最新情報一覧
【取引所サービス一時停止:2019年4月10日】

取引所サービスについて、

  • 2019年4月11日~メンテナンス開始日
  • 2019年5月中旬再開予定

上記の案内が配信されています。その他の機能は利用可能とのことです。

 

【ポイントプログラム開始:2019年4月1日】

マンゴーストアOPEN・公開

2019年4月3日14時(日本時間)より、Mango X独自のサービス『ポイントプログラム』が開始します。※随時ポイントを配布予定

 

マンゴーポイントから、

  • 仮想通貨への交換が可能
  • 各種商品と交換が可能
  • 商品との交換が可能

など、ギフトカタログを利用するような形でポイントと交換することができます。

 

サイトURL:https://mango.exchange/shopping

※プレセールより参加されている方は、登録アドレス宛に「パスワード」が配信されています。

 

【MGXC移行方法:2019年3月20日】
プレセール有料登録者・プライベートセール参加者のMGXC移行方法について案内がありました。専用ウォレットから取引所へ送金する必要があります。※詳細はこちら

 

2019年3月31日追加情報

マンゴー専用ウォレットから取引所へ「MGXC(取引所トークン)」への移行は送金手数料としてETHが必要となります。送金に必要なETH数量を運営元より無料配布する案内がありました。※配布時期は後日案内予定

 

【MGXC配布案内:2019年3月14日】

プレセールの有料登録者向けにMGXCを受取り案内が配信されています。※操作方法はこちら

URL:mango.exchange/privatesale/login

 

【IEOセールのお知らせ2019年3月6日】

マンゴー取引所のトークン販売期間

取引所の独自トークン販売のセール期間について発表されました。

 

【取引開始時期のお知らせ:2019年2月28日】
コイン名称はMango X Coin(MGXC)となり、MGXCの取引開始時期は2019年3月19日と発表されました。

※取引所機能は「2019年6月」に再開予定と再発表

 

 

 

 

マンゴー取引所とは

 

2018年10月10日より縁故募集が始まり、2019年1~4月2019年2月25日】に正式版がリリースされたタイ発の仮想通貨取引所です。

 

2019年3月19日に取引所トークンの取引が開始されました。

 

 

mango.exchange

登録は上記をクリック

 

公式情報

 

 

Sponsored Link

 

 

それでは今回は、タイ発の仮想通貨取引所Mango Exchangeについて、ビジネス資料を参考に下記の目次に沿って画像付きで解説します。※2019年4月5日に最新情報を更新。

 

 

Mango Exchange(マンゴー取引所)とは?

マンゴー取引所

 

取引所の特徴
  1. ポイントプログラムの採用
  2. オーナーズクラブ(会員権)特典
  3. 独自コインの発行
  4. 仮想通貨審査機関と提携(IEOプラットフォームの構築

それでは以下で詳しく解説をしていきます。

 

 

ポイントプログラム|特徴1

マンゴー取引所のポイントプログラムサービス

 

独自のMango Point(マンゴーポイント)を使用できる提携国にて、

  • ショッピング
  • グルメ
  • 旅行

など、取引量が多いメジャー通貨と交換することで、利用ユーザーは決済通貨として利用することが可能になります。

 

 

2018年11月22日追記

マンゴー取引所のポイントサイト

※イメージ図

 

マンゴーポイントが使用できるサイトのサンプルが完成しました。2019年4月よりポイントサービスの開始が予定されています。

 

 

 

オーナーズクラブ(会員権)|特徴2

マンゴー取引所のオーナーズクラブ

 

Mango Exchange(マンゴー取引所)に出資する会員には、一般ユーザー(無料利用)よりメリットが大きな特典が付帯されています。

 

 

オーナーズクラブのメリットは?
  1. 取引手数料70%OFF
  2. 会員権の運用益
  3. Mango Coin進呈
  4. 教育プログラムへの参加

※付与されたマンゴーコインは、毎月5%ずつアンロック

 

