Touareg capital top

本記事では、「TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)」に関する基本情報や特徴をわかりやすく解説します。

 

<この記事で分かること>
  1. そもそもTOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)とは?
  2. 運用手法について
  3. メリットやデメリット
  4. 稼働実績|TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)

※公開されている資料を基に解説していきます。(本内容が必ずしも正しい情報・知識ではない場合も御座いますので、ご了承願います。)

 

(2024年5月21日時点)

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)は、今後TOUAREG GLOBAL(トゥアレググローバル)に統一される予定との事です。

 

 

今回のTOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)は、

  • ファンドマネージメント会社(投資信託の運用に携わる専門家
  • プライベートエクイティベンチャーキャピタル(MAやビジネス投資により大きな利益を得る投資ファンド会社

などを通じた投資会社を設立し、一般投資家に向けて2023年9月より暗号資産(1,000USDT単位)による定期預金型のサービスを開始いたしました。

 

正式なグランドオープンは、アジア市場をメインとした展開となり【2024年6月】からとの事です。

 

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)は、分散が問われるこの時代に現代の暗号資産USDTを通じた取り扱いから、同時に仮想通貨の知識も手に入れて頂けることが出来るネットワークビジネスマーケティングではない商品として、 プライベートバンク(ファンドハウス)とする合同運用ファンドを用いた資産形成より、 定期預金口座をお持ち頂ける自身のポートフォリオとした一つの情報サービスです。

 

それでは、TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)について本文で図解していきます。

 

Sponsored Link

 

進捗情報

<進捗>
【スポンサー就任|2024年5月】

トゥワレグキャピタルのスポンサー

TOUAREG CAPITALがスポンサーを務める『九州レーシングチームTSK』です。

 

 

会社概要|TOUAREG CAPITAL(拓源資本

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)は、ハイブリッドファンドマネジメントを専門とするグローバル企業です。

 

ハイブリッドファンドマネジメントは、異なる資産クラスや投資戦略を組み合わせてポートフォリオを管理する投資手法です。通常、株式、債券、不動産、商品など、複数の異なる資産クラスから選択された投資対象を組み合わせます。これにより、ポートフォリオのリスクを分散し、安定した収益を追求することが可能になります。

ハイブリッドファンドマネジメントでは、様々な資産クラスや投資戦略の組み合わせにより、異なる市場状況や経済環境に対する耐性を高めることができます。また、投資家のリスク許容度や投資目標に合わせて、ポートフォリオの組成を調整することができます。例えば、株式市場が不安定な場合には、債券や不動産などの安定した収益をもたらす資産クラスを加えることでリスクを軽減することができます。

ハイブリッドファンドマネジメントは、投資家が多様なリスクとリターンの組み合わせを追求するための手段として広く利用されています。

*ChatGPT参考

 

それでは、TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル=拓源資本)の創業メンバーを掲載します。

運営メンバーの紹介

【社長|Lawrence P. Roger氏】【副社長|Ethan Austin氏】【アジア地域マーケティング役員|Sky Wee氏】

Touareg capital ceo

<代表挨拶>

選ばれる金融商品であるハイブリッドファンドは、さまざまな投資家を結集し、相当な規模の利点を引き出し、投資コストを抑えます。

当社の経験豊富なマネージャーは、専門的なサービスの提供に中心的な役割を果たし、

これにより中小規模の投資家が戦略的なポートフォリオ投資を通じてリスクを巧みに管理し、円滑に分散化することが可能とします。

このアプローチは、資本が限られている投資家が包括的なリスク管理とポートフォリオの分散化のメリットを享受しつつ、効果的でコストの良い手段を提供します。

TOUAREG CAPITAL 副社長

 

*エタン副社長のあいさつ動画

 

TOUAREG CAPITAL アジア地域マーケティング役員

 

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル=拓源資本)の創設者は、1998年よりプライベートバンカーとして優れたキャリアがあります。

 

そこで同社では、

  • 個人投資家
  • 投資顧問
  • ファンドマネジメント会社
  • 退職プランの提供者
  • プライベートエクイティセクターの機関投資家向け

など、様々な投資・運用に関わる企業や人に対して【財務情報、ファンド分析、評価】を提供しています。

 

<公式情報>

 

取得ライセンス

TOUAREG CAPITAL ラインセンス確認

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル=拓源資本)は、英国領のヴァージン諸島(BVI)にてラインセスを保有しています。

 

【HPにて確認方法】

https://www.bvifsc.vg/certificate-validation

コピー

 

TOUAREG CAPITAL ラインセンス確認

青枠よりダウンロードすることが可能です。

 

