CFDとは?メリット・デメリットや取引方法をわかりやすく解説

暗号資産や投資をはじめると、今まで聞いたことのない言葉を聞く機会が増えますよね。

CFDは取引方法の1つですが「何のことか全くわからない」「はじめて聞いた」という方も多いことでしょう。

そこで、今回はCFDについてや、どんなメリットやデメリットがあるのか、わかりやすく解説いたします。

また、CFD取引をはじめるおすすめの方法やおすすめの取引所、よくある質問についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

・CFDとは?

・CFDのメリット・デメリット

・CFDをはじめるおすすめの方法と取引所

・CFDに関するよくある質問

 

そもそもCFDとは?

CDFは「Contract For Difference」の頭文字をとっていて、日本では「差金決済取引」と呼ばれています。

差額だけを扱う取引なので、現物の売買は発生しないという特徴があります。

ここでは、そんなCFDの仕組みや対象商品の種類などについて詳しく解説していますので、まずは、チェックしましょう。

CFDとは差金決済取引のことを指す

CDFは「Contract For Difference」の略称で、日本では「差金決済取引」のことを指します。

名前にある通り、差額だけを扱う取引なので、100万円が110万円になればその10万円だけを取り扱う形で取引が行われます。

つまり、現物の売買は発生せず、売買した時に発生する差額だけが増えたり減ったりするというわけです。

FX(外国為替証拠金取引)も差金決済を採用した取引なので、CFDの1つですね。

CFDの仕組みについて紹介

現物取引は、100万円で買ったものが110万円になった場合、決済すると110万円全てが入金されますが、最初に100万円の商品を購入しなければ取引が開始できません。これが、現物取引の仕組みです。

しかし、CFDの場合は、100万円分の現物ではなく差額の10万円のみを扱う取引なので、ある一定の担保となるお金を預ければ、その金額以上の取引を行うことができます。

さらに、CFDはレバレッジもかけられるので、少ない担保金でさらに大きな金額の取引を行うことができます。

上手くいけば大きな利益を得ることができますが、その分、損失も大きくなるリスクがあるのがCFDの仕組みです。

CFDの対象商品の種類は主に3つある

CFDの対象商品の種類は主に3つありますので、それぞれ解説します。

  • 株価指数CFD
    株価指数は、一定の銘柄グループの株価を指数化したもので、株価指数の価格を原資産として取引することを株価指数CFDといいます。この市場は景気に合わせて変動しやすく、景気が良くなれば価格が上昇し、景気が悪化すれば価格が下落する傾向にあります。
  • 商品CFD
    商品現物や商品先物を原資産として取引することを商品CFDといいます。金・銀・原油・天然ガスなどの取引ができます。ただし、商品は値動きが激しいというデメリットがあるので、ハイリスク・ハイリターンであることを覚えておきましょう。
  • 外国株CFD
    外国の株を取引することを外国株CFDといいます。米国株や中国株、ヨーロッパ株などさまざまな外国株を提供している証券会社もあるため、1つの口座でいろいろな銘柄を管理できるというメリットがあります。

CFD取引のメリットとは?

CFD取引におけるメリットは、スタート時の資金が少額でも大きな利益を得られる可能性があるところや投資できる商品の種類が豊富でリスク分散ができるところなどたくさんあります。

ここでは、5つの項目に分けて詳しく解説していますので、どんなメリットがあるのか、おすすめな点はどんなところ知りたい方は、ぜひチェックしましょう。

レバレッジを活用して手元資金が少なくても大きな利益を狙える

レバレッジをかけるとは、証拠金として一定の金額を預け入れることで、その金額以上の取引ができる仕組みで、レバレッジをかければ少ない元手資金で大きな利益が狙えます。

CFD取引では、レバレッジをかけた取引ができるので、少額の資金ではじめたい方でも最初から大きな利益を狙った取引を行えます。

しかし、レバレッジの倍率が固定されている訳ではないのと、倍率が高くなればその分リスクも高くなることは理解しておいてください。

売り注文から取引できる

現物取引の場合は、買った時よりも価格が上昇することで利益を得られる仕組みのため、下落時は損失が出てしまうケースがほとんどです。

そのため、下落相場の時の取引は利益が得られないというイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、CFDは、価格の上昇や下落を予想して取引を行うので、売り注文から取引すれば下落相場でもタイミング次第で利益を得ることができます。

