INX提携先の企業

※2021年7月現在のパートナーリスト(一部) 参照元:https://www.inx.co/ils-brokers

本記事では、INXトークンに関連する情報について紹介いたします。

 

 

<短編動画と各種サイト>

INXがセキュリティトークンの未来を語ります。各自1~2分の短い動画です。セキュリティトークンの知識と価値を高めるツールとしてご利用下さいませ。(日本語ver)

  1. https://youtu.be/aOAghstjVo4
  2. https://youtu.be/ILCtutKXTkY
  3. https://youtu.be/ljOWGMGQRO8
  4. https://youtu.be/VhIbsrDNNdQ
  5. https://youtu.be/pTBF1FYwReY

 

INXトークンはSEC(米国証券取引委員会)認可のセキュリティトークンです。その為、ICOではなく『IPO』セールとなります。

 

一般的に利用されている仮想通貨の取引所には上場はいたしません。INXのマネージメントからは、2021年7月頃にOpenfinance Securities(自社取引所)に上場される予定と発表されています。

2021/7/28 日本時間22時~上場となります。

※またIPO終了後に、今後のプロジェクト展開に向けた発表がリリースされます。

 

 

Sponsored Link

 

INXプラットフォームについて

INXトークン

【詳細はこちら】
<INX3つのプラットフォームについて>

3つの異なるプラットフォームが1つの屋根の下(INX)に存在し、それぞれが独自の規制監督下に置かれることになります。

  1. 暗号通貨取引プラットフォーム
  2. セキュリティートークン取引プラットフォーム
  3. 先物/デリバティブ取引プラットフォーム(将来の計画)

 

①暗号通貨取引プラットフォーム(INX Digital)

  • http://crypto.inx.co
  • 2021年3月31日:ソフトローンチ
  • INX投資家たちが徐々に招待中

招待後(パスワード変更と設定)アカウント設定を行う

  • 入金:USD, BTC, ETH, LTC ,ZEC
  • 最低入金額US$500
  • US$(銀行振込、Revolutなど)
  • 仮想通貨入金額制限無し
  • 取引ペア:BTC, ETH, LTC, ZEC

今後一般のトレーダーたちに開かれ、買い手と売り手の数が次第に増えていくにしたがって流動性は向上していきます。

 

②セキュリティートークン取引プラットフォーム(Openfinance Securities/INX Securities)

  • FINRAによる経営の移行認可待ち(OpenFinance→INX)
  • URL:https://www.openfinance.io/
  • INXトークン上場(2021年5月末まで予定)2021年7月に変更

2021年5月現在、openfinance.ioの登録は現在進行形で開設までに2週間以上かかる可能性があります。

  • 適格投資家(accredited investor)である必要なし
  • 長期投資家は必ずしも今すぐの開設は無し
  • 取引にMetamask使用(P2P)

 

③先物/デリバティブ取引プラットフォーム(将来の計画)

  • 2021年6月INX日本法人設立予定
  • 2021年Q2第二四半期(?)株式上場/TSVX(カナダ)
  • トークンではなくエクイティ(株式)

 

■INX Japan Communityはこちら

※管理人さんにて投資家からの質疑応答に、非常に丁寧に対応をしている印象です。

 

 

ホワイトリストの確認方法

INXトークン

ホワイトリストがまだ完了していない方はまずは以下のURLからホワイトリストの登録お願いします。

https://sale.inx.co

※ホワイトリストに登録されているアドレスにしかINXトークンは付与出来ない為

 

■ホワイトリスト登録の確認方法

https://etherscan.io/token/0xbbc7f7a6aadac103769c66cbc69ab720f7f9eae3#readContract

  1. 「17.whitelist」をクリック
  2. 空欄にERC20アドレスを入力
  3. 「Query」をクリック
<表示内容>
  • “TRUE”:登録済み
  • “FALSE”:未登録

     

     

     

    進捗情報|INXトークン

    INXトークン

    <INX進捗情報>

      ■INXトークン上場後の購入手順

      1. openfinanceの口座開設(書類提出)
      2. 別INXサイトにて、MetaMask(推奨)の入金用アドレス(英数字の文字列)をホワイトリスト化(書類提出)
      3. MetaMask(推奨)をopenfinanceにて連携
      4. 仮想通貨取引所からMetaMaskへETHを送金
      5. MetaMask(推奨)からopenfinanceへETHを送金
      【最新のお知らせ:2022年6月1日】

      The secret of change is to focus all of your energy not on fighting the old, but on building the new.” Socrates

      May was an exciting month. As we noted in our quarterly report, published earlier this month, the company’s target goals for the first quarter of 2022 were accomplished.

      It’s time to update our one-of-a-kind INX community members on our most recent developments.

      Trade Made Simple

      It’s coming! The INX app launch will take place as planned, and it will be released to the public in the next few days. The app, which can be downloaded from the App Stores, is a critical step in our mission to create INX one, a breakthrough trading hub. Stay tuned to buy, sell, swap. Plain and simple, 24/7, 365.

      変化の秘訣は、古いものと戦うことではなく、新しいものを構築することに全エネルギーを集中させることである。” ソクラテス

      5月はエキサイティングな月でした。今月初めに発表した四半期報告書でも述べたように、2022年第1四半期の会社の目標が達成されたのです。

      唯一無二のINXコミュニティメンバーの皆様に、当社の最新動向をお伝えする時がやってきました。

      トレードをシンプルに

      来るぞ! INXアプリのローンチは予定通り行われ、数日中に一般公開される予定です。このアプリはApp Storeからダウンロード可能で、INX oneという画期的な取引ハブを作るという私たちのミッションの重要なステップとなります。購入、売却、スワップのためにご期待ください。プレーンでシンプル、24時間365日。

      【最新のお知らせ:2022年5月2日】

      “未来を予測する最良の方法は、それを創造することである。” エイブラハム・リンカーン

      ちょうど1年前、私たちは株式を公開しました。これは、SECに登録された史上初のデジタルセキュリティトークンIPOでした。それ以来、私たちは24時間体制で取り組んできました。ブローカー・ディーラー、デジタルATS、証券代行会社、フィアット・インターバンク・ブローカーの買収は、すべて戦略的なものでした。その後、暗号通貨とデジタル証券のプラットフォームを立ち上げ、米国のほぼ8割の州でマネー・トランスミッター・ライセンスを取得しました。

