匂いのNFT

本記事では、【世界初】の香りNFTサービスを公開しているスメルトークンについて解説します。

 

本記事のポイント>
  1. 世界初の匂いNFTであること
  2. メタバース空間×【嗅覚】のコラボが出来る事
  3. 嗅覚は次世代のマーケティング手法である事
  4. (2023年春)専用アプリ・NFT売買プラットフォームが公開

 

Sponsored Link

 

第一弾のNFT匂いコンテンツは、元セクシー女優で現在タレントやモデルなどマルチに活躍されている『明日花キララ』さんの香りNFTが1万枚限定で公開されました。

※参考URL:https://www.avalanchtechitsolutions.com/asukakirara

 

また2023年1月には、浜崎あゆみさん・倖田來未さん・乃木坂46など著名のアーティストに楽曲制作を行う『松田純一』氏を著作権管理の専門家として匂いNFT事業のプロデューサーに就任しました。

 

<公式情報>

 

 

進捗情報

匂いのNFT

<進捗情報>

【エイベックスとヒーリング音楽×匂いのエンタメを創出:2023年5月8日】

※参考元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000102146.html

香りをデジタル化するHorizon株式会社(以下「ホライズン」、代表取締役:蔡念佐)は、エイベックスにおいて、主に音楽事業を担うグループ会社のエイベックス・エンタテインメント株式会社とのコラボレーションにより、ヒーリング音楽×香りによる革新的なエンターテイメントを実現します。

ホライズンとエイベックスは、お互いのノウハウ・リソースを掛け合わせ、音楽と香りを組み合わせた全く新しいエンターテイメント「Lis’mell」(リスメル)を創出します。

匿名アーティストプロジェクトであるLis’mellは、「Listen」と「Smell」の2つの要素を融合した革新的なエンターテイメントです。

Lis’mellでは、ヒーリングミュージックを通じて、「Listen」で聴覚からリスナーの癒しを目指します。そして、最も斬新な要素である「Smell」により、香りを活用した演出を実現。音楽を聴くだけでなく、香りで感情を揺さぶり、五感を刺激する新感覚のエンターテイメントを目指します。

Lis’mellは音楽業界に革新をもたらし、アーティストとファンが共に新たな世界を体験できるプロジェクトです。エイベックスとホライズンが創り出すLis’mellにぜひご期待ください。

【MEXC取引所に上場:2023年5月8日】

スメルトークンがMEXCに上場!

※参考元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000114057.html

香りNFTマーケットプレイス「Smell Market」プラットフォームで使用される暗号資産「Smell Token」(ティッカーコード「SML」)が、暗号資産取引所『MEXC Global』へ2023年5月9日(火)11:00(UTC)に上場することをお知らせいたします。

 

<MEXC GlobalでのSML上場時間>

  • 協定世界時(UTC):2023年5月9日(火)11:00
  • 日本時間(JST):2023年5月9日(火) 20:00
  • ティッカーコード:SML
  • 通貨ペア:USDT

 

▼口座開設ガイド

MEXC(旧MXC)の口座開設方法|仮想通貨の取引所!取引ランキング上位!
MEXC(旧MXC)の口座開設方法|仮想通貨の取引所!取引ランキング上位!
本記事では、海外の仮想通貨取引所であるMEXC(旧MXC)取引所の口座開設方法について図解します。

 

▼エアドロップのキャンペーンが開催。

【初上場より15倍:2023年4月7日現在】

  • 上場時:約0.002ドル
  • (23/4/7現在)約0.03ドル

上場後より約15倍となっております。

【上場初日:2023年4月3日】

暗号資産「Smell Token」がUniswap上場初日に総取引高1億円を突破。

 

上場後より価格は上昇しております。

(23年4月5日現在)まだ募集価格である0.02ドルには到達していない状況です。

【初上場:2023年4月2日】

スメルトークン上場

https://www.defined.fi/eth/0xaac24204b6b9ec18b17fc8a2743136e6ac22dd87?quoteToken=token0&cache=81b18

