メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄7選|将来性や選び方を解説

今回は、メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄どを詳しく解説していきます。

近年仮想通貨業界でよく聞く「メタバース」というフレーズ。

そもそもメタバースについてよく知らないという方は多い傾向にあり、詳しく知りたいという方のために本記事で紹介していきます。

この記事で分かること
  • メタバースとは?仮想通貨との関連性や魅力を解説
  • メタバース関連の仮想通貨の将来性|投資手段としておすすめ?
  • メタバース関連の仮想通貨の選び方|抑えておくべき3つのポイント
  • メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄7選|人気なのはコレ
  • メタバース関連の仮想通貨の購入におすすめの取引所3選
  • メタバースの仮想通貨のおすすめに関するよくある質問は?

上記を中心に、分かりやすく解説していきます!

 

目次

メタバースとは?仮想通貨との関連性や魅力を解説

ここからは、仮想通貨との関連性や魅力を解説していきます。

メタバースとはそもそもどんなコンテンツなのか分からないという方は、本記事を参考にここから始めて知識を深めていきましょう。

仮想通貨との関連性や魅力
  • メタバースと仮想通貨の関連性
  • メタバースとNFTの関連性
  • メタバースの魅力
  • コミュニケーションを円滑にとれる
  • 非日常的な体験をできる
  • ビジネスを拡大できる機会を増やせる

それぞれチェックしていきましょう。

メタバースと仮想通貨の関連性

まずメタバースとは、簡潔にまとめると「仮想空間」のことです。

バーチャルリアリティー、通称VRと呼ばれる仮想空間のことを指します。

メタの意味は「超越した」で、バースは「宇宙」という意味を持っているユニバースをかけて「メタバース」と呼ばれています。

元々はVR上でセカンドライフを楽しむデジタルコンテンツとして誕生した言葉で、仮想通貨はその延長線上にある関連性だといえます。

ただ仮想通貨の場合、メタバース内で現実のお金を実際に使えるのが大きな特徴です。

仮想世界で土地やその他アイテムを購入できるのも、このメタバースならではです。

電子マネーと混合して考えてしまいがちですが、日本円などの法定通貨を電子化しないで取引ができるので全く異なる存在だといえます。

メタバースとNFTの関連性

メタバースとは別で、NFTというフレーズもよく耳にします。

NFTとは「Non-Fungible Token」の頭文字を取った造語で、日本語で表すと「非代替性トークン」という意味です。

仮想通貨の世界では、ブロックチェーン技術が採用されています。

情報を分散して保存しており、ユーザー同士が共同で管理できるいわばデータベースのようなものです。

例えばブロックチェーン技術を使って、自分が作り上げたデジタル商品をNFT化したとします。

NFT化した商品は、作成した方と商品を手にした方の情報が改ざん不可能な状態で保存されます。

多くのデジタルコンテンツは複製が容易にできてしまう点が問題視されていましたが、NFT化すれば資産価値を持たせることが可能になるのです。

特定の商品にだけ希少価値を持たすことができるので資産価値を高めることが可能になり、そのデジタルコンテンツを仮想通貨で売買することもできます。

メタバースの魅力

年々注目度が上がってきているメタバースですが、仮想通貨に限らず魅力的な部分が多いです。

ここではメタバースの魅力について、以下3つのポイント紹介していきます。

仮想通貨の魅力
  • コミュニケーションを円滑にとれる
  • 非日常的な体験をできる
  • ビジネスを拡大できる機会を増やせる

コミュニケーションを円滑にとれる

メタバースを介して、多くの方とコミュニケーションが取れるのがかなり魅力的です。

実際に会って話しているわけではありませんが、現実世界の自分がそこいるので面と向かってコミュニケーションを取るのが苦手という方でもメタバース内なら気軽に話せるという方は少なくありません。

