本記事では、2024年のビットコインに関する最新情報をまとめています。

 

▽ビットコインの買い方は?

【最新情報2024】ビットコイン関連ニュース!まとめ
【最新情報2024】ビットコイン関連ニュース!まとめ
本記事では、2023年のビットコインに関する最新情報をまとめています。

 

Sponsored Link

 

最新情報|ビットコイン

新しいニュースから時系列でまとめていきます。

 

メルカリでの購入にビットコインが使用可能に|2024年02月15日

メルカリは、商品購入時に利用者が保有しているビットコインを利用できる機能を開始しました。

 

購入時に「ビットコインの使用」をタップするだけで、決済完了することができ、ビットコインの価格は「日本円」で表示されます。

 

昨年開始した、ビットコインの取引サービスから7カ月で、利用ユーザー数は100万人を超えており、これまでのビットコインを売却、メルカリ口座の残高に戻して購入するという利用方法から、よりスムーズな購入が可能となりました。

 

ビットコイン円建てで過去最高値更新|2024年02月15日

ビットコインは5万1000ドル台に復帰したことで、2021年11月以来の時価総額1兆ドルに達しました。

 

また、ドル高円安などの影響で、ビットコインは円建て過去最高値を更新しました。

 

ビットコイン、5万1000ドルに到達|2024年02月14日

ビットコイン(BTC)価格は21年11月の過去最高値(約6万9000ドル)以来の5万1000ドルを突破し、時価総額1兆ドルに達したことがデータで明らかになりました。

 

ビットコイン現物の上場投資信託(ETF)への買いが膨らんでいるほか、、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ期待が上昇の要因と言われています。

 

一部のトレーダーは今後数週間で6万4000ドルの水準に達するのでは?という声も。

 

GMOコイン主催、ビットコイン100万円分を山分けキャンペーン開催|2024年01月22日

暗号資産取引所GMOコインは、ビットコイン(BTC)100万円分を山分けでプレゼントする「トレードアイランド参加記念キャンペーン」の開始を発表しました。

 

GMOフィナンシャルホールディングスが運営するリアルトレード情報プラットフォーム「トレードアイランド」にGMOコインが参加した記念キャンペーンとなっています。

 

詳しいキャンペーン内容はコチラ→https://coin.z.com/jp/news/2024/01/12367/

 

ビットコインETF承認を米SECが公式発表|2024年01月11日

 

米証取委員会は現物型ビットコインETFが各証券取引所に上場し取引されることを可能にするルール変更を承認した。

 

【各証券取引所に承認された銘柄】

ニューヨーク証券取引所

  • グレイスケールビットコイントラスト
  • ビットワイズビットコインETF
  • ハッシュデックスビットコインETF

ナスダック

  • iShares ビットコイントラスト
  • ヴァルキリービットコインファンド

CBOE(シカゴオプション取引所)BZX取引所

  • ARK 21 シェアーズビットコインファンド
  • インヴェスコギャラクシービットコインファンド
  • ヴァンエックビットコイントラスト
  • ウィズダムツリービットコイントラスト
  • フィデリティワイズオリジンビットコインファンド
  • フランクリンビットコインETF

今回の承認により、個人投資家及び金融機関は直接ビットコインを購入したり、自己保管することなくビットコインを原資産とする株式に投資できるようになります。

 

元ブラックロック取締役が仮想通貨ETFの影響を予測|2023年10月5日

 

世界最大手の資産運用企業BlackRockの元マネージング・ディレクターのスティーブン・シェーンフィールド氏は直近のビットコインETFをめぐる動きや、承認された場合のインパクトについてコメントしました。

15年以上ETF分野で働いてきましたが、製品のローンチや承認をめぐるこれほどの期待を見たことはありません。私は現在のビットコイン製品のAUM(運用資産残高)の2倍から3倍になる可能性があると考えています。

2004年にゴールドETFがローンチされたときの統計を使用して推定すると、ビットコインおよびイーサリアムの現物型ETFにそれに近いもの(ゴールドETF)が発生する場合、これらの製品に1500億から2000億の資金が流入する可能性があります。

ARK Invest、21 Shares、G

lobalX、BlackRock、Invesco、Valkyrie、Bitwiseの7社が申請中のSEC(米国証券取引委員会)によるビットコインETFへの承認判断の期限を延期され、有識者によるさまざまな見解が各地で示されています。

スティーブン・シェーンフィールド氏は、承認には3ヶ月から6ヶ月かかると予測しており、この数か月の間に大きなニュースが飛び込んでくる可能性がありますね!

