XYM(シンボル)の特徴や魅力は?今後の将来性や価格動向まで解説

今流行りの仮想通貨ですが、様々な種類があり違いがわかりにくいという意見が多くあります。数ある仮想通貨の中でも人気があるXYM(シンボル)は、名前だけであれば聞いたことがある人も多くいるかも知れませんね。

XYM(シンボル)は比較的新しい仮想通貨で、多くのシーンに役立つことを期待されています。注目度が高い仮想通貨なので利用を検討している人も少なくないでしょう。

しかし、XYM(シンボル)がどんなものなのかを理解してから検討を進めるのが良いですね。

そこで今回はXYM(シンボル)の特徴や魅力、今後の将来性や価格動向などをご紹介します。利用する仮想通貨に迷っているという人はぜひ参考にしてくださいね。

XYM(シンボル)とは?初心者向けにわかりやすく解説

XYM(シンボル)とは?初心者向けにわかりやすく解説

XYM(シンボル)は、仮想通貨として知られているXEMをアップグレードしたブロックチェーン。2021年にリリースされたばかりですが、NFTの導入や取引所への上場など、その将来性の高さからかなり注目されています。

今後の動向に注目が集まっている今話題の仮想通貨です。

XYMの特徴や魅力はある?

XYMの特徴や魅力はある?

ここではXYM(シンボル)の特徴や魅力をご紹介します。どんな特徴や魅力があるものなのか、以下に記載しています。

利用を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

XYM(シンボル)の特徴や魅力

トランザクションの処理速度が速い
マルチシグを標準導入している
新機能や開発をテストできる
NFTやDeFiに応用できる
マイニングによる承認作業で報酬が得られる

トランザクションの処理速度が速い

XYM(シンボル)の大きな特徴としてあげられるのは、トランザクションの処理の速さにあるでしょう。XEMをアップグレードした仮想通貨ということもあり、処理速度が大きく改善しています。

取引処理速度が速いとストレスを感じにくく、かなり快適ですよね。

マルチシグを標準導入している

マルチシグは仮想通貨の取引や送金を行う際に欠かせないもので、導入することによりセキュリティ面の向上が期待できます。XYM(シンボル)は、そんなマルチシグを標準導入しています。

マルチシグを導入している仮想通貨は少なくありませんが、標準導入しているのはXYM(シンボル)ならではのメリットといえるでしょう。

取引の安全性を高めてくれる機能なので、安心して取引が進められますね。

新機能や開発をテストできる

XYM(シンボル)を企業が活用する方法としてあげられるのが、新機能や開発のテストになります。実際に導入する前に効果などが確認できるのでかなり便利ですよね。

新機能や開発をテストできるので、一般ユーザーだけでなく企業でも多く用いられています。

NFTやDeFiに応用できる

マイニングによる承認作業で報酬が得られる

債権や株とは違うので、中央集権機関などが存在していません。そういった期間がない中で不正が生じないように設けられているのがマイニングによる承認作業です。

XYM(シンボル)では取引承認の際に必要になるマイニングで報酬が得られます。この結果、XYM(シンボル)を金利として受け取ることが可能に。

不正の心配がなく、安心して報酬を受け取れますね。

XYMを利用したサービスの事例3選

XYMを利用したサービスの事例3選

ここではXYM(シンボル)を活用した3つの事例をご紹介します。今までの事例を知ることで、今後の将来性を描きやすくなるでしょう。

どんなシーンで活用されているのかを確認し、XYM(シンボル)についての理解を深めてくださいね。

XYM(シンボル)を活用した3つの事例

NFTのマーケットプレイス
DeFi
建設業の工程管理

NFTのマーケットプレイス

NFTのマーケットプレイスで利用されています。デジタルアートやゲームなどのシーンに用いられているもので、今後さらなる飛躍が期待されているもの。

導入数はまだ少ないですが、今後さらに拡大されるといわれています。NFTを利用している、もしくはNFTの利用を検討している人は、ぜひチェックしておきましょう。

DeFi

XYM(シンボル)はブロックチェーン開発団体として有名なFantom Foundationとパートナーシップを結んでいます。そのため、DeFiへの参入は時間の問題と考えて良いでしょう。

DeFiに参入した場合、価格の大幅な変動も十分に考えられます。XYM(シンボル)を購入するかどうかの参考にすると良いでしょう。

建設業の工程管理

建設業の場面でもXYM(シンボル)は活躍しています。工程の進捗状況をライブ共有し、現状のズレや契約内容を確認し修正を繰り返すことで、効率アップを目指しています。

XYM(シンボル)を活用することで、工程の改ざんが難しくなり、非常にクリーンに。今はまだ一部建設業に導入されているのみですが、今後さらに拡大すると考えて良いでしょう。

XYMの将来性|今後の見通しはある?

