仮想通貨のおすすめ銘柄5選-選び方も解説

 

  • 仮想通貨ってどうやって選べばいいの?
  • おすすめの取引所についても知りたいな!

このようにお悩みの方もいるのではないでしょうか?

この記事を読めば、「銘柄ごとの特徴」や「おすすめの投資方法」について理解できます。

暗号資産のおすすめ銘柄に関してよくある質問にも答えているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • なぜ、仮想通貨は今熱いのか
  • 仮想通貨の銘柄の選び方
  • おすすめの取引所
  • 仮想通貨で稼ぐための投資方法
  • 仮想通貨の銘柄についての質問

目次

そもそも仮想通貨がなぜ今アツいの?

H2見出し1(ビットコイ縦)

なぜこんなにも仮想通貨が話題になっているのでしょうか?

3つの要因に分けて解説します。

 

一般的にも仮想通貨は普及してきている

一つ目の理由は、一般的にも仮想通貨は普及してきているからです。

世界最初の仮想通貨、ビットコインが生まれたのは2009年です。

誕生から数年は一般的な認知度が全くと言っていいほどありませんでした。

しかし、様々なメディアで取り上げられるようになり、徐々に認知度も上昇し、仮想通貨を買う人の数も爆発的に増えていきました。

現在では著名な芸能人が仮想通貨取引所のCMに出ており、「暗号資産=怪しい」というイメージを持つ人も減っています。

多くの人が仮想通貨を持ち、少しずつ実用性も出てきた今こそ仮想通貨がアツいのです。

 

これまでも値上がりを続けてきた

2つ目の理由は、仮想通貨はこれまでも値上がりを続けてきたからです。

仮想通貨は常に、急騰と急落を繰り返していますが、長期的に見れば価格は上がっています。

例えば、ビットコインは2021年に最大700万円の価値がありましたが、2022年10月現在では300万円を割っています。

それでも、2017年の1月には1BTC=約7万円であったことを考えると、ビットコインは大きく値上げしていると言っていいでしょう。

そして今後も、3歩進んで2歩下がるを繰り返して、価格が上がり続ける可能性は高いです。

 

NFTやメタバースなど注目市場とも深い関連あり

3つ目の理由は、NFTやメタバースなど注目市場とも深い関連があるからです。

近年、NFTやメタバースという言葉をよく聞くようになりましたが、仮想通貨と大きく関連しています。

基本的にNFTの売買に使われる通貨は、イーサリアムのような仮想通貨です。

またメタバース内で使われるアイテムはNFTになっていることが多く、売買には仮想通貨が使われます。

現時点でNFTやメタバースは、一般層に浸透しておらず、一部の物好きしか利用していません。

しかし、将来的には確実に成長する分野だと言われています。

これらの産業が伸びれば、関連する仮想通貨も自ずと値上がりしていくでしょう。

仮想通貨の銘柄のおすすめな選び方

H2見出し2(色々な銘柄)

ここからは仮想通貨の選び方について解説します。

 

通貨として信頼性がある銘柄を選ぶ

一つ目のおすすめは、通貨として信頼性がある銘柄を選ぶことです。

仮想通貨の銘柄は、数千個以上あると言われています。

しかし、中には怪しいものも多く、安全性に乏しい銘柄もあります。

長期的に価格を上げているのは、安全性が認められ信頼性の高い銘柄がほとんどです。

ビットコインやイーサリアムをはじめ、国内の仮想通貨取引所で扱っている銘柄は比較的安全だと認識されているので、そこから銘柄を選びましょう。

 

時価総額の大きな銘柄を選ぶ

2つ目のおすすめは、時価総額の大きな銘柄を選ぶことです。

仮想通貨の時価総額とは

仮想通貨における時価総額とは、銘柄の規模の大きさを表す指標です。

時価総額は「市場価格×発行数量」で計算します。

時価総額が大きい方が、そう簡単に値崩れはしない傾向があります。

仮想通貨は、株や債権に比べるとハイリスク・ハイリターンな投資ですが、時価総額を意識することでリスクを抑えた投資ができます。

実際に投資をする前に、時価総額ランキング上位の銘柄をチェックしてみましょう。

 

