仮想通貨のレバレッジ取引におすすめな取引所は?-おすすめ6選とレバレッジ取引のメリット‐

 

  • 仮想通貨のレバレッジ取引ってどんなメリットがあるの?
  • 取引所がたくさんあってわからないな…

このように疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

この記事を読めば、レバレッジ取引の基本から、仮想通貨のレバレッジ取引する際のポイントまで理解できます。

最後にはよくある質問にも答えていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • レバレッジ取引ができる仮想通貨取引所
  • レバレッジ取引の基礎知識
  • 仮想通貨のレバレッジ取引をおすすめする理由
  • 仮想通貨でレバレッジをかけるデメリット
  • レバレッジ取引をする際のポイント
  • よくある質問
コインチェック

コインチェック

GMOコイン

GMOコイン

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

bitFlyer

bitFlyer

FTXJapan

LINEBITMAX

取引銘柄数 17種類 22種類 22種類 22種類 18種類 6種類
取引手数料 無料 Maker手数料:-0.01%
Taker手数料:0.05%
BitMatch手数料(※通貨により異なる) 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC) メイカー手数料:0.020%
テイカー手数料:0.070%
無料
レバレッジ取引 2倍 2倍 2倍 2倍 2倍 2倍
おすすめポイント 初心者に優しい セキュリティ面と手数料の安さが魅力 22銘柄でレバレッジ取引可能 国内ナンバーワンの安心感 あらゆる手数料が無料 LINE Payから入金できる

目次

仮想通貨のレバレッジ取引におすすめな取引所6選-それぞれの特徴を比較-

H2見出し1(ビットコイン)

 

