仮想通貨のマイニングの特徴は?始め方やおすすめ取引所を3つ解説

今回は、仮想通貨のマイニングの特徴や、おすすめ取引所などを詳しく解説していきます。

仮想通貨を始めるにあたって、避けて通れないのがこの「マイニング」というフレーズです。

ですがマイニングについてよく知らないという方は多い傾向にあり、詳しく知りたいという方のために本記事で紹介していきます。

この記事で分かること
  • 仮想通貨のマイニングとは?
  • 仮想通貨のマイニングの種類
  • 仮想通貨のマイニングの仕組み
  • 仮想通貨のマイニングの特徴は?メリットやデメリットを解説
  • 仮想通貨のマイニングをする上での注意点
  • 仮想通貨のマイニングを始めるには?初心者にもできるおすすめの方法
  • マイニングにおすすめの仮想通貨銘柄は?
  • マイニングにおすすめの仮想通貨取引所3選|人気なのはどこ?
  • 仮想通貨のマイニングで稼ぐコツ
  • 仮想通貨のマイニングのおすすめに関するよくある質問は?

上記を中心に、分かりやすく解説していきます!

 

目次

仮想通貨のマイニングとは?

まず簡単に「マイニング」とは、仮想通貨の取引を承認することを指します。

仮想通貨から報酬を得るためにはこの承認を実施する必要があり、実際にビジネスとして幅広く展開している企業も少なくありません。

誰がいつどれだけ取引したのかがブロックチェーン上に記録されており、不正の有無を確認した上で取引を承認しているのです。

さらに覚えておいて欲しいのは、承認する人がいるということはマイニングを実施する人がいるということ。

マイニングを実施する人のことを「マイナー」と呼び、日本円などの法定通貨取引の安全性を保つ役割があります。

実施する人は存在しているものの、実際のチェックはすべてPCが管理しています。

そのためマイナーが不正をするわけではないので、安心して取引が可能です。

仮想通貨のマイニングの種類

ここからは、仮想通貨のマイニングの種類について以下3つを紹介していきます。

仮想通貨のマイニングの種類
  • クラウドマイニング
  • プールマイニング
  • ソロマイニング

それぞれチェックしていきましょう。

クラウドマイニング

「クラウドマイニング」とは、マイナーに投資する方法のことです。

投資者を集めているマイナーを探してそこに投資をすることで、マイニングから得た報酬から配当を貰うというのが主な流れになります。

クラウドマイニングの大きな利点としては、自分でPCを用意できないという方や投資を始めたばかりであまりマイニングの知識を持っていないという方でも気軽に参加できることです。

