DOPトークンとは?

本記事では、DOP(Data Ownership Protocol)について解説していきます。

※2023年12月12日に情報を更新

(2024年4月現在)

DOPトークンは、暗号通貨取引市場に上場しておりませんので取引することは不可となります。

 

詳細をご希望の方は、ビットコイン予備校の公式LINEまでメッセージを下さいませ。

友だち追加

 

Sponsored Link

 

進捗情報|DOP

DOPプロジェクトチームは、2023年11月の【Binance Blockchain Week inイスタンブール】は大盛況の結果となりました。

(事前に各地でBinance Campusを開催しプロジェクトの説明などを積極的に行っていました。)

 

<進捗情報>
【token2049ドバイに出展(DOPメインネットの初ライブ)|2024年4月18日】

 

【AMA開催(プロジェクト責任者による)|2023年12月31日】

テストネット上のトランザクションが100万回を超過し、ホルダーは30万アカウントに達しています。(参考URL)http://bit.ly/4aRlJTF

 

https://twitter.com/dop_org/status/1741142103332110367

【AMA開催(プロジェクト責任者による)|2023年12月12日】

素晴らしい質問をした10名には、2024年初頭の公式リリース後に25,000DOPが贈呈されるそうです。

AMAとは、「Ask Me Anything」の略で、「何でもきいてください」という意味合いです。

 

【アンバサダーパートナーシップ就任|2023年12月12日】

https://twitter.com/TheBirbNest/status/1734334663513022819

THE ₿IRB NESTというトレーディングプラットフォームのアンバサダーに就任しました。

【第一回DOPウェビナー開催|2023年12月10日】

おもな内容は、

  • テストネットについて(テレグラムで伝達とのこと)
  • ホワイトペーパーの説明
  • アカウント数について(現在10,500名程度)

などなどでした。

 

■テストネットについて

DOPテストネットについて

DOPテストネットがオープンしました!

手軽に無料で、DOPのテクノロジーを体験できます。

テストネットのプロセスをすべて完了することで、将来的にDOPトークンを受け取ることが可能です!

https://doptest.dop.org/id=vsoolEp

 

(2023年12月12日)

テストネット公開後、20,000人以上の方が参加したということで、テストネットを一時的にオフラインにするそうです。

 

DOPテストネット|仮想通貨を無料獲得(エアドロップ)する手順!
DOPテストネット|仮想通貨を無料獲得(エアドロップ)する手順!
DOPのテストネットが公開されました。テストネットに参加することでエアドロップによる仮想通貨を獲得することが可能です。2024年2月現在、DOP公式Twitterは100万人フォロワー到達間近です。期待値が高い暗号通貨の一つに成長しています。
【公式HPへのアクセス数|(2023年12月11日時点)】

https://dop.org/

 

公式HPへのアクセス数が徐々に増加傾向です。

 

【公式HPへのアクセス数|国別】

日本からのアクセスは世界で第二位となっております。

一番アクセスしている国は『イスラエル』となっています。

【第一回DOPプロダクトマネージャーによるウェビナー|2023年12月10日】

 

12月10日、20時半からDOPウィクリーウェビナー第1回を開催いたします。

DOPのテクノロジー、ソリューション、そしてこれからの展望をヘッド•オブ•プロトコルのマタン氏からプレゼンさせていただきます。

最後には質疑応答の時間を取りますので、わからないことは何でも質問できます。

皆様のご参加お待ちしております。

※日本語の通訳が入ります。

※音声は常にミュートでお願いいたします。

最後に質疑応答の際のみミュート解除、チャット機能を使って、質問をしていただけます。 ※録音、録画は禁止です。

※セミナー内容をSNSなどに投稿することは厳禁です。 ※参加人数に上限があります。満室になり次第参加できなくなりますので、早めの入室をお願いいたします。

 

Liz is inviting you to a scheduled Zoom meeting.