 

米国超党派議員らはSECにビットコインETFの即時承認を要求|2023年9月27日

米国ワシントンDC巡回区控訴裁判所は、グレイスケール社のスポットビットコインETF提案の拒否を再評価するようSECに指示したが、スポットビットコインETFと先物ETFとの間のスタンスが一貫していないことを浮き彫りにしており、超党派の議員連合は、SEC(米国証券取引委員会)のゲーリー・ゲンスラー委員長に対し、ETF(スポットビットコイン上場投資信託)を急ぎ承認するよう求めている。

議員らは、スポットビットコインETFは実質的に先物ETFと同一であり、SECの現在の姿勢は持続不可能であると主張

 スポットビットコインETFは、証券口座を通じて取引するシンプルさにより、仮想通貨の受け入れと理解が促進される可能性があるが、SECはこの件に関して沈黙を保っている。

 

ビットコインETF承認を想定か|2023年9月15日

ビットコイン投資信託「GBTC」のビットコインETFへの転換をめぐる米証券取引委員会(SEC)との裁判で勝訴した仮想通貨資産運用会社グレースケール・インベストメンツのマイケル・ソンネンシャイン氏はCNBCのインタビューで、

「SECは、この市場で勝者と敗者を選ばないようにする絶好の機会だと思います。我々は、ビットコインのスポット商品が複数存在する世界に備えて、長い間準備してきた」

とコメントしています。

 

  • (ブルームバーグ・インテリジェンス、ジェームス・セイファート氏)「多くの資産と取引量はより優れた商品である現物ビットコインETFに集中するだろう」
  • (Hut 8の副社長、スー・エニス氏)機関投資家のポートフォリオにおいて投資割合の2.3%でもビットコインに取り込むことで1 BTC = 10万ドル(約1,460万円)への到達は可能

ビットコインETF承認による市場への影響に引き続き注目が集まっています。

 

市場の低迷が続く中でも半減期では強気に?|2023年9月11日

2024年4月、

ビットコインブロックチェーンの4回目の半減期に、大幅な上昇が始まることが期待されている。

ただ、これまでの半減期だけが強気相場の促進理由ではないと警戒する必要がある。

 

▽ビットコインの半減期とは?

ビットコインとは?半減期(2024年)到来|仮想通貨で人気の理由!
ビットコインとは?半減期(2024年)到来|仮想通貨で人気の理由!
ビットコインは、暗号資産(仮想通貨)の中でも圧倒的な人気を誇る。そもそもビットコインは、どのように始まり、なぜ人気が出たのでしょうか?本記事では、半減期と合わせてビットコインの解説と人気の理由を解説します。

 

  • 主要中央銀行の前年比M2マネーサプライの伸び率の引き上げが上昇トレンドに影響?
  • 半減期後の強気相場は合計M2マネーサプライの伸び率増加、弱気相場は減速により起こった
  • ビットコインは法定通貨の流動性を利用したものではないか?

ほとんどの中央銀行は、インフレを抑制するため急速に利上げを行っており、流動性が再び緩和される可能性は低いと見られています。

 

ビットコインETF申請に対する決定を延期|2023年9月1日

SEC(米証券取引委員会)は8月31日、すべてのビットコイン現物ETF(上場投資信託)の申請に対する決定を10月まで延期した。

ビットコイン現物ETFを申請

ブラックロック(BlackRock)、ウィズダムツリー(WisdomTree)、インベスコ・ギャラクシー(Invesco Galaxy)、ワイズ・オリジン(Wise Origin)、ヴァンエク(VanEck)、ビットワイズ(Bitwise)、ヴァルキリー・デジタル・アセット(Valkyrie Digital Assets)

ビットコイン(BTC)は下落し、日本時間9月1日7時点には2万5980ドル付近。

 

グレイスケールがビットコインETFをめぐる裁判でSECに勝訴|2023年8月30日

連邦控訴裁判所は米証券取引委員会(SEC)に対し、グレイスケール・インベストメンツのグレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)をETFに転換しようとする試みを却下したことを見直すよう命じる判決を下した。

ビットコインは、8月29日の午後に7%以上上昇し、一時2万8000ドルを超えた。(日本時間30日8時時点では、2万7600ドル付近)。

今回の判決を受けて、ビットコイン現物ETFの上場の可能性が大きくなっていると期待されている。

 