マイニングはそれなりに大変な作業なので、マイナーが倒産したり資産を持ち逃げすることも考えられます。

できる限り信頼できるところを探して、投資することをおすすめします。

プールマイニング

一方で「プールマイニング」とは、自分を含む複数人でマイニングを行うという方法です。

仮に自分がマイニングを失敗してしまっても、他の方がマイニングに成功すればその報酬を受け取ることが可能になります。

ただし注意点としては、その方の仕事量に応じて報酬が変動するということです。

リスクは減るものの、その分貰える報酬も変わってくるという特徴を持っています。

ソロマイニング

最後に「ソロマイニング」ですが、その名の通り自分1人でマイニングを行うという方法です。

ある程度マイニングの知識を持ち、経験を積んだ方はソロマイニングで報酬を得るのも1つの方法です。

最も基本的な形ですが、基本的に1人で行うのでその分抱えるリスクも高いという特徴を持っています。

リスクが高いということは、受け取れる報酬は全て自分に入ってくるということ。

上記2つのマイニング方法だと仲介手数料などがかかりますが、自分1人で行う場合は余計な費用が発生しないというメリットが挙げられます。

仮想通貨のマイニングの仕組み

ここでは、仮想通貨のマイニングの仕組みについて以下2つを紹介していきます。

マイニングは複雑な部分も多いですが、慣れて行けば継続的に利益を出していけます。

これからマイニングを覚えていきたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

知っておきたい基礎知識
  • ハッシュ関数を計算する
  • ナンスの見つかったブロックは改ざん不能

それぞれチェックしていきましょう。

ハッシュ関数を計算する

基本的にマイニングは、ハッシュ関数で計算を行っています。

「ハッシュ関数」とは、代入が簡単であるものの代入した値が結果からは分からない関数のことを指します。

ハッシュ関数の特性上、実際の代入値は不明です。

だからこそコンピューター上でマイニングが成功するまで、ただひたすら代入を行う作業を繰り返して行くのです。

作業を繰り返して行き、一定の数値よりも小さくなった場合にマイニングが成功して報酬が得られるという流れになります。

ナンスの見つかったブロックは改ざん不能

数値のことをナンスと呼び、ナンスの見つかったブロックは改ざん不能となります。

つまりはマイニングの承認が完了したということになり、仮に改ざんをしてしまうと特定のブロックに紐づく取引情報がすべて変わってしまうのです。

ブロック内に取引情報がまとめられていることから、改ざんしようとするとそれ以降のブロックナンスも計算し直さなければならないという膨大な手間がかかります。

そもそもコンピューター上で高性能な計算を行っており、ナンス1つを見つけて個人で複数のナンスを計算し直すにはあまりにも無謀です。

仮想通貨のマイニングの特徴は?メリットやデメリットを解説

ここでは、仮想通貨のマイニングの特徴や、それぞれのメリットやデメリットを解説していきます。

知っておきたい基礎知識
  • 仮想通貨のマイニングのメリット
  • 仮想通貨のマイニングのデメリット

仮想通貨のマイニングの特徴及び仕組みとしては、先ほど紹介した内容をまとめると数値(ナンス)を探すいわば競争です。

それぞれ本記事で紹介した仮想通貨のマイニングの種類から、メリットやデメリットを解説していきます。

それぞれチェックしていきましょう。

仮想通貨のマイニングのメリット

先ほど紹介しましたが、仮想通貨のマイニングにはさまざまな種類が存在しています。

本記事では以下3つに分けて紹介しましたが、それぞれメリットが異なります。

  • クラウドマイニング
  • プールマイニング
  • ソロマイニング

それぞれのメリットは、以下の通り。

マイニング方法 メリット
クラウドマイニング
  • マイニングを行う際の機材を準備しなくて良い
  • 資金だけで専門的な知識は不要
  • 初心者におすすめ
プールマイニング
  • 複数人でマイニングを行う
  • ハッシュレートが大きい
  • 安定してマイニングが行える
  • 自分が失敗しても、ハッシュレートによって報酬が貰える
ソロマイニング
  • 1人で行うため受け取れる報酬が高い
  • 成功回数が増えると、一気に報酬が手に入る

仮想通貨のマイニングのデメリット

一方で各仮想通貨のマイニングのデメリットとしては、以下が挙げられます。

マイニング方法 デメリット
クラウドマイニング
  • 他の2つに比べて初期費用が大きい
  • 自分でマイニングするわけではないため、詐欺などの被害に遭いやすい
プールマイニング
  • ソロマイニングのように大きな報酬は得られない
  • マイニングを行う際の機材を購入する必要がある
  • 手数料が発生する
ソロマイニング
  • マイニングが失敗すると報酬が受け取れない
  • マイニングを行う際の機材を購入する必要がある
  • マイニングの知識やスキルが必要

