Sponsored Link

 

キャップコインのバナー

 

CAPCOIN(キャップコイン)は、世界最後の未開の巨大投資市場と言われる、アダルト市場をターゲットにしたトークンです。

 

アダルトトークンを発行する企業は多いですが、巨大市場である事を理由に大した事業計画・プランがないコインが多いように感じます。

 

しかしその中で、今回解説する【CAPCOIN(キャップコイン)】は、従来のアダルトトークンとは完全な差別化を図り、知る人ぞ知る2018年最後の優良トークンと評価されています。

 

現在ICOセール中ですが、すでに実経済と連動した事業開始・資金調達の使い道などを公表しております。

 

 

それでは今回は、CAPCOIN(キャップコイン)について

  • 事業内容
  • ICOセール概要・上場予定は?
  • 市場性や可能性は?
  • 提携・協力企業一覧

など、ホワイトペーパーを参考に解説していきます。

 

公式情報

※CAPCOINのホワイトペーパーは、一般の方の多くが知らないアダルト産業の深部まで公開されておりますので、投資判断材料というより豆知識・雑学・情報量の向上としても非常に興味深い資料になっています。

 

キャップコインの購入はこちら

 

 

 

CAPCOINとは?

キャップコインとは?

 

CAPCOIN(キャップコイン)は、大々的なプロモーションはしていないようですが、じわじわと噂が噂を呼んで随所で紹介され始めています。

 

価値の裏付けが希薄なトークンが多い中、CAPCOINの強みは、AV作品の著作権という確実な知的財産を価値の根拠として位置づけています。

 

つまりそれらの著作物から上がる利益を再投資し、

  • 知的財産を積み上げる
  • トークンの価値を高める

そしてトークンに一定の価値・流通規模が確保された段階で、ドルペッグ制に移行する計画を立てています。

※ドルペッグ制の採用は、アメリカドルと連動することで、貨幣価値を安定させ投資家に安心感を与える材料となります。

 

 

CAPCOINがドルペッグ制を採用する理由は、仮想通貨市場のメリット・デメリットを考慮しているからです。

<仮想通貨のデメリット>

ボラティリティ(価格上下)の高さから、資産を保全するリスクが高い

<仮想通貨のメリット>

注目を集めて資金を調達するためには、高い成長率と、時には高いボラティリティによる演出も重要となります。

そこでCAPCOINは、段階的に成長拡大から安定へのシナリオを想定し、変動相場によって成長率と展望に市場が反応しやすい状態で運用を行い、環境が整った段階で固定相場に移行する計画を立てています。

 

 

中間計画・目標

キャップコインの中間計画

 

CAPCOINが注目され始めている理由の一つに、中間目標に【アダルト産業専門の中央銀行】の設立を目指している点です。

 

現在世界中どこの国でもアダルト産業は、

  • 公的機関
  • 一般銀行

などからの融資を受ける事ができない。もしくは非常にハードルが高い業界でもあります。

 

しかしアダルト産業の市場規模は、全世界で50兆円を超えるため、経済に与える影響はとてつもなく大きい分野でもあります。

 

そこに着目したCAPCOINは、

  • 公的機関
  • メガバンク

などといった金融機関の大きなライバルが参入しない市場において、銀行業務を行うことを考えています。

 

もちろん銀行業務は簡単なことでは無いですが、CAPCOINは融資資金の確保として、前述したAV作品の著作権を知的財産を価値の根拠とする事業内容であるため、知的財産の現金化を行えるスキームを確立することが可能であり、万が一の焦げ付きにも対応出来る環境を整備しておくという取り組みとなる。

 

そしてCAPCOINの価値が一定数を超えた時点で、ドルペッグ制にしてアダルト業界・産業・企業へ融資を行い、その利息をCAP所有比率に応じて還元する仕組みを考えています。

 

 

 

トークンセール概要

キャップコインのトークン概要

 

CAPCOINの購入はこちら

 

トークン概要

  • シンボル:CAP
  • 総発行枚数:10億枚
  • クローズドセール:1億枚
  • プレセール:最大2億枚
  • 上場時:最大2億枚

 

セール概要

  • プレセール期間:2018年10月24日~12月31日〆切
  • 最低購入数:1ETH~
  • トークン付与:2,000CAP/1ETH
  • トークン配布:2019年1月20日~1月31日
  • 受取方法:MyEtherWallet

◆CAPの新情報や進捗は、LINE@にて配信されています。

 

マイイーサウォレットの登録方法と使い方

 

 

 

上場予定の取引所

キャップコインの上場先

 

CAPCOIN(キャップコイン)は、STEX取引所の先行審査が通過しており2019年6月上場する予定です。

 

stex取引所の登録と使い方(入金・出金・取引方法)

