【初心者向け】NFTの特徴や仕組みは?将来性や注意点も解説

今話題のNFT。

NFTアートが売れて、75億円儲かったなど、注目も集まりつつあります。

75億円はともかく、デジタルアートが高く売れる可能性があるNFT。

今回は、そんなNFTの特徴、仕組みや将来性、注意点に注目します。

NFTについて知りたい情報を網羅しますから、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • NFTとは?特徴や仕組みをわかりやすく解説
  • 話題のNFTにはどんな種類がある?
  • NFTの将来性|今後の見通しはどう?
  • NFTの活用に注意点はある?
  • NFTの始め方や買い方
  • NFT購入におすすめのマーケットプレイス
  • NFTに関するよくある質問は?
  • まとめ:NFT技術は今後のビジネスにも役立つ可能性がある

上記の項目を中心に詳しく解説していきますから、NFTの利用場面で活かしてください。

NFTとは?特徴や仕組みをわかりやすく解説

まずは、NFTの説明から。

NFTがどんなものであるのかがわからなければ、利用もできませんから、その特徴や仕組みを解説します。

以下のようなポイントでお伝えします。

NFTの特徴と仕組み
  • 代替えが効かない性質がある
  • 誰でも作成や販売ができる
  • 転売されると作者に報酬が還元される

代替えが効かない性質がある

NFTの本来の名称は「Non Fungible Token」。

「Fungible」は代替ができないということですから、すべて合わせると、非代替性トークンとなります。

トークンはお金の代わりの印のようなものですが、特にデジタル上で発行されるデジタルトークンを単にトークンと呼ぶことが多いです。

ビットコインのような暗号資産もトークンの一種ですが、こちらは代替可能。

一方、NFTは代替が効かないので、それだけの固有なものという意味があります。

唯一無二の価値がある独自なものということです。

それを示すトークンIDが各NFTに割り振られています。

NFTが登場する以前のデジタルデータはコピー・複製が簡単で、だれもが所有しやすかったのです。

ところが、NFTの技術によりコピー・複製が不可能になり、デジタルデータに希少価値が生まれました。

これで、デジタルデータに新たな価値と実用性がもたらされることになったのです。

誰でも作成や販売ができる

NFT作品は誰でも作成・販売ができます。

NFTはブロックチェーン上で用いられるデジタルデータなので、プログラミング知識が作成に必要に思われるかもしれませんが、不要です。

簡単に作成できます。

OpenSeaというNFTマーケットを使うと、複雑な知識がなくても、NFT作品の作成が可能に。

作成したNFT作品は唯一無二のものとして、マーケットに出品できます。

自分が作成したオリジナル作品であり、コピーも複製もされずに、他には所有者はいません。

出品ができれば、販売もできます。

転売されると作者に報酬が還元される

NFTが出品され、購入希望者が現れ販売されれば報酬が入ってきます。

ここまでは、通常のアート作品などと同じです。

ところが、NFTの場合、転売でも作者に報酬が還元されるのです。

それも一度の転売だけではなく、何度もです。

NFT作品はブロックチェーンの技術を使って取引がされるので、発行者や取引履歴が把握しやすくなっています。

そのため、作者の身元も簡単にわかり、報酬が入るように設定ができるのです。

報酬額は取引額の数%で、作者にとっても大事な収入源になります。

従来のアート作品では、転売による報酬が入ることはまれだったので、NFTは画期的な取引手法だとして注目もされています。

NFT転売には、他にもメリットがあるので、挙げてみましょう。

NFT転売のメリット
  • 転売でも本物の証明がある
  • 劣化しない

作品の転売というと、偽物が出回ることがあります。

しかし、NFTには固有の識別トークンIDが割り振られているので、転売作品でも本物だとの証明付き。

転売するほうも購入するほうも安心して取引ができます。

次に、紙などに書かれた作品とは違い、NFT作品は劣化しません。

転売したからといって状態が悪くなることはなく、元の状態のまま保存されています。

それが時には価値の上昇につながることもあるようです。

話題のNFTにはどんな種類がある?