 

教育・コミュニティプラットフォーム

マンゴ取引所の教育プラットフォーム

 

世界中に取引所がある中で、日本語非対応など仮想通貨初心者の方が利用するには、まだまだハードルが高いですよね。

 

そこでMango Exchange(マンゴー取引所)では、

  • 日本語
  • 電子教材
  • 動画教材

などを活用した教育プログラムに力を入れています。会員になるためには登録費用が必要になりますが、仮想通貨に関する正しい知識や情報を身に付けることで、次世代のブロックチェーン時代の到来に備えることができます。

 

世界一の取引所「Binance(バイナンス)」では、”バイナンスアカデミー”という暗号通貨の教育プログラムが立ち上がっています。※参考元https://www.binance.vision/

 

 

オーナーズクラブ会員の登録費用

マンゴー取引所の投資家プラン

 

有料会員の登録費用
  • ブロンズ:$450
  • シルバー:$1.500
  • ゴールド:$3.000
  • プラチナ:$4.500

※有効期間は5年間・後日グレードUPすることも可能

 

 

また仮登録時に「オーナーズクラブ」を選択をした方には、1枚1¢で販売されるマンゴーコインが、

  • ブロンズ:30.000枚
  • シルバー:100.000枚
  • ゴールド:200.000枚
  • プラチナ:300.000枚

※全数量ロックされ、毎月5%ずつアンロックとなります。

上記が特典として進呈されます。受付締切期限は、『2019年2月15日』となります。

 

 

 

独自コインの発行|特徴3

マンゴー取引所の独自トークン

 

2018年より取引所が発行する独自トークンがトレンドになっています。Mango Exchange(マンゴー取引所)でも独自トークン「MGC(マンゴーコイン)」を発行します。

 

独自トークンが支持されている・価格が崩れにくい理由は、独自トークンを保有することで得れるユーザーメリットにあります。

 

つまり独自トークンを売買・保有をすることは、市場での流動性が高くなり、価格が安定しやすい・価格上昇する傾向にあります。

 

その最たる例が、取引量世界No.1のバイナンスが発行する独自トークン(BNB)ですよね。※初期価格より100倍ほどに成長

 

 

マンゴーコインの特徴
  • 総発行枚数:15億枚
  • シンボル:Mango X Coin(MGXC)
  • 取引手数料50%OFF
  • ICOセール:1枚1¢(約1円)で販売

※2019年3月1日に、シンボル名の変更が通知

など、現在公表されている内容は上記のみとなります。しかし今後は、保有するユーザーメリットを拡充する計画を考えているそうです。受付締切期限は、『2019年2月15日』となります。

 

 

 

IEOプラットフォームの構築|特徴4

IEOとは?

 

Mango Exchange(マンゴー取引所)は、将来的にIEO(Initial Exchange Offering)のプラットフォーム構築を計画しています。

 

ICO(Initial Coin Offering)はすでに多くの方がご存じかと思います。IEOとは、取引所が審査したICOプロジェクトを取引所にて販売する方法です。

 

つまりICOセールに参加する投資家からすると、取引所が審査・精査した優良なICOコインを購入することができるので、安心・安全という心理に繋がります。

 

またICOプロジェクト側も、取引所にて取り扱いをしてもらう事で、仮想通貨業界(特にICO案件)に懐疑的になっている方々にも幅広くプロジェクトを認知・購入に繋がる可能性が高くなります。

 

 

mango.exchange

登録は上記をクリック

 

 

登録方法

マンゴー取引所の登録方法

 

アカウントの登録は、かんたん3ステップとなっております。

 

 

1.公式サイトへアクセス

mango.exchange

登録URL:https://mango.exchange/publicをクリックします。

 

 

2.新規登録ボタンへ

マンゴー取引所の登録方法

 

  1. 言語の選択
  2. 新規登録」をクリック
  3. 新しいアカウントを作成する」をクリック

 

 

