みなさんはパレットトークンという仮想通貨をご存知でしょうか。
まだ知名度はビットコインやイーサリアムのようにメジャーではありませんが、今後成長が見込まれています。

日本で初めてIEOによる資金調達をしたことでも話題になりました。

IEOとは、仮想通貨を用いて資金調達をする方法のことです。このIEOによってパレットトークンは224億円以上の資金を調達しています。

今注目度が高いパレットトークンについてこの記事では解説しています。パレットトークンの将来性についても理解できます。

この記事でわかること

・パレットトークンとはどんな仮想通貨なのか
・パレットトークンの魅力と特徴について
・パレットトークンを保有する注意点
・パレットトークンの今後
・パレットトークンのステーキング方法について

目次

パレットトークンとは?日本生まれの仮想通貨

パレットトークンとは一体どんな仮想通貨なのでしょうか。結論から言うと、日本生まれの仮想通貨です。
ここでは、どんな仮想通貨なのかご紹介しています。

漫画やゲームに特化したNFTプラットフォーム

パレットトークンとは漫画やゲームに特化したNFTプラットフォーム内で利用できる仮想通貨のことです。

NFTとは?
NFTとは、「Non Fungible Token」の略のこと。NFTによってデジタル資産にブロックチェーン上で誰が作者なのかがわかるように番号が振られています。
そのためNFTを用いることによって、デジタルアート、音楽、ゲームなどのデータに資産価値を持つことが可能になりました。

パレットトークンは、NFTプラットフォームのPalette上で利用できます。
Paletteは、漫画やゲームなどに特化したプラットフォームで、NFT化されたデジタルデータを取り扱っています。

初心者でも扱いやすい

パレットトークンは、仮想通貨初心者でも扱いやすい特徴があります。

まだまだ仮想通貨の仕組みやNFTの仕組みを理解することは一般的にされていません。
そのため初心者の方が敬遠しがちという傾向があります。

しかしパレットトークンは、Paletteプラットフォームを利用することで、誰でもかんたんにNFTを取り扱うことができるようになっています。

例えば、イーサリアムの手数料であるガス代と呼ばれるものは理解しにくいと言えます。ガス代は一定額ではなく変動するためにネットワークの送金がたくさんあるとガス代が高騰してしまう特徴があります。

パレットトークンは、NFTに興味がある人が扱いやすいように開発された仮想通貨です。

パレットトークンの魅力や特徴は?

パレットトークンについてどんな魅力や特徴があるのでしょうか。魅力や特徴を理解することでパレットトークンについての理解を深めましょう。これからNFTを売買する方にも参考になるはずです。

手数料が安い

パレットトークンは手数料が安いのが魅力のひとつです。

仮想通貨を取引する場合は必ず手数料というものが発生します。この手数料はガス代とも呼ばれており、変動する価格になっています。
送金がたくさんあり処理が多くなるとガス代が高くなり、数千円になることもあります。

パレットトークンは手数料が安定しており、低価格であることで仮想通貨を取引したことがない人にも安心して取引ができます。

イーサリアムと相互運用できる

パレットトークンは、イーサリアムと相互運用ができるという特徴があります。

パレットトークンはイーサリアムと同じくクロスチェーン技術を利用しています。
クロスチェーン技術によって、異なるブロックチェーンをつなげることができるので、互換性があります。

クロスチェーンとは?
クロスチェーンとは、異なるブロックチェーンをつなげることができる技術のことです。クロスチェーン技術によって異なる仮想通貨のネットワークを接続することができるので利便性が向上し安全性も担保されます。

クロスチェーン技術を用いることで、仮想通貨を円に換金したり、仮想通貨取引所を通すことなく売買することもできるようになるのでハッキングなどのリスクを減らすことも期待できます。

ステーキングサービスを受けられる

パレットトークンは、ステーキングと呼ばれるサービスを受けることができます。

ステーキングとは?
ステーキングとは、ステーキングサービスが利用できる仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワークに参加することで報酬を受け取ることができる仕組みです。
かんたんに置き換えると、預貯金の金利のようなものとイメージしてください。

