY Returns』で新発表した独自OS&AI搭載の「Xglass」の進捗をご報告させていただきます。

 

独自デバイスの設計から製造まで海外法人と主にオンラインでオペレーションしておりましたが、コロナウィルスの影響により完全に工場の稼働がストップいたしました。

 

それにより試作機の確認含めて、現地に足も運べず、今年の1月中旬~下旬にかけてタイムスケジュールに大幅な変更を余儀なくされました。結果開発元との交渉も進まず、現在はペンディング状態となっており、全体的に2~3ヶ月程の遅れが生じております。

 

発表させて頂きました先行予約の受付以前に開発が止まっている状態ですので、再開は経済状況によって明確な期日の発表が出来兼ねる状況でございます。状況が緩和され次第進めていく予定ですので、追ってアナウンスさせていただきます。

【取引所の一般公開開始について:2020年3月19日】

取引所名がXCHANGEからTRANXIA(トランジア )へ変更となります。※公開性・透明性の向上

この度、エンジェリウムの独自取引所であった”XCHANGE”を、ユーザー及び提携プロジェクトにおける多数の要望と、サイドチェーンプロジェクトの増加、そして更なるユーザーと流動性の増加の為、名称をTRANXIA(トランジア )と改めて一般公開する運びとなりました。

 

これによりアカウントが未作成のユーザーや、ログインしていない全てのユーザーが、取引所及び通貨ペア等を閲覧できるようになり公開性・透明性が増していきます。

 

このアップデートに伴い、我々は独自のEOSのノードをDEMUX(データベースの最適化)と共にデプロイしました。取引所のデータベースのパフォーマンスの向上が見込まれます。XCHANGEのプラットフォームトークンであったANXはTRANXIAの新しいノードとチェーンのためのシステムプライマリートークンとしてハードフォークを行いANX2.0として既存のANXと自動的にスワップが行われます。

 

価格、発行枚数などはANX1.0と同等です。2020年3月20日のSGT23:59までに移行は完了します。※また移行に際して全てのオーダーは一旦キャンセルされますので、移行完了後に再度オーダーをしていただけますようお願いいたします。

【XCHANGE内のNORIペアについて:2020年3月18日】

以前からアナウンスしておりました、「第一弾サイドチェーンプロジェクトで韓国IEOユーザーに向けてトレード開始していたNORIトークンがXCHANGE全世界のユーザー対象にトレード開始」についてのお知らせです。

この度ANGELIUMは、NORINORIプロジェクトとのパートナー契約を行い、NORIトークンのXCHANGEへのリスティングを行いました。 ※NORINORI プロジェクトは正式なANGELIUMのサブチェーン上のプロジェクトの1つです。

 

■NORIプロジェクトとは?

主にMade in JapanのACGコンテンツ(Anime, Catoon, Game)を現実世界と仮想世界の架け橋にするプラットフォームを構築し、運営するプロジェクトです。

 

■’NORI(ノリ)’とは?

韓国語で’遊び’という意味であり、’NORINORI’はVRに親和力の強いオタク(傾向の)ユーザー達が’NORI ZONE’というVR+AR空間で絡み合い、二次創作物の交流、オンラインアバターコスプレなどのサブカルチャー活動を好き放題に繰り広げられる、夢のプロジェクトです。

 

■NORIトークンとは?

参加、会話、売買、発注、受注など、NORI ZONEで行われるユーザー間の全てのアクティビティに必要な手段として使われるトークンです。

 

■アジア各国のランドマークエリアにて

現実とそっくりの環境をメタバースにレンダーリングした50m x 50m規模の’NORI ZONE’にBluetooth対応型位置探索装置である’Beacon’を設置し、NORI ZONE内にいるエンジェリウムウォレットユーザーと他所からエンジェリウムメタバースに接続したユーザーがリアルタイムで疎通できるイベントを展開していきます。

 

■NORI ZONEでは

AR参加するユーザー達とメタバースでVR参加するユーザー達は肉眼では見えない相手をお互いのデバイスで見ることが出来ます。

 

■NORIトークンのターゲットユーザー

主にアジアのVRマニア層(eg.オタク)であり、今後βバージョンに展開予定のエンジェリウムのオープンメタバースにおいて”開拓者”に値するグループと想定されております。そしてその活動のおいても極端的に高い自由度を保障する事でユーザー達自らトークンの活用範囲を勝手に広げて行くという、現実の市場経済と酷似した性向を持つトークンです。

 

NORIトークンの生態系はユーザー達が互いの創作物に価値付けを行いながら内部で自発的にを発注/受注を発生させ、こうして生まれるデジタル資産は現在のNORI/BTC、又は後々見込まれるNORI/ANL(ANX)のペアリングによってその価値をNORIトークン生態系の外側に持ち出す事が可能になります。

 

よって、エンジェリウムメタバースでのあらゆる行為をただの遊びに留まらせず、現世の経済領域に繋げる”架け橋”になる意味を持つトークンです。

 

NORIトークンが秘める潜在価値は、ゲーム会社とのコラボ、NORI ZONEの拡張展開による広告プラットとしての価値、ピクシーブーなどで売買されるアバターやVRコンテンツのテストボードなど、様々な活用性や拡張性から計り知れないと見られております。

【ANLのHEAVENスタートについて:2020年3月15日】

ANLトークンのHEAVENが正式に可能になりました事を報告いたします。

■ANLをHeavenするメリットは?

ドロップ(利益分配)が受け取れます。その条件はXLEVELに応じて“「Heaven」中のユーザーのみ”ドロップ対象となります。(ドロップの原資は、ANXは取引所の収益、ANLはコンテンツの収益、それらの利益をXLEVELホルダー全体のレベルの総数で割ったのち保有レベルに応じて分配されることになります)

 

<新しいHeavenボーナス>

  • HEAVEN90:130%
  • HEAVEN60:115%
  • HEAVEN30:105%
  • ANOTHER HEAVEN90:150%
  • ANOTHER HEAVEN60:125%
  • ANOTHER HEAVEN30:110%

*Heavenをする時点でのXLEVELに対してHeavenボーナスがXLEVELに加算されます。また、満期を迎えてもデフォルト設定で再HEAVEN(ANOTHER HEAVEN)となりますのでご安心ください。

 

■ANLのXLEVELに関して

保有するANLの「枚数=XLEVEL」が基本的な考え方です。例)10,000ANL保有の方は10,000XLEVEL(ANL)/この状態からHeaven90した場合は→10,000XLEVEL×130%=13,000XLEVEL

 

【*重要事項*】

  1. 現在、ANLのXLEVELは非表示になっております。HEAVENしますと表示されますのでご安心願います。
  2. ANLの2019年から遡って既に反映されているXLEVELは、元々アナウンスしておりました通り2020年3月25日までにHEAVENすれば、開始から解除までは永続的に残りドロップ対象となります。*2020年3月25日までにHEAVENしない場合、2019年から遡って付与したXLEVELは消失します。
  3. 取引所で新規購入したANLも同様に、Heavenを一度でもリリース(ロック解除)するとXLEVELは全て元に戻りますのでご注意願います。(XLEVELにより算出されたステータスの階級に応じた特別待遇や特典も消滅します)
【台湾チーム本格稼働:2020年3月13日】

海外マーケティングに関して、進捗の一部を発表させていただきます。

2020年2月中旬に新パートナーである「WGN」と正式に業務提携を行い、新規トークンである「ANT」の発行に伴い、2020年3月15日をもって本格始動がスタートします。

 

■WGNとは??

台湾で有名なMLMチームであり、過去手掛けたプロジェクトでは数十万人程の会員を構築した実績もあります。また別商材の販売では短期間で数十億の販売実績もあります。

 

■台湾オリジナルトークン「ANT」に関して

  • トークン記号:ANT
  • 総発行枚数:5,100万枚
  • 現在市場流通量:0.01%前後
  • 上場価格:$0.10スタート(現在 $0.15)

中華圏マーケティングのオリジナルトークンANVと同様の仕組みです。

HEAVENの仕組みはANXと基本は同様ですが、ドロップの中のANVの分量が非常に少ないため、市場には殆どANVは流通しておりません。それに対しHEAVENには必ず50:50(ANV:USDT)で行うことが必要となります。
———————-
つまりユーザーは取引所でANVを買いHEAVENを行うことで、買い板が必然的に厚くなります。つまり需要と供給のバランスで安定的な長期の価格上昇が見込める設計となっております。
———————–

台湾は比較的に日本市場と似た属性のマーケッターやユーザーが多いです。例えば中華圏は、客単価は低いですが人数が桁違いに見込めます。

 

それに比べ台湾は人数は緩やかですが客単価は高いです。そして未来志向が強いので、ANGELIUMのような実需サービスのあるブロックチェーン企業で且つVR分野に対する期待感は強いです。

 

しかしながら今年に入り中華圏全体で猛威を奮っているコロナウィルス等の影響で、マーケティングの拡散速度は本来よりパフォーマンスが下がりますが、対策として主にTOUKUなど新しいオンラインマーケティングツールを通じたものに切り替えていくので、ユーザーの増加が徐々に加速していく想定です。

【TOUKUで出来る事:2020年3月11日】

TOUKUとは、オンラインサロンや情報発信チャンネル等に特化したコミュケーションツールです(例えばLINE@公式アカウントの代替えなどに使えるものです)

■大きな特徴は2つ

1)オンラインサロン

従来のオンラインサロンは、情報を発信する人がお金を受け取り、情報を欲しい人がお金を支払う、という流れが一般的でした。しかし、TOUKUは更にそれに加えて情報を拡散する人も稼げ、情報を受け取る人も稼げる、という新しい仕組みを提供します。