仮想通貨の取引におすすめな取引所は、以下の6つです。

レバレッジ取引におすすめな取引所6選

それぞれ説明します。

コインチェック

1つ目のおすすめ取引所は、コインチェックです。

コインチェックは2014年に運営が開始された、国内では老舗の仮想通貨取引所です。

コインチェックの特徴:初心者に優しい

コインチェクは、国内の仮想通貨取引所としてはかなり初期に設立されたこともあり、利用者が多いことで有名です。

取り扱い銘柄数も多く、貸暗号資産サービスという他社ではあまりみられないようなサービスも展開しています。

また、専用アプリが使いやすく、全体的に初心者にも優しい設計がされています。

※コインチェックは、2020年3月を持って、レバレッジ取引ができなくなりました。

GMOコイン

2つ目のおすすめ取引所は、GMOコインです。

GMOコインは、証券会社やFX会社を運営する「GMOインターネットグループ」によって運営されています。

GMOコインの特徴:セキュリティ面と手数料の安さが魅力

GMOコインは、証券会社やFX会社の運営で培ったノウハウがあるため、セキュリティ対策が万全に行われています。

また、取引にかかるあらゆる手数料が無料なので、無駄なコストを支払わずに済むのもメリットです。

レバレッジ取引にも対応しているため、仮想通貨で大きく稼ぎたい方にもおすすめします。

DMM Bitcoin

3つ目のおすすめ取引所は、DMM Bitcoinです。

2016年11月より運営が開始されました。タレントのローラさんのCMでお馴染みです。

DMM Bitcoinの特徴:22銘柄でレバレッジ取引可能

DMM Bitcoinの特徴は、22種類という国内屈指の銘柄数で取引ができる上に、その全てでレバレッジ取引が可能である点です。

22種類扱う取引所は他にもありますが、レバレッジ取引に関しては銘柄を絞っています。

全ての銘柄でレバレッジ取引ができるのは、DMM Bitcoinの大きな特徴です。

またLINEの公式アカウントからも問い合わせが可能で、わからない点があれば気軽に質問できます。

bitFlyer

仮想通貨取引所

4つ目のおすすめ取引所は、bitFlyerです。

bitFlyerは、2014年に株式会社bitFlyerによって設立された仮想通貨取引所です。

ビットコインの取引量が国内一位で、国内屈指の知名度を誇ります。

bitFlyerの特徴:国内ナンバーワンの安心感

bitFlyerの特徴は、取引量が国内ナンバーワンで利用者数も多いため、安心して利用できることです。

扱っている銘柄も22種類と多く、セキュリティ面にも力を入れています。

もちろん、レバレッジ取引にも対応しており、最大2倍までかけられます。

FTX Japan

5つ目のおすすめ取引所は、FTX Japanです。

FTX Japanは、FTXという海外の仮想通貨取引所が、日本向けに設立した取引所です。

海外企業発祥ですが、日本の金融庁の認可も受けています。

また、メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手がアンバサダーを務めていることでも有名です。

FTX Japanの特徴:あらゆる手数料が無料

FTX Japanはあらゆる手数料が無料であることが特徴です。

日本円の入金手数料や仮想通貨の売買が無料で行えるため、気軽に取引できます。

レバレッジは、国内取引所としては最大となる2倍までかけられるのもメリットです。

他にも、STEPNで利用可能なSOLを国内で初めて取り扱い始めて注目を集めました。

LINE BITMAX

仮想通貨取引所

6つ目のおすすめ取引所は、LINE BITMAXです

LINE BITMAXは、メッセージアプリ「LINE」でお馴染み、LINE株式会社のグループ会社運営している取引所です。

会社の設立が比較的最近で、取り扱い銘柄数も少ないですが、これから利用者数が伸びていくことが期待されています。

LINE BITMAXの特徴:LINE Payから入金できる

LINE BITMAXの特徴は、なんといってもLINEとの相性が良いことです。

日本円の入金がLINE Payからできる上、LINEアプリから取引ができるので、わざわざ新たにアプリをダウンロードする必要もありません。

今のところレバレッジ取引には、対応していませんがサービスが開始される可能性もあります。

また、仮想通貨取引所はあまり馴染みのない企業が運営していることが多いですが、LINE BITMAXは初めての方でも安心できるのではないでしょうか。

仮想通貨レバレッジ取引の基礎知識-おすすめ取引所と合わせて知っておきたい-

H2見出し2(株価矢印)

まずは、仮想通貨のレバレッジ取引について基礎を押さえておきましょう。

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、口座に預けた保有資産を「証拠金」として担保にし、証拠金の何倍もの金額を取引することです。

例えば、10万円の証拠金で10倍のレバレッジ取引を行った場合、100万円分の取引ができます。

実際の所有額より多くの金額を取引できるので、リスクは大きいですが上手くいけば大きなリターンを見込めます。

仮想通貨取引における日本国内のレバレッジは最大2倍

仮想通貨取引における日本国内のレバレッジは最大2倍です。

取引に使える金額が50万円しかなくても、最大100万円分の取引ができます。

国内の取引所は2倍を超えるレバレッジ取引ができないよう規制されています。

海外取引所では危険水域のレバレッジ取引ができてしまう

海外の取引所は日本よりも規制が緩いため、より高いレバレッジをかけられます。

中には最大レバレッジが1000倍の取引所があり、たった10万円の証拠金で1億円の取引が可能です。

高いレバレッジは、勝てば大きなリターンを得られるというメリットもありますが、負ければ簡単に生活が破綻するという大きなリスクを伴います。

高すぎるレバレッジは、人生を終わらせる可能性があります。

そのため、「仮想通貨取引のレバレッジは最大2倍」と定められている国内取引所の使用を強くおすすめします。

仮想通貨レバレッジ取引をおすすめする3つの理由

H2見出し3(札束の舞)

仮想通貨レバレッジ取引をおすすめする理由は以下の3つです。

仮想通貨レバレッジ取引をおすすめする3つの理由

一つずつ解説します。

少ない元手で利益を出せる

1つ目のメリットは、少ない元手で利益を得られることです。

例えば、レバレッジなしの取引で100万円分のビットコインを購入する場合、日本円で100万円用意しなければなりません。

しかし、2倍のレバレッジをかけることで、半額の50万円で100万円分のビットコインを購入できます。

実質の購入額は同じなので、利益も同額です。

このようにレバレッジをかけることで、少額からでも大きな利益を得られます。

時間を選ばず取引可能

2つ目のメリットは、時間を選ばず取引できることです。

レバレッジといえば、FXと言われる為替取引を思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、FXは土日や元日に取引できません。

また、株も閉場時間があるため、取引は平日の日中に限られます。

一方、仮想通貨は原則として取引できないタイミングはありません。※取引所のメンテナンス時間は除きます。

そのため、土日しか時間が取れない方深夜に取引を行いたい方もおすすめできます。

24時間365日、自分の好きなタイミングでレバレッジ取引ができるのが、仮想通貨取引の特徴です。

下落していても利益が狙える

3つ目のメリットは、下落しても利益が狙えることです。

通常の現物取引では、価格が上昇することでしか利益が得られません。

しかし、レバレッジ取引では、価格が高い時に仮想通貨を売却しておいて、価格が下がったタイミングで買い戻すことができます。

そのため、下落相場でも利益を得ることが可能です。

仮想通貨は値動きが激しく、価格が上昇する場面もあれば、大きく下落する場面も見られます。

レバレッジ取引では下落場面でも儲けられるので、利益を狙えるチャンスは広がります。

仮想通貨レバレッジ取引のデメリット4つ-おすすめしない原因とは?-

H2見出し4(片目コイン女性)

