ビットコインの買い方はコインチェックが一番難しい?-取引所の使い方-
  • ビットコインを買ってみたいけど複雑そう
  • コインチェックがおすすめとは聞いたけど、実際の買い方がわからない
  • コインチェックでビットコインを購するのは難しいの?

仮想通貨に触れるようになった初心者の方が、一番初めに購入する仮想通貨銘柄は「ビットコイン」というケースも多いでしょう。

しかし、仮想通貨をはじめて購入する方にとって、どのように購入すればいいかわからないということもよくあります。

コインチェックの利用がおすすめと聞くことはありますが、実際にコインチェックを利用してどのように取引すればいいかわからないこともあるでしょう。

今回は、ビットコインを購入したい方が、どのようにコインチェックを利用するのかについてまとめました。

コインチェックを利用するときの注意点などもまとめてあるため、一度すべて目を通すことをオススメします。

ここでわかること
  • コインチェックでビットコインを購入するまでの手順
  • コインチェックでの口座開設方法
  • コインチェックへ入金する方法や手数料
  • コインチェックとほかの仮想通貨取引所との比較
  • コインチェックでビットコインを購入するときの注意点
  • 実際のコインチェックの評判
  • コインチェックでビットコインを購入することに関するよくある質問

 

目次

コインチェックでビットコインを買うための最短手順ー初心者向けに詳細解説ー

コインチェックでビットコインを買いたい方にむけて、ここでは最短で手順開設を行います。

コインチェックでの口座開設など、ビットコインを購入する前の準備もありますが、すべてまとめて解説します。

コインチェックでビットコインを購入するまでの手順は以下の通りです。

コインチェックでビットコインを購入するまでの手順
  • 口座開設
  • 入金
  • ビットコイン購入

口座開設

コインチェックでは、すべての仮想通貨取引を行うために口座開設が必要です。

口座開設ときくと、複雑な手続きという印象を持たれやすいですが、コインチェックでの口座開設はスマホ一つあれば簡単に完了できます。

まずは、コインチェックで口座開設するまでの手順や注意点を見ていきましょう。

コインチェックでの口座開設手順
  • アプリをダウンロード
  • アカウントを作成する
  • 本人確認を行う

アプリをダウンロード

今回は、スマホで口座開設する場合を中心に紹介します。

コインチェックでは、口座開設から仮想通貨取引や仮想通貨の送金・受け取りなどほとんどすべてをスマホアプリで完結できます。

スマホアプリは、わかりやすくシンプルに開発されているため、初心者の方でも安心して利用できます。

まずは、コインチェックのスマホアプリをGoogleストアやアップストアでダウンロードしてインストールしましょう。

アカウントを作成する

スマホでアプリをダウンロードしたあとは、実際にアカウント作成などを行って、口座開設の手続きを開始しましょう。

アカウント作成の全体の手順は

  • メールアドレス認証・登録
  • パスワードの設定
  • 基本情報の入力

 