価格が上昇傾向の時は買い注文、下落傾向の時は売り注文にするなど、市場の動きに合わせてどちらでも利益を狙えるのは、CFDの大きなメリットといえるでしょう。

世界各国のさまざまな投資商品に投資できる

CFD取引では、株価指数・商品・外国株など世界各国のいろいろな投資商品に投資ができます。

株価指数だけみても、日本やアメリカはもちろんのこと、ヨーロッパやアジアなど一般的にはなかなか投資できない商品にも投資が可能となっています。

投資商品の種類が豊富ということは、株価指数が低迷している時は、商品や外国株をメインにするなど、リスクを分散しながら取引を行うことができるというわけです。

また、1つの口座で全ての取引ができるので、管理がしやすいのも嬉しいポイントですね。

配当金を受け取れる

CFDで買い注文のポジションを保有している場合、状況にもよりますが配当金相当額を受け取ることができます。

レバレッジをかけた取引の場合は、さらにレバレッジ分の配当金ももらえるケースがほとんどです。

基本的に個人株では配当金をもらえますが、CFDでも同じようにもらえるのは大きなメリットといえますね。

その代わり、売り注文では配当金相当額の支払いが必要になるので注意してください。

営業日なら銘柄次第では24時間取引できる

CFDは、銘柄次第ではありますが、営業日であれば24時間取引を行うことができます。

例えば、日本株の場合、営業日の9:00〜15:00までしか取引ができないため、投資家として専業で行っている方以外は参入しにくい取引時間です。

ですが、CFD取引の場合は、世界中の市場が営業日であれば開いているので、ご自身のスケジュールに合わせて取引を行うことができます。

取引時間が短い銘柄やシステムメンテナンスがある日などは取引ができない場合もあるので、その点はご注意ください。

CFD取引のデメリットとは?

CFD取引の1番のデメリットとしては、大きなリスクがあることです。

投資である以上、どんなに少額でもリスクは伴いますが、CFD取引はレバレッジをかけることができるので、その分リスクも跳ね上がります。

メリットもあればデメリットももちろんありますので、きちんと理解した上でCFD取引を行うようにしましょう。

追加証拠金が発生する場合がある

CFD取引でレバレッジをかけると、追加証拠金が発生することがあります。

追加証拠金は追証のことで、損失額の割合が証拠金を超えた時に証拠金を追加して取引を継続させることを指します。

証拠金を追加しない場合、その取引が強制的に終了させられてしまいます。

つまり「追加証拠金が発生=多額の損失が出ている」ということなので、証拠金の追加ができず取引が強制終了してしまうと、そのまま多額の損失が確定するというわけです。

少額ではじめられるものの、レバレッジをかけて取引をすると証拠金を追加しなければならない可能性があるのは、大きなデメリットですね。

レバレッジをかけるので大きなリスクがある

レバレッジを10倍でかけた場合、利益も損失もどちらも10倍になるので、大きな利益を狙える代わりに大きなリスクもあります。

少額の元手資金でも大きな利益を狙えるからと、気軽にレバレッジ取引をはじめて大きな損失を出してしまうことがないよう、しっかり知識をつけてからはじめるようにしましょう。

最初から大きな利益を狙うのではなく、無理のない範囲で少額の取引から行うのがおすすめですね。

株式投資などの損益と通算ができない

CFD取引による損益は、株式投資や国債などの損益と通算ができません。

損益通算は、利益と損失を相殺することで利益を抑え、税金の負担を減らせるというメリットがありますが、CFD取引の損益は、株式投資などと合わせられないので、雑所得として別で確定申告をする必要があります。

ただし、CFDの損益通算は、FXや先物とは一緒にできるので、あくまで株式投資などとはできないことを覚えておいてください。

CFDの取引を始めるおすすめの方法とは

CFDの取引を始める方法はとても簡単で、口座を開設後、お好きな通貨を注文し、利益が出たタイミングで決済をするだけです。

1度やってしまえば特に難しいことはありません。

4つのステップに分けて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてCFD取引を始めてみてください。

