仮想通貨ウォレットアプリのおすすめ10選|今すぐわかる失敗しない選び方

「仮想通貨はウォレットで管理したほうが良い」とは聞くが、そもそも仮想通貨のウォレットが何か分からない。」

「取引所以外にウォレットで保管できるアプリはあるのかな?」

そこで、今回はおすすめのウォレットアプリについて徹底的に解説していきます!

上記を中心に、分かりやすく解説していきます!

 

目次

仮想通貨ウォレットアプリとは?おすすめアプリの前に知っておきたい基礎知識

まずは、基礎知識に関してです。

仮想通貨ウォレットアプリとはその名の通り、インターネット上で仮想通貨を保有または預けておく財布のようなアプリサービスです。

ここでは、おすすめアプリの前に知っておきたい基礎知識として以下3つのポイントに分けて紹介していきます。

自由に仮想通貨を取り出して送金するために保管することができ、秘密鍵などのセキュリティの高いウォレットを作成することができます。

仮想通貨取引所とウォレットアプリの違い

仮想通貨取引所とは、自分と同じで暗号資産を持っている他のユーザーと取引に使う場所です。

一方でウォレットアプリは、自身の手元にある資産を管理するためのものです。

それぞれのメリット、デメリットについてまとめましたので参考にしてください。

○仮想通貨取引所のメリット、デメリット
  • 大手取引所のコールドウォレット管理が使える
  • ハッキングなリスク
  • 取引所の閉鎖リスクがある
    ○ウォレットアプリのメリット、メリット
    • 導入が比較的簡単
    • 取引所の倒産によるリスクを回避できる
    • バックアップを取ることがでるため、故障時も安心
    • 評判の良いモバイルウォレットが少ない
    • ハッキングによるリスクがある
    • 復元フレーズを忘れてしまった場合はバックアップを復元することができない

      このようそれぞれメリットデメリットが異なるため、自身に合った使い方をしましょう。

      ウォレットアプリの入手方法

      ウォレットアプリの入手方法は以下の手順で可能です

      ウォレットアプリの入手方法
      • 公式サイトにアクセス
      • 登録する
      • 本人確認をする

      なお取引所の場合は、本人確認書類が必要になるため用意しておきましょう。

      必要な本人確認書類
      • 運転免許証
      • パスポート

      ウォレットアプリのセキュリティ

      ウォレットアプリのセキュリティに関してですが、以下のウォレットタイプに応じてセキュリティも異なります。

      • ホットウォレット
      • ゴールドウォレット
      ホットウォレット コールドウォレット
      メリット インターネットに接続されていればすぐに動かせるため利便性が高い 完全オフラインなので安全
      デメリット ハッキングにより秘密鍵が流出してしまう可能性がある 導入が複雑
      普段使いには手間がかかる(利便性が低い)

      基本的に、ゴールドウォレットはセキュリティが高くておすすめです。

      ウォレットアプリには以下のような種類があり、それぞれセキュリティの高さも異なります。

      大手取引所のほとんどがコールドウォレットを採用しており、高いセキュリティを誇ります。

      一方で独自のモバイルウォレットアプリは、セキュリティが甘いものも多く出回っています。

      秘密鍵なども自分で管理する必要があるため、セキュリティが高いとはいい難いです。

      仮想通貨におすすめできるウォレットアプリ10選

      仮想通貨におすすめできるウォレットアプリを10個ご紹介します。

      ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
      Coincheck

      2段階認証システムを採用

      BTC・ETH・ETC・LSK・FCT・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG Android4.4~, iOS11~ 2段階認証システム
      bitFlyer

      100円からの売買が可能

      BTC・XRP・XEM・XTZ・XLM・ETH・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・DOTなど Android 6.0 ~ Android 10, iOS13.0〜 パソコンからでも操作可能
      GMOコイン

      一つのアプリで2つのモードを切り替えて使える

      BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ Android5.0~, iOS11.0~ ノーマルモード・トレーダーモードなど
      DMM Bitcoin

      指紋認証・顔認証・声認証の3つの方法でログイン

      BTC・ETH・XRP・BAT・QTUM・XLM・MONA・XEM・LTC・ETC・BCH Android7.0~, iOS9.0~ ストリーミング注文・指値・逆指値注文など