ビットコイン、FTX崩壊以来最悪の1週間で11%急落|2023年8月19日

BTCの26,000ドル割れは、FTX崩壊以来最悪の週間下落に。

市場関係者は、資産運用会社グレイスケールとSECとの裁判の判決が出ると考えていた。だが判決が出ると思われていた時間に、何も発表されず下落の要因に。

ビットコイン(BTC)は下落し、日本時間9月1日7時点には、2万5980ドル付近。

「今回の下落にかかわらず、先週は新たな資金流入があった。私たちのような長期投資家は、今回の値動きをビットコインをより多く買い集める機会とみなしている」

AltTab Capitalの投資家リレーション責任者、マイケル・シルバーバーグ(Michael Silberberg)氏

最近の下落は、より長い見通しを持っている投資家にとっては、資金を追加するチャンスか?

 

欧州初のスポット型ビットコインETFがアムステルダムに上場|2023年8月16日

アメリカ証券取引委員会(SEC)に何十件もの申請があったにもかかわらず、今回の上場により、欧州では米国よりも先にビットコインETFがスポット取引されることになる。

ジャコビFTウィルシャー・ビットコインETF(Jacobi FT Wilshere Bitcoin ETF)

ロンドンを拠点とするジャコビ・アセット・マネジメント(Jacobi Asset Management)は、ヨーロッパ初のビットコイン(BTC)のスポット上場投資信託(ETF)をユーロネクスト・アムステルダムに上場

資産運用大手のブラックロックが、市場操作の防止を目的とした「監視共有」協定を盛り込んだ新規申請を相次いで行ったことで、SECがビットコインのスポットETFを承認するのではないかという期待が再燃している。

 

ビットコインスポットETFの承認は、新たな暗号サイクルの原動力となる可能性|2023年8月15日

バーンスタインは、ビットコインのスポットETF市場が大きくなり、2〜3年後にはビットコインの時価総額の10%に達すると予想している。

暗号の上場投資信託(ETF)は、単にスポット市場での需要を生み出すだけでなく、これらの商品の規制当局の承認という市場シグナルが、正当性を求めるリテールやその他の機関投資家のフローに成長のフライホイール効果を生み出す

投資会社のバーンスタイン(Bernstein)

バーンスタインは、新たな暗号資産サイクルの原動力となる新たな資本は、新たなステーブルコインの供給、伝統的資産のトークン化、ネイティブ暗号インフラのトークン化、ETFからもたらされるとしている。

 

ビットコイン、急騰から2万9200ドル台に|2023年8月3日

ビットコインは、前日の上昇分の大半を戻し、2万9200ドル超えで安定。

値動きはほぼ横ばいで、先週からほぼ変動がない狭いレンジ(500ドル幅)に戻った。

ビットコインETF(上場投資信託)やイーサリアムETFが複数申請されていることを含めて最近はニュースが入り乱れており、それが暗号資産市場の変動に影響を及ぼし、さらに大きな価格変動を引き起こす可能性がある

Sei Labsの共同創設者であるジェフ・フェン(Jeff Feng)氏

ブラックロック(Blackrock)によるスポットETFに関する判決が今後出されることやビットコインの半減期が近づいていることで大幅な上昇を予想しているとも。

 

ビットコインETF申請の審査をSECが開始|2023年7月18日

米証券取引委員会(SEC)は、現物(スポット)価格のビットコイン上場投資信託(ETF)申請の審査を開始している。

 

  • (7月13日)ブラックロック(BlackRock)の「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」の申請が受理
  • (7月17日)ヴァルキリーファンド(Valkyrie Funds)の「ヴァルキリービットコインファンド(Valkyrie Bitcoin Fund)」の申請が受理
  • 米証券取引委員会(SEC)は、6件の上場申請を承認するか却下するかについての審査を開始

 

SECが承認するという保証はないが、世界最大の資産運用会社ブラックロックが申請したことから、現物(スポット)価格のビットコイン上場投資信託(ETF)申請が承認される可能性が高まっているとの憶測が拡がっている。

 

暗号資産業界にとって追い風になるか?という分かれ目になりそうですね!