将来性のある銘柄を選ぶ

3つ目のおすすめは、将来性のある銘柄を選ぶことです。

将来性がある銘柄とは、簡単に言うと今後実用性が出てくる銘柄のことを指します。

例えば、ビットコインはすでに決済で利用されていたり、エルサルバドルで法定通貨になったりしています。

そのため既に実用性があると言ってもいいでしょう。

ビットコイン以外にも今後実用性が出てきそうな銘柄はたくさんあります。

銘柄ごとの特徴を知り、将来的に普及しそうかどうかを判断して投資するようにしましょう。

間違っても「話題になっているから」といった薄い理由で購入するのは避けてください。

 

【2022年8月】仮想通貨のおすすめ銘柄8選|失敗しないためのコツも伝授

 

仮想通貨のおすすめ銘柄 5選!

H2見出し3(5種類の銘柄)

続いては、仮想通貨のおすすめ銘柄5つご紹介します。

ビットコイン イーサリアム リップル エンジンコイン ステラルーメン
コインの特徴 仮想通貨界の絶対王者 アルトコイン界の星 超高速で取引が可能 ブロックチェーンゲームで使われる 安定感抜群
現在のレート 280万円 19万円 63円 67円 16円
出来高 6.9兆円 2.4兆円 3200億円 50億円 180億円
時価総額 54兆円 23兆円 3.1兆円 660億円 4000億円
用途 送金・決済 NFT売買 企業間取引 ブロックチェーンゲーム内の通貨 個人間取引

※2022年10月時点でのレートです。

 

ビットコイン:仮想通貨界の絶対王者!

初めにおすすめするのが、仮想通貨界の絶対王者「ビットコイン (BTC) 」です。

注意

ビットコインと仮想通貨を全く同じ意味だと認識している人もいますが、それは間違いです。

ビットコインは数千以上ある仮想通貨の中の一つにすぎません。

ビットコインの特徴は、以下の通りです。

  • この世に始めて誕生した仮想通貨
  • 時価総額が圧倒的No. 1
  • すでに実用性がある

ビットコインは初めて誕生した仮想通貨で、知名度も注目度も他のコインとは段違いの高さを誇ります。

仮想通貨の規模の大きさを表す、時価総額もナンバーワンです。

また、いくつかの小売店ではビットコインでの決済が導入されており、現時点で既に実用性があることから価値が大きく崩れる心配も少ないと言えます。

市場価格の浮き沈みは大きいですが、長い目で見れば更に大きく上がるという専門家の予測もたくさんあり、ビットコインは最も期待できる仮想通貨と言って差し支えないでしょう。

 

イーサリアム:アルトコイン界の星!

続いておすすめするのが、アルトコイン界の星「イーサリアム (ETH) 」です。

アルトコインとは

ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

イーサリアムの特徴は、以下の通りです。

  • 時価総額が2位
  • NFTの売買などに使われる

イーサリアムの時価総額は、ビットコインに次いで2位です。

アウトコインの中ではナンバーワンの知名度を誇ります。

また、最近NFTへの関心度が高まっていますが、NFTの売買によく使われる仮想通貨がイーサリアムです。

投資家の中には、単に日本円でイーサリアムを購入するだけでなく、NFTの売買でイーサリアムを増やしている人も数多くいます。

入手したイーサリアムは将来を見据えて長期的に保持されることが多いです。

将来的にはビットコインを超えるという予測もあり、手堅くかつ大きなリターンも狙いたい方におすすめします。

 

イーサリアム(ETH)とは?仮想通貨の特徴や内容を紹介!

リップル:超高速で取引が可能!

次におすすめするのが、「リップル (XRP) 」です。

リップルの特徴は、以下の通りです。

  • 決済や送金にかかる時間が短い
  • リップル社が管理している
  • 金融機関と数多く提携している

リップルはもともと、時間がかかる国際送金を短くする目的で作られた仮想通貨です。

そのため、ビットコインが最短でも10分かかる送金作業を、リップルはわずか数秒で終わります。

さらに、他のコインとは違い「リップル社」という一企業が管理していることも特徴です。

管理者がいない他の銘柄と違って、コインの改良が早いというメリットがあります。

他にも、リップルはGoogleやみずほファイナンシャルグループなど国内外の名だたる企業と提しており、そのことがリップルの市場価格にも好影響を与えています。

伸び代がある仮想通貨「リップル (XRP) 」ですが、ビットコインやイーサリアムと比べると、まだまだ価値に市場が気づいていないようにも見えるので、今のうちから少しでも仕込んでおくのが賢いかもしれません。

 

リップルとは?仮想通貨でリップルの特徴や内容を紹介!