メタバースで交友関係を築くことも可能なので、コミュニケーションを円滑にとれるという点でもかなり評価ポイントだといえます。

非日常的な体験をできる

仮想空間ということで、現実世界では味わえない非現実的な体験ができるというのはかなり大きな魅力だといえます。

仮想空間でやり取りをするだけでも非現実的ですし、空間内を探索したり現実世界のお金で買い物を楽しむことも可能です。

メタバースの世界では、自分で作品を作り出してそれを販売することもできます。

唯一無二の商品なので、自分のオリジナルで取引をする方も少なくありません。

もちろんそのためには努力が必要になりますが、スキルや知識が増えて新たな作品を生み出して資産価値を高めることもできます。

仮想空間という場所は、それだけ伸びしろがあるコンテンツということです。

ビジネスを拡大できる機会を増やせる

メタバースは、まだまだ伸びしろがあるコンテンツということを紹介してきました。

セカンドライフを満喫する方の中には、自分で商品を作成して新しいビジネスを展開している方も少なくありません。

要はメタバース上でクリエイター活動をしており、年間で数千万円もの売り上げを出している方をよく見かけます。

ビジネスの一環としてNFT化している方もいるので、新たな価値をメタバース上で高める使い方も可能です。

メタバース関連の仮想通貨の将来性|投資手段としておすすめ?

ここでは、メタバース関連で仮想通貨の将来性について紹介していきます。

ここで紹介する仮想通貨の将来性は、以下3つです。

仮想通貨の将来性
  • 市場規模が拡大していく
  • 大手企業が参入してくる
  • ファンドの設立が増える

それぞれチェックしていきましょう。

市場規模が拡大していく

2021年に旧Facebook社が社名を「Meta(メタ)」に変更し、さらに注目が集まりました。

FacebookやInstagramを運営していることで世界的に注目を集めていた企業なだけに、今後も市場規模がさらに拡大していくことが期待されています。

Meta社だけでなく仮想通貨投資大手で知られている「グレイスケール」も、メタバースの年間収益が1兆ドルを超えると予想していることでもかなり世界的に関心を集めています。