Topic: DOP WEBINAR

Time: Dec 10, 2023 08:30 PM Osaka, Sapporo, Tokyo

Join Zoom Meeting:

コピー

Thank you,

DOP Team

【Binance Liveにて公開|2023年11月15日】

DOP|バイナンスLive

DOPのCo-founderとプロジェクト責任者のマタン・アルマキスがBinanceBlockchainWeekで受けたインタビューの様子。

(参考URL)

https://www.binance.com/en/live/video?roomId=2163201&utm_campaign=binance_live

【DOP公式からの配信|2023年11月14日】

DOPコミュニティの皆様、

イスタンブールで開催されたバイナンス・ブロックチェーン・ウィークでの成功を分かち合えることを嬉しく思います。皆様のご支援のおかげでこのような成功を収めることができました。

添付のビデオでは、この素晴らしいイベントを紹介しています:

バイナンス・ブロックチェーン・ウィークでの私たちの存在は、暗号の世界で話題を呼び、私たちの旅の始まりにすぎません。CZ自身もリツイートしてくれました!私は、あなたのネットワーク内のすべての人が輪の中にいることを確認し、この先にあるエキサイティングな展開に備えることをお勧めします。

明日から新たなプライベート・セール・ラウンドに乗り出すにあたり、私たちのオーディエンスにさらに参加してもらう絶好の機会です。ソーシャルメディアで私たちをフォローし、リアルタイムの最新情報や私たちの進捗状況についての洞察を得るよう勧めてください。勢いを維持しよう

皆さん、ぜひXで私たちをフォローしてください:

*メール本文に添付のYoutube動画(8:38)

【Binance Blockchain Weekに登場|2023年11月8日】

本日よりDOPプロジェクトが、Binance Blockchain weekにブースを出展いたします。

セミナー会場では、立ち見が出るほど参加者が集まっています。

 

 

 

 

【Binance Blockchain Week|2023年11月8日】

Binance公式にリポストされたTweetです。

 

Binanceの代表(CZ氏)にされたTweetです。(23/11/10)

【Binance Blockchain Weekイベントにて:2023年11月8日開催】

DOPプロジェクトは、『Binance Blockchain Week inイスタンブール』にてスポットライトスポンサーを務めます。

 

このイベントのスポンサーには、Web3 の著名人、サポーター、有名ブランドなどが連なっております。

 

2023年サミット参加詳細:

https://www.binance.com/en/blog/community/binance-blockchain-week-istanbul-2023-early-bird-tickets-on-sale-2600376879676053490

 

Binance Blockchain Weekは、2019年シンガポールで初開催されて以降、5年目を迎えます。

 

これまでにブロックチェーンに関わる数多くの著名人が参加されています。

 

■過去のBinance Blockchain Week

【DOP/TOMIがバイナンスブロックチェーンウィークに登場|2023年11月7日】

DOP・TOMInetがバイナンスブロックチェーンウィークのスポンサーを務める

【Binance Campus 開催|2023年10月3日】

DOPがスポンサーを務める『バイナンスキャンパス in スペイン(イビサ島)』が始まりました。

 

 

【暗号化するプロセスのデモ版が公開|2023年10月1日】

DOPプロジェクトの魅力である、『トークンを暗号化するプロセスのデモ版』が公開されました。

ブロックチェーン業界のさらなる発展に貢献できる技術ですよね。

 

【Binance Campus 開催|2023年9月1日】

 

DOPがスポンサーを務める『バイナンスキャンパス in ドミニカ共和国』が始まりました。

 

Binance Campus は、ブロックチェーンベースの分散型教育プラットフォームである Open Campus のプレセール完了を記念して開催されました。

Open Campus は、出版社の NFT を活用しています。

Open Campus は、Binance Launchpad の 31 番目のプロジェクトです。

Binance は、Open Campus のトークンの一般販売を開始しました。

Google AI検索

 

 

DOPとTOMIの関係性は?

