コインチェックで儲かるは嘘?-仮想通貨が儲かる仕組みを大解剖-

仮想通貨取引に興味はあっても、損はしたくないですよね?

国内大手取引所のコインチェックには初心者向けのコラムなどがあり、正しい知識を得ながら取引ができるようになります。

コインチェックはビットコインをはじめとした、イーサリアム、リップルなどの有名なコインからサンド、パレットといったゲーム関連銘柄まで国内取引所としては最大級の取扱数を誇ります。

この記事で、仮想通貨取引の基礎を学びつつ、コインチェックの仕組みを知って上手に取引所を活用しましょう。

この記事で分かること
  • 仮想通貨が儲かる仕組み
  • コインチェックの活用方法
  • 仮想通貨取引の注意点

目次

コインチェックは本当に儲かる?仮想通貨が儲かると言われる仕組み

コインチェックは本当に儲かる?仮装通貨が儲かると言われる仕組み

仮想通貨で利益を出す方法は売買だけではなく複数あります。

株式や為替の投資と違い、365日24時間取引ができるのが仮想通貨取引の魅力のひとつです。

日中は仕事をしていて夜しか時間がない人や、週末しか時間がない人でも気軽に取引や運用ができます。

自分にあった投資方法や運用方法を見つけましょう。

現物取引

現物取引は仮想通貨取引の基本中の基本です。

現物取引は仮想通貨に限らず、株式投資でも出てくるフレーズですので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

成行もしくは指値で欲しい通貨を法定通貨(日本円やUSドル)もしくは仮想通貨とトレードします。

現物取引ができるようになれば初心者卒業です。

レバレッジ

レバレッジは中級から上級者向けの取引です。

持っている資金の2倍以上の金額で取引して、大きな利益を出すことを目的としていますが、損失も大きくなる可能性があります。

例えば、10万円分のビットコインを2倍でレバレッジ取引した場合は20万円分のビットコインを売買した時の差額が自分の利益、もしくは損失として残ります。

損失が出た際に、実際の資金よりも損失が大きくなりそうなときには、ロスカットと言って強制決済がされますが、ロスカットされたころには、自分の資金が0になっていることを意味します。

場合によっては追証(おいしょう)と言って、価格変動の勢いが早くてロスカットが間に合わずにもともとの資金以上の入金を求められることがあります。

資金を増やすどころか借金を負ってしまう場合がありますので、レバレッジ取引には正しい知識が必要です。

少ない資金で、大きな金額を運用するので、現物取引に慣れてからレバレッジの勉強してから始めてみましょう。

FX取引

FXは中級から上級者向けの取引です。

価格変動の激しい仮想通貨でFXを始めるのは初心者にとってはチャートが気になって他のことが手につかなくなるでしょう。

FXは対象の通貨が上がるか下がるか予想して当たれば差額を利益として得られ、外れたら損失として扱われます。

レバレッジ同様にまずは現物取引を覚えてから、FXに興味があったら勉強して小額から始めてみましょう。

ステーキング報酬

仮想通貨を預けて、同じ通貨もしくは別の通貨の年利を稼ぐ方法で、仮想通貨を預けるだけなので、初心者でも低リスクで運用できます。

日本円を銀行に預ける感覚と同じですが、年利は仮想通貨によっては数パーセント以上になり、銀行よりもはるかに利率が高いです。

ただし仮想通貨は価格の変動が激しいので、預けているうちに価値が激減するなんてこともあり得ます。

仮想通貨を持っているだけなら預けて、通貨が目に見えて増えていく感覚を得るのも仮想通貨の醍醐味です。

マイニング

組織的な取り組みが必要なので、個人で行っている人は稀です。

マイニングとは、仮想通貨の送金の承認作業をする人(マイナー)が報酬として仮想通貨を受け取れる仕組みのことです。

送金作業の承認はプログラムの問題を早く解いたことによって完了し、報酬を受け取れます(PoW方式)。

その仮想通貨をより多くステーキングしている人にマイニングの権利が当たりやすくなる(PoS方式)があります。

ビットコインはPoW方式で、イーサリアムはPoS方式です。

PoW方式は高性能なコンピューターが必要になるので、他の稼ぎ方とは違い莫大な初期費用と経費が必要になります。

高性能なコンピューターをフル稼働させると電気代がかかり、その電気を生み出す発電所から出るものが地球の環境汚染につながるとして、通貨のアップデートでPow方式からPoS方式に変更することがあります。