まだまだ発展途中のコンテンツではありますが、現時点で企業参入はもちろん一般にも徐々に浸透していることから市場規模は拡大していくでしょう。

大手企業が参入してくる

世界各国の大手企業が、メタバースに参入してきています。

現時点ではITやゲーム業界を中心に参入してきていますが、まだまだ少ないもののファッションやスポーツなどさまざまな分野からメタバースに参入してきています。

ブロックチェーン技術を中心に、最新技術を用いてスポーツ分野ならスニーカーなどをデジタル製品として作成されているのです。

実際に購入している方も多く、大手企業が続々と参入していることで今後の成長が期待できます。

ファンドの設立が増える

年々盛り上がりを見せているメタバース。

投資家からの注目もあり、ファンドの設立が増えてきています。

ファンドの設立が増えると、投資家から資金を多く集めることができます。

メタバースに多くの資金が投入されるため、より技術面などが発展してメタバース分野が進化していくのです。

徐々に社会現象になりつつあるメタバースですから、今後も注目を集めてファンドの設立が増える傾向にあります。

メタバース関連の仮想通貨の選び方|抑えておくべき3つのポイント

ここでは、メタバース関連の仮想通貨の選び方で抑えておくべき3つのポイントを紹介していきます。

知っておきたい基礎知識
  • サービス内容
  • 時価総額
  • 時代の流れ

それぞれチェックしていきましょう。

サービス内容

メタバース関連の銘柄は、NFTやメタバースでのゲームサービスと強い関わりがあります。

そのためメタバース関連の銘柄に投資しようと考えている方は、サービス内容について把握してそのサービスを自分が利用したいかどうかを考える必要があります。

現状注目を集めて進化しているメタバースなので、今後どんどん普及していくかどうかを考えていきましょう。

時価総額

メタバースに対応している仮想通貨はさまざまですので、どの通貨が最も人気で需要があるかを知る必要があります。

ポイントとしては「対象通貨の時価総額」です。

仮想通貨は取引量が多く、時価総額が大きい通貨は当然人気があります。

逆をいえばあまりにも時価総額が少ない通貨は、突然急騰する場合もあれば暴落してしまうことも考えられます。

この辺はFXと似た部分でもあるので、見極めが重要です。

時代の流れ

ひと昔前では考えられなかった仮想空間でのビジネス。

時代は常に変化していくもので、その時代に合わせて将来性のある見極めが大切です。

先ほども紹介した通り時価総額が高いかどうかを確認し、大手企業が提携を組んで出資しているかなどに注目してみましょう。

メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄7選|人気なのはコレ

ここでは、メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄を7選紹介していきます。

本記事で紹介する仮想通貨銘柄は、以下の通り。

なお時価総額は2022年8月現在のものです。

おすすめ仮想通貨銘柄
  • エンジンコイン:ゲーム開発で活用されている仮想通貨
  • サンドボックス:Coincheckと提携を結んでいる
  • イーサリアム:メタバースや仮想通貨でも需要度トップレベル
  • ワックス:自分で自由にNFT化した商品の売買が可能
  • ブロックトピア:オープンワールドではなく、ビル型のメタバース
  • ディセントラランド:VR空間内で土地などの購入が可能
  • スターアトラス:Serum DEXシステムを採用
仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
エンジンコイン ¥71,703,153,442 ・Coincheck
・GMOコイン
サンドボックス ¥202,649,644,094 ・Coincheck
イーサリアム ¥27,809,750,332,466 ・CoinCheck
・bitFlyer
・DMM Bitcoin
・GMOコインなど
ワックス ¥28,832,444,758 ・海外取引所
ブロックトピア ¥8,429,052,893 ・海外取引所
ディセントラランド ¥198,779,338,707 ・海外取引所
スターアトラス ¥1,738,044,966 ・海外取引所

それぞれチェックしていきましょう。

エンジンコイン:ゲーム開発で活用されている仮想通貨

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
エンジンコイン ¥71,703,153,442 ・Coincheck
・GMOコイン

エンジンコインは2009年創業の企業で、主にゲームコミュニティに力を入れています。

最先端のブロックチェーン技術を応用して、日本国内でも世界的に知名度のある企業が多数存在しています。

日本との親和性が高い企業として有名です。

そのためゲーム開発者に対してゲームアイテムなどをトークン化して提供しており、資産化して取引しています。

遊びながら稼ぐことができるので、今後市場が拡大していくメタバースにとってかなり需要が出てくると予想できます。

サンドボックス:Coincheckと提携を結んでいる

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
サンドボックス ¥202,649,644,094 ・Coincheck

「The Sandbox」という人気メタバースプラットフォームでの利用が可能です。

The Sandbox内で土地を保有している企業は、定期的にコンテストやイベントを開催していることでも有名です。

日本国内ではCoincheckとパートナーシップを結んでおり、購入者はゲーム内でサンドボックスが稼げます。

イーサリアム:メタバースや仮想通貨でも需要度トップレベル

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
イーサリアム ¥27,809,750,332,466 ・CoinCheck
・bitFlyer
・DMM Bitcoin
・GMOコインなど

イーサリアムは、分散化した環境を構築することを重視した仮想通貨です。

メタバース内でNFTゲームや、NFTマーケットプレイスでも活用されていることで注目を集めています。

NFTを発行するにはイーサリアムのブロックチェーン技術が使われていることも多く、メタバースと密なつながりがあることもでも有名です。

ビットコインに続いて時価総額ランキングが2位と、安定感抜群の仮想通貨です。

ワックス:自分で自由にNFT化した商品の売買が可能

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
ワックス ¥28,832,444,758 ・海外取引所

