クロスゲートトークン

 

フェリスプログラムは、2018年2月3日に立ち上がったプロジェクトです。

 

流通するxGT(クロスゲートトークン)の保有者は、

  • さまざまな金融サービスへの参加
  • 最先端のプラットフォームへアクセス
  • 事業収益の配当

などの権利的収益に繋がる事業への参加が可能となります。

 

 

それでは、フェリスプログラムのクロスゲートトークンについて

  • 事業内容
  • xGT(クロスゲートトークン)とは?
  • アフィリエイト参加方法

など、ホワイトペーパーや事業資料を参考に解説していきます。

 

 

Sponsored Link

 

事業内容|フェリスプログラム

フェリスプログラムのサービス内容や概要

 

フェリスプログラムのおもな事業は、

  • オフショア銀行設立
  • ウォレットの提供
  • 仮想通貨の取引所
  • コピートレードシステムの提供
  • デビットカード発行

など、すべて暗号通貨に対応したサービス提供を計画しています。※すでに複数の事業がリリースされました。

 

そしてクロスゲートトークン(xGT)を保有することで、参加者はさまざまな金融サービスに参加する権利を得ることが可能となります。

 

 

クロスゲートトークンとは?

クロスゲートトークンについて

 

クロスゲートトークン(xGT)は、イーサリアムベースのトークン(ERC20準拠)です。

 

しかし現在のところはトークン化されていない為、仮想通貨ではなくポイントという認識になります。

 

 

トークン概要

クロスゲートトークンについて

 

  • シンボル:xGT
  • 発行枚数:1,5億枚
  • 1口あたりの価格:700xGT(2,000$)
  • 交換通貨:ETH

※1口(700xGT)あたりのETH交換レートは、こちらを参照

またクロスゲートトークンの購入には、『Revollet(レボレット)』というウォレットをまず開設する必要があります。

 

 

サービス概要

クロスゲートトークンの事業内容

 

xGT(クロスゲートトークン)を保有することで、さまざまな金融事業へ参加することが可能となります。

 

参加可能な金融事業は、Revollet内の「xGT Project」より確認することが可能です。

 

参加する事で初めて、投資した金融事業からの収益を得ることができます。※サービスの利用のみは費用が不要です。

 

 

Revollet(レボレット)

レボレットのウォレットについて

 

Revollet(レボレット)は、

  • 両替
  • 入金や出金
  • プリペイドカード発行
  • トレード機能

などのサービスを提供しています。仮想通貨の保管にも対応した、ネットのオンラインバンキングのようなイメージです。

 

管理が可能な通貨は、

  • JPY(日本円)
  • USD(米ドル)
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)

上記の暗号通貨や法定通貨など、銀行振り込みやクレジットカード決済による入金も可能な仕様です。

 

今後、取扱いをする暗号通貨は、LTC/ETC/XEMなどの時価総額が高い通貨を複数追加する予定だそうです。

 

一つのウォレットで複数の通貨を管理することが出来るので、ユーザーにとっては利便性が高く・使い勝手が良いウォレットですよね。

 

また「Revollet」のウォレットと連動した仮想通貨の取引所『Revex』が2018年9月頃に設立予定です。

 

 

Revex(レベックス)取引所

レベックス(revex)取引所収益分配権利は、1口700xGTからの参加者のみ

 

Revex(レベックス)取引所の特徴は、

  • セキュリティレベルが高い
  • 損害保険サービス付き
  • 取引手数料は0.2%
  • 世界初のECNシステム搭載

などが挙げられます。

 

セキュリティリスクへの対策は、仮想通貨の取引所を運営するにあたって、ユーザーの大切な資産を預かる信用・信頼に直結する最重要項目です。

 

2018年上半期の仮想通貨ハッキング被害額は、800億円相当と発表をされていました。※参考元 ブロックチェーン専門のセキュリティ会社CipherTrace

 

そこでRevex(レベックス)取引所は、国家機密レベルのセキュリティ(インターボルト)を採用しています。

 

InterVault(インターボルト)は、NASAやCIAでも導入されているセキュリティ技術を提供し、2018年4月には世界初となる10億円までの補償が付いた『仮想通貨ウォレットアプリ』をリリースした事でも話題になっていました。

 

また最高レベルのセキュリティに加えて、国内の大手保険会社「あいおいニッセイ同和損保」による損失補てんサービスが付与される予定だそうです。※保険料が必要な為、加入は任意

 

 

ECNシステム採用とは?