 

分かりやすく言うと「学べて、稼げる、アフィリエイト型オンラインサロン 」です。

 

<ユーザーメリット>

  • オンラインサロンは無料、有料とそれぞれの用意あり
  • 興味あるサロンをフォローするだけで、為になる情報が毎日届く
  • 毎日ログインするだけで、現金に交換可能なポイントが無料で貰える
  • いくつかのサロンでは、サービスを体験したり、アカウント開設したり、広告を見るだけでキャッシュバックもあります。

やり方次第では毎月一定した収入を得ることも可能です。

 

<稼ぎ方その①:サロン運営>

  • 誰でも新しいサロンを開設でき、サロンの管理者になり有料と無料を自由に設定可能
  • 有料サロンを開設し、ユーザーが毎月課金をすれば収益を継続的に得ることも可能
  • フォロワーを集めたい人は、宣伝力のあるアフィリエイターに、アフィリエイト報酬を自由に設定でき、情報拡散が得意なアフィリエイターは各サロンを宣伝することでアフィリエイト収入を得ることも可能

 

2)情報配信チャンネル

LINE@とほとんど同じ機能がTOUKUでも応用可能。

リスト管理や時間指定配信、自動返信設定などの基本機能も既に搭載されており、有料情報チャンネルを開設し運営したり、カスタマーサポートとしてお店の集客に使いたいなど様々な用途に応じて活用する事が可能

 

<稼ぎ方その②:ASP、アフィリエイト>

  • アフィリエイト報酬を自由に設定可能です
  • 各サロンを宣伝することでアフィリエイト収入を得ることも可能
  • コミュニティ形成に使いやすい、リスト収集→教育→販売のサイクルで活用も可能
  • そして何より、LINE@と比較しても圧倒的に安価で、BANリスクも非常に低い

以上、簡単にまとめさせていただきました。TOUKUは、使い方次第では非常にポテンシャルの高いサービスです。現在はまだβ版ですが、正式版が完成するのを楽しみにお待ちください。

【TOUKUとは?目的や詳細②:2020年3月9日】

次世代コミュニケーションツールを目指すアプリケーション「TOUKU(トーク)」に関して活用方法や目的等の詳細をご説明させていただきます。

■TOUKUの目的とは?

NOBORDERSは3Dのコミュニケーションプラットフォームであるメタバースに向け、現在はその2次元版であるコミュニケーションプラットフォーム「TOUKU」をリリースし、ユーザー数の拡大を目指しております。

 

その特徴は次世代の送金を始め様々なビジネスの核となるブロックチェーンおよびAIとの親和性にフォーカスして作られているオンラインマーケティングツールであるということです。 外部に対し個人、企業、オンラインマーケターに様々な機能を提供することにより、プラットフォームとしてユーザー数を獲得する戦略を主軸としています。最低目標は全世界併せて「1000万人ユーザー」です。

 

今回はまず基本となるTOUKUのオンラインマーケティングの機能をご説明します。

仮にユーザー数1万人を目指すと仮定した場合、1リスト1000円のようなオプトインに広告料として支払うよりも、1000リストを持つインフルエンサーを10人抱えるだけで目標の1万人になります。そして更にインフルエンサー側のデータベースもどんどん蓄積でき一石二鳥です。

 

またユーザーが増える事で、もちろんANLやANXの流動性および出来高にも繋がってきます。何故ならば、従量課金やTOUKU内でし手に入らない「TOUKUポイント」があり、いずれANLやANXにも関係してくる設計になっているからです。(ここは追ってアナウンスさせていただきます)

 

このようにTOUKUとは、あくまでもプラットフォーマーとして見ると、単なる一つのツールでしかありませんが、活用方法や今後様々な機能のバージョンアップにより、更に強固なツールに変化していきます。

 

■TOUKUって何が出来るの?機能一覧(暫定)

  • リスト管理
  • テキスト配信
  • 一方通行配信
  • 1対1発信/返信
  • ステップメッセージ配信
  • スケジュール予約メッセージ発信
  • ステップEメール配信
  • リッチ画像設定
  • 音声配信
  • 動画配信
  • アナリティクス

 

■2020年3月4月以降、追加実装予定

  • ASP
  • 自動翻訳
  • 自動返信
  • 暗号資産の送受信機能
  • AIによるサービスの最適化
  • 音声配信(リアルタイム)
  • 動画配信(リアルタイム)
  • 公式チャンネル月額課金機能
  • クレジット決済
  • クレジット分割決済
  • ユーザーの動向分析
  • アフィリエイト報酬を自由に設定
  • アフィリエイトティア設定
  • SMS配信
  • その他

などを随時追加搭載予定です。

【海外マーケティング(中華圏)近況報告:2020年3月3日】

エンジェリウム運営チームより、海外マーケティングに関する一部の進捗がありました。

 

<中華圏マーケティングのオリジナルトークン「ANV」に関して>

  • トークン記号:ANV
  • 総発行枚数:5100万枚
  • 上場価格:$0.1スタート(現在 $0.156)

HEAVENの仕組みはANXと基本は同様ですが、ドロップの中のANV分量が非常に少ないため、市場にほとんどANVは流通しておりません。それに対しHEAVENには必ず50:50(ANV:USDT)で行うことが必要となります。

 

つまりユーザーはエンジェリウム取引所で、ANVを買いHEAVENを実施します。=「買い板」が必然的に厚くなります。需要と供給のバランスで安定的な長期の価格上昇が見込める設計となっております。

 

■中華圏の現状

中華圏では他の国よりも様々なプロジェクトが生まれておりますが、3ヶ月続かないスキャムプロジェクトが9割以上と言われています。

 

その中でANGELIUMは、

  • 既に半年稼働という実績
  • 実体のあるプラットフォーム
  • コンテンツ、サービス

などが他のスキャムプロジェクトとは異なる大きな強みで、投機ではなく事業として魅力を感じ参入してくださる方が非常に多く、新規ユーザーは徐々に増加しています。

 

しかしながら2020年より中華圏全体で猛威を奮っているコロナウィルス等の影響で、マーケティングの拡散速度は下方修正されていますが、対策として主に、TOUKUなど新しいオンラインマーケティングツールを通じたものに切り替え、ユーザーの増加が徐々に加速傾向にあります。

 

そのほかの海外事業展開、提携トークンなどについても随時情報を更新していきます。

【TOUKUとは?目的や詳細①:2020年3月7日】

新しいコミュニケーションツールについて以下のお知らせがありました。

次世代コミュニケーションツールを目指すアプリケーション「TOUKU(トーク)」の活用方法や目的等の詳細をご説明させていただきます。

 

■TOUKUとは?

オンラインサロンや情報発信チャンネル等に特化したツールです。(例えばLINE@公式アカウントのようなものです)

 

そして近日発表されるメタバースα版のリリースに向けて、未来に主流になるであろう3D仮想世界におけるコミュニケーションと、現在の主流である2Dの平面コミュニケーションの架け橋となるものです。(そしてTOUKUの様々な機能やデータがそのままメタバースに引き継がれます)

 

■TOUKUのメインターゲットは?

各種配信を行うインフルエンサーや情報発信者をメインターゲットとしております。

現在日本でよく使われているコミュケーションアプリはLINEやTelegramにFacebookのメッセンジャーなど様々ありますが、中でもLINEに至っては完全に「習慣化」されてスマホ社会の象徴になっているとも言えます。

 

その「習慣」をひっくり返してTOUKUへ一般ユーザーを誘導することは極めて難しいのは百も承知です。しかし、我々がメインターゲットとするのは「仕掛ける側」の情報配信者です。そして単なるコミュケーションアプリでなく新たな付加価値あるサービスも複合的に混在させた次世代型コミュケーションアプリに進化したのが「TOUKU」です。(ここの詳細は次回追ってご説明します)

 

本日の配信は以上とさせていただきます。次回は【TOUKUとは?目的や詳細②】で更に踏み込んだ情報を配信いたします。

【XCHANGE内のNORIペアについて:2020年2月29日】

エンジェリウム運営チームより以下の内容が配信されました。

 

以前からアナウンスしておりました、「第1弾サイドチェーンプロジェクトで韓国IEOユーザーに向けてトレード開始していたNORIトークンがXCHANGE全世界のユーザー対象にトレード開始」について、先方とのマーケティングの兼ね合いで少し進捗が遅れております。

 

来月には正式に発表できると思いますので、楽しみにお待ち頂ければと思います。

 

■NORIプロジェクト詳細

この度ANGELIUMは、NORI NORIプロジェクトとのパートナー契約を行い、NORIトークンのXCHANGEへのリスティングを行いました。※NORI NORI プロジェクトは正式なANGELIUMのサブチェーン上のプロジェクトの1つです。

 

■NORIプロジェクトとは?