NFTとして出品できる作品にはいくつかも種類があります。

その中から、次の3種類をここで取り上げてみましょう。

NFT作品の種類
  • NFTアート
  • NFTゲーム
  • NFTイラスト

ほかにもNFT作品はありますが、いずれにしろ唯一無二の作品ということもあり、高値で売れる例も続出。

我こそはと思う人は、素敵なNFT作品を作成して出品し、大儲けを狙ってはいかがでしょうか。

NFTアート

NFTといえば、NFTアートが代表的な例として挙げられます。

NFTアートは、デジタルアートとNFTを掛け合わせた言葉で、実物のアート作品同様大きな価値を持ちます。

具体例を示してみましょう。

小学生がピクセルアートを出品したところ、海外で人気が高まり、380万円の値を付けたことがあります。

米国の美術家ビープル氏が作成した数千点のデジタル画像をコラージュしたNFTアートには、なんと79億円もの価値が。

これは極端な例かもしれませんが、NFTアートの価値の高さを示す例といえるでしょう。

このようにNFTアートには思いもよらぬ価値がつく場合もありますから、作成してみる意味は大きいです。

NFTゲーム

NFTゲームはパソコンやスマホで気軽にプレイできるゲーム。

その中のアイテムや土地などもすべてNFT化されているので、固有の価値を持っています。

それだけに、プラットフォーム上でそのアイテムや土地のリアル取引も行われています。

NFTゲームで手に入れたアイテムや土地を売買すれば、利益が入ってくることも。

アイテムの中には時間の経過とともに価値が上昇するものがあり、転売でさらに稼ぐことも可能です。

仮想通貨に交換できるアイテムやアバターもあります。

NFTゲームは単なるゲームの領域を超え、固有の価値を生んだ独特の世界を作り出しました。

仮にNFTゲーム自体が終了しても、その中で手に入れたアイテムや土地は資産として残ります。

これは従来のゲームとは大きく異なる点です。

NFTゲームはブロックチェーン技術を用いているだけに、改ざんや不正は困難。

安心してプレイも売買もできます。

NFTイラスト

NFTイラストもNFTアートの一種ですが、他のアート作品とあえて分類することもできます。

風景画やキャラクターなど、イラスト作成アプリで作成して、出品することも可能です。

初めてデジタルイラストを描く人でも上手にできるアプリもあります。

イラストを描くのが得意でない人でも、大丈夫です。

ここ最近でも、NFTイラストに高値がついた例がいくつもあります。

さいとうなおき氏の作品が600万円で落札、Zombie Zoo Keeperが3,700万円の売り上げを上げている例などです。

NFTの将来性|今後の見通しはどう?

NFTへの注目が集まり、NFT作品を作成して販売しようという人も増えていますが、今後はどのような展開になっていくでしょうか。

NFTの将来性を占ってみたいと思います。

次のような観点から今後の展開を予想してみましょう。

NFTの将来性
  • NFT市場の整備が進んでくる
  • 「投機」目的以外のNFT活用方法の模索
  • イーサリアムの抱える「スケーラビリティ問題」

NFT市場の整備が進んでくる

日本の主なNFTマーケットプレイスはCoincheck NFTやAdam by GMOなどですが、現時点ではNFT市場の整備は進んでいません。

今後、海外のOpenSeaのように大規模なNFTマーケットプレイスが出てくれば、市場も活発になり、さらにNFTの利用者も増えていくでしょう。

ついでに言っておくと、NFT市場だけでなく、法整備も進んでいません。

日本の民法では、所有権が認められるのは有体物だけ。

NFT作品はデジタル作品であり、無体物に属します。

そのため、民法上は所有権がありません。

NFTの取引が活発化しつつある中にあって、今後この辺の法整備がどう進んでいくかも、日本でのNFTの展開を大きく左右しそうです。

「投機」目的以外のNFT活用方法の模索

NFTの活用事例の多くは、投機目的です。

現時点では、投機以外の用途で利用する人は少なくなっています。

しかし、NFTは今注目の市場。

今後、電子投票システムや不動産の所有証明などにも活用されることが期待されています。

NFTの活用範囲が拡大すれば、さらに価値が上昇していくことでしょう。

イーサリアムの抱える「スケーラビリティ問題」

NFTの取引の多くは、イーサリアムのブロックチェーン上で行われていますから、NFTの今後を占う意味でイーサリアムの動向が大きな影響を及ぼします。

そのイーサリアムには、「スケーラビリティ問題」があります。

スケーラビリティ問題とは、1つのブロック上の取引量が多くなりすぎて、処理速度が遅れることです。

イーサリアムでは2020年末のアップデートでスケーラビリティ問題の解消を図りましたが、今後の対処の在り方でNFTの動向も変わっていくでしょう。

NFTとイーサリアムは切っても切れない関係にあります。

NFTの活用に注意点はある?