      チャンスは起こるものではありません。私たちは毎日、機会を創りだしているのです。4月も終わりに近づき、9,000人以上のインクスコミュニティメンバーの皆様に、最近のエキサイティングな展開についてお知らせする時がやってきました。

      アプリの立ち上げと運用

      INXアプリのソフトローンチが予定通り開始され、間もなく完全なパブリックリリースが行われます。INXコミュニティと一緒に、App Storeからダウンロードできる待望の新しい取引アプリを祝います。私たちは暗号取引は簡単であるべきだと考えており、そのためにINXアプリを作りました。買う。売る。スワップ。シンプルに、24時間365日、いつでも。暗号取引に加え、暗号とデジタル証券の取引サービスを1つのシンプルなインターフェースで提供する最初のプラットフォームとなります。

      【年INXニュースレター-2022年1月要約:2022年2月2日】

      参考URL:https://www.inx.co/news/january-newsletter

      この1か月で、INXにいくつかの重要な変更が加えられました。毎月のレビューで、それらを強調できることをうれしく思います。

      新年の初めに、TokensoftのTransferAgentの購入を発表しました。この購入により、「ノーズツーテール」のセキュリティトークンビジネスを開始することができます。

      間もなく、プライマリーオファリングを発表します。証券オファリング(公的または私的)を通じて企業の資金を調達する状況。パイプラインには、セキュリティトークンプロセスのすべての段階で支援するためにやってきた多くの企業があります。ウェブサイトのデザインから「今すぐ投資」ボタンまで。法定通貨への変換を伴う暗号通貨の受け入れから、トークンの作成と配布まで。 「帳簿と記録」の管理から、ATSの流通市場でのセキュリティトークンの最終的なリストまで。 INXは、これらすべての機能を発行者向けのシームレスな振り付けシーケンスで管理します。

      1月10日、待望のValdy Investmentsの逆買収(RTO)の完了を発表しました。この取引により、合計3,100万ドル近くの新規資金が入社し、社名が「INXDigitalCompany」に変更されました。

      【年末のニュースレター:2021年12月30日】

      INXトークンのレポート

      ※参考元:https://www.inx.co/news/end-of-year-newsletter

      Google翻訳による掲載です。

      2021年が終わりに近づくにつれ、私はあなたと私たちの過去、現在、そして未来を共有したいと思いました。

      しかし、最初に2021年の成果を要約しましょう。いずれにせよ、今年はINXにとって野心的で成功した年でした。

      • 米国史上初の登録済みセキュリティトークンIPOが完了し、7,200人を超える投資家から8,400万ドル以上を調達
      • Openfinanceのブローカー/ディーラーおよびATS(現在はINX証券)の買収
      • NFAに登録されたディーラー間ブローカー、ILSブローカーの買収
      • 多くの州での州送金業者ライセンスの受領-INXは現在、米国の31の州および準州で暗号通貨を取引するためのライセンスまたはその他の方法で認可されています
      • INX証券の大幅なアップグレード
      • IPEXおよびEntoroCapitalとのパートナーシップの発表
      • 暗号通貨のリストはGMOペアで増加しました
      • EVBiologicsおよびTinagaResortsと締結したデジタルセキュリティリスト契約
      • LOIは、英国プレミアリーグのバーンリーフットボールクラブのオーナーであるALKキャピタルと、デジタルセキュリティリストのアドバイザリーサービスとレイズについて署名しました。

      私たちの過去。SECに最初にアプローチした2018年に巻き戻します。覚えているかもしれませんが、私はICOに似た何かをしたいと彼らに言いましたが、完全に登録されたセキュリティで規制された方法で。ブロックチェーンセキュリティの最初のIPO。私たちの最初のリクエストは、私が期待した歓迎を受けませんでした。しかし、法律事務所のMcDermott、Will&Emery、会計士のErnst&Youngをチームに加えると、状況は変わり始めました。

      【最小取引単位について:2021年8月1日】

      INXトークン最小取引単位100ユニットについてです。

      もしトークン価格が上昇すれば、ユニット数やトークンの小数点以下の単位が必要に応じて変化し使われるでしょう。

      常に金融の最前線で戦ってきた経営陣によって、必要な時にベストの判断がされます。

      https://t.me/INX_Japan_community

      INX Japanコミュニティ

      【INXトークン上場:2021年7月26日】

      2021年7月28日(水)22時(日本時間)となります。

      https://twitter.com/inxlimited/status/1419658181630963714?s=29

      【INXトークン管理サイト:2021年7月16日】

      INXトークン管理サイト:http://sale.inx.co

      まとめ(ベータ版)

      このサイトは、INXトークンを受取るアドレスのホワイトリスト化サイト。配当金を配布する際のデータベース。

      IPO参加者とIPO非参加者の両方の方々が、Openfinance/INX Securitiesで使うメタマスクのアドレスのホワイトリスト化を同サイトで行います。

       

      IPO非参加者はKYCとAML審査が必要です。IPO参加者は、KYCとAMLはIPO時に審査済みなので、またする必要は無いです。IPO参加者の方がINXトークンを受け取るために登録したアドレスは、すでにホワイトリスト化されています。

       

      自分のアドレスがホワイトリストに登録されているかどうかを確認するには、

      Profile →Account Information →Receiving ETH Addressをご覧ください。

      Receiving ETH Addressに、アドレスが表示されていれば、ホワイトリストに登録されています。ホワイトリストに登録されている最新のアドレスが1つだけ表示されます。過去にホワイトリストに登録されたアドレスがある場合は、システムに保存されており、表示されません。

       

      Openfinanceの登録前でも、登録途中でも、同サイトを利用できます。Openfinanceの登録や利用に関係無くアドレスをホワイトリスト化したい場合は、ETHを受け取れるアドレスなら、ホワイトリスト化できます。ホワイトリストには複数のアドレスを登録できます。

