DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄はどれ|稼ぐコツや買い方まで解説

今回は、DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄どを詳しく解説していきます。

仮想通貨業界で注目を集めている「DeFi」というフレーズ。

ですがこれから仮想通貨を始める方からしてみれば、なぜ注目を集めているのかよく知らない分からないという方は多い傾向にあります。

本記事では、詳しく知りたいという方のために本記事で紹介していきます。

この記事で分かること
  • DeFi(分離型金融)とは?仕組みや魅力を解説
  • DeFiの将来性|おすすめできる仮想通貨?
  • DeFiを活用してお金を稼ぐ方法|仮想通貨銘柄への投資が必須?
  • DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄5選|人気なのはどこ?
  • DeFi関連の仮想通貨を取り扱うおすすめの取引所3選
  • DeFi関連の仮想通貨銘柄の購入方法|3ステップで解説
  • DeFiのおすすめ仮想通貨に関するよくある質問は?

上記を中心に、分かりやすく解説していきます!

 

目次

DeFi(分離型金融)とは?仕組みや魅力を解説

まずは、DeFi(分離型金融)とはどういった仕組みでどんな魅力を持っているのかを解説していきます。

ここで紹介する仕組みと魅力は以下の通り。

仮想通貨との関連性や魅力
  • 金融機関の仲介を通さずに素早く取引できる
  • 世界中のどこでも取引できる
  • コンポーザビリティがある

それぞれチェックしていきましょう。

金融機関の仲介を通さずに素早く取引できる

海外と取引する以上、国際送金を行うために本来であれば仲介する金融機関が必要になります。

ですがDeFiの場合、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されているため仲介の金融機関が不要なのが大きな特徴です。

送金にかかる時間を大幅に短縮し、手数料の心配をしないで済みます。

世界中のどこでも取引できる

金融機関の審査が必要だったり、バックグラウンドのせいで金融機関が利用できないという方は少なくありません。

ですがこれらを必要としないので、世界中のどこにいても取引が可能です。

送金スピードが速く、それでいて手数料が安いのが大きなメリットの1つです。

コンポーザビリティがある

見過ごせないメリットの1つに、コンポーザビリティが挙げられます。

コンポーザビリティとは、それぞれのシステムの構成要素が相互で連携しあって機能することです。

1つのシステムには構成が1つしか行えないのが基本ですが、システムの構成が相互で補うことで多様な機能を提供することができます。

DeFiの将来性|おすすめできる仮想通貨?

ここでは、DeFiの将来性について紹介していきます。

ここで紹介するDeFiの将来性は、以下の通り。

DeFiの将来性
  • 後進国での市場拡大が期待されている
  • ガス代(手数料)が高騰する可能性がある

それぞれチェックしていきましょう。

後進国での市場拡大が期待されている

分散型金融のDeFiは、金融機関という仲介管理者を必要としないため後進国での市場拡大が期待されています。

先ほども紹介した通り、世界中のどこにいても取引が可能というのもここに当てはまります。

個人で資産の移動や取引が可能で、年齢や国籍問わず誰でも利用できるのも嬉しいポイントです。

資産の移動や取引ができるようになったのも、DeFiのブロックチェーン技術が発展したのが大きな要素となっています。

ガス代(手数料)が高騰する可能性がある

DeFiのアクティビティが増加すると、ガス代と呼ばれる手数料が高騰する可能性があります。

そのせいもあって、一般的なユーザーにとって分散型アプリの利用は経済面でそこまで需要性が見いだせません。

現時点でガス代を節約するための方法が存在しており、ガス代高騰の問題が片付くまで数年はかかるといわれています。

DeFiを活用してお金を稼ぐ方法|仮想通貨銘柄への投資が必須?

DeFiを活用してお金を稼ぐには、具体的にどのような方法で投資したら良いのでしょうか?