 

エンジンコイン:ブロックチェーンゲームで使われる!

続いておすすめするのが、「エンジンコイン (ENJ) 」です。

エンジンコインの特徴は、以下の通りです。

  • 「Enjin Platform」というプラットフォームで利用される
  • NFTの作成や売買でよく利用される
  • ブロックチェーンゲームでよく使われる

エンジンコインは、「Enjin Platform」というプラットフォーム上で使われる仮想通貨です。

Enjin Platform (エンジンプラットフォーム) とは

Enjin Platformとは、ブロックチェーンプラットフォームの一つです。

このプラットフォームを利用して、ゲームや絵などのデジタルデータをNFTとして発行できます。

このプラットフォームは主にゲーム開発に向いており、現時点で多数のブロックチェーンゲームが開発されています。

また、他と違って詳しい知識がない人でもNFTの作成ができるよう設計されたプラットフォームです。

そのため、他のプラットフォームより間口が広いので、大幅にユーザー数を増やす可能性を秘めています。

ブロックチェーンゲームは、これから大きく伸びていくと言われている産業です。

エンジンプラットフォームが伸びていくと、自ずとエンジンコインの市場価値も伸びていくでしょう。

 

エンジンコインはゲームで稼げる?今後の見通しも解説

 

ステラルーメン:安定感抜群のコイン!

最後におすすめするのが、「ステラルーメン (XLM) 」です。

ステラルーメンの特徴は、以下の通りです。

  • 価格が安定しやすい
  • 素早い送金取引が可能

ステラルーメンは、ステラ財団という組織によって管理されたコインです。

コインの発行量も管理されているため、極端な価格変動が少ないという特徴があります。

また、ステラルーメンは素早い送金が可能で他のコインでは10分以上かかる取引に数秒しか掛かりません。

ステラルーメンは、「管理者がいること」や「送金の早さを目的に誕生したこと」など、リップル (XRP) と似た性質を持っています。

ただし、リップルは「企業間などの大きな取引」、ステラルーメンは「個人間など小さな取引」を目的にしており、差別化が図られています。

草コイン投資におすすめの仮想通貨取引所はどこ?銘柄や買い方まで解説

仮想通貨のおすすめ銘柄をどこで買い付ける? 取引所を紹介

ここでは仮想通貨を買える取引所を紹介していきます。

H2見出し4(口座開設)

仮想通貨のおすすめ銘柄を買い付ける取引所一覧

Coincheck(コインチェック)

一つ目のおすすめは、Coincheck(コインチェック)です。

理由は以下の通りです。

  • 取り扱い銘柄数が多い
  • スマホアプリが使いやすい

 

仮想通貨取引所はたくさんありますが、コインチェックは取り扱う銘柄が17種類とトップクラスに多いことが特徴です。

メタバース「The Sandbox」で利用できるSANDという通貨も、コインチェックが国内で初めて取り扱いを開始しました。

また、コインチェックはスマホアプリの使いやすさでも有名です。

チャートが見やすい上に、売買するための動作が非常に簡単で、圧倒的な使いやすさを誇ります。

PCよりも手軽に売買できるスマホアプリが使いやすいのは、意外と大きなメリットです。

 

