仮想通貨のクラウドマシンのロゴ

 

クラウドマシンは2018年5月取引所に上場予定のICOプロジェクトです。

 

フォーチュン500(全米上位500社)の一部でコアサービス・技術は、すでにテスト使用されているそうです。

実装されているサービスのICOプロジェクトは、期待値が高いですよね。

 

それでは今回は、Crowd Machine(クラウドマシン)

  • トークン追加方法(MyEtherWallet)
  • 最新情報
  • ICOプロジェクトの内容
  • トークン購入方法

などを紹介していきます。2018/5/4現在のCrowd Machine(クラウドマシン)の最新情報を追記しました。

 

 

上場している取引所一覧

2018年5月以降に合計6ヶ所に上場する予定で進んでいるそうです。

 

 

 

クラウドマシンのトークン追加方法(MyEtherWallet)

2018/5/4~随時ICO参加者にクラウドマシンのトークン配布が始まりました。

それではMyEtherWallet(マイイーサウォレット)に、クラウドマシンのトークンを追加する方法・設定を紹介します。

 

クラウドマシンの受取・追加方法

  1. お財布情報からアンロック
  2. カスタムトークンを追加」をクリック
  3. 追加に必要な事項を入力
  4. 保存する」をクリック後に追加される

 

 

①「お財布情報を見る」からアンロック

マイイーサウォレットのカスタムトークン追加方法

 

お財布情報から「トークン残高」内にある、「カスタムトークン追加」をクリックすると次のページが表示される。

 

 

②トークン契約アドレス・シンボル・ケタ数の入力

クラウドマシンのトークンをマイイーサウォレットに追加する方法

 

クラウドマシンのトークンをMyEtherWallet(マイイーサウォレット)に追加する方法は、

  • トークン契約アドレス:0x47bc01597798DCD7506DCCA36ac4302fc93a8cFb
  • トークンシンボル:CMCT
  • ケタ数:8

各々に必要事項を入力・コピペしていきます。

最後に「保存する」をクリックすると、上記の画像のように追加されたトークンが表示されるようになります。

 

 

 

クラウドマシンの最新情報!

仮想通貨のクラウドマシンとは?

Crowd Machine(クラウドマシン)の最新情報

  • トークン配布日決定
  • polymathと業務提携
  • プライベートセール早期終了
  • 戦略パートナーの提携発表

以下で詳しく説明していきます。

 

Sponsored Link

 

トークン配布日のお知らせ(2018/4/28)

クラウドマシンのトークン配布日決定

 

クラウドマシンのトークン配布予定日が【2018/5/2(日本時間)】と公式サイトにて発表されました。

 

取引所への上場は、

2018年5月以降に、上記をはじめ合計6ヶ所に上場する予定で進んでいるそうです。

 

 

仮想通貨Polymathと業務提携(2018/3/24)

ポリマスとクラウドマシン

 

Crowd Machine(クラウドマシン)は、Polymath(ポリマス)と業務提携することを発表しました!

 

Polymath(ポリマス)」とは、すでに上場済のコインで、時価総額ランキング80位(2018/3月現在)前後です。

 

 

ポリマスのプロジェクト内容

不動産・株・有価証券などをブロックチェーン上で一元管理し、インサイダー防止などに役立つ透明性あるプラットフォームを構築させていきます。ポリマスのトークンは、一般的に良く知られているユーティリティトークンではなく、仮想通貨の次世代のトレンド「セキュリティトークン」を発行する業界初の会社です。

 

この二社が提携する事で、ブロックチェーン上における業務を迅速かつ効率的に、そして市場競争において優位性を発揮できる材料になりますよね。

 

2018/4/1~始まるCrowd Machine(クラウドマシン)の一般ICOセールに向けたマーケティング戦略ですね。

 

 

プライベートセール早期終了(2018/3/19)

仮想通貨のクラウドマシンの最新情報

 

2018/3/31まで開催のプライベートセールですが、予定調達金額に達した為、日本時間で2018/3/20の18時着金確認にて〆切の発表がなされました。取引所への上場が2018年5月を予定しているので、今からとても楽しみですよね。

 

また2018/3/24には、ロサンゼルスで開催されるカンファレンスへ出店し、メディアへの露出が高まり、クラウドマシンのプロジェクトがさらに世の中へ認知されるキッカケとなります。

 