 

ARK Investmentが1200万ドル相当のコインベース株を売却|2023年7月13日

7月11日、アーク・インベストメント(ARK Investment)は、1200万ドル相当のコインベース株を売却した。

  • SECによる提訴を受けて下落したコインベース株を購入
  • SECから証券法違反で訴訟を受けているにもかかわらず株価上昇
  • 6月6日のSECによる提訴以来、株価は72%上昇

コインベースの株価は過去1ヶ月で60%超上昇し、年初からの上昇率は140%以上。

SECより訴訟を受けている中、コインベースの株価が急騰した要因は、現物ビットコインETFを申請した資産運用会社5社との監視共有協定の発表が影響していると考えられる。

そんな最中、キャシー・ウッド氏は、アーク・インベストメント(ARK Investment)が保有していたコインベース株の一部を利益確定した。

 

2024年末までに12万ドルへと上方修正|2023年7月10日

英銀大手のスタンダード・チャータード(Standard Chartered)銀行は7月10日、ビットコイン(BTC)は、2024年末までに12万ドルまで上昇する可能性があるとレポート内で述べている。

 

  • 2023年末までに5万ドル
  • 4月の予測(2024年末までに10万ドル)から2万ドル引き上げ
  • 現在3万ドル付近(年初より約80%上昇)

好調を続けるビットコイン価格は、来年2024年に半減期が到来しさらなる上昇が予想されています。

 

最近、ビットコイン価格上昇のヘッドラインが本当に増えていますよね。

ビットコインとは?半減期(2024年)到来|仮想通貨で人気の理由!
ビットコインとは?半減期(2024年)到来|仮想通貨で人気の理由!
ビットコインは、暗号資産(仮想通貨)の中でも圧倒的な人気を誇る。そもそもビットコインは、どのように始まり、なぜ人気が出たのでしょうか?本記事では、半減期と合わせてビットコインの解説と人気の理由を解説します。

 

    ビットコインETFはSECに承認される可能性が高い|2023年7月4日

    投資会社のバーンスタイン(Bernstein)のアナリスト、ゴータム・チュガニによると米SEC(証券取引委員会)が、現物(スポット)価格のビットコイン上場投資信託(ETF)を承認する可能性が高いと述べた。

    • SECは先物ベースのビットコインETFを承認
    • SECの規制下に取引所がないため、スポット価格の信頼性が低く、操作されやすいのでは?
    • SECが先物ベースのETFを認め、スポットを認めない?

    ビットコインのスポットETFをナスダック市場に上場させる際の「監視共有協定」のパートナーとしてCoinbase(コインベース)を明示し、ブラックロック(BlackRock)らは書類を再提出。

     

    ビットコインのスポットETFを米SECが承認するかどうかは引き続き注目ですね。

     

    米SEC「ビットコインETFの申請は不十分」とコメント|2023年7月1日

    米SEC(証券取引委員会)は、ブラックロックやフィデリティなどが申請した現物(スポット)価格のビットコイン上場投資信託(ETF)について「申請書類が不十分である」と指摘したと報道があった。(Wall Street Journal)

     

    SECは監視共有協定について「どのような暗号資産取引所が関与するか」についての説明が不足していたという理由から、提出書類を返却。

    監視共有協定(Surveillance-Sharing Agreement/SSA)とは

    暗号資産取引所などと協力しながら「市場取引・清算・顧客識別に関する情報」を共有し、市場操作の可能性を下げるための仕組み

     

    • ビットコイン:31,000ドル台から29,500ドルまで急落
    • 米国での現物型ビットコイン(BTC)上場投資信託(ETF)の登場が遅れる可能性
    • 書類の文言を更新し、再度申請を行うことができる

    監視共有協定にどの暗号資産取引所と協力するか?などの情報を追加・再申請することにより、承認が得られる可能性があることから、このニュースをポジティブに捉えている声も聞かれます。

     

    スポットビットコインETF承認の1番手はARKか?|2023年6月29日

     

    投資家キャシー・ウッド氏によって設立されたARKインベストメント・マネージメントが、米国で初の現物(スポット)価格のビットコイン上場投資信託(ETF)発行者になる可能性が高いと複数のアナリストが主張した。

     

    • アークによる申請書の提出がブラックロックよりも先のため、最初に承認される可能性が高い?
    • アーク、ブラックロック、の申請に含まれていた監視共有協定が承認への突破口か?
    • 米国市場にスポットビットコインETFが登場する可能性については賛否両論ある

     

    6月15日のブラックロックのスポットビットコインETF申請から、ウィズダムツリー、インベスコ、ヴァルキリー、フィデリティが追随している中で、今まで申請を1つも承認していない米国証券取引委員会(SEC)の決断に全世界が注目している。

     

    大手資産運用会社フィデリティがビットコインETF申請か?|2023年6月28日

    資産管理会社のフィデリティ・インベストメンツが、ビットコインの現物投資型の上場投資信託(ETF)申請を準備と、暗号資産取引情報Webメディア「ザ・ブロック」が報じた。

     