一方PoS方式はコインを多く持っていることがマイニングの条件なので、高速コンピューターは必要ではありませんが、コインをたくさん保有する必要がある点では、費用が多くかかる場合もあります。

レンディング(貸仮想通貨)

ステーキングと似ていますが、レンディングはビットコインを貸してビットコインの年利を稼ぐといった、同じ通貨を稼げる仕組みです。

初心者でも専門的な知識がなくても運用できます。

レンディングは国内取引所でも提供しているサービスなので、国内取引所だけで仮想通貨を運用したい人向けです。

レンディングは預ける期間が長期間なので、仮想通貨を持っていて売る予定のないものを預けておくことになります。

預けている間に価値が下がったりすることもあるので必ずしも利益が出るとは限りません。

ウォレットに置いておくだけではチャートの変動で価値は上下しますが、レンディングはコインの枚数そのものを増やしてくれます。

チャートをみて売買するのとは違う稼ぎ方になります。

エアドロップ

プレゼント企画や特定の通貨を持っていると仮想通貨がもらえることをエアドロップと言います。

手元の資金がなくても、エアドロップで仮想通貨をゲットして、その通貨が値上がりして売ったら利益を得られる可能性があります。

宝くじ要素があるので、もらった仮想通貨が大きく価格が上がるかは保証されていませんが、無料でもらえるので損はしません。

もともと持っている仮想通貨に対して、違う仮想通貨がもらえたり、エアドロップ企画に当選して何かしらの通貨がもらえるので、エアドロップ企画を目にしたら積極的に参加してみましょう。

ただし、詐欺コインも多く存在しているので、プロジェクト内容(仮想通貨の発行目的)が不明なものやSNSで知らない人から勧められた通貨には手を出さないほうがいいでしょう。

コインチェックで儲かるのはどんな時?-儲かる可能性が高いタイミング‐

コインチェックは本当に儲かる?仮装通貨が儲かると言われる仕組み

仮想通貨で儲かるには、鮮度の高い情報を手に入れる環境を作っておき、あらかじめ仮想通貨を用意しておく必要があります。

仮想通貨の価格は秒単位で大きく変動する目まぐるしいものです。

取引所に日本円を入れておいて、情報に合わせてトレードできる準備しておきましょう。

日ごろから最新の情報を手に入れて、儲けられるチャンスを逃さないようにすることが大切です。

仮想通貨のアップデートがおこなわれたとき

仮想通貨のアップグレードは価格上昇が期待されることが大きいイベントです。

アップデートすることにより仮想通貨の信頼度が増すからです。

イーサリアムのアップデート(マージ)ではマイニングの方法を変更したり、セキュリティ強化することを発表したのでアップデート前に大きく価格が上昇しました。

ハードフォーク(派生通貨の新規発行と配布)の期待もあったため、アップデート前にSNSなどで大きな話題になりました。

仮想通貨のアップデートが発表されたら、アップデート内容を理解して買い増すチャンスです。

頻度が低いのでしっかりと情報を追いたいイベントです。

ポジティブなニュースが流れたとき

仮想通貨の価格が上がるときにはたくさんの原因があります。

その原因は世界経済の金融情勢からその通貨自体のニュースと様々です。

通貨が引所に上場するタイミングには大きな価格上昇が期待できるので上場前に買い増しがされます。

どんなニュースがプラスになるかはSNSなどで情報収集するうちに理解できるようになるでしょう。

取引所のメルマガや公式SNSをチェックするところから始めましょう。

新たな取扱仮想通貨を発表したとき

取引所は取り扱い通貨を審査して上場させています。

取引所が取り扱うということは、その仮想通貨は信頼できる可能性が高いということです。

また上場記念として、仮想通貨がもらえるイベントも開催されることが多いです。

上場することによって認知度が一気に上がるので、価格が上昇しやすいです。

例えば、国内取引所のコインチェックに上場したパレット(PLT)は日本企業のハッシュパレットが発行するゲーム銘柄の仮想通貨ですが、ハッシュパレットの子会社であるハッシュポートは三井住友フィナンシャルグループとの提携が発表されています。

