エイダコイン・カルダノ財団

 

カルダノ財団が運営するADA(エイダ)コインは、2017年ICOセール時には「詐欺・ホワイトペーパーがコピーでは?」など様々な憶測がありました。

 

しかし有名な取引所に次々上場すると、たくさんの「億り人」を世の中に輩出しましたよね。

 

そこで今回は、仮想通貨のADA(エイダ)コイン

  • チャート
  • 最新情報
  • ADAコインとは?
  • カルダノ財団とは?

紹介していきます。

2018/4/16現在の最新情報を追記しています。

 

 

ADAコインのチャート

 

 

ADAコインの最新情報

ADAコインのロゴ

 

ADAコインの最新情報

  1. エチオピア政府と協定
  2. Huobiに上場
  3. 週刊新潮に掲載
  4. 不動産決済に利用スタート
  5. ADA建てのICOプロジェクト始動

以下で詳細を紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

エチオピア政府と協定(2018/5/13)

 

 

仮想通貨のカルダノ(ADA)を開発するCEOと、エチオピアの科学技術省がMOU(基本合意書)との協定を結びました。

 

エチオピアは、

  • アフリカ諸国では最も安定した国
  • 世界の貧困国の一つ
  • 経済成長著しい国

などで知られていますが、政府主導で驚異的なスピードで経済発展を遂げている国です。

また最新の技術・ブロックチェーン技術に関心がある国でもあり、そこで農業分野をさらに活性化させる為にカルダノの技術を使用するようです。

 

これはADAコインの価格が高騰する大きな材料の一つになりそうですね。

 

また同日には、ロードマップの更新を実施しております。

 

 

Huobiに上場(2018/4/17)

Houbi取引所にADAの上場告知

 

ADA(エイダ)コインが中国の三大取引所・Huobi.pro(フォビー・プロ)」に上場しましたね。

2018/4/17/15:00~(日本時間)から、

  • ADA/BTC
  • ADA/ETH
  • ADA/USDT

取引が出来るようになります。

▶公式テレグラム https://t.me/huobiproofficial

 

取引所「Houbi.Pro」は、

  • 日本語対応
  • 取引高世界TOP10入り
  • SBIグループと提携

など日本人にとても馴染みがあり、世界的に有名な取引所なので買いオーダーが進み、ADAコインの価格が上場する要因になりそうですね。

ADAコインは日本の取引所への上場の噂が絶えないですが、まず金融庁の取り扱い可能銘柄(ホワイトリスト)に認定されることが条件ですよね。

 

 

週刊新潮に掲載(2018/3/8)

 

Twitter上でも話題ですが、2018年3月1日発売の週刊新潮の記事に、ADAコインは将来性がある仮想通貨の一つとして、うまく掲載されていましたよね。

 

2018年12月頃までには、「1,000倍~1万倍まで価格が高騰するのでは?」という憶測が出ています。

 

現在(2018/4/17)は1ADA=約30円なので、今後の価格は3万円~30万円程になるかも知れない可能性が秘められていますよね。

 

 

不動産決済に活用(2018/3/2)

東京に本社を構えるJITホールディングス株式会社は、2017年11月頃から日本国内で初めて

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

上記の2銘柄にて不動産決済ができるサービスが始まりました。

 

そして2018/3/2にJITホールディングスは、ADAコイン」で不動産決済ができるサービスがリリースされました。

 

要するに仮想通貨で得た利益を不動産投資に充て、「安定的な投資収益にしていこう。」という考えが読み取れますよね。

 

仮想通貨で不動産決済するメリットは、

  • 送金が365日可能
  • 節税対策にもなる
  • 海外不動産を購入しやすい
  • その場合は、送金手数料が安い

などが挙げられます。

しかし上記を模倣したような不動産投資詐欺案件がありますので、充分にご注意くださいね。

 

 

ADAベースのICOプロジェクト(2018/2/26)