英国領のヴァージン諸島(BVI)は、オフショア・タックスヘイブン(条件を満たすと完全非課税)として金融関連の企業にとっても人気のエリアの一つです。

 

また近年では、FXや暗号資産関連のサービスを展開する企業も多く法人設立されているそうです。

 

BVIライセンスは、ブリティッシュ・バージン諸島(BVI)金融サービス委員会(BVI FSC)によって発行される金融サービス業者の許可証です。BVIは、世界的に金融サービス業界が活発な場所の一つであり、BVIライセンスを取得することで、金融業務を行う企業が法的に規制され、信頼性が高まります。

BVIライセンスは、銀行業、保険業、投資ファンド管理業、証券取引業など、さまざまな金融サービスに関連する業務を行う企業や個人に対して発行されます。これにより、金融サービス業者は法的な規制と監督の下で業務を遂行し、顧客や市場の信頼を獲得することができます。

BVIライセンスの取得には、一定の要件を満たす必要があります。これには、資本要件、適格な経営陣の配置、業務計画の提出、法的および規制上の要件の遵守などが含まれます。また、BVI FSCはライセンス保持者の業務を定期的に監査し、規制の遵守を確認します。

BVIライセンスは、金融サービス業者がBVIで法的に業務を行うための重要な許可証であり、BVIの金融サービス業界での信頼性と透明性を確保する役割を果たしています。

*ChatGPT参考

 

つまり金融サービス業に従事するにあたって、タックスヘイブンの恩恵を受けながら資金効率よく運用することが可能となり、その結果高い利益率をねらう事ができるため、投資家に経済的なメリットを還元することができる土台があると考える事も可能です。

 

 

 

企業ビジョンとミッション

TOUAREG CAPITAL (4)

<ビジョン>

世界の資本市場において重要かつ尊敬される資産運用会社となること。

<ミッション>
  1. 顧客の富が成長し続け、顧客の生活の質を向上させるように、質の高い投資および金融商品とサービスを顧客に提供し、従業員のキャリア開発を提供する事。
  2. 従業員がパフォーマンスと自己実現を作成するのに役立ち、献身、勤勉、株主のための公正かつ合理的なリターンを作成するために資本市場の健全な発展を促進し、地域社会のために価値をつくる事。

 

事業展開は、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアにわたります。

トゥアレグキャピタル

そしてトゥアレグ・キャピタルは、低リスクなファンドマネジメント戦略を通じて、投資家と株主に安定したリターンを提供することにコミットしています。

 

 

運用手法や戦略について

 

まずTOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)の資金の流れとなります。

 

そして投資家の資産をどのように運用(ポートフォリオ戦略)していくのか?は以下となります。(運用実績は『2023年実績』を参考)

 

トゥアレグキャピタル

 

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル=拓源資本)は、これまでの経験より比較的流動性の高い金融商品に分散投資をしています。

 

具体的には以下のような市場に分散投資をしていきます。

TOUAREG CAPITAL (10)

*マルチイールドファンド

マルチイールドファンドは、複数の異なる資産クラスや投資戦略を組み合わせてポートフォリオを構築する投資ファンドのことです。これらのファンドは、株式、債券、不動産、商品、インフラストラクチャーなど、さまざまな資産クラスに投資することができます。また、成長株、バリュー株、高配当株などの異なる投資戦略を組み合わせることもあります。

マルチイールドファンドの主な目的は、ポートフォリオのリスクを分散し、安定した収益を追求することです。異なる資産クラスや投資戦略の組み合わせにより、ファンド全体のリスクが低減され、投資家にとって安定したリターンが提供されることが期待されます。

また、マルチイールドファンドは、投資家が複数の資産クラスに分散投資することが困難な場合に便利です。単一のファンドで複数の資産クラスにアクセスできるため、投資家はポートフォリオの多様性を確保しやすくなります。

マルチイールドファンドは、投資家のリスク許容度や投資目標に応じて、異なる資産クラスや投資戦略を組み合わせることができるため、幅広い投資ニーズに対応することができます。

*ChatGPT参考

 

コロナ禍以降、いずれも大きく成長している分野を中心に分散化させ、よりリスクを抑えた運用を目指しているそうです。

 

 

リスク管理について

【各商品と独自戦略のリターン比較①】【各商品と独自戦略のリターン比較②】

トゥアレグキャピタルの運用戦略

*2007年からの成長率

<各商品の成長率>
  1. 【+6097.1%】テクノロジー関連株
  2. 【+4192.0%】TOUAREG CAPITAL戦略①
  3. 【+2920.6%】TOUAREG CAPITAL戦略②
  4. 【+1605.7%】世界株式
  5. 【+1195.5%】株式7:債券3