レベックス取引所のECN口座

 

新設された取引所の場合、利用ユーザー数が少ないと注文がなかなか通らず、取引が成立しないケースが発生致します。そうなるとさらに、利用するユーザーが集まらなくなる負のスパイラルに陥り、取引所の存続の危機にも繋がりますよね。

 

そこでRevex取引所では、大手取引所3社のレートが連動するETCシステムを採用している為、開設当初から取引ボリュームが大きく、取引がしにくいというリスクを回避することが出来ます。

 

そしてETCシステムを採用することで、

  • 一番高い売値レートで売却が可能
  • 一番安い買値レートで購入が可能

という上記のメリットが同時に生まれますので、必然的にRevex取引所を利用するユーザーが増える可能性へと繋がりますよね。

 

 

取引手数料0.2%

レベックス取引所の手数料

 

Revex(レベックス)取引所の売買による手数料は、決して高くはない「0,2%」に設定されています。

 

さらにxGT(クロスゲートトークン)を使用した場合は、「取引手数料が3分の1」になります。

 

これは取引手数料が半額になるという、バイナンスの独自トークン(BNB)と同じような仕組みを採用することで、xGTの需要を高め、市場からの買いオーダーへと繋げ、

  • xGT価格の下落抑制
  • 価格の安定化
  • 価格の上昇化

などの決済・流通による可能性に繋がると考えていると思われます。

 

 

Trade Book(トレードブック)

トレードブック収益分配権利は、1口700xGTからの参加者のみ

 

TradeBook(トレードブック)は、

  • MT4/MT5対応
  • コピートレードのトレーダー選択
  • 100倍までのレバレッジ対応
  • 多言語サポート

など、暗号通貨と法定通貨ペアの取引・資産運用が可能なプラットフォームです。

 

投資家とトレーダーをマッチングさせるシステムで、投資家はトレーダーの

  • 利回り実績
  • 運用金額
  • 人気ランキング

などから好きなトレーダーを選択し、ご自身の資産運用を任せるコピートレードを実行してくれます。

 

そして最大3名までトレーダーを同時に選択することが可能ですので、ご自身でポートフォリオを組むことも出来ます。

 

また1口700xGTで投資をされたユーザーには、上記のトレードにより発生した手数料一部が配当としてもらえる権利が発生します。

 

 

Bliss Bank(ブリスバンク)

ブリスバンクについて収益分配権利は、1口10,000xGTからの参加者のみ

 

BlissBankは、オフショア銀行としてフェリスプログラムのメイン事業の一つでもあります。

 

Bank内容

  • 場所:コモロ諸島
  • CRS非加盟国
  • 許認可取得日:2018年5月21日
  • SWIFTコード:LSISKMK1

 

※CRSとは、

CRSは、外国の金融機関に保有する口座を利用した国際的な租税回避を防止するために、経済協力開発機構(OECD)が策定した、金融口座情報を自動交換する制度です。

現在、日本を含む100以上の国・地域がCRSに参加し、参加各国に所在する金融機関は、管理する金融口座から税務上の非居住者を特定し、当該口座情報を自国の税務当局に報告する必要があります。報告された情報は、各国の税務当局間で相互に共有されます。CRSは、参加各国の国内法に組み込まれ、現地法令として適用されます。

参照元:三井住友銀行

 

【口座開設について

  • 2019年1月OPEN予定
  • サポート費用:98,000円(現在は無料)
  • 預金額:2,000$相当のxGTが必要

※月末時点で上記の価格を下回ると5$の口座維持管理費が必要

 

 

サービス内容

  • 日本語対応
  • ネットで口座開設が可能
  • 法人口座の開設が可能
  • 世界中の提携先ATMで出金可能
  • 定期預金(6ヵ月~10年)

