GMOコインの送金手数料はいくら?手数料を安く抑える方法も解説

GMOコインは日本で最大級の仮想通貨取引所で使い勝手が良いと評判です。
GMOコインを利用したいと思っても、取引手数料が高いのでは本末転倒。

仮想通貨取引するたびに手数料が発生してしまうと、利益がなくなってしまう可能性も。
そのためなるべく手数料を安い仮想通貨取引所を利用したいものですね。

この記事ではGMOコインの特徴、手数料を比較してみましょう。
自分の大切なお金を運用するための知識をアップデートしましょう。

仮想通貨取引所 送金手数料
GMOコイン
日本円入金手数料:無料
日本円出金手数料:無料仮想通貨取引
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):BTC,ETH,XRP,DAIがMaker:-0.01%,Taker:0.05%、
その他がMaker:-0.03%,Taker:0.09%(現物取引)
CoinCheck
日本円入金:無料
日本円出金:407円仮想通貨取引
送金手数料:BTC:0.0005BTC
取引手数料:無料
BitFlayer
日本円入金:無料
日本円出金:220円~仮想通貨取引
仮想通貨送金:BTC:0.0004BTC
販売所:無料
取引所:約定数量×0.01~0.15%
DMM Bitcoin
日本円入金:無料
日本円出金:無料仮想通貨取引
取引手数料:無料
この記事を読んで理解できるこ
・GMOコインの取り扱い通貨
・GMOコインの手数料有無
・GMOコインと他社の手数料比較
・GMOコインの本当の評判について

		
	

送金手数料を解説する前に|GMOコインの特徴をおさらい

送金手数料を確認する前に、GMOコインがどのような仮想通貨取引所なのか確認しましょう。特徴を理解した上で口座開設しましょう。

取り扱い銘柄数は国内最多

GMOコインで取り扱っている銘柄は国内最多です。
国内で最多の21銘柄を取り扱っているため、GMOコインは他社を圧倒しています。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)
カルダノ・エイダコイン(ADA)
メイカー(MKR)
ダイ(DAI)
チェーンリンク(LINK)
FCRコイン(FCR)

仮想通貨の種類の取り扱いが多いため、いろいろな通貨取引が可能。
特にビットコインだけでなくアルトコインと呼ばれ人気のあるXRP(リップル)やADA(カルダノコイン)など豊富な種類を取り扱っています。

アルトコインは全体的に値動きが活発なので注目度が今高まっています!

全体的に手数料が安い

GMOコインは全体的に手数料が安く設定されています。そのため他社取引所で仮想通貨売買するよりお得に利用できるでしょう。

【日本円取引】
入金手数料:無料
出金手数料:無料
【仮想通貨取引】
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所): Maker -0.01%/Taker 0.05%

特に日本円の入出金が無料のため、利益が出たお金を銀行口座にすぐに払い戻しできます。
仮想通貨間取引(暗号資産)の送金手数料が無料です。

GMOコインで取引できる仮想通貨を別の取引所に送金したり、入金するための手数料が無料です。
取引所間での手数料がかからないため、別の取引所で仮想通貨取引をするのに向いています。

取引所でのMakerはマイナスになっており、「取引板にない価格で注文」を出すと、手数料がもらえる仕組みです。
少しでもお得に取引したい人はとても嬉しいサービスですね。

GMOコインの送金手数料はいくら?手数料一覧

GMOコインの送金手数料を確認しましょう。送金手数料が発生する度に発生する手数料は馬鹿になりません。
以下の手数料が発生します。

入出金手数料

GMOコインに入出金できる日本円、仮想通貨はすべて無料で利用できます。
無料で利用できるので、すぐに仮想通貨取引を始められます。

他社の取引所で利用していた仮想通貨をGMOコインに送金する手数料が不要です。マイナーに払う少額手数料だけ発生します。
頻繁に取引所でやり取りをする方、GMOコイン以外で仮想通貨取引するため支払う手数料を払う必要がないので安心できますね。

販売所でのスプレッド

GMOコイン販売所で取引できる仮想通貨は、スプレッドと呼ばれる手数料が発生します。
つまり購入した段階で数%手数料を支払った状態で購入できます。

スプレッドの幅は売買される取引量や時間によって変動します。
販売所ではすぐに取引できる手軽さがある一方、スプレッドが変動するため幅が大きい場合取引せずに待つ方法があります。
スプレッドは数%かかってしまいます。取引を頻繁にするには向いていないので、気をつけましょう。

取引所の取引手数料

GMOコインでの取引所の取引手数料は、Makerは-0.01%、Takerは0.05%支払います。
Makerとは取引の板にない価格で注文を予めすることで、手数料をもらえます。
Takerは取引板にある価格で注文し約定するときに払います。

なるべく取引板にない価格で指値注文すると手数料を節約できます。

送金手数料

GMOコインの仮想通貨の送金手数料は無料です。送金にかかる手数料は発生しませんが、マイナーに払う手数料のみ発生します。
マイナーに払う手数料は少額ですから、そこまで気になる値段ではないでしょう。

