<最新情報

上場する取引所(Waves)へのトークン送金開始日時は、2018年11月19日8:00UTCと発表されました。※マイページへのログインはこちら

 

ウェーブス登録方法と使い方(入金・出金・取引方法)

トークン送金・登録方法は上記をクリック

 

 

 

フィロップのICOプロジェクトのバナー

※2018年8月21日、目標の資金調達額に達した為、セール終了

 

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトは、人間の身体の50~75%で出来ている『水』に関する事業の構築です。人は水なしでは5日間も生きる事ができません。

 

そこで今回のプロジェクトは、

  • 「造水技術」という水を造る技術を研究する機関・企業に限定したプラットフォーム
  • 次世代の分散型取引兼マーケットプレイスの構築

上記の2つをテーマにICOで資金調達を目指しています。※『造水技術』とは使用不可能な水を利用可能な状態にする技術を指す

 

それでは、2018年12月上場予定のFirop(フィロップ)について、

  • 最新情報
  • ICOプロジェクト内容
  • 将来性や可能性
  • ネットの評判
  • ICOセール内容・登録方法
  • アフィリエイトプログラム

など、ホワイトペーパーを参考に解説していきます。2018年11月19日に情報を更新。

 

公式情報

 

 

Sponsored Link

 

Firop(フィロップ)ICO最新情報!

フィロップのICOプロジェクトの最新情報

最新情報一覧

  • セール早期終了
  • AirDrop開催(5万人限定)

 

 

資金調達達成※セール早期終了

フィロップのセール早期終了運営元からのメール配信内容

 

2018年8月21日、資金の目標調達額に達したため、セールは早期終了となりました。

 

 

AirDrop開催※終了済

フィロップのICOのエアドロップ

↑5万人限定トークン無料配布中↑

 

2018/5/1~8/31まで、5万人限定でAirdrop(2,5ドル相当)が開催されています。

Airdrop(エアドロップ)を実施することで、より多くの方にFirop(フィロップ)のICOプロジェクトを広く認知させ、Firop(フィロップ)のホルダーを増やしたい狙いがあります。

 

またLINE@に登録で、1,5ドル相当のトークンが追加で受け取れます。※記事内の最下部に登録方法を画像付きで掲載しております。

 

 

 

Firop(フィロップ)のICOとは?

 

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトは、

  • 造水技術の研究機関
  • 一般投資家

両者を結び付けるプラットフォームを構築し、研究機関に対して不正取引などを防止するマーケットプレイスを作る為に立ち上がっています。※マーケットプレイスとは、売り手・買い手が自由に取引できる市場の事。例)Amazon,Yahoo!など

 

 

なぜ水のプロジェクトに着目したのでしょうか?

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトのCEOは、『原油・電気・水道』などのインフラ整備に関する事業は、利権がすごく絡む業界で新しい技術の開発・環境作りが思ったように進んでいないと感じているそうです。

 

たしかに日本国内でも、インフラ事業に関する談合・収賄・行政との癒着など、コネや権力に偏ったニュースの事件などを観ますよね。

 

 

そこで今回のICOプロジェクトは、人間の生命でもっとも重要な水・『造水技術の研究機関を応援する』という少し専門的な分野に特化した事業内容となっています。

その為、一般の投資家の参入が難しい業界であり、良い研究をしていても資金繰りに困り、途中で研究・開発を断念せざるを得ないという現状があります。

 

そこに着目したFirop(フィロップ)のICOプロジェクトは、投資家と研究機関を繋げるプラットフォームを構築することで『利権の壁』を越えることを掲げています。

 

資金援助を受けた開発機関が増える事で、

  • 競争の原理が働く
  • 優秀な研究者が育つ
  • より良いサービスが顧客へ還元される

など、正当な市場を取り戻すことに繋がりますよね。

 

 

事業・プロジェクト内容

フィロップのICOプロジェクトの取引所のイメージ

 

それではFirop(フィロップ)のICOプロジェクトは、ニーズがあるのでしょうか?

 

いくら優れたサービスであったとしても、市場・社会に必要とされなければ事業の継続は難しいですよね。またICO投資家にとっても、コイン価格が上昇しない可能性に繋がります。

 

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトが掲げる、『造水技術×投資家』のプラットフォームの必要性についてですが、実は現在の世界では生命の源である『水が枯渇』の危機に直面しているそうです。

 

 

【水の現状・課題】

地球の水の総量のうち、

  • 2,5%(淡水):使用可能な水
  • 1,75%:氷(北極/南極)
  • 0,72%:地下水

その為、人類が使用可能な水はわずか『0,01%』しかないという現状です。そしてその僅かな水も生活用水などに使用され、かつ浄化不能までに汚染され、再生可能な水の量は40%も減少しているというデータがあります。(1992年~2014年の間に)

 

そして今後も水を使用する世界人口は年々増え続けています。要するに、水の確保は全世界共通の課題でありテーマでもあります。

 

たとえこのICOプロジェクトに参加しなかったとしても、『水を大切に使う』という意識をより多くの方に知って頂くだけでも充分な社会貢献ですよね。

 