XYMの将来性|今後の見通しはある?

ここではXYM(シンボル)の今後の見通しに関してをご紹介します。将来性がどうなのかを理解した上で購入を検討したいところ。

購入を検討している人は、以下の内容を必ずチェックしてくださいね。

タイトルが入ります。

NFT市場への参入
DeFi市場への参入
決済手段として利用される
2022年のワールドカップのホテル建設
大手取引所への上場

NFT市場への参入

NFT市場への参入が期待されています。2022年9月現在、導入を決めたマーケットプレイスもいくつか存在しています。

今後さらに導入するマーケットプレイスが増えるといわれているので、注意が必要ですね。導入数が増えれば需要が高まり、価値は現在よりも上がるでしょう。

そういった点も踏まえて検討を進めるのが良いですね。

DeFi市場への参入

DeFiはDecentralized Financeは分散型金融という意味の言葉。管理者のいない管理状態のことを指し、今後さらなる拡大が期待されています。

XYM(シンボル)は上記でもご紹介した通り、ブロックチェーン開発団体として有名なFantom Foundationとパートナーシップを結んでいます。参入する可能性はかなり高いと捉えて問題はないでしょう。

決済手段として利用される

XYM(シンボル)を決済手段として活用しているお店は若干ながら存在しています。日本国内だけでも30件以上のお店が導入。

飲食店や整骨院、温泉施設やマッサージなどそのジャンルも様々です。今後さらに広がっていく可能性があるので、目が離せませんね。

2022年のワールドカップのホテル建設

シンボル(XYM)は、2022年のカタールFIFAワールドカップの建設を管理するプラットフォームとして活用されました。セキュリティの高さや安全性などを考慮して採用された形です。

今後こういった規模の大きい建設のシーンで活躍する機会は増えていくと予想できますね。

大手取引所への上場

シンボル(XYM)は新しい取引所での取り扱いが予想されています。大手海外取引所として知られているBybitや韓国の大手取引所のBithumbへの上場が発表されるなど、すでに上場が始まっています。

今後、XYM(シンボル)の知名度が高まればさらに大きな取引所で取引が可能になるかもしれません。取り扱う取引所が増えると、当然価格も大きく変動します。

日本国内でもXYM(シンボル)を扱う取引所は増えているので、世界と同様に主要通貨として認識される日もそう遠くはないでしょう。

XYMの価格動向はどう?現在と過去に分けて解説

XYMの価格動向はどう?現在と過去に分けて解説

ここではXYM(シンボル)の価格動向をご紹介します。これまでの流れを知った上で購入を検討するのがおすすめです。

以下の内容を確認し、ぜひ参考にしてくださいね。

XYM(シンボル)価格動向

現在の価格動向
これまでの価格動向

現在の価格動向

上昇傾向にあったXYM(シンボル)は利上げの議論がスタートやFRBよるQT(資産縮小)により、下落傾向に転じてしまっています。価格の変動が激しいため、現在の下落傾向がずっと続くとは言い切れません。

XYM(シンボル)が参入するシーンは増えていくと予想されているので、今後の展開に期待ですね。

これまでの価格動向

しばらく下落傾向にあったXYM(シンボル)は、2021年10月頃から上昇傾向に変わっています。仮想通貨が注目され始めたことや国内最大手として知られているGMOコインでの上場が要因として挙げられるでしょう。

さらに、2021年11月にBybitでの上場が決まるなどの出来事があったので、上昇に転じる要因が複数絡んだ結果といえますね。

XYM取引に使えるおすすめの仮想通貨取引所3選

XYM取引に使えるおすすめの仮想通貨取引所3選

XYM(シンボル)取引に使えるおすすめの仮想通貨取引所を3つご紹介します。どの取引所を使えば良いのか迷っている場合、以下の中から選択するのがおすすめです。

詳細を確認し、自分の条件と合致している、もしくは好みの取引所を選定しましょう。

おすすめの仮想通貨取引所

Coincheck:アプリが使えるので使い勝手が良い
GMOコイン:GMOグループが運営している人気取引所
bitFlyer:ユーザー数業界トップクラスの人気取引所