       

      TOKEN POCKET

      スマホで使えるDappsブラウザ ETH iOS 11.0以上,Android 5.0以上 ウォレットから直接 Dapps の閲覧が可能
      BRDビットコインウォレット

      スマホアプリ限定 BTC,BCH,ETH,LTC,DOGEなど iOS 12.0以上,Android 6.0以上 秘密鍵を自分の端末で保管
      Coinomi Wallet

      スマートフォンやタブレットで使用可能 BTC,ETH,XRP,BCH,BSV,LTC,BNB,XMR,TRX,HBARなど iOS 12.0以上,Android(デバイスにより異なる) Android版のみ ウォレット内で仮想通貨同士の両替が可能
      楽天ウォレット

      楽天グループの各種サービスと連携

      BTC・ETH・BCH Android5.0~, iOS11~ 自動応答チャットサービス
      Ginco

      10種類以上の仮想通貨に対応

      BTC・ETH・XRPなど iOS・Android 安全なセキュリティ機能
      Zaif

      主要の暗号資産はもちろんZaifでしか取り扱いがないトークンが豊富 BTC・ETH・XEMなど iOS・Android 自動売買取引ツール対応

      それぞれ詳しくみていきましょう。

      Coincheck:2段階認証システムで安心セキュリティ

      Coincheck

      ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
      Coincheck

      2段階認証システムを採用

      BTC・ETH・ETC・LSK・FCT・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG Android4.4~, iOS11~ 2段階認証システム

      コインチェックは使いやすいアプリが評判良く、ウォレットとして保管するだけでなく取引・送金まで行えます。

      マネックスグループ(東証一部上場)による想通貨取引所であり、国内最大級の17種類の暗号資産(仮想通貨)を安心して保管することができます。

      使いやすいデザインに加えて、500円から取引可能なのは嬉しいポイント。 

      17種類の仮想通貨の取引をサポートしてくれる上に、取引手数料無料なのも利用者にとっては使い勝手抜群だといえます。

      ただし、デメリットとしては米ドルの入金のみ25ドルの手数料が発生する上に電話やチャットでのサポートはありません。

      bitFlyer:資産管理が見やすい

      ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
      bitFlyer

      100円からの売買が可能

      BTC・XRP・XEM・XTZ・XLM・ETH・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・DOTなど Android 6.0 ~ Android 10, iOS13.0〜 パソコンからでも操作可能

      bitflyerは、スマホアプリやパソコンから操作が可能です。

      シンプルな操作画面なので、ビギナーの方にもおすすめ。

      アカウント作成手数料をはじめ、さまざまな手数料が無料なのもうれしいポイント。

      bitFlyerは、80%以上をコールドウォレットにて管理しています。

      さらに、bitFlyerの資産と顧客の資産は仮想通貨・日本円ともに完全に分別して管理しているので、万が一会社が倒産しても安心です。

      国内取引所でもセキュリティの高さに評判が良く、人気のタラは過剰となってます。

      GMOコイン:100%安心のコールドウォレット管理

      GMOコイン

      ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
      GMOコイン

      一つのアプリで2つのモードを切り替えて使える

      BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ Android5.0~, iOS11.0~ ノーマルモード・トレーダーモードなど

      GMOコインは、ゴールドウォレット管理や情報セキュリティの国際標準企画の内容が適用されており、顧客は安全に取引ができます。

      GMOコインは、顧客の仮想通貨をすべてコールドウォレットにて管理しています。

      国内でも完全にコールドウォレットに対等しているウォレットはないため、他社と比べてもセキュリティの高さが評価されています。

      さらに、GMOコインの資産と顧客の資産は完全に分別して管理しているので、万が一会社が倒産しても安心です。

      GMOコインには、以下のようなメリット、デメリットが考えられます。

      DMMBitcoin : 95%をゴールドウォレット管理、補填保障付き

      DMMBitcoin

      ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
      DMM Bitcoin

      指紋認証・顔認証・声認証の3つの方法でログイン

      BTC・ETH・XRP・BAT・QTUM・XLM・MONA・XEM・LTC・ETC・BCH Android7.0~, iOS9.0~ ストリーミング注文・指値・逆指値注文など

