初心者におすすめの仮想通貨チャートはどれ?スマホとPCにわけて6つ紹介

本記事では、初心者におすすめの仮想通貨チャートを紹介します。

仮想通貨投資で利益を出すためにはチャートを分析して値動きを判断する必要があります。

チャートとは過去の仮想通貨の値動きをわかりやすくグラフにしたもので、上手く分析することで仮想通貨の値動きの先読みや、価格の暴落のリスクに備えられます。

どこの取引所でも基本的にチャートは使えますが、取引所ごとに性能や使い心地に違いがあるので、自分に合ったチャートを見つけましょう。

初心者は必ずチェック|仮想通貨チャートの選び方

仮想通貨投資で利益を出すためにはチャートを分析して値動きを判断する必要があります。

取引所ごとに性能や使い心地が変わってきます。

実際に仮想通貨の取引しているトレーダーが何に注目しているかを確認してみましょう。

チャートを選ぶポイントは以下の4点です。

それぞれ分かりやすく解説していきます。

テクニカル指標数

チャートの機能性を測る目安となるのが「テクニカル指標」の数の多さです。

テクニカル指標とは、チャートの形状から未来の値動きを予測する分析方法で、仮想通貨トレードの必須機能となります。

仮想通貨のチャートは過去の値動きに影響された動きをすることが多いので、過去を分析することはとても大切です。

テクニカル分析の方法には様々な種類がありますが、テクニカル指標の種類が多ければ多いほど多面的な分析ができます。

仮想通貨のトレードをするためにはチャートの分析をしっかり行うことが大切なので、テクニカル指標の数が多いチャートを提供している仮想通貨取引所を選ぶことが重要です。

スマホアプリではテクニカル指標を確認する機能が搭載されていないことがあるので注意が必要です。

描画ツールの使いやすさ

描画ツールとは仮想通貨チャートに自分で線を書き込める機能です。

自分で線を書き込むことで複雑なチャートを見やすくできます。

描画ツールにも色々な種類があり、種類が多ければその分だけ自由に線を引けます。

描画ツールが使いづらいと、分析が上手くできず機会損失に繋がります。

仮想通貨投資で損をしないためにも描画ツールの使いやすさは重要です。

チャートの見やすさ

チャートを分析することで今後の仮想通貨の値動きを予測できます。

ポイント
  • チャートを操作したときに仮想通貨を注文しやすいか
  • テクニカル指標を表示させるのに手間取らないか
  • 描画ツールを使って線を引きやすいか

以上の3点に注目しましょう。

チャートが見にくいと分析するのに時間がかかってしまい、投資の機会損失に繋がります。

また、見間違えて売買のタイミングを誤ったり、異変に気付けずに損をする可能性もあります。

仮想通貨で利益を出すためにチャートが見やすいことはとても重要です。

アプリの使いやすさ

仮想通貨のチャート分析をスマホで行う場合、アプリでの操作性も重要です。

ポイント
  • 小さい画面でも使いやすいか
  • アプリ自体が重たくないか

    以上の2点に注目して、アプリの使いやすさを確認しましょう。

    仮想通貨は24時間休みなく値動きしているので、外出先でトレードする機会も多いです。

    スマホアプリでチャート分析の手順や取引方法が分かりにくいと利確や損切りが遅れてしまうこともあります。

    仮想通貨取引で損をしないためにもスマホアプリの使いやすさは重要です。

    表示スピードの早さ

    仮想通貨は値動きのスピードが早いので、リアルタイムで表示されるなどのタイムラグが少ない表示スピードであることが大切です。

    表示スピードが遅いと利確や損切のタイミングが遅れたり、異変があった時に気づけません。

    特に短期トレードではスピードが命です。

    トレードをスムーズに行うためにも表示スピードの速さも重要です。

    【スマホ編】初心者におすすめの仮想通貨チャート3選

    まずは最も需要が多いと思われる、初心者の方におすすめのスマホアプリの仮想通貨チャート3選を紹介します。

    外出先でも仮想通貨のトレードをする方はこちらを参考にしてください。

    今回おすすめするチャートの選定基準は以下の4点です。

    特徴 テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄数
    GMOコイン

    取扱全銘柄の

    チャート分析ができる

     