Made in JapanのACG(Anime, Catoon, Game)コンテンツを現実世界と仮想世界の架け橋にするプラットフォームを構築し、運営するプロジェクトです。*追って詳細はアナウンス致します。

【ANL及びANXのバーン実行:2020年2月29日】

エンジェリウム運営チームより以下の内容が配信されました。

 

2020年1月末~4月末にかけて計4回のトークンバーン(焼却)を実行いたします。今回は先月末に続き第2回目のバーン実行となります。

  • 実行日:2020年2月29日
  • 実行通貨:ANL及びANX

 

■ANLバーン計画

  • 1月末:42億枚のバーン【済】
  • 2月末:10.5億枚のバーン【済】
  • 3月末:10.5億枚のバーン
  • 4月末;10.5億枚のバーン

※2回目で累計52.5億枚のバーンを実行。残り31.5億枚 (ANL 総発行枚数84億枚)となります。

 

■ANXバーン計画

  • 1月末;21億枚のバーン【済】
  • 2月末;7億枚のバーン【済】
  • 3月末;7億枚のバーン
  • 4月末;7億枚のバーン

※2回目で累計28億枚のバーンを実施。残り56億枚 (ANX 総発行枚数84億枚)となります。

 

■補足

今後トークナイズプラットフォームとして、提携している他社プロジェクトが続々と参入してきます。その結果ユーザーやトランザクション増加が見込めますが、供給量は減少していきます。

 

つまり潜在的に価格上昇には繋がりやすい状況と言えます。

  1. 欲しい人が更に増える中(需要↑)
  2. 枚数はどんどん減少する(供給↓)

※必ず価格が上昇するという話ではなく、上がりやすい根拠があるという意味ですのでご注意願います。

※また来月以降、大型アップデート、新しいコンテンツのリリース、それに伴うマーケティングも稼働させて参ります。

【TOUKU β版のApple Store承認のお知らせ:2020年2月28日】

エンジェリウムのトークアプリappにて公開

次世代コミュニケーションツール「TOUKU」がApple storeの審査を通過し、正式にリリースされる事をご報告いたします。*β版の為、プッシュ通知など一部機能の制限がございます。

 

現在日本のApp Store利用は世界3位、iOSアプリは10年間で約1300億ドルを売り上げる状態まで成長しております。

 

今回のネイティブアプリのリリースは非常に大きな一歩であり、日本だけでなく「世界中の人々へTOUKUをリーチできうる」準備が整った次第です。

 

そして世界中の人々が国境を越えて一つになる(=NOBODERS)を目指す社名の理念通り、近日発表されるメタバースα版リリースに向け、未来に主流になるであろう3D仮想世界におけるコミュニケーションと、現在の主流である2Dの平面コミュニケーションの架け橋となるものです。 そしてTOUKUの様々な機能やデータがそのままメタバースに引き継がれていきます。

 

Appleの高いセキュリティを裏付けるものとしてApp Storeでの厳格なアプリ審査があります。Appleの審査に頭を悩ませるアプリ開発者は少なくありません。現在は厳しいガイドラインが設定されているほか、Appleのレビュー担当者に承認されない限りはアプリ公開にたどり着けることができないからです。

 

アプリやiPhoneのソフトウェアプログラムは、幹部レビュー評議(ERB:Executive Review Board)と呼ばれる毎週の役職会議で審査にかけら、最終結果に至ります。(*App Annieより引用:https://www.appannie.com/en/insights/)

 

■TOUKUのダウンロード方法

  1. AppleStoreにて「TOUKU」と入力
  2. 添付画像のTOUKUをダウンロード
  3. AGELIUM Wallet登録済みの方は同じID情報でログイン可能

 

*AGELIUM Wallet登録でない方は、以下よりご登録ください。

【最新情報】エンジェリウム取引所とは?仮想通貨プロジェクト!

*Applestoreでアプリダウンロード時に高評価頂けると幸いです。

*TOUKUの目的やターゲットや戦略などは追って別でご報告致します。

【Xwish第2弾 発表 延期のご報告:2020年2月28日】

この度、Xwish第2弾のタレント発表を延期させていただきます。要因はクラウドファンディングにおけるマーケティング戦略の見直しによるものです。

 

延期につきまして、発表までそこまで長くかからない想定をしておりますのでご安心願います。

 

今回第一弾タレントとして「加藤紗里」さんとタイアップさせていただきました。反響としては非常に大きく、ヤフーニュースやLINEニュースなど様々なメディアにも取り上げられ、無事に終了することができました。

 

■参考リンク

※その他多数メディア掲載

 

サービスをローンチした結果、改善点も多く見つかりましたので、更なるバージョンアップをした形で第二弾をスタートさせていただく次第です。そして今後はクラウドファンディングだけでなく、本来のコンセプトである「インターネットを通じて、個人のお願い(Wish)をスター(大好きなタレントなど)があなただけのために叶えてくれるサービス」も展開していく予定ですので楽しみにしていてください。

【メタバースα版公開に関して:2020年2月24日】

ANGELIUMの根幹事業である仮想空間の新世界である「METAVERSE」の完成にまた一歩前進しました。

<ANGELIUM METAVERSE αVer.>

https://www.angelium.net/metaverse-alpha/

VRゴーグル(Oculus Quest)がある方は是非ダウンロードし直接体験してみてください。*現在はダウンロードするにあたり、デベロッパーモードにしていただく必要性がございます。

いまだにANGELIUM=セクシーコンテンツ事業会社と認識する方が非常に多い印象がございますが、ICOを行なっていた創業当時からVR事業をメインとした企業でございます。

 

とはいえ当時のメインはセクシーコンテンツ事業であり、難しい技術や時代を先読みしたテクノロジーなどよりも、マーケティング的に「伝わりやすい広がりやすい」を理由にセクシーコンテンツを全面にプロモーションしておりましたので、その誤解が生まれても仕方ありませんが、今一度再認識していただきたいのは、

▼ANGELIUMとは、

ブロックチェーンで繋がれたネットワーク上にある全てのコンピューターが3DCGをレンダリング&ストリーミングする力をシェアリン グすることにより、より高速、高品質なVR、AR体験を可能にする新技術 ”プルーフオブレンダリング&ストリーミング”を基軸に3DアバターやXR技術で仮想空間(メタバース)プラットフォームを創り上げる、近未来的プロジェクト。

 

龍が如くやGANTZに鉄拳等の3Dコンテンツを制作する大手企業と共同でAR,VR技術を活かしてヴァーチャル空間を制作するメーカーです。

今後は更に次世代のプラットフォーマーとしてのサービスを提供して参ります。引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます。

【XLOVEについて:2020年2月23日】

エンジェリウム事業のメインとも言えるアダルトコンテンツについて、遅延理由と合わせて以下の内容が配信されました。

XLOVEサービスのローンチに関しまして、度々延期の判断をさせていただいている状態ですが、この度、メタバースα版公開を皮切りに一定期間の無料開放をさせていただく予定でございます。

 

■遅延している理由

  1. 月額課金制にした際の映像共有会社との金額面での交渉の折り合い
  2. セクシーコンテンツを展開する上で各国のリーガル(法律)面での問題
  3. Oculusデバイスで視聴する際のOculus Store内でのサービス審査の問題

その為、ロードマップの変更を何度も余儀なくされ、独自デバイスのローンチに向け、早急にXLOVEサービスの展開も進めております。また近日中にメタバースα版公開についての発表も行いますので、お待ち願いますようお願い申し上げます。

【ANLのヘブンについて:2020年2月20日】

新たに導入された【XLEVELの算出方法に関して】のお知らせが配信されました。

先月1月16日からHeavenの概念が『XLEVEL』に正式にアップグレードされました。そこで以前からアナウンスしておりましたが、XLEVELの算出方法を“改めて“ご案内致します。

 

【XLEVELの算出方法】

■ANXの場合:Heaven日数(継続率) x トークン保有量で算出されます*HEAVENしないとXLEVELは表示、発生しません。

【*重要事項*】

Heavenを一度でもリリース(ロック解除)するとXLEVELは全て元に戻りますのでご注意を願います(その為、XLEVELにより算出されたステータスの階級に応じて特別待遇や特典もなくなります)

 

■ANLの場合

保有するANLの「枚数=XLEVEL」これが基本的な考え方です。

例えば)10000ANL保有する方のXLEVELは10000XLEVEL(ANL)です。

【*重要事項*】

ANLのXLEVELは2019年から遡って既に反映されておりますが、エクスチェンジに移動した時点でXLEVELが消失します。また現時点でANLのHeavenは出来ませんが来月中にANLのHeavenも開始致しますので楽しみにお待ち頂ければです。

 

■ANLもANXもHeavenするメリットは?

ドロップ(利益分配)が受け取れます。その条件はXLEVELに応じて“「Heaven」してる方のみ”ドロップ対象となります(ドロップの原資となるものは基本的にはANXは取引所の収益、ANLはコンテンツの収益、などそれらの利益をXLEVELホルダー全体のレベルの総数で割られたのち保有レベルに応じて分配されることになります。)

その際の新しいHeavenボーナスは下記となります。

  • HEAVEN 90  130%
  • HEAVEN 60  115%
  • HEAVEN 30  105%
  • ANOTHER HEAVEN 90  150%
  • ANOTHER HEAVEN 60  125%
  • ANOTHER HEAVEN 30  110%

Heavenする時点でのXLEVELに対してHeavenボーナスがXLEVELに加算されます。

 

例えば)10000ANL保有する方のXLEVELは10000XLEVEL(ANL)です。

この状態からHeaven90した場合

10000XLEVEL×130%=13000XLEVEL

そしてHeavenしてる状態なのでドロップ対象として保有レベルに応じて分配されます。

【*重要事項*】

ANLのHeavenは来月から出来ますので、それまでの期間内はエクスチェンジに移動させず(エクスチェンジに移動した時点でXLEVELが消失する為)ウォレット内で保有する限りはドロップ対象になります。

【ANL上場:2020年2月16日発表】

 

運営元より、今後の見解・将来性について以下の内容が配信されています。

①ANLが上場することでどうなるのか?