NFTには法整備が進んでいないというお話をしましたが、それを含めて、活用時には注意しなければいけないことがあります。

不注意で損失が生じても自己責任になり、だれも補償してくれません。

そのため、これから取り上げる注意点をよくチェックし、損をしないようにしないといけません。

ここでは、以下のような注意点をチェックします。

NFT活用の注意点
  • コピー製品を購入しない
  • 保有しているNFTを盗難されないように注意する
  • 詐欺メールやSNSには注意する
  • OpenSea(オープンシー)の偽サイトに注意する
  • MetaMask(メタマスク)の偽サイトに注意する

それぞれの注意点の詳細を見てみましょう。

コピー製品を購入しない

NFTで作成された作品はコピーや複製が難しいとされていますが、これは作品そのものよりも、鑑定書のコピー・複製ができないと考えたほうがいいでしょう。

デジタルデータの唯一無二の所有者として紐づけられたと証明がされている事実は誰にもコピーできません。

つまり、NFT作品が作者から購入者に販売された時点で、購入者がただ一人の所有者として証明されたことになります。

ところが、ここに1つの盲点があります。

それは、デジタルデータのコピーそのものはやろうと思えばできることです。

これまで通りに可能なのです。

所有権自体は認められませんが、コピーして所有すること自体は可能。

そのようなコピー作品を購入しないようにしないといけません。

それから、NFTを作成する人の身分証明も確実には行われていない部分。

偽アカウントの報告例もかなりあります。

そのため、購入希望のNFT作品の作者のプロフィール欄は要チェック。

公式HP、Twitterやインスタなどは必ず確認しておきましょう。

偽アカウントのNFT作品も購入してはいけません。

保有しているNFTを盗難されないように注意する

NFTの盗難被害が拡大しています。

ブロックチェーン調査会社の英エリプティックが2022年8月24日発表したところによると、1年間で1億ドル(約136億円)以上におよぶNFTが盗難されたとのこと。

セキュリティ侵害の急増によるもので、NFTが絶対に安全なデジタルデータでないことを示しています。

このような被害を防止するためには、NFTマーケットプレイス側の対策も必要ですが、個人としては、怪しげなNFTを購入しない、MetaMaskの認証画面をよくチェックするなどが大事です。