 

戦略パートナーの提携発表(2018/3/15)

クラウドマシンは、「Youbi Capital(ユビ・キャピタル)」というヘッジファンドと戦略パートナーの契約を発表しました。

 

▶提携発表内容はこちら(英文)

 

ユビ・キャピタルとは

  • ビットコインのマイニングプールを保有
  • 豊富な投資経験(暗号通貨業界)
  • ケイマン諸島に法人登記
  • アメリカのNYにオフィス

など、アメリカのウォール街の中でもベテラン投資家たちが立ち上げました。

 

そしてメインの事業は「ブロックチェーンに特化したファンド」で、

  • EverMarkets
  • IoTeX
  • Aion

など、各ICOプロジェクトに投資を行い、2017年は3,000%の利益をあげています。

豊富な経験・知識がある一流のファンドの資金が投資される事は、さらにクラウドマシンのプロジェクトが強固な事業へと進むキッカケになりそうですね。

 


 

Crowd Machine(クラウドマシン)とは?

 

クラウドマシン世界で初めて異なるブロックチェーンを統合し、アプリ・ソフトウェア開発を行うサービスを展開していきます。

 

具体的にはアプリ・ソフト開発者のアイデアを、

  • 容易に実現する
  • 実用化までの時間が短縮する
  • 製作、開発コストを抑えれる
  • 開発権利が守られる
  • 販売できるマーケットを作る

など、現在の世界には競合他社がいない分散アプリの市場を作るプロジェクトです。

 

またサービスが実現すれば、ご自身のPC環境の空き容量を提供することで報酬を得ることも可能だそうです。

要するに今世界でもトレンドの「シェアリング・エコノミー(共有経済)」の一種でもありますね。

 

 

クラウドマシンが提供するサービスは、イーサリアムのスマートコントラクトをさらに進化させたような技術に近いと思われます。これからまだまだ大きくなるIT市場で、既存のソフトウェア・アプリ市場を、大きく牽引する基盤のサービスになりそうですね。

 

それではクラウドマシンのホワイトペーパーを参考に、

  • クラウドマシンの特徴・優位性
  • クラウドマシンICOスケージュール
  • クラウドマシンの購入方法

などを紹介していきます。

 

クラウドマシン情報

 

 

サービスの特徴1

仮想通貨のクラウドマシンのプロジェクト内容

 

クラウドマシンは、ハイテクな技術を持つ分散型技術で、世界中のどんな企業・人でも制限を掛けることなく、

  • 分散型アプリの開発
  • 円滑な契約ができる

などのプラットフォームを構築します。

 

 

クラウドマシンの技術の素晴らしさは、この1年で時価総額を大きく伸ばした、「イーサリアム」の技術を知っていれば、お分かり頂けるかと思います。

 

イーサリアムとは、取引や契約を自動化する「スマートコントラクト」を利用した、分散型アプリケーションのプラットフォームを保有しています。そしてその技術を活用する事で、誰もがイーサリアムをベースとした新たなトークン(ERC20)を、発行する事が出来るようになりました。

よって最近のICOトークンの多くは、イーサリアムを基軸としたプロジェクトが豊富にありますよね。

現在イーサリアムベースのトークン数は、「21.000」以上あると言われています。

しかしスマートコントラクトは、単一のブロックチェーンの範囲内でしか動作しないという課題があります。

 

 

そこでクラウドマシンでは、異なるブロックチェーンを統合する技術で、

  • さらに透明性が高くなる
  • より安全になる
  • 多機能性がある
  • 作成時間の短縮

など、これからのフィンテック業界のベースになるサービスと評価されています。

 

まさにソフト・アプリ市場における、次世代のプラットフォームになれる可能性が含まれていますよね。

 

 

サービスの特徴2

仮想通貨のクラウドマシンのイメージ

 

そしてクラウドマシンの技術はイーサリアムをより進化させ、現在、時価総額TOP10入りをしている、EOS」という仮想通貨の技術に、似ていると言った方が良いかも知れません。

 

EOSとは、

クラウドマシンと同じ、分散型アプリケーションのプラットフォームを構築する技術で、イーサリアムより優れた処理能力があると評価されていますよね。またEOSは2018/1/14に、金融機関・保険会社の格付けを行う、Weiss Ratings社にて、イーサリアムと並び仮想通貨の最高ランクである格付け「B」を獲得しました。

ビットコインより評価が高い事が、証明された瞬間でしたよね。

 

しかし現在のEOSトークンは、市場で流通しているEOSコインとは別物で、「EOSトークンには価値がない」と公式に発表しているので、その点ではクラウドマシンとは少し違った要素・意味となっています。

 

Sponsored Link

 

他社との優位性・競争力は?