ここでは、以下5つに分けて紹介していきます。

DeFiを活用してお金を稼ぐ方法
  • DeFi銘柄に投資する
  • DEX(分離型取引所)へのイードルファーミング
  • 流動性マイニング
  • レンディング
  • ステーキング

それぞれチェックしていきましょう。

DeFi銘柄に投資する

DeFiに関連する銘柄に投資するのは、基本的な方法です。

DeFiではイーサリアムが主軸となっており、ガバナンストークンなどは全て取引所で売買されています。

DeFiは2020年後半から注目を集めるようになり、徐々に価格が高騰傾向にあります。

今後さらに注目が集まっていく可能性がある銘柄を保有することで、為替差益が狙えます。

DEX(分離型取引所)へのイードルファーミング

DeFi関連の銘柄に投資するなら「イールドファーミング」が一般的です。

分散型取引所に仮想通貨を預けることを引き換えに、トークンが独自に発行されるのでそれを受け取れるのがイールドファーミング仕組みです。

流動性マイニング

分散型取引所に仮想通貨を預けて報酬が受け取れることを「流動性マイニング」といいます。

預けるのは仮想通貨のペア同士で、他のユーザーが同一通貨ペアで取引をすると本来かかるはずの手数料が分配されます。

注意点としては価格変動のリスクが考えられますが、放置するだけで利益が得られるのが流動性マイニングの利点です。

レンディング

取引所に仮想通貨を預けるので、個人で運用するよりもリスクを最小限にして金利が得られるのがレンディングの特徴です。

レンディングに対応している取引所は、以下の通り。

取引所 レンディング可能な通貨数
Coincheck 17通貨
GMOコイン 15通貨
bitbank 13通貨
BitPoint 12通貨

Coincheckは初心者でも扱いやすく、通貨数が17通貨と幅広くレンディングが可能です。

ステーキング

承認に参加さえすれば、仮想通貨の場合報酬として指定した通貨がもらえます。

ステーキングでも承認方法は1つしか存在しておらず、通貨を保有して承認することで報酬が得られます。

ですが対応している通貨が限定的で条件を確認する必要はあるものの、レンディングと同じで通貨を保有しているだけで利益が出ます。

DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄5選|人気なのはどこ?

ここでは、DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄を5つ紹介していきます。

ここで紹介するおすすめの銘柄は、以下の通り。

なお時価総額は、2022年8月現在のものです。

DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄
  • イーサリアム
  • アイオーエスティー
  • メイカー
  • コンパウンド
  • ユニスワップ
仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
イーサリアム ¥27,628,236,242,100 LINE BITMAX
ビットフライヤー
DMM Bitcoin
GMOコインなど
アイオーエスティー ¥34,823,996,055 Coincheckなど
メイカー ¥141,009,858,423.74 bitbank
GMOコインなど
コンパウンド ¥45,127,560,450 Coincheck
ビットフライヤー
ユニスワップ ¥612,104,517,061

それぞれチェックしていきましょう。

イーサリアム

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
イーサリアム ¥27,628,236,242,100 LINE BITMAX
ビットフライヤー
DMM Bitcoin
GMOコインなど

ビットコインに続いて、時価総額ランキング2位を記録しているイーサリアム。

分散化した環境を構築することを重視した仮想通貨で、NFT関連でも活用されていて昔から注目を集めている仮想通貨です。

近年よく耳にするメタバースとの深いか関わりも持っており、今最もベーシックな仮想通貨といっても過言ではありません。

多くの企業がイーサリアムをベースにプロジェクトを展開しているところも多く、今後の発展に期待できる仮想通貨です。

アイオーエスティー

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
アイオーエスティー ¥34,823,996,055 Coincheckなど

独自のPoBというアルゴリズムを採用している銘柄で、とにかく処理速度が速く多数決などで意思が決定する非中央集権性を実現しています。

ITエンジニアがよく使う言語に「JavaScript」というのがあり、多くの開発者が使用できるという点でもかなり注目を集めている銘柄です。

国内の取引所でも次々と上場を決めていることから、今後の動向が注目されます。

メイカー

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
メイカー ¥141,009,858,423.74 bitbank
GMOコインなど

