仮想通貨の積立投資におすすめの取引所は?基礎概念や登録方法を解説

仮想通貨の積立投資を始めるために準備しておく「仮想通貨取引所」。「Coincheck」「GMOコイン」「bitFlyer」など多くの取引所があり、どこで口座開設しようか迷うことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、仮想通貨の積立投資の基礎概念とともにおすすめの取引所を紹介いたします。お気に入りの取引所を見つけましょう。

この記事でわかること
  • 積立投資の概要
  • 積立投資をするメリット・デメリット
  • 積立投資するときの取引所を選ぶポイント
  • 初心者におすすめの取引所
  • 取引所への登録方法
  • 仮想通貨の積立によくある質問

目次

仮想通貨の積立投資とは?毎月決まった額を購入すること

仮想通貨の積立投資とは、毎月決まった額を購入することです。なぜなら、定期貯金と同じような感覚で仮想通貨を購入することになるからです。例えば、給料日の次の日に決まった額を購入します。また、毎月の購入額は同じで毎週日曜日や毎日と購入頻度を増やして1回の購入金額を減額することも可能です。

仮想通貨で積立投資をするメリット3選

仮想通貨で積立投資をするメリットは以下の3点です。

    少額から始められる

    積立投資のメリットは、少額から始められることです。なぜなら、初めての投資であれば実験的に開始できるからです。国内の取引所でも1円から積立投資できる取引所もあり、仮想通貨を購入する練習にもなります。もし何か不都合があった場合には、投資を辞めれば大きな問題にもなりません。これから仮想通貨投資を始める人は、実験的に少額がら開始してみましょう。

    価格変動リスクを軽減できる

    価格変動リスクを軽減できるというメリットもあります。なぜなら、積立投資は投資のセオリーである「ドルコスト平均法」であるからです。つまり、仮想通貨の価格が高い時には購入量を減らし、価格が安い時には購入量を増やすことで、平均の購入単価を下げることにつながります。価格変動の大きな仮想通貨は、積立投資をすることで価格変動のリスクを軽減できるのです。

    自動的に一定額を投資できる

    3つ目のメリットは、自動的に一定額を投資できることです。なぜなら、毎月・毎週・毎日の積立額さえ設定しておけば、指示通りの金額分の仮想通貨を自動的に購入できるからです。つまり、購入金額を都度考える必要がなく、一度設定すれば、自動的に一定金額の購入を継続できます。積立投資で自動的に一定額を投資してみましょう。

    仮想通貨で積立投資をする3つのデメリット

    仮想通貨で積立投資をするデメリットは以下の3点です。

    大きな利益を狙いにくい

    積立投資のデメリットは、大きな利益を狙いにくいことです。なぜなら、メリットで紹介した「ドルコスト平均法」で購入することは、長期的メリットであるからです。つまり、積立投資は長期的に投資することで収益を得られる可能性があります。だから、大きな利益を狙っている方に対しては、積立投資は不向きとなります。

    値動きが激しいため元本割れするリスクがある

    積立投資は、値動きが激しいため元本割れするリスクがあることがデメリットになります。なぜなら、たまたま積立投資開始の時に仮想通貨の価格が高く、その後価格が下落するケースがあるからです。具体的にビットコインの価格は、2021年1月ごろは1BTC=約700万円であり、2022年8月は1BTC=約300万円です。つまり、2021年11月から積立投資を開始していると現段階では元本割れとなります。このように積立投資でも価格変動の大きな仮想通貨は、元本割れリスクは常に伴います。

    購入のたびに手数料がかかる

    3つ目のデメリットは、購入の度に手数料がかかることです。なぜなら、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する際には手数料がかかり、積立投資でも同様だからです。つまり、購入頻度が多ければ多いほど手数料が加算されていきます。だから、分散投資で購入回数を分けて積み立てる場合には、手数料に注意しましょう。

    仮想通貨で積立投資をするなら?取引所を選ぶときのポイント

    仮想通貨で積立投資をする際に取引所を選ぶポイントは以下の5点です。

    管理体制が整っているか

    まずは取引所の管理体制が整っているかの確認が重要です。なぜなら、大切な資産を守ってくれるのが取引所だからです。2018年には、大手仮想通貨取引所のCoincheckがハッキングに合い、「NEM(ネム)」という仮想通貨を約580億円流出するという事件が起きました。大切な資産を守るためにも、仮想通貨の取引所のセキュリティ体制の確認が重要です。そのためには、それぞれの取引所の仮想通貨の保管方法をチェックしておきましょう。