仮想通貨のクラウドマシンの顧客

 

クラウドマシンのプロジェクトの強みは、公式HPにも会社ロゴが掲載されているアメリカの経済誌フォーチュンの「Fortune 500」にランクインした、

  • ゼネラル・エレクトリック(General Electric)
  • エーオンヒューイット(AON Hewitt)
  • コネ(KONE)
  • アンセム(Anthem)
  • パシフィック・ウェスタン・バンク(Pacific Western Bank)

など、アメリカで有数の企業にてすでにテスト稼働されて売上・実績をあげています。

 

クラウドマシンは、世界で初めての技術を駆使し、分散アプリの開発におけるプラットフォームを提供する事は、

  • 研究費用の削減
  • 開発時間の短縮

など、多くの企業のサポートが可能です。

 

要するに、既存の企業と競争して市場を分け合うプロジェクトではなく、既存の企業と連携・サービス提供する事で共に成長する事を目的にしています。

 

このような発想のICOプロジェクトは、取引所への上場後のシナリオとして、

  • コイン価格の上昇
  • コイン価格下落の値支え

など、長期的に成功する要因の一つになる可能性があります。

 

上場する事が目的のICO案件は、価格の上昇が思ったように期待ができず、後々は消えてしまうコインになります。

また2017年頃から詐欺のようなICOプロジェクトが増え、ビジョン先行型のICO案件には資金が集まりにくくなっていますよね。

 

 

 

ICOスケジュール|クラウドマシン

仮想通貨のクラウドマシンのICOスケジュール

 

▶クラウドマシンのICOトークン概要

  • シンボル:CMCT
  • 参加通貨:イーサリアム(ETH)
  • 最低購入数:1口1ETH
  • トークン受取:MyEtherWallet

 

(マイイーサウォレット作成方法|関連記事)

マイイーサウォレットの登録方法と使い方↑登録方法・使い方は上記をクリック↑

 

 

1CMCTのレート価格は、セール期間中に集まった金額を最大6億2,500万枚のコイン数で割り算し、1コインの価格を決定する仮想通貨のEOS(イオス)と同じ方式を採用しております。

 

 

クラウドマシンのICOスケジュール

  • プライベートセール:2018年2月~3月頃
  • 一般セール1期:2018/4/1~4/10
  • 一般セール2期:2018/4/11~4/20
  • レート確定日:2018/4/20~4/30
  • トークン発行日:2018年4月末日頃
  • 上場予定日:2018年5月1日頃

 

 

プライベートセール参加特典

購入価格の50%のトークンボーナスが付与されます。

※プライベートセールの購入枠が無くなった為、「2018/3/20」に前倒しで終了となりました。

 

 

上場予定先

クラウドマシンが上場する取引所はまだ公式に発表されていませんが、

  • Quoinex(コインエクスチェンジ)
  • アメリカの大手取引所

などがクラウドマシンのカンファレスに参加し、「上場先になるのではないか?」と噂されているようですが、真相は定かではありません。

 

 

ICOトークンの購入方法

ICOトークンの購入方法|クラウドマシン

↑クリックで友だち追加↑

 

クラウドマシンのトークン購入方法

上記のLINE@を追加して頂き、「クラウドマシン購入希望」と一言メッセージを下さいませ。購入フォームと、今後の流れをお知らせさせて頂きます。

現在、縁故セール価格の販売は終了となっております。多数のご応募、ありがとうございました。

 

LINE@への追加方法

 

 

 

まとめ|クラウドマシンのICOプロジェクト

仮想通貨のクラウドマシンとは?

いかがでしたでしょうか?