      ホワイトリスト化されたアドレスを持つ信頼する御家族などとP2PすることはOKです。INXはP2Pによる売買は、リスクが大きいため、勧めていません。自己責任になります。

      【INX LimitedがOpenfinanceの買収を完了:2021年6月8日】

      Openfinanceの所有権がINX Limitedに譲渡され、デジタル証券取引プラットフォームに6万件以上の登録が導入されました。

      ニューヨークおよびシカゴ、2021年6月8日 /PRNewswire/

      デジタル証券および暗号通貨を取引するためのブロックチェーンベースのプラットフォームを所有するINX Limited(以下、「INX」)は本日、INXがFinancial Industry Regulatory Authority, Inc. FINRA」)から所有権の変更に関する承認を受けたことを発表しました。

      “Openfinanceの買収により、デジタル証券分野における当社の市場投入までの時間が大幅に短縮されました。暗号通貨取引所に加えて、当社はデジタル証券取引プラットフォームを投資家に提供します。一つの屋根の下で多くのデジタルサービスを提供できることはエキサイティングです。INXのCEOであるShy Datikaは次のようにコメントしています。「将来的にはさらに多くのサービスを提供することを楽しみにしています。

      今回の買収完了により、INXはデジタルセキュリティ上場企業と顧客基盤を含むOpenfinanceのブローカー・ディーラー/ATSを完全所有の子会社に数えています。Openfinanceの登録ユーザベースは、Openfinanceの認証証明書を使用してINX Digitalのプラットフォームに乗り込むことができます。

      買収完了後、INXは数々のアップグレードを実施することで既存のプラットフォームの機能を強化する機会を得ました。INXは、これらのアップグレードが実施された後、7月にデジタル証券プラットフォームにINXトークンを上場する予定です。

       

      ■2021/6/24追加

      INX LimitedがFinancial Industry Regulatory Authority, Inc.の承認を得て、Openfinance Securities, LLC(以下「Openfinance」)の買収を完了したことをお知らせします。(“FINRA”)の承認を受けて買収を完了しました。

      ブランド統一の一環として、証券取引プラットフォームを新ドメイン:securities.inx.coに移行しました。スムーズな移行のために、旧ドメイン(app.openfinance.io)は自動的に新ドメインにリダイレクトされます。

      これに伴い、新しいサポート用メールアドレスは securities.support@inx.co となります。 旧サポート (help@openfinance.io) は今後サービスを停止します。

      INXの証券取引ソリューションとオファーを新しくエキサイティングな方法で紹介するために証券取引プラットフォームを強化し続けているので、今後数ヶ月の間にさらなる改善と発表を期待しています。

      www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳

      【INXトークン保有メリット(コミュニティニュース):2021年6月3日】

      INXトークンの保有者は、両取引所で発生した利益の恩恵を受けることができます。今日の発表の通り、ステープルコインのGYenとZUSDを上場する予定です。それら自身同士に対しても、また他の暗号通貨に対しても取引を行います。

       

      米国では、OCC(米通貨監督庁)がすべての連邦政府公認の銀行に、たとえばACHやSwiftではなく、USDCを使うように指示しました。USDCはNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)のステーブルコインです。GYenもそうです。

       

      私は、機関投資家と個人投資家の両方がGYenを取引することに興味を持つと予想しています。なぜか?それは、円が世界で2番目に取引されている通貨だからです。ビットコインの取引量が230億ドル、ナスダックの取引量が1860億ドルであるのに対し、米ドル円の1日の取引量は9000億ドルです。

       

      FX市場は他の市場を凌駕しています。FXトレーダーは米ドル円をデジタル形式で取引することができます。2日以内の決済やノストロ口座は必要ありません。GMOのプラットフォームには約1,300万人のユーザーがいますが、日本国外には300万人のユーザーがいます。また、日本の規制当局が許可すれば、日本からも“数名“が参加することになるでしょう。

       

      念のために言っておくと コインベースには550万人のアクティブユーザーがいて、暗号を取引しています。これらのFXトレーダーのうち、ほんの少しでも私たちが彼らに暗号通貨を取引させることができれば…と考える人もいます。そうんなれば、いいことですね。

      私には結論は出せません。しかし、私たちは、現在ビットコインの36倍の取引をしている商品を、FXで世界最大のパートナーと一緒に上場します。それがトークン保有者にどのような影響を与えるかについては、ぜひご自身で結論を出していただきたいと思います。

       

      (訳注)

      ・ノストロ口座

      銀行間取引において資金決済を行う当方の決済口座のことを指し、また外国に現地の通貨建で保有する当方の決済口座のことをも指します。

       

      ・ACH

      Automated Clearing House(自動資金決済センター)

      毎日決められた時間に、アメリカ中の銀行は、その日に申し込まれた送金の情報をまとめてACHへ送ります。ACHはその日のうちに送金リクエストを処理し、通常翌朝に送金を完了させます。

      【GMO提携(続報):2021年6月2日】

      2021年6月2日 /PRNewswire/ — GMO-Z.com Trust Company, Inc. (以下、「GMOトラスト」)は、規制された暗号通貨およびデジタル資産取引プラットフォームを所有するINX Limitedと戦略的パートナーシップを結び、子会社であるINX Digital, Inc.を通じて、世界初の規制された日本円(JPY)のステーブルコイン「GYEN」を個人投資家および機関投資家に提供することを発表しました。(以下、「INX」)を通じて、個人・機関投資家向けに世界初の規制対象である日本円(JPY)の安定コイン「GYEN」を提供します。また、INXは、GMOトラストの米ドル建てステーブルコイン「ZUSD」も組み入れる予定です。

       

      GMOトラストは、日本のインターネットおよび金融サービスのコングロマリットであるGMOインターネットグループ(以下、GMOグループ)のニューヨークに拠点を置く、規制対象のステーブルコインの子会社です。

      GMOグループは、世界最大のオンラインFX取引プラットフォーム、日本の規制対象であるインターネット銀行、暗号通貨取引所、暗号通貨マイニング事業、決済ゲートウェイサービスを所有・運営しており、INXにとっては金融業界のヘビー級パートナーとなります。

       