仮想通貨のレバレッジ取引にもデメリットがあります。

一つずつ解説します。

資金がマイナスになる可能性がある

1つ目のデメリットは、資金がマイナスになる可能性があることです。

レバレッジなしの現物取引ではどれだけ負けようが、借金したお金で投資をしない限り、資金がマイナスになることはありません。

しかし、レバレッジをかけることで、自分の資金以上のお金で取引ができるため、最悪の場合、手元の資金が0になるどころかマイナスになる可能性があります。

最悪の事態を回避するために、取引所側で強制的に決済するロスカットという仕組みもありますが、レバレッジ取引をしている以上、手元の資金がマイナスになる可能性はゼロではありません。

レバレッジ取引には、危ない側面もあることを十分に理解しておきましょう。

損失が膨れ上がりやすい

2つ目のデメリットは、損失が膨れ上がりやすいことです。

レバレッジは現物取引に比べ、勝った時のリターンが大きいですが、負けた時の損失も大きくなります

さらに、仮想通貨は一般的な株や為替に比べても価格変動が大きいため、よりハイリスク・ハイリターンな取引になりやすいです。

勝ったときの利益の大きさと同時に、負けたときの損失の膨れ上がりを忘れてはいけません。

ロスカットのリスクがある

3つ目のデメリットは、ロスカットのリスクがあることです。

ロスカットとは

損失を拡大させないために、取引所側で強制的に決済が行われることです。

損切りがある一定ラインで自動的に行われるイメージです。

ロスカットは、大きな損失をしないよう、投資家を守るために行われます。

しかし、本来得られたかもしれない利益を失うリスクもあるのがロスカットです。

例えば、価格の上昇を見込んで購入したものの、下落してロスカットされるとします。

その後見込み通り、買値より価格が上昇したとしても、すでにロスカットされているのでその取引は損失に終わります。

このようにロスカットにはデメリットもあり、そのリスクを抱えながら取引するのがレバレッジ取引です。

ロスカットが間に合わないケースもある

4つ目のデメリットは、ロスカットが間に合わないケースがあることです。

ロスカットは大きな損失から投資家を守るために存在します。

しかし、相場が急変した場合や取引所のシステムの問題で、ロスカットが間に合わないケースがあります。

ロスカットが間に合わなければ、通常より大きな損害を出す可能性があるためとても危険です。

そのため、「あらかじめ損切りルールを作る」「無理なレバレッジはかけない」など、万が一に備えて投資家自身で対策することが必要になります。

仮装通貨レバレッジ取引をする際のポイント

H2見出し5(タブレットと矢印)

取引ルールを決めておく

1つ目のポイントは、取引ルールを決めておくことです。

レバレッジで取引する際は、損切りするラインや利益を確定するラインを予め決めておきましょう。

よくある取引ルールの作り方を紹介します。

  1. 最初にリスク(損切りするライン)を決める
  2. 買値と損切りラインの幅を1として、それに対してどれだけのリワード(利益を確定するライン)を狙うのか決めます。

この方法なら単純計算で、リスクとリワードが1対1なら勝つ可能性は50%、リスクとリワードが1対2なら勝つ可能性は33%です。

このように、取引ルールを自分で決めておくことで、どれだけのリスクを背負って、どれだけのリターンを得ようとしているのかがはっきりします

レバレッジ取引を安全に行うために、取引ルールは絶対に決めておきましょう。

証拠金維持率を意識する

2つ目のポイントは、証拠金維持率を意識することです。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、強制ロスカットの基準になる数値です。

あまりにも数値が低くなるとロスカットされてしまいます。

証拠金維持率の計算式は、「純資産(有効証拠金)÷必要証拠金×100%」です。

証拠金維持率を意識しないで取引していると、「いつの間にかロスカットにあってしまった!」といったことが起こり得ます。

現状の証拠金維持率が何%なのか、どこまで下がればロスカットされるのか、自分で把握した上で取引を行いましょう。

余剰資金で取引する

3つ目のポイントは、余剰資金で取引することです。

仮想通貨に関わらず、投資は原則として、余剰資金で行ってください。

余剰資金とは、たとえ無くなったとしても、生活には影響のないお金のことです。

生活費や借金で行うと、平静を保てず、感情に振り回された取引に終わってしまいます。

特にレバレッジをかけて大きなリターンを得ようと考えている人こそ、冷静になって自分が使おうと考えているお金が、余剰資金かどうかを確認してください。

しつこいようですが、余剰資金以外での投資は絶対にやめましょう。

情報収集を怠らない

4つ目のポイントは、情報収集を怠らないことです。

仮想通貨取引はギャンブルではありません。あくまで投資です。

しかし、情報収集をせずにレバレッジ取引を行うと、それはただの博打と変わりません

特に仮想通貨はまだまだ発展途上のため、一つの情報で大きく価格が左右されます。(ブロックチェーンのアップデート情報や大物投資家によるSNSでの発言は大きく価格を変動させます)