 

クラウドマシンはアメリカ発・海外のICO案件の為、日本国内での情報は少ないですが、仮想通貨の「EOS」と良く似たプロジェクトという事で、参加される投資家さんが多いようです。

 

EOSプロジェクトの一社のみで、分散型アプリのプラットフォーム市場を独占する事は考えられにくいので、クラウドマシンのプロジェクトと市場の競争原理が働き、相乗効果がある事を期待しております。

 

今回は2018年注目のICOトークン、Crowd Machine(クラウドマシン)

  • 最新情報
  • ICOプロジェクトの内容
  • トークン購入方法

などを紹介しました。

 


 

2018年開催のICOプロジェクトに関する記事

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

管理者おすすめのICO案件2018(関連記事)

 

 

注目のICO案件2018(関連記事)

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容を不定期で配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID検索「@oqm6996w」

質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。

 


 

仮想通貨による投資案件

仮想通貨による投資(ビットコインやイーサリアムやリップル)  

銀行系カード

オニックスの概要・登録手順・報酬プラン

↑詳細は上記をクリック↑

ONYX(オニックス)は、イギリスのプライベートバンクが発行する『カード』を保有・ショッピング時の決済・現地通貨による出金などをできます。   その他にも、月利最大10%のレンディングサービスを取り扱う、仮想通貨による投資が可能な投資商品・サービスです。    

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み 例えばアービトラージとは、異なる証券会社/取引所において同一銘柄の価格差を利用することで、収益をあげる投資の手法です。   仮想通貨による投資案件の多くが、アービトラージによる手法で収益・利益を得ています。以下では、筆者自身が参加している仮想通貨入金による投資案件を紹介いたします。  
筆者参加の投資案件
10ドルから参加可能
エスブロックの概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

エスブロックは、
  • 2019年6月15日OPEN
  • 月利6%~15%
  • スマホアプリ専用ウォレット
毎日配当が得れるトレンドの配当型ウォレット案件です。(2019年6月より参加)  
100ドルから参加可能
グルーバルペイの事業概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

グローバルペイは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利3%~9%
(2019年4月より参加)   MGCトークンとは

詳細は上記をクリック

MGCトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利9%~90%
  • コインベネ(取引量世界TOP10)に上場済み
(2019年5月より参加)  
150ドルから参加可能
クワントウォレットの概要・登録・使い方

詳細は上記をクリック

クワントウォレットは、
  • 月利6%~15%
  • 韓国のベンチャーキャピタル主催
  • 2019年7月17日日本上陸
など、優秀なアービトラージ企業と提携しトレードによる利益を還元する仮想通貨による投資案件です。(2019年7月より参加)
300ドルから参加可能
ユーバンクの概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

YouBankは、
  • カンボジア中央銀行との合弁会社
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~20%
など、いまASEAN諸国で経済発展著しいカンボジア経由の配当型ウォレットです。(2019年5月より参加)  
500ドルから参加可能
ブロックエコトークンの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ブロックエコトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利8%~20%
  • バーレスク東京と提携
またランドカジノ・オンラインカジノと提携する金融事業です。(2019年5月参加)     ヨットトークンウォレットの投資概要・登録方法・アプリの使い方

登録方法は上記をクリック

ヨットトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 配当型ウォレット
  • 月利6%
など、利用されていないクルーズ・ヨットのレンタル事業などマリン系に特化した新しい経済圏の構築を目指しています。(2019年7月参加)  

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 全世界260万ダウンロードを記録
  • 月利約10%ほど
2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。(2018年9月より参加)       クラウドトークンの事業概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

クラウドトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~12%
配当型ウォレットでは初の「APP・Googleの公式アプリ」としてリリースされています。(2019年4月より参加)  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ICBウォレットは、
  • 2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散
  • 月利10.5%
  • 自社取引所OPEN済み
独自通貨は取引所に上場後、約10倍以上の価格に上昇しています。ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

WoTokenは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6~20%
  • 自社取引所OPEN済み
ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)     ジュビリーエースの登録・概要・投資方法

登録方法は上記をクリック

ジュビリーエースは、
  • 2019年5月グランドオープン
  • 月利2.4%~20%
など、3つの市場でアービトラージを行い、得た収益を分配するサービスです。(2019年6月より参加)  
1,500ドルから参加可能
GCGアジアの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

GCGアジアは、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利60%ほど
  • 配当は月利収益の50%~70%
(2019年4月より参加)     TLC(IBH)の概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

TLC(IBH)は、第二のGCGアジアと評され、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利10%~20%
リスクヘッジした2口座を利用したFX取引で、損失リスクを抑えたトレード手法を採用しています。(2019年8月より参加)
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

  Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
     

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。