アイオーエスティーと同じで、非中央集権性を実現させているMakerDAOという分散金融です。

年々DeFi市場に参入している企業や団体は多くなっており、シェアが拡大していることでさらに注目が集まります。

国内ではbitbankやGMOコインが取引所として挙げられ、初心者はまず少額取引が可能なGMOコインで取引を行うことをおすすめします。

コンパウンド

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
コンパウンド ¥45,127,560,450 Coincheck
ビットフライヤー

イーサリアムのブロックチェーン上に作られたプラットフォームで、高い金利とスピーディーな取引を行うための全く新しい金融システムです。

よくある分散型取引所ではないので、17種類もの豊富な取り扱い通貨をいつでも好きな時に貸借できるのが大きな特徴になります。

24時間あたりの取引量が約100億を超えていることから、高い流動性なのも評価できます。

ユニスワップ

仮想通貨銘柄 時価総額 取引所
ユニスワップ ¥612,104,517,061

分散型取引所なので、銀行などの中央管理者が必要ないユニスワップ。

1,500種類以上もの仮想通貨を取り扱っており、2018年頃から運営がスタートして本人確認を行わなくても取引ができるのが大きな特徴です。

ユニスワップの最大メリットは、なんといっても手数料がかからないという点です。

運営が非営利目的なので、余計な費用を支払う必要がないのです。

固定レートで取引を行うので、第三者の介入もありません。

DeFi関連の仮想通貨を取り扱うおすすめの取引所3選

ここでは、DeFi関連の仮想通貨を取り扱うおすすめの取引所を3つ紹介していきます。

DeFi関連の仮想通貨を取り扱うおすすめの取引所
  • Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ
  • GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理
  • LINE BITMAX:新しい取引所なのに取引機能が豊富
仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール
Coincheck

17銘柄 販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ
GMOコイン

19銘柄 0.00005 BTC
※ビットコインの場合
無料
※Maker手数料:-0.01%
※Taker手数料:0.05%
ネットブラウザ
LINE BITMAX

6銘柄 0.00000001 BTC
※ビットコインの場合
無料 LINEアプリ

どこも人気なので、自分にあったところで取引を行いましょう。

Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ

Coincheck

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール
Coincheck

17銘柄 販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
※ビットコインの場合
無料 ネットブラウザ
スマホアプリ