の3段階で完了できます。

  • メールアドレスの認証・登録

スマホアプリを開くとコインチェックで口座開設するボタンをタップしましょう。

口座開設の最初に、メールアドレスの入力を求められます。

自分の希望するメールアドレスを入力して完了ボタンをタップします。

入力を完了させると、入力したメールアドレスへメールが届きます。

届いたメールの中のURLを開くとメールアドレス認証が完了して、メールアドレスが登録されます。

  • パスワードの設定

メールアドレスの認証・登録が完了するとスマホアプリでパスワードの設定画面になります。

任意のパスワードを間違いないように2度入力しましょう。

パスワードは今後ログイン時に毎回入力を求められるため必ず忘れないようにしましょう。

  • 基本情報の入力

パスワードの設定が完了すると、基本情報の入力画面になります。

基本情報の入力画面では、氏名や住所などの必要な情報の欄をすべて埋めましょう。

この次に行う本人確認手続きで提出した身分証明証の内容と基本情報を照会するため、必ず間違いがないように確認しましょう。

本人確認を行う

基本情報の入力が完了すると、次は本人確認手続きを求められます。

手元に用意した身分証明証と自分の顔をスマホでガイド通りに撮影して提出しましょう。

問題なく撮影して提出ができれば、本人確認手続きの申請が完了してコインチェックの運営が確認作業を開始します。

身分証明証との相違がなく、本人と確認されると本人確認手続き完了の通知が登録したメールアドレス宛てにメールが届きます。

このメールの通知が届いた時点で、アカウント作成と口座開設の手続きのすべてが完了します。

身分証明証の代表例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード

入金

コインチェックでの口座開設が完了したあとは実際にビットコインを購入するために必要な日本円などの入金を行います。

コインチェックに日本円を入金する方法は大きく分けて3つあります。

コインチェックへ日本円を入金する方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金
コンビニ入金とクイック入金の注意点

コンビニ入金とクイック入金で日本円をコインチェックへ入金したときは、マネーロンダリング規制の影響で、資金が7日間ロックされます。

7日間は日本円の出金や、入金した日本円で購入した仮想通貨の送金ができないため注意しましょう。

銀行振込の場合

銀行振込では、手持ちの銀行口座から振り込みを行って入金します。

コインチェックの銀行振込での振込先銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行(2023年1月で終了予定)

銀行振込を行う場合は、上記銀行のコインチェックの口座のどれかに振り込みを行うと入金できます。

スマホアプリで入金口座を確認する場合、ログインしてホーム画面を表示しましょう。

下の欄に「ウォレット」の表示があるので、タップすると「日本円」という項目があります。

日本円の項目をタップすると「出金」と「入金」という表示があるため、「入金」をタップして銀行振込を選択しましょう。

上記銀行のいずれかをタップすると振込先情報の詳細が表示されるため、表示された口座に振り込みを行いましょう。

必ずコインチェックで登録した氏名と同じ名義の口座から振り込むようにしてください。

コンビニ入金の場合

コインチェックはコンビニを利用しての日本円入金も対応しています。

コンビニ入金をしたい場合は、日本円入金の項目から「コンビニ入金」をタップしましょう。

支払いを行いたいコンビニを選択すると、入金したい日本円の金額を入力します。

最後に「お支払情報を発行」をタップするとバーコードが発行されます。

発行されたバーコードを指定したコンビニのレジで提示して支払いを行いましょう。

コンビニ入金できるコンビニ
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

クイック入金

コインチェックは、Pay-easy(ペイジー)を利用してのクイック入金も対応しています。

クイック入金で日本円を入金する場合は、入金方法で「クイック入金」をタップしましょう。

入金希望金額の入力を求められるため、希望金額を入力して「お支払情報の発行」をタップします。

その後、ペイジーの画面に切り替わるため、「収納機関番号」などをメモしましょう。

支払い情報をATMやネットバンキングに入力して支払いを行うと、コインチェックへのクイック入金が完了します。

Pay-easy(ペイジー)とは?

ペイジーはインターネットバンキングなどで支払いを行えるサービスです。

公共料金、携帯電話料金、国民年金保険料やインターネットショッピングの購入代金などを支払う際に今までは、請求書などをコンビニや金融機関の窓口へもっていく必要がありました。