GMOコイン

2つ目のおすすめは、GMOコインです。

理由は以下の通りです。

  • 送金手数料が無料
  • セキュリティの高さ

仮想通貨は送金する機会が多くありますが、そのときに厄介なのが手数料です。

一回の手数料は少額でも、回数を重ねると膨れ上がります。

しかし、GMOコインでは仮想通貨の送金手数料はかかりません。

ちまちま無駄な手数料を取られたくない人に、GMOコインはおすすめします。

また、GMOコインは証券会社を運営しているGMOによって運営されているので、セキュリティ面でも安心です。

 

bitFlyer

3つ目のおすすめは、bitFlyerです。

理由は、「レバレッジ取引が可能」であるからです。

レバレッジを使うと、預けたお金担保にそれ以上の取引ができます。

仮想通貨は株の取引よりハイリターンを見込めることも多いですが、レバレッジ取引をすることで、よりリターンを得られる可能性が増えます。

bitFlyerは最大2倍までレバレッジを掛けられるので、短期間で儲けを増やしたい方にはおすすめです。

 

【2022年8月】仮想通貨のおすすめ銘柄8選|失敗しないためのコツも伝授

仮想通貨のおすすめ銘柄で稼ぐための投資方法

H2見出し5(投資)

仮想通貨で稼ぐためのおすすめ投資方法を紹介します。

 

少額から始める

初めにおすすめする投資方法は、少額から始めることです。

理由は以下の通りです。

  • リスクを抑えられる
  • 冷静な判断ができる

 

仮想通貨は、株式やFXに比べると非常に変動が大きいです。

そのため、1ヶ月ほどで市場価格が10倍になることもありますが、投資方法によっては数日で莫大な損失を出す危険性もあります。

最初は特に失っても問題がないくらい少額の投資がおすすめです。

 

また、いきなり大金を投資すると、少しの価格変動に精神的に一喜一憂してしまい、判断能力の欠如につながります。

「仮想通貨で大儲けして人生を変えてやろう!」と意気込むのではなく、「試しに始めてみるか」くらいの気持ちでやってください。

 

複数の銘柄を分散して買付する

続いておすすめする投資方法は、複数の銘柄を分散して買付することです。

理由は以下の通りです。

  • リスク分散になる
  • 仮想通貨全体の知識がつく

 

買う銘柄を一つに絞らず、複数の銘柄に分散することでリスクが抑えられます。

今後どの暗号資産の銘柄が伸びていくかは、まだ誰にもわかりません。

そのため、現段階で一つの銘柄に絞るのは、あまりにもハイリスクです。

「卵は一つのカゴに盛るな」という有名な格言があるように、仮想通貨に限らず分散投資は投資の鉄則なので、複数の銘柄を買うようにしましょう。

また、複数の銘柄を買うことで仮想通貨全体の知識がつきます。

人間はどうしても自分が持っている銘柄を中心に、情報を集めるようになります。

そのため、勉強の意味でもより多くの銘柄に投資するのがおすすめです。

仮想通貨全般の知識をつけることが今後の投資や生活にも役立つので、ぜひ一つに絞らず複数の銘柄を買ってください。

 

長期で仮想通貨を保有する

次におすすめする投資方法は、長期で仮想通貨を保有することです。

理由は以下の通りです。

  • 長期的に伸びていく予想が多い
  • 現時点では税率が高い

主要な仮想通貨の多くは、長期的に伸びていく予想が立てられています。

その理由は、今後どんどん実用化が進んでいく可能性が高いからです。

今はまだ現段階で仮想通貨に実用性はほとんどなく、将来を期待されて市場価格がついています。

今後、一般的に仮想通貨が利用されるようになれば、更に価格は上昇するでしょう。

そのため、仮想通貨は5年から10年という単位で、ガチホ (ガチでホールドの略、長期間持ち続けること) するのがおすすめです。

 

また、現在日本の法律では仮想通貨で得た利益は、「雑所得」という扱いになります。

雑所得の税率は最大で55%で、仮に1億円儲けてもその内5,500万円も納税しなければなりません。

しかし、この法律には「日本のブロックチェーン技術発展を妨げる!」という反対意見も強く、現在、雑所得から「分離課税」への検討がされています。

分離課税は株で儲けときに採用される税制度で、税率は20.315%です。

先ほどの例のように、1億円稼いだとしたら、納税額は約2,000万円です。

課税方法が変わるだけで、納税額が3000万円以上変わります。

仮想通貨の利益が「分離課税」になるまでは、仮想通貨を長期で持ち続けましょう。

 

 

キャンペーンを活用する

最後におすすめするのは、キャンペーンを活用した投資方法です。

理由は以下の通りです。

  • リスクがゼロであることも多い
  • 口座開設者の増加に力を入れいている今がチャンス

 

