飛行機と空港参考元 http://www.a-cd.co.jp/

 

2018/2/15より、

全日空(ANA)ホールディングスの、

共同企業体・株式会社ACDより、

仮想通貨のICOトークンが発行されました。

 

第一期のプレセールでは、

36分間で10億円が完売しました。

 

第二期の販売は、2018/2/28/14:00~

2018/3/1/0:00~変更となりました。

 

既存事業で大きな実績があり、

バックに資本力がある企業の参入は、

投資家にとって良い材料ですよね。

 

それでは今回は、

全日空(ANA)の共同企業体である、

ACDのICOトークンを紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

ACDとは?|全日空の共同企業体

世界地図と世界拡大が出来る事業のイメージ

参考元 http://www.a-cd.co.jp/

 

ANAグループの資本31.7%が入る、

共同事業体の株式会社ACDは、

  • 12言語に対応
  • 30種類の通貨決済対応
  • 越境ECノウハウ(集客支援)
  • 資本金9,000万円
  • ECアプリのリリース

など、海外に向けた、

多言語ネットショップのASPです。

 

要するに海外向けのネット販売をする、

企業のプラットフォームを構築する、

業界最大手のメーカーです。

 

仮想通貨のICOトークン発行による、

組織のメンバーは、

  • 元財務大臣政務官
  • 元大和証券役員
  • 元環境副大臣
  • 元ゴールドサックスマン役員
  • 弁護士

など、政治・経済・金融の、

プロフェッショナルで構成されています。

 

 

ACDのICOプロジェクトとは?

株式会社ACDの事業の計画・ビジョン参考元 http://lifehack-sein.com/

 

ACDのプロジェクトは、

2016/12/15~すでに事業が開始され、

日本の優れた商品を、

独自の特許取得済みのシステムを活用し、

世界のユーザーに円滑に配送する事を、

目的としています。

 

そして、ブロックチェーンを活用した、

  • インバウンドEC展開の研究
  • 物流システムの拡大
  • システムの世界展開

など、さらにグローバルな事業展開を、

目指しています。

 

ACDのホワイトペーパー【公式】は、

日本語表記になっているので、

是非、参考にして下さいね。

 

 

ビジョン|ACDのICOプロジェクト

仮想通貨ACDトークンのロゴ参考元 http://www.a-cd.co.jp/

 

海外の市場の中でも、

経済成長が著しい中国に着目し、

  1. 航空便による日本直送
  2. 減税の適応
  3. 円滑な税関
  4. 大規模なプロモーション

など、すでに実装されているサービスを、

ICOトークン発行による資金調達で、

さらに「研究・充実・拡大」する事を、

ビジョンに掲げています。

 

このプロジェクトの背景には、

2020年東京オリンピックに向け、

インバウンドのEC市場が、

100兆円を超える規模になると、

経済産業省の試算があります。

 

海外のユーザーからすると、

  • メイドインジャパン
  • 日本ブランド
  • 日本製

など、安全・安心・高品質という、

プラスのイメージがあります。

 

ACDでは、

インバウンドECに参入する企業の

ビジネス展開をサポートする、

システムの構築をしています。

 

 

具体的な取り組み|ACDのICOプロジェクト

仮想通貨ACDのシステム参考元 http://www.a-cd.co.jp/

 

ACDのプロジェクトは、

  • 2018年2月インバウンドセンター設立
  • アプリ機能の拡張
  • レビューシステムの導入
  • Iot製品との連携
  • 国内の人気ブランドの取り扱い

など、ACDコイン価格の安定を図る為、

積極的に提携サービスの発表を行います。

 

これはICO後のシナリオとして、

とても重要な部分ですよね。

 

このシナリオが無いICOトークンは、

上場することが目的となってしまい、

長期的なコイン価格の安定に繋がりません。

 

Sponsored Link

 

ロードマップ|ACDのICOプロジェクト

仮想通貨のACDのロードマップ参考元 http://www.a-cd.co.jp/

 

ACDの今後の展望は、

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

など、セール期間中の資金調達額に応じて、

さらに具体的な発表が行われます。

 

また、中国向けのECに限らず、

  • シンガポール
  • タイ
  • フランス
  • イギリス
  • イタリア

など、積極的に世界展開を考えています。

 

要するにACDプロジェクトは、

各国の「インバウンドEC」の根底となる

サービス・システムの浸透を目指しています。

 

 

 

ACDトークン購入期間・方法は?

ICOとは?参考元 http://www.parthenonclub.com/

 

ACDトークンを購入できるサイトは、

http://acd-coin.com/【特設サイト】

上記をクリックして参考にして下さい。

 

ACDの販売セール期間は、

  • 第一期:2018/2/15~(レート1ACD23円)
  • 第二期:2018/3/1~(レート1ACD32円)
  • 第三期:未定~2018/4/5まで(レート未定)

上記となっております。

 

元々、第二期のセール販売開始は、

「2018/2/28/14:00~」でしたが、

1日延期となったようですね。

 

ACDを購入できる暗号通貨は、

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)

2種類のいずれかとなっております。

 

トークンの基本情報は、

  • シンボル:ACD
  • 発行上限枚数:10億枚
  • セール期間の上限:3億枚
  • ソフトキャップ:3,000万枚

上記となっておりますので、

第三期のトークンセール後には、

最大100億円近い資金が集まる予定ですね。

 

 

 

ACDトークンのネットの評判は?

インターネットで調べる女性参考元 http://u-next見放題.com/

 

ACDのICOによるネットでの評判は、

  • 無許可の類似販売サイトがある
  • 無許可のセミナー開催がある
  • ホワイトペーパーが無い第二セールから発表
  • 公式ブログなどが無い

など、少しネガティブなワードもあります。

 

また、ACDでは、

仮想通貨の交換業者登録が、

実施されていない噂もあるそうです。

 

もしかしたらICO自体が、

延期になるのではないか?という、

ネットの情報も見受けられました。

 

ただ、いずれにせよ、

全日空(ANA)の共同事業体という事で、

注目を集めている事は間違いなさそうです。

 

 

 

その他のICOトークンに関する記事

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、

下記も参考にされています。

 

管理者おすすめのICO案件2018|関連記事)

 

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、

主に仮想通貨に関する内容を、

定期的に配信しています。

 

上記バナーをクリックして頂くか、

LINE ID「@oqm6996w」で検索して頂き、

友達追加をして下さいね。

 

質問・相談なども受付しています。

 

 

あとがき|ACDのICOトークン

いかがでしたでしょうか?

 

ANAホールディングス絡みという事で、

ICOの第一期プレセールより以前から、

噂になっていましたよね。

 

第一期では、ホワイトペーパーがなく、

様子見だった投資家たちも、

注目の第二期のプレセールですね。

 

ただ、ICOトークンへの投資は、

あくまでも余剰資金で、

参加される事をおすすめします。

 

Sponsored Link