HYIP(ハイプ)とは、『High Yield Investment Program』の頭文字が由来です。日本国内では『高利回り投資案件』と言われています。

 

HYIP(ハイプ)案件は、2016年の暮れ頃から仮想通貨業界で話題になっていました。当時は日利1%以上の案件が多数存在し、もはや年利・月利ではなく、『時利〇%』というワードも出ていました。

 

そしてまた2018年半ば頃から、HYIP案件をまた見聞きするようになりました。

 

日本でも投資家・事業家の中で密かに流行り始め、高利回りで大きな利益が期待できます。しかしその反面リスクも大きく、見極めが大事になってきます。

 

そこで今回は、HYIP(ハイプ)について、

  • 概要・意味
  • リスクについて
  • ビットコイン決済が多い理由

などを解説していきます。

 

Sponsored Link

 

HYIP(ハイプ)とは?

巷で流行っているHYIP(ハイプ)とは、どういったものなのでしょうか。投資に興味のある方は、是非、参考にしてください。

 

 

HYIP(ハイプ)が流行るのにももちろん訳がありますが、一つにビットコインなどの暗号通貨が絡んでいることが上げられます。

 

またびっくりするような配当を生み出し、利回りの高さからHYIP(ハイプ)は人気が出ています。

 

日本では『年利・月利』という言葉は耳にしますが、日利という高利回りは聞き慣れないですよね。

 

そもそも日利というのが非常識で、存在さえしないような仕組みだからです。

 

 

しかしHYIP(ハイプ)案件は1日に1%〜5%、もしくはそれ以上の利益を投資家へ配当を出しています。

 

つまり少ない資金でも高利回り配当を獲得でき、資産を増やしていくことができる投資のことです。

 

少ない資金からスタートし、繰り返し複利で投資することで、みるみる資金を膨らませていくことができる可能性を秘めています。

 

またビットコインを活用したHYIP(ハイプ)投資案件が多く存在し、ビットコインの価値の上昇も含めてさらに利益を大きくすることもできます。

 

 

 

HYIP(ハイプ)投資のリスクは?

参照元URL https://pixta.jp

 

HYIP(ハイプ)投資のリスクは、通常の投資と同様に投資資金の保証がありません

 

投資した時点で資金は報酬によって回収していき、投資をした先の会社がうまく回らず、倒産してしまうこともあります。

 

また始めから投資家を騙すHYIP(ハイプ)の詐欺会社も存在し、高利回りで高収入が期待できる反面、リスクも高いという事です。

 

その為、自分の余剰資金で投資し、複数の会社に分けて分散投資することをおすすめします。

 

したがってHYIP(ハイプ)は、

  • 債券
  • 為替

などに比べてリスクは大きいですが、少ない資金でも大きな収入が期待できるのが魅力です。

 

日利1%の報酬が発生し、会社が倒産しない限り配当を得られます。

 

 

Sponsored Link

 

ビットコインのHYIP(ハイプ)高利回り案件!

HYIP(ハイプ)案件には、ビットコインを決済通貨として使用されることが多いです。

 

その理由は、全世界共通して使用することができ、ビットコインの電子ウォレットが充実しているので、24時間いつでもどこでも使うことができるからです。

 

 

 

ビットコインの価格は上下しながらも、確実に価値を高めていっています。

 

つまりビットコインの価値が上がるということは、HYIP(ハイプ)への投資金額も自動的に上がることに繋がります。

 

今後も上がり続けるだろうという見解が多く、ニュースでも度々取り上げられるほどです。

 

こういった背景から、ビットコインでの投資が流行り、HYIP(ハイプ)投資案件がどんどん増えてきています。

 

現在のHYIP(ハイプ)案件は、世界で数百の案件があると言われ、今後も世界で生まれ続けることでしょう。

 

円をビットコインに両替し、価値が上がっていくのを待つのもいいですが、HYIP(ハイプ)のような案件に投資してもいいですね。

 

しかしながら、リスク管理をしっかり行い、無理のない資金範囲での投資を心がけてください。

 

 

 

あとがき

いかがでしたか?HYIP(ハイプ)は世界でたくさんあります。

 

どこにどれだけ投資していくかは自分次第ですが、大きな利益が生まれる反面、リスクも高いのがHYIP(ハイプ)です。

 

利益を上げ続けている投資家もいれば、失っている投資家がいるのも事実です。

 

今回は、HYIP(ハイプ)について、

  • 概要・意味
  • リスクについて
  • ビットコイン決済が多い理由

などを解説しました。

 

 

 

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み  
筆者参加案件
50ドルから参加可能
テスラインの登録方法と概要と運用方法手順

登録方法は上記をクリック

2015年1月創業の30ヵ国のトレードチームを保有する資産運用会社です。複数の投資プログラムから選択が可能で、日利最大2.4%の投資商品も揃えています。仮想通貨による投資が可能です。(2019年3月より参加)  
500ドルから参加可能

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、スマホ専用の取引所機能付きウォレットです。全世界で100万ダウンロードを記録し、預けている資産をアービトラージによる運用で、こちらも日利0.3%の収益が発生しています。(2018年9月より参加) 2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

第二のプラストークンと呼ばれる「ICBウォレット」は、2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散されています。ウォレットに預けた資産が、アービトラージによる手法で日利0.4%ずつ増える仮想通貨ウォレットです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

スマホアプリ専用のウォレットで、月利7~20%預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)  
0.01BTCから参加可能

AIトレードの登録方法や使い方登録方法は上記をクリック

AIトレードは、2018年10月頃に世界150カ国でグランドOPENとなります。アービトラージ以外にも、暗号通貨専用ATMの設置・マイニングやトレードによる収益など、日利0.3%のほどの成果が発生しております。(2018年7月より参加)  
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

 
2019年開催ICOプロジェクト(関連記事)
   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
     

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。    

 

Sponsored Link