トゥアレグキャピタルの運用戦略

*2007年以降のショック相場

<2008年|金融危機相場>
  1. 【▲52.9%】テクノロジー関連株
  2. 【▲41.3%】株式7:債券3
  3. 【▲24.3%】TOUAREG CAPITAL戦略

 

<2020年|コロナショック相場>
  1. 【▲16.0%】テクノロジー関連株
  2. 【▲14.9%】株式7:債券3
  3. 【▲  8.6%】TOUAREG CAPITAL戦略

 

<2022年|主要国の政策金利上昇相場>
  1. 【▲34.8%】テクノロジー関連株
  2. 【▲25.5%】TOUAREG CAPITAL戦略
  3. 【▲24.2%】株式7:債券3

 

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)のリスク管理は、

  • 中長期的戦略に対応
  • 短期的な戦略には安定したリターンを確保
  • 下落相場では必要以上にリスクを取らない

など、独自のリスクコントロールによりパフォーマンスを得れるように最適化しています。

 

【テクノロジー株に関する補足説明】

例に取り上げているように、2000年のITバブル以降はテクノロジー関連株価の急成長が目立ちます。

 

多くの方がご存じのGAFAM(Google/Apple/Facebook/Amazon/MicroSoft社)は世界5大IT企業と呼ばれ、時価総額は1兆ドルを突破しています。

(参考URL)日本経済新聞

米国市場に上場している企業等の時価総額上位ランキング

https://www.nikkei.com/marketdata/ranking-us/market-cap-high/

 

また2023年5月には、IT製品の必須である「半導体不足」により、半導体メーカーである『Nvidia(エヌビディア)』が時価総額1兆ドル企業の仲間入りしたことが報道されていました。

(参考URL)フォーブスジャパン

エヌビディア時価総額が1兆ドル突破 史上8社目

https://forbesjapan.com/articles/detail/63547

 

テクノロジー関連企業の多くは、『ナスダック市場』に上場しています。

ナスダックとは、1971年に開設された米国にある新興企業向けの株式市場です。

 

(2024年時点)2008年の金融危機以降、ナスダック総合指数は約18倍(1,800%)の急成長となっています。

 

 

ファンドマネージメントのメリット

トゥアレグキャピタルのファンドマネージメント

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)の中心となる価値観の一つに、多くの個人投資家にファンドマネージメントによる恩恵を受けてほしいという考え方があります。

 

ファンドマネージメントは、投資ファンドやポートフォリオを運用するプロセス全般を指します。

これには、資金の調達、適切な資産の選択、ポートフォリオの構築と管理、リスク管理、リターンの最大化などが含まれます。

 

ファンドマネージメントの主な目的は、投資家の資産を効果的に運用し、最大のリターンを提供することです。

これには、市場分析や経済動向の予測、適切な資産の選択、ポートフォリオのバランスの維持など、さまざまなスキルと戦略が必要です。

ファンドマネージメントは、投資ファンドのタイプや戦略に応じて異なるアプローチがあります。

例えば、株式ファンドのマネージメントでは、株式市場の分析や企業の評価、投資先の選定などが重要です。

一方、債券ファンドのマネージメントでは、金利動向の予測やクレジットリスクの評価、適切な債券の選択が重要です。

 

ファンドマネージメントは、投資ファンドのパフォーマンスに直接影響を与えるため、ファンドマネージャーは高度な専門知識と経験を持つことが求められます。

彼らは市場動向や投資戦略の変化に敏感であり、投資家の期待に応えるために努力します。

※ChatGPT参考

 

一般の投資家が金融商品を選定することは非常にハードルが高い作業です。

 

そこで、金融業界に長けたファンドマネージャーを介することで、より効率の良い運用ができるという事です。

 

2023年実績

【運用結果】【運用レポート】

トゥアレグキャピタル|2023年運用実績

<2023年ファンド実績>
  • Q1:+49.08%
  • Q2:+87.54%
  • Q3:+81.53%
  • Q4:+65.70%
  • 合計:+283.85%0

 

▼(2024年5月時点)ファンドの利回り&ポートフォリオ

トゥアレグキャピタル|2024年運用

株式とファンド(投資信託)の分野に、全体の約50%以上を投じています。

トゥアレグキャピタル|2023年運用レポート

 

 

投資家のメリット・デメリット

トゥアレグキャピタル

(個人的な見解)

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)のメリット・デメリットを考察しますので、ご参考くださいませ。

 

<メリット>
  • USDT入金による定期預金サービス(毎週月曜日に配当)
  • 最低額:1,000USDTから試せる
  • 高い収益性が見込める(月利3~10%)
<デメリット>
  • 募集を開始したばかりで運用実績の歴史が浅い
  • 信託保全がない(海外案件の為)
  • (定期預金の為)元本がロックされる