 

分散型取引所の「Defined」に初上場しました。

募集価格は0.02ドルで販売しておりましたので、セール割れしている状況です。

今後さらに大手取引所を含めて上場をするとの事です。

【実業家グラドルのヴァネッサ・パン氏がアンバサダーに就任:2023年1月9日】

<ヴァネッサ・パン氏について>

ヴァネッサ・パン氏は、これまで数々のブロックチェーンプロジェクトに携わり、中でもコスプレトークンは大成功を収めたプロジェクトの一つでした。

ブロックチェーン専門誌、月刊暗号資産にて「NFTの未来」について独占インタビューをされた実績もある、この業界の第一人者でもあります。

自身でも会社を経営しており経営者としての手腕も兼ね備えながらグラビアアイドルの顔を持つ起業家グラドルとして活躍するマルチなインフルエンサーです。

ヴァネッサ・パン氏のWikipedia

【音楽プロデューサーの松田純一氏がアンバサダーに就任:2023年1月4日】

著作権管理の専門家として参画されています。

 

<松田純一氏について>

松田氏はこれまで、

  • 浜崎あゆみ
  • 倖田來未
  • 乃木坂46
  • SUPER☆GiRLS

といった数々のアーティストの楽曲制作にたずさわり、映画『着信アリ』内で流れる着信音『死の着信メロディ』の楽曲などを作曲した、日本を代表する音楽プロデューサーの一人です。

松田氏のWikipedia

【世界初の匂いNFTは明日花キララ!1万枚限定で先行予約販売:2022年12月31日】

 

<明日花キララさんをタレント第一弾として抜擢>

明日花キララさんは、SNS総フォロワー数400万人以上を誇り、幅広い層から絶大な人気がある日本を代表するインフルエンサーの一人です。

本プロジェクトのは、幅広い層の方々にデジタル化された匂いを楽しんで頂きたいという想いと、明日花キララさんのエレガントで可愛いイメージがマッチしていると考えご依頼をさせて頂きました。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000102146.html

 

購入ページは以下

https://www.avalanchtechitsolutions.com/asukakirara

※明日花キララ氏の実際の匂いではなく、本人をイメージしたフレグランス(香り)となりますのでご注意くださいませ。

 

ご本人のSNSアカウント

 

 

匂いのNFTとは?

人にはご存知の通り、

  1. 視覚
  2. 聴覚
  3. 味覚
  4. 嗅覚
  5. 触覚

上記の五感が備わっています。

 

そして近年のデジタル化に伴い、おもに人の視覚や聴覚を通して楽しむためのサービスが中心となっています。

(特にネットやゲームの世界など)

 

しかし同時に、触覚、味覚や嗅覚を通してサービス提供を行う研究活動も進んでいます。

 

その中でも嗅覚である『匂い・香り』は、私たちが過ごす日常生活の感情の75%に影響を与えているとも言われています。

 

皆さんも食事の時間帯に街の中を歩いていて、飲食店から漂ってくる『美味しそうな匂い』につられてその店舗に入った事がある記憶はありませんか?

 

それだけ匂い(嗅覚)というのは、意思決定において視覚と合わせてとても重要な感覚だとされています。

 

また科学的な裏付けとして、

  • 米国嗅覚研究所の調査より:「香りによる独自の“ロゴ”を用いたブランドは記憶される確率が65%、香りのないブランドは3カ月以内に忘れられてしまう確率が50%」
  • 週刊ダイヤモンド「香り・色・音の心理学」より:ある種類のエッセンシャルオイルの香りをフロアに漂わせると、カジノの収入が48%も向上した」
  • ブラウン大学の神経学者レイチェル・エルツ博士の研究より:「匂いによって想起される記憶は他の感覚器からの刺激に比べ、より情動的な反応を引き起こす」

など、企業やブランドショップが自社のブランドをイメージした香り・匂いによるマーケティング活動は積極的に取り入れられています。

 

NFTとは?