各メリットが魅力的に感じるため、デメリットがやや重く感じる部分も否めません。

最初の頃はクラウドマイニングなどで様子を見ながらスキルや知識を含めていき、最終的にソロマイニングを目指すという方も少なくありません。

自分に合った方法で、マイニングを行いましょう。

仮想通貨のマイニングをする上での注意点

ここでは、仮想通貨のマイニングをする上での注意点を以下3つ紹介していきます。

マイニングをする上での注意点
  • 設備投資費用がかかる
  • 報酬に対する税金がかかる
  • 詐欺に遭うリスクがある

それぞれチェックしていきましょう。

設備投資費用がかかる

ビットコインを始め、イーサリアムなどの仮想通貨を取引所で購入する場合、当然費用が発生します。

マイニングを行えば投資に比べて利益率が良いように感じますが、設備費用やマイニングを行う際の電気代などが発生することを忘れてはいけません。

マイニングを行うには、とにかく計算能力が高いPCが必要になります。

膨大な量を計算する必要があるということは、その分大量の電力が必要になるということ。

高い電気代を懸念して、わざわざ電気代が安い海外でマイニングを行う企業も多いほどです。

電気量=電気代が割高になるので、マイニングを行う人にとって長年の問題として挙げられます。

ですが全ての仮想通貨が、マイニングを行う上で電気代が高くなるというわけではありません。

有名で人気なビットコインでマイニングを行うと電気代が高額になりやすいですが、マイナーな仮想通貨で行えばある程度安く抑えられることもあります。

とはいえ一般的な生活に比べて電気代は割高になるので、マイニングを行っても赤字になってしまうという方は少なくありません。

報酬に対する税金がかかる

日本国内で仮想通貨取引を行った場合、益が出ると税法が働いて報酬に対する税金がかかります。

投資だけでなくマイニングも対象で、万が一税金申告をしないでいるとペナルティが発生して滞納税などが発生するので十分に注意してください。

もちろん報酬額に応じて税率は異なり、4,000万円を超える場合は45%となります。

マイニングによって発生した利益は、税法の世界では雑所得として扱われます。そのため、4000万円を越えるほどの利益ともなると、税率は45%となります。

引用元:マイニング報酬に対する税金|マイナビ

ですが仮想通貨の価格は常に変動していることもあり、マイニング時の税金は取得した際の時価を参考にしてください。

さらに覚えておくと良いのが、マイニングは電気代などが経費として扱えるということです。

経費次第では税率をさらに下げられる可能性があります。

詐欺に遭うリスクがある

クラウドマイニングを行う方で特に注意して欲しいのが、詐欺に遭うリスクがあるということです。

自分の代わりにマイニングをやってもらえるためマイニングの知識があまりないという方にはおすすめの方法ではあるものの、適当な企業に依頼をすると報酬を騙し取られる場合があります。

全ての企業が詐欺を働くというわけではありませんが、お金が絡む以上それなりのリスクを持ちましょう。

万が一詐欺を働く企業や集団に引っかかってしまうと、投資した資金はもちろん報酬金も騙し取られるのでかなりの大損となります。

さらに詐欺ではなく、真っ当なマイニングをしてくれる企業でも順調にマイニングできるとは限りません。

利益が出なくて赤字が続き、そのまま破綻する企業も少なくありません。

投資の世界はどの場面でも見極めが重要になってくるので、十分に注意してください。

仮想通貨のマイニングを始めるには?初心者にもできるおすすめの方法

仮想通貨初心者がこれからマイニングを始めるには、利益が出るまでの流れをまず把握しましょう。

ここでは、以下3つのステップに分けて初心者にもできるおすすめの方法を紹介していきます。

利益が出るまでの流れ
  1. STEP①:必要なモノを用意する
  2. STEP②:マイニングソフトをインストールする
  3. STEP③:マイニングソフトを通じて開始する

それぞれチェックしていきましょう。

STEP①:必要なモノを用意する

まずはマイニングに必要なモノを用意する必要があります。

マイニングに必要なモノは、主に以下の通り。

  • マイニングを行うPC
  • PCの熱を冷やすための機材
  • 仮想通貨ウォレット
  • マイニングするためのソフト

マイニングを行うPCは、マイニング専用のPCを用意することをおすすめします。

マイニングはPCの処理能力に応じて速度が変わるので、ハイスペックに越したことはありません。

市販ならゲーミングPCが理想で、自作できるのであれば自作PCがおすすめです。

スペックが低いPCだと、処理が遅くて利益よりも電気代ばかりが高くつきます。

処理を高速で行うとPCが熱を発するため、ショートを防ぐためにPCの熱を冷やすための機材が必要になります。

冷却ファンは家電量販店などで手軽に入手できるので、マイニング用に購入しましょう。

さらにマイニング用のソフトですが、これはプールマイニングを行う方が必要です。

マイニング用のソフトは多く販売されていますが、極力支払う手数料が少ないものや規模が大きいものを選ぶのがおすすめ。

なおかつ日本語にも対応していれば扱いやすいです。

マイニングにかかる費用

それぞれ初期費用がかかるのがマイニングの大きな特徴の1つとなっており、マイニングを行うPCに関しては市販のものまたは自作かで費用が異なります。

使用するパーツなどで数千~数万単位で異なり、そこにPCの熱を冷やすための機材なども含めると数十万円かかります。

仮想通貨ウォレットに関しては、まとまった利益をめざすなら数十万~数百万円の投資が必要です。

STEP②:マイニングソフトをインストールする

マイニングに必要なモノが準備できたら、マイニングソフトをインストールしましょう。

基本的にソフトをインストールする際にアカウントが必要になるので、マイニング用のメールアドレスを用意してください。

アカウントを作成し、利用するマイニングソフトによって手順が異なるので指示に従いインストールしていきます。

STEP③:マイニングソフトを通じて開始する

マイニングソフトをインストールすれば、あとはソフトを起動するだけでマイニングが可能になります。

ソフトを起動して、画面に表示された案内に従って進めてください。

注意点としては、マイニング中は他の作業が一切行えないと思ってください。

処理が重くなってしまっては電気代かかさむ上に、最悪の場合PCが処理に耐え切れず落ちてしまう可能性が考えられます。

マイニングにおすすめの仮想通貨銘柄は?