ADA建てのICO案件スペード

 

2018/2/26に海外のプレスリリースを運営するサイトで、ADAのプラットフォーム・カルダノで、2つのICO案件が紹介されていました。

 

ADAをベースにした新しいICO案件は、

上記ともにすでに最終セールまで進みました。

 

要するに世界中の投資家から、ADAコインの買いオーダーが入り、ADAコインの価値・価格が上がる材料の一つになっているという事ですよね。

 

もちろん価格が上昇する要因は、ICOのプラットフォームだけでなく、

  • 専用ATM25台の設置(日本国内)予定
  • 専用デビットカード(ダイタロスウォレット)

など、実用性の高さ・将来性から、2018年に価格がまた高騰するかも知れないコイン銘柄の一つと言われております。

 

 

 

仮想通貨のADA(エイダ)コインとは?

エイダコインのロゴ参考元 https://i1.wp.com/

 

ADAコインは、2017年1月にプレセールが終了し、当時の日本円で1ADA=0.3円程でしたよね。

 

2018年3月現在の価格は、1ADA=32円程度となっており、セール期から100倍ほど成長しています。

 

また、仮想通貨の時価総額ランキングで、今後価格が上がると言われているTOP10入りをしているコインの一つです。

 

現在、ADAを取り扱う取引所は、

国内の取引所ではまだ購入ができません。

 

そして2018年のADAコインは、技術開発が圧倒的なスピードで進み、サービス拡張が噂されています。

 

また、新しい仮想通貨の取引所へ上場するかも知れない話があります。

 

取引所に上場をすると一時的であれ、買いオーダーが入る為、コインの価格は上がる事が一般的ですよね。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑仮想通貨の購入はこちらから↑

 

ADAコインの購入方法は、

  1. ビットフライヤーに「円」で入金
  2. BTCまたはETHを購入
  3. Binance(バイナンス)へ送金
  4. Binance(バイナンス)にてADAを購入

上記の流れがおすすめです。

 

 

ADA(エイダ)コインの内容

参照元 URL currency.tokyo

 

ADA(エイダ)コインとは、ブロックチェーンとP2Pという技術を使って開発された仮想通貨です。

 

スマートコントラクトの機能を持ち、カルダノが発行をしています。

 

 

ADA(エイダ)の由来とは?

コインの名称であるADA(エイダ)とは、19世紀のイギリスの貴族であった「エイダ・ラブレス」の名前が由来になっています。

 

エイダは人類史上初のプログラマーで、「プログラムの母」と称えられています。

 

 

ADA(エイダ)の目的は?

ADAコインは、カルダノというゲームのプラットフォームを主軸にする、

  • オンラインゲーム
  • オンラインカジノ

などの通貨で採用されています。

 

現在、世の中に出回っている

  • オンラインゲーム
  • オンラインカジノ

実はユーザーが負けるように、不正プログラミングがされているという事実がありますよね。

 

そこでフェアで不正のないゲームのプラットフォームを提供するのが、そのカルダノなのです。

 

 

ADA(エイダ)の開発者は?

ADA(エイダ)コインの開発者は、「チャールズ・ホスキンソン」です。

 

ビットコインに次ぐ時価総額のコイン、「イーサリアムの生みの親」と言われ、その他にもビットシェアーズといった、複数の暗号通貨の開発に関わっています。

 

数々のプロジェクトを成功させている、仮想通貨の第一人者でもあります。

 

ADAコインは、天才数学者でもある、チャールズ・ホスキンソンの人生最大規模のプロジェクトと言っても過言ではありません。

 

このチャールズ・ホスキンソンが、関わっているというだけでも、ADAコインは世界で注目を集めていますよね。

 

Sponsored Link

 

 

ADA(エイダ)コインのカルダノとは?

参照元URL blogtag.ameba.jp

 

ADA(エイダ)コインが人気の理由は、開発者がキーマンという事ですよね。

 

それでは続いては、ADA(エイダ)コインの発行元である、カルダノについて紹介していきます。

 

 

カルダノの優位性とは?