トークナイズド プラットフォームとしてサイドチェーンプロジェクトがXCHANGEに上場予定です(ANVやBDAその他複数)

【ANL/ANXの価格上昇が非常に見込める】

なぜならサイドチェーンプロジェクト運営者はANLを上場手数料として購入且つ、全トランザクションにANLが必要(ERC20トークンの送信にETHが必要なのと同じ原理)となり、ANLが消費されていくからです。

様々な他社プロジェクトがプラットフォーム内に参入予定プラットフォームの収益源が拡大(XCHANGEの上場手数料や、エンジェリウムユーザーがコンテンツを使用するといったものだけでなく、様々なプロジェクトのトークンのトランザクション全てにANLが消費されていきます。)

ANLの取得にはANXが必要であり、BTC→ANX→ANLという交換フローになるので、ANLを取得するにはまずBTCからANXを買わなければならず、ANX/BTCペアはANXが強くなりやすくANL/ANXペアはANLが強くなりやすいつまりANX, ANL共に価値向上に繋がりやすい環境になります。

②ANLをHEAVENすることで、新たな概念であるXLEVELに応じて”HEAVEN中のホルダーのみ”ドロップ対象となり、XLEVELホルダー全体のレベルの総数で割られたのち、保有レベルに応じて分配されます。つまりコンテンツ収益からも利益分配が貰えます(ANXは取引所の収益が主になります)

③トークンバーン施策として2020年4月末までに

  • ANLは総発行枚数:84億枚→10億5千枚(8分の1にまで消却)
  • ANXは総発行枚数:84億枚→42億枚(2分の1にまで消却)

他社プロジェクトが続々参入予定ですが、供給量敢えて減らしていきます。つまり、欲しい人が増える中(需要↑)枚数は逆にどんどん少なくなります(供給↓)

最後に、まだまだコンテンツリリースも一部β版のみで序章にしか過ぎません。今年はコンテンツを続々とリリースし、後に発表する新たな大型マーケティングを国内、海外共に展開、コンテンツによる事業収益(売り圧消化と買戻し増幅)と海外市場からの別マーケティングで売上を更に強化していく予定です。

【XWISHの第一弾サービス発表:2020年2月予定】

エンジェリウムのXWISH第一弾サービス加藤紗里さん

※引用元 https://x-wish.net/ja/home/

XWISH(エックスウィッシュ)とは、誰かが誰かのWISH(願い事)を他の誰かが叶えてあげることができるサービスです。

 

ブロックチェーンとスマートコントラクトにより従来のクラウドファンディングに比べ、世界中のサポーターからスムースに支援を募ることができ同時に資金の安全性を強固に守ることができる「スマートクラウドファンディング」です。

【コンテンツリリースの発表:2020年1月24日】

エンジェリウムのトークサービス

※ログインページ:https://www.touku.net(Angeliumアカウントにてアクセス可能)

次世代のコミュニケーションツールとして、LINE+LINE@+ASP機能+ステップメール機能などを搭載した統合型のSNSツールです。

 

今後アプリとしてリリース予定だそうです。※以下が発表された内容となります。

2020年本格的サービス連続リリース第一弾目は、次世代コミュニケーションツールを目指すアプリケーション「TOUKU(トーク)」です。こちらはオンラインサロンや情報発信チャンネル等に特化したツールです(例えばLINE@公式アカウントの代替えなどに使えるものです)がそれだけではありません。

アップデートロードマップは適時発表していきますが、現在公式サイトで発表されているだけでも、

  • 自動翻訳機能
  • 暗号資産の送受信機能
  • AIサポート

などが続々と搭載予定です。

TOUKU発表の意図は、近日発表されるメタバースのアルファリリースに向けて、未来に主流になるであろう3D仮想世界におけるコミュニケーションと、現在の主流である2Dの平面コミュニケーションの架け橋となるものです。 そしてTOUKUの様々な機能やデータがそのままメタバースに引き継がれます。また、このサービスとエンジェリウムはどう連動していくのか、ANXなどトークンとの価値の関係は?など次回の月次質疑応答会で公開させていただきます。

特別 : 期間限定オファー

この度は「TOUKU」リリースに先出しまして、エンジェリウムユーザー様に先行でβ版をリリースさせていただきます。そしてβ版リリースなので、是非実際に使用した上で皆様の「フィードバック」を頂ければ幸いです。

そこで最良なご意見ご指摘もらえた方へ、合計50名様に<お一人様最低$10相当のXP>を無料で差し上げます。バグの指摘を主に、改善依頼や機能追加に要望などを「TOUKU feedback/β,ver 」チャンネルへ下記情報を投稿願います。

■条件 : 下記三点の必要情報を投稿してください。

  1. お名前(ANGELIUM walletに登録されている)
  2. username(ANGELIUM walletに登録されている)
  3. バグの指摘(必ず一つはバグの指摘コメントの詳細とスクショをお願います。その他改善依頼や機能追加に要望など、関連する内容であれば何でも受け付けます)

■日時 : 応募締切は本日〜2020年2月28日まで、結果発表は3月5日個別チャットにて発表致します。

■報酬 : バグの指摘コメントの貢献度やバグ発見数が多い、など厳選した投稿を中心にXPを贈呈します。

  • 第1位:$50相当のXPを合計5名様
  • 第2位:$10相当のXPを合計45名様

上記50名様限定で必ず当たりますので、是非お早めに沢山の投稿お待ちしております。

■インストール手順

【阪神タイガース/糸井選手からのメッセージ動画:2019年12月16日】

※Youtube動画(30秒)

テレグラムの管理人より上記の動画が公開されました。※拡散の許可は取られているそうです。

エンジェリウムのファンである阪神タイガース現役の糸井選手から、エンジェリウムのVRコンテンツなどが将来の野球の練習方法などにも活かせるし、未来を感じてワクワクしていると応援メッセージをいただいたそうです。

※エンジェリウム取引所のこれまでの情報は、目次の「進捗情報」より確認することが可能です。

 

 

エンジェリウムの各フェーズ

<エンジェリウムの取引所とは?>
  • 2019年9月26日オープン
  • 大型マーケティングの第2フェーズである
  • 収益分配型の仮想通貨取引所
  • 独自通貨(ANX)保有量に応じて取引所収益の分配がある
  • 分配通貨:BTCやETHなどの主要通貨
  • 投資額:50ドル相当~
  • 月利(目安):投資額の1%~10%程度

収益分配型の取引所とは、2018年5月から登場した『取引所が指定する通貨を保有することで、取引所が得る収益の一部を毎日ユーザーへ還元する』というビジネスモデルです。

 

その中でも日本人に人気で”収益分配型の取引所で成功した事例”で言えば「クロスエクスチェンジ(CrossExchange)取引所」が挙げられます。※2018年11月のOPENより9ヵ月ほどは平均月利8%ほどでしたが、2019年9月頃より取引所が指定する通貨(XEX)レートの暴落・取引所収益の大幅下落により配当額は少なくなっています。

 

収益分配型の取引所は、”取引所が得た収益の一部をユーザーに還元するスキーム”の為、あくまでも配当の原資・分母がある状態になります。つまり取引所が閉鎖・取引所収益が0円にならない限りは毎日配当があるのでユーザーにとっては一つの安心感に繋がりますよね。

 

筆者にとっても分散投資(ポートフォリオ)の一つとしてはオススメの分野です。ただし毎月の月利は取引所が得る収益額で変わりますので、運用で得れる収益額の計算がしにくい点はありますが・・・。

 

今回のエンジェリウム取引所は、収益分配型の取引所では後発組である為、これまで上手くいかなかった点をしっかりと分析したうえで運営を進めていくスタイルを採用しています。※具体的には本編にて解説

 

2020年2月時点では日本市場にとどまらず中国の深圳オフィスOPEN・ベトナムにてイベント開催など、アジア圏を中心にエンジェリウム事業が拡大されています。

 

それでは今回は、マーケティング第二弾「Angelium(エンジェリウム)取引所」について、公表されている情報を参考に図解していきます。※2020年8月13日に情報を更新

 

<Angelium(エンジェリウム)公式情報>

 

■問い合わせ一覧(独自アプリtoukuにて)

 

<以下メディア掲載情報>

【今後の成長予測】

エンジェ江リウムの成長予測

<ユーザー獲得計画>

  • 2019年9月のユーザー数:約1万人
  • 2019年末:10万人目標
  • 2020年:50万人目標
  • 2021年:100万人目標
  • 2023年:1,000万人目標

ブロックチェーン・コイン企業と提携して、提携先のコインを自社取引所に上昇することで、そのコインのユーザー数も獲得する狙いがあります。

 

【2019年12月に公開済み】また直近では、秋葉原駅前の毎日15,000人が利用するビルに、巨大広告による宣伝を行う予定です。(潜在的なユーザーの獲得)

【ロードマップ】

エンジェ江リウム事業のロードマップ

  • 2018年:ICOセール
  • 2019年:ウォレット・トークン発行・取引所公開
  • 2020年以降:コンテンツ・決済システム提供など

その他、AIアバター・自社OSやPORやハードウェアの公開を目指しています。

 

 

Sponsored Link

 

エンジェリウム関連プロジェクト

■XANAデジタルウォレットとは?

ザナ(XANA)デジタルウォレットとは?次世代のバーチャルSNS!

エンジェリウムの取引所と連携した総合型のアプリです。今後はこちらのウォレットにて、ゲーミングや仮想通貨の送受信などができる形で統合予定です。

 

■XIGOLO(ジゴロ)とは?

ジゴロ(XIGOLO)とは?紹介方法!エンジェリウムの仮想通貨オンラインカジノ!

 

Xana

Xana
開発元:No borders technologies private limited
無料

 

 

エンジェリウムが提携する次世代型のコミュニケーションツールです。※LINE@の上位版のようなイメージです。

■Toukuとは?

トーク(Touku)とは?エンジェリウム発コミュニケーションツール!