DOPプロジェクトは、TOMIの技術を基に開発されたプロジェクトであり、より大きくリリースする形で【DOP】と命名されました。

 

また【DOP】は、2023年11月の【Binance Blockchain Week inイスタンブール】のスポットライトスポンサーとして掲載されたことで注目が集まっています。

 

バイナンスブロックチェーンウィーク

※2023年サミット参加方法:https://www.binance.com/en/blog/community

 

また根幹の技術である『tomi(TOMI)』トークンはすでに複数の取引所に上場している為、海外の投資家中心にDOPトークン(プロジェクト)への期待値も高まっている。という流れです。

 

 

(TOMI)2023年1月に初上場となり、(23年9月時点)セール価格0.1ドル程度から39倍に価格が上昇しています。

 

tomiNET(TOMI)とは?仮想通貨の概要・内容・買い方は?
tomiNET(TOMI)とは?仮想通貨の概要・内容・買い方は?
2023年1月の上場以来、価格が大きく上昇している「tomiNet(TOMI)」。TOMIはweb3.0銘柄の一つであり、DAO(分散型自立組織)方式でTOMIプロジェクトを運営しています。今回はtomiNET(TOMI)について図解します。

 

その流れより、DOPトークンもマーケットからの期待値が高いプロジェクトとなっています。

 

<公式情報>

 

 

DOPとは?|tomiNET

Data Ownership Protocol(DOP)トークンは、【世界初】の個人のプライバシーを守る機能を持ったトークンになります。

 

よくも悪くも現在のブロックチェーン業界は、

  • 情報がすべて公開される点
  • 情報を公開するか否かの二択しかない点
  • 限定された外部システムとの互換性
  • 情報の透明性を悪用される点

など、ブロックチェーンが今後の社会に与える影響は大きいものの、まだまだ課題はあるとされています。

 

そこでDOPプロジェクトは、現在のブロックチェーン業界が抱える問題点の改善に向けて進んでいます。

 

DOPプロジェクト

<DOPが提供するソリューション>
  • 情報開示を選択できるマネージメント機能
  • 柔軟なプライバシー設定、情報の透明性とプライバシー保護の両立
  • プライバシーが保護された取引
  • 外部ウォレットと高い互換性

 

つまりブロックチェーンの仕組み的に、取引履歴は誰でも閲覧する事ができる透明性がある一方、(個人情報とは紐づいていないものの)保有している資産などの情報が漏洩する可能性があります。

 

そこでDOPプロジェクトでは、情報の所有とオンライン上のアクティビティ履歴の開示・非開示をユーザーが自由に選択することが出来る画期的なシステムを搭載しています。

 

詳細をご希望の方は、ビットコイン予備校の公式LINEまでメッセージを下さいませ。

友だち追加

 

 

tomiNETの価格について



tomiNET(TOMI)は、2023年1月に暗号通貨の取引所へ上場しました。

 

tominetのチャートについて

*2023年9月時点

<tomiNET(TOMI)>
    • (2022年11月)プレセール:0.1ドル
    • (2023年1月)初上場:0.3ドル付近
    • (2023年9月)15か所ほどに上場:3.1ドル付近(プレセールより約30倍

 

 

DOPトークンが注目されている理由は?

バイナンスブロックチェーンウィーク

DOPプロジェクトは、2023年11月にイスタンブールで開催の「バイナンス ブロックチェーンウィーク2023」のスポットライトスポンサーとして掲載されています。

※もう一つの「First Digital社」はバイナンス関連のステーブルコインプロジェクト

 

■First Digital社とは?

FDUSDトークン(ステーブルコイン)を発行しています。(Binance取引所に上場済み)

 

従来、Binanceと業務提携をしていた『BUSD(ステーブルコイン)』が供給停止した事により、『FDUSD』への移行が推奨されています。

※参考URL

 

*参考元:https://twitter.com/dop_org/status/1694326437803635080

DOPプロジェクトは、2023年3月にベトナムで開催された『Binance Campus』に参加しました。

 

世界最大の取引所であるバイナンスが取り上げているという事で、多くの投資家からの期待が高まっているようです。

 

有名Youtuberも注目?