カルダノは、新しい試みで仮想通貨を主軸としたゲームのプラットフォームです。

 

仮想通貨の仕組みと、同様のプログラムを用いることによって、通常のオンラインカジノと違い、不正を防止する事が可能となります。

 

具体的には、

  • オラクル
  • スマートコントラクト

など、仮想通貨の利点を活かし、不正が横行するオンラインカジノ業界で、安心・安全・公平なゲームを提供します。

 

例えば、あるオンラインカジノでは、30万円の購入金額だけで、100万円分遊ぶ為のポイントを購入する事ができる場合があります。

 

そしてそのポイントを転売し、「利益を出してポイントを増やしていく」という方法があります。

 

 

カルダノのサービス内容➀

通常のオンラインカジノでは、ユーザーが負けるようなプログラムの仕組みになっている事があります。

 

また不正がどのように実施されているか、実際の所、ユーザーには分からないですよね。

 

世界にはリアルマネーを賭ける、オンラインカジノがありますが、そのカジノが不正をしているかどうかも本当のところは分からないですよね。

 

カルダノでは、オンラインカジノ特有、「プログラムによって不正がされていない」という証明をする事が出来ます。

 

例えばカルダノが提供するカードゲームの場合、シャッフルや配布をする際に、同じサーバーからのデータではなく、ランダムに振り分けられた、サーバーからのデータがカジノで使われます。

 

これは完全なるランダム性を証明している事になりますよね。

 

 

カルダノのサービス内容②

次世代の仮想通貨のゲームプラットフォームのカルダノでは、誰でもハウス(胴元)になることが可能です。

 

たとえば、会社のイベントなどでじゃんけん大会を実施する場合、誰がハウス(取り仕切り役)になっても良く、仕切り役を交代しながら、ゲーム大会を行うことが可能ですよね。

 

それと同じく、

  • オラクル
  • スマートコントラクト

といったシステムを利用することで誰もが不正のない安全なオンラインゲームを提供できるという事です。

 

ゲームの開発にはSDKが公開される為、技術者は誰でもゲームを開発できます。

 

そしてカルダノのゲームは、日本の法令上でも適法であると、弁護士団体にも既に認められています。

 

また運営者は、オラクルを通して行われることで、完全に公平である事が担保されます。

 

さらに、仮想通貨のシステムを使用する為、残高の金額を必ず出金する事ができます。

 

 

カルダノのサービス内容まとめ

要するにカルダノとは、

  • ゲームのオーナーになれる
  • ゲームの作成はSDKを使用する

など、ADA(エイダ)コインを保有する人が自分のルールを作成し、他のプレーヤーのハウスを務める事ができる仕組みを提供できます。

 

またユーザーは、オンラインゲームをプレイしているだけで、ADA(エイダ)コインの価格変動による、キャピタルゲインを得る事もできます。

 

 

(仮想通貨の関連記事)

 

 

あとがき|ADA(エイダ)コイン

いかがでしたでしょうか?

 

今後、仮想通貨業界の中でも注目を集めていくに値するADAコインは、近い将来楽しみな通貨の一つですよね。

 

すでにADAコインでは、「億り人」と呼ばれる方々が、多数誕生している有望コインです。

 

今回は、

仮想通貨のADA(エイダ)コインと、

カルダノについて紹介しました。

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

上記をクリック↑↑

 

LINE@の友だちには、

  • 最新の情報
  • ブログでは公開できない裏情報

なども配信致します。

 

このLINE@だけの

  • サービス
  • キャンペーン

なども実施しているので、

是非、登録をしておいて下さいね。

 

LINE@への友達申請方法は、

  1. クリックしてQRコードを読み取る
  2. LINE  ID(@oqm6996w)で検索

など、質問・相談もお待ちしております。

 

Sponsored Link