※登録方法は上記を参照※

Touku

Touku
開発元:No borders technologies private limited
無料

 

 

 

 

エンジェリウム取引所の進捗情報

エンジェリウムの各フェーズ

<エンジェリウム取引所のこれまでの情報>
【二段階認証の設定案内:2020年1月9日】

グーグル認証アプリの使い方

エンジェリウム運営元より、『二段階認証の設定』依頼をするように強く伝えられています。

現在ANGELIUMはブロックチェーン業界の中でも、アジア圏を中心にジワジワと広がり有名になりつつあります。マーケティング的に知名度が上がる事は良いメリットではありますが、逆に全世界の有名取引所と同様常に日々、不正ログイン行為やサイバー攻撃を見受けられるようになりました。こちら側の対策として以前アナウンスした通りですが、ユーザーの皆さまには、下記を強くお勧め致します。

■確実に下記設定を行ってください。

『ユーザー側の対策としては、Google Authenticatorによる「2FA設定」をしていただくことです。』

*上記設定が行われていないユーザーに不正ログインがあった場合の損害については保証いたしかねる事がありますのでご了承願います。

*また、サイバー攻撃及びハッキングまたは故意のバグを引き起こそうと悪意のある行為を行うユーザーはアカウントを即時凍結させていただきます。

二段階認証の設定方法はこちらをクリックすると該当ページへジャンプします。

【XLEVEL試験導入:2020年1月7日】

エンジェリウム取引所のXLEVEL表示

エンジェリウム運営元より登録アドレス宛に以下の情報が配信されました。※Google翻訳

 

「SETTING」より「ANX/ANL」のレベル確認が可能です。

平素よりANGELIUMをご支援いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、システムの新機能導入ということで以前からアナウンスしておりました、XLEVELに関して、

  • XLEVEL(ANX)
  • XLEVEL(ANL)

2020年1月5日にシステム新機能を試験導入しました。SETTINGよりご覧いただけます、新しいドロップに移行するのは2020年1月末を予定しています。

また算出方法に付きましては、

  • XLEVEL(ANL)の算出方式は、2019年1月1日より4回連続(合計12ヵ月間)”90日HEAVEN”を行っている状況として計算されます。
  • XLEVEL(ANX)の計算方式は、現在進行中のHEAVENがいつから継続し開始されたかで、算出されています。

ドロップの原資となるものは基本的にはANXは取引所の収益、ANLはコンテンツの収益、などそれらの利益をXLEVELホルダー全体のレベルの総数で割られたのち保有レベルに応じて分配されることになります。追加の詳細は追って公表させていただきます。

『XLEVEL』につきましては、以下のお知らせにて詳細を掲載しております。

【秋葉原の広告内容を公開:2019年12月30日】

エンジェリウムの秋葉原内の広告

以前から情報が配信されておりました秋葉原の広告は、「ラジオ会館秋葉原1Fフロア内」に掲載されています。※JR秋葉原駅前ビル

【各内容についてのお知らせ:2019年12月27日】
  1. HEAVEN BONUSについて
  2. XLEVELの搭載について
  3. OTC2.0について
  4. ULTRA HEAVENの補填ボーナスについて

 

■HEAVEN BONUSについて

現在のHEAVEN BONUSは段階的に終了し、XLEVELという概念に変更されます。以下がスケジュールです。

【~2019.12.31まで】

  • HEAVEN, ANOTHER HEAVEN 90:130%
  • HEAVEN, ANOTHER HEAVEN 60:115%
  • HEAVEN, ANOTHER HEAVEN 30:105%

 

【2020.1.1~1.15終了】

  • HEAVEN, ANOTHER HEAVEN 90:120%
  • HEAVEN, ANOTHER HEAVEN 60:108%
  • HEAVEN, ANOTHER HEAVEN 30:103%

 

 

■XLEVELの搭載について

XLEVELとは、『ANL/ANXのHEAVEN中の枚数×HEAVENの継続日数=XLEVEL』となります。

 

各LEVELによって、

  • ANXによるエクスチェンジの収益のシェア
  • ANLによるプラットフォームの収益のシェア

上記のDROP数量がそれぞれ変動します。

 

またXLEVELに加えて下記の条件を満たすとステータスが上がっていきます。

  1. コンテンツ使用率
  2. コンテンツ課金総額

など、ステータスはエンジェリウムの様々な特別優遇が受けられる制度です。(例:エンジェリウムが販売するVRゴーグルなどのプレゼントなど)※その恩恵の詳細は随時アナウンスしていきます。

 

【ステータス一覧(予定)】

  1. 人間界
  2. 精霊界
  3. 天界
  4. 神界
  5. ?????

 

以下がスケジュールとなります。

2020.1.16~ START (予定)

  • HEAVEN 90 130%
  • HEAVEN 60 115%
  • HEAVEN 30 105%
  • ANOTHER HEAVEN 90 150%
  • ANOTHER HEAVEN 60 125%
  • ANOTHER HEAVEN 30 110%

 

■OTC2.0について

Quick Sellの需要増加につき、予算の兼ね合いからOTC2.0サービスを一時的に停止いたします。

 

■ULTRA HEAVENの補填ボーナスについて

2019年12月26日に付与予定でしたが、HEAVEN RELEASEが想定以上に時間を要したため、数日以内に付与いたします。

【創業者によるオンラインセミナー開催:2019年12月23日】

※YouTube(1時間16分)

  • 講師:創業者Rio氏
  • 開催場所:ZOOMオンライン
  • 開催日時:2019年12月23日20時~21時

2019年12月21日お台場映画館にて『HEAVENS DAY Returns』を開催し、満員御礼・大盛況で終える事ができました。 沢山の方のご来場だけでなく、非常に重要な発表が多くありました。

そこで発表された内容を含めて、ZOOMを利用したオンラインセミナーが開催されました。

 

【2019/12/21の発表内容】

■発表内容(要点)

  • 3Dメタバースα版公開
  • 2Dコンテンツのリリース
  • 独自OS &AI搭載VRデバイス販売
  • XLEVEL導入
  • ANLをメインチェーンとするEOSプライベートチェーン移行
  • ANLのXCHANGE上場予定
  • トークナイズドプラットフォーム化によるユーザー拡大
  • サイドチェーンプロジェクトとの提携による収益源拡大

 

【3Dメタバースα版公開】

■メタバース(3D空間)デモプレイ

  • XAVATAR(好きなアバターを選択できる)
  • XWATCH(好きなコンテンツに移動できる)
  • XBRASH(空間上でモノが自由に描ける)

 

■XGRASS発表

  • 独自OS+AI搭載VRデバイス
  • 2020年Q1プレオーダー開始(予定)
  • 2020年Q2順次出荷開始(予定)

 

【2Dコンテンツのリリース】

  • ANGEL RACE(ベッティングゲーム)→プロモーションにより先日から参加人数が増加
  • ANGEL LOTTO(ブロックチェーンベース宝くじ)→来年アジア及び欧州圏に対し本格的にマーケティングを開始
  • XLOVE(セクシーコンテンツ)→3D作品がサブスクリプションにより見放題
  • XCALL(電話配信アプリ)→国内外問わず影響力を持つインフルエンサーからの配信
  • TOUKU(コミュニケーションツール)→チャンネル配信ツール
  • XWISH(クラウドファンディング)→第一弾キャスト発表 タレントの加藤紗里さん

 

【会社概要:オフィス8拠点へ拡大】

●プロジェクト組織構成

  1. ANGELIUM(コンテンツ)
  2. NO BORDERS(テクノロジー)
  3. XWALKER(マーケティング)
  • ANGELIUM:事業開始時はセーシェルで運営(セントビンセントに移転)
  • ANGELIUM SHENZHEN OFFICE:中国、深センに拠点オフィス(VRのショールームとしても稼働)
  • ANGELIUM GANGNAM OFFICE:韓国、カンナムに拠点オフィス(VRのショールームとしても稼働)
  • XWALKER:マレーシアのサイバージャヤにマーケティングカンパニー
  • NO BORDERS INNOVATIONS:パキスタン、ラホールにブロックチェーン開発拠点
  • NO BORDERS TECHNOLOGIES:インド、インドールにバックエンド、フロントエンド開発拠点
  • NO BORDERS:エストニアにライセンス関係の法人
  • NO BORDERS CORPORATION:ニューヨーク、マンハッタンにヘッドクォーターオフィス(アジアを拠点に2020年はアメリカに本格進出)

 

【ロードマップ】

  • エピソード1:トークン&ウォレット
  • エビソード2:エクスチェンジ
  • エピソード3:コンテンツプラットフォーム
  • NEXT:トークナイズド プラットフォーム

 

現在は、

  • メインチェーン:ANL
  • サイドチェーン:ANX
  • サイドチェーン追加:ANV, XP, BDA, MVT, NORI, USDT

 

■各サイドチェーン上のプロジェクト紹介

  1. ANV:中国のVRコンテンツトークン ※ANGELIUM CHINAがマーケティング
  2. MVT:医療事業のトークン ※医療ビジネスとの提携
  3. NORI:オタク市場のトークン ※アジア圏のACGコンテンツ(A = Anime (アニメ)C = Cartoon (漫画)G = Game (ゲーム))
  4. BDA:コスメ、サプリ、CBD、スマートウォッチ等のプロダクト販売をしているアメリカ企業BYDZYNEとの提携。香港でジョイントベンチャーを設立し、トークン発行・上場等をサポート ※BYDZYNEやその他提携企業が持つ約30万人の会員がエンジェリウムプラットフォームに流入の可能性あり

 