STEP①:CFDの口座開設をする

CFD取引を行うには、まず最初に入出金を行うための口座を開設する必要があります。

必要な口座は、証券会社の証券総合取引口座と暗号資産CFD口座の2つです。

口座によってさまざまな特徴がありますので、下記でご紹介している取引所の表を参考にして、ご自身に合った取引所で口座を開設しましょう。

STEP②:開設した口座へ入金する

口座開設が完了したら、次は、口座への入金を行います。

入金方法や入金にかかる手数料などは取引所によって異なりますが、主な入金方法について解説します。

  • クイック入金
    名前の通りすぐに反映される入金方法です。取引所が指定する銀行を利用する必要がありますが、24時365日いつでもすぐに入金が反映されます。口座開設後、すぐに取引を開始したい場合におすすめの入金方法です。
  • FX取引口座からの振替
    FX取引口座をすでに持っているという方は、振替手続きを行うことで、FX取引口座から証券口座に入金することができます。他の入金方法に比べて操作が面倒というデメリットがありますが、FX取引口座のお金を利用したい方にはおすすめの方法です。
  • 通常(振込)入金
    こちらは、クイック入金に対応している銀行口座を持っていない方におすすめの入金方法です。クイック入金とは違い、反映までに時間がかかるのと、振込手数料などの費用がかかる点がデメリットといえます。
    1度に大きな額で入金する方はあまり手数料を気にする必要はありませんが、少額で少しづつ取引をしていこうと考えている方は、なるべく入金にかかる手数料が抑えられる取引所を選ぶのがおすすめです。

STEP③:CFDで取引したい通貨を選択し新規注文を出す

次は、CFDで取引したい通貨を選択し、新規注文をしましょう。

取引所によって取り扱っている通貨の種類が異なるので、取引予定の通貨が取り扱われている取引所がどうか、事前に確認しておくようにしてください。

また、通貨によって価格予想のしやすさに違いがあるので、どの通貨を選んだらいいか迷うという方は、メジャーな通貨からはじめるのがおすすめです。

情報をしっかり集めて慎重に選ぶことを心がけましょう。

STEP④:利益が出た場合は決済注文を出して決済する

選択した通貨の利益が出た場合は、決済注文を出して決済を行います。

決済するタイミングは、人それぞれなので正解はありませんが、タイミング次第で利益額が大きく変わってくるので、決済のタイミングはとても重要といえます。

はじめのうちは難しいですが、なんとなくで決済するのではなく、情報を集めて合理的に決済するタイミングを見極められるようになるといいですね。

CFDができる取引所とは?おすすめの取引所3選を紹介

CFD取引ができるおすすめの取引所を3つご紹介します。

どの取引所がいいかわからないという方は、表でまとめましたので、比較しながらご自身に合った取引所を探してみてくださいね。

取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
GMOコイン 10銘柄 0.01BTC 無料 アプリ・WEB 取引所・販売所・暗号資産FX・つみたて暗号資産・貸暗号資産・ステーキング・IEO・API
DMMビットコイン 20銘柄 0.01BTC 無料 アプリ・WEB 取引所・販売所・現物取引・レバレッジ取引
bitFlyer 1銘柄 0.01BTC 無料 アプリ・WEB 販売所・かんたん取引所・bitFlyer Lightning・bitFlyer かんたん積立・bitFlyer クレカ
おすすめの取引所3選

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営している国内取引所です。

東証一部上場企業が運営していることから、安心感のある取引所と言えるでしょう。

GMOコインの特徴は、以下の通りです。

  • 取引手数料だけでなく入出金手数料も無料なので手数料を抑えられる
  • 売りたい数量と買いたい数量の両方を1つの画面で見られるので取引しやすい
  • つみたて暗号資産や貸暗号資産など提供サービスも豊富
  • 24時間365日取引できる(メンテナンス時を除く)
  • レバレッジ2倍

初心者から上級者まで全ての人に使いやすいデザインとなっているので、有名で安心感があって操作しやすい取引所を利用したいという方におすすめといえるでしょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが運営する国内取引所です。