3.アカウントを作成

マンゴー取引所の登録方法

 

  1. 名前の入力 ※漢字入力可
  2. 苗字の入力 ※漢字入力可
  3. 携帯番号の入力 ※先頭の「0」を省く
  4. メールアドレスの入力
  5. パスワードの入力
  6. パスワードの再入力
  7. 新しいアカウントを作成する」をクリック
  8. ログイン画面にて登録時の情報を入力
  9. ログイン」をクリック

以上で、Mango Exchange(マンゴー取引所)のアカウント登録は完了です。

 

 

Sponsored Link

 

使い方

マンゴー取引所の使い方(入金・買い方や売り方・出金方法)

 

続いては、Mango Exchange(マンゴー取引所)の

  • 取引所へログイン
  • 入金方法
  • 取引方法
  • 出金方法
  • パスワードの変更

などを画像付きで解説していきます。

 

 

取引所へのログイン

マンゴー取引所の取引プラットフォームへログイン

※有料登録時の画面・日本語選択

 

  1. エクスチェンジ」をクリック
  2. 登録時のメールアドレスを入力
  3. パスワードの入力
  4. ログイン」をクリック

初回のログイン時のみ、「言語・通貨の選択」画面が表示。取引所機能について、英語による解説がありますので「Next」をクリックします。※言語・通貨の選択は、取引所マイページアイコンの「プロフィール」から変更可

 

 

 

入金方法

利用確認後に進捗を更新していきます。

 

 

取引方法

利用確認後に進捗を更新していきます。

 

 

出金方法

利用確認後に進捗を更新していきます。

 

 

パスワードの変更

マンゴー取引所のパスワード変更方法

  1. 右上の「アイコン」をクリック
  2. プロフィール」をクリック
  3. パスワード変更」をクリック

 

 

 

タイの仮想通貨事情は?

マンゴー取引所のタイ

 

タイの仮想通貨事情は、

  • 2018年2月:財務大臣による法整備示唆
  • 2018年5月:タイ国王令により規制枠組みが実施

仮想通貨を「デジタル資産」と定義し、SEC(タイ証券取引委員会)によって管轄されています。

 

つまり仮想通貨の利用を禁止ではなく、

  • 租税回避
  • 犯罪の温床
  • マネーロンダリング(資金洗浄)

などの違法行為を取り締まる為、健全なビジネス市場となるべく国家レベルでガイドラインを設けております。

 

日本国内でも同じですが、みなし業者でも取引所の運営は可能です。しかし取引所ライセンスを取得している仮想通貨の取引所は、ある一定の安心感・信頼感を勝ち取っています。

 

そこでMangoExchange(マンゴー取引所)では、初期段階ではユーザー・顧客獲得を優先する為、みなし業者としてスタート致します。将来的にはタイ国内での取引所ライセンスの取得を考えているようです。※ライセンス取得には、資本金150万USD(約2億円)の法人が必要。取得までに3~6ヵ月が必要

 

 

ライセンス取得時のデメリット
  • 新規通貨の取り扱いにSECの許可が必要
  • 新規サービス提供時にSECの許可が必要
  • SEC承認の取引ペアのみ取扱い可能

※SEC・・・タイ証券取引委員会

 

 

 

説明会に参加した感想

マンゴー取引所の説明会情報

 

2018年11月に、マンゴー取引所の説明会に参加してきました。

 

今回立ち上げるMango Exchange(取引所)は、世界に数百種類あると言われる取引所の中でも特に、

  • モバイルに特化(世界のユーザー数が多い)
  • おもに暗号通貨の初心者向け

など、教育コミュニティを構築することで、老若男女問わずだれもが使いやすい取引所を目指しているそうです。

 

 

オーナーズクラブ(会員権)で集めた資金の使い道

マンゴー取引所のバックヤードスキーム

 

  • 40%:AIトレード(IBM商流)
  • 20%:購入者へMGCとして還元
  • 40%:MGCの購入資金(買い支え=価格の下落抑制)