【ANLが2020年Q1にXCHANGEに上場予定】

サイドチェーンプロジェクトの運営者は、メインチェーンとなるANLを上場手数料として、一定数の購入後にXCHANGEのリスティングされる仕組みです。

 

またサイドチェーンプロジェクトの全てのトランザクションにANLがガス(マイナーフィー)として必要になるため、サイドチェーンプロジェクト全てのホルダーは送信時にANLが必要となります。

 

  • 2019年12月中にEOS上でのプライベートチェーンに移行
  • ERC20トークンの送信にETHが必要なのと同じ原理

 

プラットフォームの収益源が拡大すること(XCHANGEの上場手数料や、エンジェリウムユーザーがコンテンツを使用するといったものだけでなく、様々なプロジェクトのトークンのトランザクション全てにANLが消費されていく)で、エンジェリウム以外の様々なプロジェクトがプラットフォーム内に一気に参入してくることが予想されます。

 

またANLの取得にはANXが必要であり通貨の交換フローは、『BTC→ANX→ANL』になります。つまりANLを取得するにはまずBTCからANXを買わなければならず、『ANX/BTCペアはANXが強くなりやすい』『ANL/ANXペアはANLが強くなりやすい』という相互の価値向上に繋がりやすい環境になります。

 

【今後のマーケティング施策】

■XLEVEL発表

  • 現在のヘブンに新たな要素が追加され、現在のボーナスと切り替わる
  • 切り替え時期の詳細等は後日発表
  • ヘブンの量と期間の長さによってステージが変動していく(例:人間界→精霊界→天界→神界→メタバース→?????)

ステージが上がれば上がるほど収益のシェア率UPはもちろんのこと、各コンテンツでのサービスの変動などプラットフォーム上で様々な優待が受けられる仕組みです。

 

■トークンバーン施策

2020年4月末までに、

  • ANLは84億枚から10億5千枚(8分の1に減少)
  • ANXは84億枚→42億枚(2分の1に減少)

 

ANGELIUMは来年で3年目を迎えるプロジェクトです。凄まじいスピードで変化する仮想通貨市場の中で着実に対応し成長し続ける事で今日に至ります。本格的な進化はこれからですが、その根拠と未来の可能性をカンファレンス会場では発表させていただきました。

【東京カンファレンス:2019年12月21日開催】

ANGELIUM Conference Tokyo 2019『HEAVENS DAY Returns』

  • 日時:2019年12月21日(土)
  • 時間:15時開場/15時30分開演
  • 場所:お台場東京都港区台場1丁目7-1 ユナイテッドシネマAQUA CITY

2019年9月23日HEAVENS DAY in Tokyoに引き続き、2019年11月10日HEAVENS DAY in Hanoiも満員御礼で大盛況でした。

 

また上場企業が300社以上立ち並ぶ深センにオフィスを構えるANGELIUM CHINAでは、2019年12月頭に中国でプチミートアップ開催されました。更に韓国とベトナムでもオフィス展開が進められ海外マーケティングがいよいよ本格的に始動し益々盛り上がっております。

 

そして、お待ちかねの、、、コンテンツローンチと更には会場でしか聞けない【極秘情報】もご用意ありますので、是非楽しみにされてください。最後に、今回の『HEAVENS DAY Returns』は前回のHEAVENS DAYよりも海外ゲスト(マーケター中心)が多く来場予定ですので、チケットが早期に完売することが予想されます。お早めにEチケットの購入を強くお勧めいたします。

 

■チケット購入方法

  1. 申し込むフォームはこちら
  2. ウォレット内の「Xticket」より
【ファンド枠からの買い支え:2019年12月10日】

今後のファンド枠からの買い支え・トークンのバーンについて発表されました。

■ファンド枠からの買い支え

2019年12月下旬に、収益プールの20%にあたるファンド枠から相当数の買い支えを実施

 

■トークンバーン

『ANL及びANXのバーン』を行います。両銘柄ともに50%のバーンを計画しております。

  • ANL総発行枚数84億枚に対して、2020年1月末に42億枚のバーン(50%)

 

ANX総発行枚数84億枚に対して、

  • 2020年1月末:21億枚のバーン(25%)
  • 2020年2月末:7億枚のバーン(8.33%)
  • 2020年3月末:7億枚のバーン(8.33%)
  • 2020年4月末:7億枚のバーン(8.33%)

 

トークンのバーンを実施することで流通枚数が減少する為、相対的に価値が高まり価格が上昇すると言われています。

【KYC・出金ルールの変更について:2019年11月30日】

エンジェリウム運営チームより、以下の配信がありました。

直近の進捗情報を共有させていただきます。

  1. コンプライアンスについて
  2. ログイン関連について
  3. コンテンツについて
  4. 広告について

➀コンプライアンスについて

取引所の規定より、常にセキュリティの高い仕組みを構築、更新する必要がある為、新KYCレベル及び出金ルールの適用を行います。

■出金限度額

  • KYC未承認の場合(BASIC)、2,000USD/日、10,000USD/月
  • KYC承認の場合(ADVANCE)、50,000USD/日、200,000USD/月
  • 出金手数料は1%(XCHANGEからWALLETへ移行時)
  • 1日500USD以上の出金するユーザーは出金時にメールアドレス認証プロセス(OTP)を実施

【KYCレベルについて】※適用予定日:2019年12月上旬

1.Level BASIC:2,000USD /Day・10,000USD/Month (Withdraw)

[ウォレット登録時の情報]

  • 電話番号(SMS)認証
  • 氏名入力
  • メールアドレス登録

2.Level ADVANCE:50,000 USD/Day・200,000USD/Month (Withdraw)

[KYCプロセスの情報]

  • 住所入力
  • 生年月日入力
  • 身分証明証添付
  • セルフィ添付

②ログイン関連について

エンジェリウムの知名度は、日本だけでなくアジア地域を中心に世界へ広まっていることもあり、全世界の他社取引所と同様にANGELIUMも日々不正ログイン行為やサイバー攻撃が見受けられます。

エンジェリウム取引所側の対策として、現在ログインを複数回間違えるとログイン出来ない仕様に変更されています。

また取引所からの出金についてもメールアドレス認証(OTP)の導入を開始しておりますが、その仕様の為、不正ログイン行為によってログインできなくなるユーザーがいらっしゃいます。ログイン出来ない状態のユーザーはサポートまでご連絡お願い申し上げます。

ユーザー側の対策としてはGoogle Authenticatorによる2FA設定をしていただくこと、またログインパスワードとトレードパスワードが同じユーザーの方はトレードパスワードの変更していただくこと、上記2点の設定をお願いいたします。

上記2点の設定が行われていないユーザーに不正ログインがあった場合の損害については保証いたしかねる場合がありますのでご了承願います。また、サイバー攻撃及びハッキングまたは故意のバグを引き起こそうと悪意のある行為を行うユーザーはアカウントを即時凍結させていただきます。

③コンテンツについて

XWISHサービス及びXLOVEサービスについては最終調整に入っており、2019年12月中のローンチを想定しております。

本来はOculus Store内のリリースを考えていました為、Oculus側のコンプライアンスの兼ね合いや、各国のリーガル面の対応にかなり時間を要しており、当初の予定から遅れが生じております。

XLOVEについてのOculusデバイスでの視聴方法は2019年12月中にアナウンス出来るかと思いますが、本質的な解決を別途考えております。これについては2019年12月21日のヘブンズデイにて発表させていただきます。なお、WALLET内からのXLOVEへのサイト開放については近日中に行います。

④広告について

以前より発表させていただいております東京の秋葉原エリアの広告ですが、当初の掲載予定日より大幅に遅延しております。

理由としては、ビルオーナー側の掲載規定に急遽変更があり、元々提出しておりましたイラストデータや掲載条件の変更など、多数の追加情報を要求されている状況です。

ただし2019年12月中〜末までには掲載出来うると想定しておりますので、掲載が決定次第再度共有させていただきます。なお、掲載の際にはテレグラムにてイベントを行う予定です。

【新機能追加:2019年11月12日】

エンジェリウムのウォレット内「Transfer」にて、『Quick SELL・OTC2.0』の2点が実装されました。※現在テストマーケティング中の為、仕様・条件の変更の可能性あり

 

①Quick SELLとは、ウォレット内のANXをXCHANGEに移行後に売却しなくても、ウォレット内ですぐにBTCへ両替することが可能です。

  • 交換最低額:100ドル以上
  • ANX交換価格:需給状況により都度変更(現在は0.01ドル設定)
  • 交換上限:1日1,000ドル/1アカウントあたり ※月間上限あり(上限到達時にはポップアップでお知らせあり)
  • 交換手数料:8%

 

②OTC2.0とは、HEAVEN中のANXをBTCに交換ができる機能です。

  • ANX交換価格:需給状況により都度変更(現在は0.01ドル設定)
  • 交換上限:1日1,000ドル/1アカウントあたり ※月間上限あり(上限到達時にはポップアップでお知らせあり)
  • 「ULTRA HEAVENユーザー」はOTC2.0を使用すると満期時の補填ボーナスが消滅
  • HEAVEN時にANXボーナスを付与している為、HEAVEN解除手数料としてANXが35%差引きされます。

 

すぐにロックアップを解除したいユーザー、取引所でANXがなかなか約定しないという不安やストレスに対して解消してくれるサービス内容となります。※ただし手数料は必要となります。

【中国の深圳オフィスオープン:2019年10月】

【ベトナムカンファレンス開催:2019年11月10日】

2019年11月10日に、ベトナムの首都ハノイにて『HERVENSDAY in Vietnam』が開催されました。

 

今回参加したメンバーは、ベトナムにてエンジェリウムを拡散するリーダーとその側近メンバーだけが集まり、ミートアップに近い形式でプレゼンテーションを実施しました。

 

