エイダコインはどんな特徴がある?将来性についても解説

これから投資の選択肢のひとつにしておきたい「仮想通貨」。ビットコイン、イーサリアム、テザーなどさまざまな種類が存在し、どの仮想通貨を買えば良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2022年8月現在、時価総額が8番目の「エイダコイン」を取り上げて紹介します。

この記事でわかること
  • IOHK(インプットアウトプット香港)が開発・運営
  • エイダコインは、Cardano(カルダノ)ブロックチェーンのオリジナル通貨
  • CardanoのコンセンサスガイドラインはProof of Stake
  • 独自のスマートコントラクトPlutus(プルータス)を用いている
  • エイダコインの価格の見通し
  • エイダコインを購入する仮想通貨取引所

 

目次

そもそもエイダコインとは

      エイダコインとは、カルダノが発行しているオリジナルトークンです。Cardanoは、先進的技術を組み合わせることで、セキュリティと持続可能性を提供するプラットフォームです。なぜなら、査読を受けた研究やエビデンスに基づく手法で開発されたブロックチェーンだからです。

      名前 Cardano(カルダノ)
      シンボル ADA
      時価総額 2,006,748,818,239円
      時価総額ランキング 8位
      コンセンサスアルゴリズム PoS(Proof of Stake)
      公式サイト Cardano公式サイト
      Twitter 公式Twitter

      Cardanoブロックチェーンは、IOHK(インプットアウトプット香港)が開発・運営されており、IOHKは数学者であるCharles HoskinsonとJeremy Woodによって2015年に設立されました。


      エイダコインの特徴4つ

      特徴はこちらです。

       

      オンラインカジノで利用できる

      エイダコインは、オンラインカジノで利用できます。悪徳なオンラインカジノでは、不正が行われることに問題視されていましたが、ブロックチェーンを利用したオンラインカジノは、公平性を担保することが可能です。なぜなら、取引履歴が全てブロックチェーンに刻まれるため、改竄や不正ができないからです。これからオンラインカジノの普及は不明ですが、ブロックチェーン技術拡大に伴い、市場が大きくなる可能性もあります。

      • カジノイン
      • クラウドペット
      • スポーツベットアイオー
      • ビットカジノ
      • ポンズカジノ
      • ユースカジノ

      エイダコインが使用できるオンラインカジノは上記です。

      PoSにより電力の消費が少なく環境にやさしい

      ブロックチェーン技術のメリットに改竄ができないことがあげられます。なぜ改竄できないかは、取引の証明を可能な限り分散化させており、取引の承認の仕組みをコンセンサスアルゴリズムと呼びます。

      Cardanoブロックチェーンプラットフォームが採用しているコンセンサスアルゴリズムは、PoS(Proof of Stake)です。PoSは、ビットコインやイーサリアムが採用しているPoW(Proof of Work)よりも電力消費が少ないといわれております。なぜなら、PoWは莫大な計算が必要であり、コンピューターが大量に電力消費するからです。PoWとは、取引の承認をするために莫大な計算を行い、計算を行った者に報酬としてビットコインやイーサリアムが提供される仕組みです。

      一方のPoSは、計算ではなく仮想通貨をステーキングし、掛け金が多い者に取引承認の権利が与えられる仕組みです。つまり、PoSは計算が不要であり電力消費が少ないため、PoWより環境にやさしいということになります。

      専用ウォレット「ダイダロス」が必要

      エイダコインは、オープンソースの仮想通貨ウォレットである「DAEDALUS:ダイダロス」ウォレットを利用できることも特徴のひとつです。

      カルダノメインネット用「ダイダロス」ウォレットの特徴はこちらです。

      • 高度なセキュリティを有している
      • 限界のない会計システムであること
      • 全てのデスクトッププラットフォームをサポートしていること

      仮想通貨はユーザー自身で管理する大切な資産であるため、取引所に保管するのではなく、「ダイダロス」のようなウォレットに保管すべきです。なぜなら、取引所は資金の転送や取引に利用すべきであるからです。

      より安全性を高めるために、短期間の保管であれば「ダイダロス」ウォレットに、長期間の保管であればはードウェアウォレットやペーパーウォレットへの保管が望まれています。