仮想通貨は普通の株式市場と同じく、安いときに購入し高いときに売ると利益がでます。
ステーキングサービスを利用することで、仮想通貨を購入し、そのままブロックチェーン上で保有しておくと仮想通貨が増えている仕組みです。

仮想通貨の値段が上がっている場合は、ステーキングによって仮想通貨が増えているので利益も大きくなります。
しかし仮想通貨の値段が下がってしまうとそれだけ損も増えてしまうので注意しておきましょう。

暗号資産が不要

パレットトークンは、他の仮想通貨と異なりイーサリアム上に構築されることが一般的です。
そのためブロックチェーン技術によって、パレットトークンに価値を持たせています。

今の段階ではそれほどパレットトークンの価値は高くありませんが、将来的にユーザー数が増えたり取引が増えると手数料が高くなってしまうデメリットもあります。

パレットトークンを保有する上での注意点

パレットトークンを保有することで注意すべきポイントをご紹介いたします。パレットトークンを持つことによるリスクを最小限に減らすことができます。ポイントにしっかりと目を通しておきましょう。

貸出中の通貨は動かせない

パレットトークンにかぎらず、ステーキング中の通貨は途中で解約することができません。
そのためトークンを貸出中の間に通貨の価格が高騰したり下落したとしてもすぐに売買することができないのはデメリットです。

取引所によっては途中解約できる場合がありますが、別途費用が発生する可能性があります。

ステーキング中は仮想通貨で報酬を受け取ることができますが、利益を狙っていると適切なときに売買できないことがあります。
貸し出す場合は、メリットとデメリットの両方をしっかりと把握しておくことをおすすめします。

税金がかかる

仮想通貨は、日本円に換金した場合だけでなく、仮想通貨同士の売買でも税金が発生します。

仮想通貨の税金は、累進課税が適用されます。雑所得扱いになるために損益通算もできません。

日本の場合、最大55%の税金が発生することがあります。売買したときに仮想通貨が暴落してしまうと税金を支払うことができなくなることがあります。
売買は慎重に行うようにして、税金も加味した購入を心がけてください。

詐欺にかからないように注意する

パレットトークンは日本生まれの仮想通貨ですが、情報が少なく本当に利益がでるのかどうかわからないのが現状です。
こうしたあまり歴史のない通貨を購入したりすることは利益を得ることもできる反面、まったく意味のわからないまま売買して紙くずになることもあります。

購入は自己責任ですが、詐欺コインなども実際にあります。
※筆者も以前草コインと呼ばれる仮想通貨に手を出してしまい無駄になったことがあります。

詐欺になる仮想通貨もありますので、情報をしっかりと確認したり、どんなプロジェクトなのかある程度理解してから取引しましょう。

パレットトークンの今後と将来性は?

パレットトークンはまだ日本で開発され1年と歴史が浅い仮想通貨です。今後のパレットトークンの見通しと将来性についてここでは解説しています。
将来性に魅力を感じることができれば投資する価値があるでしょう。

パレットトークンの今後と将来性について

NFT市場の拡大
国内取引所に上場する
需要が高まっていく見込みがある

NFT市場の拡大

パレットトークンが価値があるのは、NFT市場で利用することができるということです。
NFT市場は今後拡大が見込まれています。

NFT市場は今後5年間の間に今の4倍以上の取引になるという予想もあります。
そのため今NFTで利用できるパレットトークンを持っていると、将来利益が出る可能性が高いといえるでしょう。

国内取引所に上場する

パレットトークンは、海外での仮想通貨取引所ではなく、国内の仮想通貨取引所で購入することができます。
海外だとドルに変換したり、その現地で使える通貨や取引所の開設などハードルが高いです。

しかしパレットトークンは、日本生まれの仮想通貨であり国内取引所で購入できるためハードルが低いです。
国内ではCoincheckで購入することができます。

他のビットフライヤーやGMOコインなど有名な国内取引所でも上場の可能性があります。
上場すると、値段が高騰する可能性があるために利益を得ることができます。

需要が高まっていく見込みがある

パレットトークンは、NFT市場で取引できます。NFT市場は今後もっと拡大していく見込みです。
そのため需要が高まり、パレットトークン自体の価値もあがっていく可能性があります。