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトが手掛ける『造水技術』は、

  • 人類が使用不可能な水を利用可能な水に転換する技術の機関
  • それを支援する投資家

上記をマッチングさせるプラットフォームを構築し、既得権益が強い業界に立ち向かっていきます。

 

新しいサービスを創造することは、既存事業で利益を得ている企業からすると好ましく材料ですよね。

 

ネガティブキャンペーン・圧力に屈しない為にも、Firop(フィロップ)のプロジェクトチームがこれまで築きあげてきた人脈・事業提携を発表ができるか?がとても重要になりそうですね。

 

 

市場性・可能性

フィロップのICOプロジェクトが参入する市場規模

 

参入する市場規模により、トークンの需要は大きく左右され、それはすなわちICOセール投資家にとって価格が上昇するかの一つのポイントを意味していますよね。

 

 

まずFirop(フィロップ)のICOプロジェクトは、『グリーン経済』と呼ばれる今後の世界の中心的経済となる巨大市場に参入します。

※グリーン経済とは、「自然環境と社会を融合させた経済」であり、今日の経済活動のエネルギーの中心である石油に例えられるほど重要視されています。

 

水関連の市場規模は、2025年には世界で8,650ドル(約90兆円)という巨大産業になると推測されています。

※日本国内の最大市場規模である「自動車産業」よりも大きな市場です。

 

 

国際機関のOECDの発表によると、人口の増加と共に水の需要・消費量は2000年と比較をすると約5倍にまで膨れ上がるため、水事業は世界中で共通のテーマになっています。

 

 

フィロップのICOプロジェクトの取引所のイメージ

 

そこでFirop(フィロップ)のICOプロジェクトは、既得権益に左右されず造水分野に参入する新しい企業・研究者を応援するプラットフォームを構築します。

 

Firop(フィロップ)が構築する分散型プラットフォーム内で、

  1. 造水の開発者は独自トークンを発行
  2. 投資家はトークンを購入
  3. 資金調達ができる

上記の流れを作ることで、両者の橋渡し役となり、すべての流通の中心にFiropトークンが活用され流動的になるので、価格を上げていくことが出来るという計画です。

 

Sponsored Link

 

ネットの評判・口コミ

インターネットの評判や口コミ

 

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトは、2018/6/1~ICOセールが始まった為、ほとんど情報がありません。またドイツのフランクフルト発祥ということもあり、日本国内での情報が少ないという事も考えられます。

 

SNSではバウンティボーナスがある為、好意的な内容が多いですね。

※バウンティ制度は、SNS/ブログ/動画などの「露出」に対して報酬が発生するプログラムの事。

 

 

ICOセールの概要


↑参加は上記をクリック↑

 

ICOトークン概要

  • トークンシンボル:FDP
  • トークン価格:0,5USD/1FDP
  • 最大調達額:3,500万ドル
  • 最低購入額:0,5ドル~

 

 

ICOセール期間・ボーナス

※2018年8月21日に資金調達目標額に達成した為、セールは早期終了致しました。

 

セール期間:2018年6月1日 ~ 8月31日
各セール期間 トークン

ボーナス

2018/6/1~6/16 200%
2018/6/16~7/1 150%
2018/7/1~8/1 50%
2018/8/1~8/31 20%

上場時期は、2018年12月を予定しております。

 

最近のICOプロジェクトは、上場後にセール割れすることが多いですよね。その原因の一つに、セールごとに販売価格を上げることで、初期購入者たちによる上場後の売却による価格の下落が要因と考えられます。

 

その為、Firop(フィロップ)のICOセールは、各セール期に販売価格を変えずに、トークンボーナスでメリット・区別化を図っています。

 

 

登録方法

フィロップのICOプロジェクトのバナー

 

  • 公式ページへアクセス
  • メールアドレスの入力
  • 上記のメールアドレスにメール配信
  • 必要事項の入力
  • ログイン

 

 

登録画面1

フィロップの登録ページ

  • メールアドレスを入力
  • 必要事項にチェック
  • 登録」をクリック

 

 

登録画面2

フィロップの登録ページ

 

 

登録画面3

フィロップの登録返信メール

 

  • 指定したメールアドレスに配信
  • 表示のURLをクリック

 

 

登録画面4

フィロップの登録ページ

  • 姓名の入力(漢字可能)
  • 生年月日の入力
  • パスワード入力・設定
  • 登録」をクリック

 

 

Firop(フィロップ)のマイページ

フィロップのマイページ

 

サイドバーの「トークン履歴」から、受け取りのトークン数が確認できます。

 

 

アフィリエイトプログラムの参加・登録

フィロップのICOプロジェクトのアフィリエイトプログラム↑登録は上記をクリック↑

 

Firop(フィロップ)のICOプロジェクトには、アフィリエイト報酬が発生するプログラムが採用されています。

 

ICOセール参加者が購入された金額の「7%」を報酬として受け取ることが可能ですので、

  • SNS拡散
  • ブログに掲載
  • 知人に紹介

などを希望される方は、上記のバナーからメールアドレスの登録を行い、アフィリエイト登録をして下さいね。

 

 

Sponsored Link

あとがき|Firop(フィロップ)ICO

フィロップのICOプロジェクトのバナー

 

いかがでしたか?