      独自のスマートコントラクトで決済と計算が別々に行われ変更が簡単

      カルダノブロックチェーンは、独自のスマートコントラクトPlutus(プルータス)を用いており、決済と計算が別々に行われています。スマートコントラクトとは、プログラミングで契約を自動執行することです。

      イーサリアムチェーンのスマートコントラクトは、決済と計算をひとつの台帳で行なっていますが、Plutusは別々に行なうことでイーサリアムよりも使い勝手がよくなる可能性があります。

      エイダコインの価格は今後値上がりする?将来の見通しについてのポイント6つ

      将来の見通しについてのポイントは以下の通りです。

      国内の大手取引所への新規上場

      エイダコインを取引できる国内大手の仮想通貨取引所は、GMOコインやBITPOINT、Houbi Japanです。国内取引所への新規上場時には、仮想通貨の価格が上昇することが多く、bitFlyerやCoincheck、DMM Bitcoinなど大手取引所の動きに注目です。

      仮想通貨全体の値動き

      仮想通貨全体の値動きも重要です。なぜなら、仮想通貨の価格はそれぞれ銘柄が連動していることが多いからです。2021年後半に始まった仮想通貨の価格下落についてもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をはじめとする仮想通貨全体の価格に影響を及ぼしています。

      企業や大学と提携

      Cardanoは、国内や海外の企業・大学と提携を進めています。例えば、2020年に米国ワイオミング大学に50万ドルを寄付し、「カルダノ研究センター」という名のブロックチェーン研究開発ラボを設立しました。

      大学と連携することで、よりエビデンスに基づいたブロックチェーンの開発につながり、価値向上の可能性が高まります。その他にも、東京工業大学やアテネ大学、エジンバラ大学にも研究開発ラボを設立しています。

      偽造防止技術の普及

      スポーツシューズメーカーのニューバランスは、サプライチェーンでCardanoブロックチェーンを利用しています。偽装品の販売を防ぐために、ブロックチェーンは改竄できないという特徴を商品発送に利用しているのです。

      具体的には、シューズと紐づけられたエイダコインの履歴を追うことで、ニューバランス社から発送されたことが証明できます。このように、商品の偽造防止のためにCardanoブロックチェーンが利用され、世間に認知が高まるとエイダコインの価値向上に繋がる可能性があります。

      AdaPayが利用できる店舗の増加

      フィンテックプラットフォームのCOTIとCardano財団は、2019年にエイダコインを商業利用する「AdaPay」を開発しました。AdaPayを利用することで、エイダコインで決済が可能となります。

      韓国では、レストランやコンビニエンスストアの約3万店で導入されており、日常生活でエイダコイン決済を利用できます。日本国内でAdaPayの利用者が増えると認知が高まり価格上昇の可能性があります。

      エイダコインの普及

      エイダコインは、上記のようなさまざまな取り組みによって、普及を行なっています。数千種類ある仮想通貨銘柄で、ビットコインやイーサリアムなどのように認知度が高まり普及することで価格上昇が考えられます。

      エイダコインを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所3選

      エイダコインを購入するためのおすすめの仮想通貨取引所はこちらです。

      エイダコインを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所
      銘柄数 14 22 20
      最小発注数 買い注文は500円以上 ・販売所:0.00001 BTC
      ・取引所:0.0001 BTC
      0.0001BTC
      取引手数料 無料 無料 無料
      取引ツール PC・スマホ PC・スマホ PC・スマホ
      提供サービス レンディング つみたて暗号資産 365日サポート

      BITPOINT:キャンペーンが豊富

      BITPOINTは、キャンペーンが豊富な仮想通貨取引所です。2022年8月19日に以下のキャンペーンが開始となりました。

      • 激アツ!DEP購入キャンペーン
      • 激アツ!DEP貸して増やすキャンペーン
      • 激アツ!DEPフォロー&リツイートキャンペーン
      • 激アツ!DEP保有キャンペーン
      • PlayMiningキャンペーン

