本記事では、「Ultron(ウルトロン)」に関する基本情報や特徴をわかりやすく解説します。※2023年12月5日に情報を更新

 

Ultron(ウルトロン)は、独自のブロックチェーンを開発する、ビットコインやイーサリアムなどと同様の『レイヤー1のプロジェクト』であることで注目の暗号資産です。

 

レイヤー1(L1)とは、ブロックチェーンの基盤となる技術です。ビットコインやイーサリアムなどのエコシステムの基盤となるブロックチェーンを指します。エコシステム内で最下層に位置するネットワークであることから、L1と呼ばれています。

レイヤー1は、取引を検証し、確定する役割を持ちます。また、すべての取引が公開され、誰でも閲覧できます。

レイヤー1の仮想通貨には、次のようなものがあります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ソラナ(SOL)

※Google AI検索による

 

Ultronプロジェクトの可能性を本文で図解していきます。

*暗号通貨業界は投機的な要素があります。参画する際は、あくまでも自己責任・余剰資金であることをオススメ致します。

 

<この記事で分かること>
  1. Ultron(ウルトロン)とは?
  2. Ultronの仕組み
  3. Ultronは稼げる?

※公開されている資料を基に解説していきます。(本内容が必ずしも正しい情報・知識ではない場合も御座いますので、ご了承願います。)

 

Sponsored Link

 

Ultron(ウルトロン)とは?

ウルトロン

Ultron(ウルトロン)は、2022年8月にローンチされた独自ブロックチェーンを構築するレイヤー1のプロジェクトで、すでに上場されている暗号資産になります。

 

DeFi(Decentralized Finance、分散型金融)と呼ばれる、ブロックチェーンを基盤にした中央集権的な管理者を必要としない金融サービスを展開、またネイティブトークンであるULXの導入で、Ultronが持つ多数のネイティブアプリケーションを利用できます。

 

またすでに独自トークンであるULXは複数の取引所に上場している為、売買する事が可能です。

 

 

【DeFi lama】【Coin Market Cap】【CoinGecko】

DeFi市場にてUltron(ウルトロン)は、比較的歴史が浅いプロジェクトですが、すでにTOP11位に位置しています。

(参考URL)https://defillama.com/chain/Ultron

 

レイヤー1である|Ultron

2023年12月時点成長を続ける暗号資産市場にて、暗号通貨は約20,000種類以上であり、全体の時価総額約150兆円になります。

【150兆円規模とは?】

日本国内で一番大きな産業は、『自動車』関連となります。

日本の市場規模

*2023年12月取得

自動車関連の市場規模は2019年時点で『約72兆円』となり、暗号通貨市場の約半分程度にしか過ぎません。

 

それほど暗号通貨市場は、年々大きく成長をしている産業の一つとなります。

 

また法定通貨の時価総額ランキングを確認してみました。

通貨の時価総額別ランキング

*2023年12月取得

ビットコインのみとなりますが、世界の通貨の中でも【第16位】に位置するほど、通貨としての価値が大きく成長しています。

 

その中でUltron(ウルトロン)はレイヤー1のプロジェクトで、

  • 「レイヤー1=ブロックチェーン」
  • 「レイヤー2=ブロックチェーン以外のオフチェーン」

(2023年12月時点)レイヤー1のプロジェクトは稼働していないチェーンも含めて約230種類ほどしかありません。

 

ここで代表的なレイヤー1とレイヤー2の暗号通貨プロジェクトを掲載いたします。

【レイヤー1のプロジェクト|暗号通貨】【レイヤー2のプロジェクト|暗号通貨】
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ソラナ(SOL)
  • アバランチ(AVAX)
  • エイダコイン/カルダノ(ADA)
    • MATIC(Polygon/ポリゴン)
    • METIS(Metis Andromeda/メティス)
    • IMX(ImmutableX/イミュテイブルX)
    • DYDX(dYdX)
    • OP(Optimism/オプティミズム)
    • BOBA(Boba Network/ボバ)

     

    Ultron(ウルトロン)は、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を代表する銘柄と同等の価値を持ったレイヤー1に分類され、かつそれらの暗号通貨は軒並み市場価値を大きく上げています。

     

    Ultronがレイヤー1の暗号資産プロジェクトであるという理由だけでも、独自のブロックチェーンを開発する技術力と開発力のあるプロジェクトであることが分かります。

     

    ここで『レイヤー1』に分類されていた暗号通貨を初期段階より【10万円分保有】していたらどうなるのか?シュミレーションをしてみました。

     

    (2023年12月時点|最高価格からの逆算)

    もちろん最高値で売却する事は至難の業ではありますが、、、レイヤー1の暗号通貨にはそれだけ可能性があるという事です。

     

    そしてUltron(ウルトロン)はすでにDeFi市場の中でランキング上位に位置し、多くのユーザーを世界各国に保有するプロジェクトに成長しています。

     

     

    レイヤー1のデメリットを補完|Ultron

    しかしレイヤー1にもデメリットがあります。

    • 送金速度の遅延
    • 送金手数料の高騰
    • ノード作成に時間を要する

      など、「トランザクションが集中すると処理に時間がかかり、送金が滞る・送金手数料が増えるなどの問題がある(=スケーラビリティ問題)」と指摘されており、そのデメリットを補完する目的で開発されたチェーンがレイヤー2です。

       

      参考例)