    12

     

    11

     

    22

    bitbank スマホで

    PCレベルの分析ができる

     

    81

     

    70以上

     

    18

    DMM Bitcoin

     

    レバレッジ可能銘柄No.1

     

    9

     

    11

     

    20

    GMOコイン:取扱全銘柄のチャート分析ができる

    特徴 テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄数
    GMOコイン

    取扱全銘柄の

    チャート分析ができる

     

    12

     

    11

     

    22

    GMOコインは取扱銘柄数が国内最大級で、その全ての取扱銘柄でチャート分析と取引が行えます。

    シンプルでわかりやすいノーマルモードと、多彩な機能を備えたトレーダーモードを搭載しているのが特徴的です。

    ノーマルモードは投資初心者向けとなっており、複雑な操作がなく直感的な操作で仮想通貨を購入できます。

    こちらは販売所でのみの取引となります。

    取引に慣れたらいつでもトレーダーモードに切り替えができます。

    トレーダーモードはプロのトレーダーでも満足できる仕様となっています。

    テクニカル指標や描画ツールも高機能で使いやすく、過去から現在の状況をしっかり分析できます。

    こちらは販売所での取引以外に、取引所やレバレッジ取引、FX 取引をする人まで幅広い取引に対応しています。

    FX取引では1タップで注文可能なスピード注文などもあるので、チャートを確認しながら狙ったタイミングで注文できます。

    その際に誤発注を防ぐ簡易ロック機能も搭載しているので安心して取引ができます。

    スマホアプリならではのプッシュ通知にも対応しており、トレードのチャンスに乗り遅れる心配もありません。

    bitbank:スマホでPCレベルのチャート分析が可能

    特徴 テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄数
    bitbank

    スマホで

    PCレベルの分析ができる

     

    81

     

    70以上

     

    18

    bitbankはスマホでPCレベルのチャート分析が行えるという特徴があります。

    テクニカル指標の数は81種類、描画ツールも70種類以上とPC顔負けの高機能チャートを搭載しています。

    分析ツールはTradingViewという全世界のFXや株式といったメジャーな金融取引で採用されているものを搭載しています。

    bitbankで取り扱っている全銘柄に対して、プログラミング機能を使ってテクニカル指標のカスタマイズができたり、多彩なテクニカル指標を使えるので様々な分析のアプローチができます。

    DMM Bitcoin:レバレッジ取引可能銘柄数No.1

    特徴 テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄数
    DMM Bitcoin

     

    レバレッジ可能銘柄No.1

     

    9

     

    11

     

    20

    DMM Bitcoinはレバレッジ取引可能銘柄の数が国内No.1という特徴があります。

    STモードとEXモードという、2つのチャートを使い分けることができ、初心者からプロのトレーダーまで満足できる仕様となっています。

    STモードでは、直感的な操作で注文できるので初心者に人におすすめです。

    EXモードでは、多機能なチャート画面を使ってレバレッジ取引ができ、画面のカスタマイズなども行えます。

    また、ストリーミング注文や指値・逆指値注文など多彩な注文方法も利用できます。

    【PC編】初心者におすすめの仮想通貨チャート3選

    次に初心者の方におすすめのPCの仮想通貨チャート3選を紹介します。

    自宅などでしっかり仮想通貨のトレードをする方はこちらを参考にしてください。

    おすすめするチャートの選定基準は以下の4点です。

    テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄 Mac対応
    GMOコイン  

    81

     

    70以上

     

    5

     

    Coincheck

     

    81

     

    70以上

     

    4

     

    bitFlyer

     

    48

     

    11

     

    5

     