新しい通貨って、よくわからないので手を出しにくいですが、もともとの価格が低い分、急上昇する可能性も含んでいるので、よく調べてみて宝くじ感覚で買ってみるといいでしょう。

半減期がきたとき

ビットコインの半減期の翌年にビットコインの価格が上がるという法則があります。

半減期とは、マイニングの報酬が4年に1回程度の頻度で半分になることをさします。

なぜ半分になるかというのはプログラムで決められており、ビットコインのインフレ抑制のためと言われています。

次回の半減期は2024年と予想されているので、これまでの法則通りであれば2025年にビットコインの価格が上がることになります。

ただし世界的なインフレ率上昇にともない、先の見えない経済状況であることを考えると大きな期待はせずに、余剰資金で安全に運用していきたいところです。

ビットコインの発行上限が決まっているため、半減期がありますが、イーサリアムは発行上限が決まっていないため半減期はありません。

仮想通貨によって違うので、ご自身の持っている通貨の勉強をするとギャンブル性は低くなります。

半減期の翌年の価格上昇だけ狙って今のうちからコツコツと買いためておきましょう。

コインチェックで儲かるために行うこと-覚えておきたい投資のコツ‐

コインチェックで儲かるために行うこと-覚えておきたい投資のコツ‐

仮想通貨取引は自己判断で推し進めずに、コインチェックの初心者向けコラムを読んだり、本などで学んで、しっかりと自分の資金と向き合いながら投資しましょう。

SNSで瞬間的に増える情報は初心者にとっては手に負えないものばかりです。

SNSの情報を鵜呑みにして、大金をつぎ込みすべて失っている人は定期的にいるので、深入りしないで自分の投資スタイルをゆっくりと確立していきましょう。

少額投資から始める

コインチェックでは500円から投資が可能です。

必ず失ってもいい金額で取引しましょう。

仮想通貨の値動きは非常に激しいため、一攫千金を狙って大金を預けてしまうと資産が激減して一発退場となってしまいます。

まずは売買の仕方を覚えてから先に進みましょう。

高値掴みをしない

話題に上っている仮想通貨は一気に価格が上がって、一気に下がります。

初心者が情報を得るころには買い場は終わっています。

初心者は情報に振り回されて、資金を失いがちです。

ビットコインであれば、2021年11月に最高値を更新した後に下落続きです。

最高額を更新したときにSNSは大盛り上がりでした。周りが盛り上がっていると、判断力が弱くなって、流されてしまいますので注意が必要です。

狼狽売りをしない

自分の買った価格よりも下がってしまったら慌てて売ってしまう人が多いです。

損失が拡大してしまって不安になって売ってしまうことが原因です。

そもそも仮想通貨は失ってもいい資金で余裕をもって運用するのが鉄則なので、ビットコインであれば狼狽売りをして損失をだすよりも、少額運用して、経験値を高めていきましょう。

取引高が少ない仮想通貨の売買は避ける

取引高が少ない仮想通貨は、売りたくても売れないことがあるため大変危険です。

買い手がいない仮想通貨を持っていても利益は出せません。

仮想通貨の信頼性が落ちた場合は、急激に売られて、二度と価格が戻ることはありません。

コインチェックの取り扱い通貨は、厳しい審査を受けていますので、ある日突然価値がなくなる可能性は非常に低いです。

複数の取引所を利用する

取引所のアカウントを持つことは大きなメリットになります。

メンテナンス中に売買や送金をしたくても資金が動かせないので、取引所は複数持っていたほうがストレスが少ないです。

またハッキング対策のため分散して資金を持っておくことは、大事な資金を守ることにつながります。

取引所によって取り扱い通貨が違うので仮想通貨取引を続けていると自然と複数取引所のアカウントを持つことになるでしょう。

タイミングによって口座開設キャンペーンが豪華特典つきの取引所もあるので、2個目、3個目と口座を開設するときには特典を重視してみるのもいいでしょう。

コインチェックは他取引所に比べて儲かる?-代表的な取引所との比較表-

コインチェックは他取引所に比べて儲かる?-代表的な取引所との比較表-

コインチェック

Coincheck

GMOコイン

GMOコイン

DMMビットコイン

DMMBitcoin

 