詐欺メールやSNSには注意する

詐欺メールやSNSなど悪質な案件もあります。

そのようなメールにはウイルスが含まれていることがあり、多大な被害を被ることも。

それだけではなく、詐欺メールに記載されたリンクのクリックで、MetaMaskの資産が盗まれたという事件もありました。

不正リンクで不正なコントラクトに署名させ、不正者へのNFTの転送が可能になったのです。

これで盗難が完了となりました。

このような事態を避けるためにも、怪しげなメールは開かない、開いてもリンクをクリックしないなどの対策が必要です。

OpenSea(オープンシー)の偽サイトに注意する

NFT最大のマーケットプレイスといえば、OpenSea。

利用者が最も多いです。

そんなOpenSeaの偽サイトが存在することが報告されています。

Google検索でも、上位の広告箇所にOpenSeaの偽サイトが表示されることがあるようです。

偽サイトにアクセスすると、MetaMaskのシードフレーズの入力を求められます。

そこへ入力してしまったら、大変。

シードフレーズが第三者に盗まれると、資産が盗まれたり、新しいアドレスの生成権を奪われたりなど、悪いことがいろいろ生じます。

そのようなOpenSeaの偽サイトに絶対にシードフレーズを入力しないでください。

正しいOpenSeaのサイトにアクセスできているかは、ホームページのアドレスで確認ができます。

MetaMask(メタマスク)の偽サイトに注意する

イーサリアム基板上のNFTを保管できるMetaMask。

このMetaMaskにも、OpenSeaと同じように偽サイトがあることがわかっています。

このような偽サイトでは、一見すると本物と同じような画像や文章が使われているので、見分けが非常に難しくなっています。

やはり、URLを確認する必要がありますね。

もちろんここにも、MetaMaskのキーフレーズやパスワードを入力しないでください。

入力すると、ウォレットから資金が盗み出されてしまいます。

NFTの始め方や買い方

NFTについていろいろな説明をしてきましたが、興味がわいた人もいることでしょう。

そこでここからは、NFTの始め方や買い方を解説します。

以下のような流れで行ってください。

NFTの始め方・買い方
  1. 仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する
  2. 購入した仮想通貨を送金する
  3. NFTマーケットプレイスで作品を購入する

それぞれの項目をチェックしてみましょう。

 

STEP①:仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する

NFTの売買は、法定通貨ではなく、仮想通貨、特にイーサリアムで行います。

売主やマーケットプレイスによっては他の仮想通貨が指定されている場合もあるので、指示に従ってください。

そこで仮想通貨の購入が必要になってくるのですが、購入にあたっては、仮想通貨取引所の口座の開設をします。

口座の開設方法は仮想通貨取引所によって異なりますが、基本的にはメールアドレスと本人確認書類を準備し、指示に従って必要事項を入力していけば完了です。

口座が開設できれば、仮想通貨が購入できるようになります。

STEP②:購入した仮想通貨を送金する

次に、ウォレットを作成します。

ウォレットとは、保有している仮想通貨を保管・管理する場所。

仮想通貨取引所の中にもウォレットがある場合がありますが、そのほかではMetaMaskが有名。

MetaMaskはイーサリアム系のブロックチェーン通貨やNFTを管理できるウォレットです。

NFTの売買では、一押しのウォレットになっています。

購入した仮想通貨はこのウォレットに送金します。

STEP③:NFTマーケットプレイスで作品を購入する

続いて、NFTマーケットプレイスにログイン。

NFTマーケットプレイスにはウォレットでログインできるものがあり、OpenSeaではMetaMaskでログインできます。

国内のNFTマーケットプレイス、Coincheck NFTでは、Coincheckのアカウントでログイン可能です。

NFTマーケットプレイスにログインすると、好きなNFTが購入できるようになります。

購入したい作品の「購入ボタン」を選ぶだけです。

支払いは、ウォレット内の仮想通貨で行われます。

支払額に足りない場合は、NFTを購入できませんから注意しましょう。

NFT購入におすすめのマーケットプレイス

NFTの売買をする場所がNFTマーケットプレイス。

海外ではOpenSeaが有名で、利用者も一番多いです。

では、国内のNFTマーケットプレイスはどうなっているかというと、おすすめなところがいくつかあります。

その中から次の3つを選んでみます。

国内でおすすめのNFTマーケットプレイス
  • Coincheck NFT
  • LINE NFT
  • Adam by GMO

各NFTマーケットプレイスの詳細を見てみましょう。

Coincheck NFT

名称 Coincheck NFT

取扱コンテンツ ゲームアセット
トレーディングカード
決済可能の仮想通貨 イーサリアム
ビットコイン
リスク
リップル
ネム
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
IOST
エンジンコイン
OMG
パレットトークン
ガス代 不要
対応ウェブウォレット MetaMask
対応ネットワーク イーサリアム

Coincheck NFTは、国内最大級の仮想通貨取引所のCoincheckが運営しているNFTマーケットプレイス。

現在、β版が提供されています。

取扱コンテンツはNFTゲーム内で使えるアイテムが中心です。

Coincheck NFTはCoincheckと一体化しているサービスなので、Coinchekが扱っている10種類以上の仮想通貨でNFTの売買ができます。

また、利用前にCoincheckで口座を開設することになるので、ほかの仮想通貨取引所の口座をわざわざ探す必要はありません。

Coincheck NFTはオフチェーン取引にも対応しています。

オフチェーン取引とはブロックチェーン上に記録されない取引で、ガス代が無料です。

イーサリアムのブロックチェーンでは、以前からガス代の高騰が問題になっていましたが、Coincheck NFTならその問題で悩まされることはありません。

LINE NFT

名称 LINE NFT

取扱コンテンツ ゲーム
スポーツ
アニメ
エンターテイメント
キャラクター
決済可能の仮想通貨 LINK(リンク)
ガス代 無料
対応ウェブウォレット LINE BITMAX Wallet
対応ネットワーク LINE Blockchain

