2018年も、ICOコインで業界は持ちきりですが、ようやくPAIコインの全貌が明らかになってきましたね!

ホワイトペーパーがありますので、最新情報も交えて特集していきます。

 

それでは今回は、2018年爆上げ必至の大注目ICOトークンの、

  • 最新情報のお知らせ
  • PAI(パイ)コインのプロジェクト内容

紹介していきます。

 

2018/3/25現在の情報を追記しました。

 

Sponsored Link

 

PAI(パイ)コインの最新情報!(2018/3/25)

PAI(パイ)コインのプロジェクトは、事前にアナウンスしていた時期よりプロジェクトが遅れているそうで、

  • 2018年4月:ウォレット配布
  • 2018年4月:上場先の発表
  • 2018年4~5月:トークン配布
  • 2018年5月頃:取引所に上場予定
  • 2018年 7〜8月:ビットフライヤー上場予定

などの進捗状況が入ってきました。

 

PAI(パイ)コインの上場先は、Bittrex(アメリカ最大手)の取引所と噂されており、その他、海外の大手取引所とも複数交渉を進めているそうです。

また新しい情報が入り次第、随時更新していきます。

 

PAIに関する情報は、https://projectpai.com【公式HP】

ProjectPAI.com https://blog.naver.com/pjseong01/221183068576【韓国語】

 

〇参考動画

 

 

世界有数のグループ企業と提携!(2018/3/12)

PAIプロジェクトがRippoグループと提携

 

少し前の情報ですが、PAIのプロジェクトチームが、中国のLippoグループとパートナー契約を発表致しました。

 

Lippoグループは、1980年代に設立した企業で、現在の総資産額は200億ドル(約2兆円)を超え、世界20カ国以上で事業を展開する世界有数のグループ企業です。特に中国・東南アジア圏では、主要な病院グループを運営する医療分野に強い会社の一つです。

 

今回のPAIプロジェクトとの提携で、Lippoグループの傘下にある、

  • 数百の大手病院
  • 保険会社

など、おもに医療・保険の分野で、PAIのAI・ブロックチェーン技術を駆使し、東南アジア圏を中心に遠隔診療を目指します。

世界の多くの人の健康をサポートできる、まさに「次世代の医療サービス」ですよね。

 

このような発表がされる事は、ICOで重要な上場後のシナリオで、国家の厳しいICO規制により参加できない、中国人投資家たちの投資意欲を高め、

  • PAIコイン価格が上昇する
  • 価格下落の値支えが出来る

などの理由の一つになりますよね。

 

 

 

2018年大注目ICOのPAI(パイ)コインとは?

ICOにより資金調達は行いますが、すでに既存事業で成功している企業が今回、ICOプロジェクト事業に乗り出しています。

計画的に価格を上げて行くために、うまく構成を作り上げています。

 

また、2018/3/4現在、PAI(パイ)コインは、日本国内の取引所にも上場するかも知れないという噂が出ています。

※2018/7~8月頃にビットフライヤーに上場すると噂されています。しかし、金融庁が定める「ホワイトリスト」に記載がない為、真相は不明です。

 

PAIコインの価格上昇イメージは、

  • 現在:70円(2018年2月末)
  • 上場後:10,000円
  • 2018年9月:100,000円
  • 2018年12月:150,000円

とも言われており、もしこれが本当に実現すれば、仮想通貨の時価総額ランキングでTOP3に入るコインになりますよね。

 

 

 

PAI(パイ)コインが上場後価格を爆上げする理由!

 

ICOの中でもPAI(パイ)コインは、上場スキームが早く、しかも超大手取引所に上場が決定しています。

 

PAI(パイ)コインの上場スキームは、「2018/3/25→3/30→4/5→4/10」おおよそのイメージです。

 

2018/3/27頃に上場予定

okex(オーケー)🇨🇳 ※中国の取引所でバイナンスより規模が大きい

huobi(ホービー)

 

2018/4/5(?)

bitrex(ビットレックス)🇺🇸

upBit(アップビット)🇰🇷 ※韓国で一番大きい取引所で、カカオトークの子会社でもあります。

同時に上場できる理由は、ビットレックスが韓国にて、取引所をオープンさせているからです。

 

その他にも、

  • Binance(バイナンス)
  • coin way(コインウェイ)※4月上場予定の発表あり
  • coin nest(コインネスト)
  • bithumb(ビッサム)※韓国で2番目に大きい取引所

具体的に決まってるのは8カ所で、全部で11〜15カ所で上場する予定だそうです。

 

そして2018年7~8月には、日本国内No.1の取引所「ビットフライヤー」へ上場を予定しているそうです。※2018/3/22追記

 

一番低く見積もっても、上場価格は「$10」の予定です。

また、2018年4月には、ICOセール後から200倍の価格になるとも言われていますよね。

 

 

その大きな理由の一つに、中国でICOを行っていない事です。

現在30万人ほどの中国人の投資家が、PAI(パイ)コインを買いたいという声があがっているそうです。

 

そこでPAI(パイ)コインは、バイナンスなど中国の取引所に上場後、一気に中国投資家の買いオーダーを狙っています。

これは意図的に実施しており、上場後に価格を爆上げする事ができるマーケティング手法の一つですよね。

 

 

PAI(パイ)コインの購入方法!