自己資金も活用しながら、マンゴー取引所の独自トークン(MGC)価格を2年で100倍の100円まで価値を高める動きを目指しています。※ICOセールは「1枚1円」の予定

 

そして認知度・流動性を高めることで、

  • 世界中の通貨を上場
  • 外部審査機関と連携したIEO(取引所が販売するICO)の実施
  • デビットカードの発行

など、まだまだ乱立する取引所業界の中でも、確固たるビジョンと計画を持って現在は進んでおります。

 

 

 

これまでの進捗情報

マンゴー取引所のプレオープンまでの概要

 

  • プレオープン時の概要
  • 過去のキャンペーン情報
  • ロードマップ

 

 

プレオープン時の概要(2019/2/15まで)

プレオープン時のマンゴー取引所では、

  1. 無料会員(一般ユーザー)
  2. オーナーズクラブ有料会員(取引所コイン付き)

上記の2種類から選択することができます。

 

 

無料会員登録時

取引所オープン後、「0.01BTC」を入金することでマンゴーポイント2.000ポイントが進呈されます。

 

 

オーナーズクラブ登録時
  1. マンゴーコインが付与(0.15USD相当/1枚
  2. 5年間マンゴーポイントが進呈
  3. 教育プログラムへの参加

※マンゴーコインは、毎月5%ずつアンロックされる

 

オーナーズクラブの登録費用

マンゴー取引所の投資家プラン

 

 

有料会員の登録費用
  • ブロンズ:$450
  • シルバー:$1.500
  • ゴールド:$3.000
  • プラチナ:$4.500

※有効期間は5年間・後日グレードUPすることも可能

下記の『お友達紹介1件につき1.000ポイント』の紹介報酬を得るためには、オーナーズクラブへの登録(ブロンズ以上)が必要となります。

 

 

デビットカード贈呈

マンゴー取引所のデビットカード獲得権利キャンペーン

 

マンゴーオーナーズクラブご紹介累計売上が、

  • 2018年12月31日まで:30万円分以上の紹介
  • プレセール終了まで:60万円分以上の紹介

上記を達成すると、『デビットカード発行権利1枚』を獲得することが可能となります。※デビットカードの詳細はこちら

 

 

正式オープンまでのスケジュール
  • 2019年2月15日:プレセール終了
  • 2019年2月25日:取引所オープン
  • 2019年3月1(7)日~5(12)日:IEO実施(取引所トークン)
  • 2019年3月12(19)日:取引所トークン上場

※取引所トークンのIEOセール予定が後ろ倒しになりました。(2019/3/1発表

 

 

2018年12月21日発表

マンゴー取引所の月間仮想通貨掲載内容

月刊誌「仮想通貨2月号」に掲載されました。

 

 

 

過去のキャンペーン情報

マンゴー取引所のキャンペーン

 

2018年12月21日まで、認知度向上・新規ユーザー獲得のため、「オープニングキャンペーン」を開催していました。

 

新規登録時(無料)【終了】

マンゴー取引所の仮登録キャンペーン

 

Mango Exchange(マンゴー取引所)を仮登録(無料)された方に、2.000Mango Point(ポイント)が進呈されていました。

 

 

オーナーズクラブ登録メリット1(450USD~)

マンゴー取引所のキャンペーン

 

新規の口座開設(2.000ポイント)特典と、1件紹介をするたびに1.000マンゴーポイントの紹介ボーナスが発生致します。

 

 

オーナーズクラブ登録メリット2

マンゴー取引所のデビットカード

 

オーナーズクラブ(有料)に登録をされた方には、マンゴー取引所の国際ブランド入り(VISA)のデビットカード特典が付与されます。※条件・期間は以下を参照

 