      GMOグループの金融サービスプロバイダーであるGMOクリック証券株式会社は、過去10年間の大半において、リテールFXブローカーとして世界最大の取扱高を誇っています1。GMOグループの暗号通貨の取扱高を拡大するために、ニューヨークで規制された限定目的の信託会社としてGMOトラストが設立され、新しいデジタルドルであるZUSDとともに、最初の規制された円のステープルコインであるGYENを立ち上げました。

       

      INX Limitedは、個人投資家と機関投資家の両方を対象とした、初のSEC登録済みデジタルセキュリティIPOを行いました。INX Limitedは、個人投資家や機関投資家、トレーダーに、両方のプラットフォームを通じてデジタル資産と暗号通貨の両方へのアクセスを提供するユニークな立場にあります。

       

      “INXは、金融グレードの安定したコインを発行している世界的な金融サービス企業と戦略的パートナーシップを結ぶことを誇りに思います。” INXのチーフビジネスオフィサーであるダグラス・ボースウィック氏は、”GMOは、当社の機関投資家の顧客層に直接合致する、非常に相乗効果の高い事業ポートフォリオを持っており、米国の規制下にある取引所として、デジタル資産側でサービスを提供するのに理想的な立場にあります。” と述べています。

       

      “我々は今、高度に規制された取引所がティア1の機関投資家にサービスを提供する準備をしている新しい時代に入っています。” GMOトラストのCEOであるケン・ナカムラは次のように述べています。「米国のトップレベルの規制基準に基づいて取引所を構築しているINXと協力できることを嬉しく思います。このレベルのコンプライアンス、安全性、技術は、最大手の金融会社を彼らのプラットフォームに引き付けるでしょう。”

      *なお、GYENおよびZUSDは、規制上の理由により、日本の居住者には提供されませんのでご注意ください。

      【GMOグループと提携:2021年5月28日】

      日本の大手金融機関であるGMOインターネットグループがINX Limitedと提携し、NYDFS規制のステーブルコインを個人・機関投資家に提供開始。

      ※参考元:https://www.prnewswire.com/news-releases

      【上場時期に関して:2021年5月28日】

      ※参考元:https://www.prnewswire.com/news-releases/inx-limited-announces-updated-timetable-for-token-listing-worlds-first-sec-registered-security-token-to-be-listed-in-july-301301842.html

      ニューヨークおよびシカゴ、2021年5月28日 /PRNewswire/ — デジタル証券および暗号通貨を取引するためのブロックチェーンベースのプラットフォームを所有するINX Limited(以下、INX)は本日、SECに登録されたデジタル証券であるINX Tokenを、INXのデジタル証券取引プラットフォームであるOpenfinance Securities ATSに7月に上場することを発表しました。

       

      INX社の社長であるShy Datika氏は、「できるだけ早く上場することに興奮しています。我々のチームは、顧客の強い要望に応えるために、技術とオンボーディング・エクスペリエンスの強化に熱心に取り組んでいます。コミュニティの皆様の熱意とご理解に大変感謝しています」と述べています。

       

      “この時間枠の延長により、さらに多くのお客様をプラットフォームに乗せることができ、これはプラットフォームのすべてのユーザーにとって歓迎すべき結果であると考えています。”

       

      上場に向けて、INXトークン保有者と一般ユーザー向けの追加のイーサリアムウォレットのホワイトリストがINXのウェブサイトで公開されています。

       

      INXは先日、個人投資家と機関投資家の両方を対象とした初のSEC登録済みデジタル証券のIPOを完了しました。INXのデジタル証券プラットフォームは、そのプラットフォームを通じて世界中の企業や会社に革新的な取引や資本調達の機会を提供していきます。INX Limitedの詳細については、ウェブサイトwww.inx.co、Instagram、Facebook、Twitter、YouTube、LinkedInで同プラットフォームをフォローしてください。

       

      INX Limitedについて
      INX Limitedは、伝統的な市場の専門知識と革新的なフィンテックのアプローチを組み合わせて、デジタル証券と暗号通貨の規制された取引プラットフォームを提供しています。INXは、ビジネス、金融、法律、ブロックチェーン技術の専門家で構成される経験豊富なチームが主導しており、規制の道筋に沿ってブロックチェーン技術を活用することで、資本市場の世界を再定義するというビジョンで統一されています。

       

      Openfinanceについて
      Openfinance Securities, LLC(メンバーFINRA/SIPC)は、ブロックチェーンベースのSTOを含むデジタル形式の証券を取引することを許可されたSEC指定のATSであり、INX Limitedの完全所有・別運営の子会社です。Openfinanceは、8.8兆ドルのオルタナティブ資産市場における流動性と投資機会への前例のないアクセスを提供することにより、デジタル証券の二次取引のための主要な取引プラットフォームでオルタナティブ資産投資を変革しました。

       

      将来の見通しに関する記述
      本プレスリリースの一部の記述は、1995年米国私募証券訴訟改革法(The Private Securities Litigation Reform Act of 1995)に規定される将来予想に関する記述に該当します。場合によっては、「may」、「will」、「should」、「expects」、「plan」、「project」、「anticipates」、「believes」、「estimate」、「predicts」、「potential」、「intention」、「continue」などの用語や、これらの用語の否定形、あるいはその他の類似した用語によって、将来の見通しに関する記述を識別することができます。

      これらの将来の見通しに関する記述には、当社の目的、計画、戦略に関する記述、業績や財務状況の予測を含む記述、当社製品の研究、開発、使用に関する記述、および当社が意図、期待、予測、確信、あるいは将来発生する、あるいは発生する可能性があると予想している活動、事象、または開発について述べたすべての記述(歴史的事実に関する記述を除く)が含まれますが、これらに限定されるものではありません。

      将来の見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。

      れらの将来の見通しに関する記述は、当社の経営陣がその経験と、過去の傾向、現在の状況、予想される将来の発展、およびその他の適切と思われる要因に関する認識に照らして行った仮定および評価にもとづいています。これらの記述は現時点での予測にすぎず、既知および未知のリスク、不確実性ならびにその他の要因が内包されています。