    信頼できる会社なのか

    取引所を選ぶポイントは、信頼できる会社なのかを確認します。なぜなら、大切な資産を預けることになるからです。銀行は金融庁から許可を取得しているように、仮想通貨取引所も金融庁に承認を得ているかどうかを確認しましょう。承認を得ている取引所は国から営業許可を取得しているため信頼のできる会社と判断できます。

    ツールやアプリは使いやすいか

    取引所のツールやアプリの使いやすさも重要な判断基準です。なぜなら、長期的に利用する際、操作性にストレスがあると利用をやめてしまう可能性があるからです。ただ、ツールやアプリは触ってみないとわからないため、いくつかの口座で試してみることをおすすめします。

    手数料やスプレッドは安いか

    手数料やスプレッドについても調べましょう。なぜなら、手数料やスプレッドが高ければ高いほど大切な資産が失われるからです。スプレッドとは、買値と売値の差額のことでそれぞれの取引所によって異なります。スプレッドが大きいと支払う手数料が大きいことを意味します。よって、取引所の手数料やスプレッドを確認しましょう。

    流動性は高いか

    最後のポイントは流動性の高さです。なぜなら、流動性とは取引のしやすさを意味しており、買いたい価格で買えたり、売りたい価格で売ったりしやすくなるためです。具体的には、それぞれの取引所の取引版を見て、取引量を確認します。取引所を選ぶ際には、流動性の高さを基準にしてみてください。

    積立投資できる仮想通貨取引所3選|初心者におすすめなのはどこ?

    積立投資できる仮想通貨取引所のおすすめは以下の3取引所です。

    Coincheck GMOコイン bitFlyer
    積立投資できる仮想通貨の種類 BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, SAND BTC, ETH, BCH, LTC, XRP, XEM, XLM, BAT, OMG, XTZ, QTUM, ENJ, DOT, ATOM, ADA, MKR, DAI, LINK, DOGE BTC, ETH, XRP, MATIC, MKR, XYM, LINK, DOT, XTZ, XLM, XEM, BAT, ETC, LTC, BCH, MONA, LSK
    手数料 ・入金手数料:0円〜1,018円
    ・出金手数料:407円
    ・送金手数料:変動手数料性
    ・入金手数料:無料
    ・出金手数料:無料
    ・送金手数料:無料
    ・入金手数料:0円〜330円
    ・出金手数料:220円〜770円
    ・送金手数料:0.0004BTC
    最低購入金額 ・販売所:500円相当額
    ・取引所:0.005 BTC(500円相当額)
    ・販売所:0.00001 BTC
    ・取引所:0.0001 BTC
    ・販売所:0.00000001 BTC
    ・取引所:0.001 BTC
    積立金額 1万円/月 500円 1円
    積立プラン Coincheckつみたて つみたて暗号資産 かんたん積立

    Coincheck:アプリのダウンロード数がNo1

    対象期間:2020年 データ協力:AppTweak 

    Coincheckは、アプリのダウンロード数がNo1の取引所です。なぜなら、ユーザーにとって利用しやすいアプリであるからです。具体的には、2020年1月~2021年6月の間に450万ダウンロードを突破しました。スマートフォンで操作が多い方は、Coincheckをチェックしてみてください。

    取引所名
    自動積立サービス Coincheckつみたて
    最低積立金額 1万円/月
    取り扱い通貨数 16
    取り扱い通貨(積立) BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, SAND
    最低取引金額 販売所:500円相当額
    取引所:0.005 BTC(500円相当額)
    レバレッジ取引 なし
    入金手数料 0円〜1,018円
    出金手数料 407円
    送金手数料 変動手数料制

    GMOコイン:取り扱い通貨数が最大

    GMOコインは、国内取引所の中で取り扱い通貨数が最大です。取り扱いは22通貨で、積立可能は19通貨となります。多くの通貨の積立を検討している方は、GMOコインを確認してみてください。

    取引所名
    自動積立サービス つみたて暗号資産
    最低積立金額 500円
    取り扱い通貨数 19
    取り扱い通貨 BTC, ETH, BCH, LTC, XRP, XEM, XLM, BAT, OMG, XTZ, QTUM, ENJ, DOT, ATOM, ADA, MKR, DAI, LINK, DOGE
    最低取引金額 販売所:0.00001 BTC
    取引所:0.0001 BTC
    レバレッジ取引 2倍
    入金手数料 無料
    出金手数料 無料
    送金手数料 無料

    bitFlyert:1円から積立可能

    bitFlyerは、1円から積立可能な取引所です。少額から投資を検討している方にはおすすめな取引所です。なぜなら、少額から試すことができリスクを抑えることができるためです。少額からの積立を検討されている方におすすめの取引所です。