有名なアーティストのNFT化なども進んでおり、ますます注目度が高くなっていくに違いありません。

パレットトークンを購入できる仮想通貨取引所

パレットトークンを購入できる仮想通貨取引所は、日本ではCoincheckのみです。
では購入するために仮想通貨取引所を開設するための手順をここでは解説しています。

パレットトークンの購入できる仮想通貨取引所

Coincheckの登録方法

Coincheckの登録方法

Coincheckは大手証券会社のマネックスグループの国内最大の仮想通貨取引所です。筆者も利用していますがとてもアプリが見やすく購入しやすいです。
ここではCoincheckの登録方法を順序を追って確認できます。

①Coincheckアプリをダウンロードする

Coincheckのアプリをスマホにインストールします。Webブラウザ上からもログイン登録できますが、アプリで登録するのがかんたんで手軽です。
アプリをダウンロードして、起動したら画面下にある「会員登録」をタップして次に進みます。

②会員登録をする

会員登録をタップしたら、メールアドレス、パスワードを設定して登録します。
パスワードはかんたんなものにすると漏洩したときに仮想通貨のハッキングに繋がります。

パスワードはなるべく複雑で長めの他のサイトで利用していないものにすることをおすすめします。

③本人確認を実施する

会員登録できたら、本人確認を実施していきます。

電話番号や、氏名、住所などの個人情報を入力し登録します。
この住所や電話番号を用いて後ほど本人確認をするので間違いのない正しい情報を入力しましょう。

④本人確認書類を提出する

次に本人確認書類を提出して本人かどうか確認していきます。

本人確認書類について

運転免許証(表面と裏面)
パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
在留カード(表面と裏面)
特別永住者証明書(表面と裏面)
運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
住民基本台帳カード(表面と裏面)
個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可です。

こうした本人確認書類を手元に準備しておきましょう。
あとはスマホのカメラで書類の表、裏を撮影して、本人とともに写真を撮影すると本人確認ができます。

⑤登録ハガキが届いたら開設完了

本人確認ができたら、審査になります。審査OKとなったら登録住所にハガキが届くようになっています。
ハガキを受け取ったらCoincheckの口座が開設できます。

いよいよパレットトークンを購入することができます。

パレットトークンのステーキング方法

パレットトークンをステーキングすることによって、報酬を得ることができます。ステーキングの方法についてここでは解説しています。

STEP①:ステーキングに必要なモノを準備する

まずはじめにステーキングに必要なモノを準備していきます。
ステーキングに必要なものは、PLTウォレットと仮想通貨取引所の開設です。

ひとつ前のCoincheckの開設方法について手順を説明していますので参考にしましょう。

PLTウォレットは、iPhoneやアンドロイド端末でアプリをインストールし初期設定を行います。
手順は画面に従って操作します。すぐに開設できるはずです。

STEP②:ウォレットに送金する

次にウォレットにパレットトークンを送金する作業が必要です。

パレットトークンは、Coincheckで購入することができるので、購入しましょう。
2022年8月22日現在21円前後で購入することができます。

購入後はPLTウォレットを作成しているはずなので、送金しましょう。

送金宛先間違いをしないように注意してください。間違えてしまうとGOXといい、保有しているパレットトークンを確認できなくなります。

STEP③:ブリッジ機能を活用する

次にブリッジ機能と呼ばれる他の仮想通貨のブロックチェーンとつなげるための作業を行います。

ブリッジ機能によってイーサリアムのネットワークとパレットトークンをつなげることができます。ガス代と呼ばれる手数料が発生するので注意してください。

STEP④:ステーキングの申請を行う

パレットトークンを今度はステーキングするために、ステーキングの申請を行います。
申請は、アプリ上から行うことができます。

ステーキングするパレットトークンが多いほど報酬が増えます。しかし売買するためにステーキングを中止するのには時間がかかります。
かんたんにパレットトークンを引き出すことができないので、注意しましょう。