「OPSkins」というゲーム売買サイトで作られたプラットフォームで、ユーザーはいつでも自由にゲーム内アイテムをNFT化して売買することができます。

金融プラットフォームとして存在している「SALT」と提携を結んでいることもあり、キャッシングローン市場にも参入しています。

自由度が高いので、ある程度メタバースや仮想通貨の知識が増えてきた方にはおすすめです。

ブロックトピア:オープンワールドではなく、ビル型のメタバース

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
ブロックトピア ¥8,429,052,893 ・海外取引所

多くのメタバースプラットフォームは広大なマップで展開されているのに対してブロックトピア、ビル型のメタバースを展開しています。

とにかくグラフィックが美しく、メタバース内を散策するだけでも十分楽しめます。

ブロックトピアを一定期間保有していると、新しいブロックトピアが獲得できるのも魅力的です。

ディセントラランド:VR空間内で土地などの購入が可能

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
サンドボックス ¥202,649,644,094 ・Coincheck

「Decentraland」というプラットフォームで利用可能で、実際に土地やアイテムなどがNFT化されて販売されています。

最先端のブロックチェーン技術を採用しており、現状Coincheckが唯一の取引所です。

Coincheckでは、実際にDecentraland上でメタバース都市を建設しています。

スターアトラス:Serum DEXシステムを採用

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
スターアトラス ¥1,738,044,966 ・海外取引所

スターアトラスは、2620年を舞台にしたメタバースゲームを展開しています。

2620年を舞台にしたメタバースゲーム内で使用が可能で、ゲーム内の土地はもちろん宇宙船の燃料費に使用するなどでスターアトラスが使われています。

映画さながらの高グラフィックで戦闘ゲームが楽しめるため、ゲーム好きはもちろん映画好きにも人気が高いです。

メタバース関連の仮想通貨の購入におすすめの取引所3選

ここでは、メタバース関連の仮想通貨の購入におすすめの取引所を3つ紹介していきます。

仮想通貨の購入におすすめの取引所
  • Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ
  • GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理
  • DMM Bitcoin:95%をゴールドウォレット管理、補填保障付き
仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
Coincheck

17銘柄 販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
Coincheckつみたて
Coincheck IEO
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス(β版)
GMOコイン

19銘柄 0.00005 BTC
※ビットコインの場合
無料
※Maker手数料:-0.01%
※Taker手数料:0.05%
ネットブラウザ 取引所
販売所
暗号資産FX
つみたて暗号資産
貸暗号資産
ステーキング
IEO
API
DMM Bitcoin

13銘柄 0.00000001 BTC
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ

どこも人気なので、自分にあったところで取引を行いましょう。

Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ

Coincheck

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
Coincheck

17銘柄 販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
Coincheckつみたて
Coincheck IEO
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス(β版)

とにかくアプリが使いやすいと評判のCoincheckは、これから仮想通貨取引をしていきたいという初心者におすすめです。

ウォレット保管はもちろん、取引から送金まで簡単に行えるので使い勝手がいいです。

運営元がマネックスグループ(東証一部上場)なので、大手が運営していることもあり国内でも17種類の銘柄数を確保していることから初心者からベテランまで利用者が多いのも大きな特徴。

ネットブラウザとスマホアプリから使えるので、見やすいデザインなのも嬉しいポイントです

手数料が無料なのに少額から取引可能で、対応している仮想通貨の取引を徹底サポートしてくれます

ただしデメリットとしては25ドルの入金のみ手数料が発生するのでと、取引以外でのサポートは受け付けてくれないので注意してください。

GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理

GMOコイン

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
GMOコイン

19銘柄 0.00005 BTC
※ビットコインの場合
無料
※Maker手数料:-0.01%
※Taker手数料:0.05%
ネットブラウザ 取引所
販売所
暗号資産FX
つみたて暗号資産
貸暗号資産
ステーキング
IEO
API