NFTの特徴や仕組みは?【初心者向け】将来性や注意点も解説!

 

 

Sponsored Link

 

匂いの魅力とは?

匂いのNFT

そして今回デジタル化の進化に伴い、匂い・香りをNFT化することでブランディング戦略を進めていく一端になるのではないか?とされています。

 

例えば、

ゲームは新しい臨場感に。ゾンビの匂いがしたらすぐに逃げろ

現代のゲーム機器は高性能機器の誕生で、表現できるポリゴンの数・音の数が増え、臨場感が格段に向上しています。ゲームに匂いの要素が加わるとさらなる発展を遂げると確信しています。

レーシングゲームで車が高速で走り、森の中を駆け抜ける時の森林の香り。 土煙の香り、急ハンドルを切ったときのタイヤが焦げる匂い、このような匂いがもしプレイ中に再現されればより臨場感がわくはずです。

戦車やガソリンスタンドが爆発する戦争ゲームでは、VFXの表現や爆発音によって臨場感を再現していますが、もし火薬の匂いやガソリンの匂いが再現できるとしたら、より興奮が増すことでしょう。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000102146.html

 

また企業の広告方法も進化していくと考えられます。

例えば、駅の広告などで『ケンタッキーフライドチキン』の美味しそうな画像を見たとします。(視覚へのマーケティング)

 

そこに画像だけではなく、チキンの香ばしい匂いがしてくると。。。

 

多くの人にチキンの美味しい匂いを感じ取ってもらうことで新たな集客に繋がる可能性が生まれます。

 

またこの現代の大量消費社会において、人々に購買という行動を促すために、企業は莫大な広告予算枠を確保しています。

大手企業はTVCMを制作し、広告を作り上げています。

また週末のニュース番組で、なぜ行楽地の話題が取り上げられるかご存知でしょうか??

それは金曜日にそのニュースを見た人が週末にその行楽地へ訪れる確率を高める為だと言われています。

人の 行動心理 は非常にシンプルで、 直前に得られた情報で物事の決断を下しています。

これからは匂いのする広告の価値・ニーズが高まる時代になるかも知れません。。。

 

 

メタバースの世界にも?

多くの方が『メタバース』という単語を聞いたことがあると思います。

メタバースとは、コンピュータの中に構築された3次元の仮想空間やそのサービスを指す。日本にあっては主にバーチャル空間の一種で、企業および2021年以降に参入した商業空間をそう呼んでいる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki

現在はゲームの世界で実装が始まっていますが、この【メタバースの世界(視覚)×匂い(嗅覚)】が連動する事で、より価値の高いエンターテイメントが提供される時代が到来するかも知れません。

 

 

運営会社は?

匂いのNFT

Horizon株式会社とAvalanch Tech IT Solutionsは「NFT技術」と「匂いのデジタル化」を融合させた新しいコンテンツの販売を進めることを発表しています。

 

Digital Smell Patentシステムの開発及び運営、日本デジタル匂い著作保護協会の運営

<会社概要>
  • 社名:Horizon株式会社
  • 代表者名:蔡念佐
  • 本社:東京都港区新橋6-19-13
  • 設立:2022年02月
  • 資本金1,000万円
  • 業種:情報通信電話番号03-6823-3556
  • URL:https://horizon.inc/

 

▼匂い付きNFTの販売マーケットプレイス『Smell Mafia』の運営及びNFTの発行

<会社概要>

 

<プロジェクトの背景>

好きな時に、好きな香りをインターネットからダウンロードして楽しむことができたら。

集中したい時、リラックスしたい時など、気分をに応じてお部屋の香りを切替えられるとしたら。

ホライズンは、香りを楽しむシーンとインターネットを融合させることで、香りのDXを推進し、皆さんの生活をより豊かにしていきたいと考えています。

子どもの頃、TVから匂いがしたらいいのにな。皆さん、一度は考えたことありませんか?ホライズンはこれを実現しようとしています。

 

Horizon株式会社は、『匂いのコンテンツ化・デジタル化・著作権管理』の3つの柱をベースに事業展開をしていきます。

 