STEP⑤:ステーキングの状況を確認する

ステーキングの申請が終わったら、ステーキングがちゃんと始まっているのかどうか確認しておきましょう。
ステーキング申請からおおよそ6日間申請期間がかかるので、アプリ上などでステーキングが完了しているかどうか確認しましょう。

STEP⑥:ステーキング報酬の確認をする

ステーキングの申請が終わっていたら、ステーキング報酬がちゃんとウォレット上に反映されているかどうか確認しましょう。
ステーキングできていれば、パレットトークンが増えているはずです。

ステーキングすればするほどパレットトークンは増えます。しかしその時の売買価値は上がっていることも、下がっていることもあります。
余裕を持った行動と売買を行うように気をつけてください。

パレットトークンに関するよくある質問は?

パレットトークンについての特徴やステーキングのやり方について解説しましたパレットトークンに関するよくある質問について以下の4つをあげています。

パレットトークンのホワイトペーパーってなに?

パレットトークンのホワイトペーパーとは、どんなことを実現したいと考えて作成されたトークンなのかを示したものです。

ホワイトペーパーについて
パレットトークンは、NFTと呼ばれる技術を用いてデジタル資産を確実に証明するものをイーサリアム上の問題点を改善するために作成されました。
イーサリアム上で懸念点であったガス代と呼ばれる手数料を改善したり、NFTデジタル資産に特化した日本で開発されたトークンです。

パレットトークンのホワイトペーパーの詳しい情報は公式Webサイトから確認することができます。こちらから確認してみてくださいね。

パレットトークンのチャートはどこから見れる?

パレットトークンのチャートは、Coincheckの取引所で確認することができます。

Coincheckの公式Webサイトからログインして、取引所から確認してください。
販売所ではパレットトークの販売はしていませんので注意しましょう。

販売所と取引所
仮想通貨を取り扱っている取引所では、販売方法が2種類あります。
販売所では、スプレッドと呼ばれる差があり売買に手数料が数%上乗せされてすぐに購入することや売却することが可能。しかし手数料が大きいために頻繁に取引する人には向いていません。
取引所では、板と呼ばれるいくらで売買したいかの表が確認できます。自分の好きな値段で売り買いできるので手数料を削減することができます。しかしすぐに売買できないために注意が必要。

今後パレットトークンの需要が増える見込みのため、値上がりが期待できる仮想通貨といえるでしょう。

パレットトークン基盤のNFTゲームは存在する?

パレットトークン基盤のNFTゲームは2022年8月現在存在しています。
ブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」を設立しています。3つのPlay to Earnゲームのリリースを行なっています。

2022年春~パレットトークン基盤のNFTゲームがリリースを順次する予定となっているので注目されています。

パレットトークンの口コミにはどのようなものがある?

パレットトークンのSNSなどの口コミを確認すると、コストがあまりかからない。ステーキングで報酬が増えていて嬉しいという喜びの声がありました。

パレットトークンSNS口コミ

・ステーキングで報酬が増えていた。ステーキング2ヶ月で30000PLTの報酬を受け取った。
・パレットトークンをクレジットカードで購入できるようになりコストがかからない。新規が参加しやすくなった!

パレットトークンは日本生まれの仮想通貨であるために、日本人が購入している人が多い印象を受けました。
今後パレットトークンが盛り上がることによって価値があがったり、ステーキング報酬の価値が増える可能性があります。
盛り上がりに期待したいですね。

まとめ:バレットトークンは新しい仮想通貨|今後の将来性に期待

パレットトークンについての理解を深めることができました。
パレットトークンは、日本生まれの新しいNFTで利用できる仮想通貨であることがわかります。

日本生まれであるため、日本人が安心して購入することができます。ステーキングによる報酬が得られるのも大きな魅力のひとつでしょう。
しかしまだ知名度が低く完成された仮想通貨ではありません。NFTマーケットの盛り上がりやNFT市場の拡大によってさらにパレットトークンが魅力的なものになるに違いありません。
今後の将来性に期待しましょう。

パレットトークンに興味がある人は、ぜひCoincheckで購入することができますので、アカウント開設をして購入してみるのはいかがでしょうか。

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。