      DMM.Bitcoin はアプリが見やすいと評判が良く、初心者には優しいプラットフォームとなっています。

      DMMGroupによる暗号通貨取引所であり、現物やレバレッジ取引が可能です。

      12種類の仮想通貨を取り扱っており、サポート体制が充実しているのも嬉しいポイント。

      さらに独自のBitMatch注文が利用可能といった特徴も持ち合わせています。

        ユーザー対応の点でもサポートは夜まで受付があるため、評判につながっています。

        顧客の仮想通貨の95%をコールドウォレットにて管理しており、万が一ホットウォレットで管理している分が失われても会社の自己資産にて充当してくれるため安心です。

        TOKEN POCKET:自分の端末で資産管理

        TOKEN POCKET

        ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
        TOKEN POCKET

        スマホで使えるDappsブラウザ ETH iOS 11.0以上,Android 5.0以上 ウォレットから直接 Dapps の閲覧が可能

        TOKEN POCKETは、オフラインでもウォレットの作成が可能なウォレットアプリです。

        サーバーへの保存が主流の中で、TOKEN POCKETの秘密鍵はサーバーに一切保存しないという特徴を持っています。

        資産管理がひと目で確認できるので、イーサリアム・トークンの所持量がわかります。

        手軽に資産チェックをしたいという方にはおすすめです。

        BRDビットコインウォレット:登録やログインが不要のアプリ

        BRDビットコインウォレット

        ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
        BRDビットコインウォレット

        スマホアプリ限定 BTC,BCH,ETH,LTC,DOGEなど iOS 12.0以上,Android 6.0以上 秘密鍵を自分の端末で保管

        資産管理をするには、アカウントを紐付けして高いセキュリティの中で管理するのが当たり前です。

        ですがBRDビットコインウォレットは、アプリをインストールしてすぐに利用できるのが大きな特徴。

        インストール後すぐに取引~売買までを可能にしており、もちろんウォレットの保管も可能です。

        端末上で仮想通貨を暗号化して保存するので、ハッキング被害を防いでくれるのも嬉しいポイントとなっています。

        デザイン性も申し分なく、UIが非常に見やすいのも評価されています。

        Coinomi Wallet:初心者に優しいプラットフォーム

        Coinomi

        ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
        Coinomi Wallet

        スマートフォンやタブレットで使用可能 BTC,ETH,XRP,BCH,BSV,LTC,BNB,XMR,TRX,HBARなど iOS 12.0以上,Android(デバイスにより異なる) Android版のみ ウォレット内で仮想通貨同士の両替が可能