まずは匂いをコンテンツ化していきます。

匂いのNFT

 

そしてそのコンテンツ化はプラットフォームで管理(利用・売買など)されていきます。

匂いのNFT

※Smell Mafiaというマーケットプレイスを公開

音楽のストリーミング再生では『iTunes』を利用しておりますが、Smell Mafiaは【匂い版iTunes】を目指してサービス提供を進めていきます。

 

利用ユーザーは、スマホアプリとディフューザーを利用することで匂いを体感することが可能となります。

匂いのNFT

そしてプラットフォーム内での決済には独自通貨である『スメルトークン』を利用します。

 

匂いのNFT

 

 

将来性・今後の計画

(2023年2月現在)

フェーズ1〜DSF規格、SMELL MAFIAプラットフォームの開発〜

▼2023年2月

  • SMELL MAFIAチェーンメインネットリリース
  • SMELL MAFIAマーケットプレイスβ公開(中央集権型)
  • DSF規格公開
  • 第一弾DSF販売
  • ATODASHIとの接続を開始

 

2023年4月

  • スメルトークンのIDOを実施

 

2023年8月

  • SMELL MAFIAコンソーシアムテストネット

 

フェーズ2〜コンソーシアムプラットフォームへ移行〜

2024年4月〜

  • DSF発行企業がコンソーシアムにノードとして参加

 

フェーズ3〜DSF発行権の自由化〜

2025年〜

  • DSFの発行権を個人に開放
  • 全ての人がにおいのデジタル化が可能

 

用語集

【DFSとは?|Digital Smell Format】

においを数値化した世界スタンダード規格コードDSF(Digital Smell Format)を発行、管理します。

DSFは匂いを再生できる各種噴霧装置や各種電子機器に対して、作動させる「カートリッジ番号」「秒数」「強さ」などのプログラムが記録されており、匂いをコントロールします。

【SMELL MAFIAとは?】

匂いのNFT

SMELL MAFIAプラットフォームは、

  • NFT登録管理
  • NFTマーケットプレイス
  • 匂い再生履歴管理の機能

上記から構成され、WEB3.0の要素であるNFTとDAOの仕組みが組み込まれています。

【IDOとは?】

2021年から盛んに開催されている資金調達手法です。

IDOとは、

  • 「Initial DEX Offering」の略称
  • DEX(分散型取引所)で暗号資産を発行して資金調達を行う
【ATODASHIとは?】

ATODASHIとは、月額課金のサブスクリプション型サービスです。

 

ユーザーは、価格上昇が見込まれる匂いNFTを時価で取り置きをすることができます。

 

一般的に取り置きをした段階で匂いNFTの代金の支払いが必要ですが、ATODASHIではその必要はありません。無料で取り置きが可能です。

 

ユーザーは価格が上昇した際に「決済」を行なえば、上昇分の差益を手に入れられます。

 

一方で価格が下降した際に無料でキャンセルが行えます。

 

SMELL MAFIAに掲載される全ての匂いNFTは、ATODASHIにも出品されます。

 

Sponsored Link

 

スメルトークンとは?

スメルトークンとは?

匂いのNFTが次々とリリースされる予定ですが、スメルトークンはNFTを購入する際に利用するトークンとなります。

 

つまり本サービスの基軸通貨となります。

<トークン概要>
  • 名称:Smell Token(スメルトークン)
  • シンボル:SML
  • 規格:ERC20
  • 発行枚数:120億枚
  • 販売上限枚数:72億枚
【トークン情報】
  • コントラクトアドレス:0xa9Cc3AA847dfe26d9F4ae1B8AEb50368A840a663
  • トークンシンボル:SML
  • TokenDecimal(ケタ数):8
【トークン保有者分布】