GMOコインで取り扱っていない仮想通貨を別の取引所で利用する場合に便利です。
特にビットコインで購入できる仮想通貨が多いため、別の取引所に送金したり、逆に出金してもらうこともできます。

レバレッジ・建玉手数料

GMOコインのFXトレードに必要なレバレッジ、建玉手数料は、建玉ごとに0.04%毎日発生します。
つまり建玉を持ち続けると毎日手数料が発生してしまいます。

取引手数料、レバレッジ手数料は発生しません。
建玉を毎朝6:00のクローズ時間をまたいで保有していると建玉保管料として発生します。

損切りタイミングを間違ってしまうと無駄に手数料を支払うことにつながるため注意してください。

GMOコインと他社の送金手数料を比較

GMOコインの手数料を確認しましたが、ここでは他社仮想通貨取引所の手数料を比較しています。
各会社によって手数料が大幅に変わります。自分の取引にあったものを選ぶようにしてください。

仮想通貨取引所 送金手数料
GMOコイン
日本円入金手数料:無料
日本円出金手数料:無料仮想通貨取引
送金手数料:無料
取引手数料(販売所):無料
取引手数料(取引所):BTC,ETH,XRP,DAIがMaker:-0.01%,Taker:0.05%、
その他がMaker:-0.03%,Taker:0.09%(現物取引)
CoinCheck
日本円入金:無料
日本円出金:407円仮想通貨取引
送金手数料:BTC:0.0005BTC
取引手数料:無料
BitFlayer
日本円入金:無料
日本円出金:220円~仮想通貨取引
仮想通貨送金:BTC:0.0004BTC
販売所:無料
取引所:約定数量×0.01~0.15%
DMM Bitcoin
日本円入金:無料
日本円出金:無料仮想通貨取引
取引手数料:無料

GMOコインの送金など諸々の手数料を安く抑える方法5つ

GMOコインの送金などの手数料を安く抑えるポイントをご紹介します。
手数料をできる限り安くすることで、手元のお金を大幅に減らすことを防げます。

取引所形式の取引で売買手数料を抑える

GMOコインでは、仮想通貨取引を販売所、取引所の2つで取引できます。
販売所では、すぐかんたんに購入できる反面、スプレッドが数%設定されています。
取引するたびに手数料が発生するため、大きく損をする可能性があります。

取引所形式では、板取引で取引します。
自分の購入したい仮想通貨を好きな値段で購入できますが、相手もその値段で販売していないと購入できません。
板にない金額で指値すると、Makerとして0.01%の手数料が返ってくるのでお得です。

振込入金ではなく即時入金を利用する

GMOコインで入金する方法は、振込と即時入金の2種類があります。
振込の場合、自分の銀行から振り込むため振込手数料が発生します。
振込先に振り込むための手数料が発生し、無駄があります。

しかし即時入金なら、指定した自分の銀行口座からすぐに入金できます。
GMOが連携しているネットバンクを持っているなら活用しましょう。

即時入金が可能なネット銀行

・GMOあおぞら銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
・ゆうちょ銀行

これらの口座を持っているなら、即時振込サービスを利用して入金するなら手数料が不要です。
すぐに仮想通貨口座に入金できるため、すぐに仮想通貨を購入できるメリットがあります。

入出金はなるべくまとめて行う

GMOコインで仮想通貨取引するなら、入出金はできるかぎりまとめて行うことです。
入金、出金手数料は無料ですが、振込にすると振込手数料がその都度発生します。

できる限りまとまった金額を一度で振込できるなら、手数料を抑えられます。
もしくはGMOコインが対応しているネットバンクを持っているなら、即時入金サービスを利用しましょう。
手数料を抑えられ損をしなくてすみます。

ロスカットに注意する

GMOコインで、FX仮想通貨取引する場合、ロスカットに注意しましょう。
ロスカットとは、FX取引で想定以上の損が出た場合に、保証金額を使ってロスカットし被害を最小限にするサービス。

仮想通貨は通常の株取引と違い大幅な値動きをすることが多々あります。
ロスカットも間に合わなかった場合、追証となり損したレバレッジ金額以上の金額を保証しなくてはなりません。
FX取引はテコの原理で預けている金額以上が利用できますが、損も大きくなるので注意しましょう。

仮想通貨を預入するときの手数料を安く設定する

GMOコインで仮想通貨を送金するときに手数料を設定できます。
手数料を低くすることで、抑えられます。

しかし手数料を低くしすぎると他の取引所に仮想通貨を送金するスピードが遅くなりますし混雑することがあります。
そのため早く送金したいなら、ある程度の手数料を支払う必要があります。