これらの情報を知った上で、なぜ今の価格になっているのか、今後どうなるのかを予測しながら投資しましょう。

レバレッジ取引をする方は、仮想通貨関連の情報に敏感になって、ぜひ取引に活かしてください。

初心者は現物取引から始める

5つ目のポイントは、初心者は現物取引から始めることです。

現物取引とは

レバレッジをかけない通常の取引のことです。

 

初心者がいきなりリスクの高いレバレッジ取引に手を出すことはおすすめできません。

なぜなら、初心者がレバレッジをかけると、自分のお金が短時間で増減することに精神が耐えられなくなる可能性があるからです。

冷静な思考を失った状態で取引すると、良い結果にはなかなか結びつきません。

また、取引所の使用歴が浅いと、売買に手間取ったり、画面の見方が理解できなかったりする恐れもあります。

そのため、まずは現物取引から始め、仮想通貨取引に慣れてきたらレバレッジをかけてみましょう。

損切りラインを決める

6つ目のポイントは、損切りラインを決めることです。

レバレッジ取引は、現物取引に比べて損失が大きくなるため、予めどのタイミングで損切りするのか決めておきましょう。

どこで損切りするかを決めておかないと、ずるずると損失が膨らみ続けます

また、損切りラインは決めるだけでなく守ることが大切です。

損切りは、自ら負けを確定させる行為なので、実行には勇気が要ります。

目の前のチャートや楽観的思考に惑わされず、鋼の心を持って損切りラインを守りましょう。

仮想通貨レバレッジ取引のおすすめ取引所に関するよくある質問は?

H2見出し7(男性疑問)

仮想通貨レバレッジ取引についてよくある質問をまとめました。

仮想通貨の10倍・100倍レバレッジ取引をする方法は?

仮想通貨で10倍・100倍といった高いレバレッジ取引をするには、海外取引所で口座を開く必要があります。

国内の取引所では、レバレッジは最大2倍までと定められていますが、海外取引所では最大1000倍のレバレッジをかけることが可能です。

ただし、高いレバレッジには、その分大きなリスクがあります。

また、海外取引所は日本語に対応していない業者がある上、詐欺やハッキングにあう可能性も高いと言われています。

そのため、高レバレッジに興味がある方も、まずは国内取引所を利用しましょう。

仮想通貨レバレッジ取引と通常取引を比較すると何が違う?

仮想通貨のレバレッジ取引と通常取引を比較すると、リスクとリターンの大きさに差があります。

特に仮想通貨は価格変動が大きく、通常取引でさえリスクとリターンが大きいと言われるほどです。

そこにレバレッジをかけることで、さらにハイリスク・ハイリターンな取引が可能になります。

仮想通貨レバレッジ取引の具体的なやり方は?

仮想通貨でレバレッジ取引をするには、以下のようなやり方で取引を行なってください。

  1. 国内の仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. 購入する銘柄と損切りラインを決める
  4. レバレッジをかけて仮想通貨を購入する

まずは、レバレッジ取引に対応している仮想通貨取引所の口座を開くところから始めましょう。

一番大切なのは、損切りラインをはっきり決めておくことです。

レバレッジ取引はハイリスクです。何となくで始めないように気をつけてください。

仮想通貨はレバレッジ取引をすると失敗する?

仮想通貨でレバレッジ取引をしたからといって、必ず失敗するわけではありません。

仮想通貨でレバレッジ取引と聞くと、危険性ばかり強調されがちですが、価格の変動を当てることができれば大きな利益を得られます。

「仮想通貨でレバレッジ取引=失敗」と決めつけずに、自分で決めたルールを守って取引しましょう。

まとめ:仮想通貨初心者はレバレッジ取引しない方がおすすめ-現物で慣れてきたら挑戦しよう-

H2見出し8(チャレンジ)

今回の記事では、仮想通貨のレバレッジ取引についてまとめました。

何度も記述しましたが、レバレッジ取引はリスクが大きいです。

そのため、仮想通貨初心者はまず現物取引から始めて、慣れてきたらレバレッジ取引にもチャレンジしてみましょう。

まとめ
  • 仮想通貨レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターン
  • 国内取引所の最大レバレッジは2倍
  • 海外取引所は最大1000倍のレバレッジが掛けられる
  • ロスカットについての知識は必須

仮想通貨のガチホにおすすめ取引所3選-基礎概念や銘柄も紹介-

 

サービスの特徴や評判から判明|coincheckはこんな人におすすめ

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。