メリットはもちろん、デメリットも多く存在しているマイニング。

1度マイニングに成功すれば定期的にまとまった利益が出るため、効率良く稼げるようになります。

ですがマイニングにもさまざまな種類の仮想通貨が存在しているため、その銘柄を選んだら良いのか分からないという方は多い傾向にあります。

本記事では、そこまで競争率が激しくなく気軽に始めやすい「アルトコイン」をおすすめします。

競争率が激しく人気が高いビットコインと比べると、まだまだ価値は低いもののマイナーの数が少ないため個人でも十分採算に見合うだけの量を採掘することが可能です。

マイニングにおすすめの仮想通貨取引所3選|人気なのはどこ?

ここでは、マイニングにおすすめの仮想通貨取引所を3つ紹介していきます。

おすすめの仮想通貨取引所
  • Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ
  • GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理
  • DMM Bitcoin:95%をゴールドウォレット管理、補填保障付き
仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
Coincheck

17銘柄 販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
Coincheckつみたて
Coincheck IEO
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス(β版)
GMOコイン

19銘柄 0.00005 BTC
※ビットコインの場合
無料
※Maker手数料:-0.01%
※Taker手数料:0.05%
ネットブラウザ 取引所
販売所
暗号資産FX
つみたて暗号資産
貸暗号資産
ステーキング
IEO
API
DMM Bitcoin

13銘柄 0.00000001 BTC
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ

どこも人気なので、自分にあったところで取引を行いましょう。

Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ

Coincheck

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
Coincheck

17銘柄 販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
Coincheckつみたて
Coincheck IEO
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス(β版)

Coincheckはとにかくアプリが使いやすいと評判で、ウォレット保管だけでなく取引から送金まで簡単に行えます。

マネックスグループ(東証一部上場)が運営している仮想通貨取引所で、国内でも17種類の銘柄数を確保していることから利用者も多い傾向にあります。

使いやすく見やすいデザインに加えて、500円から取引できるのも嬉しいポイント。

対応している仮想通貨の取引をサポートしてくれるだけでなく、取引手数料が無料なのも利用者にとっては評価が高いといえます。

ただしデメリットとしては25ドルの米ドルの入金のみ手数料が発生します。

その上電話やチャットでのサポートがないので、注意してください。

GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理

GMOコイン

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
GMOコイン

19銘柄 0.00005 BTC
※ビットコインの場合
無料
※Maker手数料:-0.01%
※Taker手数料:0.05%
ネットブラウザ 取引所
販売所
暗号資産FX
つみたて暗号資産
貸暗号資産
ステーキング
IEO
API

