メジャー通貨は軒並み価格を上げ、

買いやすい価格のマイナー通貨も、

高騰してきていますよね。

 

そこで今回は、

仮想通貨のリスク(LISK)の、

将来性や内容を紹介します。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨のリスク(LISK)とは?

2018/1/11に、公式のTwitter上で、

リブランドの声明を発表を致しました。

 

そして、2018/2/20に、

  • CEOマックス氏
  • CTOオリバー氏

LISKの首脳陣による、

リブランディングのプレゼンが開催されます。

 

また、2018/1/31には、

国内の仮想通貨最大手の取引所

ビットフライヤーに上場した事で、

日本人にも馴染みの通貨となっていますよね。

 

登録は下記をクリック

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

しかし、ビットフライヤーでの、

リスクの購入方法は、

取引所ではなく販売所となります。

 

 

仮想通貨のリスク(LISK)とイーサリアムの違いは?

参照元URL https://www.coingecko.com/

 

リスク(LISK)はイーサリアムと同じ、

スマートコントラクト属性の仮想通貨です。

 

スマートコントラクトのジャンルでは、

イーサリアムの方が、

圧倒的なシェアを誇っていますよね。

 

しかし、リスク(LISK)には、

イーサリアムにはない特徴があります。

 

それは『サイドチェーン』と呼ばれる、

メインのブロックチェーンとは別に、

分散型アプリケーション上に、

ブロックチェーンを用意し、

コードを書いて動作させていきます。

 

このシステムが、

リスク(LISK)がイーサリアムより優れている、

と言われる理由となっています。

 

 

例えば、

リスク(LISK)のプラットフォーム上に作った、

アプリケーションに問題が発生しても、

開発者がコントロールをする事が出来ます。

 

過去にイーサリアムは、

プラットフォーム上のThe DAOが、

ハッキングに遭ってしまい、

イーサリアム自体にも影響が出てしまいました。

 

そこでイーサリアムは、

2016/7/20にハードフォークを実施し、

イーサリアムクラシック」が、

誕生しましたよね。

 

リスク(LISK)は、問題が発生をしても、

対処しやすい特徴があります。

 

そして、開発言語には、

エンジニアが扱いやすい、

ジャバスクリプトが採用されています。

 

ジャバスクリプトとは、WEB業界では、

一般的なプログラミング言語ですよね。

 

そのため、

プログラマーとして仕事をしている人が、

従来のITに関する知識・情報をそのまま活かし、

開発に携わる事が可能となっています。

 

 

 

仮想通貨リスク(LISK)の価値は?

参照元URL 仮想通貨ノアコイン.com

 

リスク(LISK)は、2016年5月24日より、

主要な取引所で取引が可能になりました。

 

また、公開 3日目にして、

1LISK=56円』の価格に到達しました。

 

それだけ、多くの投資家たちにも、

期待されていたという事ですよね。

 

そして、リスク(LISK)の価格は、

  • 2017年1月頃:10円
  • 2017年5月頃:300円
  • 2017年8月頃:900円(開発者用ツールの発表)
  • 2018年1月頃:2,000円

確実に成長している事が、

数字となって表れていますよね。

 

要するに、

世界中の投資家たちから買いが入り、

期待値が高いという事です。

 

 

 

Sponsored Link

仮想通貨リスク(LISK)の将来性は?

仮想通貨では、価値の上昇により、

将来性があるかどうか計られますよね。

 

2018年現在、

もっとも期待されている通貨と言っても、

過言ではないでしょう。

 

続いては、仮想通貨リスク(LISK)の、

将来性を紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

仮想通貨リスク(LISK)の可能性!

参照元URL kabu-hakase.com

 

スマートコントラクトを使った、

サービス開発が積極的に実施されています。

 

2016年3月のセールでマイクロソフト社が、

19億円のビットコインをLISKに投資し、

パートナーシップ契約を結ぶなど、

大手企業が参入しています。

 

また、リスク(LISK)のプラットフォームは、

イーサリアムにも負けず劣らず、

開発が今後も進められています。

 

そして、同じような業種であっても、

一社が100%をシェアする事はないので、

リスクがイーサリアムに続く、

市場の2番手だったとしても、

将来性は十分にありますよね。

 

2018/2月現在のリスク(LISK)の時価総額は、

イーサリアムの1/180程度なので、

まだまだ伸びる可能性を秘めています。

 

このままリスク(LISK)も順調に成長すれば、

イーサリアムの1/5~1/3ほどのシェアになるとも、

有識者たちは予測をしています。

 

仮想通貨のリスク(LISK)は比較的割安なので、

今から保有しておけば将来が楽しみですね。

 

逆にイーサリアムの市場価値が、

まだまだ上がるでしょうから、

それに伴いLISK(リスク)も、

価格が上がることが考えられますよね。

 

Sponsored Link

 

 

仮想通貨リスク(LISK)のまとめ

参照元URL blog.bitblt.top

 

仮想通貨のリスク(LISK)は、

メインチェーンにWEBリンクの形で、

サイドチェーンの情報が書き込まれます。

 

ブロックチェーンを作る事ができる、

ブロックチェーンという事ですよね。

 

要するに、ブロックチェーンを、

複数生成する事ができる為、

セキュリティの高さに、

他の仮想通貨よりも重点を置いて、

開発されているという事に繋がります。

 

また、2つのアプリケーションで、

  • Lisk Nano
  • Lisk-JS

など、セキュリティの向上や、

ローカルメッセージの

暗号化機能が追加されました。

 

リスク(LISK)にとっての事実上のリリースは、

このLisk 1.0.0にアップデートされた時だと言われていて、

このタイミングで更に価値の上昇が期待できるでしょう。

 

 

 

仮想通貨に関する記事

(仮想通貨の関連記事)

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

大手企業も注目の仮想通貨で、

将来性が約束されています。

 

イーサリアムにも匹敵する銘柄で、

今後の開発が楽しみですね。

 

今回は、仮想通貨のリスク(LISK)の、

将来性や内容を紹介しました。

 

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

上記をクリック↑↑

 

LINE@の友だちには、

  • 最新の情報
  • ブログでは公開できない裏情報

なども配信致します。

 

このLINE@だけの

  • サービス
  • キャンペーン

なども実施しているので、

是非、登録をしておいて下さいね。

 

LINE@への友達申請方法は、

  1. クリックしてQRコードを読み取る
  2. LINE  ID(@oqm6996w)で検索

など、ご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link