    取引所名
    自動積立サービス かんたん積立
    最低積立金額 1円
    取り扱い通貨数 15
    取り扱い通貨 BTC, ETH, XRP, MATIC, MKR, XYM, LINK, DOT, XTZ, XLM, XEM, BAT, ETC, LTC, BCH, MONA, LSK
    最低取引金額 販売所:0.00000001 BTC
    取引所:0.001 BTC
    レバレッジ取引 2倍
    入金手数料 0円〜330円
    出金手数料 220円〜770円
    送金手数料 0.0004BTC

    積立投資できる仮想通貨取引所に登録する方法は?3ステップにわけて解説

    仮想通貨取引所に登録方法は以下の3STEPです。

    STEP①:ホームページからアカウント登録する

    取引所のホームページからアカウント登録を以下の手順で行います。

    1. 新規アカウント作成
    2. メールアドレス・パスワードの登録
    3. 重要事項承諾・電話番号登録(2段階認証)
    4. 本人確認書類の提出(運転免許書等)

    STEP②:引き落とし口座を設定する

    引き落とし口座を以下の手順にて設定します。

    1. 引き落とし口座となる金融機関を設定
    2. 口座番号の指定
    3. 金融機関のサイトで口座振替申し込み

    STEP③:積立投資に設定する

    取引所のサイトに戻り、積立プランの設定を行います。

    • 積立プラン
    • 積立する通貨
    • 積立金額

    積立投資できる仮想通貨銘柄3選|はじめての人にはコレがおすすめ

    はじめて仮想通貨の積立投資をする銘柄のおすすめは以下の3銘柄です。

    BTC(ビットコイン)

    はじめて仮想通貨投資をするならBTC(ビットコイン)がおすすめです。なぜなら、BTCは最初に登場した仮想通貨であり、最も信頼性が高いと言われているからです。2009年に登場したBTCは、管理者が不在であるにもかかわらず2022年現在の時価総額は1位です。つまり、仮想通貨の中では信頼性が最も高いと考えられます。大切な資産は、信頼性の高い通貨に投資することで安心感につながりますので、はじめての投資にはBTCがおすすめです。

    ETH(イーサリアム)

    仮想通貨投資からはじめて将来NFTの購入を検討している方は、ETH(イーサリアム)がおすすめです。なぜなら、NFTやDefiはイーサリアムブロックチェーン上に構築されているものが多く、使用する通貨がETHだからです。具体的には国内で人気があるCryptoNinjaやNeoTokyoPunksなどがあります。だから、NFTを購入予定の方はETHがおすすめです。

    ENJ(エンジンコイン)

    ENJ(エンジンコイン)とは、エンジンプラットフォームで発行されている仮想通貨です。エンジンプラットフォームは、NFTの発行・販売ができるブロックチェーンです。ENJをおすすめする理由は、NFTへの注目度はこれからますます高まると予想されており、NFT市場が大きくなるとENJの価値が高まる可能性があるためです。NFTに興味がある方は、ENJもおすすめです。

    仮想通貨の積立のおすすめに関するよくある質問は?

    仮想通貨の積立のおすすめに関するよくある質問は以下の3点です。

    ビットコインの積立方法は「毎日」と「毎月」のどっちがおすすめ?

    それぞれのメリット・デメリットを考慮して選んで見ることをおすすめします。

    積立方法 メリット デメリット
    毎日 分散投資となる 手数料が高くなる可能性あり
    毎月 手数料が安い可能性あり 毎日・毎週と比較すると分散度合いは低くなる

    仮想通貨の積立投資でのスプレッドとは?

    仮想通貨の積立投資でのスプレッドとは、買値と売値の差額のことです。例えば、BTCの価格変動がないと仮定した場合、500で購入したBTCをすぐに売却すると450円でした。このケースでは、スプレッドとは50円となります。これが、買値と売値の差額の差すなわちスプレッドと言います。つまり、スプレッドが小さいほどユーザーにとっては良い取引所となります。å

    GMOコインの積立投資に関する評判は?

    GMOコインの積立投資に関する評判は以下のとおりで、参考となるTwitterはこちらです。

    • 日本円を通してしか取引ができない
    • 初心者にも使いやすい
    • スプレッドが高いため手数料が高い
    • 送金限度額がある

    まとめ:仮想通貨の積立投資におすすめの取引所は「Coincheck」

    仮想通貨の積立投資におすすめの取引所はCoincheckです。なぜなら、アプリのダウンロード数が国内No1であり、利用人数が多いからです。2020年1月~2021年6月の間に450万ダウンロードを突破しています。特にスマートフォンでも仮想通貨取引を検討されている方にはおすすめの取引所です。

     

    バイナンスで仮想通貨運用|ステーキング・セービングとは?アプリ版も!

    公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

    LINEで友達募集中

    ※LINE ID検索「@176npczt」

    ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。