しかし、ペイジーを利用することで、金融機関のインターネットバンキング、モバイルバンキングやATMから支払えるようになります。

購入

コインチェックでの口座開設と、コインチェック内の口座への日本円入金が完了すると、実際にビットコインを購入する準備がすべて整います。

もうここまでくれば、ビットコインを購入するまでの手順はシンプルで、買い付けを行えばビットコインの購入が完了します。

スマホアプリの場合

スマホアプリでビットコインを購入するときは、ホーム画面下で「販売所」をタップします。

販売所の画面では、ビットコインやイーサリアムなど販売所で購入できる仮想通貨銘柄の一覧が表示されます。

表示方法によっては、現在のビットコインなどの価格チャートも表示されます。

販売所の画面で、「ビットコイン」をタップして、「購入」をタップしましょう。

最後に、ビットコインを購入したい日本円の金額を入力して「日本円でBTCを購入」をタップしましょう。

確認画面で間違いがなければ購入できます。

問題なくビットコインが購入できれば、ホーム画面下の「ウォレット」をタップして、購入できたビットコインを確認しましょう。

パソコンの場合

パソコンなどのブラウザでビットコインを購入したいときは、コインチェックの公式サイトへアクセスしましょう。

公式サイトでログインして、ホーム画面左に表示されている「販売所(購入)」をクリックします。

販売所で購入できる仮想通貨銘柄の一覧が表示されるため、「ビットコイン」を選択しましょう。

パソコンで販売所を利用して購入する場合は、購入したいビットコインの数量を入力します。

数量を入力すると、その時点でのレートで計算された日本円の金額が自動的に表示されます。

表示された内容で間違いがなければ、「購入」をクリックしてビットコインの購入を完了させましょう。

手数料

コインチェックでは、仮想通貨取引所として利用するにあたって、必要になる手数料があります。

手数料は、仮想通貨取引でのコストにあたるため、しっかり把握しておきましょう。

コインチェックでの主な手数料は以下の3つです。

コインチェックで発生する手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 送金手数料

入金手数料

コインチェックでは、日本円を入金するときに入金手数料がかかります。

銀行振込で日本円を入金した場合は、入金手数料はかかりません。

しかし、振り込みを行うときの振込手数料はユーザー負担なので注意が必要です。

銀行振込であれば、入金手数料はかかりませんが、コンビニ入金とクイック入金では、入金手数料がかかります。

入金手数料は入金する金額に応じて変動します。

入金手数料を節約するためにも入金を銀行振込で行ったり、なるべくまとまったタイミングで入金を行うようにしましょう。

コンビニ入金とクイック入金での入金手数料をまとめると以下のようになります。

コンビニ入金 3万円未満 770 円
3万円以上30万円以下 1018 円
クイック入金 3万円未満 770 円
3万円以上50万円未満 1018 円
50万円以上 入金金額×0.11% + 495 円

出金手数料

コインチェックでは、日本円の出金のときには出金手数料がかかります。

出金方法は、指定の銀行への振込のみ対応しています。

出金手数料は、出金する金額にかかわらず一律で407円です。

出金のときも出金手数料を節約するためにもなるべくまとめて行うようにするといいでしょう。

送金手数料

コインチェックで仮想通貨を送金するときには、送金手数料がかかります。

送金手数料は、送金したい仮想通貨銘柄によって大きく異なります。

送金時の送金手数料だけでなく、実際に送金にかかる送金時間も変わります。

送金する仮想通貨として最適な銘柄はリップル(XRP)などが挙げられます。

ほかの仮想通貨取引所などへ送金したい場合は、可能であればリップルなどで送金すると送金手数料を節約できるためおすすめです。

主要の仮想通貨銘柄の送金手数料をまとめると以下のようになります。

ビットコイン(BTC) 0.0005BTC
イーサリアム(ETH) 0.005ETH
リップル(XRP) 0.15XRP
ネム(XEM) 0.5XEM
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH
イーサリアムクラシック(ETC) 0.01ETC
ポルカドット(DOT) 0.1DOT
モナコイン(MONA) 0.001MONA