Coincheck:アプリが使えるので使い勝手が良い

ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
Coincheck

2段階認証システムを採用

BTC・ETH・ETC・LSK・FCT・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG Android4.4~, iOS11~ 2段階認証システム

Coincheckは2012年設立の仮想通貨取引所です。アプリでの操作が可能という点も大きなメリットといえるでしょう。

取扱仮想通貨数No.1、アプリダウンロード数業界No.1の取引所なので、かなり人気があります。

また、取り扱っている仮想通貨の種類は約16種類以上で、国内トップクラスの種類数を誇っています。XYM(シンボル)を使わない場合でも使い勝手が良いので、初心者の人でも問題はないでしょう。

また、Coincheckは東証一部に上場しているマネックスグループに属しているということもあり、企業としての信頼度も高めになります。安心して利用したいという人は、Coincheckの活用を検討するのが良いでしょう。

GMOコイン:GMOグループが運営している人気取引所

ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
GMOコイン

一つのアプリで2つのモードを切り替えて使える

BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ Android5.0~, iOS11.0~ ノーマルモード・トレーダーモードなど

GMOコインは国内大手企業として知られているGMOが運営している取引所です。XYM(シンボル)を含む22銘柄の取り扱いが可能なので、使い勝手もかなり良好だといえるでしょう。

さらに、ユーザーから預かっている資産をコールドウォレットで保管するのでハッキングの脅威にさらされるリスクもほとんどありません。そういったセキュリティ面の強さもGMOコインのメリットといえるでしょう。

日本円の入出金手数料を無料にしているなど、日本人に使いやすいようなサービス作りがされています。不安なく取引をしたいという人にオススメの取引所です。

bitFlyer:ユーザー数業界トップクラスの人気取引所

ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
bitFlyer

100円からの売買が可能

BTC・XRP・XEM・XTZ・XLM・ETH・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・DOTなど Android 6.0 ~ Android 10, iOS13.0〜 パソコンからでも操作可能

bitFlyerは、XYM(シンボル)を扱う取引所の中でもかなり大手になります。利用者数が多く、取り扱い銘柄数も多いというのが特徴です。

また、大きなメリットとして挙げられるのが取引画面の分かりやすさ。画面がシンプルで見やすいので、初めて取引する場合も安心できるでしょう。

ビットコインの取引量は6年連続トップになるなど、実績のある取引所になります。

XYMに関するよくある質問は?

XYMに関するよくある質問は?

XYM(シンボル)に関するよくある質問をご紹介します。疑問点や不明な点が解消する可能性があるので、事前に必ず確認しておきましょう。

コインチェックではシンボルを買えない?

コインチェックではXYM(シンボル)の購入が可能です。2022年2月から取り扱いが開始されています。

XYM(シンボル)を購入したいと考えている人も、コインチェックの活用を検討しましょう。

XYMは将来性がないって本当?

XYM(シンボル)は現在下落傾向にあるので、そういった意見を耳にする機会も少なくありません。しかし、今後の導入予想などを考えると、将来性がないとは言い切れないでしょう。

建設業やNFT、 DeFiへの導入など、今後の動向に期待ですね。

XYMのステーキングのやり方は?

暗号資産取引所でアカウントの作成が必要になります。メールアドレスや本人確認書類の提出など必要な行程をしっかり終えましょう。

アカウントを作成したら日本円を振り込みます。振込を終えたら、ステーキング対象となる仮想通貨を入手しましょう。ステーキングのやり方は以上で完了になります。

2022年9月現在、ステーキングが可能なのはGMOコインのみになります。ステーキングを考えている人は注意が必要ですね。

まとめ:XYMは将来性のあるブロックチェーン|今後の動向に期待

XYM(シンボル)は将来性のあるブロックチェーンです。導入予定先が豊富で実績も少なくないので、今後に期待できる仮想通貨だといえますね。

仮想通貨は導入実績や動向などによって価格が大きく変動します。状況をしっかり確認し、適切なタイミングで購入を進めてくださいね。

エンジンコインはゲームで稼げる?今後の見通しも解説

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。