        coinomiはアプリが見やすいと評判が良く、初心者には優しいプラットフォームとなっています。

        1,000種類以上の仮想通貨を取り扱っているモバイルウォレットで、ハイレベルのセキュリティとプライバシー保護を確立させています。

        現物取引はまだまだ少ないものの、使いやすくてカスタマーサポートの対応が速いとの声も上がっています。

        楽天ウォレット:楽天ポイントがそのまま取引に使用可能

        楽天ウォレット

        ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
        楽天ウォレット

        楽天グループの各種サービスと連携

        BTC・ETH・BCH Android5.0~, iOS11~ 自動応答チャットサービス

        楽天ウォレットは楽天グループの各種サービスと連携しているので、楽天銀行口座を使えば最短即日で口座を開設できます。

        またAI技術を使った自動応答チャットサービスを搭載しているので、取引が初めての方でも安心して利用できます。

        なお最小購入数量は100円から可能で、現物取引の取り扱い通貨が対象です。

        Ginco:10種類以上の仮想通貨に対応

        Ginco

        ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
        Ginco

        10種類以上の仮想通貨に対応

        BTC・ETH・XRPなど iOS・Android 安全なセキュリティ機能

        完全日本語対応のウォレットアプリで、分かりやすさをウリにサービスを展開しています。

        本人確認などの面倒な手続きが不要なので、口座開設までの所要時間は僅か1分とスピーディーです。

        多くのウォレットアプリでは決済時に送金手数料が発生しますが、Gincoの場合余分なコストがかからないようになっています。

        高いセキュリティで、安心かつ安全に使用可能なのも嬉しいポイント。

        ハッキングに強いクライアント型を採用していることもあり、自分の端末にしかアクセス権を付与できないことからハッキングのリスクを軽減することが特徴です。

        Zaif:Zaifだけの取り扱いトークンが豊富

        Zaif 

        ウォレットアプリ名 特徴 対応通貨 対応OS 日本語対応 搭載機能
        Zaif

        主要の暗号資産はもちろんZaifでしか取り扱いがないトークンが豊富 BTC・ETH・XEMなど iOS・Android 自動売買取引ツール対応

        Zaifは、アプリで簡単に暗号資産の売買や取引をしたいという方におすすめのアプリです。

        初心者でも扱いやすい「かんたん売買(販売所)」を搭載しており、直感的な操作感で使いやすさを追求。

        なおかつ安心・安全の取引をするめに、高いセキュリティの中で使用が可能です。

        利便性が高く、ビットコインを中心にアルトコインなども売買したい方は候補としてチェックしてみても良いでしょう。

        おすすめウォレットアプリの選び方は?|失敗しない5つの基準

        おすすめのウォレットアプリの選び方についてですが、注意すべき点がいくつか挙げられます。

        ここでは、以下5つのポイントについて解説。

          それぞれチェックしていきましょう。

          ウォレットアプリの選び方1:対応OSやOSによる機能の違いで選ぶ

          ウォレットアプリによっては、AndroidまたはiOSどちらか一方にしか対応してないものもあります。

          なるべく対応が幅広いものを選ぶようにしましょう。

          AndroidとiOS両方に対応しているウォレットアプリがおすすめです。

          ウォレットアプリの選び方2:アプリ上で取引できるものを選ぶ

          2つ目のポイントは、アプリ内で自由に仮想通貨取引ができるかです。

          最近のウォレットアプリは資金を預けるだけでなく、アプリ内で仮想通貨同士の交換が可能なものもあり非常に便利です。

          わざわざウォレットアプリから仮想通貨取引所に送金する手間が省けるため、アプリ上で取引できるものを選びましょう。

          また取引所のウォレットに比べて、アプリ上だとハッキングなどのリスクも少ないため、セキュリティの観点からも安心です。

          ウォレットアプリの選び方3:対応している仮想通貨の種類で選ぶ

          3つ目は、対応している仮想通貨の種類や数です。

          ビットコインやイーサリアムなど主要な通貨に対応しているアプリは多いものの、アルトコインなどさまざまな仮想通貨に対応しているものを選ぶのも1つの手です。

          • Coinomi
          • BRDbitcoinwallet

          取引所のウォレットに比べて、上記のウォレットアプリは取り扱い通貨数が豊富で便利です。

          ウォレットアプリの選び方4:日本語に対応しているものを選ぶ

          4つ目のポイントは、日本語に対応しているかどうかです。

          初心者であれば仮想通貨に関する知識がほとんどないという方も多いため、英語などの表記だと尚更混乱してしまいます。

          日本語に対応していれば、安心かつ安全の中で取引可能です。

          取引所やウォレットアプリによっては、日本語に完全対応していない可能性も考えられます。

          なるべく日本語でわかりやすいものを選びましょう。

          ウォレットアプリの選び方5:取引所が運営管理しているウォレットアプリを選ぶ

          最後のポイントとしては、取引所が運営して管理しているウォレットアプリを選ぶことです。

          国内取引所のウォレットであれば、日本語に対応していることはもちろん主要な通貨であればサポート対象です。

          取引所で取引した通貨を、そのままウォレットに移すことが可能です。

          ただし以下のようやデメリットもあるため、きちんと確認してから利用しましょう。

          • 多くの通貨サポートはない
          • ハッキングや閉鎖のリスクがある

          ウォレットアプリとは異なり、取引所に管理してもらうため第三者に伴うリスクがあります。

           

          仮想通貨のウォレットの作り方

          では、具体的な作り方についてみていきましょう。

          作成方法は簡単ではありますが、条件によって作成手順が異なります。

          ここで紹介する仮想通貨のウォレットの作り方は、以下の通り。

            それぞれチェックしていきましょう。

             