中国の深圳オフィスの設立とともに、日本市場だけでなくアジア圏を中心にエンジェリウム事業が進んでいます。

【第2フェーズの近況報告:2019年10月31日】

エンジェリウム運営チームより以下のお知らせが配信されました。

  1. XCHANGEについて
  2. コンテンツのローンチについて
  3. 海外マーケティング状況:HEAVENS DAYについて

■XCHANGEについて

Heaven Dropに関して度々遅延が生じておりますこと深くお詫び申し上げます。現在システムの調整をしながらDROPしておりこのような状況になっておりましたが、システムが安定してまいりましたのでまもなく通常通りのタイミングでDROPを実施いたします。

なおHeaven Drop1.0につきましてはDROP額が固定されていた為、当日分のDROPを当日に実施しておりましたが、現在のHeaven Drop2.0の場合、収益プールからのDROPになる為、前日分のDROPを当日に実施する形となります。

例:2019年11月1日分のドロップは2日に実施

■コンテンツのローンチについて

複数進めているコンテンツの1つであるXWISHは2019年11月1日にサイトの仮オープンを開始、プレ募集も同時に開始いたします。本格的なサービス開始は11月中旬〜下旬を予定しております。

またその他コンテンツが既に完成しているもの含めると着々と開発は進んでおります。後は全体的なユーザー数の伸びやオープンするタイミングなどは非常に重要なので追って随時発表を行っていきますのでお楽しみにいただけたらです。

■HEAVENS DAY in Vietnamについて

2019年9月23日に開催させていただきましたHEAVENS DAY in Tokyoに続き、この度ベトナムにおいても”HEAVENS DAY”の開催が決定いたしました。

  • 日時:2019年11月10日(日) 14時~
  • 会場:3 floor, Bao Son Hotel Hanoi

またその他、海外数カ国では積極的にマーケッターが動いており既に情報を仕入れてる方もいると思いますが、とある「大国」でも大きな動きが着々と地盤が固まってきております。この国の極々少数のユーザーでも獲得できれば非常に大きな成果に繋がり期待できる市場が動き出しております。ここも追って状況やタイミングを踏まえて情報公開していきます。

永きに渡り応援いただいている皆様のご期待に添える結果を出せるよう、実行委員会一同、誠心誠意取り組んで参ります。今後とも引き続き、ANGELIUMを何卒宜しくお願い申し上げます。

【中国の深圳オフィスオープン:2019年10月】

※オフィス見学内容

エンジェリウム運営チームは、アジアの大型マーケティングを展開する為、中国でもっとも勢いのある都市「深圳(シンセン)」の南山区にオフィスをOPENさせました。※深圳南山区には『テンセント・マイクロソフト』などの世界的なIT関連企業がオフィスを構えるエリアです。

 

そしてエンジェリウムの深圳オフィスを中心に活動する中国のインフルエンサーは、かなりの影響があるチームが活動するとの事です。

 

■中心人物の簡単な経歴

  • 2011年~2013年:カジノを中心としたMLM事業にて、半年間で約300億の売上を達成し億万長者になりました。
  • 2011年~2013年:高級マンションや土地を安い時期に6カ所以上購入 ※現在の不動産価値は購入時の4倍以上
  •  2015年~2017年:価格上昇800倍を記録したADAコインを中国で展開・購入者の資産額を最低でも48倍以上に増幅させました。※周りからの信用がとても厚い
  • 2019年:エンジェリウム代表のRio氏と出会う ※エンジェリウム事業が作り上げる経済・市場規模など事業の方向性や可能性の新しい発想に感銘を受ける
  • 2019年10月:ANGELIUM深センを立上げ ※CEOに就任
  • 今後:彼を中心に定期的な説明会の開催・300名程度の中間リーダーと共にエンジェリウム事業発展の活動を行う。

アジア市場を狙った本格的なマーケティングが開始されています。より多くのユーザーが参入することで、エンジェリウム取引所の取引量が増加・収益額の増加・そして毎日のユーザーへの配当額が増える結果へと繋がりますよね。

 

 

Sponsored Link

 

エンジェリウム説明会情報

エンジェリウムの各フェーズ

<セミナー情報>
【2019年11月28日~2019年11月30日開催】

■参加費:無料

■申し込み、会場の詳細:https://forms.gle/Aykzou5pbFqyc3F68

■東京

  • 日時:2019年11月28日(木)
  • 定員:30名
  • 時間︰19:00~21:00
  • 場所︰西新宿ドム貸会議室(双英ビル2階会議室A)
  • 住所︰東京都新宿区西新宿8-14-21 双英ビル2F

 

■名古屋

  • 日時:2019年11月29日(金)
  • 定員:60名
  • 時間︰19:00~21:00
  • 場所:名駅カンファレンスセンター(5階501室)
  • 住所:名古屋市中村区名駅3丁目22番4号 名駅前みどりビル5階

 

■大阪

  • 日時:2019年11月30日(土)
  • 定員:48名
  • 時間:18:00~20:00
  • 場所:ユーズ・ツウ貸会議室(4階F会議室)
  • 住所:大阪府大阪市北区梅田2-1-18
【2019年10月25日~2019年10月28日開催】

■セミナー参加登録は下記フォームからお申込み下さい。

https://forms.gle/Aykzou5pbFqyc3F68

 

■福岡

※「福岡」開催は参加人数の関係上、中止となりました。

■大阪

  • 日時: 2019年10月26日(土)
  • 定員:39名
  • 時間︰18:00~20:00
  • 場所:アットビジネスセンター大阪梅田(901室)
  • 住所:大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル9階

■名古屋

  • 日時:2019年10月27日(日)
  • 定員:42名
  • 時間:15:00~17:00
  • 場所:オフィスパーク名駅プレミア会議室(306室)
  • 住所:名古屋市中村区名駅4丁目5番27号 大一名駅ビル3階

■東京

  • 日時︰2019年10月28日(月)
  • 定員:30名
  • 時間:19:00~21:00
  • 場所:西新宿ドム会議室(双英ビル7階)
  • 住所:東京都新宿区西新宿8-14-21 双英ビル7F

 

Sponsored Link

 

エンジェリウム取引所とは?

エンジェリウムの事業概要

↑事業概要の詳細は上記をクリック↑

エンジェリウム取引所は、2019年9月26日にリリース・世界最先端の「電子国家」アゼルバイジャンにてライセンスを取得しています。

 

それではまずは、エンジェリウム事業についておさらいをしていきます。

<エンジェリウム事業の軌跡>
  • 【ICOセール】2018年3月:ANLトークンの販売
  • 【第1フェーズ】2019年6月:ANXトークンの無料配布(月利4.5%~12%)
  • 【第2フェーズ】2019年9月:独自取引所のOPEN(月利目安1%~10%)
  • 【第3フェーズ】2020年~:AR/VRコンテンツ・決済サービスの提供予定

Angelium(エンジェリウム)事業が世に登場したのは、2018年3月から始まった仮想通貨のICOセールでした。

 

当時は”アダルト業界初の仮想通貨×現実世界/VRの融合×ブロックチェーン”として注目され人気のICOコインの一つでした。※とくに男性ユーザーの購入が目立っていました。

 

そしてICOセールで調達した資金を元手に、現在は”アダルトコンテンツだけでなく教育・ショッピング・旅行・アバター製作”など、幅広いジャンルにベースとなるVR技術を応用し、技術開発・パートナー企業との提携を進めています。※VRはこれから益々巨大化すると言われる次世代の産業です。

 

そしてAngelium(エンジェリウム)事業は、2020年以降にリリースする自社コンテンツ・決済サービスのーザー数獲得に向けて2019年度からアジア圏を中心とした本格的な大型マーケティングを開始されました

 

エンジェリウムウォレットの概要・登録・使い方

その【第1フェーズ】で公開されたサービスが、運用する仮想通貨の資産額に応じて独自通貨”ANX”を配布するという配布型ウォレットでした。

 

第3フェーズのコンテンツ・決済サービス公開に向けたユーザー数の獲得を目的に【第1フェーズ】が公開され、約1万人ほどのユーザーを集めることに成功しました。※2019/9/26終了済み

 

そして第1フェーズではおもに日本人ユーザーを中心に獲得しており、Angelium(エンジェリウム)事業が狙っている大型市場であるアジア圏には【第2フェーズ】から本格的に参入していきます。

 

そして今回のエンジェリウム取引所は【第2フェーズ】の段階となります。余談ですがICOセールで販売されていた「ANLトークン」は、すでに自社取引所にて上場しています。※2019/10/4現在、売買は不可

 

こちらも第1フェーズと同じく、第3フェーズのコンテンツ・決済サービス公開に向けたユーザーの獲得が目的です。その為、取引所事業にて収益をあげる事よりも何より、ユーザー数を増やすことが重要となります。

 

この【ユーザー数を増やすことが目的】という理念が、エンジェリウムの収益分配型取引所が成功する要因の一つとしても考えられています。それでは以下にてエンジェリウム取引所の特徴や優位性を図解していきます。

 

 

エンジェリウム取引所の特徴(配当率)

エンジェ江リウム取引所とは?