カードの詳細
  • 発行手数料:40ユーロ
  • ATM出金限度額:2.000ユーロ/1回

<手数料>

  • 為替手数料:4.8%(ユーロ以外)
  • 出金:10ユーロ
  • 残高照会:2ユーロ

<チャージの限度額>

  • 1日あたり:3.000ユーロ
  • 1ヵ月あたり:15.000ユーロ
  • 1年あたり:180.000ユーロ

 

2018年12月21日申込〆切

  • 3.000USD以上でオーナーズクラブ登録
  • 発行手数料は全額マンゴーポイントにて還元

※発行手数料の金額・発行手続き方法・ポイントの付与時期は、決定次第案内されます。

 

2018年11月30日申込〆切

  • 1.500USD以上でオーナーズクラブ登録
  • 発行手数料は全額マンゴーポイントにて還元

※発行手数料の金額・発行手続き方法・ポイントの付与時期は、決定次第案内されます。

 

2018年11月12日申込〆切

  • 1.500USD以上でオーナーズクラブ登録
  • カード発行手数料無料
  • 取引所OPEN後、1ヵ月以内に発送予定

※今後は条件付きで、一般ユーザーにもサービス提供する可能性はがるそうです。

 

 

Sponsored Link

 

ロードマップ

マンゴー取引所のロードマップ

 

  • 2018年10月:プレ登録開始
  • 2018年12月:メディア戦略
  • 2019年2月:取引所OPEN
  • 2019年3月:独自トークン(MGC)のICOセール実施
  • 2019年4月:Mangoポイントサービス開始

 

 

 

あとがき

マンゴー取引所とは

 

いかがでしたか?

 

簡単なまとめ
  • タイ発の取引所
  • 日本語対応
  • 有料会員登録がある
  • 取引所の独自コイン発行
  •  教育プログラムあり(有料会員対象)
  • ポイントサイトあり
  • プリペイドカード発行

おもに仮想通貨の初心者向けに、使いやすいプラットフォームの構築を目指しています。

 

 

今回は、タイ発の仮想通貨取引所Mango Exchangeについて、

  • マンゴー取引所とは?
  • サービス内容や特徴
  • キャンペーン内容
  • 登録方法

など、ビジネス資料を参考に画像付きで解説しました。

 

 

 

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み  
筆者参加案件
30ドルから参加可能
Weenzee(ウィーンジー)の概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

2019年1月頃より日本国内で拡散されています。日利0.5%~1%で、すでに世界中で10万人以上が参加している高配当案件です。(2019年4月より参加)  
50ドルから参加可能
テスラインの登録方法と概要と運用方法手順

登録方法は上記をクリック

2015年1月創業の30ヵ国のトレードチームを保有する資産運用会社です。複数の投資プログラムから選択が可能で、日利最大2.4%の投資商品も揃えています。仮想通貨による投資が可能です。(2019年3月より参加)  
100ドルから参加可能
FXトレーディングコーポレーションの概要・登録方法・投資内容の紹介

詳細は上記をクリック

FXトレーディングコーポレーションは、平均月利30%を生み出すBTC入金による投資案件です。(2019年3月より参加)  
500ドルから参加可能

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、スマホ専用の取引所機能付きウォレットです。全世界で100万ダウンロードを記録し、預けている資産をアービトラージによる運用で、こちらも日利0.3%の収益が発生しています。(2018年9月より参加) 2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

第二のプラストークンと呼ばれる「ICBウォレット」は、2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散されています。ウォレットに預けた資産が、アービトラージによる手法で日利0.4%ずつ増える仮想通貨ウォレットです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

スマホアプリ専用のウォレットで、月利7~20%預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)  
0.01BTCから参加可能

AIトレードの登録方法や使い方登録方法は上記をクリック

AIトレードは、2018年10月頃に世界150カ国でグランドOPENとなります。アービトラージ以外にも、暗号通貨専用ATMの設置・マイニングやトレードによる収益など、日利0.3%のほどの成果が発生しております。(2018年7月より参加)  
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

 
2019年開催ICOプロジェクト(関連記事)
   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
     

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。    

 

Sponsored Link