      その他にも2022年8月に4つのキャンペーンがスタートしています。

      GMOコイン:取り扱い銘柄数が最大

      GMOコインは、22銘柄の取り扱いがあり、国内取引所で最大です。GMOコインでエイダコインも取引は可能であり、さまざまな銘柄の取引を検討している方にはおすすめの仮想通貨取引所になります。

      DMM Bitcoin:サポートが充実

      DMM Bitcoinはサポート体制が充実しています。土日祝日を含む365日、問い合わせフォームとLINEで受け付けています。口座開設や仮想通貨取引で困ったことがあっても安心です。

      エイダコインの買い方手順3つ

      エイダコインを買うための手順は3つです。

      手順1.仮想通貨取引所で口座開設する

      お気に入りの仮想通貨取引所を決めると、以下の流れで口座を開設します。

      • メールアドレスを入力
      • 基本情報の入力
      • 本人確認

       

      手順2.開設した口座に日本円を入金する

      開設した口座に以下の方法で日本円を入金します。取引所によって、入金方法は異なります。

      • 銀行振込
      • コンビニからの振込

      手順3.エイダコインを購入する

      口座に日本円が入金されるとエイダコインを購入します。販売所か取引所で購入金額を決めて取引します。

      • エイダコイン(ADA)を選択する
      • 購入金額を決める
      • 取引金額を確認後、注文を確定する

      エイダコインを取引する時に注意すべきポイント3つ

      集中投資ではなく分散投資する

      仮想通貨投資は、集中投資ではなく分散投資をおすすめします。なぜなら、価格の変動が大きいためリスクを分散するためです。仮にエイダコインのみに投資しているとエイダコインの価格暴落時に大事な資産を失ってしまうからです。リスクを最小化できるように、仮想通貨銘柄や購入するタイミングなどを分散しましょう。

      あくまで余った資金で投資する

      仮想通貨投資だけではありませんが、あくまでも余った資金で投資をしましょう。生活資金まで投資すると価格変動の大きな仮想通貨ですので、一瞬で資産を失ってしまう可能性があります。あくまでも資産を失っても生活できるよう余剰資金で投資をしましょう。

      他の銘柄への投資も視野に入れる

      将来が期待されているエイダコインですが、他の銘柄への投資も視野に入れましょう。なぜなら、エイダコインだけに投資するとリスクが非常に大きいからです。万が一Cardanoにハッキングや大きな問題が起これば、エイダコインの価値が一気に下がってしまう可能性があります。だから、仮想通貨投資する場合は、エイダコインだけではなく他の銘柄への投資も考えてみましょう。

      エイダコインに関するよくある質問

      エイダコインのステーキング方法は?

      エイダコインをステーキングするためには、「ダイダロス」や海外仮想通貨取引所のBainanceで行います。なぜなら、国内の仮想通貨取引所ではエイダコインのステーキングはできないからです。

      エイダコインの現在価格はいくら?

      2022年8月現在の価格は、1ADA=約65円です。直近1ヶ月の取引価格では、2022年8月14日に1ADA=78.57円で最高価格を8月21日に1ADA=58.98円で最低価格となっています。

      エイダコインの将来価格はいくら?

      エイダコインの将来価格は、わかりません。

      エイダコインは過去どのくらいまで高騰した?

      2021年8月に300円を超えました。具体的には、2021年9月3日に1ADA=326.35円でした。

      エイダコインが怪しいと言われるのはなぜ?

      エイダコインが怪しいと言われる背景には以下のようなものがあります。現在は、このような疑いは無くなっていますが、知っておくと損はないでしょう。

      • 過剰な広告
      • RoadMapより遅れて公開された
      • プレセールの購入価格が高額であった

      まとめ:エイダコインの購入におすすめの取引所は「GMOコイン」

      エイダコインの購入におすすめな取引所は「GMOコイン」です。なぜなら、仮想通貨の取り扱い銘柄が22と最大であることと入金手数料や出金手数料、販売所での取引手数料が無料であるためです。

      仮想通貨投資は、リスクヘッジのためにも分散投資をおすすめしており、銘柄数が多いことでユーザーが保有したい仮想通貨へ投資することが可能です。また、各種手数料が無料であることも大きなメリットになります。

      公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

      LINEで友達募集中

      ※LINE ID検索「@176npczt」

      ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。