「株のIPO」という言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも同様の資金調達の方法が存在します。

 

2017年の始め頃から「仮想通貨のICO」という言葉が、トレンドワードになっていますよね。

 

仮想通貨業界は、情報をいかに素早く入手するかが全ての世界なので、知識・情報を必ず持っておいてくださいね。

 

それでは今回は、

  • 仮想通貨ICOとIPOの違いは?
  • ICOの仕組みや参加方法
  • 2018年おすすめのICO案件

などを紹介します。

 

Sponsored Link

 

ICO(仮想通貨)とIPO(株)の違いは?

参照元URL finsight.co.jp

 

IPOとは、株式市場に上場していない企業が投資家へ株を販売し、証券取引所に上場して自由に株の取引ができる事を意味します。

 

IPOは「Initial Public Offering」の略称で、

  • 新規公開株
  • 新規上場株式

などとも呼ばれたりします。

 

 

では仮想通貨のICOとはどういった意味なのでしょうか?

 

ICOとは、仮想通貨の売買ができる取引所への上場前に、投資家たちにコインを発行し資金調達をする手法を意味します。

要するに株のIPOを、コイン(仮想通貨)に置き換えると分かりやすいですよね。

 

ICOは「Initial Coin Offering」の略称で、日本語で直訳すると、「新規公開の仮想通貨」という意味になります。

 

要するに新規事業立上げの資金が必要なので、独自の仮想通貨(トークン/コイン)を発行することで、資金を調達することです。

 

またICOと同じような意味合いで、

  • クラウドセール
  • プレセール
  • トークンセール

などと言う呼び方をする場合もあります。

 

 

 

ICOの仕組みは?

参照元URL scholar.co.jp

 

IPOは会社が株式市場に上場するため、証券会社を経由して投資家に株式を売り出します。

 

しかしICOの仕組みは少し違います。

 

ICOは証券会社のように仲介してくれる会社が存在しません。その為、仮想通貨の開発・運営元によって直接販売されるケースが大半です。

※最近ではICOを手掛ける・プラットフォームを提供する仲介会社が少し増えてきています。

 

そしてICOのセール期間中に、投資した仮想通貨の量に応じて、相当分のトークン(コイン/仮想通貨)を発行します。

 

発行されるトークン量は、

  • 上限が決まっている通貨
  • 無限に発行される通貨

いずれかに分類されます。

 

このICO期間中に投資をして手に入れたトークンは、取引所に上場すると誰でも購入できるようになります。

 

しかしICO期間中に購入したくても、購入できなかった人が多いとどうなるでしょうか?

 

例えば、

  • 発行に上限があり購入できなかった
  • ICOセール期間の情報を知らなかった
  • コインの銘柄を知った時にはICOセールが終了していた

などなど、さまざまな理由が考えられます。多くの方が同じような経験をされていますよね。

 

すると積極的に取引所でコインの売買が行われ、流通量が増えてトークン/コインの価値・価格は大きく上がります。

※要するに需要と共有のバランスで、必要だと思う人が増えれば価値が上がるという経済の仕組みですよね。

 

その大きく価格が上がったタイミングで保有しているトークン/コインを売れば、大きな報酬を得ることができるという事です。

 

 

 

ICOの参加方法は?

参照元URL daiwahouse.co.jp

 

まずIPOの場合ですが、参加するためには申し込み期間がありその期間をブックビルディングとも言います。

 

そしてICOの場合もIPOと同様に投資・購入可能な期間が設けられており、一般的には「クラウドセール期間」と呼びます。

 

仮想通貨の業界では、このクラウドセール期間中にのみICOに参加・購入することができます。

 

ICOを実施する企業は、世界中の投資家から資金を集めたいので、ほとんどのICO案件が英語でホームページの作成をしています。

※日本国内では、2018/4/1~日本在住者へのICO参加は厳しく取り締まられ、日本語表記のページは少なくなると思われます。

 

基本的には公式ページからアカウントを作成し、指定された手順通りに進んでICOトークンを購入する流れになります。

 

Sponsored Link

 

ICOトークン/コインの買い方は?