日本国内ではまだまだ知名度・認知度は高くないかも知れませんが、徐々に日本国内のインフルエンサーさん達が情報をアップしております。

 

おもにtomi中心に取り上げられており、二次影響的にDOPプロジェクトへの注目度が高まっていることが感じられます。

 

「COIN OTAKU(コインオタク)」さん

 

「COINCATSチャンネル」さん

 

 

詳細をご希望の方は、ビットコイン予備校の公式LINEまでメッセージを下さいませ。

友だち追加

 

DOPトークンの設計|将来性

【ビジネスモデル】【トークンスワップ図式】【取引手数料の見込み】【ステーキング収益の見込み】【トークン分布図】

DOPプロジェクト

DOPプロジェクトでは、すべての手数料・ステーキング収益の50%をバーン(消却)することで、DOPトークンが市場に流通する枚数を減少させ、相対的に価値(価格)を高める効果があります。

DOPプロジェクト

DOPプロジェクトの市場規模は50兆円を見込んでいます。

 

■日本の産業|市場規模

日本国内の一番大きな市場は、「自動車産業」の72兆円規模となります。

 

DOPプロジェクトは、まだまだ市場規模拡大に向けてローンチしていきます。

つまり、DOPトークン価格も上昇していく可能性があるという事です。

DOPプロジェクト

DOPプロジェクト

*AAVEは、DeFiレンディングプラットフォームの最大手プロジェクトです。

(中央管理者が存在しない分散型金融システム「DeFi」銘柄です。)

DOPプロジェクトのトークンエコノミクス

DOPトークンの総発行枚数に対する各属性の保有比率となります。

プライベートセール購入者以外は、ロックアップ(売買不可)期間が設定されておりますので、上場後にも大幅な価格下落(=売り圧)を抑制することができる設計となっております。

DOPプロジェクト

DOPプロジェクトはトークン価格の下落に対してのリスクヘッジとして、市場に流通しているトークンを買戻し・バーン(消却)をすることで、相対的に価値(価格)を下落しない計画を立てています。

 

 

DOPトークン情報は?コントラクトアドレスなど

(2023年10月現在)

DOPトークンは、暗号通貨取引市場に上場しておりませんので取引することは不可となります。

 

詳細をご希望の方は、ビットコイン予備校の公式LINEまでメッセージを下さいませ。

トークン情報はローンチ後に公開される予定との事です。

 

つまり、それまではウォレット内にトークンを追加することができません。

 

トークン情報について明確な時期は公開されておりませんので推測になりますが、

  • (2023年11月)「Binance Blockchain week」のイベントにて?
  • (2024年1月)プライベートセール終了後?

などの憶測が飛び交っております。

 

トークン情報は以下のサイトで公開予定との事です。

http://dop.org

 

関連記事

tomiNET(TOMI)とは?仮想通貨の概要・内容・買い方は?
tomiNET(TOMI)とは?仮想通貨の概要・内容・買い方は?
2023年1月の上場以来、価格が大きく上昇している「tomiNet(TOMI)」。TOMIはweb3.0銘柄の一つであり、DAO(分散型自立組織)方式でTOMIプロジェクトを運営しています。今回はtomiNET(TOMI)について図解します。

 

詳細をご希望の方は、ビットコイン予備校の公式LINEまでメッセージを下さいませ。

友だち追加

 

 

まとめ|DOPトークン

<かんたんなまとめ>
  • DOPトークンは、tomiが生み出した技術を基に開発されたプロジェクト
  • 23年11月に世界最大の取引所「Binance」のブロックチェーンウィークのスポットライトスポンサーを務める
  • tomiNETは、上場から約30倍へ(2023年9月時点)
  • 価値(価格)を下げない為の計画を用意

 

いかがでしたか?

 

DOPトークンは、上場から8か月で大手取引所を含む15カ所以上への上場を成功させたTOMI(tomiNet)関連のコインとなります。

 

Web3.0の普及と比例して価値が高まっていくであろう将来性に期待のトークンではないでしょうか。

 

 

注意事項・免責事項
本ページは情報提供のみを目的としております。 ご利用時は各自のご判断にて行って下さいませ。 また掲載している情報には細心の注意を払って掲載をしておりますが、正確性および完全性を保証するものではなく、生じた損失には責任を負えませんのでご理解を願います。 ※また予告なしに、掲載情報が変更になる場合も御座います。

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。