取引銘柄数 19 21 22
取引手数料 取引所:0~0.1%
販売所:無料(※1)
取引所:0~0.09%
販売所:無料(※1)
取販売所:無料
販売所:銘柄によって異なる(※2)
レバレッジ取引 なし あり あり
おすすめポイント
  • マネックスグループ傘下
  • 初心者にもわかりやすい操作画面
  • アプリがシンプルで見やすい
  • ゲーム銘柄の取り扱いが増えてきた
  • 自動積立機能でコツコツ積み立て可能
  • GMOグループ
  • 手数料無料の範囲が広い
  • 中級者以上好みの細かいチャート
  • キャンペーンが多め
  • DMMグループ
  • 手数料無料の範囲が広い
  • 365日サポート体制
  • 初心から上級者までずっと使える

(※1)販売所の取引金額は取引所よりもやや高いくなりますが、売買時に操作が簡単です。

(※2)BitMatchという独自システムを使用

コインチェックでの仮想通貨投資はこの点もおすすめ-儲かる以外のメリット‐

コインチェックでの仮想通貨投資はこの点もおすすめ-儲かる以外のメリット‐

コインチェックは仮想通貨初心者におすすめです。

必要最低限の機能で、複雑さがなくシンプルです。

コインチェックにはレバレッジ取引はありませんが、初心者が安易にレバレッジ取引に挑戦すると資金をあっという間に失いかねません。まずは現物取引の方法をしっかり覚えましょう。