    早ければ27日にも申請する準備を進めていると報じられたことで27日午前中にビットコイン価格が上昇。

     

    • このニュースを受けてビットコイン価格は3万1000ドルまで上昇
    • フィデリティは2021年に申請したが、2022年に米証券取引委員会(SEC)が却下
    • 広報担当者は「共有できる最新情報はない」と述べている

    世界最大の資産運用会社ブラックロックによるビットコインETF申請後から、申請、再申請が相次ぎ、それに呼応してビットコイン価格は大幅に上昇しています。

     

    申請するのでは?との報による価格上昇、ビットコインETFへの注目度の高さを裏付けるニュースとなっています。

     

    米SECが米国初の「レバレッジ型ビットコイン先物ETF」を承認|2023年6月24日

    米時間23日、米国の投資会社「Volatility Shares」は、申請していたレバレッジ型のビットコイン先物ETF「2x Bitcoin Strategy ETF(BITX)」が米国証券取引委員会(SEC)に承認されたと発表した。

     

    • BITXは現在米国で利用可能な最初のETF
    • 報道を受けて、BTC価格の取引価格は30000ドルを超える
    • 2023年6月27日に取引開始予定

     

    大手金融機関、BlackRock社のBTC現物ETFが米国証券取引委員会(SEC)に承認されるか注目されていた中での、BITX承認のニュース。

    SECの決断への注目度がさらに高まっています。

     

    上場投資信託「ビットコインETF」とは|2023年6月22日

    最大手資産運用会社ブラックロック社が「ビットコインETF(=上場投資信託)」の申請を行いました。

     

    そもそも米国では、過去数年間に渡って複数の企業が「ビットコインETF」をSECに申請してたが、再三に渡り否決されてきた。

    Bloombergによれば、ブラックロックの「ビットコインETF」の提出は、米国での現物ビットコインETFの申請として28件目である。申請企業としてブラックロックは20社目とカウントされている。

    申請を行っただけなので、現在は期待値からのビットコイン買い段階ですが、これが正式に承認されると、過去で言えば2004年頃に「金(ゴールド)」がETF承認された時のように「金(ゴールド)」の需要が高まりました。

     

    今回のビットコインETFは、業界的にはかなりのビッグニュースですが、これまで申請を却下してきたSEC(米国証券取引委員会)がどのような決断を下すのか注目です。

     

    (今年2度目)3万ドル超え|2023年6月21日

    時価総額最大の暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの価格は2023年6月21日に、2023年4月14日以来の高値となる3万800ドルに。

     

    大手金融機関によるビットコインETF申請が相次ぎ、ビットコインの価格が急騰。

    • 世界最大の資産運用会社ブラックロック(BlackRock)のETF申請(運用資産残高10兆ドル)
    • 大手資産運用会社のインベスコ(Invesco)のETF申請(運用資産残高1兆5000億ドル)
    • ETF運用会社ウィズダムツリー(Wisdom Tree)のETF再申請(2022年に米証券取引委員会(SEC)が却下)

       

      ビットコインの供給量が低水準に|2023年6月15日

      ブロックチェーンデータ企業サンティメント(Santiment)によると、暗号資産取引所でのビットコイン供給量が2018年2月以来の最低水準に落ち込んでいることが明らかになった。

       

      • 2020年以降、着実に減少している
      • 過去1週間で6.4%の供給が取引所を離れた
      • トレーダーや投資家が自己管理を優先しての持ち出しか?

         

        Santiment(サンティメント)は、仮想通貨のためのネットワーク分析とデータに基づいた評価サービスを提供している企業です。

        Bitmain社|2023年6月14日

        【詳細はこちら】

        Bitmain社(ビットメイン)のマイニングマシン3モデルが、ビットコインネットワークのコンピューティングパワー(ハッシュレート)の76%を占めている。

        • S19j Pro:34.3%
        • S19:28.1%
        • S19 XP:13.7%

          Bitmain (ビットメイン) は、2013年設立の世界No.1の中国系マイニング企業です。

          ASICという独自マシンを開発し、驚異的なスピードでマイニングを行っています。

          注意事項・免責事項
          本ページは情報提供のみを目的としております。 ご利用時は各自のご判断にて行って下さいませ。 また掲載している情報には細心の注意を払って掲載をしておりますが、正確性および完全性を保証するものではなく、生じた損失には責任を負えませんのでご理解を願います。 ※また予告なしに、掲載情報が変更になる場合も御座います。

          公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

          LINEで友達募集中

          ※LINE ID検索「@176npczt」

          ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。