  • (70%)投資家保有:IDOにて販売された全量はロックアップなく市場で流通します。
  • (16%)チーム保有:SMELL MAFIAプラットフォームを運営するメンバーに対するインセンティブに使用されます。
  • (3%)キャンペーン予算:SMELL MAFIAプラットフォームの利用活性化の為、定期的に各種キャンペーンを開催しアイテムを購入したユーザーへのインセンティブとして使用されます。
  • (11%)パートナー報酬:コンテンツホルダー及びユーザーのSMELL MAFIAへの参加を促進し、事業拡張を行うインセンティブとして使用されます。

 

プロジェクトチームが考えるスメルトークンの価格・価値上昇に向けた内容は以下となります。

スメルトークン

<内容>
  1. 会員制度(特典)
  2. ステーキング
  3. 手数料割引
  4. 利益還元

     

    スメルトークンを保有する事で、ユーザーメリットを受ける事が可能となります。

     

    例えば、

    1. ステーキング(定期預金のようなサービス)による利息を得る事
    2. スメルトークン支払いでNFT購入時に割引率が適用

    など、またプロジェクトの利益の一部をスメルトークンの買い上げを行いバーン(=消却)を行うことで相対的にトークン価値を高める戦略を考えています。

    ※トークン買い上げ・バーンは、流通枚数が80憶枚に達成するまで実行

     

     

    価格上昇に向けたマーケティング(追加資料)

    ※2023年1月9日にアンバサダーに就任した実業家グラドルのヴァネッサ・パン氏のNFTカード

    NFT匂いカードは2タイプ用意されています。

    <種類>
    1. COMMONカード:香りデータを楽しむNFT
    2. OWNERカード:COMMONカード売上の報酬を受け取る権利NFT
    項目COMMONOWNER
    匂いデータ含まれる含まれない
    転売可能可能
    発行上限各ユニット2万枚各ユニット1万枚
    匂いの再生回数50回なし
    報酬(1次流通)70%0%
    報酬(2次流通)1%2%

    そしてこのNFTカードを売買することで利益を生むプラットフォームが『ATODASHI(後出し)』となります。

     

    ■ATODASHI

    <特徴>
    • 月額課金制(サブスク)
    • NFTカードを時価で注文可能(支払い不要
    • 全ての匂いNFTがATODASHIに出品

     

    つまりユーザーは、価格が上がるであろうNFTカードを事前に注文しておくことで、

    1. 価格が上がれば利益を得る事が可能
    2. 価格が下落すれば注文をキャンセルすることが可能

    という事です。※事前に注文できる枚数には制限あり

     

    何を言っているのか?日本語がおかしいと感じる方も居ると思いますが、、、

    ATODASHIのメイン収益源は『月額課金制(サブスク)』のため、ユーザーの売買による手数料では有りません。

     

    その為、ユーザーは確実に利益を得る事が出来る為、プラットフォーム名の由来にもなっている『後出し(ATODASDHI)』となります。

     

     

     

    あとがき

    匂いのNFT

    いかがでしたか?

     

    NFTは国家戦略の一つとして、さらに国内外問わず大手企業が参入してきている次世代のテクノロジー分野となります。

     

    しかしまだまだ未知数・未開発の事業分野の為、現実形となって多くの人の目につくまでには時間を要すると考えています。

     

    このスメルトークン事業も同様に、事業投資というより投機商品として捉えて、余剰資金の一部で購入してみるぐらいの認識で参画される事をオススメ致します。

     

    <公式情報>

     

     

    NFT関連記事

    NFTの特徴や仕組みは?【初心者向け】将来性や注意点も解説!

     

    イーサリアムが稼げるおすすめゲーム10選|NFTゲームが激アツ?!

     

     

     

    注意事項・免責事項
    本ページは情報提供のみを目的としております。 ご利用時は各自のご判断にて行って下さいませ。 また掲載している情報には細心の注意を払って掲載をしておりますが、正確性および完全性を保証するものではなく、生じた損失には責任を負えませんのでご理解を願います。 ※また予告なしに、掲載情報が変更になる場合も御座います。

    公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

    LINEで友達募集中

    ※LINE ID検索「@176npczt」

    ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。