LINE NFTのリリース時期は2022年4月。

LINEの仮想通貨であるLINKでNFTの売買ができるほか、LINE Payも利用できます。

利用にあたってはLINEアカウントが必要で、NFTの売買時にはLINE PayかLINE BITMAXに加入をしなければいけません。

すでにLINEアカウントを持っているのならば、気軽に利用できるNFTマーケットプレイスです。

LINE NFTでは、NFTの発行・保有・管理・取引が一通りできるようになっています。

Adam by GMO

名称 Adam by GMO

取扱コンテンツ デジタルアート
決済可能の仮想通貨 イーサリアム
ガス代 販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
対応ウェブウォレット MetaMask
対応ネットワーク イーサリアム

Adam by GMOの運営元はGMOアダム株式会社。

GMOグループの子会社です。

Adam by GMOの取扱コンテンツは、NFTアート、マンガ、音楽などいろいろあります。

著名音楽家や漫画家などがNFTを出品したことでも知られるAdam by GMOには現在注目が集まっています。

Adam by GMOで特筆すべきなのが決済方法。

出品者の指定によっては、仮想通貨のイーサリアムのほか、クレジットカード(1,000万円まで)や銀行振込でも支払いができます。

仮想通貨を持っていない人でも、購入ができるということです。

NFTに関するよくある質問は?

NFTに関してよくある質問があります。

次のような質問です。

NFTのよくある質問
  • NFTのデジタルアートとはなに?
  • NFTの稼ぎ方にはどんな方法がある?
  • NFTアートの作り方は?

それぞれの質問に回答します。

NFTのデジタルアートとはなに?

NFTのデジタルアートとは、代々不可能なトークンでできたアート作品です。

ブロックチェーンの利用で、世界でただ一つのデジタルアートとしての価値を保有します。

デジタルアートはパソコンやタブレットなどのデジタルデバイスで作成された作品ですが、NFT化することで、固有の価値が生まれるのです。

NFTの稼ぎ方にはどんな方法がある?

NFTの稼ぎ方は3種類あります。

NFTの稼ぎ方
  • NFT作品を作成して、販売
  • NFTゲーム
  • 転売

NFT作品を作成して販売し、売れればお金になります。

初心者でも思わぬ大金が得られるケースもあります。

次は、NFTゲーム。

NFTゲームで遊んで、ゲーム内で獲得したアイテムや土地、キャラクターなどを売れば、儲けになります。

転売でも作者に収入が入ってきます。

NFTアートの作り方は?

NFTアートの作り方は3種類。

以下のようになっています。

NFTアートの作り方
  • スマホアプリで作る
  • iPadやパソコンで作る
  • 外注する

スマホアプリでは、ドット絵などの作成ができます。

簡単なものなら、5分くらいで作成可能です。

iPadやパソコンでNFTアートを作る場合は、写真ならPhotoshop、イラストならIllustratorを使う人が多いです。

スマホでは作りにくいNFTアートの作成もしやすくなっています。

自分でNFTアートの作成をする自信がない人は、外注もできます。

外注する場合は、クラウドソーシングの利用がおすすめ。

クラウドワークスやココナラでは、好みのデザインを作ってくれる人を見つけられます。

まとめ:NFT技術は今後のビジネスにも役立つ可能性がある

今回は、今注目のNFTについて詳しい説明をしました。

NFTはブロックチェーン技術により唯一無二の価値があると証明された作品。

オリジナルのNFT作品を出品・売却すれば、大金を手に入れられる可能性もあります。

そんなNFTの特徴から仕組み、注意点に至るまで徹底解説したので、ぜひ利用の際の参考にしてください。

 

NFTアートの特徴や魅力とは?将来性や始め方、作り方まで徹底解説

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。