コインチェックでビットコインを購入するメリットーコインチェックの利点は?ー

コインチェックでビットコインを購入すると、ユーザーとして得られるメリットがいくつかあります。

ほかの仮想通貨取引所ではなくコインチェックでビットコインを購入する大きな理由になります。

コインチェックでビットコインを購入するメリットは以下の3つです。

コインチェックでビットコインを購入するメリット
  • スマホアプリで簡単利用可能
  • ビットコイン以外の銘柄も多い
  • 貸暗号資産サービスがお得

スマホアプリで簡単利用可能

コインチェックでは、紹介した通りスマホアプリがあります。

わかりやすくシンプルに開発されたスマホアプリのため、初心者の方でも安心して利用できます。

また、外出先から仮想通貨取引や送金手続きができます。

スマホアプリ一つで簡単に取引ができるというのは、コインチェックを利用する大きなメリットのひとつです。

ビットコイン以外の銘柄も多い

仮想通貨には、ビットコイン以外にも無数の銘柄があります。

日本国内での仮想通貨取引所は、金融庁の認可制度のもとで運営されているため、海外の仮想通貨取引所に比べると上場している仮想通貨銘柄が少ないです。

しかし、ユーザーとしてはいくつもの仮想通貨銘柄への分散投資を行いたいと思う方も多いでしょう。

コインチェックであれば、全22種類の仮想通貨銘柄を取り扱っており、国内のほかの仮想通貨取引所と比べても取り扱い銘柄数は日本国内最大級です。

ビットコイン以外の仮想通貨購入を検討している方は、コインチェックであれば幅広い仮想通貨銘柄への投資ができるでしょう。

貸暗号資産サービスがお得

コインチェックでは、保有している仮想通貨の貸付サービスを利用できます。

仮想通貨の貸付サービスは、保有している仮想通貨を預け入れて貸付を行うようにすると、最大で年率5%の利息を得られます。

貸付サービスを利用せずに保有している仮想通貨からの利息はありませんが、貸付サービスを利用するだけでさらに利息が得られるため非常にお得です。

また、コインチェックでの貸付サービスは、コインチェックで取り扱っている仮想通貨銘柄すべてに対応しています。

長期間の保有を検討している方であれば、コインチェックで購入すれば貸付サービスで二重にお得な仮想通貨取引ができるためおすすめです。

コインチェック以外でビットコインを購入するとどうなる?ー他取引所との比較表ー

コインチェックとほかの国内の主要な仮想通貨取引所との比較をまとめてみました。

コインチェックは、取り扱っている仮想通貨銘柄数では、国内最大級であることがわかります。

また、入金手数料や出金手数料に関しては、少しほかの仮想通貨取引所よりも高いという点は覚えておきましょう。

Coincheck

GMOコイン

BitFlyer

DMM Bitcoin

Bitbank

取り扱い

銘柄数

全22通貨

全19通貨

全15通貨

全20通貨

全20通貨

取引手数料(BTC) 販売所:無料
取引所:無料
販売所:無料
取引所:-0.03~0.09%
販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料

引所:なし

販売所:無料

取引所: -0.02%~0,12%

入金手数料 770円~ 無料 0~330円 無料 無料
出金手数料 407円 無料 220~770円 無料 550-770円

コインチェックでのビットコイン取引の評判は?ー利用ユーザーからの率直な意見ー

コインチェックは他取引所に比べて儲かる?-代表的な取引所との比較表-

実際にコインチェックを利用しているユーザーの評判はどうなのでしょうか?

次は実際にコインチェックを利用したことがある方の評判を紹介します。

公平性を保つために、いい評判だけでなくよくない評判も紹介します。

コインチェックがいいと思う口コミ
  • スマホアプリが使いやすくて取引できる仮想通貨銘柄も豊富
  • 貸付サービスで二重でオトク
コインチェックがよくないと思う口コミ
  • レートはわかりやすいけどチャート分析ができない
  • 手数料やスプレッドが気になる