※現在、ICOへの参加は終了となっております。

Sponsored Link

 

PAI(パイ)コインの購入希望者は、下記のLINE@を友達追加して下さい。

@dxy1951c

 

もしくは、下記リンクをクリックで、追加する事も可能ですよ。

https://line.me/R/ti/p/%40dxy1951c

 

 

 

PAI(パイ)コインとAI業界!

 

過去10年、人工知能(AI)は急速に発展し、人々の生活の様々な面に浸透してきました。

 

自動運転技術は、新しい外出経済の道を開き、「AlphaGO」はすでに世界最強の棋士達を打ち負かしました。

IBMのワトソンは、想像もつかないようなスピードで、大量の医療用画像の処理をしています。

また、アマゾンはAIを利用して、膨大な物流システムを効率化し、管理していますよね。

 

 

ブロックチェーンは点と点による、分散型の安全な共有アーキテクチャです。

今まで共有する事の出来なかった、データや資料を共有する事が可能になります。

ブロックチェーンで使用することのできるデータや資源は、インターネットよりも広範で大量です。

 

人工知能は、「史上最強のデータ分析技術」です。

 

点と点の人工知能と、ブロックチェーンを融合する事により、ブロックチェーン上の膨大なデータと資源を有効的に分析し活用する事ができます。

人工知能の進歩には、大量のデータが必要となります。

 

インターネットやブロックチェーン上のデータを使って、自分のパーソナル人工知能(AI)を作成することができます。

 

P2P (Peer to Peer)の人工知能ネットワークを形成し、人類はこれから、人工知能を効率的に利用し、かつ管理できる方法とシステムを構築していきます。

 

 

 

PAI(パイ)コインのプロジェクトの可能性!

 

PAIプロジェクトは、PAIのために開発された、「共有ブロックチェーンプロトコル」です。

 

ブロックチェーンを使って、人工知能に対して、

  • 認証
  • 管理
  • データ学習
  • 応用開発

などを行うことができます。

 

PAI(パイ)は、世界初パーソナル人工知能技術による商品です。

 

PAIはあなたと、

  • そっくりな顔
  • そっくりに話す

しかも使えば使うほど、あなたのことを理解する知能分身(アバター)です。

各PAI(パイ)は、最初の所有者が作成し、コントロールしながら管理します。

一人一人が、自分のPAIを使用すると同時に、システム全体にデータや資源を提供する事で、利益を得ることができます。

 

PAI(パイ)ブロックチェーンプロトコルは、

  1. 認証
  2. 知能ネットーワーク
  3. データ保存

三つのモジュールで構成されます。当プロトコルシステムの目的は、使用者に、パーソナル人工知能サービスを提供することです。

 

サービスには、

  • 社交活動
  • パーソナルアシスタント
  • 娯楽
  • メディカルヘルス

などが含まれます。

 

PAIブロックチェーンは更に、他の人工知能技術にデータを提供し、プラットホームを応用開発する事で、ブロックチェーンと人工知能の融合を促進させたりすることができます。

 

PAI(パイ)ブロックチェーンプロトコルは、オンラインゲームと同じように、二重通貨構造(PAIコインとクレジット)を採用し、使用者と開発者両者ともが使用できる消費者に対して分散化された人工知能プラットフォームを提供します。

 

使用者は、暗号理論やブロックチェーン技術を理解せずとも、同じようにPAI(パイ)や二重通貨構造を使用し、人工知能サービスを受けることができます。

 

Sponsored Link

 

 

PAI(パイ)コインプロジェクトを進めるObenとは?

 

アメリカロスアンジェルスに本社を構えるObEN.comは、全ての人々のための、パーソナル人工知能を作り出している科学技術会社です。

全く新しい社交的・擬似的な相互体験を世界にもたらします。

 

ObENは、

  • 個人の音声
  • 写真または3Dスキャン
  • 行動データ

などを使用して、使用者がモバイル端末や拡張現実、擬似現実、またはモノのインターネットの体験の中で、自分の人工知能アバターを使用することを可能にします。

 

ObENは2014年に、テンセント(騰訊)やソフトバンクの共同出資により創立されました。

ObENの使命は全ての人々に自分の人工知能を提供し、生活を更に効率的かつ面白いものにすることだと考えています。

ソフトバンクやテンセントの他にも、韓国トップの芸能プロダクションである、SMエンターテイメントも名を連ねています。

 

 

以下、パイコインのホワイトペーパーです。

よく読んでみて下さい。

http://nagatetsu.info/wp-content/uploads/2017/07/ProjectPAI_Whitepaper_JP-1.pdf

 

【公式HP】ProjectPAI.com
https://blog.naver.com/pjseong01/221183068576

 

動画

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

これほどまで注目されるICO案件は、なかなか出てきませんよね。

 

2018年のTOP5に入るICO案件と言われ、パイコインは大いに期待されるコインになるでしょう。

 

今回は、2018年爆上げ必至の大注目ICO案件で、PAI(パイ)コインを紹介しました。

 

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中!

上記をクリック↑↑

 

LINE@の友だちには、

  • 最新の情報
  • ブログでは公開できない裏情報

なども配信致します。

 

このLINE@だけの

  • サービス
  • キャンペーン

なども実施しているので、

是非、登録をしておいて下さいね。

 

LINE@への友達申請方法は、

  1. クリックしてQRコードを読み取る
  2. LINE  ID(@oqm6996w)で検索

など、ご質問、ご相談などもお待ちしております。

 

Sponsored Link