ゴールドウォレット管理から情報セキュリティの高さまで定評があるGMOコインは、国際標準企画の内容が適用されていることから安全に取引ができます。

日本国内でも完全にコールドウォレットに対応しているウォレットは存在していないため、他と比べてもセキュリティの高さは申し分ありません。

さらに、GMOコインの資産と顧客の資産は完全に分別して徹底管理しているのも大きな特徴。

大きな企業ではありますが、万が一会社が倒産しても資産が返ってこないなどの心配はありません。

DMM Bitcoin:95%をゴールドウォレット管理、補填保障付き

DMM Bitcoin

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
DMM Bitcoin

13銘柄 0.00000001 BTC
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ

DMM.Bitcoin はアプリが見やすいとの声が多く、これからマイニングなどをしていきたい初心者には優しいプラットフォームだといえます。

全13種類もの仮想通貨を取り扱っており、サポート体制が充実しているのも大きなポイントの1つです。

ユーザー対応の点でも評価が高く、深夜でも何か困ったことがあればサポートしてくれます。

顧客が保有する仮想通貨の95%をコールドウォレットで管理してくれるので、万が一ホットウォレット分が失われてしまっても会社の自己資産で充当してくれます。

仮想通貨のマイニングで稼ぐコツ

ここでは、仮想通貨のマイニングで稼ぐコツを以下3つ消化していきます。

マイニングで稼ぐコツ
  • マイニングに最適なPCを準備する
  • 銘柄に最適なソフトを選ぶ
  • 専門家に任せてみる

それぞれチェックしていきましょう。

マイニングに最適なPCを準備する

マイニングを行うための準備として、マイニングに最適なPCを用意することは必須です。

マイニングの承認は誰よりも先に行わなければ報酬が手に入らないので、スペックが低いPCでは承認スピードが負けていつまで経っても報酬が手に入りません。

マイニング時の計算はとても複雑で、一般的なPCでは処理不足で時間がかかってしまうのです。

そのため他のマイナーに打ち勝つには、CPUなど諸々の性能が高いPCをマイニング専用PCとして用意してください。

銘柄に最適なソフトを選ぶ

数多くの銘柄が存在しており、自分の好きな銘柄でマイニングをしたいものです。

その際に効率よく利益を出すためには、銘柄に合わせた最適なマイニングソフトを選ぶことをおすすめします。

ソフトにも銘柄と同じでさまざまな種類があり、特に銘柄を限定しないでアルトコインの中から最適な銘柄を選んでくれるものも少なくありません。

効率を重視したい方は、その銘柄に合ったソフトでマイニングを行いましょう。

専門家に任せてみる

マイニングの知識やスキルなどがまだ不十分な方は、思い切って専門家に任せてみるのも1つの方法です。

マイニングを行うには、ある程度の知識とスキルが必要になっていきます。

ですが知識やスキルが不十分だと、狙った報酬が手に入りません。

ライバルも多く、その中で利益を出すのは初心者にとってなかなか難しい部分ではあります。

そこで専門家という存在が重要視され、クラウドマイニングなら出資した際の一部を報酬として受け取ることが可能です。

仮想通貨のマイニングのおすすめに関するよくある質問は?

最後に、仮想通貨のマイニングのおすすめに関するよくある質問を以下3つ紹介していきます。

マイニングのおすすめに関するよくある質問
  • ビットコインのマイニングは電気代で赤字になる?
  • ビットコインのマイニングを個人でやる方法は?
  • ビットコインのマイニングでかかる電気代はいくらぐらい?

それぞれチェックしていきましょう。

ビットコインのマイニングは電気代で赤字になる?

ビットコインは仮想通貨の中でも特に人気が高い銘柄です。

そのためマイニングを行う際にPCで処理を行うのですが、ここで問題視されるのが電気代です。

マイニングを行うにはとにかく計算能力が高いPCが必要になるので、膨大な量を計算する分電力が必要になります。

マイニングを行う上で電気代の把握はとても大切で、日本国内でマイニングを行う場合利益によっては赤字になることも考えられます。

ワット数やPC稼働時間、さらには稼働日数から1ヶ月あたりの電気代は、ざっくりとでも良いので計算して把握しておくことをおすすめします。

高い電気代を懸念して、わざわざ電気代が安い海外でマイニングを行う企業も多いほどです。

ビットコインのマイニングを個人でやる方法は?

ビットコインのマイニングを個人でやる方法として、ソロマイニングというのが挙げられます。

マイニングプールやクラウドマイニングという方法もありますが、あくまでも自分1人で行う場合はソロマイニングという方法が一般的です。

自分のPCでブロック承認を行い、手数料なしで報酬が全額受け取れるという特徴を持っています。

ソロマイニングは、最も早く承認作業を行った人に報酬が支払われる仕組みです。

そのためソロマイニングを行う場合は、ハイスペックのPCで報酬獲得を狙っていくのが基本です。

ただし競争率がかなり高い銘柄なので、必ずしも承認できるとは限りません。

ビットコインのマイニングでかかる電気代はいくらぐらい?

先ほどの紹介したビットコインでマイニングを行った際の電気代についてですが、計算式としては以下の通りです。

  • GPUの消費電力(ワット数)×マイニングの稼働時間×電気料金

人によってこの辺りは大きく異なるので、一概にこれくらいというのは挙げられません。

電気代の方が利益よりも高くなる場合もあるため、ワット数やPC稼働時間、さらには稼働日数から1ヶ月あたりの電気代を把握しましょう。

まとめ:仮想通貨のマイニングにおすすめの取引所は「Coincheck」

仮想通貨のマイニングの特徴や、おすすめ取引所などを詳しく解説してきました。

おすすめの取引所はさまざまですが、初心者がこれからマイニングを行っていく場合は「Coincheck」がおすすめです。

Coincheckは他よりも仮想通貨の銘柄が多く、スマホでも扱いやすく見やすいという特徴を持っています。

最初の内はチャートに慣れることから始めた方が良いので、経験を積むという点でもCoincheckがおすすめです。

少額から取引ができるという点でもかなり初心者向けのプラットフォームだといえるので、とりあえず始めてみたいという方にはぜひおすすめです。

DATMining(ダットマイニング)とは?概要・登録方法・収益性|ビットコインのマイニング!

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。