いい口コミ①スマホアプリが使いやすくて取引できる仮想通貨銘柄も豊富

コインチェックを利用するユーザーは、コインチェックのスマホアプリについては非常に使いやすいとの声が多く聞かれます。

実際に直感的に操作できるアプリは、初心者の方でも簡単に操作できるため便利です。

また、仮想通貨銘柄の取り扱い数も日本国内で最大級なので、幅広い銘柄への分散投資が可能です。

いい口コミ②貸付サービスで二重でオトク

購入したビットコインなどの仮想通貨は、保有している間は特に活用する手段がありません。

しかし、コインチェックでは仮想通貨の貸付サービスを行っています。

この貸付サービスは、ウォレットで眠っている仮想通貨を有効活用できる優れた手段であるため、コインチェックの貸付サービスは人気が高いです。

悪い口コミ①レートはわかりやすいけどチャート分析ができない

コインチェックのスマホアプリを利用すれば、販売所でのビットコインのレート確認をすぐに行えます。

チャートの詳細も表示できますが、チャートの傾向を把握するときに使用するようなトレンドラインをひいたりできないため、チャート分析が行えません。

そのため、チャート分析を行いたいユーザーは、わざわざ別のアプリやサイトでチャート分析を行う必要があります。

そういったチャート分析をしたいユーザーにとっては、少し不便さを感じているようです。

悪い口コミ①手数料やスプレッドが気になる

コインチェックは、ほかの仮想通貨取引所と比べると、入金手数料や出金手数料が少し高く設定されています。

そのため、手数料をなるべく節約したいユーザーからは、手数料が気になるとの口コミがあります。

また、販売所ではスプレッドが広く設定されることもあります。

このスプレッドは、取引を行ううえでコストとしてかかってくるため、無視できません。

取引所を利用すれば、狭いスプレッドで取引できますが、コインチェックの取引所は、ほかの仮想通貨取引所の取引所よりも取り扱っている仮想通貨銘柄が少ないため、不便さを感じることもあります。

さらには、コインチェックの取引所はスマホアプリでは利用できません。

取引所での取引を行うときは、パソコンなどのブラウザから行う必要があるため注意しましょう。

取引所と販売所

販売所は、ユーザーが直接コインチェックなどの仮想通貨取引所と仮想通貨の売買を行います。

そのため、販売所でのレートは仮想通貨取引所が独自に設定しています。

取引所は、仮想通貨取引所を利用するユーザー同士で取引を行います。

そのため、その時点での一般的なレートで取引できます。

スプレッドとは?

取引所では、仮想通貨の価格設定を行う時に、市場価格に少し幅を持たせて販売しています。

この実際の価格と販売価格の差をスプレッドといいます。

スプレッドが狭ければ狭いほど、実際の市場価格に近い価格で購入できるため、コストを抑えた取引ができます。

スプレッドは価格変動が大きい場面では、広く設定される傾向にあります。

コインチェックでビットコインを購入する時はここに注意ー購入前には要確認ー

コインチェックで仮想通貨投資をする際の注意点

ビットコインの購入など、仮想通貨取引全体でオトクに利用できるコインチェックですが、利用にあたっての注意点もあります。

仮想通貨取引で損をしないためにも、コインチェックでビットコインを購入する前に一度注意点についても知っておきましょう。

コインチェックでビットコインを購入するときの注意点は以下の通りです。

コインチェックでビットコインを購入するときの注意点
  • 価格変動は大きい
  • ハッキングのリスクがある
  • 情報が交錯しすぎている
  • 余剰資金で運用する

価格変動は大きい

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、まだ金融商品としての歴史が浅く、全体の取引量が株式市場や債券市場の金融商品よりも価格変動(ボラティリティ)が大きい傾向にあります。

特になにもファンダメンタル的なニュースがなかったとしても一日に5%前後上下する日も珍しくありません。

過去には、一日の間に10%以上価格変動することも何度もありました。

価格変動が大きいという認識を持っておかないと、資産の上下変動に精神的なストレスを感じてしまいます。

ビットコインを購入する前に、ビットコインは価格変動リスクが大きいということは前提として頭に入れて取引するようにしましょう。

ビットコイン以外の仮想通貨では、ビットコイン以上に価格変動が大きいためさらに注意が必要です。

ハッキングのリスクがある

仮想通貨の世界ではハッキングのニュースをたびたび目にします。

電子データーとしてネットワーク上に記録されている仮想通貨では、ハッキングなどの不正を働こうとする人が数多く存在します。

過去には、何か所も日本国内の仮想通貨取引所がハッキング被害を受けることもあり、その都度高額な金額の被害を受けています。

仮想通貨取引所は、仮想通貨を保管するウォレットとしては、ハッキングを受けるリスクが高い部類に属します。

もし、安全にビットコインなどの仮想通貨を保管したいのであれば、ハードウェアウォレットなどの利用も検討しましょう。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは、USBなどのデバイスでの認証を二段階認証として利用したウォレットのことです。

モバイルウォレットなどのウォレットと違い、デバイス上での二段階認証を必要とすることで、ウォレットの秘密鍵などが流出してもウォレット内の仮想通貨を抜き取られる心配がありません。