キャッシュカードによる出金は、日本国内ではおもにセブン銀行などになります。

 

<定期預金サービス>

ブリスバンクの定期預金サービス

 

外貨定期預金付きのオフショア銀行となります。

 

 

<ライセンス証明書>

ブリスバンクのライセンス証明書

 

フルバンキングのライセンスを取得している為、

  • 預金業務
  • 貸出業務
  • 為替業務
  • 上記に付帯する業務

など、通常の一般的な銀行業務と同じ機能・サービスが備わっています。

 

そしてxGT(クロスゲートトークン)のセール参加者には、銀行口座開設費用(98,000円)が無料になる特典付きです。

 

 

 

セミナー情報

セミナー・説明会の日時

 

クロスゲート事業の説明会に参加ご希望の方は、LINE@(ID検索:@oqm6996w)まで「クロスゲートセミナー希望」とメッセージをくださいませ。

 

  • 参加費500円
  • 事前予約必要

※ただし定員オーバーの際は、会場内へ入ることが出来ない場合がございます。

 

 

まとめ|クロスゲートトークン

クロスゲートトークンのまとめ

 

xGT(クロスゲートトークン)は、

  • トークンを買いたい
  • トークンを売りたくない

というニーズ・需要を生み出し、保有・保管することでメリットが生まれることを目的とした金融サービスを提供しています。

 

現在セール中ではありますが、複数の金融事業を形にすることで、ビジョンや夢ではなく、実現化出来る!という証明・実績に繋げ、ユーザーからの信用・信頼を勝ち取り、参加者数を伸ばしたいと考えているように感じます。

 

 

 

アフィリエイトシステム・参加メリット

クロスゲートトークンのアフィリエイト内容

 

クロスゲートトークン事業に参加するメリットは、

  • 事業収益による配当がある
  • オフショア銀行の開設費用無料
  • トレーダーによる資産運用
  • 法定通貨と仮想通貨を保有できるウォレット所有
  • 世界の提携先ATMで出金が可能
  • アフィリエイトシステム(紹介ボーナス)

などが挙げられます。

 

紹介ボーナスシステムは、紹介された方が購入した金額の『14%』が報酬(ETH)として発生いたします。

 

発生した報酬は、ご自身のRevollet内に反映されます。

 

 

 

登録・参加方法

フェリスプログラムのクロスゲートトークンの買い方

 

 

1.必要事項の入力

クロスゲートトークン登録方法

 

  1. ユーザーネームの入力
  2. 登録メールアドレスの入力
  3. パスワードの入力
  4. パスワード再入力
  5. チェックを付ける
  6. 「Register」をクリック

 

 

2.メールアドレス宛に配信

クロスゲートトークン登録方法

 

登録したメールアドレス宛にメールが配信されます。「REVOLLET MY PAGE」をクリックで、ログインされた状態の画面へと移行します。

 

 

3.マニュアル動画の確認

レボレットのマニュアル動画の確認

 

「ホーム」より、Revolletウォレットの使い方の動画がありますので、ご参照くださいませ。

 

 

4.本人確認画面へ(必須)

レボレットの本人確認実行

 

「マイページ」より、「本人認証画面」へ進みます。住所の英語変換はこちらのサイトをコピペしてご利用くださいませ。http://judress.tsukuenoue.com/

 

 

5.ETH入金

レボレットのEHT入金※着金の反映には少し時間が掛かります。

 

xGT(クロスゲートトークン)の購入には、ETHが必要となります。※1口(700xGT)あたりのETH交換レートは、こちらを参照

 

 

6.xGT購入方法

レボレットのクロスゲートトークン購入

 

「xGT購入を」をクリック後、

  1. ETH口座の選択
  2. 購入口数の選択
  3. 購入額:自動反映
  4. 購入分:自動反映
  5. パスワードの入力
  6. 「実行」をクリック

 

 

 

2018年開催ICOプロジェクト

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

2018年人気のICOプロジェクト(関連記事)

 

2018年開催のICOプロジェクト(関連記事)

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容を不定期で配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID検索「@oqm6996w」

質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。

Sponsored Link