これからの世界共通のテーマである『水の分野』に的をしぼり、かつ研究機関・開発者を支援するプラットフォームの構築を目指しています。

 

サービスのローンチ・スタートは、2019年秋~冬頃にかけてですので、それまでに既存事業との提携発表・プロダクトの開発などを通し、Firopトークンの需要をいかに伸ばしていけるかが、ICOセール投資家にとっても重要なポイントですよね。

 

しかしICOセールへの参加は、ホワイトペーパーを読み、事業の可能性・期待値などを読み取りながら、あくまでも自己責任の範囲内で余剰資金で参加される事をオススメします。

 

今回は、2018年12月上場予定のFirop(フィロップ)について、

  • 最新情報
  • ICOプロジェクト内容
  • 将来性や可能性
  • ネットの評判
  • ICOセール内容・登録方法
  • アフィリエイトプログラム

など、ホワイトペーパーを参考に解説しました。

 

 

2018年開催ICOプロジェクト

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

2018年人気のICOプロジェクト(関連記事)

 

2018年開催のICOプロジェクト(関連記事)

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容を不定期で配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID検索「@oqm6996w」

質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。

 


 

仮想通貨による投資案件

仮想通貨による投資(ビットコインやイーサリアムやリップル)  

銀行系カード

オニックスの概要・登録手順・報酬プラン

↑詳細は上記をクリック↑

ONYX(オニックス)は、イギリスのプライベートバンクが発行する『カード』を保有・ショッピング時の決済・現地通貨による出金などをできます。   その他にも、月利最大10%のレンディングサービスを取り扱う、仮想通貨による投資が可能な投資商品・サービスです。    

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み 例えばアービトラージとは、異なる証券会社/取引所において同一銘柄の価格差を利用することで、収益をあげる投資の手法です。   仮想通貨による投資案件の多くが、アービトラージによる手法で収益・利益を得ています。以下では、筆者自身が参加している仮想通貨入金による投資案件を紹介いたします。  
筆者参加の投資案件
10ドルから参加可能
エスブロックの概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

エスブロックは、
  • 2019年6月15日OPEN
  • 月利6%~15%
  • スマホアプリ専用ウォレット
毎日配当が得れるトレンドの配当型ウォレット案件です。(2019年6月より参加)  
100ドルから参加可能
グルーバルペイの事業概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

グローバルペイは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利3%~9%
(2019年4月より参加)   MGCトークンとは

詳細は上記をクリック

MGCトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利9%~90%
  • コインベネ(取引量世界TOP10)に上場済み
(2019年5月より参加)  
150ドルから参加可能
クワントウォレットの概要・登録・使い方

詳細は上記をクリック

クワントウォレットは、
  • 月利6%~15%
  • 韓国のベンチャーキャピタル主催
  • 2019年7月17日日本上陸
など、優秀なアービトラージ企業と提携しトレードによる利益を還元する仮想通貨による投資案件です。(2019年7月より参加)
300ドルから参加可能
ユーバンクの概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

YouBankは、
  • カンボジア中央銀行との合弁会社
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~20%
など、いまASEAN諸国で経済発展著しいカンボジア経由の配当型ウォレットです。(2019年5月より参加)  
500ドルから参加可能
ブロックエコトークンの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ブロックエコトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利8%~20%
  • バーレスク東京と提携
またランドカジノ・オンラインカジノと提携する金融事業です。(2019年5月参加)     ヨットトークンウォレットの投資概要・登録方法・アプリの使い方

登録方法は上記をクリック

ヨットトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 配当型ウォレット
  • 月利6%
など、利用されていないクルーズ・ヨットのレンタル事業などマリン系に特化した新しい経済圏の構築を目指しています。(2019年7月参加)  

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 全世界260万ダウンロードを記録
  • 月利約10%ほど
2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。(2018年9月より参加)       クラウドトークンの事業概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

クラウドトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~12%
配当型ウォレットでは初の「APP・Googleの公式アプリ」としてリリースされています。(2019年4月より参加)  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ICBウォレットは、
  • 2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散
  • 月利10.5%
  • 自社取引所OPEN済み
独自通貨は取引所に上場後、約10倍以上の価格に上昇しています。ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

WoTokenは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6~20%
  • 自社取引所OPEN済み
ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)     ジュビリーエースの登録・概要・投資方法

登録方法は上記をクリック

ジュビリーエースは、
  • 2019年5月グランドオープン
  • 月利2.4%~20%
など、3つの市場でアービトラージを行い、得た収益を分配するサービスです。(2019年6月より参加)  
1,500ドルから参加可能
GCGアジアの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

GCGアジアは、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利60%ほど
  • 配当は月利収益の50%~70%
(2019年4月より参加)     TLC(IBH)の概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

TLC(IBH)は、第二のGCGアジアと評され、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利10%~20%
リスクヘッジした2口座を利用したFX取引で、損失リスクを抑えたトレード手法を採用しています。(2019年8月より参加)
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

  Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
     

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。