また、必要なときのみネットワーク上にオンラインするため、ハッキングされるリスクも低い安全なウォレットです。

情報が交錯しすぎている

仮想通貨では、ネット上に多くの情報やニュースが毎日更新されています。

日々アップロードされる情報には、正確なものもあれば、ただの噂レベルの情報であったり、そもそもでたらめを発信されていたりすることもあります。

情報に翻弄されないように、しっかりとした情報源からの情報を選別できる力も大切です。

でたらめな情報に惑わされないように注意しましょう。

また、仮想通貨銘柄のなかには、実体のないプロジェクトを名乗り、詐欺を目的としたプロジェクトもあるため注意が必要です。

余剰資金で運用する

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、価格変動のリスクが大きいため、手元に保管している資産価値も大きく上下します。

大きな価格変動は精神的なストレスにもつながるため、かならず余剰資金で運用するようにしましょう。

また、今後世界中でビットコインなどの仮想通貨への規制も検討されています。

日本国内でいきなり使用禁止や取引禁止となることはないと思いますが、そういったリスクもあります。

そのため、なおさら余剰資金で運用するようにしましょう。

コインチェックでビットコインを購入することに関するよくある質問は?

コインチェックで儲かることに関するよくある質問は?

ここまでコインチェックでビットコインを購入することについてまとめて紹介してきました。

最後に、コインチェックでビットコインを購入することに関するよくある質問を紹介します。

コインチェックでビットコイン購入についての質問
  • コインチェックでビットコインが買えないって聞いたんだけどなんで?
  • コインチェックで購入時のレートを確認する方法は?
  • コインチェックで仮装通貨を買うときのおすすめの買い方は?

コインチェックでビットコインが買えないって聞いたんだけどなんで?

結論からいうと、コインチェックでビットコインが買えないことは基本的にありません。

ビットコインが買えないときは、「日本円を入金していない」「入金した日本円以上の金額のビットコインを買おうとしている」などユーザー側のミスが多いです。

実際に自分のウォレットに日本円が十分に入金されているかを、確認してみるといいでしょう。

また、コインチェックは定期的にメンテナンスを行っています。

メンテナンスや、取引の一時的な停止に関しては事前にメールなどで通知が来ます。

そういったときは、メンテナンス終了などを待たないといけません。

コインチェックで購入時のレートを確認する方法は?

コインチェックでビットコインのレートを確認するときは、販売所のページを確認しましょう。

販売所では、購入できる仮想通貨銘柄の一覧とともに、現在の日本円でのレートが表示されています。

詳細を確認すると、一緒にチャートも表示されるため一度確認してみるといいでしょう。

また、スプレッドがコインチェックの販売所では設定されているため、購入と売却時でのビットコイン価格が違うため注意しましょう。

コインチェックで仮装通貨を買うときのおすすめの買い方は?

コインチェックでビットコインを購入するときは、販売所を利用して購入するのが一番シンプルでわかりやすいです。

そのため、初心者の方は、まずは販売所で購入するとスムーズに取引できるためおすすめです。

また、コインチェックでは取引所でのビットコイン購入も可能です。

スプレッドを抑えた取引をしたい場合は、取引所でのビットコインを購入検討してみるのもいいでしょう。

さらには、コインチェックではビットコインの積立投資サービスも行っています。

積み立ての設定だけ行ってしまえば、指定された銀行口座から自動引き落としでビットコインを購入してくれるため、非常に便利です。

まとめ:コインチェックはビットコインの買い方が一番簡単な取引所

BTC-ETH H2-4

初心者の方であれば、仮想通貨を購入するときは複雑なイメージを持ちやすいでしょう。

しかし、初心者の方でも扱いやすいコインチェックは、ビットコインなどを購入するときに一番簡単な仮想通貨取引所といっても過言ではないです。

はじめてビットコインを購入するのであれば、ぜひコインチェックを利用してみてください。

ビットコインは、価格変動が大きい金融商品ですので、かならず余剰資金で運用するように注意しましょう。

 

イーサリアムとビットコインは何が違う?-通貨の性質と特徴を詳細比較-

【ビットコイン初心者向け】仮装通貨投資の始め方-気をつけるべき5つのポイント-

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。