      これらの要因は、当社または当社の業界の実際の業績、活動レベル、実績または成果が、将来見通しに関する記述で予測されたものと大きく異なる結果をもたらす可能性があります。当社は、これらのリスクの多くについて、2021年4月29日に米国証券取引委員会に提出した2020年12月31日を末日とする年次報告書(Form 20-F)において、”Risk Factors “および “Cautionary Note Regarding Forward-Looking Statements “の見出しを含め、より詳細に説明しています。

      将来の事象を予測するものとして、将来の見通しに関する記述に依拠すべきではありません。将来見通しに関する記述に反映されている期待は、本稿の日付時点で合理的であると考えていますが、将来の結果、活動レベル、業績、成果を保証するものではありません。法律で義務付けられている場合を除き、新しい情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、当社は将来の見通しに関する記述を更新または修正する義務を負いません。

      【報告:2021年5月28日】

      2021年5月28日 /PRNewswire/

      INX Limitedは本日、2021年3月31日時点での累積調整済み営業キャッシュフローの計算と、INXトークン1枚あたりの分配可能額の比例配分を発表しました。

       

      単位:千米ドル、特記事項を除く

      2020年12月31日時点の累積調整済み営業キャッシュフロー

      (12,419)

       

      控除 2021年3月31日に終了した3ヵ月間の営業活動に使用された純現金

      (3,616)

       

      控除:2020年4月30日にINXトークン保有者に支払われた分配金の基礎となった2019年12月31日時点の累積調整済み営業キャッシュフロー0ドル(分配はありませんでした。)

      Plus 2021年3月31日に終了した3か月間のINXトークンによる収入

      17,373

       

      Less 2021年3月31日に終了した3ヵ月間におけるINXトークンの初回売却による収入

      (17,373)

      2021年3月31日時点の累積調整済み営業キャッシュフロー

      (16,035)

      配分可能額

      0

      INXトークンの発行済株式数(2021年5月19日現在

      124,471,114

      INXトークン1枚あたりの分配可能額の比例配分率

      0

      これらの計算は、INX Limitedおよびその子会社の未監査の四半期業績に基づいています。

      INXトークン購入契約に記載されている条件に従い、2021年暦年から、当社以外の当事者が保有する各INXトークンは、INX Limitedの累積調整済み営業キャッシュフローの40%に相当する金額(既に過去の分配の基礎となった調整済み営業キャッシュフローを除く)を比例配分で受け取る権利を保有者に与える。

      INXトークンの保有者への分配は、当社の累積調整済み営業キャッシュフローの最終計算と、INXトークン1枚あたりの分配可能額の比例部分に基づいて行われます。これらの最終計算は、監査済み財務諸表を含む年次報告書の提出と同時に行われますが、これは当社の会計年度の最終日(12月31日)から120日以内に行われる可能性があります。最終的な計算結果は、Form 6-Kでの提出、Form 20-Fやその他の年次報告書への掲載、プレスリリースの発行、ウェブサイトへの掲載などの方法で公開します。

      INXトークン保有者への分配は、当社の契約上の義務であり、調整後の累積営業キャッシュフローがプラスであった年度末の翌年3月31日時点で登録されている各INXトークン保有者の権利でもあります。しかし、当社の累積調整後営業キャッシュフローの比例配分は自力ではできず、当社の取締役会が当社の財務諸表を承認し、そのような配分を誠実に計算する必要があります。さらに、当社の累積調整済み営業キャッシュフローの年次計算は、INX Limitedおよびその子会社の監査済み連結財務諸表で提供される情報に基づいて行われますが、累積調整済み営業キャッシュフローの計算や、トークン保有者へのプロラタ分配は、分配時に監査されることはありません。

      【報告:2021年5月17日】

      www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

      現在、”舞台裏 “で行われているすべての活動について、皆さんに簡単な報告をしたいと思います。

      ■IPOトークンの配信

      INXトークンの提供を終了してからこの数週間で、いくつかのことを達成しました。まず、すべてのINX IPOトークンを投資家の皆様のウォレットにお届けしました。もしまだ問題がある場合は、support@inx.co までご連絡ください。

       

      ■INX Digitalのオンボーディング

      INX Digitalは、INX暗号通貨取引プラットフォームを運営する子会社です。これは、ユーザーが主要な暗号通貨ペアを取引することができるプラットフォームです。年が明けたら、提供する商品を追加していく予定です。

      当社がMT(Money Transmitter)ライセンスを取得している米国の州に居住する、対象となるINXトークン保有者およびKYC/AML審査を受けた方全員に招待メールを送信しました。今後数ヶ月の間に新しいライセンスを追加する予定ですが、まだ承認されていない州にお住まいの方はご理解ください。新しいライセンスが承認された場合には、一般の方々にもお知らせします。

      INXトークンをお持ちの方、またはKYC/AMLプロセスを完了したが投資をしなかった方は、当社のKYC/AMLプロセスに必要な作業のほとんどをすでにクリアしていることになります。つまり、あなたのINX Digitalへのオンボーディングを「迅速に」行うことができるのです。トークンの購入時に使用したメールアドレスをINX Digitalのオンボーディングに使用し、新しいパスワードを設定するだけです。

      なお、INX Digitalは5月末までに、対象となる米国の州では誰でも、米国以外の対象国では誰でも利用できるようになります。

       

      ■INXサービス / OpenFinance証券のオンボーディング

      OpenFinance Securitiesから取得したブローカー・ディーラーおよび代替取引システム(ATS)のライセンスを運用する子会社を設立します。これは、INXトークンのような有価証券であるデジタル資産の取引を促進するプラットフォームです。

      Openfinance.ioでのオンボーディングで発生したフラストレーションを十分に理解し、承認までの時間を緩和するために努力しています。このプラットフォームには「ファストトラック」オプションはありませんが、ここ数週間で増加した申請に対応して、オンボーディングプロセスを促進するための専門チームを設置しています。

      ちなみに、INXトークンの保有者は7,200人以上、オファーに興味を示した人は61,000人以上います。これは、米国のすべてのセキュリティートークンプラットフォームに登録されたユーザー数の合計よりも多い可能性があります。INXのエコシステムに参加するトレーダーの数は、歴史的に見ても非常に多いのです。