これから仮想通貨取引をしていきたいという初心者におすすめしたいのが、このCoincheckです。

とにかくアプリが使いやすいとの評判で、なによりマネックスグループ(東証一部上場)という大企業が運営元です。

ウォレット保管から取引、さらには送金まで手軽に行えるのが魅力だといえます。

大手が運営していることもあり安心かつ安全に利用可能で、国内でも17種類と多くの銘柄数を確保しているのも特徴の1つです。

初心者向けといわず、ベテランまで利用者が多いことから迷ったらCoincheckを選ぶことをおすすめします

ネットブラウザとスマホアプリから使える上にデザインが見やすいので、使い分けをしても良いでしょう

GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理

GMOコイン

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール
GMOコイン

19銘柄 0.00005 BTC
※ビットコインの場合
無料
※Maker手数料:-0.01%
※Taker手数料:0.05%
ネットブラウザ

GMOコインはゴールドウォレット管理から、情報セキュリティの高さまで定評があることで人気が高いです。

国際標準企画の内容が適用されており、とにかく安全に取引をしたいという方におすすめの取引所です。

日本国内では珍しい完全コールドウォレット対応で、顧客と企業で資産を別で管理していることからセキュリティの高さが伺えます。

長年支持率が高くその上大企業なので可能性としては低いですが、万が一倒産してしまったとしても、自分の資産だけはしっかりと返してくれるので取引の安心さはあります。

LINE BITMAX:新しい取引所なのに取引機能が豊富

LINE BITMAX

仮想通貨取引所名 銘柄数 最小発注数 取引手数料 取引ツール
LINE BITMAX

6銘柄 0.00000001 BTC
※ビットコインの場合
無料 LINEアプリ

LVC株式会社が手掛ける仮想通貨取引所で、取引所名にもある通りLINE関連の企業です。

本格稼働し始めたのは2019年頃で、比較的新しい取引所ではあるもののレンディングやレバレッジ取引などができる機能が豊富に搭載されているのが魅力です。

その上取引ツールがLINE上で完結できるので、通貨の取引が手軽なのも大きな特徴の1つとなります。

最大利率が8%と、業界最高水準のレンディングを誇っています。

DeFi関連の仮想通貨銘柄の購入方法|3ステップで解説

ここでは、DeFi関連の仮想通貨銘柄の購入方法を3ステップに分けて紹介していきます。

DeFiは海外でしか取り扱いがないので、本記事ではCoincheckで口座開設をします。

DeFi関連の仮想通貨銘柄の購入方法
  • STEP①:Coincheckで口座開設する
  • STEP②:日本円を入金してビットコインを購入する
  • STEP③:海外取引所でDeFi関連の銘柄を購入する

それぞれチェックしていきましょう。

STEP①:Coincheckで口座開設する

まずはCoincheckで口座開設をしましょう。

アカウントを作成し、Coincheck上で送られてきた6桁の認証コードを入力します。

本人確認を求められるので、自分の顔が分かる書類を用意して認証を行ってください。

免許証などでも構いませんが、万が一写真付き身分証明書がない場合は自分の顔が一緒に映るように撮れば問題ありません。

スマホアプリからでも登録ができるので、手軽に開設できます。

STEP②:日本円を入金してビットコインを購入する

問題なく開設ができたら、Coincheckのウォレットに入金します。

海外の取引所では日本円での購入ができないので、まずはビットコインを購入します。

他の銘柄購入にビットコインが使えるので、基軸通貨としてとても万能です。

STEP③:海外取引所でDeFi関連の銘柄を購入する

Coincheckで口座開設をしただけでは取引ができないので、同時並行で海外取引所でも口座を開設しておくことをおすすめします。

海外取引所の口座は日本語に対応したところを選ぶと、操作面で分かりやすいです。

海外取引所の口座を開設し、国内の取引所で購入したビットコインを送信してください。

ここまでの手順を行って初めてDeFi関連の銘柄が購入できるようになります。

DeFiのおすすめ仮想通貨に関するよくある質問は?

最後にDeFiのおすすめ仮想通貨に関するよくある質問を紹介していきます。

DeFiのおすすめ仮想通貨に関するよくある質問
  • DeFiとビットコインの違いはなに?
  • DeFiトークンとはなんのこと?
  • DeFiの金利はなぜ高いの?

それぞれチェックしていきましょう。

DeFiとビットコインの違いはなに?

DeFiは、いわば概念です。

パブリックブロックチェーン上に構築された、金融サービスを表すものです。

一方でビットコインは分散型のデジタル通貨で、独自のブロックチェーン上で運用されています。

直接的な関連性はなく、ビットコインはあくまでも暗号資産としての役割を持っているだけです。

DeFiトークンとはなんのこと?

DeFiトークンは別名「分散型金融トークン」とも呼ばれており、ブロックチェーン上で動作しているアプリケーションです。

スマートコントラクトを用いており、銀行や取引所などの金融システムに仮想通貨を使用することで自分と銀行または取引所以外の第三者を必要としないことを目的としています。

DeFiの金利はなぜ高いの?

簡単にまとめると、銀行に比べて取引リスクが高いというのが挙げられます。

本記事で何度も触れて来ましたが、仲介する金融機関を必要としないブロックチェーンなため金利が高くなるのです。

過去に取引所が倒産したり、ハッキングされて通貨を失ってしまったという事例があるため注意すべき点として存在しています。

まとめ:DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄は「イーサリアム」!

DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄などを、詳しく解説してきました。

DeFiは銀行に資産を預けるよりも利率が良いので、運用銘柄によっては2桁の利率が目指せると2020年頃から話題にもなっているほどです。

やはりDeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄は、安定性かつ高い取引ができるイーサリアムだといえます。

現状でもイーサリアムをベースとした通貨が多く出回っていることを考えると、DeFiが活用されたサービスが拡大していくことに期待が持てます。

 

DeFu(ディーフ)とは?概要・利用方法などを図解!

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。