      イーサリアムチームはこのスケーラビリティ問題を解決するべく、2021年12月より数年掛けたアップデートを実施中です。

      ステーキングとは?イーサリアム2.0とは?PoS搭載!
      ステーキングとは?イーサリアム2.0とは?PoS搭載!
      2020年12月次世代イーサリアム(ETH2.0)へのアップデートによりステーキング機能が実装されました。DeFi市場の盛り上がりと共に露呈している技術力の改善が求められています。その問題解決がETH2.0となります。そこで今回は、ステーキング概要・イーサリアム(ETH)2.0について簡単に図解します。

       

      レイヤー1のUltron(ウルトロン)は、主要チェーンの中では後発プロジェクト(2022年9月登場)という事もありスケーラビリティ問題が克服された技術を要しています。

       

      言うなれば、イーサリアム(Ethereum)とBSC(Binance Smart Chain)の良いところ取りをしたような技術となっています。

       

      <各チェーンの特徴>
      • Ethereumチェーン:トランザクションの処理速度が遅く、手数料が高い(2023年12月現在|アップデート中)
      • BSC(Binance Smart Chain)チェーン:トランザクションの処理速度が速く、手数料が安い

      ※しかしBSCは『Binance』という中央集権型の企業が主導するブロックチェーンであるため、分散性やセキュリティにおいてEthereumに劣るとされています。

       

      Ultronは両方のメリットを兼ね備えることで、ブロックチェーンの利点を享受し、利便性と効率性を高めています。

       

      ただし、どれだけ優れた商品・技術であろうとも、マーケティングが上手くないと世界中で認知度を高めることは難しいです。

       

      そこでUltron社では、世界的に影響力のあるマーケティング会社『Mavie Global社』と提携することで、世に登場してからたった1年半で全世界120か国以上・20万人以上のユーザーが参加するプロジェクトに成長しています。

       

       


      マーケティングは順調に成功しており、ULX価格は上昇トレンドの形状となっております。

       

       

      ULX(ウルトロン)買い方

       

      ULX(ウルトロンの独自通貨)は、仮想通貨の取引所に上昇している為、CEX/DEX問わず「ULX(Ultron)」を購入する事が可能です。

       

      レイヤー1チェーン通貨の一つとして、価格上昇(=キャピタルゲイン)による資産価値の上昇を狙うことも選択肢として有りです。

       

      【CoinMarketCap】【CoinGecko調べ】

      そしてULX(ウルトロンの)を保有する事で、UltronSwapを活用して運用する事が可能となります。

       

      Sponsored Link

       

      Ultron Swap活用方法

      Ultronswap

      (参考元)https://ultronswap.com/farm

       

      Ultron(ウルトロン)プロジェクトでは、”UltronSwap”というプラットフォームを提供しています。

       

      <利用できるサービス>
      • Swap
      • Liquidity
      • Farm
      • Stake
      • Bridge

         

        特に『Farm/Stake』による運用利率はかなり魅力的です。

         

        Farm

        ウルトロンスワップのファーム

        *2023年12月時点

        DeFi業界ではFarmは馴染みあるモノですが、UltronSwapのFarmは、ULX(ウルトロン)とUltronベースの各主要通貨ペアを同額提供する事で、流動性を提供し高い利回りを得る事が可能です。

         

        特に注目は、『USDT/USDC』は価値が『1:1』なので保有している資産価値が上下することがありません。

         

        (2023年12月時点)資産価値を下げる事なく『APR(年利)20.62%』を得ることが可能です。

        *ただし、流動提供するユーザー数が増加することで、『APR(年利)』が下がる傾向にあります。

         

        Stake

        ウルトロンスワップのステーキング

        *2023年12月時点

         

        UltronSwapのStake(ステーキング)は、APR(年利)12.581%となります。

         

        Farmほど利回りは高くありませんが、それでも預け入れした通貨枚数が年間10%以上増える計算となります。

         

        さらにステーキング利率が高い選択肢の一つとして、Ultron(ウルトロン)のマーケティング代理店「Mavie Global社」を経由したステーキングがあります。

         

        マービーグローバル

        *2023年12月時点

        Mavie Global社のマーケティングが的中しており、

        • 世界120ヵ国以上
        • 20万人のユーザー
        • 60カ所以上のイベント開催

        など、日々ユーザー数は増加傾向にあるそうです。

         

        (2023年10月時点)

        【月間アクセス数】【アクセス上位TOP5ヵ国】

        日本からMavie Global社へのアクセス数も増えている事が分かります。

         

         

        あとがき

        いかがでしたか?

         

        <Ultron(ウルトロン)とは?>
        1. レイヤー1チェーンであり、デメリットを補完済み
        2. 独自通貨ULX価格上昇に対する期待値が高い
        3. 強力なマーケティング会社と提携

         

        Ultron(ウルトロン)は、過去に大きな実績を残している「レイヤー1」であり、レイヤー1であるデメリットへの対策もされたプロジェクトになります。

         

        またその優れた開発力や技術力に加えて、マーケティングをMavie Global社が担うことにより急速に全世界に拡がっており、日本国内でもさらに注目度が増しており期待度も高まっています。

         

        暗号資産のポートフォリオ内に『レイヤー1』ジャンルの一つとして加えてみてはいかがでしょうか?

         

        Sponsored Link

         

        注意事項・免責事項
        本ページは情報提供のみを目的としております。 ご利用時は各自のご判断にて行って下さいませ。 また掲載している情報には細心の注意を払って掲載をしておりますが、正確性および完全性を保証するものではなく、生じた損失には責任を負えませんのでご理解を願います。 ※また予告なしに、掲載情報が変更になる場合も御座います。

        公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

        LINEで友達募集中

        ※LINE ID検索「@176npczt」

        ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。