      米国のいくつかの州ではBlue Sky法によりIPOでINXトークンを購入することができませんでしたが、米国のすべての州の住民はOpenfinance.ioにオンボードしてINXトークンを取引することができます。例えば、ペンシルバニア州にお住まいで、IPOでINXトークンを購入できなかった方でも、Openfinance.ioに登録して、流通市場でINXトークンを購入することができます。

      INXトークンの上場は今月末を予定しています。

      さらに詳しい情報は、Telegramで成長中のINXコミュニティにいつでも参加することができます。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

      INXチーム

      【トークン保有者数の確認方法】

      INXトークンのホルダー数

      ※参照元:https://etherscan.io/token

      Etherscanにて、INXトークンの保有者数を確認する事が可能です。(2021/4/25現在)

      【上場予定について:2021年4月25日】

      INXトークンが最初に上場する場所は「OpenFinance」となります。※OpenFinanceはINXが買収しました。

      現在FINRA(Financial Industry Regulatory Authority/金融業規制機構)が経営陣の交代を認可するのを待っています。その後システムアップデートをいくつも行いながらINX取引所になります。INX経営陣から出された公式PRでは5月末までの上場が発表されています。

      公式PRの中で以下のものがあります。INXwebサイトに各種公式サイトへのリンクもあります。来週以降に順次様々な発表が行われます。

      上場後にその時のマーケットレートで購入可能になります。

      OpenFinanceの口座を今開設しようとしてもKYCなどが必要になります。IPO参加者はさらなるKYCは必要では無いです。詳細は来週以降順次発表される予定です。

      ※参考URL:https://www.prnewswire.com

      【トークン配布遅延について:2021年4月24日】

      INX運営元からのメッセージとなります。(Google翻訳)

      IPO終了間際の膨大な購入申請により、現在トークン配布まで最大5日程度送付に時間を要しています。

       

      送付に関する連絡は2021年4月28日以降にして下さい。その前のご連絡は送付を急ぐために頑張っているチームを遅らせてしまうからです。

       

      トークンをお待ちの方は以下のページで自分の受け取りアドレスを検索ボックスに貼り付けてクリックし、下の方にあるErc20 Token TxnsをクリックすればINXトークンを受け取っているか確認できます。

      https://etherscan.io/

       

      inxのcustom token追加が必要です。

      contract address:0xBBC7f7A6AADAc103769C66CBC69AB720f7F9Eae3

      【セール完売:2021年4月23日】

      期日通りにセールは完売となり、セール期間後の新規購入・追加購入は不可との事です。

      ※セール期日:2021/4/22 17:00まで(日本時間4/23 6:00)

      【デジタル資産取引所の買収を発表:2020年10月30日】

      INXは、米国登録のデジタル資産取引所『Openfinance(オープンファイナンス)』の買収を発表しました。

      オープンファイナンスは、規制下に置かれるデジタル資産取引プラットフォームの先駆者で、買収によりINXには代替資産市場における流動性へのアクセスの大幅向上が期待される。

      金融取引業規制機構(FINRA)の承認後、INXはオープンファイナンスのシステム、デジタル資産リスト、クライアントベースなどと共に、ブローカーディーラー・ATS(代替取引)ライセンスを取得する予定です。

      ※引用元:https://www.businesswire.com/news/home/20201030005313/en/

      【これまでの流れと今後の計画:2020年9月】
      • 2018年1月:目論見書をSECに提出
      • 2019年Q3:7つの州にて送金のライセンス取得
      • 2019年12月:取引所の開発を開始
      • 資金調達完了から6か月後を目途に仮想通貨取引所をオープン
      • 資金調達完了から9か月後を目途にセキュリティトークン取引所をオープン
      • 2021年Q1:新たに25州にて送金のライセンス取得予定
      • 2021年Q2:40週にて送金のライセンス取得予定
      • 2021年Q2:世界中にローンチ予定
      • 2021年中:証券会社とATSのライセンス取得予定
      • 2021年:セキュリティトークンの売買開始(INX)
      • 2021年:セキュリティトークンの取扱い(他社証券)

      ※引用元:https://securitytoken.jp/archives/1208

       

       

      ITXトークン

      <INX取引所のIPO概要>
      • 2021年4月22日まで開催
      • 法人拠点:ジブラルタル
      • 創業:2017年
      • INXトークン総発行枚数:2億枚
      • 最低購入額:1,000ドル~
      • 支払い通貨:BTC/ETH/USDC
      • IPO販売価格:0.9ドル/1枚
      • IPOセール枚数:1.3億枚(残り7,000万枚はリザーブ保管/運営元や初期投資家へ)
      • カストディ(資産管理):ANCHORAGE・BitGo・HexTrust

      ※運営保有のINXトークンは24か月間のロックアップ(50%は12か月後にリリース)

      仮想通貨取引所のINXは、米国証券取引委員会(SEC)に登録された初のセキュリティトークンセールにおいて、新規株式公開(IPO)を通じて最大で1億2950万ドル(約138億120万円)の資金調達を計画しています。※INXトークン=ERC20

       

      またICOとIPOを混同されているユーザーさんも多いかも知れませんが、

      • ICO:未登録業者でも誰でも立上げが可能
      • IPO:証券委員会の登録済み(従来の新規株式公開と同等)

      上記となる為、似ても似つかないほど内情には大きな差があります。また大半のICO主催者は規制当局に登録・通知をしなかった為、SEC(米国証券取引委員会)はICOチームを相手取り、未登録証券を違法に販売したとして多くの訴訟を起こしています。

       

      また2018年には、会員制マイニング企業アルゴ・マイニング(Argo Mining)がロンドン証券取引所(LSE)のIPOを通じて3250万ドル(約34億6310万円)の資金調達に成功したことは有名な話ですよね。※参考元:https://www.coindesk.com/

       

      INXはIPO(新規株式公開)にて調達した資金を、

      • 仮想通貨
      • セキュリティトークン
      • 上記のデリバティブ商品

      など、様々な種類のデジタル資産を扱うプラットフォームを立ち上げる予定です。

       