<取引所の特徴>
  • 収益分配型の仮想通貨取引所
  • 独自通貨ANXを発行
  • ANX保有量に応じて配当を得れる
  • 入金可能通貨:BTC/ETH/USDT
  • 配当通貨:BTC/ETH/USDT
  • 配当時間:毎日AM7:00より数時間以内(日本時間)
  • 最低額:50ドル~
  • 目安月利:3%~10%(ロック期間により異なる)

 

エンジェ江リウム取引所の収益分配プラン

【収益の分配率】

  • ロック無し(取引所にてANX購入時):100%(等価)交換/取引所収益の15%分配対象
  • ロック30日間選択:105%ANX付与/取引所収益の30%分配対象
  • ロック60日間選択:115%ANX付与/取引所収益の45%分配対象
  • ロック90日間選択:130%ANX付与/取引所収益の60%分配対象

 

※第1フェーズから参加ユーザーは、「ウルトラヘブン(自動設定)」でANXトークン数量が135%~150%付与<ウルトラヘブンの内容>

【ANX増量ボーナスについて:第1フェーズから参加者のみ対象】

第1フェーズにて、OTC(両替)の利用有無で付与されるANXボーナスが異なります。※2019年9月26日に配布完了済み

  1. OTC利用なし:+20%(150%ボーナス)
  2. (ANX付与に対して)OTC50%未満:+10%(140%ボーナス)
  3. (ANX付与に対して)OTC50%以上:+5%(135%ボーナス)

※第2フェーズから初めて参加するユーザーは、ANX付与額が5%(105%ボーナス)~30%(130%ボーナス)となります。

【第1フェーズとの相違点】

エンジェリウムウォレットの概要・登録・使い方

↑第1フェーズ概要は上記をクリック↑

いずれのフェーズでも、入金したBTC/ETHなどをヘブン(ロック)する点は同じです。具体的な違いは、

  • 第1フェーズ:ANXが配布される
  • 第2フェーズ:保有するANX数・期間に対してBTC/ETH/USDTが配布される

Angelium(エンジェリウム)が発行する『独自通貨「ANX」の保有量×ロック(ヘブン)期間』によって、毎日の取引所収益の分配額が大きくなる仕様です。

 

それではAngelium(エンジェリウム)のANX保有メリットなど、具体例を挙げて以下にて図解していきます。

 

 

ANX保有メリット

エンジェ江リウム取引所の収益分配内訳

上述した通り、取引所から収益配当を得るためにはまず『独自通貨ANX』を保有する必要があります。

<ANXを保有・購入する方法>
  1. 取引所にて取引して購入:等価交換
  2. ヘブン(ロック)を選択してANXを受け取る:5%~30%ANX増量

取引所でANXを保有するより、HEAVEN90を選択してANXを保有する事で「最大4倍の収益率」が変わりますので、『HEAVEN90の参加が推奨』されている理由にもなっています。

 

例えば10万円分のBTC(ビットコイン)をANXに交換して保有した場合

  1. 取引所で購入:10万円分相当のANXに交換/取引所収益の15%分配対象
  2. ヘブン30を選択(5%増量):10.5万円分相当のANXに交換/取引所収益の30%分配対象
  3. ヘブン60を選択(15%増量):11.5万円分相当のANXに交換/取引所収益の45%分配対象
  4. ヘブン90を選択(30%増量):13万円分相当のANXに交換/取引所収益の60%分配対象

※ヘブンの数字はロックアップ期間を意味します。

 

つまりAngelium(エンジェリウム)取引所にて効率よく配当を得る方法は『ヘブン90を選択する』ことで、

  • 入金数量の130%分がANXとして付与される
  • 取引所収益の60%の分配権利を得れる

上記という答えになります。

 

しかしユーザーから挙がってくる意見の多くが、保有する仮想通貨(BTC/ETH/USDT)を「ANX」に交換した場合、名も知れていない通貨に両替して価格は暴落しませんか?ということです。この声に対する問いを以下にて解説いたします。

<ANX価格の下落対策や下落しにくい理由は?>
  1. 毎日配当を得れる為、ANXトークンへ得た収益を再投資する可能性が高い(=ANX価格上昇の要因)
  2. 効率よく運用する為には「ヘブン(ロック)」を採用するユーザーが多い(=売り圧防止=ANX価格下落リスクが少ない)
  3. 取引所収益の20%はファンド資金になる(=ANX価格下落時の買い支え)

上記のことから「ANXを売るより買う」を選択するユーザーの方が多いと予測されるので、必然的にANX価格は下がりにくいと判断できます。

 

 

またAngelium(エンジェリウム)取引所でも価格下落リスクに対して、

  • ANX価格「0.01ドル」以下の注文は不可
  • 現在のANX価格「0.0122ドル」

万全の仕様を採用しておりますので、取引所OPEN当初に参加するユーザーは「ほぼ元本割れすることなくANXを購入可能」という最大のメリットがあります。

 

また何よりAngelium(エンジェリウム)運営の考えは「ユーザー数を増やすことが目的」である為、取引所事業で大きな利益得たい訳ではありません。つまり事業運営に必要な経費以外は、ファンド資金として潤沢な資産を保有すること可能であり、ユーザーにいかに利益を得れるか?が重要です。

 

そしてANXトークンの出口戦略は、【第3フェーズ】の自社コンテンツ・決済サービスの提供であるため、各ユーザーが保有するANXトークンを『売るではなく決済として利用する』ことで、キャピタルゲインを狙うユーザーによるANXトークンの大きな売り圧に繋がる可能性は低いという計画です。

 

また決済として利用できる利便性を感じたユーザーは、ANXトークンを購入する行動に繋がります。

 

このようにANXトークンが経済を循環することこそが、既存の経済圏と同じ仕組みであり・かつ新たな経済圏を生み一つの基軸通貨として成立するという仕組みです。

 

もちろんアジア圏に向けたマーケティング戦略をAngelium(エンジェリウム)の運営元では積極的に行っておりますので、日本人ユーザー以外の獲得にも期待したいところですよね。※以下にてメディア掲載情報を添付致します。

<Angeliumメディア掲載情報>

また2019年9月23日のお台場にて開催された大規模カンファレンスには、中国・韓国・タイにて影響力のあるインフルエンサーや企業が10数名程度参加されていました。各国でもカンファレンスやセミナーが今後展開されていくとの事です。※日本国内イベントの模様はこちらをご参照下さいませ。

 

 

紹介報酬|エンジェリウム取引所

エンジェ江リウム取引所の紹介報酬

Angelium(エンジェリウム)取引所では、紹介制度によるボーナスを用意しています。これもまた経済圏を作る・ユーザー数を積極的に獲得できる一つのマーケティング手法ですよね。

<紹介ボーナス制度>
  • 直接紹介者:各自の分配金額の30%
  • 2段目~4段目:各自の分配金額の5%
  • 5段目~7段目:各自の分配金額の3%
  • 8段目~10段目:各自の分配金額の2%
  • 11段目~15段目:各自の分配金額の1%

※直接紹介者(運用)人数=獲得可能段数

例えば直接紹介した方が毎月10万円相当の配当を得た場合、ご自身には紹介ボーナスとして「毎月3万円相当(各自の分配金額30%の為)」のBTC/ETH/USDTを得ることができます。

 

その為、各自が効率よくAngelium(エンジェリウム)取引所にて配当を受ける為には、「ヘブン(ロック)90」を連鎖していく組織構築が、各ユーザーにとっても紹介者ご自身にとってもお得に稼ぐことができる仕組みになっています。

 

また【第3フェーズ】の自社コンテンツ提供による利用料収益が発生した場合になりますが、その際にも構築している組織からの売上の一部がご自身に紹介報酬として入る仕組みになる予定です。

 

 

【紹介報酬の例】

エンジェ江リウム取引所の紹介報酬の一例

<紹介報酬の一例>

紹介したユーザーがそれぞれ資産を上記のようにヘブン(ロック)した場合、

  • ユーザーの合計収益3,840ドル(約40万円)/月
  • ご自身への紹介報酬1,152ドル(約12万円)/月

ご自身でヘブンして毎日配当を得れるだけでなく、紹介することでさらに収益を増やすことができます。また【第3フェーズ】に突入した際には、構築組織からのサービス利用料の一部が報酬として発生する予定です。

 

 

登録手順|エンジェリウム取引所

エンジェリウム(Angelium)取引所の登録手順!

エンジェリウム取引所の登録方法については上記をご参照下さいませ。

 

■アカウント登録URL

招待コード付きURL:https://wallet.angelium.net

 

 

 

あとがき|エンジェリウム取引所

エンジェ江リウム取引所とは?

いかがでしたか?いまトレンドのハイプ型のウォレット案件ではなく、取引所収益がありきの配当分配型の取引所ににての運用案件となります。

 

毎月の固定の料率で配当が実施されるわけでは有りませんので、将来の資産設計を立てにくい面はありますが、『取引所収益が0円・取引所が倒産』しない限りはBTC/ETH/USDTにて配当を毎日得ることが可能です。

 

もちろん今回のエンジェリウム取引所は、再三お伝えしておりますがあくまでも『ユーザー数を集客する為のツール』であり、本当の目標は【第3フェーズ】にて公開されるエンジェリウムのコンテンツ・サービスの提供に向けた布石です。

 

取引所事業において収益を得ることが目的ではありませんので、ユーザーにいかに長く配当を配布し続けるか?がとても重要になりますので、従来の案件とは異なりより期待値が高いと感じているユーザーさんも多いですよね。

 

またウォレット内に表示されている『ANLトークン(ICOセール時の通貨)』は”上位互換性トークン”として、【第3フェーズ】公開時に全世界ユーザー売上の分配を受けれるトークンになる予定です。※ANL保有枚数が多いと配当も多くなる仕組み

 

2020年にはエンジェリウムの決済システムが公開予定です。さまざまなコンテンツ・サービスで決済されることで新しい経済圏の誕生が楽しみですよね。また2019年からエンジェリウムに関わっているユーザーには、大きな恩恵を得れるタイミングでもあります。

 

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。