そのため手数料をあまり下げ過ぎるのもよくありません。注意して送金しましょう。

GMOコインの評判・口コミ

GMOコインの評判や口コミについて確認しましょう。GMOコインを開設する前に口コミを確認し自分の取引に合っているか確認してください。
GMOコインの良い評判、悪い評判をそれぞれ解説しています。

GMOコインの良い評判・口コミ

GMOコインの良い評判・口コミを確認してみましょう。

多くの人が、GMOコインの手数料の安さ、送金手数料の安さをSNSに上げています。

仮想通貨取引で一番のネックは手数料です。
仮想通貨取引所間での送金手数料はその時のレートによって左右されます。

最低送金手数料が設定されており、GMOコインは他社の仮想通貨取引所に比べ安く設定されています。

仮想通貨販売所では、スプレッドがあり売買するたびに手数料が発生してしまいますが、GMOコインは板取引が可能。
板取引なら、かんたんに売買することはできないものの、手数料無料で利用できるのでお得になりますね。

パソコンやタブレット端末を使ってチャートを確認し、板取引にチャレンジして手数料を抑えましょう。

GMOコインの悪い評判・口コミ

GMOコインの悪い評判・口コミについて確認してみましょう。

GMOコインのデメリットが見えたのは、取引所でのスプレッドの高さ、日本円出金の日にちがかかりすぎるものでした。
多くの口コミがありました。

仮想通貨取引所を運営するために販売所経由で購入できる仮想通貨を絞っている事が多い中、GMOコインはすぐに最新のコインを販売所で購入できます。
しかし仮想通貨販売所では、スプレッドがあり手数料を支払う必要があります。

スプレッドも一定の値段ではなく、取引量や時間帯によってリアルタイムにスプレッドが変動します。
スプレッド幅が大きくなるとそれだけ手数料を支払う金額が増えます。
筆者も経験がありますがスプレッドが1万円以上になることも。

もう一つの悪い口コミで目立ったのは、GMOコイン日本円出金の遅さです。
振込されるまでに3日間かかるのですぐに現金が欲しいときに困ってしまいます。

即時入金ができるのであれば、即時出金があっても良いのですがGMOコインでは出金まで日数がかかります。
計画的に入金、出金を行いましょう。

GMOコインの送金手数料に関するよくある質問

GMOコインの送金手数料に関する質問を回答しています。よくある疑問点を解決しましょう。

GMOコインの手数料は高い?

GMOコインの手数料は他の取引所に比べて高くありません。
日本円の入出金無料、仮想通貨送金手数料無料です。
唯一販売所でのスプレッドの幅が大きいため、手数料が高いデメリットのみです。

そのため全体的にGMOコインの手数料は安いと言えるでしょう。

送金手数料はどの銘柄でも無料?

GMOコインの送金手数料はどの銘柄でも無料です。
送金するためのマイナーに支払う手数料は必要です。

マイナーに支払う手数料が決まっており、あまりにも手数料が低いと送金スピードが遅くなります。
送金手数料はその日のレートによって決まるので気をつけましょう。

GMOコインの送金にかかる時間はどれくらい?

GMOコインの送金にかかる時間は、マイナーに支払う手数料によって変動します。
マイナーに支払う手数料が安いと送金に2、3日かかることがあります。

そのためあまりにも低いマイナーに支払う手数料は辞めましょう。
適正な手数料を支払うようにしてください。

GMOコインにキャンペーンはある?

GMOコインで2022年9月に行われているキャンペーンは、暗号通貨購入で毎日1000円あたるキャンペーン、
600万円以上のFX取引で毎日10,000円が当たるキャンペーンを実施しています。

600万円の暗号通貨取引はリスクがあるため、暗号通貨購入で当選チャンスがある1000円キャンペーンを狙ってみましょう。
暗号通貨は毎日変動が大きくリスクがあることを理解した上で取引しましょう。

GMOコインのIEOとは?

GMOコインのIEOは暗号通貨を使った資金調達するプロジェクトのことです。
2022年9月現在IEO募集はありません。

もしIEO募集があったら、魅力的なプロジェクトであるなら投資してみましょう。
しかしどのような内容なのかしっかり確認した上でIEOに参加しましょう。

暗号通貨を上場したものの、すぐに廃止になったり取引量が少なく大きなリスクを抱えることがあります。
注意してIEOを申し込みましょう。

まとめ:GMOコインの送金手数料は無料

GMOコインの手数料について解説しました。
GMOコインは、送金手数料無料で利用できる安心できる国内取引所です。

暗号通貨の入出金、日本円の入出金など日本で暗号通貨を取引したい人におすすめできます。
この機会に暗号通貨の取引を考えている人はGMOコインを解説してみるのはいかがでしょうか?

筆者はGMOコインを開設し積立を行っています。
積立なら少額でコツコツ行え、ドルコスト平均法でリスクを最小限にできます。

初心者におすすめな仮想通貨取引所5選!キャンペーン情報あり

コインチェックでの積立投資のはじめ方を解説

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。