国際標準企画の内容が適用されていることで人気が高いのは、GMOコインです。

ゴールドウォレット管理から情報セキュリティの高さまで定評があり、安全に取引をしたいという方におすすめです。

日本国内で他社にはない完全コールドウォレットに対応しており、企業と顧客の資産を別で管理していることからセキュリティの高さが伺えます。

そのため万が一企業が倒産したとしても、自分の資産だけはしっかりと返ってくれるので安心して取引が可能です。

DMM Bitcoin:95%をゴールドウォレット管理、補填保障付き

DMM Bitcoin

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール 提供サービス
DMM Bitcoin

13銘柄 0.00000001 BTC
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ

アプリが見やすく、Coincheckと同じくらい初心者におすすめできるDMM.Bitcoin。

全13種類もの仮想通貨を取り扱っており、深夜でも何か困ったことがあればいつでもサポートしてくれるのも大きなポイントの1つです。

顧客満足度が高く、特に注目して欲しいのが資産をコールドウォレットで管理してくれるという点です。

顧客が保有する仮想通貨の95%をコールドウォレットで管理し、ホットウォレット分が万が一失われてしまっても会社の自己資産で充当してくれます。

メタバースの仮想通貨のおすすめに関するよくある質問は?

最後に、メタバースの仮想通貨のおすすめに関するよくある質問を以下3つ紹介していきます。

仮想通貨のおすすめに関するよくある質問
  • メタバース関連の仮想通貨の買い方は?
  • メタバース関連の仮想通貨チャートの確認方法は?
  • 今後のメタバースの株価の流れはどうなると予想されている?

それぞれチェックしていきましょう。

メタバース関連の仮想通貨の買い方は?

大まかな流れとしては、以下の通りです。

  1. 利用したい取引所で口座を開設
  2. ログインして入金し、仮想通貨を購入
  3. 購入した仮想通貨をバイナンスへ送金
  4. バイナンスでメタバース関連の仮想通貨銘柄を購入

注意点としては、1度確定してしまうと仮想通貨の取引がキャンセルできなくなります。

さらにバイナンスへ送金する際に、「アドレス」と呼ばれるコードの入力を間違えてしまうと購入した仮想通貨(イーサリアムなど)が消えてしまうので十分に注意してください。

メタバース関連の仮想通貨チャートの確認方法は?

仮想通貨チャートは、FXや株と同じで時価総額を確認するためにとても重要な存在です。

投資をする上で重要になってくるので、チャートの確認はしっかりと行いましょう。

仮想通貨のチャートでは、「ローソク足チャート」が採用されています。

ローソク足チャートとは、すぐに値動きの勢いを判断できるチャートです。

価格が上昇している場合は赤や白で表示されており、逆に価格が下降している場合は青や黒で表示されるので非常に分かりやすいです。

今後のメタバースの株価の流れはどうなると予想されている?

発展途中のコンテンツなのでまだまだ参入企業は少ないですが、それでも注目度の高さから2022年時点で株価の流れは上昇しているといえます。

今後メタバースに力を入れて行く企業も増えてくる見込みがあるので、個々の注目度が高くなり株価の流れもさらに上昇していく期待が持てます。

まとめ:メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄は「サンドボックス」!

メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄などを紹介してきました。

メタバースでこれから取引をしていきたいという初心者の方は、サンドボックスやディセントラランド辺りがおすすめです。

自分で目的を設定し、ゲーム感覚でアイテムを購入したり他のユーザーとコミュニケーションを取ることができます。

当然購入したアイテムなどはNFT化されているものばかりなので、貸出するなどして仮想通貨取引に使用することも可能です。

本記事でも定期的に触れて来ましたが、メタバースはここ数年で誕生した比較的新しいコンテンツです。

メタバースはまだまだこれから新しいコンテンツが生まれてさらに進化していくことが期待されているので、本記事を参考にぜひメタバースを楽しんでみてください。

ザナ(XANA)とは?NFTメタバース!次世代のバーチャルSNS!

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。