 

 

STEX取引所とは、StocksExchange取引所から名称変更を行うと同時に、大幅なアップデートをしたことでも有名な新進気鋭の取引所ですよね。

 

名称変更に伴うアップデートでは、

  • 取引手数料が半額
  • 法定通貨(USD/EUR/JPY/RUB)との取引が可
  • KYC登録が不要(従来より継続)

KYCを求められないことで利用者の匿名性が担保されます。

 

CAPCOINのように、日本のアダルト産業を根底から変えようというトークンが上場するには、最適な取引所の一つと言えますよね。

 

キャップコインの購入はこちら

 

 

 

市場性・可能性

アダルト産業の市場規模

 

CAPCOINが参入するアダルト市場は、日本の規模規模だけでもおよそ8兆円とも言われています。

 

もはや実感のわかない数字ではありますが、世界最大の公務員組織である日本の公務員の年間人件費が約8兆円ですので、とてつもない産業規模だと分かります。

 

さらにアダルト産業は世界中で差別的な見解が多く、正式な産業統計に載らない機関が非常に多く、その産業規模は世界で公開されている規模の2倍とも3倍とも言われています。

 

この巨大市場が、投資対象とならなかった事の方が不思議としか言いようがありませんよね。

 

 

CAP企画とは

キャップコインのビジョン

 

CAPCOINの事業計画では、社会的にさまざまな偏見・差別を受け続けているアダルト産業に従事する人たちが、

  • 胸を張って働ける社会環境の整備
  • アダルト産業自身の自浄活動による健全な業界体質を実現

など、アダルト産業をアンダーグウランド産業ではなく、一般産業として投資対象に育てる事を目的としています。

 

そしてアダルト業界の健全化と被差別環境改善の目的に賛同し、アダルト市場に投資をする為のツールとしてCAPCOINを位置づけています。

 

 

具体的な戦略

1) アダルトコンテンツ産業の市場開放

世界経済の 10%を占めるにも関わらず、今まで一般投資対象にならなかったアダルト市場を投資家が安心して安全に投資出来る市場に再編する。

 

2) アダルトコンテンツ産業の再編と健全化

旧態化した産業の構造改革を行い、最効率化による高収益化と健全化によって収益の安定性を担保して業界の成長速度を最大化する。

 

3) アダルトコンテンツ産業のファイナンス調整機能

アダルト産業の成長と活性化の為に、健全な資金流入の環境と管理機構の構築、即ちアダルトコンテンツ産業のファイナンス調整機能を確立する。

 

4) アダルトコンテンツ経済圏の確立

産業内の資金・商品流通をスマート化して資金効率を最適化する事で、圧倒的な経済圏の成長速度を担保すると同時に、コンテンツ提供者とコンテンツ利用者の双方が利益を奪い合わず、利益共有関係を確立する。

 

5) トークン価値による利益還流

すべての利益は、トークン価値(経済圏価値)として具現化して、経営資源(現金)は全て市場へ再投下する事でトークン価値の恒常的上昇を担保し、トークン所有者(経済圏への出資者)はその価値の上昇によって等しく利益を享受することが出来る仕組みを構築する。

 

キャップコインの購入はこちら

 

 

賛同・協力企業

キャップコインの提携先などの相関図

 

CAPCOINの賛同・協力企業は、

  • NGO健全化協力会
  • 国内大手のアダルトサイト
  • AV制作企業
  • AV専門クラウドファンディング
  • 有識者やyoutuber

など、おもにアダルト産業に従事する企業・方々が中心となっています。

 

 

1.NGO健全化協力会

キャップコインのNGO

参照元 http://www.kenzenka.net/

 

CAP企画の業務監督機関で、アダルトコンテンツ業界でCAP企画に賛同協力している企業との連携を行っています。

 

業界の健全化への取り組みに賛同する、

  • 主要なアダルトメディア運営者170名参加
  • 運営サイト数は500サイト以上

 

 

2.動画アダルトサイト

ウェブサイトにおける順位

※対象サイト https://movie.eroterest.net/doc/capital/

 

誰もがご存知の「食べログ」や「価格.com」「5ちゃんねる」「Line公式」「クックパッド」等よりも巨大な規模を誇る、

  • 日本最大のアダルトサイト
  • サイト規模は日本で23番目
  • アクセス数は1ヶ月に1億人

 

 

3.AV制作関連

黒船のキャップコイン

※CAP作品(右上)記載は、CAPCOINの価値担保になる

 

黒船レーベルは、CAP企画が作品を制作しているレーベルです。

 

制作には、テレクラキャノンボールで有名なAV界の巨匠:カンパニー松尾率いるハマジムが請け負っていることも、業界内で確かな支持を得ていることが伺えます。

 