    GMOコイン:レバレッジ取引専用の高機能チャートツールWeb Trader

    テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄 Mac対応
    GMOコイン  

    81

     

    70以上

     

    5

     

    GMOコインでは、Web Traderというレバレッジ取引専用の高機能チャートツールを採用しています。

    ひとつの画面でチャート分析から取引まで完了できるように作られており、画面の切り替えが不要なので素早い取引ができます。

    81種類のテクニカル指標、70種類以上の描画ツール、12種類のローソク足を利用できて、過去から現在までの状況を詳しく分析できます。

    口座を作っていない人でも取引画面を見られるので事前に使い心地を試すこともできます。

    Coincheck:7つのタイプから選択できる高機能チャートツールTrade View

    テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄 Mac対応
    Coincheck

     

    81

     

    70以上

     

    4

     

    CoincheckではTrade Viewという高機能チャートツールを採用しています。

    81種類のテクニカル指標と、70種類以上の描画ツール、6種類のローソク足を利用できます。

    チャートタイプは7種類から選択できるので、自分好みのタイプを選択できます。

    また、チャート分析画面からそのまま取引ができるので、素早い取引も可能です。

    Trade Viewでは4種類の銘柄が取引可能で、取引できないアルトコインもチャート分析には対応しています。

    bitFlyer:自分好みのカラーにカスタマイズできるbitFlyer Lightning

    テクニカル指標数 描画ツール数 取扱銘柄 Mac対応
    bitFlyer

     

    48

     

    11

     

    5

     

    bitFlyerでは、bitFlyer Lightningという自分好みのカラーにカスタマイズできる高機能チャートを採用しています。

    チャート画面は11種類のカラーバリエーションと3種類のタイプから選択できます。

    ツール自体も高機能で、FX取引にも対応しています。

    成行注文や指値注文に加えてストップ注文やストップ・リミット注文、トレーリング・ストップ注文など幅広い注文方法に対応しています。

    初心者におすすめの分析指標|仮想通過チャートの見方を解説

    投資家はチャートを分析することで仮想通貨の未来の価格を予想して売買のタイミングを決めます。

    チャートを分析する際には色々な指標を組み合わせることが重要となります。

    色々な指標を上手く組み合わせることによって、より正確に未来の価格を予想できるからです。

    ここでは、初心者におすすめの分析指標と、仮想通貨チャートの見方を解説します。

     

    ローソク足を活用した分析

    ローソク足とは、その時間帯の対象通貨がどのように値動きしたのかを分析するためのツールです。

    ローソク足を見ることで特定の期間の値動きの結果がひと目でわかるようになっています。

    1本のローソク足に、以下のようなたくさんの情報が表示されています。

    ローソク足の種類
    • 始値(取引成立時の価格)
    • 終値(取引終了時の価格)
    • 最高値(最も高い価格)
    • 最安値(最も安い価格)
    • 陽線(価格の上昇)
    • 陰線(価格の下落)