      IPOで発行された「INXトークン」の保有者は、

      • INX株主とはみなされない
      • INX事業による比例配分の権利あり(収益の40%)
      • INXプラットフォームの決済時に取引手数料10%割引(INXトークン利用時)

      など、収益分配権利と手数料減額によるハイブリッド証券を保有している形になります。

       

      またその他にもINXをステーキング(預入によるロック)することで、取引手数料の割引を受ける事も可能です。

       

      INXのCEOはAlan Silbert氏となり、米国の仮想通貨大手ファンドでもある「グレースケール」社CEOを務めるBarry Silbert氏の兄弟となります。

       

      またINX取引所の収益源は、

      • セキュリティトークンのリスティング(上場)
      • 取引手数料

      などが主なキャッシュポイントとして考えられます。

       

      <公式情報>

      それでは今回は、INXトークンの購入方法について図解します。IPO終了後にINXトークンを購入をする為には上場先の証券会社の口座開設が必要となります。※2021年6月28日に情報を更新

       

      INXトークンの購入は『2021年4月22日』まで

      INXトークン完売のお知らせ

      セール中に以下の話もありましたが、結局はトークン完売によりセール期日以降の購入は不可となります。

       

      ここ数日、アカウント登録の急増により作業が遅延している関係で、1度限りにはなりますが購入に関する規定は以下となります。※完売時は対応不可

      例)

      • 22日:口座開設開始
      • 25日:口座承認
      • 26日:BTCの送金
      • 30日:INXトークン着金

      とにかく購入期限である「22日中に口座開設を開始」していることが条件となります。

      2021年6月8日の公式PRにもありましたが、Openfinanceの経営権がINXに移行することがFINRAによって許可されました。しかし規制上の理由から、IPOでのKYCがOpenfinance/INXで使用することができなくなりました

       

      その為、IPOでご参画される方はINXトークンを売買するためには、OpenFinanceの開設が必要となります。

       

      ■INXトークン上場先(自社取引所)

      INXトークン購入方法!上場先のOpenFinance開設手順!

       

       

      Sponsored Link

       

       

      INXトークンの良くある質問

      INXトークンの良くある質問

      続きはこちら:https://drive.google.com/file/d/1RiQ3MqtDm5-O6BEVRDiM4zb71-E5O6nz/view?usp=sharing

       

       

      INXトークン購入の事前準備!

      INXトークンのオープンファイナンス(自社取引所)開設手順

      SEC(アメリカ証券取引委員会)に登録をしている為、利用をする為には本人確認や住所確認資料の提出が必要となります。

      <事前準備物>
      1. メールアドレス
      2. 本人確認資料(パスポート・免許証)など1種類
      3. 住所確認資料(公共料金や税金、インターネット)など1種類

      ※10,000ドル以上の投資を行う場合は、現在の肩書や収入源・現在の給与額・保有している資産や資産額など追加入力が必要

      ※50,000ドル以上の投資を行う場合は、収入や資産を証明する書類が必要(銀行の取引明細や口座詳細・納税申告書など)

       

      1.公式サイトへアクセス

      URL:https://token.inx.co/?referral=JPN23

       

      2.購入ページへアクセス

      「SUBSCRIBE TO THE OFFERING」をタップします。

       

      3.アカウント情報の入力

      ITXトークン購入方法

      <申込み手順>
      • メールアドレスの入力
      • ログインパスワードの入力
      • 同意欄にチェック
      • 「Register」にチェック

      ※ログインパスワード設定の注意事項

      • 最低1文字の大文字が必要
      • 英数字(小文字)が必要
      • 12文字以上であること

       

      4.入力したメールアドレス宛に配信

      INXトークン購入方法

       

      5.メールアドレス宛に承認リンクが配信

      INXトークン購入方法

      本文に記載されている「Verify」またはURLをタップします。

       

      6.アカウントの認証(Get Started)をタップ

      INXトークン購入方法

       

      7.本人確認の承認ページへ

      INXトークン購入方法

       

      8.個人または法人の選択

      INXトークン購入方法

      ※個人の場合は「Individual」を選択

       

      9.本人情報の入力

      INXトークン購入方法

      ※ローマ字入力

      住所は英語表示で入力が必要となります。※参考元:https://kimini.jp/

      <申込み手順>
      1. First Name:名前の入力
      2. Middle Name:任意
      3. Last name:苗字の入力
      4. 国籍の選択
      5. Building/Street Number:建物名または番地の入力
      6. StreetLine1:町名の入力
      7. City/Town:郡または市町村の入力
      8. State~:都道府県の入力

      ※以下の画像に続きます。

       

      INXトークン購入方法

      <申込み手順>
      1. Zip:郵便番号の入力
      2. Phone Number:国番号+携帯番号の入力
      3. Date of birth:生年月日の選択
      4. 「Submit & Review」をタップ

       

      10.申込内容の確認

      INXトークン購入方法

      入力した内容に誤りが無ければ、「Submit」をタップして下さい。※変更する場合は「Edit」を選択します。

       

       

       

      住所確認・本人確認資料のアップロード|INXトークン購入の事前準備

      1.住所確認資料のアップロードへ

      INXトークン購入方法

      <申込み手順>
      1. 「Identity Verification」を選択
      2. 投資額を選択
      3. 住所確認資料をアップロード
      4. 「Join」をタップ

      10,000ドル以上の投資をされる際は、追加の入力事項や提出書類が必要となります。※以下の8ページ目をご参照下さいませ。

      https://drive.google.com/file/d/1I6UHEcwBwb5gCY2w6jFkaz4QTIzy4Zf-/view?usp=sharing

       

      2.本人確認資料のアップロードへ

      INXトークン購入方法

      <申込み手順>
      1. 「Identity Verification」を選択
      2. 「Next」をタップ

       

      3.提出書類の選択

      INXトークン購入方法

      <申込み手順>
      • パスポート・免許証・マイナンバーカードなどのいずれかを選択
      • 「電話を続ける」を選択

       