MGS動画(https://www.mgstage.com/search/search.php?search_word=%E9%BB%92%E8%88%B9&x=0&y=0)では、すでにCAP作品がリリースされておりCAPCOINの資産化の動きが始まっているのも安心だ。

 

 

4.AV専門クラウドファンディング

キャップコインのクラウドファンディング

※ラポルノファンディング(https://laporno.fund/)

 

CAP企画は、アダルト産業再編も標榜しており、その一環としてアダルト専門クラウドファンディングを展開しています。

 

プレセールと同時に運営を始めたので、まだそれほど賑わってはいませんが、すでに31作品のファンディングが実施され、多くのファンから支持を集め、着実に事業拡大しています。

 

その事業収益の全てが、CAP企画の資産となりますので企業の資本力・経済力を高める事業の柱としては、非常に心強いですよね。

 

 

5.メディア紹介

キャップコインの掲載メディア

 

一般的に仮想通貨関連は非常に審査が厳しい現実があり、『アダルト×仮想通貨』というCAP企画のプロモーションは、メディアへの掲載が不可能に近いとも言えます。※アダルト企業の掲載は非常に厳しく、ほとんどが門前払いをされてしまう業界

 

なぜなら、

  • WEBメディア
  • コメンテーター
  • 評論家

などは、どんなに著名であっても、1つ間違えば悪評がまたたく間に広まる時代背景があり、一切の支持を失ってしまう怖い世界でもあります。

 

 

しかし中には、偏見や差別を持たず、自分の信念に基づき、良いものは良いと公平な視点で判断して紹介する評論家やメディアもあります。

 

そんな中で、このCAP企画のプロモーションに携わっている方々を少しだけ紹介します。

 

三橋貴明(みつはし たかあき)

三橋氏とは、

  • 徹底的な実証主義
  • 裏付けのない話をしない
  • いかなる権力にも媚びない

など、正確な情報を提供し続けていることで高名な評論家です。

 

三橋貴明氏とセクシー女優が、経済や仮想通貨、CAPCOINについてyoutubeで番組を公開しています。※動画URLhttps://www.youtube.com/channel/UC95tmag3Bl_dGC5etoeecGg/videos?view_as=subscriber

 

参加しているセクシー女優は、

  • 枢木あおい/望月りさ/藍色りりか
  • 海空花/持田栞里/天月叶菜
  • しぶやかほ/黒川すみれ/皆瀬杏樹
  • 瀬乃ひなた/桐谷なお/なつめあいり
  • 新垣智恵/きみと歩実/あけみみう

15名と非常に豪華なラインナップになっています。

 

 

ラファエル氏(超有名youtuber)

もはや知らない人は居ないであろう有名なyoutuberが、セクシー女優と1時間超えの番組でCAP企画を紹介していています。その再生数は、すでに100万回を突破しています。※動画URLhttps://youtu.be/05O0Ow9JEDI

 

参加しているセクシー女優は、

  • 早川瑞希/皆月ひかる/あけみみう
  • きみと歩実/北乃みれい/涼海みさ
  • あおいれな/水樹璃子/森保さな

上記の9名の女優が動画に登場しています。

 

アダルトということで一般メディアへの露出は多くはありませんが、業界の多くの協力を取り付けている事が分かりますよね。

 

◆CAPの新情報や進捗は、LINE@にて配信されています。

 

 

キャップコインの購入はこちら

 

あとがき|CAPCOIN

キャップコインのバナー

 

いかがでしたか?

 

業界の多くの協力者が存在し、2018年11月はプレセール中にも関わらず、集めた資金を資産化をおこない、すでに資産の増加に成功しています。2018年11月事業報告の資料を参照

 

実態資産に投資を行い、予定より早く事業展開を進めており、その達成率は113%となっています。

 

CAP企画は、

  • 運用実績の公開
  • 資金用途の透明性

など、事業としてCAPCOIN購入者に対して高い透明性・責任制を果たしています。

 

また運用母体がプライベートファンドなので、資金の運用に関しても厳しく監督し、今後も毎月運用結果が公開されるとの事です。

 

2018年ICO元年と言われましたが、多くの銘柄がICOセール割れを起こす中で、具体的かつ確実に資産の積み上げを行い、堅実で野心的なICOコインの一つがCAPCOINです。是非この機会に、ホワイトペーパーに目を通してみて下さいませ。

 

 

公式情報

 

 

今回は、CAPCOIN(キャップコイン)について

  • 事業内容
  • ICOセール概要・上場予定は?
  • 市場性や可能性は?
  • 提携・協力企業一覧

など、ホワイトペーパーを参考に解説しました。

 

Sponsored Link