インクリーズトークンのロゴ

 

おもにFacebook社など、SNSを通じた商品・広告の決済として使用されるインクリーズトークン(increz token)!そこには、Facebookの基幹システムを開発している『Ticket Socket社』が関係しているそうです。

 

それでは今回は、インクリーズ・トークン(increz token)について、

  • 最新情報
  • ICOプロジェクト内容
  • 将来性や可能性
  • ICOスケジュールや概要
  • ネットの評判や噂

など、ホワイトペーパーをもとに解説していきます。2018年8月に上場を予定しています。※年内に複数の取引所に上場予定。

 

公式情報

 

ウォレット(取引所)の作成・登録方法はこちら

 

 

インクリーズ・トークンの最新情報

インクリーズトークンのトップ画面

 

最新情報一覧

  • 韓国の大手取引所に上場予定
  • フィリピンに自社の取引所・銀行を開設予定

 

 

韓国の大手取引所に上場予定

2018年度中にインクリーズ・トークンは、韓国の大手取引所の2ヶ所に上場することが決まったそうです。

 

韓国で人気の取引所といえば、

  • Bithumb
  • Upbit
  • Coinone
  • Korbit

などが挙げられますが、恐らくいずれかの取引所かと思われます。※間違っていたら申し訳ないです。

 

 

取引所と銀行の開設

インクリーズ財団とフィリピン政府関係者の対談フィリピン政府とインクリーズ財団の協約式

 

インクリーズトークンのICOチームは、

  • 自社の取引所
  • 銀行

2018年8月フィリピンにてOPENができるように進んでいるようです。

 

 

インクリーズ・トークンの申込みについて
現在縁故セール(紹介制)となっておりますので、LINE  ID(@oqm6996w)で追加・検索後に、「インクリーズトークン希望」とメッセージを頂ければ、申込フォーム・今後の流れなどを添付させて頂きます。

 

 

インクリーズ・トークンとは?

インクリーズ・トークン(increz token)のICOプロジェクトでは、

  • 国際取引所・銀行の設立(世界的な決済プラットフォーム構築)
  • SNSに関するソリューションを提供
  • ショッピングモールや医療機関での決済

などを実現することを目的に立ち上がりました。

 

それでは以下で、インクリーズ・トークンの特徴・将来性・提携先などを解説していきます。

 

 

特徴・内容

インクリーズトークンのロゴ

 

今、インクリーズ・トークン(increz token)が注目されている理由は、開発がすでに100%完了しており、

ウォレット(取引所)の作成・登録方法はこちら

ICO投資家にとってより安心感を得ることができるプロジェクトだからです。※一般的なICOプロジェクトは、ICOで資金調達が完了してからプロダクト・サービスの開発やテストに移ることが多いですよね。

 

また今回のICOセールによる資金調達額は『3,100億円』を目指しています。これまでのICO調達額でも圧倒的な金額となり、個人投資家だけでなく広告会社などの一般法人からも資金調達を想定しているそうです。

 

ICOセール開催国は、アメリカ・EU・アジア圏をはじめ、合計12カ国で世界一斉同時にスタートするそうです。

 

要するにインクリーズ・トークンが提供するサービスは、事業を運営する法人にとってもメリットが大きな事業・サービス(詳細は後述)である事を意味していますよね。

 

2018年8月に上場を予定しておりますが、価格上昇を狙うためには常に買いオーダーが入るシナリオ・事業の確立がとても重要です。

 

そういう意味でも、2018年ICOセール割れしている銘柄が多い中でインクリーズ・トークン(increz token)は、その違いを見せるだけのサービス内容そして提供・既存事業との提携が着々と進んでいる印象がありますよね。

 

 

将来性・可能性

インクリーズトークンの将来性

 

まずは2018年6月にインクリーズトークンのICOプロジェクトは、「Increz Payment System」という独自の決済プラットフォームサービスを提供し、ユーザー・企業双方にとってメリットが生まれるサービスを展開します。

 

ユーザーのメリットは、商品購入時に、

  • クレジットカードの入力が不要(カード番号などが盗まれない)
  • 法定通貨の決済が不要(海外サービス・商品でも気軽に利用可能)
  • 高い操作性
  • SNS上で決済が可能

ネット上での決済リスク・または海外の商品やサービスの購入時のリスクが軽減できるので、より快適で利便性の高い生活・買い物ができる仕組みに繋がりますよね。

 

企業のメリット

  • ユーザーのページの離脱率が下がる
  • 世界中がマーケットになる
  • 広告費のコスト削減

 

 

要するにインクリーズ・トークンのICOプロジェクトは、『ユーザー×企業』を繋ぐプラットフォームを提供するサービスです。

 

そしてまずは世界に30億人のユーザーを抱えるFacebook社のSNSと連携してインクリーズ・トークンを流通させていきます。

 

インクリーズトークンのICOプロジェクトは、新しい経済圏を一から作り上げるのではなく、取引所への上場後にコインの価格を上昇させる要因である買いオーダーが入るように、既存の経済圏と上手く融合・提携していきます。

これもひとえに、Facebookの基幹システムを開発している『Ticket Socket社』の成果の一つでしょうか。

 

 

また現実世界で使用されるためには、圧倒的な送金速度が必要となります。

 

仮想通貨を利用されたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、送金・着金までにかなりの時間が掛かった経験は御座いませんでしょうか?