DMMグループは暗号資産以外のサービスも展開しているので、聞いたことがある方も多いことでしょう。

DMM Bitcoinの特徴は、以下の通りです。

  • 20銘柄と取り扱い銘柄数が豊富
  • 銘柄によっては数百円から取引が可能
  • 保有している暗号資産を証拠金として活用できる
  • 24時間365日取引できる(メンテナンス時を除く)
  • レバレッジ2倍

DMM Bitcoinは、取り扱い銘柄数が豊富でそのまま証拠金としても利用できるので、さまざまな種類の通貨で取引したいという方におすすめです。

bitFlyer

bitFlyerは、上2つと比べて会社としての知名度は低いかもしれませんが、ビットコインの取引量が6年連続No. 1になるなど、取引量でみると規模の大きい国内取引所となっています。

業界最長の7年以上ハッキング0とセキュリティ面での安心感もあるので、信頼性も高いといえるでしょう。

bitFlyerの特徴は、以下の通りです。

  • セキュリティ面に安心感がある
  • 各種手数料が無料で費用を抑えられる
  • かんたん積立やbitFlyerクレカなど提供サービスも充実している
  • 24時間365日取引できる(メンテナンス時を除く)
  • レバレッジ2倍

お金を扱う上で取引所のセキュリティはとても重要なので、ハッキングの心配をせずに安心して使える取引所がいいという方におすすめです。

CFDとはに関するよくある質問

CFDに関するよくある質問をまとめました。

CFDは現物やFXとどんな違いがあるのか、確定申告や税金はどうなっているのかなど、5つの項目に分けて解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

CFD取引は初心者には危ない?

CFD取引は、レバレッジをかけて行う取引なので、初心者にはリスクが大きく危ないといえます。

しかし、ハイリスクである分ハイリターンでもあるので、きちんと勉強し知識を深めていけば、利益を得ることは十分可能です

投資商品の種類も豊富で売り注文ができたりと、CFD取引にしかないメリットもたくさんあるので、まずは、無理のない範囲ではじめてみるのがいいでしょう。

CFDは確定申告が必要?

CFD取引は、確定申告が必要です。

株式投資や投資信託は、特定口座を利用すれば証券会社が代わりに納税してくれるので、自分で確定申告をする必要がありません。

しかし、CFDなどは特定口座を選択できないので、ご自身で確定申告を行わなければなりません。

年間利益の合計によっては確定申告が必要ない場合もあり、会社員やフリーランス、年収など人によって基準は変わるので注意しましょう。

CFDと現物の違いは?

現物は、100万円のものを100万円用意して購入し、110万円で売れば利益10万円として110万円が全て入金されるシンプルな取引方法です。

それに対しCFDは、売買の差額のみをやり取りします。

担保として証拠金を預けることで元手以上の金額を動かすことができ、レバレッジをかければさらに大きな金額をやり取りできるようになるため、ハイリスク・ハイリターンな取引方法となっています。

CFDとFXの違いは?

CFDとFXのどちらも差金決済取引になっているなど共通点が多いですが、大きな違いは投資対象です。

上記でご紹介している通り、CFDは対象商品が豊富ですが、FXは外国為替のみとなっています。

また、CFDは長期取引、FXは短期取引がメインとなっていて、レバレッジ幅も異なります。

CFDとFXどちらにするか迷った場合は、何に投資するかを先に決めるのがいいでしょう。

CFDは税金がかかるの?

CFDで得た利益には税金がかかります。

CFDの利益は、雑所得の申告分離課税に分類されるため所得税・住民税・復興特別所得税の合計20.315%が一律で課税されます。

FXや先物なども同じ申告分離課税に分類されるので、損益通算が可能となっています。

まとめ:CFDとは「差金決済取引」のこと

今回は、CFDの仕組み、どんなメリットやデメリットがあるのか詳しくご紹介しました。

CFDは、レバレッジを活用することで元手資金が少なくても大きな利益が狙えたり、売り注文で市場が下落傾向でも利益が得られたりとさまざまなメリットがあります。

しかし、その分、損失も大きくなる可能性があるのでハイリスク・ハイリターンであることは理解しておきましょう。

取引所の口座開設は簡単で、レバレッジを大きくかけずに少額からスタートすることもできるので、今回ご紹介した取引所を利用して、ぜひCFDをはじめてみてはいかがでしょうか。

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。