現在多くの仮想通貨取引所では、新規口座開設者に向けてキャンペーンを行っています。

キャンペーン内容は様々ですが、登録するだけでビットコインがもらえるなど、利用者のリスクがゼロであることも多いです。

仮想通貨取引所でキャンペーンが行われていれば、積極的に利用しましょう。

今後、口座開設者の数が増えてくると、このようなキャンペーンが減る可能性も考えられます。

キャンペーンが用意されているこのタイミングで、口座開設して仮想通貨投資を始めましょう。

仮想通貨のおすすめ銘柄についてよくある質問

H2見出し6(質問)

最後に仮想通貨のおすすめ銘柄についての質問をまとめました。

 

将来1000倍になると言われている仮想通貨があるって本当?

将来1000倍になる可能性があると言われている仮想通貨はあります。

いくつか代表的なものを挙げてみます。

銘柄 現在の価格→1000倍になったときの価格 理由
リップル (XRP) 63円→63,000円 国際送金の定番銘柄になる可能性がある
エンジンコイン (ENJ) 65円→65,000円 ブロックチェーンゲームの需要増加が見込まれる
ステラルーメン (XLM) 16円→16,000円 新興国での需要増加が見込まれる
サンド (SAND) 122円→122,000円 メタバース「The Sand box」の流行次第で大幅な価格上昇が見込まれる

 

ビットコインやイーサリアムはすでに市場価格が高く、さすがに今から1000倍まで跳ね上がることは想定できません。

(2022年10月現在、1BTCの価格は約280万円なので、ここから1000倍まで上がると1BTC=2億8000万円です!)

そのため、「現状まだ価格は低いけれども、今後実用性を兼ね備えて大きく需要が伸びそうなコイン」を狙ってみるのがいいでしょう。

もちろん、将来のことは誰にもわかりません。

しかし、ビットコインが2012年から2022年の10年間で1000倍(3千円→300万円)になっていることを考えると、あり得ない話ではないでしょう。

 

これから上場する予定の仮想通貨は?

これから上場する予定の仮想通貨も数多くあります。一例を挙げてみます。

  • Lido (LIDO)
  • ストラクス (STAK)
  • ヴィチェーン (VET)
  • SWEAT (SWC)

特に注目なのは、SWEAT (SWC) です。

Sweatcoinという人気のMove to Earnゲームで使えるコインなので、価格がグッと上がる可能性も秘めています。

上場したらどのような値動きをするか注目しましょう。

 

1円以下で買える仮想通貨がある?

1円以下で買える仮想通貨はたくさんあります。

仮想通貨は数千以上あると言われていて、実はそのほとんどが1円以下の価格しかついていません。

そのような価格の低い仮想通貨は、草コインと呼ばれます。

草コインとは

時価総額が低く、知名度もあまりない仮想通貨のこと。

ほとんどの草コインは価格上昇することがありませんが、まれに短時間で何百倍という価格になるものもあります。

2021年12月時点で約0.5円の価値しかなかった「ドージコイン」という草コインは、5ヶ月も経たないうちに約75円まで上昇しました。およそ150倍の上昇です。

仮想通貨で億り人になりたい方は、宝くじ感覚で購入してみてもいいかもしれません。

ただし、一つの草コインを大量に購入するのはリスクが大きすぎるので、おすすめできません。

まとめ:これからもアツい仮想通貨のおすすめ銘柄を買い付けよう

H2見出し7(pc)

今回の記事では仮想通貨のおすすめ銘柄についてまとめました。最後にポイントをおさらいします。

まとめ
  • 仮想通貨は今後も伸びる可能性が高い
  • 時価総額に注目して銘柄選びをする
  • 銘柄の選び方は将来性を重視する
  • 複数の銘柄に分散しての投資がおすすめ
  • 1円以下の買える銘柄もある

初心者におすすめな仮想通貨取引所5選!キャンペーン情報あり

コインチェックの手数料は安い?他社との比較から判明した真実

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

LINEで友達募集中

※LINE ID検索「@176npczt」

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨に関する内容などを不定期で配信しています。 質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。