 

これは処理能力・技術力が大きく関係し、

  • ビットコイン:3~7件/秒
  • イーサリアム:5~20件/秒
  • インクリーズ:1,000件/秒

インクリーズ・トークンの技術は、従来より待機時間・帯域幅ともに大幅に向上させることに成功しています。実需がある物として使用される大きな要因ですよね。

 

それでは、インクリーズ・トークンの提携先・決済や使用できる店舗などを掲載します。

 

 

提携先・決済や取引可能な店舗

インクリーズトークンのロゴ

 

 

フィリピンのスーパーマーケット『Xentro Mall』

xentromallsとインクリーズトークンの提携

フィリピンの国内で数十店舗運営しているスーパーマーケット『Xentro Mall』にて、インクリーズ・トークンの決済導入が確定しました。

 

 

【予定】アジアのショッピングモール『SUPERMALLS』

SUPERMALLS

東南アジア最大級のショッピングモールとして70店舗展開する『SUPERMALLS』でも、今後使用される予定だそうです。

 

 

フィリピンのバイオメディカル病院

まだ詳細は不明ですが、巨大な病院グループにてインクリーズ・トークンの決済が導入される予定だそうです。

 

 

フィリピンのバスケットボール会場

パッキャオが運営するバスケットボール会場とインクリーズトークンが宣伝・広告

ボクシング業界で有名な「パッキャオ」氏が運営するバスケットボール会場にて、インクリーズ・トークンの広告が配信されるそうです。※これは決済場所ではなく、認知度向上・知名度UPに向けた一つのプロモーションですよね。

 

 

取引所と銀行の開設

インクリーズ財団とフィリピン政府関係者の対談

フィリピン政府とインクリーズ財団の協約式

 

2018年8月に、フィリピン政府公認の取引所と銀行を設立予定です。こちらではインクリーズ・トークンの交換・決済が可能となります。

 

 

インクリーズ・トークンのプロジェクトは、ICOセール期間中にさまざまな提携発表・新情報を配信しています。そうする事で、個人・法人の投資家を問わず目標調達額である『3,100億円』の資金調達に向けて進んでいます。

 

そして上場後のシナリオとして実需がある暗号通貨にすることで、昨今のICOセール割れをしている銘柄が多い中で、価格が下落しない仕組み作りにも積極的に取り組んでいる姿勢が垣間見れますよね。

 

 

インクリーズ・トークンの申込みについて
現在縁故セール(紹介制)となっておりますので、LINE  ID(@oqm6996w)で追加・検索後に、「インクリーズトークン希望」とメッセージを頂ければ、申込フォーム・今後の流れなどを添付させて頂きます。

 

 

 

ネットの評判・噂・口コミ

インターネットの評判や口コミ

 

インクリーズ・トークンのICOプロジェクトのネットでの評判は、ほとんど情報がありませんが、

  • 本当にFacebookと連携してコインが流通するのか?
  • ICOセールのレートが変動制の為、上場後に初期購入者が売り抜けしないか?
  • そもそもフィリピンの仮想通貨案件が多すぎて怪しい

など、推測・憶測が飛んでいるようです。ICOセールへの投資・参加は自己責任になりますので、インクリーズ・トークンが描く未来への可能性・実現性を感じれなければ参加しないことをオススメします。

 

 

 

ICO概要・買い方・スケジュール

インクリーズのロゴ

 

インクリーズ・トークンのICO概要

  • トークン名:INCREZ
  • シンボル:ICZ
  • 最大発行枚数:240億枚
  • 一般セール:2018/7/9~
  • 交換通貨:ETH

 

 

ICOスケジュール

1ETHあたりのトークン枚数

【縁故セール】

  • 第1次:2,500ICZ(2018/6/1~6/15)
  • 第2次:2,000ICZ(2018/6/16~6/30)
  • 第3次:1,500ICZ(2018/7/1~7/8)

【一般セール】

  • 第1次:1,300ICZ(2018/7/9~)
  • 第2次:700~800ICZ(上場直前)

但し、トークンの購入枠数が無くなり次第締切となります。※世界12カ国同時セール

トークンの配布は、各セール終了後から約10日前後となります。ウォレット(取引所)の作成・登録方法はこちら

 

 

買い方・購入方法

インクリーズ・トークンの申込みについて
現在縁故セール(紹介制)となっておりますので、LINE  ID(@oqm6996w)で追加・検索後に、「インクリーズトークン希望」とメッセージを頂ければ、申込フォーム・今後の流れなどを添付させて頂きます。

 

 

ロードマップ 

インクリーズトークンのロードマップ

 

 

あとがき|インクリーズ・トークンのICOプロジェクト

インクリーズトークンのロゴ

 

いかがでしたか?

 

インクリーズ・トークンが提案する『決済のプラットフォームの提供』は、多くの企業・ユーザーにとって利便性向上・リスク回避など必要なサービスになりそうですよね。

 

あとはいかに既存事業と提携し、実需ある暗号通貨になれるか?ということが重要です。ICOセール前から順調に提携発表が進み、プロジェクトが進行していますので期待がもてそうですよね。

 

ただしICOセールへの投資は、余剰資金で参加されることをオススメします。

 

今回は、インクリーズ・トークン(increz token)について、

  • 最新情報
  • ICOプロジェクト内容
  • 将来性や可能性
  • ICOスケジュールや概要
  • ネットの評判や噂

など、ホワイトペーパーをもとに解説しました。2018年8月に上場を予定しています。※年内に複数の取引所に上場予定。

 

 

2018年開催のICOプロジェクトに関する記事

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

2018年人気のICOプロジェクト(関連記事)

 

2018年開催のICOプロジェクト(関連記事)

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容を不定期で配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID検索「@oqm6996w」

質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。

 


Sponsored Link