      このローソク足をうまく分析することで法則的な動きを読みやすくなり、未来の価格を予想しやすくなります。

      支持線と抵抗線を活用した分析

      支持線と抵抗線は過去の値動きを分析するための水平線です。

      支持線(サポートライン)とは価格の最安値を予想した線のことで、チャートに表示された線よりは下落しないだろうという予想です。

      抵抗線(レジスタンスライン)とは価格の上限を予想して引かれる線のことで、チャートに表示された線よりは上昇しないだろうという予想です。

      支持線と抵抗線を分析することで価格の上昇や下落のタイミングを予測できるので、その予測をもとに仮想通貨の売り買いのタイミングを判断できます。

      どちらのラインも突き抜ける(ブレイク)可能性はあるので判断材料の一つとして捉えましょう。

      テクニカル指標(インジケーター)を活用した分析

      テクニカル指標(インジケーター)とは、仮想通貨の売買のタイミングをサポートしてくれるツールです。

      テクニカル指標には大きく分けてトレンド系とオシレーター系の2種類があります。

      トレンド系とは、中長期の比較的長い期間を対象とした相場の傾向を予測するために使われます。

      オシレーター系とは、現時点の価格を分析して短期売買取引の判断基準に使われます。

      テクニカル指標を活用することでチャートが何を示しているのかを把握できるようになります。

      チャートの分析の際には多くの指標を組み合わせることでより正確に分析できます。

      正確に分析することで、仮想通貨の売買のタイミングや異変に気付いた時の行動に対する判断材料にできます。

      おすすめの仮想通貨チャートに関するよくある質問は?

      ここでは、仮想通貨のチャートに関するよくある質問を紹介します。

      同じ初心者の方の悩みを見ることで新しい発見があるので是非参考にしてください。

       

      仮想通貨チャートでの複数表示の概念はなに?

      仮想通貨チャートでの複数表示とは、ひとつの画面で2つ以上のチャートを同時に表示させる機能が搭載されていることです。

      仮想通貨は24時間休みなく価格が変動しているので、常にリアルタイムの動きをチェックできる環境が理想です。

      複数の通貨を取引していると、ひとつのチャートを開いて、また次のチャートを開くという作業をすることになってしまいます。

      そこで、複数のチャートを一気に確認できると、時間のロスと余分な手間を省けて要領よく確認ができるようになります。

      仮想通貨での終値とはなに?

      終値とは期間中最後に成立した価格のことです。

      例えばローソク足を1時間で設定していた場合は1時間ごとの取引の終値を確認できます。

      また、取引所ごとにその日の終値を公表していることもあります。

      取引所によって終値の時間帯は違うので気になる人は確認してみてください。

      終値は長期の動きを読み解く場合の指標として使用されます。

      仮想通貨のチャート分析を勉強するのにおすすめの本はある?

      チャート分析を正確にするためには、仮想通貨の様々な情報に触れることが大切です。

      SNSやWebメディアなどでも情報収集はできますが、間違った情報も多々あります。

      本にある情報というのは、有識者による監修がされているので比較的正確といえるでしょう。

      チャート分析の勉強をするのにおすすめの本は「先物市場のテクニカル分析」です。

      仮想通貨の専門書ではありませんが、テクニカル分析の基礎から応用まで、チャート分析に必要なノウハウが項目ごとに分けて説明されています。

      仮想通貨だけではなく投資を行うすべての人におすすめできます。

      また、チャートというのは人間の心理の表れとも言われるので仮想通貨を理解することも大切です。

      「最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」を読むことでビットコインがいかに高度なセキュリティ技術をもったブロックチェーンという技術で守られた安全な通貨であるかがわかりやすく説明されています。

      初心者の方にはチャート分析と仮想通貨の基礎が学べる以上の2冊をおすすめします。

      まとめ:おすすめの仮想通貨チャートは「GMOコイン」

      初心者の方には、スマホとPCのどちらの環境でも高機能なチャート分析ツールを利用できる取引所がおすすめです。

      仮想通貨は24時間休みなく価格が変動しているので、いつ価格の乱高下が起こるかわかりません。

      例えば、外出中に価格の乱高下が起きているときにチャート分析ができないと手を出すべきかどうかの判断ができません。

      またPCで取引するときにもテクニカル指標や描画ツールの種類が少ないと細かい分析ができません。

      GMOコインでは、スマホでもPCでも豊富なテクニカル指標と描画ツールを搭載しているためしっかりとチャート分析ができます。

      また、取扱い銘柄が国内最大級で各種取引手数料が無料であったり、取引所としてのメリットもたくさんあります。

      初心者の方には、スマホとPCのどちらでもしっかり分析できるGMOコインをおすすめします。

       

      ビットコインの将来は?今後の仮想通貨の実用に向けて企業が参入!

      公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

      LINEで友達募集中

      ※LINE ID検索「@176npczt」

      ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。