ICOトークン・コインの買い方は参考元 https://i0.wp.com/

 

まずIPOの株は人気があるので、誰でも購入できる訳ではなく抽選方式が採用されています

そして日本のIPOの場合は当然ですが、日本円でしか買い付けができません。

 

ICOの場合は、クラウドセール(トークンセール)期間中に投資をすれば、トークンを買うことができます。IPOとは違い抽選・当選という概念がありません。

 

しかしICOトークンを購入できないケースは、

  • 発行枚数の上限に達して売切れ
  • 購入期間が終了
  • 交換通貨の仮想通貨を持っていない

いずれかの理由があてはまります。

 

また世界中の投資家から資金を調達したいので、

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Etherium(イーサリアム)

※上記の2銘柄がICOトークンとの交換通貨であることが一般的です。

などの仮想通貨で投資をすることになりますので、必ず事前に仮想通貨の取引所や販売所で購入する必要があります

 

 

〇ICOセール期間でおすすめの買い方は?

ICOのクラウドセール開始後は、比較的安い価格で購入できる場合がほとんどです。

 

というのも、セールを開始した初期段階では信用性が乏しく、資金が集まりにくい傾向があります。

そこでICOセール初期は販売レートを安くすることで、投資家の購入意欲を持ってもらうようにしています。

 

そしてクラウドセールの終了が近づくにつれて、ディスカウント(割引)される割合が少なくなり、初期セールより高いレートで購入することになります。

 

要するにICOセールに参加する時は、クラウドセールが始まるとできるだけ早く購入することが望ましいという事です。

ICOセール開始時と終了時の価格を比較すると、20%以上変わることも珍しくはありません。

 

しかしもちろんICOはIPOと同じで、取引所に上場しても公募割れ(購入価格より下回る)することもあります。

 

 

 

仮想通貨ICOは危険!?

参照元URL gril.club

 

ICOには監査が無く、じつは誰でも資金調達を行うことが出来ます。

 

IPOのような明確な上場基準やルールがなく、事業者本位でICOのルールを作っているため、自由に資金を集められる方法です。

 

実際には上場しなかったり、資金を調達するだけして姿を消してしまうような詐欺コインもあるので、リスクの意識は常に持っておくことをオススメします。

 

ちなみに2017年に開催されたICOプロジェクトは902件が確認されましたが、 Bitcoin.com参照

  • 142件がICOで募集締め切り前に事業の失敗を宣言
  • 276 件がICOで資金調達後に実施企業が倒産、行方不明 ※計画されていた商品やサービスがまだリリースされていない
  • 113件は上記に類似したICO失敗

など、約58.8%がICOプロジェクトの失敗に分類されている計算になります。

また残りの40.2%のICO案件・プロジェクトも、事業は継続していてもまだ取引所に上場をしていない案件もあります。

要するに法定通貨・ほかの仮想通貨に換金することが出来ず、ICOトークンをそのまま保有し続けるという事です。

 

よって仮想通貨のICOへの投資は、

  • 不安定である
  • リスクが高い
  • 資産を失う可能性がある

など、取引所に上場すれば確かに大きな利益が得れますが、余剰資金でICOへ参加することをオススメします。

 

そして取引所に上場しているからといって、必ずしも仮想通貨のプロジェクトの開発・サービスが進んでいる訳でもありません。

 

さらにはICOに参加したからといって、必ず値上がりが期待できる事でもないという事を認識しておいてくださいね。

 


 

2018年おすすめ・注目のICO案件

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

2018年も多数のICO案件がスタートしており、

  • 取引所に上場予定のICO案件
  • ビットコイン報酬を受け取れる案件

など、事業内容はそれぞれです。

 

ICOへの投資・投機はくれぐれもホワイトペーパーを熟読し、事業の実現性・可能性を感じれば、余剰資金で参加されることをオススメします。

 

 

(管理者おすすめのICO案件2018|関連記事)

 

ICOプロジェクトに参加すると、一般的にはトークンと呼ばれる仮想通貨がウォレットに配布されますので、

上記の2つのウォレットは多くのユーザーが愛用しているので、ぜひ登録・保有しておいてくださいね。

 

 

 

まとめ|仮想通貨のICOとは?

いかがでしたか?

 

仮想通貨の世界にも、株のような上場システムが存在します。

 

チャンスである反面、投資のリスクには十分にご注意くださいませ。

 

今回は、

  • 仮想通貨ICOとIPOの違いは?
  • ICOの仕組みや参加方法
  • 2018年おすすめのICO案件

などを紹介しました。

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

主に仮想通貨・ICOに関する、

  • ブログでは公開できない内容
  • 裏情報

などを不定期に配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID『@oqm6996w』で検索

質問・相談なども受付しています。

 

Sponsored Link