      4.QRコードまたはSMS経由でリンク取得

      INXトークン購入方法

      安全性の確保の為、外部の第三者サイトへ移行致しますので『QRコードまたはSMS経由でリンク取得またはリンクをコピー』より外部サイトへアクセスをお願い致します。

       

      5.外部サイトアクセス時の表示内容

      INXトークン購入方法

       

      6.外部サイトにて本人確認資料の撮影

      INXトークン購入方法

      ご自身の提出する『本人確認書類』の表面と裏面を撮影いたします。

       

      7.セルフィー撮影の注意事項

      INXトークン購入方法

      内部カメラによりご自身のセルフィー画像を撮影致します。

      ※メガネや帽子は着脱してください。また目は開いた状態で顔の輪郭がすべて入るように撮影して下さい。

       

      8.セルフィーの撮影

      INXトークン購入方法

      顔の輪郭に合わせて撮影をいたします。

       

      9.元のページへ戻る

      ITXトークン購入方法

      セルフィーの撮影後、暫く時間が経過すると上記のような表示ページ内容が変わります。

       

      10.本人確認資料の申請完了

      ITXトークン購入方法

      本人確認資料・住所確認資料の承認までしばらく待機となります。※おおよそ即日から最大3営業日程度待ちます

       

      もし提出した書類に不備がある場合は、登録メールアドレス宛に連絡があります。

      • 登録名義
      • 登録メールアドレス
      • 誤りがあった情報
      • 正しい情報

      上記を伝達する必要があるとの事です。※ただし極力個人情報は間違いがないようにご登録をお進め下さいませ。

       

       

      認証状況は、ログイン後に確認する事が可能です。

      ログインURL:https://sale.inx.co/

       

       

      Sponsored Link

       

      同意事項にチェック!INXトークン事前準備!

      1.本人確認の認証完了

      INXトークンの承認

      2.トークン購入画面へ移行

      INXトークンの承認

      「Contribute to Token Sale」をタップします。

       

      3.各同意事項にチェック

      INXトークンの同意

      3つの法的なドキュメントがありますので、各同意事項にチェックを入れていきます。

       

      4.同意事項のチェックが完了

      INXトークンの同意

      各同意事項のチェックが完了すると、上記の図のような表示になります。そしてそのまま画面を下にスクロールします。

       

      5.「I Agree」をタップ

      INXトークンの承認

      以上でINXトークンの法的同意事項の申請は完了となります。ようやくINXトークンの購入へと進むことが可能です。

       

       

       

      INXトークンの購入方法!

      1.数量の入力

      INXトークンの購入画面

      INXトークン購入数量を入力します。ドル表記なっています。最低購入額は1,000ドル相当となります。

       

      2.INXトークン受取方法の選択

      INXトークンの購入画面

      ※Google翻訳

      <INXトークン購入手順>
      1. 受取ウォレットのアカウントを選択
      2. ETHアドレスの入力
      3. お支払い方法の選択

      ※INXトークンはイーサリアムベースのトークン(ERC20)となります。メタマスクやマイイーサウォレットなどETH系のウォレットの場合は、『Other Account』を選択します。

       

      ■オススメのETH系ウォレット

      ・トラストウォレット(バイナンス取引所が買収したウォレット)

      トラストウォレットとは?登録・作成方法|バイナンス公式ウォレット!

       

      ・マイイーサウォレット

      マイイーサウォレット(MyEtherWallet)登録・使い方|送金・ICOトークン受取・追加方法は?

       

      ・メタマスク

      メタマスク(MetaMask)の登録・使い方|トークン送金・復元・マイイーサウォレットの連携方法は?

       

       

      3.選択した情報の確認

      INXトークンの購入画面

       

      4.同意欄にチェック

      INXトークンの購入画面

      <INXトークン購入手順>
      1. 同意欄にチェック
      2. 本人確認を行った名前の入力(ローマ字)
      3. 「I Agree」をタップ

      ※Signatureの名前は、『Purchaser』に記載されている名前と同一になります。また大文字・小文字含めてすべて一致させる必要があります。

       

      5.支払先の表示

      INXトークンの購入画面

      60分以内に指定されたアドレス宛に送金が必要となります。

       

      画面を下にスクロースすると、【送付数量・送付先のアドレス】が表示されています。

      INXトークンの購入画面

      QRコードまたは指定アドレス宛に送金操作を行います。

       

       

      6.送金・購入完了!

      INXトークン購入完了画面

      以上でINXトークンの購入は完了となります。お疲れ様でした。登録メールアドレス宛に、件名「Account has been whitelisted」のメールが即時に配信されました。

       

      送金完了より最大4営業日内にINXトークンが配布となります。※購入期限間近の場合は混雑が予想されますので、通常より日数が必要な場合も考えられます。

       

       

       

      INXトークンの受け取り確認方法!トークン追加情報!

      ITXトークン

      上述した通り、INXトークンはイーサリアムブロックチェーン上で稼働するトークン(ERC20)となります。

       

      その為、ETH系ウォレットにてINXトークンの受け取りを確認するためには、【トークン追加】の操作が必要となります。

       

      トークン追加に必要な情報は以下となります。

      <INXトークン情報>
      • コントラクトアドレス:0xBBC7f7A6AADAc103769C66CBC69AB720f7F9Eae3
      • シンボル:INX
      • ケタ数:18

      またINXトークンに関する情報やホルダー数などは、以下のサイトより確認する事が可能です。

      https://ethplorer.io/address/0xbbc7f7a6aadac103769c66cbc69ab720f7f9eae3#chart=candlestick

       

       

       

      INXトークン申し込みの連携について

      友だち追加

      (2021年4月16日追加)

      INXトークン購入申込における不具合が発生しているようです。以下の操作手順を推奨いたします。

      <操作手順>
      1. ビットコイン予備校のLINE@を追加:https://lin.ee/y2B6pdI
      2. LINE@宛に「申込メールアドレス・名義」の2点を伝達
      3. 予備校より日本販売窓口に報告

      お手数では御座いますが、「INXトークン申込」の旨を記載頂き申請情報のご報告を宜しくお願い申し上げます。

       

       

       

       

      公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

      LINEで友達募集中

      ※LINE ID検索「@176npczt」

      ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。