            自分のPCやスマホにウォレットを作る場合

            自分のパソコンやスマホで作る場合、アプリをインストールするのと同じ要領で仮想通貨コンテンツをダウンロードするだけでOK。

            手順はこれだけですが、2009年以降のデータを全てインストールするためかなりの容量を必要とします。

            PCだとハードディスクが必要不可欠で、10TB以上でも足りないという可能性が挙げられます。

            スマホも同様に、外付けハードディスクを使用したとしても足らないでしょう。

            インターネット上にウォレットを作る場合

            続いて、インターネット上にウォレットを作る場合です。

            インターネット上にウォレットを作る場合、サイト内でウォレットを作成します。

            オンライン上でデータ管理を行うため、スマホを紛失したり故障したりすれば使えなくなるというデメリットを解消してくれます。

            ただしその場合、データをサーバー上に挙げるために定期的にバックアップを取る必要があります。

            必要最小限のデータのみダウンロードする場合

            莫大な容量をダウンロードせず、必要最小限のデータのみダウンロードすることも可能です。

            必要最小限のデータのみをダウンロードする場合、基本的に操作は仮想通貨の受取や送金のみとなります。

            メリットしては、デバイスの負荷を軽減することができるというもの。

            最も手軽に利用できるため、気軽に仮想通貨のウォレットを作りたいという方におすすめです。

             

            仮想通貨ウォレットアプリに関するよくある質問は?

            最後によくある質問についてまとめました。

            ここで紹介するよくある質問は、以下の6つ。

            それぞれチェックしていきましょう。

            ウォレットアプリは無料で利用できる?

            基本的には無料で使えます。

            ダウンロードももちろん無料です。

            ただし、中には登録料や追加オプションで有料になる場合もあるため注意してください。

            1つのウォレットに複数の仮想通貨を保管できる?

            複数の仮想通貨を保管することは可能です。

            国内のウォレットアプリでは、一つのウォレットに複数の仮想通貨を保管することができ、最大数百個の通貨をサポートしているものもあります。

            ウォレットアプリは誰でも入手できる?

            インターネット上で誰でも入手可能です。

            • 運転免許証
            • マイナンバー
            • パスポート

            本人確認などが必要になりますので、上記のものを準備しましょう。

            ウォレットアプリはWi-Fi環境がなくても使える?

            基本的には、Wi-Fi環境がなくても使えます。

            ただし、ウォレットアプリの立ち上げや頻繁に使う方は、重い場合があるためWi-Fi環境下で使用することを推奨します。

            ウォレットによって扱える仮想通貨の種類が知りたい

            国内ウォレットアプリであれば、ウォレットによって使える仮想通貨が異なるため注意してください。

            仮想通貨にもさまざまな種類が存在しており、必ずしも利用予定のアプリがその仮想通貨に対応しているとは限りません。

            現時点で仮想通貨を保有している方は、その仮想通貨に対応したアプリを選びましょう。

            セキュリティ性が高くておすすめの取引所ウォレットアプリはどこ?

            本記事で紹介したウォレットアプリが、セキュリティが高くておすすめです。

            特にコールドウォレットを採用している「GMOコイン」や「DMM Bitcoin」などを利用することで、安全に仮想通貨を管理することができます。

            ですが最もセキュリティーの高い方法で管理したい場合は、ハードウェアウォレットの導入がおすすめです。

            しかしデメリットとして、初心者には導入難易度が比較的高いというのが挙げられます。

            ハードウェアの紛失の可能性も考えると、GMOコイン等の安全な取引所ウォレットの利用をおすすめします。

            まとめ:仮装通貨を今から始めるならウォレットアプリを利用するのがおすすめ

            ウォレットアプリには、大きく取引所タイプとモバイルタイプがあり、それぞれメリットデメリットが異なります。

            用途が大きく異なるため、自分に合った方を選んで使用するのが重要です。

            本記事では、手軽に使えてなおかつ管理ができるウォレットアプリについて紹介してきました。

            仮装通貨を今から始めるなら、ウォレットアプリを利用するのがおすすめです。

            本記事を参考に、特徴などを考慮して自分に合ったアプリで資産運用をしていきましょう。

             

            2022年最新情報|仮想通貨の投資案件(参加済み)!リスク・やり方・仕組みは?

            公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

            LINEで友達募集中

            ※LINE ID検索「@176npczt」

            ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。