*金融商品への投資は、余剰資金または生活に困窮しない資金で参加することをオススメします。

 

暗号資産の業界は、変化・流動性が非常に高い世界のため分散投資は必須となります。

 

暗号資産で稼ぐ選択肢は、おもに上記の5つとなります。(ポートフォリオを組みながら運用されることをオススメします。)

【詳細はこちら】

*ファーミング

ユニスワップ(Uniswap)とは?登録・使い方(スワップ方法・プール利用方法)
ユニスワップ(Uniswap)とは?登録・使い方(スワップ方法・プール利用方法)
ユニスワップ(Uniswap)取引所は2018年に公開されました。2020年後半からのDeFi市場の盛り上がりと共に取引所の規模・流動性が高くなり人気の分散型取引所となっています。今回はUniswap(ユニスワップ)取引所の登録や連携方法・使い方を図解します。

 

ウルトロン(Ultron)とは?仮想通貨ULXの概要・可能性!
ウルトロン(Ultron)とは?仮想通貨ULXの概要・可能性!
Ultron(ウルトロン)は、レイヤー1ブロックチェーンの一つです。すでにDeFi市場ではTOP10前後に位置するプロジェクトに成長しており、独自通貨ULXの上昇が期待できる可能性があります。今回は、Ultron(ウルトロン)/ULXの概要などを図解します。

 

*ステーキングやレンディング

ステーキングとは?イーサリアム2.0とは?PoS搭載!
ステーキングとは?イーサリアム2.0とは?PoS搭載!
2020年12月次世代イーサリアム(ETH2.0)へのアップデートによりステーキング機能が実装されました。DeFi市場の盛り上がりと共に露呈している技術力の改善が求められています。その問題解決がETH2.0となります。そこで今回は、ステーキング概要・イーサリアム(ETH)2.0について簡単に図解します。

 

 

ネットの評判・うわさ

インターネットの評判や口コミ

(2024年5月時点)以下の文言で、旧Twitter検索を掛けてみました。

  • トゥワレグキャピタル
  • Touareg capital
  • 拓源資本

いずれも検索結果にはヒットしませんでした。

 

Google検索をしたところ、(中国語で)騙された。という表記はありましたが、具体的な内容は無くかつ自身のLINE IDに誘導するようなページがありました。

コピー
コピー

 

またトゥワレグキャピタルのURLにて検索を実施しました。

トゥアレグキャピタル|similarweb

*2024年5月時点

2024年4月より訪問件数が増加しています。

 

またトラフィック(アクセスユーザー)の大部分が台湾(Taiwan)からのアクセスとなっています。

 

 

運用実績|TOUAREG CAPITAL(トゥワレグキャピタル)

トゥアレグキャピタル|2024年運用

(2024年5月時点)

 

金融商品を選定する上で重要な項目の一つである【配当・リターン】について図解します。

 

TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル=拓源資本)は、USDT入金による定期預金サービスとなります。

 

<概要>
  • 期間:12.24.36ヵ月の3タイプ
  • 利率:3% ~ 10%(月間)
  • *配当:毎週月曜日
  • 最低額:1,000USDT
  • 上限額:100,000USDT
  • 入金可能通貨:USDT(TRCチェーン)

*金融商品への投資は、余剰資金または生活に困窮しない資金で参加することをオススメします。

 

■配当(利息)について

運用開始後(定期購入日)の翌日より配当対象になります。

 

例)2024/5/14(火)に定期購入を開始した場合

  • 配当対象開始:2024/5/15(水)
  • 対象期間:2024/5/19(日)まで
  • 配当日:2024/5/20(日)

※通常は、月曜日~日曜日締めとなり、翌週の月曜日に配当が配布されます。

 

関連記事|TOUAREG CAPITAL

Touareg capital 関連記事

*登録URL

https://member.touaregcapital.co/sign-up/NjY3

【登録方法】トゥアレグキャピタル(TOUAREG CAPITAL)
【登録方法】トゥアレグキャピタル(TOUAREG CAPITAL)
TOUAREG CAPITAL(トゥアレグキャピタル)の新規登録方法・ログイン方法を解説します。

 

注意事項・免責事項
本ページは情報提供のみを目的としております。 ご利用時は各自のご判断にて行って下さいませ。 また掲載している情報には細心の注意を払って掲載をしておりますが、正確性および完全性を保証するものではなく、生じた損失には責任を負えませんのでご理解を願います。 ※また予告なしに、掲載情報が変更になる場合も御座います。

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。