いつでも取引が可能

仮想通貨取引の魅力のひとつは365日24時間取引が可能な点です。

平日や日中に働いていて取引ができない人は、週末や夜に取引ができます。

アプリも駆使したら、いつでもどこでも取引ができるので便利です。

仮想通貨は、まさに忙しい人のための投資方法ですね。

海外への送金・決済が簡単にできる

銀行で送金しようとすると、窓口に行って詳細に送信先の口座情報や送金目的などを申告しないといけないし、1件当たり数千円もかかります。

日本円から外貨に変えてから送金するので、手数料が高くなってしまいます。

しかし仮想通貨は、相手のアドレスさえわかれば少額の手数料で日本国内外送金ができます。

トラベルルールにより、海外の取引所に送れない場合はありますが、個人間のやり取りは問題ありません。

仮想通貨が世界中で使われているのは、このような利便性があるからです。

資産を分散できる

日本人は日本円以外の通貨を持っていない人が多い印象です。

一つの通貨のみを持っているのはリスク分散ができていないということになります。

日本でしか暮らさないからと言っても円安が進むと日本円の価値が下がって輸入品の価格がどんどん上がり生活が苦しくなるかもしれません。

日本円以外の資産として、仮想通貨を持っておくのは投資方法一つとしては検討の余地が十分にあるのではないでしょうか。

コインチェックで仮想通貨投資をする際の注意点

コインチェックで仮想通貨投資をする際の注意点

余剰金を投資する

仮想通貨取引をするときは、失ってもいい資金で仮想通貨取引しましょう。

仮想通貨の損失はともすれば非常に莫大な金額になってしまいます。

身近になってきたとはいえ、ハイリスクな投資であることは変わりません。

老後資金を投資して、0円になった人もいますので一発逆転は狙ってはいけません。

詐欺には要注意

仮想通貨は詐欺のオンパレードです。

どれだけ気を付けていても、新手の手法でだまされてしまうのです。

SNSで知らない人が話しかけてきたら100%詐欺だと思ってブロックしましょう。

「今度日本に旅行に行きたいんですが、おすすめのスポットはありますか?」と気軽に話しかけてきますが詐欺です。

英語で突然メッセージが送られてくることもありますが、これも詐欺です。

公式取引所のふりをした偽アカウントがはびこっています。

仮想通貨関連のサイトは必ずブックマークしておきましょう。

検索して最初に出てきたサイトを信用してログインしてみたら、偽サイトで資金をすべて盗まれたということもよく聞きます。

リスクがあることを理解する

繰り返しになりますが、仮想通貨取引にはおおきなリスクが伴います。

情報を逃してしまい利益を取り損ねることもあります。

市場の過熱に乗って通貨を買ったら高掴みしてしまったということは誰もが通りますが、少額であれば被害が少なくて済みます。

これだけリスクの高さばかりが目立つ仮想通貨ですが、正しい運用をすればリターンが大きいのです。しっかり知識をつけて損をしないための勉強していきましょう

コインチェックで儲かることに関するよくある質問は?

コインチェックで儲かることに関するよくある質問は?

コインチェックにまつわることを調べました。

これから口座開設を検討している人には、実際のユーザーの声などが気になりますよね?

過去のニュースや口コミをまとめたので、安心してコインチェックを利用できることをお伝えします。

コインチェックは危ないって聞いたことがあるけど本当?

現在のコインチェックは危なくありません。

過去に仮想通貨がハッキングにより流出しましたが、その後マネックスグループの傘下に入り、ハッキング事件の教訓を活かし、強固なセキュリティでユーザーの資金を管理しています。

ユーザーの信頼を得ている証拠に、月間取引残高1位になることもあります。

コインチェックの評判は実際どうなの?

Twitterでコインチェックのユーザーの評判を集めてみました。

タイミング的にメタバース関連のつぶやきが多かったです。

コインチェックはNFTマーケットがあるので、仮想通貨取引になれたらNFTの知識もつけると最先端を体験できます。

初心者はコインチェックの口座を開設して仮想通貨デビューして話題のメタバースへの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか

コインチェックはアプリで全て完結する?

コインチェックアプリはチャートの確認、販売所での売買、入出金が可能です。

取引所を利用したい場合はPCからアクセスしましょう。

使用できる機能が限られているので、取引はPC中心にすることをおすすめします。

コインチェックのメンテナンス頻度はどのくらい?

GMOあおぞらネット銀行を利用している人は、コインチェックに日本円入金タイミングに気を付けましょう。

定期メンテナンスで毎月第2土曜の21:50~翌日曜06:00に入金が止まります。

その他臨時のメンテナンスはありますが、都度お知らせが出ますので確認しましょう。

コインチェックの問い合わせ先は?

コインチェックはPCとアプリどちらでも問い合わせができます。

  • PCの場合:トップページ→ページの下→ヘルプセンター/お問い合わせ
  • アプリの場合:ディスカバー→FAQ/お問い合わせ
コインチェック問い合わせ1
画像引用元:コインチェック公式

 

チャット形式で、問い合わせができます。

コインチェック問い合わせ2
画像引用元:コインチェック公式

日本円を入金して、コインチェックの口座に着金が確認できない場合は画像のように問い合わせフォームが別れています。

コインチェック問い合わせ3
画像引用元:コインチェック公式

まとめ:コインチェックは必ず儲かるわけではない-余剰資金で余裕をもって投資しよう-

まとめ:コインチェックは必ず儲かるわけではない-余剰資金で余裕をもって投資しよう-

さて、ここまで仮想通貨の基本の稼ぎ方と、コインチェックの仕組みについて紹介してました。

まとめ
  • 仮想通貨投資は稼ぎ方が複数ある
  • 仮想通貨が価格上昇するタイミングの特徴を知ろう
  • コインチェックは初心者向けの取引所
  • コインチェックは安全に利用できる
  • 仮想通貨取引は注意が必要

コインチェックを使っただけでは確実に儲かるわけではありませんが、レバレッジ取引を省いて初心者に必要な現物取引機能を中心としたサービス提供をしている点では非常に好感が持てます。

またメタバースといった今後伸びていくジャンルのサービスを開始したり、注目度の高い仮想通貨の取り扱いをしているので、今後も多くの人に利用され続ける取引所と言えるでしょう。

【2022年8月】仮想通貨のおすすめ銘柄8選|失敗しないためのコツも伝授

【初心者必見】コインチェックの登録方法-口座開設したい人はチェック-

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。